ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ランチ合コン探偵 第4話 山本美月、トリンドル玲奈、瀬戸利樹… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~#4…揺れる女心と消えたダイヤ』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 金子
  2. 指輪
  3. 千春
  4. 友恵
  5. 天野
  6. 麗子
  7. 和馬
  8. 北村
  9. 手伝
  10. 彼女
  11. 奥様
  12. 気持
  13. 結婚
  14. 婚約指輪
  15. 仕事
  16. 離婚
  17. DVD
  18. お金
  19. ホント
  20. リメイク

f:id:dramalog:20200131072931p:plain

『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~#4…揺れる女心と消えたダイヤ』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~#4…揺れる女心と消えたダイヤ[字][デ]

【未練?決別?4話は元カレ対決編】リミットはお昼休みの1時間!合コン相手から持ち込まれた謎を絶品グルメとともに華麗に解き明かす「新感覚ランチタイムミステリー」

詳細情報
出演者
天野ゆいか…山本美月
阿久津麗子…トリンドル玲奈
桜井健斗…瀬戸利樹

小島和子…池谷のぶえ
鈴木龍之介坂口涼太郎
吉川颯太…金井浩人
北村和馬…平田雄也

白石律子…知念里奈
岡徹平…竹財輝之助高山航一…好井まさお     

亀田広…木村祐一

【第4話ゲスト】
金子実…川久保拓司
番組内容
ゆいか(山本美月)と麗子(トリンドル玲奈)は、元カレの和馬(平田雄也)と彼の上司・金子(川久保拓司)とランチをする。麗子は、和馬が自分をランチに誘った理由が分からず、複雑な心境で和馬と再会。ゆいかは、金子が婚約指輪を盗まれたと聞いて興味を持つ。それは前妻の千春にかつて渡したもので、訳あって離婚後は金子の手元に置いてあった。金子は、千春が犯人だと断言するが、ゆいかは、意外な事実を解き明かしていく…
音楽
仲西匡ほか
【主題歌】
「恋愛ランチ」つぼみ大革命(よしもとミュージック)
制作
【原作】
「ランチ探偵」「ランチ探偵 容疑者のレシピ」(水生大海著/実業之日本社文庫)
【脚本】
阿相クミコ
【監督】
朝比奈陽子
【チーフプロデューサー】
前西和成
【プロデューサー】
沼田賢治
斎木綾乃
森安彩
久松大地
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/lunchtantei/
【番組公式Twitter】
@lunch_tantei
【番組公式Instagram】
@lunch_tantei
【番組公式LINE ID】
@lunchtantei

 

 


♬~

(ゆいか)ふとした瞬間に
昔の恋人のことを

思い出すことってありますよね?

いえ 私じゃないです。

一般論ですけど。

一度は好きになった人ですし

思い出は綺麗なまま
残しておけるといいのに…。

こじれることも あるようです。

(映写機が回る音)

今回の舞台となるのは中華の名店。

そして 合コン

というか 食事のお相手はなんと

麗子さんの元カレと その上司。

ダイヤの指輪が盗まれた謎に
迫ります。

(亀田)ポン ポンっと。はい~。
(小島)
はい ありがとうございます。

(吉川)確認 お願いします。
(麗子)うん。

部長 承認のハンコを
お願いします。

え~ ヤダヤダー!

は!?何か書類に不備でも…。

承認のハンコに反抗してみたんや。

えっ?これはアカンのんか…。

あ~ ごめんなさいっ。
…はい!

ありがとうございます。

あ~…。

(吉川)どんまいです。
お昼でも行きましょ 部長。

(亀田)あ もうこんな時間か。
ほな行こか!

天野さんのツボが わからへん。
(吉川)難しいですからねぇ~。

ねぇ 天野さん ちょっといい?

何でしょうか?
あのね…。

くっ…。
今頃!?

まぁいいや。
元カレから連絡が来たの。

あ…和馬
(和馬)麗子…

「来週の月曜日 会議で
本社に行くことになった。

昼メシでもどうかな?」って。

なるほど。
どう思う?このメール。

どう とは?
だって 向こうが浮気して
別れたんだよ?

今さら会って 何の話があるわけ?

話があるとは
一言も書かれていません。

一緒に食事する人を
探しているだけかも。

だったら
私を誘う必要はないじゃん。

同期の男だって何人もいるし。
気になるなら行けばいいのでは?

ヘンな話になったらイヤじゃない。

麗子さんにとっての
ヘンな話とは何でしょう?

彼氏ではなく元カレだから
今さら別れ話はない。

お金の貸し借りでも
していたとか?

まさか。そんなことあるわけ…。
では 怪しいセミナーに誘われて
壺を買えとか?

ねえ。わざと答え 外してるでしょ。

私が ざわざわしてるのは

やり直そうって言われたら
どうしようってこと!

それってヘンな話ですか?

麗子さんの気持ちが
固まっているなら

何も迷うことは
ないはずですよね?

《う~ 人の気持ちを
先読みしてやがる》

じゃあ 次に私が言うこと

天野さんなら想像できるわよね?

ええ。洋食 和食 中華

どのランチがいいか
ってことですね?

正解。

♬~

あっ ここだ!

このお店
試してみたかったんだよね~。

中華は大人数のほうがいいしね。

そうですね。

言っとくけど
未練なんてないから。全然ない。

だから ヨリを戻そうって
言われたら助けてね 天野さん。

承知しました。

あっ いた。

(店員)いらっしゃいませ。
あっ どうも。

《ったく どの面下げて》

お待たせ。
あ…どうも。久しぶり。

こちら 北村和馬さん。
経理部の天野です。

神奈川支社の北村です。よろしく。

悪かったな。
忙しいのに呼び出して。

ううん。てか ごめんね。

2人じゃなくて
4人で食事しようなんて提案して。
(和馬)いや いいよ。

あっ もう1人は
ちょっと遅れて来るから

先に始めててくれって。

そう。あ メニューもう見た?

うん。

♬~

《見た?見ました?

別れた男と どういう口調で
話せばいいんだろ》

《相変わらずだな~ 麗子は》

どれも おいしそうですね。
うん。

あ 和馬が好きな酢豚もあるよ。

あ うん。

《しまった!彼女みたいなこと
言っちゃった》

《俺の好み 覚えててくれたんだ》

(店員)ご注文は以上で?
はい。

失礼いたしま~す。

♬~

あの…元気だったか?

うん。元気でやってるよ。和馬は?

俺も。特に変わりなく…。

《やっぱり
ヨリを戻そうって気じゃ?》

《ああ どうやって切り出そう…》

(金子)北村!ごめん 遅れて。

お疲れ様です。大丈夫でした?

ああ。ちょっとトラブったけど
まあ大丈夫。

こちら 上司の金子さん。

どうも。
神奈川支社の金子です。

《うわ 素敵な人…》

経理部の阿久津です。
天野です。

(金子)
遅くなって 本当に申し訳ない。
いえいえ。

金子さんは若いけど
営業部長でもあるんだ。
え~ すご~い。

いや もう36で若くもないし。

うちは小さな支社だから

部長とかいっても
全然 偉くないんで。

いやいや そんなことないですよ。
俺 金子さんが目標ですから。

《あ~ 合コンだったら
金子さんアリなのに!》

(金子)
あ そうだ!経理部の亀田部長は
元気でやってる?

えっ?ご存じなんですか?

俺も前は 本社勤務だったから。

そうなんですね。
もう オヤジギャグばっかりで。

ハハハ…変わらねえな。

お待たせしました。4種前菜の
盛り合わせになりま~す。

うわ~ おいしそう。

♬~

え~ 金子さん どうぞ。

ありがとう。
回しますね。

中華料理って感じで いいね。

はい。どうぞ。
サンキュ。

《あ 嫌いなトマト
抜いてくれてる》

《あっ またやっちゃった!》

《やっぱ 俺に
未練あんだろうな~》

《もう ヨリを戻したいなら
さっさと言えばいいのに。

そしたら…》

(鐘の音)

(咳払い)

はい。天野さんも どうぞ。

ありがとうございます。
(金子)じゃあ…いただきます。

(ゆいか・麗子・和馬)いただきます。

ん~…おいしい~ ねっ。

うん。旨いね この店。

阿久津さんは北村と
同期なんだって?

ええ そうなんです。
あ やだ~ 年バレちゃう。

アハハハッ…。

同期の中でも
早いほうだろ 北村は。

《ん?早いとは?》

で 日取りは決まったのか?

ええ まあ。
《日取り?》

結婚式には 呼んでくれよな。
はぁ。

はぁ!?

えっ 結婚!?え~っ!?

(鐘の音)
ウソ~。

あれ?聞いてなかったの?
コイツが結婚すること。

ええ…今 知りました。

ホントに?
同期の誰からも聞いてない?

いや 聞いてない。

ホントに ホント?
うん…。

《何?しつこい。

っていうか まさか
それを言うために誘ったわけ!?》

そっか…。

驚いた?で その相手の子
うちの支社の子でね

菊池さんっていう
優しくて良い子なんですよ。

へえ~。

《そうですか!そうですか!!

時期的に考えて
完全に二股だよね!?》

ここは 幸せ者に勘定を
持たせるべきだと思わない?

さ 賛成。
ご馳走してもらっちゃおうかな。

いやいや 勘弁してくださいよ!
《こっちこそ 勘弁しろよ!》

ハハハ。冗談だよ 北村。
も~う。

《へらへら
笑ってんじゃね~ぞ!》

あ そういや 花屋の件
誰が頼んだのか わかったのか?

それがまだ…。
花屋?

あ いや…いいんだ。

♬~

どうぞ お召し上がりください。

旨そう!
中華ってホント食欲そそるよな。

《あ~ 散々だなあ 今日は》

餃子の歴史はとても古く
紀元前6世紀頃から

中国では 餃子が食べられていたと
言われています。

ん?

中国では 縁起が良い食べ物とされ
旧正月や めでたい席に

餃子を食べる習慣があります。

形が中国の昔のお金に
似ていることから

金運や福を呼び込み
幸せになると言われているんです。

ちなみに 日本で餃子を
初めて食べたのは

諸説ありますが江戸時代の徳川…。
ウンチクはもういいから。

はい…。

《変わってる子だな》
《こう見えて 歴女?》

《もしかして…
私に気を遣ってくれた?》

そういえば金子さん
トラブルは解決したんですか?

(金子)いやあ それが
全然 解決してないんだ。

証拠はあがったようなものなのに。

証拠とは?
ちょっと!

何でもかんでも
事件に結び付けないでよ。

事件って どういうこと?

あ 天野さん
ミステリーマニアなんです。

謎解きが大好きで
ちょっとしたヒントで

真実に迫っちゃうんですよ。
(金子)へえ それはすごいな。

じゃあ せっかくだから
聞いてもらおうかな。

《え?乗るの そこ》

何があったんですか?
《こっちも乗った!》

実は…指輪を盗られたんだ。

え…指輪?

え?トラブルって
仕事の件じゃなかったんですか?

ああ。俺 個人のことだ。
でも犯人はわかってる。

別れた妻
千春の仕業に違いないんだ。

え?

金子さん 離婚されてから
時間が経っていますよね?

半年前だけど あれ?
どうしてわかったの?

手が焼けています。
最近 外したばかりなら

左手の薬指に指輪の痕が
白く残っているはずです。

なるほど!やっぱり目の
つけどころが違うね。すごいな。

《謎解きスイッチ
入っちゃった!》

(龍之介)熱っ!熱っ!!

盗まれたというのは
結婚指輪ですか?

もう好きにして

いや 婚約指輪。
かなり張り込んだんだよね。

ダイヤモンドって
格付けがあるじゃない。何だっけ?

4Cですね。カット カラット
クラリティにカラー。

《こうなったら
食べまくってやる!》

そう それ!友人に
ジュエリーデザイナーがいてね

アドバイスをもらって
色々と探したんだ。

100万近くしたかな。

100万!?
ずいぶん張り込みましたね。

《あんたから もらった指輪は
9800円だったけどね》

もう 5年も前になるんだなあ。

それは 元奥様の指輪
ということですね?

ああ。離婚もしたし
タンスにしまい込んでおくのも

もったいないから
その友達に相談して

ラペルピンにリメイクしようと
してたところだった。

ラペルピンって?
ああ これのことだよ。

(和馬)お~ カッコいいっすね。
(金子)だろ。

でも 婚約指輪って離婚したら
誰のものなんだろ。

持ってても
しょうがないなとは思うけど

旦那さんに
返すものなんですかね?

夫婦で作った財産は
夫婦2人で分けることになります。

でも 結婚前に持っていた財産は
それぞれの所有物となり

各自に戻すのが基本です。

天野さん
そんなことまで知ってるの?

(金子)俺が買ったのは
入籍の前だけど

でも 結婚したら
奥さんのものだし

別に返してもらわなくて
いいと思ってたんだ。

でも おかしなことになって…。

おかしなこと?

千春のやつ 指輪を叩き潰そうと
したんだよ。信じられないだろ?

え?叩き潰すって 婚約指輪を?

うん。離婚式でね。

(ゆいか・麗子)離婚式!?

そこであいつ とんでもない物を
持ち出してきたんだ。

(千春)
じゃあ 離婚式の
メインイベントといきますか

は?何それ?

最後の共同作業。

この指輪を叩き潰して
すべて終わりにすんの

ちょっと待て。
叩き潰す?冗談だろ

私は本気よ。だって そのほうが
ケリつくでしょ

さっき離婚届にサインしただろ。
あれで十分だよ

やらないの?
やるわけないだろ!

キミが要らないなら
俺が預かっておくよ
ちょっ…

なるほど…。

離婚式を提案したのは
千春さんのほうですね?

そう。雑誌で見て

気持ちの区切りをつけるのに
ちょうどいいとか言って。

変に
盛り上がっちゃったんだよなあ。

別れた原因は何ですか?

お互い
嫌いになったわけじゃない。

でも 言い合いすることが増えて
ケンカが多くなって…。

ひとことで言えば 性格の不一致。
いろんなことの積み重ねだよ。

あ~ わかる…。
ああ~ん?

(咳払い)

決定的だったのは
母親の入院かな?

お母様
入院されたんですか…。

うちの実家
両親が不動産屋をやってるんだ。

小さい店だけど 1人抜けると
仕事に影響が出るだろ。

母の代わりに
千春に手伝ってほしかったんだ。

だけど千春 今の仕事を
辞めたくないって言い張ってさ。

それは 当然ですよ。
どんな仕事だって

そう簡単に辞める決断は
できませんよ。

いや…うん
それはわかってるって。

だから 家の手伝いは 近所の
友恵ちゃんって子に頼んだよ。

汗出てきた。

ここのマーボー豆腐
本格的すぎるな。はぁ~。

金子さん。ちょっと
事件を整理させてください。

整理?

♬~

はいはいはい。
お約束ですよね もう。

捜査報告をお願いします。
はい。

今回の婚約指輪盗難事件の
概要ですが

被害者は私 金子 実 36歳。

その元妻は 千春 35歳。

2人は 半年前に離婚。

マンションを引き払い 私は
不動産屋を営む実家に戻りました。

あ よっこいしょっと。
今 住んでいるのは父親と私。

母親は まだ入院中です。

そして 手伝いに来ているのが

近所の友恵ちゃん 23歳。

小さい頃からよく知っていて

家族ぐるみの
付き合いをしている子です。

大学を出て
「バイトしか やった事がな~い」

とのことでしたが
結果的には正解でした。

よく気が利くし 父とも
仲が良いし 仕事を任せられます。

事件当日の状況は?

週末 父が留守だったので
私が店番をしていました。

お昼休憩で一旦 裏手にある
実家に戻ったところ

突然…千春が現れました!

千春さんが実家を訪れるのは

離婚してから
初めて…ということですか?

そうです!大した用でも
なかったのですが…。

DVD?
そう。私が買ったDVD

こっちに
紛れこんでないかな?

いや 気付かなかったけど
ちょっと

実の部屋
探してみても いい?

えっ?ああ…

(友恵)実さん!お昼…

(金子)
ああ 友恵ちゃん。
ごめん ちょっと今…

お邪魔してます

離婚の時 荷物の整理は?

(金子)
マンションを引き払った時

荷物は 全部
きれ~いに分けました。

だから 千春の物があるとは
思えなかった。でも

追い返すのも何だし…
まあ いいかって

私の部屋に入れたんです。
指輪は ここのタンスの

一番上の引き出しに
入っていました。

管理が甘かったのは
認めますが

まさか 盗むなんて!
報告は以上です。

容疑者の動きを教えてください。

ええっ…まだ 続くの!?

(金子)DVDなんて
ないと思うけどねぇ。

まあ あるとしたら…
この辺かな?

ありがとう。探してみる
うん

ねえ…

お茶ぐらい
出してくれないの?

はぁ?…お茶?

(金子)
あっ。友恵ちゃん ごめんね

(友恵)
いえ。今 持っていきますね
サンキュ

なあ 千春!

(千春)あったよ。棚に紛れてた

ウソ。マジで?
うん

そんなの あったかなぁ…

(友恵)お待たせしました。
お茶 どうぞ

ありがとう。でも
もう けっこうです

えっ?
DVD 見つかったから
帰るね

おい ちょっと待てよ!

新しい奥様と お幸せに

あの 私は…
「奥様…」って

彼女は そんなんじゃない。

ただ 店を手伝って
もらってるだけだ!

まあ…私には
もう 関係ないし

それじゃ
おい!

(金子)お茶を淹れるために

千春を残して
一度 部屋を出ていった。

その隙に指輪を盗ったとしか
考えられません!

その間の時間は
どれくらいですか?

2分くらいでしょうか。

DVDも自分で仕込んで
持ってきたのかもしれませんね。

ああ。
そうかもね~。

指輪はケースごと
なくなったんですか?

いや 盗られたのは指輪だけで
ケースは残ってました。

その第一発見者は?
(金子)私です。

昨日の夜に気付いて
すぐに千春に電話しました。

でも まったく出ない。
メールもしたけど

「指輪なんて知らない!」って
ばっさり。

本当に知らないという
可能性も ぬぐえませんね。

そうかもね~。
だけど 他には考えられない!

千春には…動機もあるし。
動機とは?

お金です!
千春は給料だって多くないし

マンションの家賃を
払うだけでも大変で

カツカツのはずだ。
100万もした婚約指輪を売れば

少しは足しになるはずです!

なるほど。
そうかもしれないけどさ~

もう いいでしょう。

デザートでも 頼もうかな。

指輪が なくなったと
気付いたのは昨日の夜。では

指輪を最後に見たのは
いつですか?
(金子)ええっと…

ああ 指輪のリメイクのことで
友達にメールしたときだ。

え~ 3日前の夜だね。

この時に指輪を見たのが最後。

お父様はその時
家に いらっしゃいましたか?

いや…3日前の朝から

母の療養を兼ねて
温泉旅行に行ってた。

では この3日間に
家に来た人はいますか?

姉と その子どもが来たね。
3歳の姪っ子。

お姉さんは
実家には よく来るんですか?

(麗子が蹴る音)

《家族も 疑うんかい?》

何か 取り調べみたい。
スゴイね。

もう一度
検証させてください。

《やめろ~!》
♬~

あっ…もう~ ヤダ!

本当にヤダ~!

まさか 子どもも
犯人候補じゃないですよね?

誰なら 物理的に犯行が可能か

容疑者を一人一人
つぶしていくだけです。

ねえ!
姪っ子さんは
タンスの引き出しに

手は届きますか?
(金子)いやいや ムリです。

背が足りません。
ねえ…。

では お姉さんですが
小さな お子さんがいたら

お金は必要ですよね。
動機は あるんじゃないですか?

確かに。ただ 引き出しには

指輪と一緒に
この時計も入れていました。

あの~。
他に現金もあったし…

もし お金が必要なら
これらも持っていくはず。

姉の犯行とは考えられません。

お金 目的ではない。
ということは

空き巣という線も考えられない。

ますます 千春しか
考えられませんね~。

ねぇ~!
デザート食べようよ~!

今度こそ…

デザートを
すみませ~ん!

(銅鑼の音)

(龍之介)
わたくしを呼びました?

(銅鑼の音)

(龍之介)
わたくしを呼びました?

あっ!なんで
あなたが ここに?

話はすべて
聞かせていただきました。

わたくしが
解決して差し上げます。

(銅鑼の音)

この事件…犯人は…ズバリ!
(銅鑼の音)

(銅鑼の音)
うるさい!

うるさいよ!…ありがとう。

ズバリ!

金子さん あなたです!

あなたが指輪を持っています!

はぁ!?…俺?

《とんでも推理 来た~!》

♬~

(龍之介)いい加減
はいたら どうだ!

今度は 取調室!?

お前が以前から 指輪を売って

お金にしたいと
考えていたんだろう!

違う!!
ハッ!

自分で自分の指輪を盗み

元嫁のせいにして
罪を着せようと思った。

すべては 自作自演~!

私じゃない!信じてくれ~!

あり得ない。
犯人なんて…。

(龍之介)オレの おごりだ。

カツ丼でも食って
全部 はいちまいな。

これ以上 田舎のお袋さんを
悲しませるんじゃねえぞ。

(金子の泣く声)

アッハハハハ…!

あり得ない。カツ丼なんて。

えっ そこ!?

刑事が被疑者の対して
温情を見せるのは

「自白に向けての
利益誘導につながる」として

現在は禁止されています。

これは
カツ丼に限った話ではなく

パンやタバコなども
禁止の対象になっているのです。

いや だから
そこじゃなくて…。

金子さんは
お金にも困ってないし

動機がありません!
あなたは

推理も間違っていれば
捜査も間違っている!

お呼びじゃないんです!
(龍之介)うわっ…

うわぁ~~っ!

フッ…。

次こそ 覚えてろよ~!

次も あるんかい!

♬~

う~ん…。

(金子)まあでも やっぱり…

指輪を盗んだのは
千春に間違いないと思うけどね。

確かに動機は あったのかも
しれないけど

決めつけるのは
可哀相じゃないですかね。

金子さん すごく指輪に
こだわってますけど

今の金子さんにとって
そんなに大切な物ですか?

いや だって 高かったし
もったいないじゃん。

でも 大切な人に贈ったり

大切な人から もらうから
価値があるんであって…。

気持ちが離れたら そもそも
大切なものじゃないですよね。

阿久津さんの言う通りかもな…。

でも はっきりさせたいんだよ。

千春が指輪を盗んだんだとしたら
その理由を知りたい。

では もう1つ
聞いても よろしいですか?

千春さんは 引き出しに
指輪が入っていたのは

知っていたんですか?
いや 知らないと思うけど。

指輪の置き場所を
知っていたのは?

(金子)親2人…それと姉かな?

もう1人 いるじゃないですか。

もう1人?

すべての構図が見えました。

(金子)指輪を盗られた…。
婚約指輪って離婚したら誰に…。

(金子)ラペルピンに
リメイクしようと…。

(和馬)
同期の誰からも聞いてない?
(金子)花屋の件 誰が頼んだの。

花屋?
(金子)
姉と その子どもが来たね。

新しい奥様と お幸せに。

あの 私は…。
「奥様…」って。

彼女は そんなんじゃない。

ただ 店を
手伝ってもらってるだけだ!

「彼女は そんなんじゃない」
という

金子さんの言葉に
ショックを受けて…。

♬~

思わず指輪を手にしてしまった。

まさか 友恵ちゃんが…!?

彼女は お店の仕事だけではなく

お昼休みに
金子さんの昼食を作ったり

客人に
お茶を出したりしていました。

お母様の入院中 他の家事も
手伝っていたのではないですか?

どうして それを?

金子さんが
さっき取り出したハンカチ

綺麗に
アイロンが かかっていました。

ワイシャツはクリーニング店で
洗ってくれますが

ハンカチは家で洗いますよね。

金子さんが
几帳面な方かと思ったら

コートは皺も気にせず
雑に椅子の背にかけていました。

スマホのカバーの傷も
まるで気にしない。

アイロンを隅まで かける
タイプの人ではないでしょう。

ああ 確かに
友恵ちゃんが やってくれてる。

たぶん
指輪の置き場所も知ってる。

でも 盗む理由がわからない。

はぁ…鈍いんですね。

友恵さんは
金子さんのことが好きなんですよ。

えっ…!?
家事も手伝って

金子さんの
ご両親とも仲良くして。

それだけ愛想のいい理由を
考えてみたら どうです?

いや でも…
友恵ちゃんは一回りも下だし

俺に恋愛感情なんて
持つはずがない!

いやいや
23歳は立派な大人ですよ。

千春さんに「新しい奥様と
お幸せに」と言われた時

頭から否定したら 友恵さんは
さぞかし傷ついたことでしょう。

彼女は そんなんじゃない

ただ 店を
手伝ってもらってるだけだ

それで怒って 友恵さんが
指輪を盗んだってこと?

盗んだというより
隠した程度かもしれません。

千春さんは友恵さんに
嫉妬したけれど

友恵さんも また
金子さんが元奥さんの指輪を

持っていることで
千春さんに嫉妬していたんです。

モテモテじゃないですか。

事件の裏にあるのは 女心です。
理屈じゃありません。

まいったな…。

穏やかに話をして

指輪を返してもらえば
いいんじゃないですか?

いっそ 友恵さんにプレゼント
しちゃったら どうです?

そんな…。
もしかしたら さりげなく

元の場所に
戻っているかもしれませんよ。

ありえないよ。千春が持っていった
って騒いでしまったから。

その時の友恵さんの反応は?

見ていなかった。
思えば ちゃんと あの子を

見てあげたことは
ないかもしれない…。

あ~ 千春に
なんて謝ったら いいか。

一方的に疑ってしまった。

金子さん
千春さんの手元には きっと

本物のダイヤモンドがありますよ。

は!?どういうこと?

離婚式の日 婚約指輪を
取り返したんですよね?

その時 ちゃんと見ましたか?
本物でしたか?

いくら気持ちに区切りを
つけるためとは いっても

100万円のダイヤの指輪を

本当にハンマーで叩き潰す人は
そうは いません。

すでにニセモノと
差し替えられていたと思います。

ウソだろ…。

じゃあ そもそも千春さんは
何で金子さんちに来たんだ?

指輪のリメイクの件は
千春さんに伝わっていますか?

ん~ 友達の友達を介せば
伝わるかもな。

そりゃマズイっすね。

指輪をリメイクする
ということだけが伝わり

どなたか新しい女性に贈ると
思われたんじゃないでしょうか?

あ…だから「新しい奥様と」
なんて言ったんだ?

憶測ですが
DVDは口実だと思います。

人づてに婚約指輪を
リメイクすると聞いて

ニセモノを渡したことが
バレると思った。

それで謝ろうと家に行ったら

そこに若くて可愛い
友恵さんがいた。

再婚相手に違いないと
勘違いした千春さんは

指輪のことを言いそびれ…。

新しい奥様と お幸せに

捨てゼリフを言って 立ち去って
しまったのでは ないでしょうか。

すべては 微妙は女心です。

(ため息)

(携帯のバイブ音)

支社長からだ。…悪い。
仕事の連絡なんで 先に出るね。

天野さん…ありがとう。
参考になったよ。

いえ…。

(金子)じゃあ。
お疲れさまです。

はぁ~ 男には わかんねぇな~。
女の気持ちは。

でしょうね。特に あんたには。

(咳払い)

だけど 千春さんも
なかなか こじらせてんな。

一度は愛した人だもん。

簡単に割り切れない気持ちは
あるよ きっと…。

北村さん この度は
ご結婚おめでとうございます。

知っていれば プレゼントでも
用意したのに。ねえ 麗子さん。

そうね…おめでとう。

あ ああ…。

というわけで
あなたは誤解なさっています。

いや…誤解って何の話?

北村さん あなたが
今日 麗子さんを

呼び出した理由
当ててみましょうか?

北村さん あなたが今日
麗子さんを呼び出した理由

当ててみましょうか?

あなたは今日 麗子さんを
探りに来たんですよね?

え…何のこと?

聞いてなかったの?
コイツが結婚すること

ええ…今 知りました

ホントに?
同期の誰からも聞いてない?

ホントにホント?

北村さん 麗子さんが
自分の結婚のことを

知っていたか どうか
必要以上に気にしていました。

たぶん ある謎を解くために

探りを入れにきたんだろうと
思ったんです。

ああ そういや 花屋の件

誰が頼んだのか わかったのか?

それが まだ…

その通りだよ。

どういうことよ?

この前 彼女のマンションに
お花が届いたんだ。

(沙耶)ありがとうございます。

え~っ!?ちょっ…和馬!

(和馬)どうしたの?
(沙耶)これ何?

何だよ これ!誰の仕業だ!?

(和馬)
それで はっきりさせたくて

今日来たんだ。

まさか 私が
菊の花を贈ったと思ったわけ?

違うのか?

違うに決まってるでしょ!
贈るわけないじゃん!

結婚するなんて
知らなかったんだから。

いや もし知ってたとしても
そんなの絶対にありえない!

見損なわないでよ!

あんたにとって 私は
その程度かもしれないけど

私にとって和馬は…。

大切な人だったんだから。

麗子さんと
今まで付き合ってきて

そんなことも
分からなかったんですか?

あなたの目は節穴です。

悪かった…。

(アラーム音)

♬~

あれ?汗かな。

♬~

汗も涙も 原料は血液に近い成分で
構成されています。

涙の成分の98%は水分で

残りの2%はタンパク質や
リゾチーム リン酸塩など。

汗は涙と同じで
主成分の水が99%と

大部分を占めていますが
そこに

塩分などのミネラルや
尿素を含んでいます。

ハハッ…。

天野さん あの…。

さっきはごめんね。

いえ。

やっと吹っ切れたわ。
あんなのこっちから願い下げ!

そうですよ。
きっと新しい出会いがあります。
うん。

また合コンしなくちゃ。
行きましょう。

今日は 盗まれた指輪も菊の花も

どちらの謎も面白かったですよ。

そうそう 菊の花を贈った人は
わかったよ。

神奈川支社の同僚だったみたい。
ただの手違いだったんだって。

手違い?
うん。

みんなでお祝いの花束を
贈ったんだけど

お花屋さんが混乱して

他に送るお供え用の伝票と
間違えたんだって。

彼女の名前が菊池っていうんで

よけいに菊の花と
混同しちゃったらしいよ。

へぇ…。
そんな事もあるんですね。
うん。

まあ どうでもいっか!よし。
今日の夜は飲みに行こう!

付き合ってよね ゆいか。

はい…え?

今 下の名前で呼びました?

はやく~!

♬~
8回目のカンパ~イ!

あ~ おいしい。

岡さんのお店
よくいらしてるんですか?

うん。新しいメニューを
試食したりして。

リサーチに使われてんのよ~ 私。

(岡)使われてるって何だよ。
旨い旨いって食べてるだろ。

あ!エビマヨ~!

(岡)天野さん 飲み物 大丈夫?

じゃあ 焼酎ロック
お願いします。

強いんだね~。

いえ それほどでも。

次こそ 絶対いい男
見つけてやるんだから。

岡さんが
いらっしゃるじゃないですか。

はあ?ないない。

ないない…。

(岡)いらっしゃ~い!
(桜井)あれ 来てたんだ。

ここ 良い?

すいません!生ビールください。

はいよ!
ね ちょっと。勝手に座んないでよ。

営業部のエースだか
何だか知らないけど。

コイツ 酔うと絡むんだよな~。
酔ってないよ!

全然 酔ってないよ!

あ~もう これだよ。

麗子さん 起きてください。

しゃ~ね~な。

(岡)
はいよ~ お待ち!生ビールと

焼酎ロックね。
ありがとうございます。

じゃあ 乾杯。

まあ こいつも
こいつなりに頑張って

いろいろ
乗り越えようとしてんだよな。

よろしくね 天野さん。

これからも仲良くしてやってよ。

え はい…。

まあ 俺もさ 今回の和馬のことは
ちょっと ないなっと思ってんだ。

ただ 俺がいろいろ言うと

こいつ多分 強がるだろうからさ。

よろしくね。

はい。

天野さん 聞いてもいいかな。

あれは…どういう意味なの?

私のことを知るのは…
無理です

立ち入った話だったらごめん。

でも天野さんのこと
もっと知りたいから。

気になるんだ。キミのことが。

私ですら 知らないのです。

自分自身のことを…。

え どういうこと…?

私には記憶がないので

自分が何者であるか
分かりません。

だから…。

あなたが知るのはもっと無理です。

すみません。お先に失礼します。

天野さん!

♬~

♬~

♬~

♬~

<『ランチ合コン探偵 特別編』…>

<…で検索>