ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

今夜はコの字で 第8話 浅香航大、小園凌央、中村ゆり、藤井武美… ドラマの原作・キャストなど…

『今夜はコの字で【コの八 赤羽「まるよし」】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 吉岡
  2. 山田
  3. 乾杯
  4. 洋子
  5. アンタ
  6. お前
  7. 今日
  8. 赤羽
  9. 恵子
  10. 恵子先輩
  11. 後輩
  12. 最高
  13. 先輩
  14. 大丈夫
  15. キャベ玉
  16. 一緒
  17. 昼酒
  18. アハハ
  19. お姉ちゃん
  20. フフフ

f:id:dramalog:20200225020121p:plain

『今夜はコの字で【コの八 赤羽「まるよし」】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

今夜はコの字で【コの八 赤羽「まるよし」】[字]

企画書の〆切のため、休日出勤の吉岡と山田。作業が終わったらデートだと言ってさっさと帰る山田。一人で昼飲みしようと恵子から聞いた赤羽の店にやって来た吉岡は…。

詳細情報
番組内容1
土曜日。企画書を仕上げるために休日出勤の吉岡(浅香航大)と山田(小園凌央)だったが、作業が終わったら、彼女とデートだと言って、さっさと帰ってしまう山田。つい、恵子(中村ゆり)に愚痴メールを送ってしまった吉岡は、仕事中の恵子から赤羽のコの字を紹介してもらい、勇んで出かける。
番組内容2
一人、昼飲みを楽しんでいた吉岡のもとに仕事を切り上げ恵子が合流。と、奥のテーブルからメニュー選びで揉めるカップルの声が。なんとそれは…?
出演者
田中恵子(32)フードコーディネーター…中村ゆり
吉岡としのり(28)シューエイプロジェクト社員…浅香航大
山田大河(23)シューエイプロジェクト社員、吉岡の後輩…小園凌央
ミキ(26)恵子のアシスタント…藤井武美
角倉誠(56)シューエイプロジェクト社長…堀部圭亮
出演者つづき
「まるよし」大将…矢崎まなぶ

ナレーション…下條アトム
原作・脚本・監督
【原作】「今夜はコの字で」
 原作・加藤ジャンプ
 画・土山しげる
集英社インターナショナル刊)
番組概要
広告代理店「シューエイプロジェクト」で働く吉岡としのり(浅香航大)は、再会した憧れの先輩、田中恵子(中村ゆり)から、今のあなたに必要な場所だと、酒場を紹介してもらう。フードコーディネーターとして働く恵子は酒場に溶け込んでおり、初対面の人とも打ち解けて飲んでいる。自分はタッチパネルのチェーン店がせいぜい…。
番組概要つづき
翌日、恐る恐る居酒屋の扉を開ける吉岡。
そこはコの字型のカウンターで、大勢の客で賑わっていた。おいしい酒と肴、常連客と店の人の丁々発止。いつしか吉岡の心はほどけていって…。
恵子先輩に次なるお店を紹介してもらい、コの字カウンターを囲んで一緒に飲むうちに、どんどんコの字酒場にはまっていく吉岡。
次第に恵子先輩への想いも募り…。
関連情報
【公式ホームページ】
www.bs-tvtokyo.co.jp/konoji/

【公式Twitter
@BS7ch_konoji

 

 


(山田のあくび)

(山田)まいりますよねぇ
休日出勤って。

しかも うちらだけ。

なんで 締め切り
土曜なんすかね?

(吉岡)お前なぁ
ちょっとは手伝えよ。

あ~ 手伝ったじゃないですか。

その資料 集めたの 僕ですよ。

(吉岡)よし 終わった。

(コピー機の音)

へぇ~ やっぱ
先輩 すごいっすねぇ。

っていうか もともと
お前の資料が間に合ってたら

昨日中に出せたんだからな。
(山田)はぁ…。

だいたい 今どき
働き方が どうこうって時代に

後輩のせいで休日出勤とか
ありえないだろ…。

この内容で
いいと思いますけどね。

はぁ? お前なぁ!

じゃあ 僕 先上がりますね
今日 彼女とデートなんで。

えっ?

データは社長に メールしてもらえれば
大丈夫なんで。

じゃあ お疲れさまでした~!

(吉岡)お疲れ… おい!

はぁ…。

<コの字型のカウンターがある店を

コの字酒場という。

座れば 左右 斜め 人の顔が並ぶ。

上座も下座もなく フラットな場。

いわば そこは
人と人がふれあう舞台。

さあ こよいも
一緒に乾杯しませんか?>

あっ そうだ 間違えた…。

《言われるままに
メールしてしまった。

というか 休みに出勤してでも
提出しろっていう部長も

どうなんだって思うけど。

ったく 最近の若いのは… って

やっぱり 令和入社の新人類は
違うんだよなぁ。

うちらの感覚とは…》

《ついつい 恵子先輩にも
愚痴っちゃったけど

こんな早くから
連絡来るわけないか…》

あっ。

 


恵子先輩…。

 

(恵子)もしもし。
(吉岡)あっ すみません。

仕事中ですよね?

そうよ こっちは
忙しいんだから。

すみません。
お昼 食べたの?

あ… まだです。

そういえば 今朝から何も…。
だめよ ちゃんと食べなきゃ。

あっ いいとこあるんだけど?

いいとこ?
そう コの字なんだけど。

お昼から飲めるお店あるから

気晴らしに おいしいもの食べて
元気出しなさい。

あとで お店の場所 送るね。

 

 

《こんな時間に
赤羽まで来てしまった…。

のんべえの聖地にして フリーダム。

自由の街 赤羽》

《ここだ 恵子先輩オススメの店。

昼から飲めるコの字なんて
初めてだけど

よし 行ってみるか!》

いらっしゃいませ。

《うわ~ すでに いい感じ。

昼酒って なんか
ハードル高そうな感じがしたけど

みんな 思い思いに楽しんでる。

そして 何より
この うまそうな香り》

空いてる席 どうぞ。

《最初は…。

せっかくだから
この店オリジナルの…》

すみません。
はい。

まるよしサワー お願いします。
はいよ 食べ物は どうします?

あっ えっと…。

《おっ 安い キャベ玉(小)!

これがいいかも》

じゃあ キャベ玉(小) お願いします。

キャベ玉 はいよ。

すみません イカ1本 お願いします。

はいよ タレ塩 どうします?

《昼の2時過ぎから飲めるなんて
ぜいたくだなぁ》

はい お待たせ。

まるよしサワーね。
ありがとうございます。

《では すきっ腹に本日の1杯目
いただきます!》

《おぉ… 思ったより爽やかで

すきっ腹に よく効く~!

こんな時間から飲むのは
気が引けるけど

その罪悪感すら気持ちいい。

昼酒って 最高じゃないか!》

あ~っ!

はい キャベ玉(小)ね。

《おぉ シンプルだけど
うまそうな匂い》

《いざ》

いただきます。

(吉岡)おぉ。

うまっ!

《キャベツと卵だけなのに
なんなんだ このうまさ》

いらっしゃいませ。

どう? 初めての昼酒は。

はい! まるよし 最高ですね。

でしょう?
恵子先輩!?

お隣 いいかしら?
はい。

しかたないから 来てあげたのよ
吉岡くんの昼酒デビューを祝って。

すみません 日本酒 男山。
男山 あいよ。

いきなりですか?
何よ 悪い?

あと たこぐしを… フフ 2本。
たこぐし2本 あいよ。

はい。

う~ん。

じゃあ 吉岡くんの昼酒デビューに…。
(2人)乾杯!

(2人)あぁ。

やっぱり 昼から飲めるって
いいねぇ。

恵子先輩 今日 仕事じゃ
なかったんですか?

そうよ 午前中で
切り上げてきたの。

お待たせ たこぐし 焼けたよ。
(恵子)わぁ!

いただきます。

(2人)う~ん。
うまっ!

味が染み込んでて
焼き加減も絶妙ですね。

でしょう?
うん! たこぐしが

こんなに おいしいなんて
知らなかったです。
うん。

フフフ…。

ここの たこさ 生でも
食べられる たこなんだって。

えっ そうなんですか?
ぜいたくだよね。

うん。
フフフ…。

(山田)もつ焼きかぁ
俺 内臓 苦手なんだよね。

(洋子)もう 誘っといて
いちいち文句言わないでよ。

失礼な客も いるもんよね
食事が台なしじゃない。

飲みに来んなって感じ。
なんか 嫌な感じっすね。

(洋子)じゃあ 何食べたいの?
(山田)もつ焼き以外で。

以外かぁ 何だろうな… う~ん。

えっ? 山田。

お前 なんで ここにいんだよ!
先輩こそ なんで?

お前 今日 デートじゃなかったのか?
えっ… あぁ まぁ…。

洋子ちゃん!
あ~! 吉岡さん 助かった。

もう私 困ってたの。
洋子 アンタ なんで ここにいんの?

お姉ちゃん? えっ
お姉ちゃんこそ なんでいんの?

えっ お姉ちゃん?

あっ そう この人
私のお姉ちゃんで

で この人がお姉ちゃんの
新しい彼氏の吉岡さん。

(2人)いやいやいや…。
えっ 彼氏?

いや…。
先輩 彼女いたんですか?

いや 彼氏じゃないからね!
ちょっと アンタ 知らない人に

勝手なこと 言わないでよ。
いいじゃん 別に。

そう見えるんだから。
いや 見えないし!

ただの後輩だからね。

あっ なるほど 彼があの
例の後輩くんってわけだ。

あっ はい…。

先輩 何か言ったんすか?
いや 別に…。

んじゃ まぁ いっか
一緒に飲もう!

ねっ 話は それからだね。
飲もう 飲もう 飲もう。

あ~ よかった。

すみません あっ すみません。

あ~ よかった もう私 ここに来て
もつ焼き 食べられなかったら

ホント 死んじゃうと思ったもん。
フフフ…。

うん うま~い!

めっちゃうまい。
で アンタこそ

どういう関係なわけよ
山田くんと。

あぁ う~ん なんか この前
キャンプの合コンで偶然 会って

それで なんか 渋い居酒屋
紹介してあげるって誘われて

つい…。
いや ついって。

山田くんは なんで
コの字 知ってんの?

赤羽 居酒屋で検索したら
駅前だったんで。

はぁ? お前 それだけ?
はい… あっ

今 若い子にも はやってるじゃ
ないすか 赤羽って。

あ~ なるほど
お前 そういうことか。

洋子ちゃんに気があって
いい格好しようとしたってわけか。

違いますよ ただ… 別に…。

ゴホ ゴホ…。
エヘヘヘ ねぇ 山田くん あの

もつ 苦手だったら
別のも頼んでいいんだよ。

食事は大丈夫なんですけど

苦手なんですよ みんなで飲むの。

だから 吉岡くんとも
飲みに行かなかったわけだ。

もう いいじゃん 今日は無礼講で。

ねぇ 吉岡くんも ねぇ ウフフ。

じゃあ みんなで改めて
乾杯ってことで。

うん そうしよう。
うん 乾杯!

(洋子)乾杯。
(吉岡)乾杯。
(山田)乾杯。

はぁ~。
あ~。

あ~ うま~!

アンタの後輩も隅に置けないね。

そうすか? なんか
感じ悪くて すみません。

ううん。
わかりました。

じゃあ 飲みますよ
今日は飲んでいいんですか。

すみません お代わりください。

お代わり あいよ。
えっ? 何 今の。

ねぇ 新世代のスイッチの入り方って
よく わかんないんだけど…。

アンタもでしょ まぁ 暗い顔して
飲むより いいんじゃん?

あの~ みそポテト どうしましょう?

あっ 食べます 食べます!
こっちと一緒で お願いします。

アンタ 頼んだの?
うん。

だって すごい
おいしそうだったんだもん。

あっ あの 追加で

串カツとカレー 頼んでいいすか?
なんで このタイミングで?

アハハ みそポテトより
そっちが よかった?

えっ 恵子先輩 いいんすよ
コイツに気ぃ遣わなくても。

あっ ネットで見たんですけど
この店の裏メニューで

串カツをカレーのルーにつけて食べると
すっごく うまいらしいんですよ。

え~ 何それ 気になる
めっちゃいいじゃん!

オススメなんで どうかなって思って。

へぇ 山田にしては なかなか
いいこと言ったんじゃないか?

山田にしては ですか…。

やっぱ そうっすよね…。

僕だって 本当は
うまく やりたいんすよ。

なんか 今日は
僕だけ部外者っていうか

話す話題がなくて どう切り出して
いいか わかんなくて。

会社で仕事のことだと
話せるんですけど

プライベートとか 飲みの席だと

思ってること 人にうまく
伝えられなくて ヘッ。

どうやって 気ぃ遣ったらいいのか
わかんなくて。

変なこと言って
嫌われたくないとか

いろいろ考えちゃって。
もう お酒の席なんだから

楽しく飲んで おいしく食べれば
もう それでいいじゃない?

うん そうだよ なんか
会話なんて別にね

考えてするようなものでもないし。
大丈夫。

吉岡くんも最近まで
同じ感じだったから。

一緒にしないでくださいよ!
でも 山田…。

ちょっと 洋子ちゃん ごめん。
ん どうぞ どうぞ。

お前 よく言った。

はぁ…。

いやぁ よく言ったよ。

(山田)はぁ…。
(吉岡)けど

自分のせいにして抱え込んでも
しようがないんじゃないか?

はぁ…。
いや わかるよ。

最初から うまくできる人なんて
そういないからな。

いっ…。
ハハハハ…。

よし! 元気出すか なっ
フラれたくらいで気にすんなよ。

えっ? ちょっと待って
なんで そんな展開になってんの。

そもそも 告られてないから。
えっ!?

いいよな わかるよ わかる なっ!

よし 男には飲みたいときだって
あんだよな。

ああ… 先輩 何かあったんすか?
いいんだよ 飲めば。

飲んでから考えれば
いいんだよ そんなこと なっ!

はい。
よし 乾杯しましょう。

うん フフフフ… じゃあ 乾杯。

乾杯。
乾杯。
乾杯。

はい お待たせ 串カツとカレールーね。
(一同)お~!

熱いから気をつけて。
ありがとうございま~す。

(一同)うわ~!
(山田)うわっ すごい!

(吉岡)すごいな~。

これ かけちゃっていいすか?
あっ いいよ。

よっしゃ~ ドーン。

えっ もう絶対 おいしいやつ。
あ~ ヤバい ヤバいねぇ。

(吉岡)うわっ うまそう!
よし。

(2人)いただきます。

いいねぇ。
ねぇ ずるい。

(吉岡)お先で~す。
(洋子)え~ 超おいしそう。

うわ~。
うん!
うん!

うまっ! なんか
元気出てきました。

な~!
うん!
最高じゃん!

ねぇ 男って単純だね。
アハハハ…。

でもさ でもさぁ そういうとこ
子どもっぽいけど

吉岡さんって
意外に後輩思いなんだね。

ちょっと見直した。
えっ?

でも お前 コの字に
興味ないって言ってたよな。

そうでしたっけ?
うん。

すみません なんか
僕 こういうカウンターって

Uの字だと思ってました。
はぁ? お前 コの字だからコの字。

コですか。
そうだよ!

あ~ そうだったんだ。
まぁ いいけどさ~。

なんか 素直になってない?

なってるよね 思った。
キャラ変? キャラ変?

いいじゃん! よ~し
今日は とことん飲むぞ。

飲みま~す。
いいね いいね~。
お~。

アハハ。
お~ いくね!
いくね~。

あ~。
あ~ うまいな!

はい! すみません
お代わりください。

お代わりね あいよ。
アハハハ いいね 飲め 飲め。

いいぞ いいぞ どんどんいけ。
はい。

(恵子)ごちそうさまでした。
(洋子)でした~。

(吉岡)ありがとうございました。
(山田)ごちそうさまでした。

(洋子)もう。
(恵子)ねぇ ちょっと大丈夫?

もう すごい迷惑なんだけど
やめて もう!

大丈夫です けど ちょっと
ちょっと飲みすぎちゃいました。

アハハ…。
ねぇ 山田くん けど とかじゃ

ないの ねっ わかる?
そういうとこだよ アンタ ねぇ。

頑張ります。
(恵子)何を頑張るんだ。

《吉岡:人と人とが ふれあって

コの字なら人間関係も
ほぐしてくれる…》

洋子ちゃ~ん。
ちょっと やめなさいよ!

《吉岡:飲みニケーションなんて
時代遅れかもしれないけれど

後輩を見直すことになるなんて
思わなかった。

垣根なく みんなが
笑顔になれる店。

昼酒は三文の徳ってことか》

さぁ 行きましょう ねっ ほら。
責任持って ちゃんと抱えてよ。

おい! 山田 しっかりしろよ。

赤羽 最高!

(吉岡)確かに最高!

<今夜のコの字。

赤羽 まるよし。

名店ぞろいの赤羽。

そこに どしりと根を下ろす
コの字酒場 まるよし。

明るい時間から気兼ねはいらない。

いつでも誰でも迎えてくれる。

活気は満点 店主はおおらか
懐にも優しい。

なんだか不思議だけれど
気分は いつでも里帰り>