ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

今夜はコの字で 第5話 堀部圭亮、浅香航大、小園凌央、中村ゆり… ドラマの原作・キャストなど…

『今夜はコの字で【コの五 町田「酒蔵初孫」】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 吉岡
  2. フフッ
  3. ハァ
  4. ムダ
  5. 大将
  6. ウソ
  7. 恵子
  8. 仕事
  9. 町田
  10. お酒
  11. バイブ音
  12. ビール
  13. ホント
  14. 乾杯
  15. 間違
  16. 恵子先輩
  17. 今日
  18. 山田
  19. 初孫
  20. 先輩

f:id:dramalog:20200204072441p:plain

『今夜はコの字で【コの五 町田「酒蔵初孫」】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

今夜はコの字で【コの五 町田「酒蔵初孫」】[字]

コンペの企画が暗礁に乗り上げている吉岡は恵子先輩に町田のコの字に呼び出されて飛んで行く。恵子はまだだったが、そこにはただならぬ雰囲気を漂わせたカップルがいて…。

詳細情報
番組内容
ホテルの宣伝展開を社長の角倉(堀部圭亮)と企画中の吉岡(浅香航大)と山田(小園凌央)。タクシー会社との直取引を交渉に行くが玉砕する。飲みながら打合せしようと山田を誘うが断られ、コの字にすがりたい吉岡に恵子(中村ゆり)から着信が。
番組内容つづき
町田のコの字に誘われて飛んで行く吉岡だったが、恵子はまだ着いておらず先に飲み始める。きぬかつぎに舌鼓を打っていると隣のただならぬ雰囲気を漂わせているカップルの言動が気になり始め…。
出演者
田中恵子(32)フードコーディネーター…中村ゆり
吉岡としのり(28)シューエイプロジェクト社員…浅香航大
山田大河(23)シューエイプロジェクト社員、吉岡の後輩…小園凌央
ミキ(26)恵子のアシスタント…藤井武美
角倉誠(56)シューエイプロジェクト社長…堀部圭亮
出演者つづき
「酒蔵初孫」男性客…岩瀬亮
「酒蔵初孫」女性客…河井青葉
「酒蔵初孫」大将…市村亮
「酒蔵初孫」常連客…嶋田彦
タクシー会社広報部員…今川慶祐
「酒蔵初孫」の客…加藤ジャンプ
ナレーション…下條アトム
原作・脚本・監督
【原作】「今夜はコの字で」
 原作・加藤ジャンプ
 画・土山しげる
集英社インターナショナル刊)
番組概要
広告代理店「シューエイプロジェクト」で働く吉岡としのり(浅香航大)は、再会した憧れの先輩、田中恵子(中村ゆり)から、今のあなたに必要な場所だと、酒場を紹介してもらう。フードコーディネーターとして働く恵子は酒場に溶け込んでおり、初対面の人とも打ち解けて飲んでいる。自分はタッチパネルのチェーン店がせいぜい…。
番組概要つづき
翌日、恐る恐る居酒屋の扉を開ける吉岡。
そこはコの字型のカウンターで、大勢の客で賑わっていた。おいしい酒と肴、常連客と店の人の丁々発止。いつしか吉岡の心はほどけていって…。
恵子先輩に次なるお店を紹介してもらい、コの字カウンターを囲んで一緒に飲むうちに、どんどんコの字酒場にはまっていく吉岡。
次第に恵子先輩への想いも募り…。
関連情報
【公式ホームページ】
www.bs-tvtokyo.co.jp/konoji/

【公式Twitter
@BS7ch_konoji

 

 


(ミキ)先生 どうですか?
(恵子)オッケー。

うん いいんじゃない? おいしい。

もう少し単価 上げられれば
いい素材 使えるんだけどな。

まあね。 でも 手ごろな価格って
いうのも大事なことでしょう。

そうですね。
フフッ。

《と言ってはみたものの

ミキちゃんの言ってることも
よくわかる》

 

(透)「一週間 粘ってるけど
まだオーロラ撮れません。

いつ帰国できることやら…」。

ハァ…。

《リセットしにいこうかな コの字に》

(山田)タクシー運転席後ろの
アドケースに関しては

トラフィックアドメディア社が
販売権を持っていまして

今回の予算では
条件に合いませんでした。

(角倉)そうか。
アドケースの宣伝展開を盛り込めば

このコンペ 勝てると思ったんだが
難しいか。

(吉岡)その代理店を通さず

タクシー会社さんと
直に取り引きできれば

もう少し コストダウンできるんじゃ
ないでしょうか?

それ ありだね。

(山田)いや 代理店を
通してほしいの一点張りで

難しいと思いますよ?

直の取り引き お願いしたのか?
いや してないですけど。

じゃあ やってみる価値はあるな。

交渉してみます。

吉岡 頼むよ。

このコンペ うちとしては
ぜひ落としたいから。

やってみせます。

僕は悪くないですからね。

初めから無理だって
言ってましたから。

どだい ムチャなんですよ。
直接やらせてくれなんて。

でも…。
ムダな半日でしたね。

あ~あ 別の案 ひねり出さなきゃ。

社長に報告するの
ちょっと待ってくんないかな?

今日は直接の担当者に
会えなかったし

もう一度 アポ取ってみようと…。

前例がないからって
言われたじゃないですか。

ここは無難に 外国人ウケするデザインで
いいんじゃないですかね?

社長が やりたいって言ってたこと
実現させたくないか?

ハッ… ムダに期待させるのも
どうかと思いますよ。

あ… ちょっと その辺 入って

一杯やりながら
検討してみないか?

それって 仕事っすかね?

仕事じゃないけど…。

部下に ムダな仕事させないのも
上司の役目だと思いますよ。

じゃあ お疲れさまでした。

《こういうときこそ
コの字に すがるか》

《彼氏いるんだし
頻繁に連絡したら迷惑か。

自力で探そ》

(バイブ音)

あっ。
(バイブ音)

(バイブ音)

はい 吉岡です。
恵子先輩 どうしました?

ねぇ どうせ アンタ暇でしょ?
飲まない?

いや… そうでもないですけど。

あぁ そっか そっか。
ごめん ごめん。

忙しいときに悪いね。

いや ウソです!

(吉岡)暇です!
もったいぶってんじゃないよ ヘタレ。

フフッ じゃあ 町田集合ね。

町田?

いいコの字があるの。

すぐ行きます。

<コの字型のカウンターがある店を

コの字酒場という。

座れば 左右 斜め 人の顔が並ぶ。

上座も下座もなく フラットな場。

いわば そこは
人と人がふれあう舞台。

さあ こよいも
一緒に乾杯しませんか?>

《え~っと
たしか この先だったはず…。

あった》

《いい感じ。 期待できそう》

いらっしゃい。
お好きな席 どうぞ。

《恵子先輩 まだみたいだな》

カバン 後ろ 置いちゃってください。
はい。

《大将の調理も見えて
両袖も見える。

コの字のベストポジション。

俺も少しは コの字の楽しみ方

板についてきたかな》

飲み物 何にしましょう?

グラスのビールで。
あいよ。

はい どうぞ。
どうも。

《最初の一杯に
ちょうどいいサイズだ》

《あぁ… 生き返る。
極上の一口目》

《おっ 好物の
きぬかつぎがあるぞ》

すみません。
きぬかつぎ ください。

はいよ。

えっ いいんですか?

皮。 ホントに皮だけ。
皮だけ?

じゃあ 大将
カリカリに焼いて。 皮。

(古川)ごめん。
そんなつもりじゃなかったんだ。

(岸田)じゃあ どんなつもりよ?

《なんだか暗いな。
どうしたんだろう?》

はい お待たせ。

あっ どうも。

塩か わさびで どうぞ。
あっ はい。

《へ~っ わさびで
食べるのも ありなんだ》

《でも まずは…》

いただきます。

うまっ!

《ゴマが効いて うまみが増してる。

この店 できる。

町田に来たかいがあった》

《刺激が うまみを増す
初めての味わい。

わさびも いける。

次は日本酒にするかな》

すみません。
はい。

お酒ください。
なんか オススメありますか?

うちのオススメは 初孫の
魔斬なんだけど どうかな?

じゃあ それで。
はいよ。

(恵子)私も魔斬。

あと南蛮漬け。
先輩。

いい店でしょ。
最高っす。

なんだ 恵子ちゃんの連れか。
うん 大学の後輩。

へ~っ 相変わらず モテるね。

いや そういうんじゃないから。

ねぇ?
ええ まあ。

よ~し 今日は飲むぞ。

今日もでしょ。

うるさい。
痛っ。

小鯵の南蛮漬け。
(恵子)うわ~っ おいしそう!

(吉岡)うわ~っ…。

では では。 フフフッ。

(2人)わぁっ…。

乾杯。
乾杯。

ハァ…。
ハァ…。

すっきり。
ねぇ 飲みやすいですね。

いただきま~す。
いただきます。

う~ん…。
う~ん。

うまっ! 小さいのに
うまみが すごいですね。

うん。 誰かさんは
ムダに大きいけどね。

えっ ムダ? ムダは余計ですよ。

ほら 口答えしないで食べる。
平成生まれ。

ん? 何か ついてる?

あっ いやいや いやいや。

相変わらず
おいしそうに飲むなぁって。

フフッ そりゃ おいしいものを前に
ウソは つけないでしょう。

フフッ ホントですよね。 このお店
おいしいものが多くて

ホント お酒が進んじゃいます。
そうなんだよね。

離婚して出戻ってきた女に

いきなり満面の笑みで
おめでとうって…。

幼なじみだからって許せないわ。

だから それは間違えて…。

えっ? 間違えてって?

だから 謝るって。 悪かったって。

もう いいかげんにしてよ…。

帰る。
えっ?

えっ? えっ… ちょっ…
ちょっと待ってよ。 ちょっと!

あの2人
どうしたんでしょうね?

酒場での野次馬根性は
やぼの極みよ。

あっ すみません。 気をつけます。

次は何を肴にしようかな。

あっ 殻を破るべき君にぴったりの
いい肴があるじゃない。

えっ?
フフッ フジツボください。

はい。

フジツボです。
は~い。

(吉岡)これ どうやって
食べるんですか?

よし 私が教えてあげよう。

この くちばしみたいに
出てるとこ あるでしょ?

ここが硬いから こうして持って。

ほら 身が取れたでしょ。
この身の部分だけ食べて。

あっ…。

うまい!

これ カニですね。

ウフフ 貝みたいだけど…。
うん。

味は カニでしょ?
うん うん。

(戸が開く音)

皆さん お騒がせして
すみませんでした。

ああ 気にしなくていいですよ。

でも どうしたんですか?
いったい。

ハァ…。

俺 お疲れって言うつもりで

おめでとうって言ってしまって…。

どう間違えたら お疲れが
おめでとうになるんですか。

ハァ…。

(戸が開く音)

カバン 忘れたから。

大将。 2人に
ビールと塩もつ煮込みと

つくね出してあげて。

私に つけといてね。

あいよ。

つくね。

塩もつ煮込み。
ありがとうございます。

ここは おいしいお酒と
料理を楽しむお店でしょ?

ほら ビールは冷たいうちに飲む。
料理は あったかいうちに食べる。

じゃ いただきます。

フフッ。

フーッ…。

ハァ…。

ほ~ら もう
彼女に よそってあげて。

ああ…。

あ… ありがとう。

私 塩もつって初めて。

んっ?

口の中に入ったもつが
すっと消えたわ。

えっ?

塩味のスープが
さっぱりして うまい。

いくらでも食べられそう。

お肌にも よさそうだし。
うん。

な。

う~ん。

このつくね 食べごたえあるなぁ。
タレの味も また うまい。

うん。 フフフフフ…。

おいしい。
ね。

私 離婚して
この街に帰ってきたんです。

そうだったんですね。

だから おめでとうなんて
言われて つい…。

でも それって
彼の本音なんじゃないかな。

え~っ?

(吉岡)何 言ってるんですか 先輩。

こんな おいしいもの食べたら
ウソつけないよ。

おめでとうって…
心から出た言葉なんだ。

どうせ バカにしてんでしょ?
違う。

じゃ 何?

俺… うれしかったんだ。

はあ? まだ言う?

違う! 俺…
お前が ずっと好きだったんだ。

お前が 独身になって帰ってきて

もう一度 俺にも
チャンスが回ってきたんだって…。

だから つい おめでとうって…。

《恵子先輩が彼と別れたら

俺は 何て言うんだろうか?》

おかえりなさい。

久しぶりの地元に。

いい友達のもとに。

おかえり。

フッ… フフフッ…。

ただいま!

おかえり!
おかえり。

(吉岡)すごいですね コの字。

なんでしょう?
この完璧な… 距離感。

大将と コの字を囲む客の
絶妙な一体感っていうか。

私も もっと
おいしいもの作らなきゃな~。

つい本音 言いたくなるような。

吉岡。
はい。

君 私のこと 本当に
おいしそうに飲みますねって

言ってたじゃない?

ええ。

君も気持ちいいくらい
おいしそうに食べてるよ。

あっ そうですか?

おいしそうに食べてる
君の顔 見るの 私 好きだな。

えっ?

フフッ。 さっ 帰ろう。

えっ… えっ? ちょっと。

もっともっと
本音 聞かせてくださいよ。

ダメ!
痛っ。

お酒は ほどほどが
いちばん おいしいの。

何度も言いましたけど
前例がありませんから無理です。

そ… そこを何とか。

せめて課長にだけでも
会わせてもらえませんか。

ですから 今 課長は…。

(古川)どうした?
古川課長… 何でもありません。

す… すみません すみません。

はじめまして。 実は…。

あっ!

昨日は どうも。

こちらこそ。

おかげで
長年の思いが かないました。

本当ですか?
あっ よかったです!

ありがとうございます。
いや おめでとうございます。

いや~。

タクシー会社
オーケーしてくれたんだって?

はい!
よくやった!!

これで うちが勝ったも同然だ。

ありがとう 吉岡!
いえ。

ハハハハハハ!

(山田)先輩。

どうやって?

う~ん…。

コの字… のおかげかな。

コノジ? コノジって なんすか?

あっ 新しい営業方法ですか?

今夜 つきあえば
コの字の秘密 教えてやるよ。

それって… 仕事っすか?

もちろん 違うけど。

でも… 行きます。

コの字の秘密 教えてください。

よ~し いくらでも教えてやるよ。

さて どこからにしようかな。

ちょっ… どこからって
どういうことですか?

ヘヘヘヘ… 来れば わかるって!
本当ですか?

<今夜のコの字。

町田 酒蔵 初孫。

若者がひしめく街 町田。

その けん騒がウソのような路地。

軒先のちょうちんに誘われ
染め抜きの のれんをくぐる

コの字酒場 初孫。

カウンターを飾る料理。
いつでも えりすぐりの酒。

シャイな大将の笑顔。

足りないものは何もない>