ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ひとりキャンプで食って寝る 第5話 三浦貴大、福士誠治、宇野祥平… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『ひとりキャンプで食って寝る 第5話「家キャンプでサバ缶づくし」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. サバ
  2. テント
  3. キャンプ
  4. 最高
  5. 人用
  6. 台風
  7. 理恵子
  8. お前
  9. ビール
  10. 矛盾
  11. CD
  12. アタタ
  13. アチ
  14. アチチ
  15. イテ
  16. イテッ
  17. クリーミー
  18. サバ缶
  19. シャッター音
  20. チアーズ

f:id:dramalog:20200206062047p:plain

『ひとりキャンプで食って寝る 第5話「家キャンプでサバ缶づくし」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

ひとりキャンプで食って寝る 第5話「家キャンプでサバ缶づくし」[字]

ひとりキャンプ×グルメドラマ!今回は、キャンプ場で缶詰料理を作り食べる事が好きな健人。台風の影響でキャンプ場に行くのを断念した健人は、家キャンプに挑戦!?

詳細情報
番組内容①
ひとりキャンプ場を訪れ、缶詰を使った料理を作り食べる事が何よりも好きな大木健人(三浦貴大)。キャンプへ出かけようと用具一式を準備した健人だったが、台風が接近中で断念する。そこで、新しいキャンプ用具を探しにアウトドアショップへと向かう。
番組内容②
帰宅後、店員(宇野祥平)に勧められて買ったテントを、早速家の中で組み立てる健人。その時、友人の高田武志(福士誠治)が突然訪問してくる。ビールを飲みながらつまみが欲しいと言う武志に、健人が出したのは大量のサバ缶だった。
出演者
大木健人…三浦貴大

高田武志…福士誠治
店員…宇野祥平
原作脚本
【脚本】保坂大輔
監督・演出
【監督】横浜聡子
音楽
【音楽】荘子it(Dos Monos)
【主題歌】Yogee New Waves「to the moon」(Colourful Records/ビクターエンタテインメント

 

 


< これは キャンプで
1人の時間を おう歌する

健人と七子の物語。

健人は たき火をし
大好きな缶詰をひたすら頬張り

七子は 海に山に
自然の食材をとっては食す。

2人に共通点があるとすれば…>

よ~し。

アチチ… アチ アチ。

熱っ!

うん あぁ 熱い。

うまっ。

アチチ。

アタタ… アタタ。

あっ イテ!

イテテ… あぁ。

《理恵子が置いていった靴》

「飛び立ってしまいたい」

「あなたを想いながら」

今日 正午現在
非常に強い台風3号が…。

《その日の朝…》

明日未明に
東海 関東甲信に接近。

暴風域を伴ったまま
直撃する恐れが

高くなってきました。
すでに西日本の…。

さすがに台風には勝てないか。

今後は東海から関東にかけての
太平洋側で

激しい雨が予想されています。

部屋でも片づけるかな。

片づけられるものが何もねえな。

《こんなの買ってみるか》

《この椅子に座ると
ビールが飲みたくなってくる》

《まだ1時半か。

新宿の飲み屋 もうやってるな》

酒でも飲みにいってみるか。

何か お探しですか?

あぁ いや 特に探してるわけじゃ
ないんですけど…。

あぁ でも ちょっと
テントが古くなってきたかな。

こちらのダブルウォールのテント
オススメですよ。

これ?

何しろ軽くて丈夫。
2人用で 2.3キロです。

それは軽いですね。
はい。

トイプードルの子犬
1匹分の軽さですね。

犬 飼ったことないけど。

犬は人を幸せにしますよ。

はい…。

わぁ 生地もよさそう。

防水性 通気性
高い耐水圧も魅力です。

台風にも耐えられたり。
今日みたいな。

台風の日のキャンプは
お控えください。

はい。

あっ テントの中 入ってみても?
もちろんです。

《テントの中は俺の小宇宙だ》

ポールがつながっていて

月明かりのなかでも
簡単に設営ができます。

《なんぴとたりとも
踏み入れられない

俺だけの宇宙。

決して 決して…》

買います。

ありがとうございます。

これって
1人用はあるんですか?

いやぁ これが
いちばん小さいサイズなんですよ。

そうですか。

他の1人用のテント
ご覧になります?

いや 2人用でいいです… 一応。
はい。

犬は人を幸せにします。

おっ? おっ おぉ。

軽っ! トイプードル軽っ!

見た目は変わんねえな。

早く キャンプしたいな。

やっちゃう?

(シャッター音)

(シャッター音)

(玄関チャイム)

は~い。
あぁ 俺 俺。

なんだよ 武志かよ。

せ~の。

ハハハ!
おぉ なんかいいじゃん これ。

いいよねぇ。

なぁ のど渇いた。
なんだよ 手ぶらかよ。

うるせぇ 酒あんだろ。
あるよ。

ビールでいい?
ああ。

お前 勝手に。
俺も まだ入ってないのに。

いや なんかいいな これ。
ちょうだいよ。

アホか 俺のもんだ。

お前のものは俺のもの。
俺のものは…。

出てこいよ。

えっ? ちょっと
こっちで飲もうよ。

やだよ お前 絶対 汚すもん。

ったく ケチだな お前。

ほい。

チアーズ!
チアーズ。

あぁ!

なんか つまみないの?
はぁ?

つまみ… ないの?

あるよ。

在庫整理といきますか。

なんか サバばっかだな。

《サバ サバ サバ~》

待て待て待て待て待て。

サバばっかじゃん。
こんな食えねえし。

でも お前 サバ好きだろ。
言ってねえし。

しかも 全部 水煮?

文句がエンドレスだなぁ。

うぃ。

あのさ 酒のつまみ
って言ったんだよ 俺は。

缶詰の…。

うまいな。
あぁ。

あぁ これ。
しかも ビールに合う これ。

だろ。

おぉ!

へぇ ヘヘッ。

うん 予想以上だ。
ほら。

(笑い声)

おっ これは
ひと口に分かれてるんだなぁ。

うん。

これあの… サバのこう…
身がプリプリして 味わい深い。

お前わかってんのかよ。
いや 食ってみって。

ん?
うん。

味わい深い。
味わい深いだろ?

続きまして
マルハニチロ マルハニチロのサバ缶だぁ!

いくぞ~。 食べない。
いや 食べた~。

おぉ!

クリーミー

クリーミー
だろ?

うん。 あぁ。

やっぱり デンマーク
冷たい海で泳いでたサバは

身が引き締まってますなぁ。

うん デンマーク産 味が違う。
なっ。

ん~ うめぇ。

あぁ うめぇ あぁ。

伯楽星の純米吟醸とサバ缶
最高だな。

最高だろ。
最高だよ。

最高だけどよ。
うん。

なんか別のもんも食いてえな。
はあ?

なんか作ってよ。

ハァ… マジかよ。

頼んだ。

<スライスしたタマネギの上に
薄切りのジャガイモを乗せ

レンジで2分>

(操作音)

< そこへ サバの身をほぐし入れ…。

マスタードを混ぜた
オリーブオイルを回しかけます。

チーズは たっぷり。

バターがあれば なおよし>

まだ?

うっせえなぁ。

<最後に粉チーズを振りましょう>

ん。
おっ。

おぉ。

いただきます。

何これ 超うまい。
ヘヘッ。

うん うまっ。

お前って 料理うまいよな。

両親 共働きだったからね。
そうだっけ。

それくらい覚えとけよ。
でもよ。

これ テントで食う意味あった?

お前は ロマンがないね。

でも 女って
意外と男のロマンに興味ねえよな。

キャンプ悪くねえかも。

キャンプじゃ こんな手の込んだもん
作んないよ。

今度 俺も 一緒に行こうかなぁ。

行かねえよ。
え? なんでよ?

ひとりがいいの。
は?

ひとりで家にいるのが寂しいから
キャンプに行くのに

ひとりがいいの?
なんか矛盾してね?

矛盾が服着て
歩いてるような男だよ。

矛盾っていうか…
芯がねえよな お前は。

うん 豆腐だよ。
ったく。

ハァー。

なあ。

ちょうだいよ 理恵子ちゃん。
は?

あれ。 前のテント
理恵子ちゃんのだろ。

もう いらねえべ。

俺が片づけたる。

いいよ。
おぉ やったぁ! ヘヘヘヘッ。

フフフッ。

 

あぁ 愛ちゃん。
おぉ!

10日ぶりに返信来たぁ。

「今日飲まない?」 だって!

この前 フラれてたじゃん。
いや まだフラれてねえし。

蛇の生殺しだな。
うるせえ。

よし。

よいしょ。
もう帰んの?

なあ 袋ちょうだいよ
これ入れるやつ。

おっ これ もらうぞ。

うわ 懐かしいな これ。

これも借りるわ。

じゃあな。

傘 借りるわ。
あ それ…。

ばいび~。

もう やんでるよ バカ…。

《しんと静まり返った部屋に
サバの香りだけが漂っていた》

《それなりに感じは出る》

「ハロー 今 君に
素晴らしい世界が見えますか」

「北風は吹雪くのを止め
カシオペア輝いて」

《猛烈に この曲が聴きたい。

そうだ CDがあったはずだ》

ない…。

<理恵子が この家を出るとき

好みのCDだけを
持っていったことに

今 気付いた>

銀河鉄道の夜
僕はもう空の向こう」

「飛び立ってしまいたい
あなたを」

銀河鉄道の夜

「僕はもう空の向こう
飛び立ってしまいたい」

「あなたを想いながら」

あ イテッ イテッ! イテ…。

うっ…。

イッテ…。

キャンプ行きたい…。