ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

テセウスの船 第3話 竹内涼真、榮倉奈々、芦名星、竜星涼、せいや… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『日曜劇場「テセウスの船」第三話【決死の告白!殺人犯になる父へ―】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 佐野
  2. 家族
  3. 犯人
  4. 青酸カリ
  5. 本当
  6. 金丸
  7. 事件
  8. ノート
  9. 音臼小事件
  10. お前
  11. アンタ
  12. 電話
  13. 慎吾
  14. 息子
  15. 未来
  16. ダーッ
  17. 真犯人
  18. 一人
  19. 釈放
  20. 長谷川

f:id:dramalog:20200202215529p:plain

『日曜劇場「テセウスの船」第三話【決死の告白!殺人犯になる父へ―】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

日曜劇場「テセウスの船」第三話【決死の告白!殺人犯になる父へ―】[字][デ]

未来が書かれたノートが奪われた!焦る田村心(竹内涼真)をさらに挑発するように、新たな犯行予告が!?追い込まれていく心は、父に決死の告白を―!?

詳細情報
番組内容
金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されそうになった心(竹内涼真)は、事件の全てが書かれた未来のノートを見られてはいけないと隠す。しかし、後日ノートを取りに行くと、すでに何者かに持ち去られていた!!もし犯人の手にノートが渡ってしまったら事件を止められなくなる…焦る心を嘲笑うかのように届く新たな犯行予告!!追い詰められた心は文吾(鈴木亮平)や家族を守るために大きな決断をする―!

出演者
竹内涼真榮倉奈々
芦名星竜星涼せいや霜降り明星)、今野浩喜、白鳥玉季
ユースケ・サンタマリア六平直政笹野高史麻生祐未鈴木亮平

原作
東元俊哉『テセウスの船』(講談社モーニングKC)

脚本
髙橋麻紀

音楽
主題歌:「あなたがいることで」Uru(ソニー・ミュージックレーベル
音楽:菅野祐悟

スタッフ
演出:松木
プロデューサー:渡辺良介、八木亜未

公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/theseusnofune/
twitter
@theseus_tbs
https://twitter.com/theseus_tbs?ref_src=twsrc%5Etfw
instagram
https://www.instagram.com/theseus_tbs/

 

 


<(心)
平成元年に起きた「音臼小事件」>

<青酸カリを入れた
オレンジジュースで>

<21人が毒殺された
平成史上最悪の無差別殺人事件>

<その犯人として逮捕されたのは
村の警官>

<佐野文吾 俺の父親だった>

<しかし 事件当時に
タイムスリップした俺は>

<父の無実を知った>

<俺は未来から持ってきた
ノートを頼りに犯人を追った>

<父の逮捕をはじめ この村で
これから起きる出来事を>

<詳しくまとめたノートだ>

<しかし その頃
犯人と思われた男が…>

音臼神社で 男性の遺体を発見

音臼村在住 長谷川翼とみられる

(金丸)
公務執行妨害で 現行犯逮捕する

<このまま逮捕されたら
あのノートを見られてしまう>

(金丸)田村!
(佐野)心さん!

(金丸)田村!

ナメたマネしやがって!
ああっ…

(金丸)三島千夏ちゃんを
パラコートで殺害

そして それを疑った
姉の明音ちゃんを監禁

さらに 目撃者の長谷川を
隠蔽のために殺害した

そうだな?
俺は何もしてません

よ~く考えろ

犯行を認めなければ
裁判になる

そうなれば お前は恐らく

死刑だ

しかも お前が世話になった
佐野さんも

お前のせいで
村に いづらくなる

子供達もひどい
いじめを受けるだろう

何の罪もないのに

だが… 犯行を認めれば

お前の人生は大きく変わる

「僕がやりました
反省しています」

お前が そう認めれば

俺の調書の書き方だって
変わってくる

お前は 人の命を
何だと思ってるんだ

だから 俺は何もやってないって
言ってるじゃないですか!

じゃ 誰がやった?

佐野さんは騙せても
俺は騙されねえ

(森)
長谷川翼の死因は青酸中毒死

現場にあった瓶の中身と
成分が一致しました

三島明音ちゃんですが
低体温症により

意識がまだ戻らない状態で
現在も治療を続けています

抵抗した際にできたと思われる
傷やアザに

致命的なものは
ありませんでした

≪次
≪近隣住民による

聞き込み結果ですが
事件発生直後

特に目立った
目撃情報は出ていません

<こうしている間にも>

<真犯人が
次の行動を起こすかもしれない>

<でも どうすれば…>

(足音)

田村 釈放だ

えっ!?

<何で 急に釈放されたんだ?>

(井沢)これ 見て 娘にどうよ
新商品の防犯ブザー

(徳本)よくも まあ こんなときに

えげつねえほどの
商売人根性だな

(正志)でも 娘さんが
いらっしゃるなら

買っといたほうが
いいんじゃないすか?

さすが 田中さんの息子 580万円

(井沢)あいつ… 釈放されたんか!?

文吾さん 大丈夫かね~

あんな野郎
うちに置いといて~!

≪あの人よ
≪翼 殺したの あいつだろ?

≪人殺しが よく この村 歩けるな

(和子)お帰り 心さん!

すみません 迷惑かけて

(鈴)お帰り~!
おおっ…

(慎吾)元気ですか~!

心さん

大変だったな よく頑張った!

ただいま

(慎吾)やっぱ かつ丼 出た?
かつ丼

ほら 刑事ドラマで
やってんじゃん

「田舎のお袋さん
泣かせんじゃねえぞ」

かつ丼 食うか?」
アハハ…

刑事さん とりあえず
あなたがご飯食べて

はい
ご苦労さまです

(電話のベル)

心さん 食べて
はい

はい… 佐野です

(電話を切る)

間違い電話
困ったもんだな

(電話のベル)

心さん 心さん!

はい 佐野です

☎(男)お前ら
人殺しをかくまうのか?

☎恥知らずめ 村から出てけ!

(電話が切れる)

ふう…

こんな電話が ずっと
かかってきてるんですか?

学校でも みんなが…

(鈴)余計なこと言うな
っつったでしょ!

(電話のベル)

本当にすいません
本当に申し訳ないです

俺のせいで すいません!
心さんが謝ることないよ

すいません…

ほら ご飯 食べよう

元気ですか!

お父さん…
元気があれば 何でもできる

いくぞ~ ダーッ!

ああ ああ ああ…

よ~し 皆さん ご一緒に

やれんのか?
やれるぞ!

1 2 3…

ダーッ!
ダーッ!

♬~ああ~ ホホンがホイ ホイ
ポポンがポン

♬~やなことあったら笑っとけ
ホイ

♬~ワッハッハー
(鈴・慎吾)♬~ワッハッハー

♬~言いたいやつには
言わせとけ

♬~俺たちゃ 心さんの味方だぞ

♬~ホイ ワッハッハー

♬~ワッハッハー

それでは 皆さん ご唱和ください
(鈴)はい!

1 2 3…

ダーッ!
ダーッ!

ありがとう!

おわ~っ!
何だ この野郎!

やめろ 何だ 何だ この野郎!

ダーッ!
二人で来るとは ずるいぞ!

クワーッ!

昨日まで 金丸刑事は

完全に俺のことを疑ってたんです
なのに 今朝…

何で 急に釈放されたのか

別の容疑者でも
出てきたんですかね?

いや そういう話は
聞いてねえな

ただ 分かったのは

音臼神社で発見された 翼の死因だ

青酸カリによる中毒らしい

青酸カリ?
ああ…

しかも さつき先生の実家の
メッキ工場から

シアン化カリウムの瓶

つまり
青酸カリの瓶が消えてた

で その工場で働いている
人間のうちの一人が

翼の婚約者の佐々木紀子って
女の子だ

長谷川翼の指示ですかね?

それは分からん
紀子は

「まったく何にも知らない」って
言い張ってる

その盗まれた青酸カリ

千人分の致死量に相当するそうだ

それが今も この村の
どっかにあるってこった

犯人だ…

<真犯人が 音臼小事件に向けて>

<着実に動いてるんだ>

<早く止めないと
でも 俺一人でできるのか?>

心さん

何か知ってんのか?

分からないです
すいません

そうか… うん

<本当は 父さんに全部 話して
協力してもらうべきだ>

<だけど… 言えない>

<あんなに優しい人を…>

《ダーッ!》

<絶望させたくない>

心さん 心さん!

これ 見てくれ
今 駐在所のポストに入ってた

何で この免許証が?

逮捕されたときに
崖に捨てたんです

見られたくなかったので

<まさか ノートも拾われたのか!?>

<音臼小事件の記事を見られたら
村じゅうが騒ぎになる>

クッソ… どこ行った?

<あれだけは
見られちゃいけない>

《(明音)このキーホルダー
返してよ!》

《鈴ちゃんになんか
あげなきゃよかった!》

鈴のキーホルダー?

(物音)

この度は ご迷惑をおかけして

本当に
申し訳ありませんでした

(石坂)5時から男も
しばらくは お静かに

はい

(香奈)明音ちゃん 誘拐するために
翼君 殺したらしいですよ

(大貫)まだ 青酸カリ
見つかってないんだろ

あんなやつ
学校にいさせていいのかよ

(香奈)本当に怖いんですけど

(さつき)釈放されたんだから
潔白ってことよね?

私は 父を
なだれから救ってくれた

心先生のこと
信じてますから!

すいません
ありがとうございます

すいません ちょっと…

うちは うちで
大変だったのよ

工場から青酸カリが
なくなっちゃって

警察が来て…

(みきお)先生 先生!

みきお君 どうしたの?

「校門に変な絵がある」って
みんなが騒いでます

(騒ぎ声)

みんな ごめんね ごめんね

みんな 授業 始まるから
教室 入ろうか

(さつき)はい 急いで~
おはようございま~す

「S」

確かに 鈴のキーホルダーだ

ちょっと前に
「なくした」って言ってたな

これ 田中さんちにあった絵と
同じタッチですよね

「S」ってことは これ…

鈴ってことか?

ふざけんなよ

何で うちの鈴が
狙われなきゃいけねえんだよ!

<これも 全て 音臼小事件に
つながっているのか?>

何で鈴が? どうしたらいいの?

大丈夫 こんなちっちゃな村だ
目 光らせてりゃ

そうそう
悪さなんてできねえさ

ただ 鈴と慎吾が
不安になるといけねえから

俺達は いつもどおりな

<「木村メッキ工場」に勤める
佐々木紀子>

<ノートによると
死ぬのは彼女のほうだった>

<でも 死んだのは長谷川だった>

<なぜかは分からないけど
過去が変わったんだ>

<とにかく 今は
佐々木紀子しか手がかりがない>

佐々木紀子さんですよね?
聞きたいことが…

工場から青酸カリ盗んだの
あなたですよね?

長谷川さんに渡したのも
あなたなんじゃないですか?

ちょっと… 今!

その青酸カリは
どこにあるんですか!?

長谷川は 誰と
つながってたんですか!?

(紀子)放してください
お願いします

もう 何でもいいので
教えてください

私は何も知りません!
その青酸カリで

多くの命が奪われても
いいんですか!

お願いします 教えてください

やめてください
警察 呼びますよ!

佐々木さん! 佐々木さん!

<早くしないと 鈴が危ない>

<でも 手がかりが何もない>

<鈴を守るには>

<父さんに
真実を話すしかないのか…>

(防犯ブザー)

(慎吾)止めて!
(鈴)早く止めて!

(慎吾)止めて 止めて!

なかなかのもんだな
防犯ブザーか

お帰り ビックリしたでしょ?

お父さんが健さんのお店で
見つけてきたのよ

こんな田舎で
いつ使うのよ こんなの

便利だろ
例えば おならしたいとき

これで
ごまかすことができま~す

プー
(防犯ブザー)

こら~!
(鈴)もう~ バッカじゃないの!

早く止めな 慎吾!

あれ? あっ 臭っ!

えっ!? メチャクチャ臭い!
(鈴)もう~!

本当に おならしないで

そういう使い方じゃないからね
これ もう 返す

鈴 いいから なっ

とりあえず持っとけ なっ

よし!

佐野さん…

ちょっと いいですか?
俺 笑えてたか?

えっ?

鈴の前で ちゃんと
笑えてたかな?

いや… 怖えんだよ

もしも 鈴に何かあったら
って思ったら

もう 怖くて 怖くて…

気が変になりそうだよ

もう 笑い方も
よく分かんなくなっちまって

万が一 鈴に何かあったら

俺…

俺…

ううっ…

<この人が 音臼小事件のことを>

<自分のせいで 家族が>

<悲惨な未来を生きていると
知ったら…>

<どうなる?>

はあ…

やっぱり言えない…

<だけど
真犯人が事件を起こす日は>

<どんどん近づいている
それに もし>

<ノートを拾ったのが
音臼小事件の真犯人だったら>

<もとの事件を逆手にとって>

<予想外の方法で
仕掛けてくるかもしれない>

<そうなったら
俺には止めようがない>

<あのノートだけは>

<犯人の手に渡っちゃいけない>

≪おはよう
≪おはよう

(真理)何やってんの?

おはよう
おはよう

(悠)飲んじゃおうよ

どうした?
≪私も

≪私も
≪俺も 俺も

≪ねえ 早く
何してんの?

(陽)はいはい

飲むな!

(真理)えっ 何で?
ダメだよ

(勤)飲ませてよ
みんな コップ 置いて!

あっ 悠君が飲んでる!

(悠)ああ…

ゆ… 悠… 悠!?

大丈夫!?
えっ 大丈夫って?

先生 脅かさないでよ
ビックリするじゃん

(直弘)ずるいよ 悠だけ
俺も飲みたい!

ダメだよ! ダメ!
≪私も!

ダメ 誰が届けたかも
分からないんだから

先生 回収するから ねっ

みんな 持ってきて
え~っ!

<21は音臼小事件の被害者の数
つまり>

<あのノートを見た者しか
知らないはずだ>

<ただのイタズラで>

<こんな 手の込んだことをする
人間がいるわけがない>

<あのノートを拾ったのは…>

<音臼小事件の真犯人だ>

<そして これは 誰も事件を
止めることはできないという>

<真犯人からの
俺へのメッセージ>

<もう 一刻の猶予もない>

心さん 学校に不審なジュースが
届いたって?

今 署で調べてるって

幸い毒は入ってなかった
みたいだけど…

<この人を どれだけ
傷つけることになっても>

<真実を伝えるしか…>

<この人と 家族を守る術はない>

佐野さん

話さなきゃいけないことが
あるんです

何だ?

3月12日に

音臼小学校で

21人が殺されます

えっ!?

お楽しみ会に来た
児童や職員達が

青酸カリの入った
オレンジジュースを飲んで

何だよ!? それ…

で 犯人は… 誰なんだ?

犯人は…

うっ…
心さん!

犯人は…

佐野さん あなたです

犯人は… 佐野さん あなたです

お前 ちょっと待てよ…
何言ってんだよ

俺が犯人って
そんなわけ…

それでも
あなたは捕まったんです

自宅から事件と同じ成分の
青酸カリが押収されて

それが決め手になって…

理由は何だよ?
分かりません

無差別に
21人が殺されました

な… 嘘だろ!? お前

そんな話 俺 信じねえぞ
本当なんです

バカヤロー 俺が人殺しだ!?

ふざけんじゃねえぞ!
本当なんです!

俺 どうなったんだよ
えっ!?

逮捕されて
どうなったんだよ!?

死刑判決を受けて…

31年後の
今も収監されてます

和子は?

鈴や慎吾は どうしてんだ?

みんな…

《あなた達に父親はいない》

佐野さんと家族ってことを

隠して生きてます…

お前…

何で そんな
俺の家族のこと詳しいんだ?

俺は…

あなたの息子だから

今 和子さんの
おなかにいる子は俺です

佐野さんが捕まったあと

僕は生まれました

心さん…

事件が起きて…

マスコミが毎日 家に来て…

母さん ずっと謝ってて…

村を出て引っ越しても
すぐバレて

「犯人の家族だ」

「殺人犯の息子だ」って言われて…

もう どこ行っても
そればっかりで…

家族の誰も…

あなたの無実を信じなかった

母さんも…

姉ちゃんも兄ちゃんも…

俺もです…

家族なのに…

俺 息子なのに…

あなたのこと
信じようともしなかった…

ごめんなさい…

ごめんなさい

ごめんなさい…

何で… 何で 今さら 俺に
そんな話するんだよ!?

家族を連れて
今すぐ この村を出てください

恐らく犯人は
もう 青酸カリを手に入れてます

俺が持ってたノートも

あのノートには 事件のことが
細かく書かれてます

それを逆手にとれば

犯人の思うどおりに
未来を変えられる

実際 僕が知ってる未来とは
違うことが起きてるし

だから 音臼小事件は

明日にでも起こる可能性が
あるんです

もう 限界なんです!

でも 事件が起こる前に

家族みんなを連れて
この村を出れば…

みんな バラバラにならずに
すみますから!

証拠はあんのか? お前のその話

本当だって証拠はあんのか?
本当なんです

お前が俺の…

息子だって 証拠はあんのか?
本当なんですって!

信じてください! 佐野さん!

この村を出てください!

やめろ!
お願いします! お願いします!

出てけ!
佐野さん!

お前が出てけ!
信じてください!

この村を出てけ!

信じて…
うるせえ!

何が未来の息子だ!

今すぐ出てけ!
二度とツラ見せんな!

はあ…

<これから どうすればいい?>

<このままじゃ
音臼小事件を止められない>

<それどころか
鈴まで狙われてる>

<ここは もう イチかバチか…>

(金丸)アンタから
呼び出しを食らうとはな

どうした
自首でもする気になったか?

俺を急に釈放したのは
何でですか?

俺が犯人じゃないっていう
手がかりを

つかんだからですか?
だったら?

犯人の手がかりを
教えてください

お願いします!

捜査機密を一般人にホイホイ
教えるわけねえだろ

アンタは
何らかの目的を持って

音臼村に来た

そのことと あの村で
頻発している事件は

無関係じゃない

それは
間違いないだろう?

もしも アンタが
本当のことをしゃべるんなら

場合によっちゃ

俺の知ってること
教えてやるよ

どうする?

文吾さん やっと
あいつを追い出したんだろ

めでてえな
そうそう 追い出して正解だよ

だってよ 青酸カリ
持ち歩いてんだろ?

おお~ 怖っ!
(正志)あの人が来てから

変なことばっかり
起きてますよね

不安だよな~
文ちゃんよ

かわいい村の俺達
連中と

和子ちゃんと子供達
しっかり守ってくれよな

(井沢)うん 頼むぞ オイ

《家族を連れて
今すぐ この村を出てください》

《音臼小事件は》

《明日にでも起こる可能性が
あるんです》

《もう 限界なんです!》

(金丸)なるほどな~

佐野さんが言うとおり
未来から?

はい

俺をバカにしてるのか?

全部 本当の話なんです

そんな話 まともな人間が
信じると思うか?

警察内で共有しても無駄だ

ただ… 俺一人なら
どうとでも動ける

えっ!?

信じてくれるんですか?

俺が信じてるのは
自分の直感だけだ

アンタの話には
無視できない点がいくつかある

ありがとうございます!

ただし アンタみたいな
素人が下手に動くと

危険だし邪魔だ

絶対に 一人で勝手に動くな
分かりました

で… 犯人の手がかりは?

約束どおり 全部 話したんで

アンタの話が本当かどうか

証拠は どこにもないだろ?
えっ 何で…

その話は
今んところお預けだ

今日は うちの署で寝ろ

明日 朝イチで捜査開始だ
まずは

真犯人の手がかりを
見つけないとな

キーホルダーは
ここに引っかかってました

こんな場所に来るやつは
そうそういない

足跡の一つも残ってればと
思ったんだが

この状況じゃ苦しいな

音臼小に届いたジュースからは
何も出なかったんですか?

ええ たちの悪い
イタズラですよ

箱に書いてあった
「21」って数字も

意味 分からないし

《音臼小学校で
21人が殺されます》

(森)ただ 朗報が一つ

明音ちゃんの意識が戻ったんです
よかった…

明音ちゃんを監禁したのは
長谷川翼だと

証言も取れました
翼が…

長谷川は自殺で
処理されそうですね

金丸さんだけは 何か
一人で勝手に調べまわってるけど

(金丸)オイ 危ねえぞ

すいません
ありがとうございました

学校に寝泊まりか

職場が近くて結構だ

週末で誰もいないんで

いいか? 今日は

何も見つからなかったが
焦んなよ

何かあったら
必ず 俺に連絡しろ

絶対に一人で動くな
分かりました

失礼します

よう

<これ… 鈴か!?>

狐…

音臼神社!

長谷川が死んだ場所だ!

(鳴らない電話)

(呼び出し中)

何で 誰も出ないんだよ!

《(電話のベル)》

あっ ダメだ

(呼び出し中)

(無線が入る)

(金丸)佐野さん

佐野さん 聞こえるか?
金丸だけど

金丸さん? どうしました?

鈴ちゃんは家にいるか?
ええ 今 部屋で寝てますけど

そうか

ところで 田村心は

アンタが言ってたとおり
未来から来たらしいな

未来のアンタは

凶悪殺人犯になるんだって?

また あの
おかしな絵が届いたって

田村心が連絡してきた

心さんが?
音臼神社の狐と

鈴ちゃんらしき女の子が
描かれてたらしい

えっ!?
「動くな」と言ったが

どうせ あいつは 今頃 一人で

音臼神社に向かってんだろう

あんな
とんでもない事件の話を

佐野さんが受け入れがたいのは
よく分かる

正直 俺だって信じられん

だが…

あいつが佐野さん達 家族を

心底 大事に思ってることだけは
分かるよ

(金丸)気は進まないと思うが

あいつ 一人じゃ危険だ

助けてやってくれよ

なっ… 親父殿

俺は これから重要な証拠を
捜しにいかなきゃならない

アンタを
殺人犯にしないためのな

金丸さん…

事件が解決したら
三人で酒でも飲んで

あいつから
万馬券でも聞きだそうや

頼むぞ

《俺は… あなたの息子だから》

《家族なのに あなたのこと
信じようともしなかった》

《事件が起こる前に
家族みんなで村を出れば》

《家族がバラバラにならずに
すみますから》

《もう 限界なんです!》

青酸カリ?

心さん!

しっかりしろ!
心さん! 心さん!

心さん!?

佐野さん…
どうして こんな!?

ああっ…

階段から
誰かに突き落とされて…

上に瓶があって
瓶?

それを拾ったときに…

ひとまず 止血して病院だ

すいません…

心さん

こないだは すまなかった

あんなふうになっちまって

いえ…

散々 つらい思いを
させてきたのにな

佐野さんは…

悪くないんです

それでも 俺のせいで
家族を苦しめたのは事実だ

ようやく 腹くくった

じゃ 村 出てくれるんですね?

それは できねえ

もちろん 家族は大事だ

でも 俺は
この村を守る警察官だ

悲惨な事件が起こるって
分かってて

自分だけ逃げるってわけには
やっぱ いかねえや

なんつ~か…

それが俺の正義ってやつだ

俺は この村に残って

何としてでも
事件を阻止する

だから…

一緒に戦ってくれねえか?
心さん

正直 心さんが
自分の息子だって

実感 まだ湧かねえけど

でも…

俺の大切な…

家族だ

はい

一つ 腑に落ちないことがあって

鈴を狙うなんて予告したら

僕らが守りを固めるに
決まってますよね

ああ 確かに
…って考えると

鈴を狙うっていうのは
ダミーで

本当は 別の狙いが
あったんじゃないかって

なるほどな~

(金丸)そこか?

ここでいいのか?

(足音)

(鈴の音)

えっ?

あっ…

うわっ!

ああっ!

さ… 佐野さん!

佐野さん!

ああ~っ!

父さ~ん!

うっ…

現代に戻ってる

もう…

<過去は変わらなかった>

<「一家心中」>

<「和子と長男は死亡」>

<母さんと兄ちゃんが…>

<死んだ!?>

ハアハア…

過去を変えるどころか…

母さんと…

兄ちゃんまで…

ああ~っ!