ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第225話 石坂浩二、ジェリー藤尾、浅丘ルリ子… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #225 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 吉岡
  2. 山田
  3. 乾杯
  4. 洋子
  5. アンタ
  6. お前
  7. 今日
  8. 赤羽
  9. 恵子
  10. 恵子先輩
  11. 後輩
  12. 最高
  13. 先輩
  14. 大丈夫
  15. キャベ玉
  16. 一緒
  17. 昼酒
  18. アハハ
  19. お姉ちゃん
  20. フフフ

f:id:dramalog:20200225132814p:plain

『やすらぎの刻~道 #225 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #225 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
筋肉ムキムキのインストラクター・稲垣新一(中島歩)によるヨガ教室は「やすらぎの郷」に住む女性たちに大人気。お嬢(浅丘ルリ子)やマヤ(加賀まりこ)も足繁く通っていた。そんな中、稲垣の新車が何者かによって傷つけられる事件が起きる…。ある日、マヤが睡眠薬を飲んで自殺を図ったと聞き、菊村栄(石坂浩二)はがく然とする。現場のマンションはマヤの名義で借りられていたが、そこで暮らしていたのは意外な人物だった…!?
◇出演者
石坂浩二ジェリー藤尾浅丘ルリ子大空眞弓いしだあゆみ水野久美草刈民代笹野高史丘みつ子加賀まりこ橋爪功上條恒彦、中島歩、草刈麻有
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
阿部雄一
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(菊村 栄)〈香川さくらさんから
この前 聞いた

岩手に伝わるという
デンデラ野の話は

私の心に奇妙にすみ着いた〉

〈年老いた人間が 役目を終えて

子どもや孫たちに
迷惑をかけぬために

ひっそり山へ入っていく〉

〈その消え方は いかにも日本的で
なんとも悲しく美しい〉

(菊村あやのの声)栄ちゃん
あんた 手に入らない?

山行きの汽車の切符。

認知症を発症した
私の老いた母が

深沢七郎の『山節考』を見て

山行きの切符が欲しいと
私にせがんで困らせた事を

私は なんとなく思い出していた〉

〈自分も 程なく老いて朽ちる〉

〈その朽ち方を 最近しみじみと
一人考える事が多くなった〉

〈周囲の人に迷惑をかけ
厄介者となって死ぬのは嫌だ〉

〈そんな時 思い出す
一本の木があった〉

〈それは いつだったか
北海道で見た

一本の桂の巨木だった〉

〈それは原生林の奥にあって
樹齢およそ400年〉

〈朽ちかけ
しかし 凜と立っていた〉

〈あの木のように私は死にたい〉

〈誰からも悲しまれず
誰からも忘れられて〉

♬~

(三枝奈々)ありがとうございます。
失礼します。

(辛坊 修)栄ちゃんさ
最近 マロに会ったかい?

2日前に
見舞いに行きましたよ。

ふーん…。
何か話 したかい?

いや うつらうつら
眠ってばかりで。

ふーん…。

野郎も
もう あんまり長くねえな。

いや 少ししゃべったんだけどね

奴はさ 2人で
ヤンチャしてた頃の話をね…。

あいつ
変な事 覚えてやがってよ。

上七軒に いい女がいてね。

あいつと2人で
目をつけたんだよ。

へえ…。
なっ。

そしたら ある日 あの野郎がさ

嬉しそうに
その女から手紙もらったって

嬉しそうに俺に見せるんだよ。

ヘヘヘヘヘッ…
そしたら 驚いたね。

以前 俺がもらったのと
全く同じ手紙。

えっ? ハハハハッ…!

俺のを見せたら 野郎
目を まん丸くしやがってさ。

(辛坊)ハハハハッ…!

大笑いしたけど
そん時の事をね…

昨日の事のように
しゃべりやがるんだよなあ。

うん。

多分 あれだよ
笑ったつもりなんだろうけどね

顔をゆがめて
そのまんま寝ちまった。

布団の外に手が出てたから

入れてやろうと思って
その手を持ったらよ

あんまり細くて…

急に 俺…
俺 涙が出てきちまってよ。

昔 あいつが 女相手に
偉そうにしゃべってたのを

思い出したんだ。 あ~…。

人間の体は
70パーセントが水でな

で 生まれたばかりの時は
80パーセント 水なんだって。

で それが年を取るとよ
60パーセント 50パーセント

最後は45パーセントに
なるんだそうだよ。

あいつ…
ヘッ 偉そうに講義してたな。

それが 今はよ…

まるっきり
水気が抜けちまいやがってな。

あいつは 本当に もう…
長くないぜ。

♬~

〈この連中は
まだ 水分にあふれていた〉

(シンちゃん)お尻の筋肉を
鍛えていきましょう。

息を吐きながら
お尻を天井に突き上げていきます。

(シンちゃん)はい。 そうすると

このお尻 大臀筋に効いてるの
わかります? ねえ。

ひざはね 股関節の幅ぐらいで。

腰 痛めちゃうから。
(怜子)は~い!

(シンちゃん)はい。
ねえ いいですよ~。

ねっ これでね お尻がね
みんな キュッとなるから。

お疲れさまでした。
お疲れさまでした~。

ねえ 今日 シンちゃんの
はいてたパンツ 見た?

見た。

あれ 誰かが
買ってあげたんでしょう!

本当?
(怜子・お嬢)誰?

誰が買ったのか
私 知ってる!

ねえ 誰なの?
誰? 誰?

だ~れだ?
(玉子)冴子さーん!

あたし
そんなもん買ってあげないわよ。

誰なのよ?

みどりさん!

(怜子・お嬢)えっ!?
その線!?

あ~…! あいつ

一人だけ レオタードなんか
はいちゃってさ!

まねしないほうが いいですよ。
(怜子)なんで?

どうして?
だって 私たちが着たら

悲惨な事になりますよ。
(お嬢)そうそう。

ならないわよ。

なるわよ!
ならないって。

(お嬢)やめたほうが いいってば。
(玉子)やめたほうが いいです!

(さとみ)いい いい…!

え~?
私 まだ これだってさ…。

それにしても 誰だろう?
あのパンツ買ってやったの。

だから みどりさんよ!

あ~ あいつねえ…。

昔 バレエやってたからなあ!

(お嬢)うーん…
ナイスプロポーションだもんね。

〈季節は春になりかけていた〉

(宗匠)えー… 本日のお題は
啓蟄」です。

これ 「けいちつ」と読みます。

二十四節気の一つ
3月の初めを指す季語ですな。

えー… これは
この前 お話ししましたんで

おわかりですな?

(宗匠)ああ やっと
この… 暖かくなって

冬眠していた蟻や蛇
あるいは この地虫なんかが

こう…。
(一同の笑い声)

(宗匠)穴から出てくる事を
言いますな。

では 常連 玩迷さんの一句から。

(一同の笑い声)

(宗匠)寝ていたい気持ち
よーくわかりますなあ。

えー… もう少し もう少しと
寝る時間を増やしていく。

眠れる人は 寝りゃいいんです。

少~しずつ増やしていって

永眠に繋げる。
(一同の笑い声)

これも老後の過ごし方です。

えー 梅の下。 次。

情けない句ですな。

玩迷さんのと
発想は全く同じですが

しかし まあ…
こちらの句のほうが

多少… 多少 老いの情けなさが
出ている。

もののあはれ」を感じますな。
(一同の笑い声)

梅の上。

〈小さな事件が発生したのは
のどかな春の夕暮れである〉

(宮下一馬)
いや~… ひどいっすね。

(中里 正)うーん…。

(シンちゃん)あっ…
あっ こっちにもあります!

これ 誰かが
意図的にやってるな。

釘かなんかで
引っかいてますよ。

(さとみ)どうしたの!?

(宮下)車が
あちこち傷だらけなんです。

まあ…!

(怜子の声)シンちゃんの車が
傷つけられたんだって!?

そうなの! それも
あっちこちに傷があるの。

釘かなんかで。
(香川さくら)まあ!

あれ
誰かが意図的にやったものよ。

だって あれ まだ新車でしょ?

2~3日前に入ったばっかり。

(玉子)前のはね
オンボロの中古車でしたもんね。

そうそうそう。
(足音)

シンちゃんの車にさ
いたずらした奴がいるんだって?

そうなの!
誰だろう?

♬~

まさか…。
ねえ。

そこまで
あの子 陰湿じゃないわよ。

うん。

(ウェートレス)お待たせ致しました。

あっ ねえねえ。
(ウェートレス)はい。

あたし Bね。 少なめに。
(ウェートレス)はい。

それと
食前にシェリー酒を1杯。

(ウェートレス)はい かしこまりました。

(お嬢のため息)

ねえ あの車
いつ乗り換えた?

3日前です。
(お嬢)えっ…。

でも シンちゃんに
それだけの資力があると思う?

思いません。

誰かが買ってやったのよ。
誰が!?

もしかしたら ここにいる誰か。

えっ!? 誰なの?
(さくら)私じゃないわよ。

私だって そんなお金ないよ。

私も知りませんよ。

私じゃないわよ。

アハハッ… あたしに
そんなお金あるわけないじゃん!

(さとみ)まさか…。

あの子は
シンちゃんに興味ないもん。

誰だ?

あっ…。
うん?

みどりさん。
その線ある!

財力ありますから。
その線あり! あり!

ちょっと コショウ取って。
ああ はいはい。

だとしたら
それ 名倉理事長に内緒で?

もちろんよ!

(さとみ)あの人 急に
一人だけ レオタードはいたり

変に最近派手だもんね。

あり得ますね。

でも そんな事よりさ
傷つけた犯人 誰だと思う?

誰? 誰?
知ってるの?

あたしは
女じゃなくて男だと思う。

(一同)男!?
(お嬢)シーッ! シーッ!

(お嬢)あたしたち
この頃 レッスンに夢中で

男の子に
構ってやってないじゃない。

あれ 男の子って言う?

子じゃなくて おじいちゃん。

言葉のあやよ。

ロク!?

まあ 候補。

(さとみ)白鳥さん?
(お嬢)それも候補。

先生は?
(お嬢)それはない。

宗匠もない。

マロが元気なら
第一候補だけどね。

(一同)うん!

〈そんな恐ろしい ぬれぎぬが
私たちに かかっているとは

思ってもみなかった〉

♬~(店内の音楽)

(ホッピー)先生。
あっ?

女の人って面白いですね。

フフッ… えっ 何が?

ここで見てると いろいろわかって
毎日 すごく勉強になります。

ああ そう。 フフッ…。

みんな
年取る事が怖いんですね。

そう見えるかい?
見えますよ。

だから 皆さん 愛に飢えてます。

飢えてる?
ええ。

ほう~… ハハッ!
飢えてる事がわかるの?

よくわかります。

だから それ見てると…
かわいく見えます。

フフフ… へえ~。

じゃあ 誰が一番飢えてるように
見えるんだ?

うーん… 白川さんなんか
わかりやすいです。

ほう… なるほどね。

でもさ 中には
そう見えない奴もいるだろ?

ああ… マヤさんが
一番わかりづらいです。

あの人 感情を隠しますから。

ああ…。
うん。

〈ホッピーの言う事も
一理あると思った〉

〈マヤは確かに わかるようで
わかりにくいところがある〉

もう1杯。
(ホッピー)かしこまりました。

♬~

(名倉修平)がんが もう
全身に回ってしまっています。

(マロ)あんたが先逝くとはな。

(お嬢)シンちゃんの車に
傷をつけたの あれ どうも…。