ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

アリバイ崩し承ります 第1話 田山涼成、浜辺美波、安田顕、柄本時生… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『アリバイ崩し承ります #1』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 奥山
  2. 中島香澄
  3. アリバイ
  4. 時計
  5. 彼女
  6. 牧村
  7. アリバイ崩
  8. コロケ
  9. マンション
  10. 察時
  11. 事故
  12. 時乃
  13. 管理官
  14. 刑事
  15. ジュニア
  16. 号室
  17. 野沢菜コロケ
  18. 手城町
  19. 祖父
  20. 自宅

f:id:dramalog:20200202000611p:plain

『アリバイ崩し承ります #1』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

[新]アリバイ崩し承ります #1[字]

浜辺美波が一回5000円で“アリバイ崩しを承る”好奇心旺盛な名探偵に!安田顕との令和版・新生男女コンビで鉄壁のアリバイに挑む!!クスっと笑える本格謎解きミステリー!

詳細情報
◇番組内容
時計店店主・美谷時乃(浜辺美波)は、時計修理の傍ら、一回5000円で時間に関わる“アリバイ崩し”の仕事を始めようとしていた。時乃はある日、プライド高き管理官・察時美幸(安田顕)と出会う。その矢先二人は、男が車にはねられる事故を目撃。男は「さっきマンションで人を殺した」と言って意識を失い、刑事・渡海雄馬成田凌)らは供述どおり遺体を発見するが、男には鉄壁のアリバイがあった…。捜査に行き詰まった察時は…!?
◇出演者
浜辺美波安田顕柄本時生、井上雄太、溝口琢矢是永瞳勝村政信中丸新将成田凌
【ゲスト】田山涼成丸山智己森矢カンナ
◇脚本
いずみ吉紘
◇監督
河合勇人
◇音楽
得田真裕

【主題歌】
木村カエラ『時計の針 ~愛してもあなたが遠くなるの~』(ELA/Victor Entertainment)
◇原作
大山誠一郎『アリバイ崩し承ります』(実業之日本社文庫)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】横地郁英テレビ朝日
【プロデューサー】浜田壮瑛(テレビ朝日)、山本喜彦(MMJ)、神通勉(MMJ)
◇おしらせ
☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/alibi/
☆Twitter
 https://twitter.com/alibi_ex
☆Instagram
 https://www.instagram.com/alibi_ex/

 

 


(中島香澄)誰よ? この女!

あんたの作家人生も
この女の人生も

めちゃくちゃに
してやるんだから!

(奥山新一郎)ああっ!
(香澄)うっ! あっ…。

(頬を引っかく音)
(奥山)ああっ!

ううっ…!
(首を絞める音)

(美谷時乃)ん~っ!

ああ…。

あっ…。

♬~「コロケ コロケ
野沢菜コロケ」

よし! 時計 時計…。

♬~「コロケ コロケ コロケ
野沢菜コロケ」

♬~「コロケ コロケ
野沢菜コロケ」

こんにちは!
(店主)おお 時乃ちゃん。

はい どうぞ!
ああ~ 思ってたより早かったね。

今日は 朝から頑張ったんです。

(店主)それは これのためですか?

はい。 じゃあ 野沢菜コロケ…。

(察時美幸)野沢菜コロッケを
3つ もらおうか。

えっ…?
ソースも付けてくれ。

あの…!

先に注文したのは 私だ。

でも 私 揚げ上がる時間の
4時に合わせて ここに来て

待ってたんですよ。

限定3個ですから。
少なっ…。

まあ でも
世間話をしていた君のミスだ。

それなら
あなたもミスを犯してますよ。

私の どこが?

これ コロッケじゃなくて
コ ロ ケ です!

コロケ?

地元じゃ コロッケの事を
コロケって言うんですよね~。

ねえ~! フフフ…。

じゃあ 野沢菜コロケ
3つ ください。

はいよ!

♬~

♬~「コロケ コロケ
野沢菜コロケ」

さっきは すみませんでした。

お譲りしたいのは
やまやまなんですけど

今日は特別な日なんです。

私も特別な日だ。
えっ?

大きな事件でもあったんですか?

事件?

刑事さんは 出張か何かで
この町にいらしたんですよね?

どうして?

だって それ
旅行カバンじゃないですか。

いや 出張のほうじゃなくて。

なんで 私が刑事だと
わかったんだ?

フフッ…。
(車の走行音)

(時乃・察時)危ない!

(衝突音)

ああ…。

あっ もしもし?
救急のほうです。

今 男性が車にはねられました。
至急 救急車をお願いします。

あっ 場所? ここは…。

西森町1丁目です。

西森町1丁目です。

大丈夫ですか?
ああっ…。

運転手さんは 大丈夫みたいです。

もうすぐ 救急車が来ますから。

さ… さっき… 人を殺しました…。

殺した?
えっ?

罰が当たったんだ…。

誰を殺したんですか?

刑事さん?

か… かすみ…。

かすみ?
どこに住んでる人ですか?

あっ… うっ…。

どこで殺したんだ!?

手城町の… 藪マンション
603号室…。

手城町なら
ここから車で20~30分の所です。

君! 名前は?

おい… おい しっかりしろ。
おい!

(救急隊員たち)イチ ニ サン!

(救急車のサイレン)

車にはねられた男性は

免許証も財布も
スマホすら持っていなかった。

今のところ 身元不明だ。

はい!

…ああっ! 思い出した。

あの人 奥山新一郎さんですよ。

知ってるのか?
写真で見た事あるんです。

推理作家さんですよ。
アリバイ崩しで有名な。

アリバイ崩しね…。

はい。 まあ そういう私も

実は アリバイ崩しが得意でして。

なので もし困った事があれば

いつでも アリバイ崩し承りま…。

ああ 県警ですか?
えっ…?

手城町の藪マンション
603号室で 殺人があったか

至急 確認してほしい。

全然 聞いてない…。

♬~

お疲れさまです。
緊急配備 完了しました。

(下郷明斗夢)
被害者は 603号室の住人で

親読出版の編集者
中島香澄 35歳です。

(牧村 匠)
マンションの部屋の番号も

「かすみ」という名前も

管理官が 事故に遭った
山新一郎から聞いた話と

一致しますね。
ええ…。

かすみ…。

(牧村)しかし 災難でしたね。

警察庁からの着任早々…。

まあ これも 何かのご縁でしょう。

検視官 死因は わかりましたか?

男って すぐ
結果を求めるのよね。

えっ…?

(樋口)のどに扼痕があるから
犯人に首を絞められて

窒息死したんでしょう。
かわいそうに。

ああ… つまり

奥山は ここで
彼女の首を絞めて 殺したあと

事故に遭ったと…
そういう事だな?

まあ 所見よ 所見。

(樋口)何よ?

まあまあ… 樋口さん 樋口さん!

死亡推定時刻の所見は?

恐らく
3時半から4時半ってとこね。

ここから事故現場まで
車で約30分。

奥山が事故に遭ったのが
4時過ぎだから

3時半の犯行なら成立するな。

あと 奥山の頬に 最近できた
引っかき傷があったから

調べておくように。

やだ 切れ者~! すごい…。

まあまあ… 樋口さん 樋口さん!
落ち着いて。

♬~

浮気調査の報告書か…。

(堀 雅人)牧村さん。

奥山をはねた運転手は
酒気帯び運転で

特に奥山との繋がりは
ないみたいです。

そうか。 ご苦労さん。

あと… 奥山新一郎が
病院で息を引き取りました。

そうか…。

(渡海雄馬)マジで? じゃあ
時乃が事故の第一発見者か。

そうなんです。 コロケを
買いに行った帰りに偶然。

野沢菜コロケな。
あれ うまいもんな。

嫌いな人 いないですよね。
ねえ。

おい 君! ここで何してるんだ?

あっ…。

あんたのほうこそ
ここで何してんだよ?

一般人は出てけ!

一般人?
ああ。

(牧村)ああ… ジュニア!
こちらは 容疑者の…。

容疑者!? おい 署まで来い!

いやいや ジュニア
違いますって 違いますって!

こちらは 容疑者の…。
容疑者!?

イタタタ…!
ジュニア 違いますよ!

こちらは 管理官です!
えっ?

容疑者の事故を目撃した
管理官ですよ!

管理官?
管理官?

君は もう帰りなさい。
ここは 関係者以外 立入禁止だ。

時乃は顔見知りですよ。
それに 事故の第一発見者…。

第一発見者は 私一人で十分だ!

なんだよ!
まあまあ まあまあ…。

喧嘩しないでください。
私は ここで失礼します。

おい 時乃…。

ええ…
マンションの管理人の方ですか?

はい。
磯田幸三と申します。

603号室の中島さん…。

チェッ…。

603号室の中島さんは
どんな方でしたか?

(磯田)
明るくて 真面目な方でしたよ。

顔を合わせると
あいさつなんかしてくれてね。

では 奥山新一郎という方は
ご存じですか?

さあ…。

そうですか。

奥山は 中島香澄さんに
浮気を問い詰められて

カッとなって ここで殺した
っていうところでしょうか。

まあ おおかた
そんなところでしょう。

じゃあ 所轄の奴らを集めて
捜査本部 立ち上げましょう。

了解です。
ちょちょちょ… 待て!

戒名なら任せてください。
いつも やってるんで。

戒名も捜査本部も必要ない!

奥山は 自分が犯人である事も

誰を殺したかも どこで殺したかも
全部しゃべったんだよ この私に。

しかも その奥山は死んだんだ。

死んだ?

亡くなった…。

(ため息)

ここが新居か…。

(ドアの開閉音)

すいません。

♬~

「アリバイ」…?

(時計の時報)

あれ? 管理官さん?

また君か…。

よく会いますねえ。

やっぱり 奥山さんが

あのマンションの女性を
殺したんですか?

悪いが 守秘義務があるから
君には教えられない。

それより ここの大家さんは?

あっ 私が
大家の美谷時乃ですけど。

君が?

あっ 察時美幸さんの
ご家族の方だったんですか?

美幸さんのお荷物なら
もう 2階に運んであります。

察時美幸だ。

ん?
「みゆき」じゃない。

どうしよう!
何が?

私 裏の母屋に
一人で住んでるんですけど

男性の方だと
何かあると困るかなと思って

女性限定で…。

一人で住んでるって…
君 ご両親は?

私が幼い頃に
事故で亡くなりました。

それから 祖父に引き取られて
ここで暮らしてたんですけど

祖父も 半年前に他界して
今は一人なんです。

そうか。

まあ… どうせ 私も すぐ
霞ヶ関に呼び戻されるだろうから

どうしても ここじゃなきゃダメだ
ってわけじゃないし

他を当たるとするか。

…あっ!

でも 刑事さんなら大丈夫か。

事件にも
たくさん あいそうだし…。

そういえば 君
あのコロッケ屋の…

コロケ屋の帰り道

なんで 私が刑事だと
わかったんだ?

それはですね その腕時計です。

それ 警察の勤続記念に
贈られたものですよね?

それと同じものを

祖父が 刑事さんに頼まれて
修理してたのを覚えてたんです。

そうだったんだ…。

じゃあ どうぞ どうぞ!
上がってください。

いや…
そういうわけにはいかないだろ。

私が いいって
言ってるんですから。

それにですね 入居する方に
食べてもらおうと思って

お夕飯を
用意してたところだったんですよ。

えっ? いや そんな…
そんな わざわざ…。

(電子レンジの終了音)
できた~!

フフフ…。

野沢菜コロケ
チンしておきました。

チンって…。

履物ぐらい 履いたらどうだ?

あっ… フフッ。

(携帯電話の振動音)

失礼。

察時です。
ああ… 牧村さん。 はい。

…えっ?

とりあえず
折り返し すぐに連絡します。

♬~

そのコロケが揚げ上がる時間は
午後4時で間違いないよな?

はい。
それが どうかしたんですか?

だとすると
奥山に中島香澄は殺せない。

えっ…?

奥山のアリバイは成立した。

アリバイが?

(綿貫哲治)渡海くんが
アリバイに気づいたの?

ゆうべ 奥山の自宅で
宅配便の伝票を見つけましてね。

奥山本人に荷物を渡したのが

昨日の午後3時20分だった事が
わかったんです。

すごいねえ。
目の付けどころが違うねえ。

普通 気づきませんよ 伝票なんて。

ねえ? ハハハ…。

まあ 刑事の勘ってやつ?

(牧村・綿貫)よっ!

(拍手)

牧村さん。
(牧村)はい。

本当に間違いないんですか?

あっ はあ…。 えーっと…。

奥山の自宅から
中島香澄のマンションまでは

どんなに急いでも
車で約30分かかります。

奥山が 3時20分に

宅配便を受け取ってから
家を出たとしたら

マンションに到着するのは
3時50分。

殺害にかかった時間を
5分として

マンションから事故現場までは
車で約30分。

つまり 奥山が
事故現場に戻ってこられるのは

早くても 4時25分なんです。

確か あの時 奥山は歩いてた…。

事故現場から
奥山の自宅までの距離は?

目と鼻の先です。

なら 移動手段は 多分
タクシーだな。 裏を取ってくれ。

それは構いませんけど…。

裏取っても 4時に事故に遭うのは
不可能なんですよ。

どこで殺したんだ!?

手城町の… 藪マンション
603号室…。

しかし あの時 奥山は
中島香澄をマンションで殺したと

私に自供してるんだ。
管理官殿が お聞き間違いに…。

それにだ 奥山が小説を出していた
出版社の編集担当も

奥山と中島香澄が
付き合っていたと証言している。

つまり 殺害動機は
怨恨によるもので間違いない。

(樋口)
所見の答え合わせ できたわよ。

どうでした?
死因は 扼殺。

死亡推定時刻は
午後3時半から4時半。

で 中島香澄の爪に残っていた
皮膚片は

奥山のDNAと一致したわ。
チュッ…。

ほら…。

ほら見ろ。

奥山は 間違いなく

あのマンションで
中島香澄を殺害した。

じゃあ アリバイは?

どうやって殺したんですか?

だから それは…。 ああ?

(高杉カレン)はい!
はい。

(カレン)アリバイトリックを
使ったとか?

だって アリバイ崩しで有名な
作家さんなんですよね?

そうか…。

これは 奥山の…

警察への挑戦状だ!

はあ?

(牧村)ああ!
はい はい はい… なるほど!

見えた…。

奥山には…

共犯者がいて

実は 中島香澄を殺したのは
奥山じゃない。

ずばり
犯人は 奥山の浮気相手だ!

これまた斬新だねえ!

いやあ さすがジュニア!
ねえ? 皆さん。

(拍手)

待て待て 待て待て…。
パチパチやめろ パチパチやめろ!

奥山が中島香澄の首を絞めたのは
今 立証されたばかりだろ!

パチパチじゃない。

それにだ…
なんだ? その「ジュニア」って。

(下郷)奥山の浮気相手の事が
わかりました!

そいつが犯人だ! だろ?

あっ…。
名前は 春日井美奈 22歳。

奥山が1年ほど前に
小説の取材をしていた時に

知り合ったみたいなんですが…

先週から
ハワイ旅行に行ってます…。

先週から?

アリバイ成立だな。

そもそも 中島香澄を殺したのが
奥山なのは 大前提だ。

なら どうやって
殺したっていうんですか?

本部長!
なんなんすか? あの管理官。

フフッ… まあ そう言わずに。

察時くんも
名誉挽回したいんだよ。

あの人 警察庁
なんかしたんですか?

(ドアの開く音)

いらっしゃいませ。

クソむかつくな あの管理官…。

管理官?

俺がガキなら
あいつんちに 石 投げてるよ。

どこ住んでるか知らねえけど。

あっ そういえば
この間 頼んだ時計は? 届いた?

ああ… はい。

♬~

♬~

ところで… 雄馬さん。
ん?

奥山さんのアリバイって
まだ崩せないんですか?

いくら時乃でも
そんな事 話せるかよ。

だって…
事故の第一発見者だから

気になるんです!

まあ これは内緒なんだけどな…。

(牧村)崩せませんか? アリバイ。

どうやって
中島香澄を殺したんだ? 奥山は。

こんな時 名人がいてくれたら

一発で
解決してくれたんですけどねえ。

実は この町に
アリバイ崩しの名人がいましてね。

そんな刑事がいたんですか?

いえいえ… 刑事じゃなくて
一般の方なんですよ。

それが見事なもんで
事件の詳細を聞いただけで

容疑者のアリバイを
きっちり崩してくれるんですよ。

牧村さん まさか…。

実は 一度だけ
お願いした事があるんですよ。

もっとも 名人は 半年前に
亡くなってしまいましたけどね。

だけど 腕は よかったな…。

アリバイ崩しも 時計の修理も。

その時計…。

(牧村)ああ。
警察にもらった勤続記念です。

(時乃の声)その腕時計です。
それと同じものを

祖父が 刑事さんに頼まれて
修理してたのを覚えてたんです。

♬~

アリバイ崩し 承ります。

承りますって…。

君もできるのか?
はい。

昔から 祖父に
きっちり仕込まれましたから。

できますよ。

でも… ここは時計屋だろ?

そうですよ。

でも うちは 祖父の方針で

時計にまつわるご依頼は なんでも
承るようにしていたんです。

アリバイ崩しが 時計にまつわる
依頼だっていうのか?

はい。

アリバイを主張する人は

何時何分 自分はどこそこにいた
って言いますよね?

つまり 時計が その主張の
根拠となっているからです。

まあ それは そうだが。

なので 時計屋こそが
アリバイの問題を

最もよく扱える人間では
ないでしょうか?

…って うちの祖父が
言ってました。

ちなみに 料金は成功報酬で

アリバイを崩せなかったら
お代は頂きません。

アリバイを崩せたら
5000円 頂く事になってました。

あっ 5000円? うん…。

(せき払い)

それって高いのか? 安いのか?

うーん…。

さあ?
さあ? って…。

自分でわからずに やってるのか?

実は まだ
一人でやった事はないんです。

祖父に アリバイ崩しは
人の恨みを買う危険があるから

一人でやっちゃダメだって
言われてて。

けど もし

奥山さんのアリバイ崩しを
ご要望なら…。

(時計の時報)

おじいちゃん
これは人助けだよ?

おじいちゃん?

なんでもないです。 それより…。

いや 結構だ。

素人の君に頼るつもりはない。

♬~「コロケ コロケ
野沢菜コロケ」

いただきまーす。

あーん…。

うん… フフッ!

幸せ~!

ああ~…。

男の人って
なんで プライド高いんだろう?

…ったく。

フッ… コロケ食べよう。

浮気メールねえ…
こんなもの送ったら

浮気の証拠 残すだけだろ。

奥山さんって

スマホをメール専用で
使っていたみたいですね。

携帯に通話履歴がありませんよ。

うーん…。

こんな所に
勝手に入ってくるんじゃない!

(綿貫)私が入れたんですよ。
えっ?

こんにちは。
(綿貫)こんにちは。

ちょっと
時計を見させてもらいますね。

(綿貫)お願いします。

あの時計は 彼女のおじいさんが
寄贈してくれたんだよ。

よく止まるけどな。

ただいま。

(刑事たち)おかえりなさい。
おっ 時乃 来てたの?

ああ こんにちは。
ちょっと 時計 直しに。

連絡くれれば迎えに行ったのに。

渡海くん。
はい…。

奥山の自宅は どうだったんだ?

何度行っても同じですよ。

強いて言えば 奥山のパソコンに

曲が 1曲もダウンロードされてなかった
って事ぐらいで。

作家って 書く時に
音楽とか聴かないんですかね?

収穫は それだけか?

もう一度 行ってこい。 んっ?

えっ?
えっ?

はあ?
はあ?

ああ じゃあ…
代わりに 私が行きますよ。

いやいや
ジュニアの代わりは 私が。

君は いいから。

なんで 本部長が
代わりに行くんですか?

ジュニアのお父上は
力のある国会議員ですから。

国会議員?
だからって 別に

俺にまで忖度してくれなんて
頼んだ事 一度もないですけどね。

まあ この際だから
言わせてもらいますけど

県警には
県警のやり方があるんですよ。

関ヶ原から やって来て
あごで使われても困るんですよ。

関ヶ原じゃなく霞ヶ関だ。

(牧村)まあまあまあ ジュニア…
ジュニア!

管理官も この町の治安を
守るために 必死なんですよ。

それは わかってますけど

それで言ったら
近い将来 父の跡を継いで

この県全ての治安 そして…

時乃の幸せを守るのが
俺の目指すところですから。

だから なんだ!
いくら 父親が偉くても

君は 私の部下だ。
私の指示に従えばいい。

でも 管理官殿は

アリバイ崩しが
大の苦手なんでしょ?

えっ?
本部長が言ってましたよ。

出世のために 敵対する派閥の
汚職を暴こうとして

返り討ちにされて

飛ばされたんでしょ?

フフフッ…。

そんな人の指示に従って

犯人が挙げられると思いますか?
皆さん。

(牧村)フッフッフッ…。

奥山のアリバイは…

私が崩す。

おい 君!

はい。
車のキーを貸せ!

さ… 察時さん?
誰にも頼るつもりはない!

あらら… 無理しちゃって。

(車の走行音)

(ブレーキ音)

32分…。

やっぱり 奥山に 殺人は無理だ。

おかえりなさい。

いや 別に… 素人の力を
信じてるわけじゃないし

ましてや 頼るつもりなど
さらさらないが…。

そういえば 君は

奥山のアリバイについて
関心がある感じだったよな?

うん。

そもそも 君も事故の第一発見者で
知る権利はある事だし

今回だけ

特別に チャレンジさせてやっても
いいと…

私は思ってる。

素直に頼めばいいのに。

では… 今まで捜査した内容を
詳しく教えてください。

ああ なるほど…。

♬~

それで?

察時さん
これ なんだか わかります?

これ テンプっていう
時計の部品なんですけど

これが 時計の心臓部分で
規則正しく動く事によって

正確に時を刻む仕組みなんです。

時計の話なんて どうでもいい!

奥山さんのアリバイを崩すには

情報というテンプが
あと1つ 足りないんです。

情報のテンプ?

さあ
テンプを探しに行きましょう!

さあ 行きましょう。

奥山の財布に
診察券は 確かにあったが

それが アリバイ崩しと
なんの関係があるんだよ?

(医師)確かに 奥山さんは
うちの患者さんでした。

3年前 交通事故に遭って
その後遺症で

耳が不自由だったんです。

やっぱりですか。
耳が?

普段は 相手の口の動きを読んで

普通の会話は できるように
なっていましたけどね。

♬~

なるほど…。

(秒針の音)

♬~

(察時の声)耳が?

(医師)普段は
相手の口の動きを読んで…。

作家って 書く時に
音楽とか聴かないんですかね?

(察時の声)浮気メール…。
免許証も財布も スマホすら…。

誰を殺したんですか?
どこに住んでる人ですか?

どこで殺したんだ!?

♬~

(秒針の音)

時を戻す事ができました。

奥山さんのアリバイは
崩れました。

奥山さんのアリバイは
崩れました。

本当か?

これは トリックじゃありません。

誤解と偶然が重なって アリバイが
成立しただけだったんです。

誤解と偶然?

まず 事故が起きた時の事を
思い出してみてください。

あの時 奥山さんと察時さんの
やりとりの中で

1カ所
私 変だなと思ったんです。

変だなって何が?

あの時 察時さんが

どこで殺したんだ?
と聞いた時…。

どこで殺したんだ!?

(時乃の声)奥山さんは
手城町の藪マンション

603号室だって
答えましたよね?

ああ そうだが?

けど よくよく考えてみると

奥山さんの答え方って
変じゃないですか?

どうして 香澄のマンションだって
答えなかったんでしょうか?

あの時 奥山さんは

中島香澄さんを殺したと
告白したあとですから

どこで殺したんだ?
と聞かれたら

彼女のマンションと
答えればよかったはずです。

なのに どうして

手城町の藪マンション
603号室だと

わざわざ
住所を言ったんでしょうか?

確か あの時
奥山は 目を閉じてた。

耳が不自由だった奥山さんは
目を閉じた事により

次の質問をされた事が
わからなかったんです。

どこに住んでる人ですか?

あっ… うっ…。

どこで殺したんだ!?

手城町の…。

じゃあ… 手城町の藪マンションの
603号室だと言ったのは

どこに住んでる人だ? という
問いの答えだったという事か?

はい。
けど…

君は なんで
奥山の耳の事に気づいたんだ?

そう思わせる点が
いくつもあります。

例えば 携帯。

奥山さんって
スマホをメール専用で

使っていたみたいですね。

それに 奥山さんのパソコンも。

奥山のパソコンに

曲が 1曲もダウンロードされてなかった
って事ぐらいで。

それでか!

だから 事故の時も

私たちの声や車の音に
気がつかなかったんだと思います。

(時乃・察時)危ない!

それなら 奥山は 一体 どこで
中島香澄を殺したんだ?

奥山さんは 事故の時

免許証も財布も
持っていなかったんですよね?

もし 察時さんなら
何も持たずに外出しますか?

いや…。

えっ 自宅か!?
はい。

事故現場は 奥山さんの自宅の
目と鼻の先だったんですよね?

多分 奥山さんは 自宅で
中島香澄さんと言い争いになって

首を絞めたんだと思います。

(香澄)誰よ? この女!

あんたの作家人生も
この女の人生も

めちゃくちゃに
してやるんだから!

(時乃の声)浮気を問い詰められて
思わず…。

(察時の声)
いや ちょっと待ってくれ。

頬の傷が
奥山の家で できたものなら

奥山は 彼女の死体を

彼女のマンションに
運んだって事になるだろ?

それは もう 時間的に不可能。

だとしたら 考えられる事は
1つしかありません。

中島香澄さんは

自分で車を運転して
マンションに帰ったんです。

自分で帰った!?

はい。
自分で帰った?

はい。
フッ…。

いくらなんでも
飛躍しすぎだろ?

君の話を聞いた
私が馬鹿だったよ。

そうでしょうか?

中島香澄さんは
意識を失っただけなのに

奥山さんは
彼女を殺したと思い込んだ。

計画的ではなく
衝動的だった奥山さんは

動揺のあまり
財布も携帯も持たずに

家を飛び出した。

そのあと
彼女が息を吹き返したとしたら?

(せき込み)

(時乃の声)
もし そうだとしたら

中島香澄さんは
一体 誰に殺されたんでしょう?

誰にって…。

もう わかりましたね?

えっ…!?

♬~

その車は 殺された
中島香澄さんのものですよね?

警察のほうで
詳しく調べる事になりました。

えっ どうしてですか?

♬~

彼女は
奥山に首を絞められたあと

これに乗って マンションに
帰ってきたはずですから。

えっ 帰ってきた?

中島さんは このマンションで
奥山という人に殺されたんじゃ?

最初は 私も…。
最初は 私も そう思ったんですが

彼女は
帰ってきたばかりだったんです。

だから 彼女の爪に
奥山の皮膚片が残っていたのは…。

帰ってきて 手を洗う間もなく
殺されたという事です。

つまり 彼女を殺した真犯人は…。

彼女が帰宅した時点で

すでに 部屋の中に潜伏していた
という事になります。

ふう…。

603号室にですか?

ええ。

彼女と特に関係がなくても
部屋の合鍵を持っている人物が

一人だけ いますよね?

そう。

つまり 中島香澄さんを…。

彼女を殺した真犯人は…。

マンションの管理人である
磯田幸三さんです。

いや… 私は無関係です。
何を根拠に…。

(無線の発信音)
察時から牧村宛て。

管理人室の状況を
送ってください。

管理人室から牧村。

磯田の部屋から
奥山の小説 全巻 発見しました。

ほう…。

奥山の小説が?

磯田さん
あなた 最初に会った時

奥山の事を知らないと
言ってましたよね?

本当は 奥山の
ファンだったんじゃないですか?

(ブレーキ音)

あの日… どうして
中島香澄の部屋に入ったんだ?

奥山先生に頼まれたんです!

頼まれたって何を?

彼女と手を切るために
弱みを見つける?

お願いします。 お願いします!

(磯田の声)中島さんと別れる事で

尊敬する奥山先生が
幸せになれるのならって…。

そう思って
奥山先生と計画を立てて

先生が 中島さんを
自分の部屋に呼んでる間に

私が 中島さんの部屋に入り

弱みになるネタを見つける
手はずだったんです。

(ドアの開く音)

(察時の声)だが…

どういうわけか
帰ってきたんですね? 彼女が。

管理人さん?
あっ…。

何やってるんですか?

キャッ…!

お願いします!
お願いします お願いします…。

殺すつもりはなかったんです。
殺すつもりはなかったんです!

ううっ…。

後悔しても 時は戻せないんだ。

磯田幸三
中島香澄殺害の容疑で逮捕する。

(警察官)さあ 立ちなさい。
(磯田)あーっ!

♬~

管理官…。

お見それしました!

ああ…。

最初から わかってたよ。

最初から!?

この程度のアリバイ崩しは
朝飯前だ。

はあ~…。

ジュニア あの管理官
ただ者じゃありませんよ。

どうなってんだ~…?

ありがとうございます。

君 あの…
わかってると思うが この事は…。

誰にも言いません。

またのご利用
お待ちしております。

いいか? よーく聞きなさい。

今回は 特別に
チャレンジさせてあげただけであって

別に 私が頭を下げて
頼んだわけじゃない。

だから 今後も 頼んだりしない。

そうですか…。

けど 私は
これで やる気になりました!

ちょちょちょ… 待ちなさい!

そんなもの貼って
誰かに見られたら どうするんだ?

察時さんに関係ありません。

君のおじいさんに
ダメだって言われたんだろ?

心配ありませんよ。
ちょっと どいてください。

やめなさい!
ウフフフッ。

(下郷)被害者は
医学部教授です。

刺殺か…。
(菊谷吾郎)俺が杏子を殺したって

疑ってるの?
アリバイ成立。

(牧村)早く
アリバイ崩してくださいよ。

君には頼まないと言っただろ!
見えた。

時を戻す事ができました。
アリバイは 崩れました。