ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

死役所 第5話 黒島結菜、清原翔、松岡昌宏、伊藤洋三郎、土居志央梨… ドラマの原作・キャスト・音楽など…

『ドラマホリック!死役所 第5話「林晴也」主演・松岡昌宏』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ハヤシ
  2. 晴也
  3. 気持
  4. 反省
  5. お父さん
  6. シ村
  7. 一緒
  8. 今日
  9. 親父
  10. 浅井
  11. 他人
  12. お姉さん
  13. 自分
  14. 出生
  15. 同僚
  16. アハハ
  17. お客様
  18. ホント
  19. 後悔
  20. 高校

f:id:dramalog:20200210071234p:plain

『ドラマホリック!死役所 第5話「林晴也」主演・松岡昌宏』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

ドラマホリック!死役所 第5話「林晴也」主演・松岡昌宏[字]

松岡昌宏主演!累計300万部超の大人気マンガ初ドラマ化◇死者が訪れるあの世の“シ役所”。生活事故死課のハヤシはミチルのある一言をきっかけに“罪”と向き合い始める。

詳細情報
番組内容
「お姉さんのことも後悔してないの?殺人犯の弟、持っちゃったんだよ」ミチル(黒島結菜)が放った言葉に動揺したハヤシ(清原翔)は、初めて“反省したい”と思う。そんなハヤシにシ村(松岡昌宏)は「振り返ることから始めてみては」と言い、ハヤシは殺人を犯した経緯を打ち明ける。
始まりは高校2年。祖父・清三(伊藤洋三郎)に剣道を習っていたハヤシは、父・雄作(草野康太)と3年も口を聞いていないほど
番組内容つづき
の不仲。そんな折、清三が病気で死ぬ。清三の葬式後、父が吐き捨てた言葉は、ハヤシの“出生の秘密”だった…。姉の理花(土居志央梨)は全てを知った上で寄り添ってくれたが、ハヤシは大きな傷を負うことになる。さらに、幼馴染のまりあ(岡野真也)が同級生らからイジメられていることを知り…。人生の歯車が狂い出したハヤシの壮絶な人生とは…!?
番組概要
此岸と彼岸の境界に存在する、市役所ならぬ「シ役所」。自殺、他殺、病死、事故死など、ありとあらゆる死者が訪れ、自分の死の手続きをしていく。死を通して、生きることと向き合う衝撃作!
出演者
 シ村…松岡昌宏
 三樹ミチル…黒島結菜
 ハヤシ…清原翔
 ニシ川…松本まりか
 イシ間…でんでん
≪第5話ゲスト≫
 樋田まりあ…岡野真也
 林理花…土居志央梨
 林清三…伊藤洋三郎
 墨谷…黒木ひかり
原作脚本
【原作】あずみきし『死役所』
    (新潮社バンチコミックス刊)

【脚本】政池洋佑
監督・演出
【監督】蔵方政俊
音楽
【音楽】諸橋邦行

 

 


三樹ミチルさん お疲れさまでした。
お疲れさまでした。

私 知っちゃいました。
冤罪なんですね。

シ村さん 自分の罪の反省って
どうやるんすかね?

ここなら 少し明るいかな。

ま~た
無駄な努力してるんですか?

人生は無駄の積み重ねで
できてんだよ。

アイツ どうしたんだ?

さあ。 また漫画のことでも
考えてるんじゃないんですか?

悩みでもあんのかな?

ハヤシくんの悩み?

まったく興味ないですね。
同僚なのに冷てぇな。

同僚でも赤の他人です。

赤の他人か…。

お待たせいたしました。

すみません
シ村さん いつも忙しいのに。

いえいえ。

私は ただ お客様と窓口を
つないでいるだけです。

皆さんあっての
総合案内人ですから。

そうっすか。

それよりハヤシさん。

反省したいことがあると
おっしゃっていましたが

何かありましたか?

ミチルちゃんに言われたことが

頭の中 ぐるぐる回ってて…。

ハヤシさんって純粋じゃん。

だから 簡単に憎しみに染まって
人を殺して…。

でもさ 殺人って
それで終わりじゃないんだよ。

お姉さんのこと後悔してないの?

殺人犯の弟 持っちゃったんだよ?

どこで それを…。

お姉さん 幸せだといいね。

幸せになってるといいね。

また来世で逢おうね

俺が人を殺したのは
ただ憎かったからっす。

その気持ちは変わりません。
今でも憎いし。

殺されて当然だったって
思ってます。

でも どこかモヤモヤするもんがあって
俺 それにずっと蓋してて…。

まことに今更なんすけど
反省したいんす。

でも わかんないんすよね。

反省って
どうすればできるんすか?

そうですねぇ。

振り返ることでしょうか。

ハヤシさんは
なぜ 人を殺してしまったのか。

なぜ そういう気持ちに
なってしまったのか…。

どこから話せばいいんすかね?

どこからでも構いませんよ。

ハヤシさんの気の向くまま
お話しいただければ。

高校の途中までは
普通の高校生って感じで

何の不満もなく暮らしてたんす。

はい。

歯車が狂ったのは
高校2年のときっす。

わぁ~!
とっ!

と~っ!
わ~!

晴也 上達したな。

フフッ。

あっ 昨日 昔の映画観てたら
じいちゃん出てたんだけど。

あの 『侍の道』ってやつ。

えっ?
すごく有名な映画ですよね?

脇役だけどな。
いや 重要な役だったよ。

引退しなければ
撮影現場とか行って

サイン欲しかったなぁ。
うん。

これ どこで買ってきたの?

(理花)晴也さ お父さんと
どれくらい口きいてないの?

う~ん 3年くらい。

おじいちゃんに
剣道習うようになって

お父さん 急に嫌な顔するように
なったよね。

お父さん おじいちゃんと
何かあったのかな?

さあ。

ところで 晴也。
うん?

まりあちゃんと もうキスしたの?

きったね。
ハハハ!

したんだ。
汚ねぇ わし。

したんだね。
してねえよ。

じいちゃん 大丈夫か?

晴也か…。

よかったぁ。

まだ死ぬわけにはいかんよ。

お前たち2人の
結婚式に出るまではな。

じいちゃん。

なんだ しないのか?

しないとか
そういうことじゃなくてさ。

じゃあ するんだろ?

今は そういうのいいから。

まりあちゃん…
晴也はな ヘラヘラしてるけど

純粋で まっすぐな男だ。

だから 突っ走りすぎて
周りが見えなくなったときには

まりあちゃんが うまく
方向転換してやってくれ。

はい

じいちゃんとは
仲よくなればなるほど

親父とは疎遠になって…。

なんか 俺への接し方が

異様でおかしいなとは
思ってたんす。

その理由 知ったのは
じいちゃんが死んだ直後でした。

お父さん 飲み過ぎだって。

もう お酒弱いくせに。

はい お水。

ちょっと お父さん。

死んだな お前の親父。

は?

ちょっと やめてよ 何すんの!

このガキはな
俺の子どもじゃねぇんだよ!

死んだ俺の女房と
この男の子どもなんだよ!

え?

コイツ 俺の弟! 俺 コイツの兄貴。

笑えるよな 自分の女房
親父に寝取られるなんてさ。

こんな おもしろい話があるかよ。

ハハハハ…。

(泣き声)

お父さん 全部 話してくれた。

中学の頃 お父さん急に
晴也に冷たくなったでしょ?

お母さんの手紙が
見つかったんだって。

お母さんも ばかだよね。

そんな話
お墓まで持っていけばいいのに。

お母さんね

役者時代から
おじいちゃんのファンで

憧れだったんだって。

悲しいよね。 悔しいよね。

でも 姉ちゃんは…
姉ちゃんだけは

ずっと 晴也の味方だからね。

晴也に何があっても
何をしても…

高校の時っすよ
出生の秘密知ったの。

頭ん中めちゃくちゃで…。

ハヤシさん お気持ち
たいへんよ~くわかります。

1人でずっと悩んで悩んで

悩み疲れても 結局悩んで…。

どういうことを
考えていたんですか?

おふくろは なぜ
手紙を残したのか。

親父は なぜ俺に伝えたのか。

姉貴は いいなぁとか。

でも 答えなんか出なくて。

しかたありません。

こういうことに
答えなどありませんから。

それでも俺
人前では常に笑ってたんす。

最終話の展開
想像以上だったよな。
なっ。

主人公が まさか犯人…。
超カッコいい。

当たるわけないじゃん。
たぶん 全員外れてるわ。

えっ 私?

まりあ! 今日 一緒に帰ろうな。

ねぇ 樋田さん
さっき帰ったよ。

一緒に帰ろうって言ったのに。
そんなことよりさ

今から私たちと
カラオケ行かない?

やめとく。

チッ。

まりあ 今日
一緒に帰ろうって言ったろ。

ごめん。

どうしたの? グチョグチョで。

うん ドブに落ちて。

乗って。
えっ?

歩くの気持ち悪いだろ?

まりあ どこ行ったのかなぁ?

(新宅)墨谷もさ
えぐいことやるよね。

(堀田)樋田さんも
よく学校出て来られるよね。

(新宅)ねっ 私だったら絶対無理。
やばいよね。

まりあに何したの?

いや ううん
何もしてないよ。

答えないと殺すよ。

アハハ もっと飲めよ!
アハハ!

ごめんなさん ごめんなさい。
ムカつくんだよ テメエ!

うぅ…。
アハハ!

なんだよ! おい なんだよ!

おい 下ろせって おい!

(人が落ちた音)

おい おい!

先生 先生呼んできて!
おい 大丈夫? おい!

晴也 ここの本 どうする?
あぁ それ捨てるやつ。

はいよ。
エロ本かよ!

大丈夫 2回しか読んでないから。

生々しいわ。

墨谷って子
軽いけがでよかったね。

そう?

心配じゃないの?

あの女が悪いし。

バイト探すんでしょ?
うん。

でも俺 剣道は
続けようと思ってんだよね。

いつか わっぱ相手に
教えられたらなって。

渡しとく。

何 この大金?

おじいちゃんが
遺してたの。

葬儀の後に
お父さんが見つけたんだって。

渡しておくよう
頼まれた。

お父さんも
ずっと辛かったんだよね。

しっかり やんな

しばらくして
俺は剣道を教えるようになって。

彼女は 介護福祉士になって。

それで俺
彼女と結婚したんす。

ハヤシさんの出生のことは?

結婚後 しばらくしてから。

姉貴には黙っておくよう
言われてたけど

俺 隠しごと下手なんすよね。

子どもが無事生まれて

立派な親父になるぞ
って息巻いて。

いつの間にか
自分の出生のことで悩むこと

ほとんどなくなりました。

順風満帆って
思ってたんすけど…。

今度は 未遂じゃない。

本当の殺人事件を起こすんす。

ただいま。
おかえり。

あや美 お父ちゃんだよ。

あぁ あ~ん!
あ~ん!

うわ~ん!

何してるの? ようやく
落ち着いたところなんだよ。

ごめん ぐずりだしたから。

貸して。
でも。

いいの 私やる。

あや美 よしよしよし。

(理花)高い高いって そのまま
窓から落としそうじゃない。

前科あるしね。
1人で気負ってんじゃない?

育児くらいは1人でって。

ならいいけど。

すっごい大きく振るね 上手。

もうすぐ1歳か。 ホント早いな。

じゃあ行ってくる。

晴くん
今日すぐに帰ってきてくれる?

うん わかった。 早く帰ってくる。

じゃあ いってきます。
いってらっしゃい

俺 このとき まりあと久々にって
思ってたんすよね。

子どもができてから

一緒に寝ることも
少なくなってたから。

ホント 滑稽っすよね。

まりあ 帰ったよ。

えっと どなた?

浅井といいます。

まりあさんが働いていた
施設の者です。

お世話になってます。
お世話になってます。

えっ まりあ どうしたの?

林さん お願いします!

まりあさんと別れてください。

は?

今 まりあさんは
すごく苦しんでいます。

どうか 解放してあげてください。

いや 何言ってんのよ。
お宅 何なのよ?

どういう理由があって?

あや美ちゃんは…。

僕と まりあさんの子どもです。

僕と まりあさんとの間にできた
子どもなんです。

いや… 何言ってんのよ。

まりあと俺 結婚してんのよ。

なぁ まりあ。

あや美。
パパ。

パパ。

(浅井)まりあさんは

あなたが おじいさんの
子どもだと知ってから

ずっと悩んでいました。

ごめん。 今日 疲れてて。

(浅井)こんなふうになって
ホントに申し訳なく思っています。

どうか2人のためにも
お願いします!

まりあ。

俺のこと気持ち悪かったんだ。

(浅井)林さん
落ち着いてください。

晴くん ごめんなさい。

(バイブ)

あっ 晴也
今日 家に寄っていい?

お土産買ってきたの。

姉ちゃん。

どうしたの?

俺… 気持ち悪いかな。

じいちゃんの子どもって

気持ち悪いかな。

んなわけないでしょ。
アンタ 私の弟なんだよ。

誰の子どもとか関係なく
無条件にさ。

何があったか知らないけど

くだらないこと
考えんじゃないわよ。

うん。

ありがと。

ごめん

俺って 気持ち悪いですかね。

出生を理由に
嫌悪感を持つか持たないかは

人それぞれの価値観でしょうね。

ですが 少なくとも
ハヤシさんのお姉さんは

それを持たなかった。

これ以上の真実は
ないのではありませんか。

姉貴は 悪態はついても
いつも優しくて。

一度も 俺を
責めたりしなかったんす。

お姉さんのこと
後悔してないの?

殺人犯の弟
持っちゃったんだよ

ミチルちゃんに言われなくても
そんなことわかってました。

なのに その言葉が
グッと心に刺さったんす。

ここで働き 心境に変化が
生まれたのかもしれません。

でも もう
どうしようもないんすよね。

俺が人を殺したのは
変えられない事実だし。

殺したことは
後悔してないし。

それですと
反省はできないでしょうね。

はい。

ハヤシさんは 私に
現世での過ちを告白し

苦しみを吐き出しました。

今できることは
反省ではなく

まず ご自身の感情と

向き合うことでは
ないのでしょうか。

向き合う…。

なぜ まりあさんとあや美さん

浅井さんを殺すまでの
憎しみが生まれてしまったのか。

なぜ これまでの人生を
支えてくれた人の

命を 無残にも
奪ってしまったのか。

そう言われると きついっすね。

その現実と向き合い
自分のことを理解し

他人の心も考えることが
できるようになれば

いつか 反省できる日が
くるのかもしれません。

ハヤシさんが殺した3人も

おそらく 同時に このシ役所に
訪れていたはずです。

彼らは いったい この場所で

何を話したのでしょう。

どんな気持ちで
他殺による死亡申請書を書き

どんな顔で成仏して
いったのでしょうかね。

俺には… まだ
そこまで考えられません。

ええ 今は
それでいいのだと思います。

これからも 俺の話
聞いてもらってもいいすか?

構いませんよ。
お客様は 仏様ですから。

いや 俺 職員っすけどね。

シ村さんは 振り返りたいこと
ないんすか?

そうですねぇ…。

シ村さんも 過去のこととか
吐き出したいこととか

話したいことがあったら
話してください。

俺 全部 受け止めますから。

ありがとうございます。

シ村さんって
そんな顔でも笑うんすね。

はい?

あっ 戻った。

あの人 女優のせんださんだ。

サインもらわないと。

すみません。 女優の
せんださんっすよね?

元気になったみてえだな。

悩みが解決したのかな?
なぁ ニシ川さん。

だから 興味ないですって。

でも アンタら よく一緒に
いるじゃねえか。

やっぱり 同僚だし
心配なんじゃねえか。

同僚でも 赤の他人です。

ヘヘヘ 赤の他人か。 アハハハ。

なんなんですか! もう。

お客様 お客様は がんで
お亡くなりになられたんですね。

あの人は ホント よく働くな。

冤罪なんだから
さっさと手続きして

成仏すればいいのに。

いろいろと 思い残したことが
あるんだろ。

ご案内いたします。

暇な人。