ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第228話 中島歩、浅丘ルリ子、加賀まりこ、石坂浩二… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #228 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ニキビ
  2. マロ
  3. お前
  4. マヤ
  5. 小野ヶ沢
  6. シナリオ
  7. ショック
  8. ハゲ
  9. 仕事
  10. 詩子
  11. 事情
  12. 俊一
  13. 親父
  14. 里子
  15. イギリス
  16. シン
  17. ボケ
  18. ママ
  19. マンション
  20. ヤッ

f:id:dramalog:20200228125132p:plain

『やすらぎの刻~道 #228 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #228 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

◇番組内容
筋肉ムキムキのインストラクター・稲垣新一(中島歩)によるヨガ教室は「やすらぎの郷」に住む女性たちに大人気。お嬢(浅丘ルリ子)やマヤ(加賀まりこ)も足繁く通っていた。そんな中、稲垣の新車が何者かによって傷つけられる事件が起きる…。ある日、マヤが睡眠薬を飲んで自殺を図ったと聞き、菊村栄(石坂浩二)はがく然とする。現場のマンションはマヤの名義で借りられていたが、そこで暮らしていたのは意外な人物だった…!?
◇出演者
石坂浩二、梅宮辰夫
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
藤田明二阿部雄一、池添博、唐木希浩
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(根来公平)
〈道に迷うてしもうた〉

(根来しの)おらんの。
(根来 剛)おらん?

(根来克夫)じいちゃんが
いなくなっちゃった。

(菊村 栄)〈待っていてくれ。
俺も すぐ行くよ〉

(堺 里子)
しのぶがね… しのぶが…!

〈私の中から
何かが抜け落ちた〉

〈いつボケが来ても
おかしくねえ年だ〉

〈私の仕事は もう終わったのだ〉

長生きしとると
いい事もあるのう。

あれ?

あっ いらっしゃい。

(菊村栄一)
もうひと頑張りじゃな。

うん ラストスパートだね。

もう わしも
邪魔しちゃいかんと思ってた。

ありがとう。

だから 最後だ。

アッハッハ…。

さあ じゃあ
どこから話そうかねえ。

では この1カ月のあらすじを
ご覧ください。

〈イギリスから

親代わりの貴族の夫人が
やって来て

竹芝柳介の海外脱出の計画が
練られていた〉

あっ 誰?
(水谷マヤ)知らない。

〈もう孫と これで会えないと
思い込んだ お嬢は

なんとか テレビ界に
復帰させられないかと

私に頼みに来た〉

〈しかし
今 書いているシナリオを

テレビに売ろうという気は
毛頭なく

お嬢の頼みを
私は断るしかなかった〉

イギリスに
行っちゃうんだって?

…はい。

ねえ…
今度 いつ日本に帰ってくるの?

早く帰ってこないと…

おばあちゃん
い… いなくなっちゃうわよ…!

♬~

(マロ)おい いよいよ 俺の告別式だ。
(ロク)んっ? うん。

〈マロの発案した生前葬の用意が
園内で粛々と進行していた〉

〈そんな ある日
私は名倉理事長から

マロが 実際もう長くない事を
直接 明かされ

ショックを受けた〉

〈マロは もうすっかり
覚悟していたのだ〉

弔辞。 マロ…。

まったく… 君には手を焼いた。

君の死は
僕を ぼうぜんとさせている。

死を恐れるなって
悟った人は言うけど…

そうはいかないよな。

怖いよな。

お前は
笑いで ごまかそうとしてるけど

そんな必要は ないんだ。

遠慮なく怖がれよ。

怖がって震えろよ。

震えたほうが かっこいいぜ。

〈マロの生前葬という
ドタバタ劇があって

私は ようやく

中断していた シナリオの執筆
という世界へ戻った〉

〈向井爽吉の死と
書きさしのノートが

私に 改めて 何十年前の
シナリオに対する情熱を

よみがえらせてくれていた〉

〈その正月〉

〈悲別の炭鉱が閉山してしまった

里子と堺俊一の一家が

久しぶりに
小野ヶ沢に帰ってきてくれた〉

(俊一)就職先も
やっと決まったんで。

あっ そりゃあ まず よかった。
うん。

それで あの…
どこへ移るんじゃ?

福島です。
ふーん…。

(俊一)東亜電力の
福島原子力発電所です。

おお… 福島か!

えっ 原発って なんだか…
危なくないの?

ハハハ… そんな事
全然ないですよ お義母さん。

(俊一)原発は全く安全な企業です。

しのぶも そっちへ移るのか?

(里子)そうなの。

それで 引き取りに来たの。
ああ…。

〈わしらは
ショックを隠しきれなかった〉

〈しのぶが
手元から去ってしまう〉

詩子さんの事。

悔しいけど
あの人 兄ちゃんにお似合いよ。

だから あの人と結婚しなさい。

私 邪魔しない。
だから… ねっ?

お前… 一体 俺のなんなんだ?

いとこ。

妹。

(しのぶ)さっ 行こ! おやすみ。

♬~

〈平成10年 秋の小野ヶ沢〉

〈山淵の町の外れにある

オモチャという名の
赤ちょうちんのママに

年甲斐もなく
わしゃあ 夢中になった〉

(みどり)こんな時間に
よく出られるわね。

ああ…。

奥さん 文句言わないの?

女房は…

いないんだ。

あら…! あっ ごめん。

ううん。

死んだんだ。

…そうなんだ。

〈嘘ついた!〉

♬~

〈そして わしゃ ママさんと
深い仲になりかけた〉

(戸の開く音)
いらっしゃい。

(みどり)兄ちゃん…!

〈しかし 突然 天罰が来た〉

(三次)あんた
妹を どうするつもりだ?

えー… どうするって…。

お前 もう あいつとヤッたのか!?

いや…! ヤッてませんよ!

さっき
キスしようとしてたじゃねえか!

いや だから… それには あの…
深い事情っていうのが…。

どんな事情だ?
面白えじゃねえか!

聞こうじゃねえか
その深い事情ってのを おい!

あの… も… もう…。

(ニキビ)公平!

どうした!?

お…。

お… 脅された…。
えっ 誰に!?

か… 金作ってこいって
言われた…。

〈わしのやらかした失態のために

翔は けなげに
わしの身代わりで

バキュームカーの掃除を
させられた〉

100万円分 働きます!
何年かかっても働きます!

それで おじいちゃんを
許してやってください!

〈なんとも過酷な
くさい仕事じゃった〉

〈しかし その仕事も
なんとか終えたらしい〉

〈詩子さんの親父の
瞬間湯沸かし器が

夫人を連れて
突然 やって来た〉

君は偉いな。

(木宮)詩子は君に任せたよ。

あいつを嫁にしてやってくれ。

(翔)ありがとうございます!

生まれたんですか!

〈平成12年 春3月〉

〈去年 結婚した翔のところに
めでたい知らせが舞い降りた〉

〈子供が出来たんじゃ!〉

〈初めての曽孫が!〉

〈去年から かかっとった
家のリフォームも

一年がかりで形になっており

鉄兵兄さんの住んどった家が

翔たちの家として
生まれ変わりつつあった〉

あいつ もう帰ったの?

名前だけつけて
サーッと引き揚げた。

話すのよそうと
思ってたんだけど

あいつ また
事業に失敗したらしいよ。

えっ 本当!?
(剛)ああ。

だって お祝いじゃちゅうて

その見た事もないようなベッドを
置いてったのに…。

そういう事だけ
あいつは派手なんだよ!

(剛)金に困ってるくせに
見えだけ張って。

あいつは いっつも
そういう事をするんだ。

ええ~…!?

翔の爪のあかでも
飲んだらいいんだ!

〈ニキビが ついに
小野ヶ沢を捨てる事になった!〉

〈幼い頃からの遊び仲間〉

〈青っ洟は戦争で死んでしまい

ハゲは急病で急に逝き

今また ニキビが
この村を去るという〉

〈ショックだった〉

〈わしは
満州に奴らが発つ前日

ここで集まった あの日の事を

昨日の事のように
思い出しとった〉

(ニキビの声)最後は俺たちも
ここに入るんだな。

(ハゲ)ああ。

(ニキビ)バラバラになっても
ここで集合か。

(ニキビの声)
俺たちが 今度 ここで会う時

小野ヶ沢は どうなってるのかな?

(ハゲ)どうなってるのかな?

(ニキビ)変わってるかな?

変わるわけないさ。

〈変わっちまったんだ それが〉

〈青っ洟〉

〈人も景色も
あの頃とは変わった〉

〈空き家が増えた〉

〈人の数が減った〉

〈変わらないのは山並みだけだ〉

母さん。
うん?

今日は 親父は?

ああ 町に出かけたよ。
ニキビさんを送りに。

母さん。
うん?

親父 最近 少しボケたか?

どうして?

この前
俺に 変な事 言ったんだ。

えっ… 変な事って?

お前は
本当は俺の子じゃないって。

三平おじさんの子供なんだって。

〈一方 やすらぎの郷
老女たちの間に

最近 一つのフィーバーが
起こっていた〉

〈ヨガ教室の大人気である〉

〈それは
教室のインストラクターである

元オリンピック体操選手
シンちゃんこと 稲垣新一の

鍛え抜かれた肉体に起因した〉

〈そんな騒ぎの中…〉

先生! 水谷マヤさんが
自殺未遂を起こしました!

ええっ!?

(医師)大丈夫。
命は取り留めました。

マヤが シンちゃんと
できてたって事?

マンションの名義が
マヤの本名になってたって事は…。

マヤが そのマンション
借りてやってたの?

(宗匠)フォーカスされた
この相手の男。 これ…。

そうだよ! あいつだ

元オリンピックの体操選手
稲垣新一!

(宗匠)うちでヨガを教えてる
あいつですよ!

(お嬢)馬鹿ねえ あの子。
懲りないんだから…。

あのさ 人の事 あんまり
そんなふうに言うもんじゃないよ。

栄ちゃん。

なんだよ?

マヤとあたしを
一緒にしないでね。

あたしは これでも まだ現役よ。

第一 あたし 自殺なんかしないわ。

相手を自殺に追い込んでやるわ。

(せき払い)

ここから消えようかって…。

(ヘンリー)お互い 老けちまったな。

菊村栄先生ですよね?
えっ?