ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第209話 風吹ジュン、橋爪功、菅谷哲也… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #209 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 三次
  2. ハゲ
  3. 嗚咽
  4. お前
  5. ママ
  6. 口説
  7. 男性
  8. 事情
  9. 天罰
  10. オモチャ
  11. お釣り
  12. ドア
  13. ニキビ
  14. ヤッ
  15. 感謝
  16. 兄貴
  17. 交通事故
  18. 行方不明
  19. 高倉健
  20. 根来

f:id:dramalog:20200203184835p:plain

『やすらぎの刻~道 #209 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #209 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
山梨に暮らす公平(橋爪功)は、親友のニキビ(山本圭)に連れられて行った町はずれの居酒屋「オモチャ」のママ・みどり(高橋由美子)に年甲斐もなく夢中になる。深い仲になりかけたある日、みどりの兄・荒巻三次(眞木蔵人)に見つかり状況は一変。強面の三次は「慰謝料として100万円出せ」と公平に迫る。困り果てた公平は翔(菅谷哲也)に相談。許しを乞われた三次が翔に出した条件は、25日間のバキュームカー掃除だった…
◇出演者
風吹ジュン橋爪功菅谷哲也高橋由美子、眞木蔵人、山本圭ミッキー・カーチス
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
池添博
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(根来公平)
〈山淵の町の外れにある

オモチャという名の
赤ちょうちんのママに

年甲斐もなく
わしゃあ 夢中になった〉

〈魔が差したとしか
わしにゃ思えん〉

〈自分の事を独身じゃと偽り

女房は交通事故で死別

1人おった子供は行方不明〉

〈ありもせんデタラメを
まあ 言いまくって…〉

♬~

〈そして…

わしゃあ
ママさんと深い仲になりかけた〉

(戸の開く音)
いらっしゃい。

(みどり)兄ちゃん…!

〈しかし 突然 天罰が来た〉

♬~

♬~

(戸の開く音)

よう!
おいっす!

おい! ヘッヘッヘッ…。

はあ…。
さてと…。

あっ… あっ…
そろそろ 引き揚げるかな。

ママ あの… お勘定。
(みどり)はい。

(荒巻三次)金もらったら 奥行け。

兄さん…。
(三次)んっ?

わかった。

あっ これで…。
お釣り…。

お釣り いい いい…
いいから。

(みどり)ありがとう。
ごちそうさま。

おい! ちょっと待ちな。

私…?
他に誰かいるのか?

はあ…。

(三次)座んな。

(男性)ほら 来いよ。

♬~

(息を吐く音)

(三次)俺は こういうもんだ。
あっ…。

(三次)あいつの兄貴だ。

私 あの 名刺が…。

いいよ! わかってらあ。

調べはついてらあ。 のう!?
(男性)おう。

(三次)あんた
妹を どうするつもりだ?

えー… どうするって 別に…。

じゃあ
なんで あんな嘘つくんだ?

う… う… 嘘って…?

兄さん…!
(三次)あっ?

女房は死んだとか
交通事故だとか

息子は行方不明で
独りぼっちだとか。 えっ!?

なぜでしょうねえ…。
(三次)フッ…。

最近 ちょっと認知症気味で
覚えが悪い…。

じいさん!
はい。

小野ヶ沢の根来だろ?

あっ… はい。

お前のかみさん
生きてるじゃねえか。

は… はい…。

いい年こいて 嘘は良くねえな。

はい。

いや 女 口説くのに
嘘はいけねえよな。

まあ 口説くのはいいよ。
もう あいつも もう やもめだ。

だがよ 嘘ついて口説くのは
許せねえよな!

はい はい…。

お前 もう あいつとヤッたのか!?

いや…! ヤッてませんよ!

さっき
キスしようとしてたじゃねえか!

いや だから… それには あの…
深い事情っていうのが…。

どんな事情だ?
えっ? あっ… それは その…。

ええっ!? 面白えじゃねえか!

聞こうじゃねえか
その深い事情ってのを おい!

あの… も… もう
む… 昔の事でね…

もう覚えてませんよ!
昔だ!?

今さっきの事 言ってんだぞ
お前!

いや だから
私 もう 実は74で…。

あっ いやいや… 73かな。

えーっと えー…
いや もちろん数えですけども。

あっ! あっ いや 72… 71かな?

おい どっちだよ!?

あの…
認知症で覚えが悪いんで…。

認知症なあ!
はい。

ああ そりゃ 気の毒にな! えっ!?

じゃあ
俺が理事してる特養に入るか!?

いや… それはまだ…。

そりゃいいな。

入ったほうが
いいんじゃねえのか?

あそこには ちょうど
鉄格子も ちゃんとあるしな!

のう! ハハハハ…!
(男性)アハハハハッ…!

入っておけよ。 アハハハハ…!

(戸をたたく音)

(戸をたたく音)

(戸をたたく音)

(ニキビ)公平!

どうした!?

お…。

お… 脅された…。
えっ 誰に!?

か… 金作ってこいって
言われた…。

いくら!?

あっ… 100万…。

なんで!?

(ハゲ)相手は誰だ?

(ハゲ)あっ! こりゃ まずいなあ。

これ マムシの三次って奴だよ。
ああ~…。

なんで こんな事になったの?

女だ。
(ハゲ)女!?

お… お前
まだ 役に立つのか? それ。

頑張れば。 たまには…。

どこの女だよ?

こないだ行ったろう。
えっ?

オモチャのママ。

あっ みどり!?
そう。

その名刺の野郎が
みどりの兄貴だ。

あた~!
ああ。

口説いてる現場を押さえられた。
あちゃ~!

ど… ど… どうしよう…?

お前 しのちゃんに
その話 したのか?

するわけないよ!

絶対言うなよ!
言わない!

(ハゲ)口が腐っても言うなよ!
う… うん…。

(ニキビ)チンポの先に
紙がついてるのを見られても

ケツ拭いた紙だって言うんだぞ!

う… うんうん…。

なあ…。
んっ?

100万 都合してくれや。
そんな金あるか!

農協に借りてくれや。
馬鹿言うなよ!

(ハゲ)あのな こういう時はな
警察に言ったほうがいいんだよ。

やめてくれよ!
(ハゲ)えっ?

そんな事したら…
しのに わかっちまうよ!

〈いきなり 地獄に落とされた!〉

〈嘘をついたのが
そもそも いけない!〉

〈嘘をついたら 天罰が下る!〉

〈う~… 嘘をつく事は
いけない事だ! うん!〉

♬~

♬~

高倉健さんに似てると
言われた〉

〈あのひと言が
全ての始まりだ!〉

〈あのひと言が
効きすぎたんじゃ!〉

〈あれが転落の一歩じゃった!〉

高倉健さんが
わしを滅ぼした!〉

〈全ては健さんの責任じゃ〉

〈うん!〉

♬~

(根来 翔)おばあちゃん。
うん? どうしたの?

うん…。

おじいちゃん
この頃 おかしくないか?

しょっちゅう
遅くに帰ってくるし。

うん?

女よ。
女!?

ハハハハッ…!
大きい声出さんの。 シーッ!

あのね おじいちゃん
今 久しぶりに青春しとるのよ。

だから 放っときゃいいの。

おばあちゃん 妬かないの?

フフフ…
妬いて あんた 何が変わるのよ。

こういうのはね 病気じゃもの。

もう 熱が冷めれば治るの。 うん。
フフッ…。

はあ… すごいなあ!

おばあちゃんは
すごい人だなあ!

褒めたって なんにも出てこんよ。
ウフフフ…。

こういうもんはね
春になりゃ治るの。

♬~「春よ来い 早く来い」

♬~「あるき…」

あっ… どうしたの?

うん…。

おじいちゃん。
はっ?

なるべく早く
女は やめたほうがいいよ。

うん…。

翔。
(翔)うん?

どうしたの!?

(翔)おじいちゃん! どうしたの!?

あいつにだけは…
知られとうないんじゃ!

えっ?

あいつだけは 絶対に…
傷つけとうないんじゃ!

(翔)どうしたんだよ?

(すすり泣き)

翔…。

座んなよ おじいちゃん
ねっ? ほら そこに。 ほら。

(嗚咽)

何があったの?

(嗚咽)

何があったんだよ!?

(嗚咽)

任してよ! 俺 できる事なら
なんでもするから!

翔…。
ああ。

(嗚咽)

嘘だけは つくなよ…!
ついてないよ。

(嗚咽)

嘘をつくと… 天罰が…!

(ため息)
俺 嘘なんて 何もついてないよ。

お前じゃないよ! わしじゃ…!

嘘ついて 天罰下ったのは…
わ… わしじゃ!

(嗚咽)

ちょっと! 落ち着いてよ!
落ち着いて話を聞かしてよ!

(泣き声)
ねっ おじいちゃん!

♬~

わかりました。 どうも!

♬~

♬~

♬~

(かしわ手)

よっしゃ~。

(男性)いってきまーす。

(ドアの閉まる音)

♬~

(女性)どうぞ。

ありがとうございます。

♬~

♬~

(ドアの開く音)

♬~

なんの用だ?

小野ヶ沢の根来公平の孫です。

ほう…。

金 持ってきたか?

その事で 少しお話が。

話なんかないよ。

金を持ってきたかどうか
聞いとるんだ!

(衝撃音)

(中井竜介)『やすらぎ体操 第一』!

何かしら? このにおい。

(翔)全部 話ついた。
感謝! 感謝!