ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第208話 風吹ジュン、橋爪功、柳生博… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #208 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 荒木
  2. 土地
  3. 犬山
  4. ニキビ
  5. 一人
  6. 測量
  7. フフッ
  8. ママ
  9. 罰当
  10. オカイコ
  11. オモチャ
  12. テレビ
  13. フフフフ
  14. 以上
  15. 一ノ瀬桑
  16. 塩沢
  17. 乾杯
  18. 公平
  19. 根来
  20. 女房

f:id:dramalog:20200131184954p:plain

『やすらぎの刻~道 #208 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #208 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
菊村栄(石坂浩二)は、“マロ”こと真野六郎(ミッキー・カーチス)の生前葬で読む弔詞の執筆に苦労していた。そんな中、栄は理事長・名倉修平(名高達男)から“マロ”の余命がわずかだと聞かされる。
一方、「道」平成10年秋。根来公平(橋爪功)としの(風吹ジュン)が住む村の近くで、ゴルフ場開発計画が進んでいた。また、公平はニキビ(山本圭)に連れられ最近オープンした居酒屋を訪れる。そこには色っぽいママがいて…
◇出演者
風吹ジュン橋爪功柳生博菅谷哲也秋元才加山本圭
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
池添博
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(根来公平)
〈平成10年 秋の小野ヶ沢〉

〈わしは ニキビに連れられて

オモチャちゅう 町の居酒屋に
初めて行った〉

〈そこには みどりさんちゅう
後家さんのママが

運命的に わしを待っとった〉

♬~

〈顔色変えて
翔が帰ってきたのは

それから4~5日した
ある日の事じゃ〉

杭が!?
ああ!

杭って!?
なんだかわかんない!

(翔)一ノ瀬桑を植えた畑の
端のほうに

点々と杭が打たれてる!

なんの意味よ!?

わかんないよ!

おじいちゃん
あの土地 誰かに売ったの!?

アホぬかせ!
売るもんか あんなもの!

誰が打ったのかしら!?
知らん!

そんなもの 引っこ抜いちまえ!

…ったく 人の土地に
なんてまねしやがるんだよ!

「ここは わしの土地じゃ
誰も入るな」って札立てとけ!

(翔)わかった!

♬~

(荒木)
お… おい! 何やってるんだ!

何って ここはね…!
(荒木)よく調べてみろよ!

お前んとこの土地は
はみ出してるんだよ。

えっ…?

おい 元へ戻せ。
(測量士)はい。

ちょっと あんた 何してんだよ!?
(荒木)何を… この野郎!

気をつけてね!

♬~

(荒木)お前 まだやってるのか!
この野郎!

お前な! ああ…!
翔 抜いちまえ こんなもの。

うん!
(荒木)そんな事 言ったって…。

なんで お前まで来るんだよ!?
おい!

おい お前…!

(犬山の声)
そりゃあ違うよ 公平さん。

(犬山)あそこは
元々 親父の土地だったのを

農地改革の時
塩沢に売ったもんだ!

そうですよ。 その時 境界を
塩沢のじいさんと測量して…。

だから
その測量をやり直したのよ。

ほら これが当時の測量の写し。

だから…。
それから これが今回の測量。

(犬山)なっ? 起点がここで
ここから こう 測っていくと

お宅の土地 はみ出しとるべ?

(犬山)だから そのラインに
杭を こう 打ったのよ。

まあ 断らんで
いきなり杭を打ったのは

こっちのやり方が
まずかったかもしれんが

事情を言えば そういう事なのよ。

でもね 犬山さん あすこの畑は

耕作放棄地になっとったのを
この子が 一から整理し直して

桑畑にしかけとるとこなんですよ。

なんとか あそこだけ
ねっ 見逃してもらえませんか?

いや そう言っても

あそこは もう
甲武開発に売ってしまって

金も
きちんと もらっとるからなあ…。

(荒木)まあ…
こういう いざこざは

しょっちゅうある事だ。

ましてや 当時の農地改革で
慌ただしくやって

本当にずさんな測量じゃった。

こういう事も起こるんじゃよ。

この子が せっかく
何年もかけて丹精して

あそこまで桑を育てたのに。

それにしても あんた

なぜ この時勢に
一ノ瀬桑なんか作ってるんだ?

(荒木)ヘッヘッヘッ…。

もう オカイコの時代でも
あるまいによ。

♬~(桐子)
「女は無口な ひとがいい」

「私?」

♬~(テレビ)
「灯りはぼんやり 灯りゃいい」

(根来 圭)まあ あんまり
これ以上 もめないほうがいいよ。

全部よこせってわけじゃないんだ。

あれだけの土地だ。
諦めたほうがいい。

(根来文子)
そうですよ お義父さん。

犬山さんたちを これ以上
敵に回さんほうがいいですよ。

♬~(テレビ)
「涙がポロリと こぼれたら」

♬~「歌いだすのさ 舟唄を」

♬~「沖の鴎に深酒さ…」

あら お出かけですか?

いや あの 例の…
チョボクレの会よ。

気をつけて。
うん。

あら!
うん?

そのコート どうしたんですか?

ああっ! あっ…
あの… これ あの…。

♬~「しみじみ飲めば しみじみと」

古着屋で。 ハハッ…。
ふーん。

ちょっと気に入ったもんだから。
アハハハ…。

フフフフ…。

いってらっしゃい。
はい はい。

いらっしゃーい。

あら 公平さん!
今日は お一人?

うん…
近くまで用で来たんだ。

フフッ… 大歓迎よ。
貸し切り。

えっ? ああ…。
フフフフッ…。

ニキビさんのボトル
飲んじゃう?

あっ 俺もボトル預けましょう。

ありがとう!

お湯割りよね?
うん。

よし 私も飲んじゃおう。
…いい?

どうぞ。
ありがとう。

こんな時間に よく出られるわね。

ああ…。

奥さん 文句言わないの?

女房は…

いないんだ。

あら…! あっ ごめん。

ううん。

死んだんだ。

…そうなんだ。

嫌だ。 失礼しました。

〈嘘ついた!〉

ママは? ご主人は?

うん… うちも死んだわ。
交通事故で。

同じだ…。

あら! 同じ境遇?

うん…。

よし 今夜は飲もう!

うん。

〈また 嘘ついた〉

お子さんは?

ええ… いない。

あら!
うん。

1人いたんだけども…

行方不明だ。

あら そうなの…。
じゃあ 今 お一人?

うん。

かわいそう。

〈さらに嘘を重ねた〉

〈どうして こんなに
ペラペラ嘘がつけるのか〉

〈隠れた才能を初めて発見した〉

そっちに行こうかな。

あっ… いらっしゃい。
フフッ…。

〈あまりに
映画と同じに進んだので

こんな事あるのかと
ドキドキした!〉

乾杯。
あっ 乾杯。

遺族会第一回総会に。
うん。

〈チラと しのの顔がかすめたが
慌てて目を閉じて…

消した〉

〈それからの事は
よく覚えてない〉

すごーい! ウフフフ…。

〈とにかく こうなったら
嘘をつきまくれ! と

ある事ない事
小説家になったように

デタラメな話を
寡黙に つき続けた〉

やだわ もう!
アッハッハッ…!

車の窓越しにね…。

…って
それが女房の最後の姿だった。

(すすり泣き)

〈私は健さんであり

悲劇に耐えている
哀愁の男だった〉

〈そして 極めつけは…〉

♬~「沖の鴎に深酒させてョ」

♬~「いとしのあの娘とョ 朝…」

(みどり)また来てね。
ああ。

〈気がついたら
12時を回っていた〉

♬~

(物音)

(くしゃみ)

えっ!? あれ…?
おい!

眠っちゃった。

チョロクレの会が…
うう… 遅くなっちゃって…。

ニキビとハレが…
しつこいもんだから。

ハハハハハ~ッ! うう~…。

寝てりゃあ よかったのに…。
えっ?

フフフフ…。
あっ… ああ…。

はいはい… はい。 はい。

あっ あっ あっ…。

ああ~… うう…。

うう~…。

ああ…!

〈翌朝は 猛反省と
激しい自己嫌悪に落ち込んだ〉

〈どうして ゆうべは
あんな嘘ばかりつけたのか〉

〈あれは わしじゃなかった。
もう一人のわしじゃった!〉

〈うん〉

〈そういうわしが
もう一人おったんじゃ!〉

翔は?
あっ 山よ。

炭焼きの薪の切り出しに行っとる。

あっ そう。

あっ ああ…。
はあ。

〈ゆうべの嘘を
鎮守様に ざんげした〉

〈何しろ しのを
勝手に殺してしもうたんじゃ〉

この罰当たり…!

〈わしゃ 罰当たりじゃ〉

罰当たりが!

(ニキビ)よう。 いつもの漬物だ。

あっ? その辺 置いておいてくれ。
ああ。

どうした?
何が?

顔がむくんどる。
んっ? うん…。

おい ニキビ。
えっ?

ゆうべさ お前んとこにいた事に
しといてくれねえか?

わかった。
うん。

フフッ… どこにいた?

うん? 町へさ。
うん… ちょっとな。

フフッ…。
えっ?

フフフフフッ…!
えっ? ヘヘッ…。

(2人)ヘヘヘヘヘヘッ…!

名倉さんから連絡があったよ。
なんの?

前から頼んでた小淵丸の蚕が

九州の宮崎で
見つかったらしいって。

本当!?
うん。

はあ~ すごい!

翔。
うん?

蚕って呼び捨てにしちゃいけん。

オカイコさんって
さん付けで呼びなさい。

はい。 すいません。
うん。

〈夜になったら…
虫が騒ぎ出した〉

♬~(鼻歌)

〈もう一人のわしが目を覚まして
町へ行こうって誘うんじゃ〉

〈でも わしゃ こらえた〉

〈翌晩も こらえた〉

〈2晩目も 3晩目も
必死でこらえた〉

〈だが 4日目に我慢が切れた〉

〈それからは もう
坂を下る流れのようじゃった〉

〈わしゃ
泥沼に はまってしもうた〉

〈オモチャのママが
もう一人のわしを虜にした〉

〈3日に一度は
わしゃ 町に下りた〉

〈そして…〉

♬~

(戸の開く音)
いらっしゃい。

兄ちゃん…!
(男性)おう。

(戸の閉まる音)

♬~

(ため息)

〈恐れていた日が やって来た!〉

翔…。
ああ。

嘘だけは つくなよ…!
(根来 結)尾行って

なんとなく ワクワクしない?
(根来克夫)尾行な!

〈全ては健さんの責任じゃ〉