ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ケイジとケンジ 第7話 永田崇人、柾木玲弥、今井悠貴、桐谷健太… ドラマのキャスト・主題歌など…

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 #7』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 久保田
  2. 江島
  3. 宮前
  4. 毛利
  5. 目黒
  6. ヌンチャク
  7. 事件
  8. 持丸
  9. 自分
  10. 主犯
  11. 真島
  12. 仲井戸
  13. お前
  14. 小山
  15. 日下
  16. フッ
  17. 検事
  18. 骨折
  19. 駄目
  20. オラッ

f:id:dramalog:20200227221330p:plain

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 #7』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 #7[字]

桐谷健太×東出昌大”W主演!学歴も身分も収入も資格も捜査方針もまったく違う決して交わらない“二人の男”が挑むコミカルかつニュータイプの事件解決バディ・ドラマ!

詳細情報
◇番組内容
大学生の江島(永田崇人)が、高校時代からの知人である久保田(濱正悟)、宮前(柾木玲弥)、黛(今井悠貴)の3人から集団暴行を受け、右脚を骨折するなど重傷を負った。加害者を取り調べた豪太(桐谷健太)ら桜木署の刑事たちは、全員から自白を取って送検。ところが、修平(東出昌大)ら検察が求刑を決めるために取り調べを始めると、3人とも自分は主犯でなく、骨折もさせていないと主張し…!?
◇出演者
仲井戸豪太…桐谷健太
真島修平…東出昌大
仲井戸みなみ…比嘉愛未
目黒元気…磯村勇斗
毛利ひかる…今田美桜
森岡奈緒子…奥山かずさ
多胡永吉…矢柴俊博
桂二郎…菅原大吉
宮沢かほり…奥貫薫
樫村武男…柳葉敏郎
大貫誠一郎…風間杜夫

【ゲスト】
黛友之…今井悠貴
宮前幸介…柾木玲弥
久保田明…濱正悟
江島陸…永田崇人
小山きら…森高愛
ほか
◇脚本
福田靖
◇演出
本橋圭太(アズバーズ
◇音楽
ワンミュージック

【主題歌】宮本浩次『ハレルヤ』(ユニバーサル シグマ)
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】黒田徹也(テレビ朝日
【プロデューサー】服部宣之(テレビ朝日)、飯田サヤカ(テレビ朝日)、菊池誠アズバーズ)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/keijitokenji/
☆Twitter
 https://twitter.com/keijitokenji
☆Instagram
 https://www.instagram.com/keijitokenji/

 

 


(田口健介)よいしょ よいしょ
よいしょ よいしょ よいしょ…。

よいしょ…。

フッ フッ フッ フッ
フッ フッ フッ フッ…。

(久保田 明)オラ!
(江島 陸)うっ うう…!

(宮前幸介)ふざけんな!

♬~

(江島)うわあっ! うう…!

すいません… 許して…!

(久保田)コラア!

(宮前)
アチョーッ! ホワターッ!

(宮前)オラッ!

♬~

お父さん。

駄目だ こんな所で寝ちゃあ。
えっ?

110番通報 入ってるよ。
110番

立てる?
立てません。

ほら ほら…。
立てません…。

お父さん…。
(江島)うわあーっ!

ちょっと…。

(江島)あっ… ああっ…。

どうしました? どうしました?
痛い…。

大丈夫ですか?
(江島)足… 足…。

足? 足 足…。

至急 至急。
こちら 桜川橋交番 田口。

男性1名 重傷。

将棋道場?
純ちゃんが?

この前 樫村支部長にも

大貫署長にも
勝っちゃったでしょ?

(大野 純)王手。

参りました!

(純)勝ったー!
おお…!

かっこ悪…。

あんた 純ちゃんに
2連敗したんだろ?

あれで 純ちゃん
俄然 興味持っちゃったって。

みなみは オセロ強かったよな。
そうなんですか?

小学生の頃ですよ。
最初は 俺に負けてばっかで

いつも悔し泣きしてたわ。
かわいい!

かわいくないですよ。

でも 勝ったら いちご大福
俺の分もやる言うたら

急にムキになってな。
初めてお兄ちゃんに勝ったんです。

そんなに いちご大福が?
大好きでした。

聞きたいな
みなみさんの そういう話。

もういいですって。
ビール おかわりください。

はい。
もっと聞きたい。

気色悪いな お前。

言い方 違うやろ。
はあ?

「聞きたい」とか
上から目線で言われても

話す気になれんわ。
お兄ちゃん。

聞きたいです。
恥ずかしいから やめてください

真島さん。
聞きたいです お兄さん。

「お願いします」は?
お願いします!

真島さん もう…。
そんなに欲しいんか?

欲しいです。 ください ください!
やめて!

じゃあ あげましょう。

みなみの初恋の相手はな…。
そんな話は聞きたくない!

正太郎くんやったっけ?
やだ!

めちゃめちゃイケメンやったな。
トム・クルーズみたいやった。

やめてください!
中学2年の時だった。

みなみさん…。
もしもし。

水泳部のキャプテンだったんです。
聞きたくない!

集団暴行!?
(真島・みなみ)えっ!?

(毛利ひかる)新花咲町3丁目の
空き地で倒れている男性を

警察官が発見。

知人の男3人から
暴行を受けたそうです。

知人いう事は
犯人わかってるんやな?

すぐ行く。

ここの勘定はあんたが払ってくれ。
なんで!?

水泳部のキャプテンはな
俺が蹴散らしたったんや。

俺の妹に近づくな 言うてな。
あれは ひどい。

今日は僕が払います。
頼むわ。

あっ あっ… えっ…。

(カメラのシャッター音)

(カメラのシャッター音)

(カメラのシャッター音)

(カメラのシャッター音)

〈容疑者を逮捕し
送検する警察〉

〈被疑者を起訴し
裁判にかける検察〉

〈だが
刑事は捜査官〉

〈検事は法律家〉

〈そこには決定的な立場の違いと
それぞれの正義がある〉

集団暴行事件発生の
連絡を受けたのは

昨夜10時過ぎでした。

私一人では
対処できないと判断し

仲井戸さんに応援を要請しました。

なんで仲井戸さん?

とりあえず現場を確認し
被害者の江島さんが

救急搬送された病院に
ひかるちゃんと向かいました。

僕か桂さんに連絡じゃないの?

仲井戸さんより
キャリア長いんだから…。

その時間 俺は もう寝てた。

じゃあ 僕に…。
(毛利)江島さんは 全身打撲に

右足脛骨 すねの骨を折るという
重傷。

めちゃめちゃ痛がってましたよ。

いや そりゃそうだろう。

弁慶の泣き所
骨折しちゃったんだから。

僕のほうが 仲井戸さんより…。

(毛利)江島さんから
加害者の名前を聞き

久保田の自宅マンションに
向かったのが11時半頃です。

桜木署の仲井戸です。

久保田さん?
(久保田)はい。

俺がおって よかったわ。
ひかるちゃん一人で

集団暴行の犯人 相手するのは
危険やからな。

ありがとうございました
仲井戸さん。

どういたしまして。
制服警官が同行してたんでしょ?

男の部屋には 共犯者2人がおり

その部屋で この3人が
酒を飲んでいました。

久保田さんのご友人の
宮前さんは?

はい…。

黛さん?
(黛 友之)はい…。

その場で任意同行を求め
そのあと 逮捕したと

こういう経緯です。
どうしてさ…。

久保田明 22歳
消費者金融に勤める会社員。

宮前幸介 22歳 フリーター。

黛友之 20歳 専門学校生です。

どうして
僕を呼んでくれなかったの?

ひかるちゃん。

目黒くんが
電話 出なかったんだろ?

さっきから なんなんだ 君は!
僕は…。

留守電でしたよ。

初動捜査から
加わりたかっただけです。

はい もういい。 注目!
(手をたたく音)

江島くんを含めた この4人は
同じ高校の卒業生です。

久保田と宮前が3年生の時に
江島くんは2年生 黛は1年生。

コンビニに買い物に行って

帰りに 後ろから
声かけられたんです。

「おい」って。

誰の声でしたか?

それは… 覚えていません。

で 振り返ったら
あの3人が近づいてきた…。

それで…
あの空き地に引っ張り込まれて…。

お前 調子のってんじゃねえぞ!

えっ なんの事ですか…?

とぼけんなよ。

なんで 黛 お前まで…?

うっ…!

オラア!
オラッ!

(宮前)ふざけんな!

どうして そんな事されたの?
暴行を受けた理由は?

思い当たる事は ありますか?

俺が 久保田さんの元カノと
付き合っちゃったから…。

痛い!!
い… 痛み止め もっと…!

この子が 江島くんと
付き合っている女の子です。

彼女も
同じ高校の卒業生だそうです。

小山きら?
キラキラネームだよ。

こんなの
キラキラに入りませんよ。

うちの高校じゃ
「七つの音」って書いて

「ドレミ」って子がいましたから。
(目黒)ドレミ?

「明日」って書いて
「トゥモロウ」って奴も…。

江島さんを骨折させたのは
3人のうち誰なんだ?

「子犬」って書いて
「ワン」って奴もいたんすよ。

それ かわいそうだな。
そんな事は どうでもいい!

骨折させたのは…。

誰ですか?

わかりません…。
俺 気絶しちゃって…。

足の痛みで目が覚めたんです…。

じゃあ 誰がやったのかは…。

もう… 頭のてっぺんまで響く…
すごい痛みで…。

痛い 痛い…!

はい
痛み止めの注射 打ちますね。

でも 江島くんに
恨みを持っていたのが

久保田ですからね。

自分の元カノが 江島くんと
付き合っている事を知って

腹を立てた久保田が

宮前と黛と一緒に
焼きを入れた…。

久保田は俺が取り調べます。
(多胡)桂さん

久保田の取り調べ お願いします。
(桂)ほい。

ちょっと!
宮前は目黒が担当だ。

わかりました。
係長!

(多胡)毛利くんは被害者担当だ。
小山きらさんからも

話を聞いてくれ。
了解。

久保田は 俺に…。
仲井戸は黛だ。

黛…? 一番下っ端ですよ!

フフ… お前は ここで
一番下っ端じゃないか。

いや… 若い奴らの悪さなら…。
ちょっと 係長!

俺 元教師!

俺は やってません。

じゃあね 久保田くん

ゆうべの10時頃
どこで何してた?

家で寝てました。

意外に早寝早起きなんすよ。

うーん…。

あの これね…。

これ 君のスマホね。

えー これ…。
小宮山くん ちょっと…。

(小宮山 薫)はい。

ここに
最初から入ってるアプリに

実は 歩数計が付いてます。

(小宮山)どうぞ。
(桂)うん。

えー 2月19日 夜の10時と…。

あら…?

君 思いっきり歩いてるよ。

この中に 江島さんを蹴った数も
カウントされてるのかな?

なんの事だか 僕には全然…。
(目黒)わからない?

誰かと勘違いしてるんじゃ
ないですか? 江島は。

現場近くの防犯カメラに

江島さんのあとをつける
君たちの姿が

ばっちり映っちゃってるんだけど。

これ どう見たって 君だよね?

お前ら 高校時代から
つるんでたのか?

はい…。

江島くんは?

…も 仲間でした。

仲間を蹴りつけたのか。

お前の一個上の先輩だろ?

久保田さんに
やれって言われたら…。

俺はな…

大勢で一人を痛めつける奴らが
一番嫌いなんだよ!

俺の学校にもおったわ
そういう卑怯な奴らが。

学校?

お前らは 自分が
どんだけ馬鹿な事をやってるか

全然わかってないんだよ。

もし 打ちどころが悪かったら

江島くんは
死んでたかもしれないんだぞ。

想像力ってもんがないのか?
馬鹿野郎!

やった事 全部 先生に話してみろ。

何もかも 全部!

久保田も宮前も
犯行を認めたんですか?

(多胡)
当初は否認しておりましたが

黛が 何もかも
しゃべったと聞いて

あの時 現場にいた事は
認めました。

うん…。
でも 2人とも

自分は 手は…
ああ 足は出していないと…。

被害者が証言してるんでしょ?
3人にやられたと。

集団暴行という事で
間違いありません。

3人は 明日 送検します。

でも 検察行くと
話が変わってくるんですよね

これが また。
ああ…。

私は 大貫署長ほど
お人よしではありませーん!

我々 検事は
理詰めで考えるのだーっ!

おっと
もしかして 樫村支部長…?

似てなかったね。

そっくりです!

理詰めって なんや?

警察は この3人がやりましたって
まとめて送致してくるでしょ?

でも 検察は その中で

一番悪質なのは誰か
二番目は誰か

それを
はっきりさせなきゃいけないの。

一番も二番もあるか!
あれは連帯責任や。

学校じゃないんだから。

久保田 宮前 黛… みんな悪い。

今回の犯行で 誰が どんな役割を
果たしたのかによって

起訴内容が変わるの。

裁判官に求める量刑が
変わるのよ。

じゃあ あれか。

検事は あの3人を
格付けするいうわけか。

(樫村)今回の事件

捜査のポイントを言ってみろ
真島。

犯行を主導したのは誰か。
誰が被害者を骨折させたのか。

この骨折痕は 蹴りつけて
できたものではないでしょうから

恐らく凶器が使用された。

それを所持
もしくは使用したのは誰か。

以上がポイントになると思います。
(持丸 栄)そうね。

(日下直樹)でも 今 付き合ってる
彼女を取られたんなら ともかく

元カノでしょ?
久保田明ね。

誰と付き合おうが
いいじゃないですか。

馬鹿馬鹿しい…。

それが 自分の後輩だったから
気に入らなかったのよ。

こんな
くだらない事件を起こす奴は

そもそも頭が悪いんですよ。

でも 被害者が怪我で済んで
よかったじゃない。

もし亡くなってたら
この事件の真相解明は

難しくなってたわ。
そうですけど…。

どうせ 罪のなすりつけ合いが
始まるんですよ。

俺は あいつに言われて
やっただけだって。

面倒くさいんですよね
この手の事件が一番。

さーて これを誰に配点するか…。

警察で 一番素直に
しゃべっているのは 黛友之か…。

これは
持丸さん お願いします。

わかりました。

これは あれだな。

主犯の被疑者を担当した検事が
法廷に立つ事になるな。

日下 ここ来て 何回立った?

法廷は… 10 11… 12回です。

真島は?

11回です。

日下が一歩リードか…。

えっ?
(日下)えっ えっ えっ…?

支部長! 久保田明は
私に担当させてください!

私が久保田明を担当します。

どうして
そんなに急にムキになる?

こんな くだらない事件に。

法廷に立って
もっと経験を積みたいんです。

自分にとっても!
それが大事だと…。

久保田は真島
宮前幸介は日下が担当だ。

えっ…?
ありがとうございます!

早速 始めろ。

わかりました! 失礼します。
失礼します…。

(樫村)日下。

はい…。

久保田が主犯と
決まったわけじゃないぞ。

はい!! 失礼します。

支部長 あの2人を
あおったんですか?

今の若いのは
小さい事件と見ると

すぐに
手を抜きたがりますからね。

よろしくお願いします。
はい。

(高畑)なんか ごめんね。
(岡部)何?

私 いちいち動きが大きい人 苦手なの。

それとか。

<コンパクトな動きのスライドドアが大人気>

ダイハツ「キャンバス」>

♬~

(主人公)おい!

お前もな。 …照れちゃった。

<新自由SUV 「ROCKY」デビュー。
ダイハツ

「暴行を受けたのは

久保田さんの彼女だった
小山きらさんと

自分が付き合っている事が
バレたからだと思います」

江島さんは
こう供述してるんだよね。

久保田明くん。
君が 宮前と黛を誘って

江島さんを痛めつけようって
言い出したんだろう?

江島をボコボコにしよう
っつったのは 宮前ですよ。

宮前?

あいつが
俺に こう言ったんです。

(宮前の声)俺とお前は親友だぞ!

許せねえよ 江島の野郎!

きらが誰と付き合おうが
どうでもいいよ。

江島は調子にのってんだよ。
だよな? 黛。

そうっすよ!

行くぞ。

何する気だよ…?
久保田さん…。

♬~

(宮前)おい!

後輩のくせに お前! オラ!

もう やめてやれって…。

アチョーッ! ホワターッ!

俺は なんもやってません。

そんな事 僕が信じると思う?

犯行を主導したのは君でしょ?

江島さんを骨折させたのも 君。

違います!
凶器は何?

宮前と黛がやったんです!

君が主犯だよ 久保田くん。

お前だろ? 宮前。

江島さんに大怪我をさせたのは!!

いや なんでですか…。

彼女取られたのは 久保田ですよ。

僕は あいつに頼まれて
嫌々 行っただけです。

ああ 許せねえよ 江島の野郎!

きらちゃんとは別れたんだろ?
どうでもいいじゃん。

あいつ 調子のってんだぞ!
だよな? 黛。

そうっすよ!

(久保田)おい!

(久保田)オラッ…。
(黛)オラッ!

もう 勘弁してやれって!

僕は何もしてません。

ハハハハハ…!

森岡くん。

(森岡奈緒子)
江島さんの骨折箇所の写真です。

(奈緒子)
細い棒状のもので殴打されると

こういう傷が残ります。

俺 見つけちゃったんだよね。

「ホッ! ホッ! ホッ!
アターッ!」

「ホワチャーッ! トワターッ!
ホチャア!」

今時 ヌンチャク!

アチョー! って
完全になりきっちゃってね。

アチョーって なんですか?
ブルース・リーだよ。

えっ 知らないの?
燃えよドラゴン』。

ああ…
お父さんが好きだったかな…。

このヌンチャク 相当硬いよね?

こんなんで やられたら
すねなんて簡単に折れちゃうよ。

あっ! それに…

ヌンチャクなら
上着の下に隠せるもんね。

あれは とっくの昔に捨てました。

振り回してたら
何回も自分の頭に当たっちゃって

それで 頭にきて
燃えないゴミの日に…。

嘘だね。

捨てたのは犯行直後だろ?

信じてください!
信じない!

お前が一番悪質なんだよ 宮前。

主犯は お前。

あなたを呼び出したのは 誰なの?

電話が 久保田さんから…。

なんて言われたの?

江島が きらちゃんに
手ぇ出しやがった

あいつをボコるから来いって。

ボコる…?

ボコボコにする。
やっつけるという意味です。

ああ なるほど…。

検事が被疑者をボコる。

こういう使い方で
合ってるのかしら?

微妙ですが 合ってます。

合ってますって。 フフフフ…。

で 電話をもらって
あなたは行った。

はい…。

ああ 許せねえよ 江島の野郎!

調子にのってんだよな あいつは!

ボコりに行くぞ 黛。

オラ!
オラア!

(久保田)オラッ!
お前もやれ!

やれよ 黛!

…はい!

こう蹴るんだよ!

ホワチャーッ! アチョーッ!
(蹴る音)

ううっ…!
(久保田)いけよ!

ううーっ…!

ごめんなさい…。

江島さんの足を
骨折させたのは誰?

暗かったし
無我夢中だったんで…。

でも…。
でも 何?

宮前さんのほうが 乱暴っていうか
何するかわかんない人だから…。

ヌンチャクで殴った?

ヌ… ヌンチャク?

ああ…。

何が「ああ…」なの?

宮前さんが持ってるの
見た事あります。

(小山きら)ごめんなさい…。

なんで謝るんだよ。

私のせいでケンカになって

私のせいで
陸くん こんな姿に…。

きらちゃんは悪くないよ。

ううん 全部 私のせい。

私がいたら 陸くん 駄目になる。

別れましょう 私たち。
(江島)えっ?

(毛利)はっ?
もう 無理…!

付き合ってもいいって言ったのは
きらちゃんじゃ…?

昔の話 持ち出すなんて
男らしくない。

えっ!?

ごめんね。

ちょっと!? きらちゃん…!
痛い…!

はあ… すっきり。

犯行を主導したのは 久保田。
こいつが主犯です。

江島さんに彼女を取られた
当事者ですし。

ねっ 桂さん。
いや… 私にはわかりません。

久保田の担当刑事でしょ
あなたは。

そうなんですけど
これ 集団暴行ですからねえ。

みんな悪い。

僕は宮前が主犯だと思いますね。
ああ?

日下検事は 江島さんを
骨折させたのは 宮前だと…。

ヌンチャク。
ああ…。

うちの高校でも
振り回してる奴 おったわ。

宮前は 随分前に捨てたって
言ってたそうだけど

黛は 去年持ってるのを見たって
言ってるわ。

ほら ほら!
あいつは嘘をついてます。

この事件で一番悪質なのは

僕の宮前です!
(目黒)「僕の」?

僕の久保田だ!
(桂)なんだ それ…。

まあ どっちかよね。
えっ?

まだ時間はあるから
徹底的に捜査しなさい。

えっ 黛は いいんですか?
調べますよ 俺。

彼は事実を認めてるわ。

先輩に逆らえなかったんです。

いやいや いやいや…。

結局 自分は巻き込まれただけって
言ってるわけでしょ?

そういう奴が
一番くせ者なんですよ!

久保田や宮前みたいな
わかりやすいワルの陰に隠れて

こう えげつない事してるタイプ。

どうして そんな事言えるの?

教師の勘や。
(日下・持丸)教師の勘?

出た…。
教師の勘…。

だから そこは刑事の勘って言え。

(目黒)そうですよ。

両方です。 とにかく 黛は…。

ヌンチャクを捜してください!
ちょっと!

暴行があった その夜のうちに
任意同行されてるわけだから

現場周辺に捨ててるはずです!
俺の推理が まだ終わってない…。

もうお願いしますよ 目白さん!

目白?

目黒さんです。
あっ そっち!?

いや そっちって…。
失礼やな 君。

久保田の補充捜査をお願いします
桂さん。

補充捜査?

奴が一番悪質だという
決定的な物証です。

出た 物証くん。

よろしくお願いします。
はあ…。

黛も十分怪しいと…。

余計な事しなくていいから。
取り調べで しゃべらせます。

まだ 先輩に怯えて
言えない事があるかも。

いやいや いやいや いやいや。

♬~

ほんまに なんなんや もう
検事いう人種は!

かほりさん おいしい。
(宮沢かほり)ありがとう。

あいつら
なんで張り合うてんねん。

真島と… 誰?

日下検事。

「僕の久保田」とか言うてんやぞ。
「僕の宮前」って。

自分が担当してる人が主犯なら
法廷に立てるんですか?

そう。

若手検事は
経験を重ねる事が大事だものね。

「法廷は私のステージ」
って言ってた女性検事もいたわ。

じゃあ この事件は
あいつらにとったら あれか

オーディション
みたいなもんなんか?

(純)オーディション?
(かほり)言えてるかも。

かほりさん。
アカン…。

検察は邪悪な人間の集まりや。

みなみ 事務官なんか
辞めてしまえ もう!

辞めません。

検事は 真実を追求するために
頑張ってるの。

だったら
黛担当のあのおばちゃんも

もっと気合入れてほしいわ。
…誰?

持丸検事。 「おばちゃん」は駄目!

あれも真島と同じや。
刑事を軽く見やがって ほんま!

(純)仲井戸さん。
カリカリしない。

他のお客様に大迷惑です。

ごめんなさい…。

(目黒)生まれて初めてだよ
目白って間違えられたの。

(毛利)目黒さん 使いっぱだと
思われてるんですよ。

今日は ずっとヌンチャク捜し。
でも 全然見つからない。

私も疲れちゃいました 精神的に。

精神的にって
どういう事? どういう事?

(毛利)江島さんに会いに行ったら

きらさんが
お見舞いに来てたんです。

トラブルの原因になった女の子?
そう。

ごめんね。

ちょっと!? きらちゃん…!
痛い…!

はあ… すっきり。

(毛利)小山さん。

小山きらさんですよね?

桜木署の毛利と申します。
ちょっと お話が。

ホントに警察の人?
刑事です。

すごい! かっこいい!

あなたに
お尋ねしたい事があります。

私も刑事になれますか?
無理だと思います。

今回の事件の被疑者になっている
久保田明と

以前
お付き合いされてましたよね?

1カ月だけ。

で 今は江島さんと。

もう別れました。
さっきでしょ。

見てました。
でも 江島さんは まだ…。

いつもなんです。
は?

いつも 私のために
男の人がケンカになって…。

小山さん…。

もうやだ!
(毛利)あっ…。

「もうやだ」って何?

あの子は駄目。
基本的に自分の事しか考えてない。

(毛利)でも 男は あんなタイプに
コロッとだまされるんですよね。

ああいう子は
取り締まれないんですか?

つまり…

彼女は人に優しくない。

でも ひかるちゃんは優しいよね。

私? 私は普通ですよ。

普通じゃないよ。

うーん そっか…。

まあ 普通じゃありませんよね。

怖いって言われるもんな。
女刑事は怖いって。

怖くない。 全然怖くないって。

結婚できんのかな? 私。

未来が見えない。

結婚願望あるんだ?
ひかるちゃん。

そりゃ ありますよ。

やっぱ…。

うーん
職場結婚がいいんじゃない?

うーん 職場結婚か…。

仕事の事 わかってもらえるし…。

うん ですよね。

もし あれだったら… 僕と…。

でも それは最終手段。
最終…?

もう ホントに
どうしようもなくなったら

手近なところで選ぶしか
ないですよね。

早く食べて帰りましょう。
明日早いし。

だね…。
(毛利)うん。

うっ!

ごめん! 取りすぎちゃった。

じゃあ 私 こっちなんで。
駅まで送ろっか?

大丈夫です。 ホントすいません
ごちそうになっちゃって。

いいよ あのくらい。

ありがとうございました。
お疲れさまでした!

♬~

ひかるちゃん!

王子様は 案外近くにいるかもよ。
えっ?

(目黒)結婚願望の話。

(毛利)
私 王子様キャラは ちょっと…。

いや キャラの問題じゃなくて…。

あっ もう電車が…。
お疲れさまでした!

おやすみ!

おやすみなさい。

なんや?

なんや? 今の。

「おやすみ」
「おやすみなさい」って。

仲井戸兄妹!

もしかして
お前ら 付き合ってんの?

えっ?

お兄ちゃん そんなあからさまに。
別に付き合っては…。

俺は知ってたんやて!

メグちゃんが
ひかるちゃんに惚れてるって。

えっ!?
でも 絶対無理や思うてた。

すげえな メグちゃん
おめでとう!

おめでとうございます!
だから…。

でも お前
係長に知られたら大変やぞ。

あっ 職場恋愛がバレたら
飛ばされるんでしょ? 警察は。

どっちかが飛ばされるって。
ちょっと待ってください!

僕たち 付き合ってませんから。

駄目駄目駄目 もうアカン。

男らしくないですよ 目黒さん。

いや ホントに違うんです。

違くな~い。
見てもうたんやもん 俺ら。

見てもうたんやもん。
なあ?

にゃあ~。
「にゃあ」って お前…。

心配すな。 誰にも言わんて。
言いません。

あっ… アカン。

これは 上に報告する義務が
あるんやった。

義務?

いわゆる身上調査報告や。

同僚刑事のプライベートに
問題はないか

定期的に報告する決まりに
なってるって聞いたわ。

メグちゃんの事 係長に聞かれたら
どないしよう?

そこは適当にごまかして…。

いや お前 ごまかすわけには…。
僕たち!

結婚を前提に付き合ってるんです。

結婚!?
…はい。

もう そこまで!?

早すぎました?
そこまでいかなくていい?

いやいや いやいや!
見直したよ メグちゃん!

素敵 素敵!

結婚するなら
報告する必要はないでしょ。

そうです。
まあ…。

俺らから言う事やないか。
うん。

じゃあ これは僕たち3人だけの
秘密にしてください。

ひかるちゃんにも言っちゃ駄目。
なんでや?

彼女…。

実は 恥ずかしがり屋なんです。

それは意外。
かわいい!

だから…。

おう わかった!
本人にも誰にも言わん。

言いません。
絶対ですよ!

とりあえず…。
(3人)乾杯~!

(毛利)いや びっくりしちゃった。
いきなり後ろから「ひかる」って。

(相原由美)ごめんね。
電車 乗ろうとしてたんでしょ。

(青木鏡子)
ダッシュしてたもんね。

(毛利)いいの いいの
まだ終電じゃないから。

由美たちに ばったり会って
スルーはできないでしょ。

(由美)さすが ひかる。
(鏡子)女の友情だわ。

(鏡子)いや でも 男ができると
また変わっちゃうのよ。

でも まだ大丈夫。

私の周りには
そんなの 一人もいませんから。

(桂)あの4人は
同じ高校のサッカー部でした。

まあ サッカー部といっても
まあ 弱くてですね

いつも県大会1回戦で敗退。

それなのに あの 上下関係だけは
やたら厳しかった。

ありがち ありがち。

それで?

あの… 特に3年の時の久保田は
威張っていて

え~ 後輩たちは
絶対に逆らえなかったし

同級生の宮前も 久保田の機嫌を
取っていたそうです。

久保田がボスだった。
そんな事は わかってます!

その関係が
今も続いてたんですよね?

ええ。 あの… 久保田が
犯行を主導した可能性大です。

「可能性大」じゃ駄目なんです!

物証を捜してほしいって
言ったでしょ 僕は!

久保田が主犯だという物証を!

いや そもそも これ
集団暴行ですからね

銀行強盗と同じでしょ?

銀行強盗?
何が同じなんですか?

強盗やろうぜって言った奴も
それにのっかった奴も同罪。

同罪でも心証が違います。

心証は 裁判官の量刑判断に
影響しますから。

それは わかってますよ。
わかってない!

僕は法廷に立ちたいんだ!

は?
真島検事。

樫村支部長に認めてもらえる
物証が欲しいんですよ!

ヌンチャクで殴った?

高校3年の時
ヌンチャクで下級生を殴って

頭を3針縫う怪我を負わせ
2週間の停学。

やっぱり 宮前だ!
アハハハハ…!

江島さんの足を折ったのは!

高校時代から ヌンチャクを
常習的に使用していた。

凶暴な一面があったんです。

犯行に使ったヌンチャクは
見つかったんですか?

新情報は まだあります。

宮前も 小山きらに惚れていた。
惚れていた?

元同級生の話です。

(ガムをかむまね)

「宮前も 実は
きらちゃんが好きだったんす」

「でも 久保田の彼女だったから
諦めてたんすよ」。

(奈緒子)えっ ものまね?
(目黒)「マジで」。

モテモテですね きらちゃん。

つまり 久保田と別れて
フリーになった きらちゃんを

宮前は狙っていた。

ところが 後輩の江島さんに
取られて 逆上したんですね!

宮前が過激な行動を取る動機と
なりえます。

よし よし…
よしよし よし! よーし!!

風は俺に吹いてるよ。
風は俺に吹いてるよ!

で ヌンチャクは?

見つかりません。
はあ…。

目白くん。
目黒です!

(ため息)
このままじゃ日下に負ける…。

あのおじさん刑事は
役に立たないし…。

どうしたら
久保田を主犯にできるんだ!

真島検事
今のは言いすぎだと思います。

あ…。

被疑者を悪い奴にする事が
検事の仕事ですか?

すいません…。

真実を追求する事じゃ
ないんですか?

そうです。 そのとおりです。

今のは言いすぎました。
僕を軽蔑しないでください。

しませんけど。

けど 何…?

しません。

よかった~!

黛も きらさんに?

惚れてたんですか?

間違いありません。

(立石 稔)しょっちゅう スマホ
隠し撮りしてましたよ あいつ。

きらちゃんを? 黛が?

高校時代の同級生は
みんな 知ってましたよ。

じゃあ 4人とも
きらさんが好きだったんですか。

どんだけモテるんだよ…。
(持丸)なんて狭い世界。

そんなもんですよ。

かわいい部活のマネジャーは
部員全員 惚れちゃいますからね。

とにかく それを聞いて

署に勾留してる黛を
問いただしたんです。

つまり お前にも 江島くんに
嫉妬する理由があったわけだ。

僕は きらさんの…
ファンだっただけです!

久保田から呼び出されて

初めて 江島くんと きらさんが
付き合ってる事を知ったって

言ったよな? お前。

はい。

おかしいなあ。

検察じゃ 久保田は宮前から

宮前は お前から聞いたって
言ってるぞ。

2人が一緒に歩いてるところを
見ましたって

黛から電話が来たって。

誰が嘘ついてんだよ!

(仲井戸の声)
本当に黛は先輩に命令されて

嫌々 暴行に加わったと思います?

俺は思いませんね。

根拠は?

黛は 事件の3日前
関内に行ってますよね。

報告したでしょ?
Suicaの履歴に残ってたって。

電車の中で
かわいい女の子を見つけて

ついつい あとを追いかけたって。

俺 関内に行ってきたんですよ。

♬~

お忙しいとこ すいません。
はい。

あの
桜木署の仲井戸といいますが…。

はい。
あの…。

そちらの防犯カメラの映像って
見せて頂く事って可能ですか?

♬~

ミリタリーショップ?

(銃声)

(浜西洋二郎)俺は
一度会った奴の顔は絶対忘れねえ。

はあ…。

この男なんですけど…。

(浜西)見た事あるような…。

ないような…。

いや 一度会った顔は忘れない
って 今…。

思い出した! 来たよ こいつ!

(浜西の声)
帽子かぶって マスクして…。

(持丸の声)黛は 事件の3日前
ミリタリーショップで

これと同じものを
購入していました。

特殊警棒です。

本格的だな。

これで
すねを思いっきり殴打したら…。

簡単に骨折しちゃいますよ。

そもそも 江島さんと きらさんが
付き合ってるのを

最初に知ったのも黛…。

実は 黛も
きらちゃんが好きだった…。

江島さんに嫉妬していた可能性は
十分にあります。

ああ… そうやって
黛が隠し持ってたんですよ。

俺の宮前じゃなかった…。

僕の久保田じゃなかった…。

日下。
はい。

真島。
はっ はい。

功を焦ると
真実が見えなくなるのよ。

自分たちの担当してる被疑者を

有罪だと決めつけてかかっては
いけません。

改めて それを学んだのよ
あなたたちは。

はい。
そのとおりです。

主犯は 私の黛だった…。

(日下)えっ?
はい?

ホホホホホ…!

黛はシロだと決めつけてましたよ
持丸検事は。

だよね。

オホホ…!

僕は ホントにヌンチャクは…!

わかった わかったから
信じるから。

でも 3人で江島さんを
暴行した事は 認めるんですね?

認めます。

時間は どれくらいだったの?

2~3分だったと思います。

本当に そんなもん?

本当です。
5分も10分も蹴ってません。

やめようって言ったのは?

僕です。
「もういい 帰ろうぜ」って。

それで帰ったんですか?
3人そろって?

そういえば 黛が…。

黛が?

あっ! スマホ落としたって
一度 戻っていきました!

(持丸)江島さんの骨折箇所に
残っていた傷と

この特殊警棒の太さが
ぴったり一致するのよねえ。

あなたは
江島さんと小山きらさんが

一緒に歩いてるのを見て
腹が立った。

あなたは
きらさんが好きだったから…。

そこで あなたは考えた。

この事を宮前に知らせれば
すぐに久保田に伝わる。

当然 久保田はブチギレるだろう。

確信があったんでしょ?

(持丸)久保田は
宮前と自分を誘って

江島さんをボコるって
言い出すって。

(持丸の声)
そして 実際そうなった。

その時 あなたは
特殊警棒を隠し持っていた。

(宮前)ふざけんな オラッ!

(久保田)オラッ!
お前もやれ!

(久保田)やれよ 黛!

…はい!

(持丸)暴行が終わったあと
あなたは

スマホを落としたと言って
現場に戻り…。

(黛)あっ あっ!

スマホ あそこに
落としちゃったみたいです…。

マジかよ!

早く取ってこい。

すいません すいません!

♬~

ホワター!

♬~

(持丸の声)特殊警棒で
江島さんの右すねを殴打した…。

♬~

うわーっ!

つまり 君が先輩2人をたきつけ

君が 江島さんに重傷を負わせた
という事です。

違うなら
違うって言っていいのよ~。

♬~

(多胡)黛の供述どおり

事件現場近くの川底から
特殊警棒が発見された。

(桂)おお 見つかりましたか。

という事は 起訴決定。
(毛利)主犯は黛。

3人共謀の傷害罪ではあるが

黛には 単独犯として
もう1つ 罪が加わる事になる。

やっぱ
検察は ちゃんと仕事するなあ。

いやいや 俺たちが
一生懸命 捜査したからだろ。

でも 一番悪いのは あの子かも。

(目黒)きらちゃん?

ああ…。
(多胡)それも一理ある。

男が馬鹿なだけや。

女の子を悪者にしたらアカン。

ごめんなさーい!
2時間も遅れちゃった~!

(伊藤健吾)全然大丈夫。

じゃあ 行こっか。
(きら)うん!

今日は
何 ごちそうしてくれるんですか?

伊藤先輩。
(伊藤)何が好き?

なるほど。

あえて 真島検事と日下検事を
競わせたわけですか。

真剣に取り組んでもらわないと
判断を誤る。

事件に
大きいも小さいもないんですよ。

テレビドラマで
よく聞くセリフだ。

とにかく 今回ね 警察と検察
いい協力ができました。

これからも
良きパートナーでいきましょう。

しかし 検察の指示には
従ってもらいますよ。

またまた すぐ そういう事を…。

犯罪という共通の敵に立ち向かう
パートナーでいいじゃない。

今の我々が まさに そうだ。

それは違うでしょう。

共通の敵と戦っているでしょうが。

あった!

ここだ。

よし! これでいく。

そうきたか~!

フフフ…。

(純)うーん…。

じゃあ…。

ここ。

(一同)おお~…。

(純)うーん…。
ん?

(純)えいっ!
(一同)おー!

(大貫)あっ…!

あ~ 法廷に立ちたかったあ…。

きっと 日下検事も
悔しがってますから 真島さん。

結局 オーディションに
受かったんは 持丸のおばちゃん。

俺のおかげや。

だから
「おばちゃん」は駄目だって。

(ため息)
最近 いい事が なんにもない。

いちいち ため息つくな お前。

(かほり)どうぞ。
ん?

お客様から頂いたの。

気晴らしに誰かと見に行ったら?

リスボンの恋人』…。

ポルトガル映画

一緒に行きませんか?
みなみさん。

ああ…。

アカン。
(かほり)映画くらいいいじゃない。

そうですよ。

どう見たって
それは ラブストーリーや。

そんなん 2人で見て
盛り上がられたら困る。

でも 私 ポルトガル映画って
見た事ないかも。

行きましょう!
真島。

ありがとうございます
かほりさん!

あっ もう1枚あった。

えっ?
これも どうぞ。

俺も一緒に行くわ。
いりません。

3人で行こう。 なっ みなみ!

私は どっちでも。
どっちでも!?

フフ… 面白~い。

僕をもてあそんでるんですか?
かほりさん!

(大貫)あっ!

参りました!

負けました!

やったー!

(拍手)

リスボンって お菓子の名前?
ポルトガルの首都ですよ!

お兄ちゃん。
知ってたわ!

(樫村)児童虐待
ほんま許せん…。

こっちが感情的になっちゃ駄目。

(三崎真由子)
虐待なんてしていません!

(毛利)笑美ちゃんの味方だよ。
あの子も恐怖に縛られてるんや。

(持丸)ちょっと裏がありそうです。
傷害罪で起訴するしかありません。

宮本浩次さんが歌う
このドラマの主題歌

『ハレルヤ』が収録されたCDを
抽選で30名様にプレゼント!

詳しくは 番組ホームページへ!