ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

グッド・ファイト 第7話 小宮和枝、鷄冠井美智子、鈴木美園、辻親八… ドラマの原作・キャストなど…

『グッド・ファイト(7)「大陪審の裏で」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 事務所
  2. 陪審
  3. ボーズマン
  4. 異議
  5. エイドリアン
  6. エルズベス
  7. クライアント
  8. ギャロ判事
  9. 質問
  10. 証言
  11. 証人
  12. 起訴
  13. 自分
  14. クレスティー
  15. ダイアン
  16. パパ
  17. マイク
  18. ヘンリー
  19. クレスティーバ氏
  20. コリン

f:id:dramalog:20200216234821p:plain

『グッド・ファイト(7)「大陪審の裏で」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

グッド・ファイト(7)「大陪審の裏で」[二][字]

アメリカの「今」を映し出す!本格的法廷サスペンス。事務所に不利な状況で大陪審が開かれることに。エルズベスはクレスティーバの野望を打ち砕くことができるのか?

詳細情報
番組内容
事務所の“不正行為の情報”を手に入れたクレスティーバは、大陪審に持ち込むことに成功。次々と弁護士たちに召喚状が届く。エルズベスはルッカの情報をもとに、人種問題を前面に押し出して大陪審を中止に追い込む作戦に出る。するとクレスティーバは事務所の白人を召喚し始める。大陪審に呼ばれたダイアンは、マイアが入手したファンドのVIP顧客リストを見せられる。そのリストはダイアンにつながる情報が載っていた。
出演者
【出演】クリスティーン・バランスキー小宮和枝,ローズ・レスリー鷄冠井美智子,クーシュ・ジャンボ…鈴木美園,デルロイ・リンドー辻親八マシュー・ペリー桐本拓哉,キャリー・プレストン…伊倉一恵
原作・脚本
【脚本】ウィリアム・フィンケルステイン
監督・演出
【製作総指揮】ロバート&ミシェル・キング,リドリー・スコット,【演出】ソヨン・キム
制作
アメリカ・CBSテレビジョン スタジオズ制作~

 

 


戻れ! シェリ猫ですよ~。
戻れ!

♬~

(コリン)レディック・ボーズマンは
クライアントから

80万ドルの裏金を受け取ってる。
まずいことになるぞ。

君のことが心配なんだ。

(ルッカ)分かった。

ありがと。

♬~

(マイア)ああ。 ハーイ。
何か?

コリン・モレロが オフィスに来てたの。

事務所の経理には
関わらないようにってね。

80万ドルの裏金を受け取ったから。

私が 父に言ったこと…。

そうね。

電話して確かめたいだろうけど
事務所のためには…。

パートナーに話さないと。

(マイク)マイク・クレスティー
司法省特別委員会の委員長です。

(スペンサー)連邦検事補の
スペンサー・シャウです。 よろしく。

この事務所には いくつか
嫌疑が かかっていますが

まず そのうち2つを取り上げます。
賄賂と脱税です。

代表パートナーの1人である…
エイドリアン・ボーズマンは

クライアントの脱税を手助けし
80万の裏金を受け取った。

いいですか 大陪審での皆さんの役目は

単に起訴の決定で
有罪を決めることではない。

合理的疑いの余地がないかを
考える必要はありません。

罪を犯した可能性があれば
それだけで起訴に値する。

やあ タシオニさん
連邦治安判事からの命令だ。

我々の捜査に協力をしてもらおうか。

(エルズベス)マイク ハーイ。 どうぞ 入って。

あら ごめんなさい。
椅子が… 足りないわ。

私を逮捕しに来た?
いや 押収しに来た。

これを。

エイダ 履歴を消去!
ファイルをパージ!

「分かりました。 実行中」。

おめでとう。
証拠改ざんの罪を犯したな。

「『パージ』は ホラー映画。 2013年公開

主演は イーサン・ホークと レナ・ヘディ」。

(エルズベス)「エイダ ダメ!
ああ… キャンセル! やだ もう…」。

独立監督員として言わせてもらうと
この会話は秘匿特権の対象外だな。

楽しんでるだろ。

いえ 仕事してるんです。
あなたのために。

(エルズベス)「クレスティーバが
何ですって? ああ… なるほど」。

何だ?
聞いて。

(エルズベス)「でも そうね
それなら簡単に直せる。

領収書の日付を変えるだけよ。
クレスティーバに

ラヴィスが実在すると信じさせなきゃ」。

♬~

(ヘンリー)一体 何事なんだ。

座って。

何があった? 情報は 全部 渡した。

やつらと組んでるのか?
「やつらと組んでるか」? 誰と?

ボーズマンの事務所。
それで 偽情報を渡したのでは?

(ヘンリー)まさか。 何の話だ?

ラヴィスの裏金は なかった。
彼は実在しない。

(マイク)タシオニが そう言ってた。
エイダに録音が残ってる。

可能性は2つだ。
あなたが裏切ったか

盗聴を知っていた娘が
あなたに偽情報を吹き込んだ。

娘に会う。
(マイク)ダメだ。

拘置所に面会に来てもらうんだな。
保釈は取り消しになるから。

ちょっと待ってくれ。
私に調べさせてくれ。

フン… あなたは信用できない。

頼む 娘と 話をさせてくれ。

録音するか?

(エイミー)おかえり。
ただいま。

誰か来てるの?
そうよ。 お父さんが来てる。

今 お手洗い。 はい。

これは? ラム・コーク。
ああ…。

いつ来たの? 15分前よ。
何か話した…?

そうだ。
何? 何よ。

ああ… 相手をしてて。
分かった。

ヘンリー ほんとに飲みません?

(ヘンリー)ああ 保釈中の身だからね。

マイア 元気か?
パパ。 ええ ちょっと待ってね。

いい部屋だな エイミー。
ありがとう。

近いうち
出ることになるかも。 どうして?

お金よ パパ。
ああ… 悪かった。

あとは 親子で どうぞ。

会えて よかったよ。
ええ こちらこそ。

話をしよう。
もう話した。

だが… もう一度。

正直になる時は教えてね。
こっちも そうするから。

私をうたぐって この前は嘘をついたな。

事務所に 裏金など なかった。
もう… 信じられない。

とんだ茶番ね パパ。
会話を録音してたでしょ。

私が嘘をついたとすれば
理由があったからよ。

私は 娘よ。 娘に向けて話して。

ちゃんと聞くから。

お前は誤解してる。
何をよ?

これで… 2人きり。

自分のためじゃないんだ。
お前を守るためだよ。 どうして?

財団さ。
カネを移す時 お前がサインしてた。

あれは偽造よ。
彼らは そんな話 信じない。

じゃ 会話を録音して
事務所の攻撃に利用させるのは

私の… ためだと 言いたいわけ?

そうだ。
FBIは お前を訴追すると…。

連中の嘘よ。
いや 違う。 もう やめて パパ。

後ろめたいからって
私を言い訳にしないでよ。

自分のために取り引きしたきゃ
すればいいわ。 私のためなんて…。

お前たちの弁護士の録音で 嘘がバレた。
裏金は作り話だとな。

パパを信じられない。
信じろ。 あと… 10分もすれば

パートナーに召喚状が届く。

そして 明日は大陪審だ。

クレスティーバの狙いは
有罪にすることじゃない。

起訴して 事務所を潰したい。 それだけだ。

(女性シェフ)フレンチには
基本となる5つのソースがあります。

フランス料理を学ぶにあたっての
基礎となるものです。

あら きれいな ヴルーテ・ソースね
エイドリアン。

(エイドリアン)あ~ メルシー。
皆さん このソースを見て。

こういうふうに作るんですよ。
(令状送達吏)ボーズマンさん?

ウィ。
お届けです。

(バーバラ)電話 うれしかった。
昨日… ふと 大学時代を思い出したの。

当時は 天下をとる気でいた…。

(ブライアン)実際 とったと
言えるんじゃないか?

(令状送達吏)どうも。
うん…。 どうも。

今日の おすすめ料理は?
知りません。

メニューは見てないし
ウエイターじゃない。

バーバラ・コルスタッドに お届けです。

♬~

(エイドリアン)パートナー8人
アソシエイト4人。

何の証拠もないのよ。 起訴は できないわ。
(エイドリアン)証拠は必要ない。

陪審で RICO法違反とでも
言えばいい。

それで 我々を起訴できる。
(エルズベス)ええ そうよ。

ほんと? ええ。 大陪審では
起訴するのが普通。

警官の暴行事件は別だがな。
あと もうひとつ 問題があってね

クレスティーバは
もう 裏金話を信じてない。

じゃあ どうする?
彼は有罪にしたいわけじゃない…。

そのイヤリング すてき。
形が いいわ。 ありがと。

私も そういうの つけたいけど
だらしなく見えちゃう…。

(ダイアン)エルズベス。
そうだ ごめん。 ありがとう。

あっ… 狙いは 事務所の破産よ。

(エイドリアン)ペイズリー社から電話があった。

昨日 捜査官に
うちのことを聞かれたそうだ。

(バーバラ)クライアントが逃げるように
しむけてるのね。

何?
何?

いえ あなた
何か言おうとしてた。 いえ ただ…

役に立つか分かりませんが
彼の上司 司法次官補は

捜査が人種差別的に映るのを…
気にしてました。

なぜ知ってるの?
ただ… 知ってるんです。

(エルズベス)それは… 使えそうね。

何に使えるの?

あ~ それは…
私の口からは ちょっと…。

アフリカ系アメリカ人の事務所を
白人が多い司法省が攻撃。

人種がらみに
答えを持っていくんだな?

そう。 起訴を避ける唯一の方法は
陪審を中止に追い込むことだわ。

中止にさせるには 司法次官補の
ウィルバー・ディンコンに

彼の利益にならないと
思わせる必要がある。

そう思わせるには 我々が
答えを すべて人種に絡める。

そう。 聞かせる相手は…
ディンコンただ一人。

(エイドリアン)バーバラ どう思う?
人種を使うこと?

だって 人種問題だもの。

エイドリアン・ボーズマン。

レディック・ボーズマン・
コルスタッド事務所の弁護士です。

中西部最大のアフリカ系事務所で
法律雑誌では

黒人事務所の全米トップテンに
ランクインしています。

終わりました?
ええ。

シカゴで弁護士を始めて 何年ですか?

35年です。
シカゴ唯一の黒人市長

ハロルド・ワシントンの前で宣誓しました。

今も 彼の写真を ポケットに入れてます。

黒人の先人たちが
苦労して道を作ってくれたことを

忘れないように。

なるほど。 ありがとう。
シカゴ警察に対する訴訟が

あなたの事務所の
大きな収入源になってますね?

確かに… 私たちの事務所は

アフリカ系アメリカ人
大多数ですので…。

いえ あ…
事務所の人種構成は聞いてません。

はい。 でも 自分の言葉で答えろと
おっしゃったので そうしたまでです。

どうぞ 続けて。
(バーバラ)ありがとう。

申し上げたように うちは 明らかに
アフリカ系アメリカ人の事務所で…。

(コリン)「白人が多数派の事務所より
依頼しやすいと感じる被害者もいます」。

質問 「ですから 人種は無関係です」。
答え 「ですが この問題の背景には

うちの事務所の
人種構成が関わっています」。

(ディンコン)どうなってるんだ?
人種問題は取り上げないはずだろ。

人種を持ち出してるのは 彼らです。

それは どうでもいい。
これでは 迫害のように見られる。

戦術です。
なら 回避しろ。

人種問題は無関係であると
はっきり示すんだ。

(マリッサ)ヴィタ・ヴエロ・エッセレ・
ウノ・スクアーロ。

ネラ・ミア・プロッシーマ・ヴィタ・
ヴエロ・エッセレ・ウノ・スクアーロ。

(ジェイ)何だ?
イタリア語。

何で?
前から覚えたかった。

君は変わった子だな。
さっきの分かる?

「来世は サメになりたい」って言ったの。

いいね。 なんか 納得。

やあ マリッサ・ゴールドだろ?
ノー。

ネラ・ミア・プロッシーマ・ヴィタ・
ヴエロ・エッセレ・ウノ・スクアーロ。

(イタリア語で)

(エイドリアン)手を打ってきたな。
(エルズベス)そうね。

黒人は以上。 この3人を攻める。
何で?

分からない。 すぐに分かるわ。
陪審は明日だもの。

朗報は… 聞き手を得たこと。

ええ ウィルバー・ディンコンが
注目してる。

そこを どう利用する?
(エルズベス)考えましょ。

そう…。

うん…?

陪審では 証明は不要だ。
でも 公判を維持できるだけの

事実がないと。 それは あとでいい。
陪審は情で動く。

まずは 起訴の決定だ。
事実に基づく起訴でないと。

あっ… 君は?

どうも。
(マイク)どうも。 何か用かな?

召喚状1通 届けると
いくらか知ってます?

さあな。 そういうことは
保安官事務所に言ってくれるか。

47ドル。 そうか 勉強になった。
この48時間は最高でしたよ。

お届けです。

(ハミング)

マイク お元気?
また来たの? やあ タシオニさん。

ずいぶんと身の程知らずな…
策に出たもんだ。

身の程? わきまえてるけど。

私を民事で訴えた。
ええ そうよ。

契約関係への妨害行為で。
私って賢いでしょ。

根拠が ないだろ。

あなたの大陪審も似たようなものでしょ。

訴追されてる君たちが
私を訴えたところで

却下されるに決まってるさ。
かもしれないわね。

う~ん イチジク・バー いる?

いや。

あなたの言うとおり
訴えが通ることは まずないでしょう。

けど それは 電話でも言えたんじゃない?
なのに わざわざ来た。

いつでも大歓迎よ!

法廷で会おう。
2つの法廷で。

どっちが先に終わるかしら!

書類の山の上に置いたら
一番下に回されるだけだよ。

ボーズマンさんが困ると思う。

これ 何?
分からない。

でも リンデルの投資詐欺に関係してる。

(ジェイ)全米上位500社のトップの名前だな。
全部じゃないけど。

でも ここに番号がある。
9桁の番号。 何かしら?

さあね 社会保障番号
外れ。 調べたの。

オーケー 好奇心が湧いてきたよ。

でしょ。 私も ミステリー好きなの。

これが 事務所に どんな害を及ぼすか
調べてもらえる?

害があるのか?
きっとね。

クレスティーバが すごく欲しがってた。

分かった。 調べる。
ありがとう。

(コリン)冗談でしょ。
(ディンコン)いや 君に やってもらう。

でも… 無理です。
僕は ああ… 彼が嫌いだ。

ああ そうか。
好きな人だけ弁護すればいいと

勘違いしてるようだ。
いいえ 僕は 誰も弁護しない。

検察官ですから。
そうだな。

このバカげた妨害行為の訴えが
却下されたら 検察官に戻れ。

次官補 実は… この件に関しては
利益の相反があって。

どんな?

(コリン)原告である事務所の弁護士と
つきあってます。

そうか。 それは よくない。

ですから… 客観性に問題が あるかと。

そうだな。
じゃ 別れろ。 問題は なくなる。

法廷に遅れるぞ。

(ギャロ判事)おい みんなは どこだ。
もう10時だろ。 違うか?

違いません。
原告側は ちゃんと そろっています。

結構。 おもねるのは やめろ。 被告側は?
はい ここです。

(ギャロ判事)遅刻だ 待たせるな。
申し訳ありません。

担当を命じられたばかりで…。
知るか。 10時と言ったら 10時だ。

今日は何だ? 妨害行為か?

はい 裁判長 原告の…。
我々は 訴えの即時却下…。

何だ 君たち 黙って!
まずは ミスター遅刻。

訴えの却下を求めます。

クレスティーバ氏が
陪審捜査を行っているさなか

原告側は 捜査を妨げようという意図から
提訴したのです。

猛烈に反論します。 エイドリアン。

おはようございます。
クレスティーバ氏の大陪審捜査は…。

異議あり。 彼は弁護士でしょうか
原告でしょうか?

原告です。

では 弁論すべきではなく
証人として呼ぶべきです。

ああ では ボーズマンさんを
証人として呼びます。

失礼。 いや… ダメだ。 あ~ ああ…
裁判長 まずは 私の申し立てを…。

君が証人として呼べと言ったんだ。

弁論すべきではないと言ったんです。
「被告側」は これを利用して…。

それを言うなら 「原告側」ではないかな?

(コリン)はい。
(せきばらい)

原告側は この民事訴訟を利用して
情報を得ようとしているのです。

え~ 彼らは大陪審室に入れないので
この法廷を利用することで

何が行われているのか…。

(せきばらい)

突き止めようと… しているのです。

そうなのか? 代理人

いいえ。 私 そんなに賢くありません。

名案ね。

(ギャロ判事)異議は棄却。 証人を。
エルズベス。

私をサブにして。
なぜ?

それが名案だから。

ボーズマンさん
妨害行為で訴えた理由は?

(エイドリアン)クライアントを
失いつつあります。

2週間で3つも。
なぜ 今 提訴したのでしょうか?

陪審が クライアント離れの
原因だからです。

クレスティーバ氏は
有罪にすることよりも

破産を狙っていて…。

異議あり 推測です。

それは答えでなく
質問に対して唱える異議です。

それに 反証人がいるなら
提示すべきです。

もっともだ。 棄却。

クライアントから
離れる理由を聞きましたか?

はい。 ペイズリー社は
会社に やって来た 連邦捜査官に

我々のことを聞かれたそうです。
それで 面倒は ごめんだと。

クレスティーバ氏の
意図的な行為だと思いますか?

間違いない。
異議あり。 推測を求めています。

今度は適切な異議だ。 認める。
こちらは以上です。

質問どうぞ モレロさん。

どうも クインさん。
失った3つのクライアントですが

収益面で どのくらい重要でした?
どのクライアントも重要です。

うん…
そう重要ではなさそうに聞こえる。

異議あり。 下手な言いがかりです。
いや 私も同様に聞こえた。

彼らを失って 年間の損失額は?
恐らく… 130万ドル。

ですが だからこそ なんとか
ここで とどめたいのです 裁判長。

最近 巨大ソーシャル・メディア企業
チャムハムと 年8, 600万ドルで

契約しませんでしたか?
(エイドリアン)しました。

つまり 130万に対して… 8, 600万ドル…。

2つに関連はありません。
ウェウェウェ 貧しいふりは やめろ。

貧しいふりなど していません。
クインさんは 明らかに

公的機関による監督を避けようと…。
私たちが言いたいのは

司法省が一方的に…。
不正を働いてることが…。

(指笛)
そこまで。 2人とも席に戻って。

礼儀を… ここでは忘れないように。

おわびいたします。 ひとつだけ質問が。

よろしい。 穏やかにな。

被告が来ていません。
弁護士を送り込んだだけです。

これは 被告が この法廷を
軽んじているからでしょうか?

(せきばらい)
原告側は 理由を知っているはずです。

被告は 今 大陪審で忙しいのです。

なるほど。
ギャロ判事より そちらが大事と。

陪審中だと説明したのか?

ええ。 ギャロ判事は
コケにされるのが嫌いで。

まったく… しかたない。 いつ?
今日の午後。

この調子だと 敵の術中に はまるぞ。
分かってます。

(スペンサー)では ゴールドさん
ロックハートさんとの関係は?

私の上司で
メンターだと思っています。

そうですか。 どのような点で?

アフリカ系アメリカ人の事務所で
働くことになり

白人の特権というものに
気付かされました。

前の事務所でも 彼女と働いてましたね?

はい。 でも アフリカ系の事務所ではなく
トランプのホワイトハウスって感じ。

(陪審員たちの笑い声)

事務所の人種構成については
誰も聞いてませんよ ゴールドさん。

ああ… すみません。 怒られちゃった。

(スペンサー)事務所を移る前
ロックハートさんは

頻繁に ボーズマンさんと
連絡を取っていましたか?

もちろん。 ボーズマンさんは
白人警察官に暴行された

若いアフリカ系アメリカ人
代理人を務めていたので…。

まただ。 人種は関係ありません。

でも 人種に関わる質問ばかりで。

彼女は その訴訟に関する情報を
ボーズマンさんに漏らしましたか?

白人警官に暴行された
アフリカ系アメリカ人の訴訟のこと?

ごめんなさい 聞かれたから…。

ダイアン うまくいった。 ああ… ええ。

すぐ戻ります。 うん。

(カメラのシャッター音)

アンドリュー・ハートだ。
どういうこと?

クレスティーバが 証言に呼んだの?
他に誰か いなかった?

1人でした。
陪審で何をしゃべったか 探り出そう。

一体 どうやって?

陪審
原告の事務所の話をしましたか?

異議あり。 大陪審の審理については
公表できません。

タシオニさんが どんなに
自分を賢いと思っていようがです。

(ギャロ判事)認める。
うれしいわ。 私を賢いなんて。

ありがとう。
こんにちは クレスティーバさん。

ディアドラは元気?
元気にしてるよ。

(ギャロ判事)あ~ ここは法廷だ。
税金を無駄遣いしないように。

はい すみません。
では 競争で優位に立つために

あなたが エイドリアン・ボーズマンさんの
弁護士資格剥奪を画策したと言ったら

言い過ぎでしょうか?
(アンドリュー)言い過ぎ?

ええ 言い過ぎです。
なるほど そうですか。

では レディック・ボーズマンの
クライアントに電話して

彼らを奪おうとした。
これは言い過ぎですか?

ええ それも言い過ぎです。
ほんとに言い過ぎ?

異議あり。 探索的な質問です 裁判長。

(ギャロ判事)そうか?

その…。
(せきばらい)

そうです。
何か狙いが あるんだろうな?

(エルズベス)あと2~3 質問を。
どうぞ。

あなたは クライアントを奪うために
彼らに会った。

これは言い過ぎですか?

違法なことは何もしていません。
(エルズベス)それは聞いてません。

質問は レディック・ボーズマンの
クライアントを奪うために

彼らに会ったことがあるかどうか。

(アンドリュー)通常の営業活動です。
どのクライアントに会いました?

異議あり。 無関係です。
いいや 彼らは 証人が

クライアントを奪う目的で
陪審に よくない情報を流したことを

立証しようとしているだけだ。

さすが! 裁判長。
(ギャロ判事)君は なかなか味があるな。

だが 私は まだ その味に
慣れてないんで… シーッ。

質問に答えて。

スピーゲルさんと ランチをとりました。
デパート・チェーンのオーナーです。

スピーゲルだ。 ハートと会ってた。

♬~

ムカついてるでしょ?
いや。

じゃ 今夜 来て。

君と別れろと言われた。

業務命令? ほんと?

だったら そうしたら?

クビになっちゃうわよ。
う~ん こんな仕事 やめたい。

(バーバラ)スピーゲルさん お元気?
(アンソニー)ああ。

君が呼び出したんだから
請求書は送ってこないね?

もちろんです。 今週は
クライアントと 直接 お会いして

至らない点がないか伺ってるんです。
ご要望がないか…。

「船を見捨てようとしてないか」?

今 組織的な中傷を受けています。
誤解がないようにと思って…。

誰が耳打ちしたか知りたいんだろ。

推測ですが
アンドリュー・ハートではありませんか?

(アンソニー)恐らくな。

彼は どんな耳打ちを?

近々 レディック・ボーズマンを
嵐が襲うとの話でした。

だから 他の法律事務所を探すのが
賢明だと。

陪審が開かれることも
言ってましたか?

異議あり。 裁判長 大陪審
中身については聞いてません。

知りたいのは ハート氏が
陪審で証言したということを

クライアントをかすめとるために
利用したかどうか…。

「かすめとる」という言葉に 異議あり
何を言っても 異議を唱えられる。

含みのある言葉を使わなければいい。
(ギャロ判事)もういい。

どっちの異議から
先に裁定を下してほしいかね?

最初… あっ いえ… 2つ目。
異議を棄却。

最初のほうも聞くか?

棄却だ。

ハートさんは 証言の話を?
いいえ。 ありがとう。

(アンソニー)まだ証言をしてなかったので。

いつ ハート氏に会いましたか?
2週間前です。

彼は 大陪審が開かれると言いましたか?

今 思えば
それを 一番 強調していました。


その話があったのが
クレスティーバ氏の関係者以外

陪審のことを知らなかった
時期だという事実は 注目に値します。

クインさんは 自分で

証言しているようです。
事実を指摘しただけです。

ご機嫌いかがかな? 訴訟投資家さん。

(トム)あまり よくないよ。
陪審で証言しろって召喚された。

あ~ クソッ。

訴訟投資家ですか。 興味深いな。

ロースクールは どちらに?
行ってません。

では どのように
関わってきたのでしょう?

75件以上の民事訴訟に。

僕たちは 資金を提供するんです。

法律事務所は 法廷闘争が続く間
それで経費を賄うことができる。

レディック・ボーズマンのような
事務所ですね。

彼らへの資金提供は 何件?
21件。

(ジェリー)いや 23だ。
どうやって数えた?

控訴審とクリスマスの和解。
21だ。 21足す2は 23。

21だって。 では 21 もしくは
23ということで。

資金提供に対する
レディック・ボーズマンからの見返りは?

和解金の一部です。 一定の割合で。

それは 当然 レディック・ボーズマンの
取り分の一部ですよね?

今の 「当然」って言葉
何か含みのある言い方だな。

見返りの出どころは どこですか?

21じゃなくて 23だ。
ジェリー それは いいから…。

出どころは 依頼人のお金ですが
僕たちが投資してなければ

そもそも得られなかったカネです。
(マイク)ありがとう。

2月20日 和解の直前 お二人は
投資額を増やして 取り分を増やした。

なぜですか?

ボーズマンさんが 500万ドルは固いと。

彼から その根拠を聞きましたか?

相手方の情報源から
和解の用意があると聞いたとか。

その時 相手方に
ダイアン・ロックハートがいた。

その相手方が何を懸念しているか
彼は言いましたか?

何か証拠が見つかって
裁判になれば 相手方に不利だと。

(トム)何を質問されたか
しゃべっちゃいけないと言われた。

そうだけど 自分が何を言ったかは話せる。
言論の自由よ。 あっ…。

僕は巻き込まれたくないよ。 帰ろう。
なあ ちょっと待ってくれ。

これまで大金を稼いできた。 一緒に。

だろ?
ああ。

それで 特定の案件について話したか?

警察官による暴行事件?

今 進行中のやつ?

あ… 違う。

もう何も言わないほうがいいって。
ああ 分かってるよ。

だけど やっぱり…。
あと これだけ。 その案件だが

ダイアンと私が扱ったもの?

そう。 でも 一緒にじゃない。
クソ!

そういう言葉は やめて。
あ~! ほら言ったろ…。

そうだ そうだったな。 ジェリーが引く。
悪かった。 ありがとう。 助かったよ。

(トム)じゃ… 頑張って。
(エイドリアン)ありがとう。 どうぞ。

ありがとう。
(トム ジェリー)ああ。

トビー・ケンダルの件だ。
追及される。

映像のことを あなたに話したって。
映像があるとは言ってない。

君は ただ 証拠を見つけたアソシエイトを
雇ってほしいと言っただけだ。

いいえ それだけじゃなかったわ。
資格剥奪ものよ。

ダイアン よく聞け。

我々は 皆 時に 一線を越えそうになるが
いい弁護士であろうとすれば

その一線に ギリギリまで
近づかざるをえないこともあるさ。

あの時は そうじゃなかった。
どこかに雇ってほしくて…。

それは 自分じゃなく
リンデルの娘のためだろ。 ええ。

自分ばかり責めるのは よせ。 敵は
ほんのちょっとした違反をつついて

我々を攻撃しようって やからだ。

ああ…。

どうやって身を守るの?

「誇大広告」。
それ 本気?

使うのは ロースクール以来だが まあ…。

私は 確か 使ったことないわ。

「誇大広告」?
(笑い声)

うまくいくかしら。
まあ 使ってみれば分かる。

次に呼ばれるのは 君だろうな。

チクショウ!
誰に怒ってるの?

気の利いた おしゃべりは
また今度にしてくれ。

手伝えるかも。 何なの?

9桁の番号 ダブりもある
一流企業のCEOたち。

納税者番号でも 訴訟番号でも
雇用者番号でもなかった。

社会保障番号は?
違った。 パスワードかもね。

たまたま どれも9桁?
金持ち野郎どもの 秘密結社とか…。

ハッ…!
何?

分かっちゃった。
言っとくけど こんな大当たり 初めてよ。

宝くじは当たらないのに。
あっ そう。

(マリッサ)この番号 知ってる。
これと… これも。

私の去年の源泉徴収票
え~ ここ。 ほら この番号を見て。

(ジェリー)連邦雇用主番号。
(マリッサ)同じでしょ。

君は レインマンか?
ブラックジャックは 大の得意。

どこの源泉徴収票
前の事務所。 ロックハート・デ…。

嘘でしょ。
狙いは ダイアン。

 

ケンダルの案件で ボーズマンさんに
情報を漏らしたことはありません。

フン… ほんとに?
本当です。

では ボーズマン氏が
訴訟投資家に嘘をついた?

いえ 恐らく 「誇大広告」です。

ほう?

「誇大広告」とは
誇張した表現で宣伝することで

違法ではありません。
ええ それは知ってます。 どうも。

次は 先頃 詐欺が発覚した
リンデル・ファンドとの関係について。

これは何でしょう?

分かりません。

リンデル・ファンドの
VIP顧客リストでは?

かもしれません。 知りませんが。

これらの顧客のために
ファンドは 一肌脱いだのでは?

税金逃れを手伝ったり。

あ~ それも 私は知りません。
(マイク)そう? ですが…

あなたの事務所の番号でしょ?

これ… これ… これも。

ファンドの法律業務を
引き受けていたのでは?

このリストを見るのは初めて…。
だから リンデル氏の娘を

新しい職場に 連れて行ったのでは?

関与を暴露されないように。
いいえ。

幸いにも… 明日
ヘンリー・リンデルが証言するので

すべて 明らかになるでしょう。

事務所を辞めるわ。

そうか。 どうして?

起訴されるからよ。

(エイドリアン)君は… 罪を犯したのか?
悪い友達を持ったこと以外に。

いいえ。 うちの… 誰かが
狙い撃ちされるのを

私が予想していなかったと… 思うのか?

ヘンリーは クレスティーバの意のままよ。

私の起訴は もう確実だわ。
(エイドリアン)恐らくな。

ここに長くいたわけでもないのに…。
起訴されるから 何だ?

私は あんな卑劣漢を恐れて
逃げたりしない。

やつと闘う。 君も闘うんだ。

みんなで やつと闘おうじゃないか。

はぁ… 奇妙な光景だな。

ええ… そうとも言える。

それで 話って?

明日 大陪審で証言する?
ああ。 そう。

ダイアンに不利なことを?
いや 真実を話す。

ああ… パパにとっての真実?

あ… ファンドの法律業務に関わってた。

それは 友達だからでしょ。
カネは ちゃんと払ってた。

私に あのリストを
手に入れさせたのは このため?

ダイアンに使うためだったの?
裏金が渡ったように見せて。

違う。 私の武器にするためだ。
自分の刑を軽くするために?

それも お前やママのためだよ。

パパは?

塀の中で死にたくない。

お前の子供にも会いたい。
孫を この手で抱きたい。

取り引きは?
(ヘンリー)10年だ。

ダイアンに不利な証言は
しないでちょうだい…。

するしかない。 そんなことない。
10年って言ってきたのは

勝つ自信がないからよ。
お前のためでもある。

ダイアンを売ったら
もし 孫ができても…

パパは会えないわよ。

私は 絶対 会わせない。

愛してるよ。

(廷吏)全員 起立!

早いところ終わらせよう。
それで 今日は?

(エルズベス)これが最後の証人です。
ほんとに?

…と思います。 楽しんでます?

(コリン)この証人に 異議が。
おや また 君は独りぼっちか。

この証人が来るなら クレスティーバ氏は
いないほうがいいので。

それは面白い。
証人が誰か知ってるのか?

はい 今朝 召喚状が来ました。
再度 この証人に対して

異議を申し立てます。
証言を認めないで下さい。

クインさんは ちまたでは
清廉潔白とされていますが

司法制度の正しい姿を…。
裁判長 私は何もしてません。

まったく 2人とも 自分の声を聞くのが
そんなに好きか。 証人を呼んで。

それでは ヘンリー・リンデルを。
(ギャロ判事)ありがとう。

大丈夫?
いいえ あんまり…。

楽になるって言えればいいけど。
そうだと いいんですけど。

想像だが この証人は
陪審でも証言予定では?

はい 裁判長。
(ギャロ判事)原告側は

陪審で証言する内容については
質問しないと 約束するんだろうね?

(エルズベス)それどころか
この証人への質問は1つだけです。

(ギャロ判事)異議は ないのか?
(コリン)それは質問次第です。

緊張の瞬間だな。 どうぞ 始めて。

リンデルさん おはよう。

おはよう。

クレスティーバ氏は
陪審での証言と引き換えに

何を提示しましたか?

なぜ 彼を見る?

質問が よく分からなくて。
では 私から。

陪審での証言と引き換えに
クレスティーバ氏が提示したのは?

仮釈放なしの終身刑ではなく

10年の刑期にするよう
判事に話してくれると。

(エルズベス)以上です。

取り引きのことは まったく…
いえ 私は許可してません。

はい 上院議員
被害者なのは存じてます。

(秘書)サンタイムズから1番です。
ノーコメントだ。

(秘書)クレスティーバさんが来ました。

すぐに通せ。 それと 電話は つなぐな。

ああ…!

よし! ああ… ダメ?

ああ そういうことね。

おめでとう。
(エルズベス)何が?

私は 任を解かれたよ。
それ 笑える。

じゃなくて… お気の毒に。
どうぞ 贈り物だ。

私は何も用意してない。
ああ… 君からは何もいらない。

ともかく… 終わって よかったわ。

(マイク)面白い。
何が?

ああ 君が終わったと思ってることだ。

それじゃ。

(シュレッダーの音)

ハッ…! エイダ!

♬~

感謝してるわ。
いえ そんな…。 ほんとよ。

自分を守ることも できた…。
言わないで下さい。

なのに 私を守ってくれた。

私に仕事をくれたでしょ。
うん…。 実力よ。

ありがとう。

♬~

飲みに行こう。

あっ… いえ やめとく。 今日は帰るわ。

そうね。 ええ 飲みに行こう。

♬~

立ち退きって よくやるんですか?
好意でね。

トラブルが ありそう?
ないでしょう。

4条を行使する。
はぁ? 何です?

私の事務所を取り戻す。

俺は 真実を知りたいんだ。

なら 死ぬといい。 神が… 教えて下さる。

出会い系サイトに登録は?
してない。

今夜のことで 僕を判断しないで。
手遅れよ。

パパ!

パパ!
ヘンリー!

理想主義に乾杯。

現実主義にも。

♬~

♬~