ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

テセウスの船 第2話 竹内涼真、榮倉奈々、芦名星、竜星涼、せいや… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『日曜劇場「テセウスの船」第二話【真犯人、あらわる】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 明音
  2. 先生
  3. ウサギ
  4. 長谷川
  5. 田中
  6. 未来
  7. 家族
  8. 事件
  9. ホント
  10. 大丈夫
  11. 佐野
  12. 子供達
  13. 心先生
  14. 絶対
  15. 火事
  16. 金丸
  17. 慎吾
  18. 翼君
  19. ノート
  20. 音臼小事件

f:id:dramalog:20200126221029p:plain

『日曜劇場「テセウスの船」第二話【真犯人、あらわる】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

日曜劇場「テセウスの船」第二話【真犯人、あらわる】[字][デ]

田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)の冤罪を晴らすため過去で真犯人を探す。犯人は謎の絵で次なる犯行を予告!想定外の犯人の罠により父子の絆が引き裂かれる…

詳細情報
番組内容
平成元年にタイムスリップした田村心(竹内涼真)は、父・文吾(鈴木亮平)の冤罪を晴らすため真犯人を探す。“連続して起こる不可解な事件”…その次なる事件を止めようとするが、そこで気味の悪い絵を発見する。まさか犯人の犯行予告なのか…?そんな時、文吾の娘が行方不明に!それは未来を知る心にとっても想定外の事件だった。真犯人の卑劣な罠により、心と文吾の信頼関係が崩れていく…その危機を救ったのは…
出演者
竹内涼真榮倉奈々
芦名星竜星涼せいや霜降り明星)、今野浩喜、白鳥玉季
ユースケ・サンタマリア六平直政笹野高史麻生祐未鈴木亮平
原作
東元俊哉『テセウスの船』(講談社モーニングKC)
脚本
髙橋麻紀
音楽
主題歌:「あなたがいることで」Uru(ソニー・ミュージックレーベル
音楽:菅野祐悟
スタッフ
演出:石井康晴
プロデューサー:渡辺良介、八木亜未
公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/theseusnofune/
◇twitter
@theseus_tbs
https://twitter.com/theseus_tbs?ref_srctwsrc%5Etf
◇instagram
https://www.instagram.com/theseus_tbs/

 

 


<(心)平成元年に起きた
音臼小事件>

《事件の発生現場は
音臼小の多目的室です》

《毎年恒例の 6年生を送る
お楽しみ会に集まった児童や職員》

《21人が被害に遭いました》

<その犯人として逮捕されたのは
村の警官 佐野文吾>

<俺の「父親」だ>

<殺人犯の家族となった
俺達にとって>

<平成の時代は ずっと
暗闇の底だった>

《(由紀)信じてみたいの
心のお父さんだから》

<事件の真相を探る決意をした俺は
事件当時にタイムスリップ>

<そこで出会ったのは
母の はじけるような笑顔と>

<無邪気にはしゃぐ 姉や兄の姿>

《(佐野)何がどうなろうと 俺は》

《未来でも
家族と やかましくしてたいね》

<凶悪犯だったはずの男は
世界で一番の父親だった>

ダーッ!

(電話のベル)

(和子)もしもし 佐野です

あっ
(慎吾)キーック

あっ さつき先生 こんばんは

えっ?
ギブアップ?

ありがとうございます
ギブアップ? ロープ ロープ…

さあ来い
はい

はーい はい 分かりました
レフェリー カウント!

ワン ツー スリー! カンカン カンカン…
はい 失礼いたしまーす

うっさい うっさい!
人が電話してんのに

来い コノヤロー
すいません

心さん

音臼小の臨時教員の面接
決まったよ

えっ ありがとうございます
えっ 心さん 先生になんの?

ううん まだ面接も受けてないし
教員免許も手元にないから

それも大丈夫 言ってあるから

スーツも お父さんのがあるし

身元保証人ってことで
一緒に行ってもらうからね

何だコノヤロー み…

(鈴)こんなふざけた人で
大丈夫なの?

このバカチンが~ この村で
俺より信頼されてる男がいるか?

<俺の家族は>

<いつも笑ってる人達だった>

<あの事件が起こるまでは>

あちゃ~

(鈴)ウッソ

ショック…
ごめんな 鈴

<父さんを 冤罪に追い込んだ
真犯人は きっと>

<この村のどこかに潜んでる>

<でも 絶対に事件は起こさせない>

<この人達の笑顔を守るために>

(石坂)あ~ 田村こころさん

いや 心さんですね 校長

「昭和33年生まれ」

はい

息子と同い年だ

確か 東京タワーが
できた年だったね

え~…

そうです
そうです はい

息子は 昌子ちゃんの大ファンでね

ま まさこ?

森昌子
森昌子

いやあ
あれは確かに かわいかった

田村さんは 誰のファンだったの?

えっ… その 僕はですね…

百恵ちゃんなんだよな~
百恵ちゃんです

あの目が色っぽくて
たまんないっすよ って

昨日も言ってたよな
そうでした はい

私はね 心さん

はい

ピンクレデーが好き

ほう
それじゃ 早速

明日から よろしく頼みます

えっと あの

志望動機がいい

「子どもたちを守りたい」

熱い

私は 熱い男が大好きだ

ありがとうございます

もう 「昌子って誰?」って
頭 真っ白になっちゃって

まさか
アイドル攻めで来るとはなあ

(さつき)田村さん
ああ

雪崩の時にお会いした
木村さつきです

どうも
あの時は 父を助けていただいて

おかげさまで採用決まりましたよ
さつき先生

えーっ おめでとうございます
よろしくお願いします

じゃあ 校内 ご案内しましょうか
ぜひ お願いします

奥が図書室で そっちが理科室です

理科室
それで あの~

どうやったら
未来が見えるんです?

あの どのくらい先まで?

えーっと
そういうことでもないんですけど

さつき先生 食いつきすぎですよ
気になりますよ

分かるわけないじゃないですか
だって あの時 ビックリしちゃって私

<ここが 音臼小事件の現場>

《事件の発生現場は
音臼小の多目的室です》

<俺が音臼小事件を止めなければ>

<2カ月後 この場所で
21人の命が奪われる>

<そして 父さんは>

<殺人犯として逮捕される>

手伝ってね
はい もちろん

それで あの 田村さん
はい

私の未来がどうなるか とか

見えたりするんですか?
ああ 出た

私の白馬の王子様って
どんな男かしら? でしょ

世の中ね 知らないほうが幸せな
未来ってのも あんですよ

<この人の未来だけは
絶対に言えない>

<あの残酷な未来を知ったら>

<たぶん 父さんは>

<正気では いられなくなる>

《(由紀)音臼小事件が起きたのが
平成元年3月》

《でも その前にも 音臼村では》

《いくつもの 不可解な
事件や事故が起きてるの》

<次に起こる事件は 3日後>

<田中義男という
一人暮らしの老人が>

<自宅の火事により死亡>

<その次の日には
三島明音ちゃんが失踪>

<この村で
これから起こるはずの事件が>

<すべて 音臼小事件に
つながっている可能性もある>

<真犯人にたどり着くためには>

<一つ一つ 潰していくしかない>

田中義男さん?
はい

ああ 元県議会議員でな

病気してから ほとんど
目が見えなくなっちゃって

今 家の中で
寝たり起きたりだけど

もしかして 田中さんに
何か起こんのか?

3日後に

彼の家が火事になって

亡くなる と
えっ 放火か?

一応 事故として
処理されてるようです

分かった 様子だけ見てくるわ
僕も一緒に行ってもいいですか?

気になるんで
ああ

でも考えてみたら

心さん 何で
この村のこと そんな詳しいんだ?

えっ?
いや…

未来から来たってのは
信じるとして

事件や事故は
全国で起こってるだろう

なのに 何で
こんな小さい村のこと

それは…

まっ 何でもいいか

2人で村の平和 守ろう
はい

(田中)息がしたい
人類の一部でいたい

(長谷川)一部でいたい…
こんにちは~ おっ 翼じゃねえか

あっ 文吾さん どうもっす

文吾さん 何でこんな泥棒と
一緒にいんだよ?

心さん 泥棒じゃねえよ
あれ お前の勘違いだよ

勘違いなんかじゃねえよ!
おい

おい 泥棒野郎
早く村から出てけ!

田中さーん 俺 帰るわ

またね
(田中)ありがとうな 翼

今日のお客様は 泥棒さんかい?

いやいや 翼の悪い冗談ですよ

こちら 俺の知り合いで田村さん

はじめまして 田村心といいます

ずいぶん お若い泥棒さんだね

で 田中さん 最近調子どうよ?

何か変わったこととか ない?
(田中)なんも

仕事が休みの時は

息子が仙台から来て
面倒を見てくれるし

村のもんは
交代で世話をしてくれるし

音臼小の子供達も毎日来てくれる

そうですか にぎやかでいいですね

最近は 詩もどんどん降りてきてな
忙しいよ

そりゃいい
田中さん 詩を作るのが趣味なんだ

そうなんですね
目が見えんもんだからな

その時々に 家にいるもんに

書き留めてもらってるんだよ

その辺にノートがあるだろう

あっ…

見せていただいても いいですかね
ああ

ありがとうございます
すいません

へえ ホントに色んな人が
出入りしてるんですね

玄関の鍵をかけたこともない

取られて困るようなものも
ないしな

動物…?

ウサギかな?
うん 言われてみれば

こりゃまた… 気味の悪い

田中さん
ここに描かれてる絵は どなたが?

絵?
はい

さあ わしゃ知らん

あの絵 何か気になるんですよね

とにかく 俺も
トロール強化するし

火事が起こる予定の日は 念のため
2人で この家に詰めとこう

そうですね

<絶対に火事を防ぐ>

<過去を変えられれば>

<音臼小事件を止めることも
できるはずだ>

(声が裏返る)はじめまして

臨時教員として

(せきこむ)

頑張って

みんなの担任を
することになりました

田村心です
よろしくお願いします

(みきお)はい よくできました
ありがとう 加藤みきお君

えっ 先生 僕の名前知ってんの?
知ってるよ

ていうか先生は
全員の名前知ってます

冴島真理

野村悠 佐野鈴

はい
三島明音

児玉直弘 工藤さゆり

西脇勤 佐田悦子

佐藤陽
(真理)先生 すご~い!

すご~い
すご~い

僕は 学校の先生になるのが
ずっと夢で

なので 今日 君達に会えたことが
すっごく嬉しいです

今日から よろしくね

(児童達)はーい!

うん

よし じゃあ授業始めるから
教科書出そうか

(さつき)今日は
芋ようかん作ってきたの

(香奈)いつも すいませ~ん

さつき先生 僕やりますんで

あっ いいのいいの
好きでやってんだから

すいません
ううん

あの… あれは?

あっ ウサギ小屋

子供達が みんなで世話してんの
ふ~ん

(長谷川)みんな!
あっ 翼君 また来てる

ホント 子供好きだな~
学校にもよく来るんですか?

しょっちゅう来て
子供達の面倒見てくれてんのよ

もうすぐ うちの工場の
パートの女性と結婚すんのよ

優しいし
あの子は いいお父さんになるわ

《おい泥棒野郎
早く村から出てけ!》

はいチーズ

何ちゃん 何ちゃん? ウサギは

(佐野・和子・鈴・慎吾)心さん
就職おめでとう!

ありがとうございます
ていうか カニがすごい

佐野家名物 カニラーメンだよ~

新米先生 頑張れよ!
はい

よしっ じゃ伸びないうちに
食べちゃおう なっ

いただきま~す
(一同)いただきま~す

いただきます

うん
う~ん!

う~まっ

ほんっとにおいしい

こんな贅沢
たまにしかできないけどね

鈴が とにかくカニが好きだから
ご褒美の時だけ

ああ~ 幸せ~
そうでしょう そうでしょう

お父ちゃまのおかげで
こんなおいしいの食べられてな

幸せだな お子達よ
ホントだよ

みんな お父さんに感謝しないとね

とか言って
足が臭いとか トイレが長いとか

いつも文句言ってんじゃん
だってホントのことじゃん

そんなことねえよ
におうか? 俺の足

バカタレ 食事中!

(鈴)お母さんの勝利
痛いとこ…

カニラーメン食べたいなあ》

《お父さんって
毎日ちゃんと食べてんのかな…》

《あの人のことは口にしないで!》

《もう忘れるの》

《あなた達に父親はいない》

《そう思いなさい》

<俺が知る母さんは
父さんの存在を消していた>

<どこへ引っ越しても
マスコミに追い回されて>

<近所から嫌がらせされて>

<どうしようもなかったんだと
思う>

あっ 母さん
靴下にデカイ穴あいてる!

あっ!
あ~ バレた?

さっき
新しいの買おうと思ったんだけど

カニ買ったら
お金なくなっちゃった

靴下も~ 破れるほどに 臭い足~

このスカポンタン

アラホラサッサー
おお~ もう1回やって もう1回

アラホラサッサー
そっくり

<もう 家族をバラバラにはしない>

<あの事件さえ起きなければ>

<俺達は 普通の家族でいられる>

<笑顔のままで いられるんだ>

<俺が必ず 過去を変えてみせる>

≪おはようございます
おはようございます

あれっ?

あれっ

うわっ

何てことを…

心先生 何してんですか?

あっ!

えっ?

ウサギが死んでる

(悠)昨日まで めちゃくちゃ
元気だったのに 何で?

ねえ さつき先生
何で死んじゃったの?

えっ?
(大貫)ごめんな

血吐いてる
何か変なもの食べたのかな?

(香奈)変なものって…
何か 毒性のあるものとか

毒…?

(長谷川)おはよう
(児童達)おはよう

ほら 今日もアメちゃんあるぞ~
(児童達)イエーイ

《(田中)その時々に
家にいるもんに》

《書き留めてもらってるんだよ》

《ウサギかな?》
《うん 言われてみれば》

《(大貫)何か変なもの食べたのかな
毒性のあるものとか》

《毒…?》

(長谷川)ほらほら はいはいはい
≪ちょうだい

(長谷川)2個いった
誰か分け合って

ねえ みんな!

みんなさ

他人から気軽に 食べ物とか

もらっちゃいけない ねっ

先生 何言ってんの?
翼君は友達だよ

どういうつもりだよ?
学校のウサギが死んでたんだ

先生 もしかして
翼君を疑ってんの?

他のウサギは?
こっち

ふざけんな

ウサギのことは
みんなショックだったよね

だけど…
先生が殺したの?

えっ?
先生 うちの倉庫から

パラコートを盗んだんでしょ?

《ごめんね》
《(千夏)泥棒!》

(明音)翼君が言ってた

心先生が怪しい って
みんな言ってるよ

(勤)犯人は心先生だ 人殺し

人殺し 人殺し

やめてよ!
何でそんなこと言うの?

鈴…

人殺し 人殺し

みんな やめなよ

心先生
はい

校長先生が呼んでます

ウサギの件で 刑事さんが
話が聞きたいと

えっ 何で僕に?

心さんは関係ないって
言ったんだけどな

(金丸)あんたが
この学校に来てすぐ

ウサギが殺された

千夏ちゃんが誤飲した
パラコートも

あんたが盗んだものじゃないか
って疑いも まだ残ってる

いや パラコートの件は
翼の誤解ですって

ここは こないだまで 事件なんて
な~んも起きない平和な村だった

あんたが来るまではな

次は何だ? 何たくらんでる?

三島千夏とウサギの次は
誰を殺すつもりだ?

何もたくらんでません

ウサギの件も
僕は何も知りませんから

失礼します

金丸さんが言うような悪人じゃ
ないと思いますけどね

何で言い切れる?

あんたは 昨日今日会った人間の
裏側まで分かるってのか?

いや…

あの男がこの村に来た
ホントの目的ってのは何なんだよ

未来から来たらしいんです

えっ?
あ いや…

いや もちろん そんなことは
信じられないのは 私も同じですよ

同じなんですけど

こうも立て続けに
色々予測されちゃうと

未来を知ってるとしか思えないな
なんて…

意外だよ
あんたが こんな時に

くだらん冗談言う人間とは
思わなかった

あれ 絶対 翼君がウサギ殺した
って疑ってたじゃん

心先生 許せない

でも 明音ちゃんが
こないだ遭難した時

助けてくれたの 心さんだよ

それとこれとは別
心先生は信用できない

千夏が死んだ時も
うちの病院にいたんだから

心さんは そんな人じゃない!

何も知らないくせに

(明音)このキーホルダー返してよ

鈴ちゃんになんか
あげなきゃよかった

やめてよ 引っ張るの
ちょっと待って 2人とも

ねえ ねえ ねえ
やめよう やめよう

いじわる 明音ちゃんのバカ!

鈴 ちょっと待っ… 鈴!

翼君は 絶対
ウサギ殺したりしてないから!

(紀子)翼君 これ 頼まれてたもの

そこ置いといて

あんたも物好きだなあ

ただの落書き
わざわざ また見に来るとは

そうですよねえ…

<やっぱり これはウサギなんだ
てことは>

<この絵にも
何か意味があるのかもしれない>

田中さん この絵
いただいてもいいですか?

田中さんのノートに
ウサギの絵を描いた人物が

学校のウサギの殺害予告を
していた可能性もありますよね

もちろん 単なる推測なんですけど

そしたら
この絵も気になってくるな

この上にあるのは… 何だこれ?

竹とんぼか?
分からないですけど

この絵が
明日起こる田中さんの火事と

関係があるかどうかも
分かんないし

とにかく 今できるのは
火事を阻止することだな

はい
よし 朝イチで行くか

明日 日曜だ

田中さんの息子も
来てるかもしれんが

ホントのこと言うわけにも
いかねえ

火事が起こるのも
何時になるか分からんし

日付が変わるまでは
見届けないとな

長時間居座れる口実 考えとこう
そうですね はい

心さん

金丸さん 面倒なおっさんだけど
辛抱な

はい 僕は大丈夫です

《(金丸)次は何だ
何たくらんでる?》

《三島千夏と ウサギの次は
誰を殺すつもりだ?》

《あんたは 昨日今日会った人間の
裏側まで分かるってのか?》

うるせえっつーんだよ

(鈴)信じらんない 心さんは
明音ちゃんの命の恩人なのに

妹の千夏ちゃんも亡くなったし

気持ちが不安定なのよ

分かって…
分かんないよ!

もう 明音ちゃんなんか 大っ嫌い

死んじゃえばいいのに

何 バカなこと言ってんの!

心さん

すいません 僕のせいです

心さんが謝ることないわ

たまには
ガツンと言ってやんないと

フッ

これ

去年 村のお祭りの

家族対抗にらめっこ大会で
優勝したのよ

賞品がカニだったから
鈴が えーらい気合いでね

ホントにいい家族ですね

いつも みんな笑ってて
ハハハハ

うちは
明るいだけが取り柄だからねえ

でも…

この子達が笑ってくれてりゃ
私は それだけで言うことないわ

靴下 新しいの買えなくても

(ノック)

鈴 おはよう

昨日は 俺のせいで
つらい思いさせて ごめんね

ただね
これだけは伝えておきたくて

お母さんは
鈴のこと すごく大事に思ってる

鈴や慎吾が
まっすぐ大きくなるように

いつも笑っていられるように

そればっかり考えてるよ

自分は 穴のあいた靴下はいてても
何をしてでも

鈴を立派な大人にしてあげたい
って

そういう人だよ

だからさ…

私がいけなかったとは思うけど

出かけるの? そろそろ
結婚式の打ち合わせしないと…

うるせえ!

(正志)佐野さんが 「父さん
かなり弱ってるみたいだから」

「医者に見せたほうがいい」って
言うんだけど

私は 特に具合悪いわけじゃないが

いや でも もう
医者 手配しちゃったんだわ

ハハッ
こういうのはね 念には念を入れて

診るだけ診てもらって
損はねえから

まあ そこまで言うんなら

じゃあ 夕方まで
まだだいぶあるから

薪でも割ってやるよ なっ正志
はい…

起きて ほら父さん お昼だよ

はいはいはいはい お昼にしよう

はいはい お昼 お昼

《このキーホルダー 返してよ》
《(鈴)明音ちゃんのバカ!》

《もう明音ちゃんなんか 大っ嫌い
死んじゃえばいいのに》

《何 バカなこと言ってんの!》

(加納)血圧が少し高いですけど
特に問題ないですね

ああ

<もしも放火なら
何か仕掛けてくるはず>

(物音)

来た

(スコップを踏む)

(物音)

(物音)

(猫の鳴き声)

(ため息)

ああ いやあ 良かったな田中さん
なんも異常なくて

だから言ったろうが うんっ?

わしゃ トイレ

気をつけてよ
はい はいはい

うわっ
父さん!

気をつけてよ 父さん
ああ 大丈夫

すいません カバン

雪崩?
戻りました

ビックリした!
どしたの? 心さん

すいません

(電話のベル)

もしもし はい

いや 娘さんは…
佐野さんなら来てますけど

代わります 奥さんからです

お父さん

鈴が 「明音ちゃんに会う」って
出かけたまま戻らないの

あちらにも連絡したけど
明音ちゃんも帰ってないって

鈴が帰ってこないそうだ
明音ちゃんも一緒らしい

<明音ちゃんが失踪するのは
明日のはず>

佐野さん まさか これ…

これ 鈴と明音ちゃんってことか?

捜しに行きましょう

お… おう

おい正志!
(正志)はい はい

俺達帰るけど お前 火の用心な
絶対に家を空けないでください

お願いします!
はい

鈴と明音ちゃん 見てねえか?

≪いや 見てないなあ
≪見てないっすねえ

明音ちゃ~ん 鈴~!

鈴~!
(井沢)明音ちゃ~ん!

鈴~!
(井沢)明音ちゃ~ん!

鈴~!
明音ちゃ~ん!

いたら返事しな~!
鈴~!

(三島)パパだ 返事をしてくれ!
(聡子)明音~!

鈴~!

明音ちゃ~ん!

うっ あっ クソッタレ

長谷川さん?

長谷川さん!

長谷川さん 鈴と明音ちゃんが
いなくなったんです

長谷川さん
あの子達が行きそうな場所とか

心当たりありませんか?

長谷川さん
ここで何してたんですか?

あ…

明音ちゃんを捜してたんだよ

俺は…

明音ちゃんが こんな小さい時から
一緒にいたんだ

おしめ替えたり

風呂に入れたり

面倒見てた

大丈夫ですか?

心さん!
ああ

ダメですか?
ダメだ いない

2人とも どこ行っちまったんだ

もう 何で鈴まで

鈴まで?

鈴「まで」って どういうこった?

もしかして 心さん
こうなることも知ってたのか?

いや…

でも 行方不明になるのは
明音ちゃんだけで

それも明日の予定でした

ああ

過去が変わったんです

過去が 変わった?

心さん

心さんが持ってる あのノート

あれ 見せてくれねえか?

いや さっき拾った時に
チラッと中が見えた

あれには未来のことが
書かれてんじゃねえのか?

<この人の未来だけは
絶対に言えない>

やっぱり

見せてくれよ 心さん

何か手がかりが
あるかもしれねえだろ

いや これはちょっと
何でだよ?

俺が未来のこと知って
困るようなことなんかねえだろ

見せろって おい
時間がねえんだよ

やめてください!
何で見せらんねえんだよ!

俺のこと信用できねえのか!
違う そういうことじゃないんです

鈴の命が懸かってんだよ!

あんたにとっては赤の他人でも

俺にとっちゃ
大事な家族なんだよ!

でも これはダメなんです!
何でだよ!

見せろって
見せろっつってんだよ!

どういうつもりだ? やっぱり
何かたくらんでんのか えっ?

もう信用できねえよ

(井沢)文ちゃ~ん!

鈴ちゃんが

明音ちゃんと仲直りしたくて

バス停で待ち合わせして
待ってたんだけど 来なくて

明音ちゃんとは
会ってないんだね?

明音… 明音…

大丈夫 大丈夫だ

明音ちゃんをどこへやった?

えっ?
あんたは明音ちゃんの担任だ

警戒させずに連れ出すくらい
簡単だろ?

金丸さん
それとも

(小声で)もう殺したのか?

俺は何もしてませんよ

明音ちゃんを捜してきます

(心が出ていく)

(すすり泣き)

おうちに帰りたいよ

誰か!

誰か助けて!

キャッ!

どうして こんなことするの

ここから出してよ!

村ん中 隅から隅まで
捜したんだけど

クソッタレ

(徳本)今夜は底冷えしてっからな
無事だといいが

(戸が開く)

お父さん
おう 文ちゃん

どうだった?

あいつは?
心さんも まだ帰ってないのよ

明音ちゃ~ん!

(森)ホントに明音ちゃんを
捜してるようにも見えますけどね

明音ちゃ~ん!
まあ見てろ

あいつには 絶対何か裏がある

明音ちゃ~ん!

(戸が開く)

ちょっと~

まさか 夜通し捜してたの?

でも見つからなくて

朝ご飯 すぐ作るから
とりあえず体温めないと

大丈夫です 着替えだけしたら
すぐ行きますから

(戸が開く)

(ため息)

明音ちゃ~ん!

<明音ちゃん どこにいるんだ?>

明音ちゃ~ん!
≪明音ちゃ~ん!

≪明音ちゃ~ん!
明音ちゃ~ん!

至急 至急 音臼川河川敷で

女子児童のものと思われる
手袋を発見

≪こちらです

どうですか
明音ちゃんのものですか?

違う 明音のものじゃない

ああ… もう耐えられない

奥さん 大丈夫 必ず見つけるから

心先生
何か知ってるんじゃないの?

えっ?
千夏の時もそうだったけど

あの人は信用できない
みんな そう言ってるわ!

どうなの? 佐野さん!

(三島)佐野さん 心先生に

何か知らないか
聞いてもらえないか?

頼む! このとおりだ

<過去を変えることは
やっぱり不可能なのか?>

<このまま 犯人の狙いどおりに
明音ちゃんは…>

あっ やっと見つけた

和子さん

こんなところで
青い顔して座り込んで

とにかく 体をあっためて

心さんが倒れたら意味ないよ

ああ…

早く明音ちゃん
見つけてあげなきゃいけないのに

どこ捜しても 全然見つからなくて

きっと この寒さで

つらい思いしてるのに

ちょっと… ついて来て

鈴 どうした?

明音ちゃん 絶対見つかるよね?

ああ

私は
心さんが あんなこと言われるのは

違うと思う

これ

ここですか?

明音ちゃんが早く見つかるように
お祈りしよう

何か心配事があると いっつも
ここに来て手を合わせるんだ

そうすると
気持ちが落ち着くのかな?

自然と 家族の顔が浮かんでさ

「あっ 私は一人じゃないんだから」
って

「何があっても乗り越えてやるぞ」
って思えるんだ

《あの人のことは口にしないで!》

《あなた達に父親はいない》

《そう思いなさい》

何があっても ですか?

いや
そんなに強くいられるもんかな

俺の友達に

父親が殺人犯として逮捕されて

家族がバラバラに
なっちゃったやつがいるんです

もともとは
すごく信頼し合うご夫婦でした

でも そいつの母親は

子供達に
父親のことは忘れなさい と言った

すいません こんな話

でも俺は 実際そんなもんだろう
って思うんです

家族なんて
その程度のものなんだろうって

信頼し合ってるように見えても

もろいもんだな って

もし…

私が
そのお母さんの立場になったら

同じこと言うかもしれないな

そのほうが
子供達を守ることになるなら

んで きっと
心の中でお父さんに言う

これでいいのよね って

親ってさ

子供を守るためなら
どんなことでもするもんだよ

だって 子供達は

大切な人との間に授かった

大切な宝物だから

宝物…

うん

だから 嫌な目に遭ってる子供達が

少しでも救われるなら

「お父さんなんて
いないと思いなさい」って

言うかも

そりゃあ つらいけど

でも お父さんなら
きっと分かってくれると思うし

何より お父さん自身が

子供達には
元気で生きてってほしいって

願ってること
私は よーく知ってるから

《子供守んのが 大人の使命だろ》

《鈴も慎吾も 3人目の子も》

《とにかく元気でな
楽しく生きてってくれりゃ》

すごいですね

すごいです

心さんも 親になりゃ分かるよ

うちの子は 確かにおバカだけど

でも めちゃくちゃかわいいもん

<母さんは 父さんの存在を
消したわけじゃなかった>

<いや むしろ心の奥では>

<ずっと父さんのことを
信じてたんだ>

心さん お母さん

ん~っ
あ~あ~

鈴が
「たぶん ここじゃないか」って

和子
ありがとう

私 明音ちゃんが見つかるように
お祈りしたい

俺も お祈りする
行っといで

ありがとな
鈴のこと気にかけてくれて

《私がいけなかったとは思うけど》

《お母さんが
一生懸命くっつけてたよ》

《鈴の大事な思い出だから って》

《お母さんは
いっつも鈴のこと思ってる》

《鈴と 鈴の家族は
どんな時だって つながってる》

《そうでしょ?》

いえ

殴ったりして悪かった

もう ノートなんか
どうだっていいや

俺 心さんを信じる

グジグジ人を疑うの
ガラじゃねえしな

佐野さん

あっ

イテッ

これからも よろしく頼むわ

こちらこそです

しかし さすがに こたえてるなあ
あいつらも

わあ 今日は星がすごいよ

見て見て すっごくキレイ

ホントだな

宝石箱みたいだ なあ鈴 慎吾

キレイ

みんなで手つなごっか?

えっ?

おっ そうだな
よしっ 手つなごう ほら

みんなでな はい

うわあ すげえなあ
う~ん

(慎吾)星って
全然見えない日もあるのにね

そうね
でも 消えてなくなるわけじゃない

たまたま見えない日もあるけど

見えないだけで
ずっと輝いてんだぞ

きっと見つかるよね 明音ちゃん

お祈りしたから大丈夫だ

明音ちゃん連れて
またみんなで 星見に来ようね

(慎吾)来よう 来よう!

(ため息)

<せめて
この竹とんぼの意味が分かれば>

≪徳さん おはよう
よしっ

あれっ 店長が配達なんて珍しい

翼は?
≪昨日から無断欠勤

連絡取れないと困っちゃうよ

《明音ちゃんを捜してたんだよ》

じゃあね 徳さん また

あの! あの すいません

えっ えっ おっ?
すいません

あの 長谷川さんのうちって
どこにあるか分かります?

(ブザーを鳴らす)

すいません 長谷川さん!

(ドアを叩く)

何なんですか? こんな朝から

《もうすぐ うちの工場の
パートの女性と結婚すんのよ》

あっ 田村といいます

長谷川さん いらっしゃいますか?
いません

今 どこにいるか…
知りません

佐々木紀子?

<この名前 どっかで見た気が…>

あっ これだ

「佐々木紀子 2月18日 自殺」

「死因はシアン中毒」

「シアン化カリウム イコール
青酸カリ」

「メッキ工場で使用する」

<さつき先生の家は メッキ工場
つまり>

<メッキ工場で働いてる
あの佐々木って女が>

<やつに青酸カリを渡した>

やっぱり長谷川か 真犯人

先生 何やってんの?
おお みきお 悠 おはよう

今ね 明音ちゃん
捜してるんだけど

何これ?
変な絵

このさ 竹とんぼみたいなやつ
知らないよね?

ああ~

あれに似てるな

写生大会で山に行った時さ
小屋にあったじゃん

あっ ホントだ 風速計

そうそう 風速計に似てる

風速計

ねえ それさ どこか分かる?

心さん こっち
はい

あそこ あそこ これこれこれ

明音ちゃん 明音ちゃん!
明音ちゃん

明音ちゃん…

息がある

心さん 生きてる
えっ?

明音ちゃん 生きてるぞ

(金丸)動くな

何も触るな

救急要請するより
運んだほうが早い

三島医院に運べ
あと ここに応援を 大至急

はい

ここに明音ちゃんが
いると なぜ分かった?

手がかりと思われる絵を
入手しまして

この場所ではないかと
推測しました

その絵ってのを見せろ

<しまった ノートの中だ>

<あのノートは
絶対に見せられない>

ああ じゃあ 署でゆっくり
話 しよう なっ

ちょっと待ってください
俺は何もやってません

イッテ~

田村心
公務執行妨害で現行犯逮捕する

金丸さん そんな無茶な

至急 至急
音臼神社で男性の遺体を発見

所持品より 男性の身元は
音臼村在住 長谷川翼とみられる

繰り返す 所持品より
男性の身元は 長谷川翼とみられる

派手にやってくれるじゃねえか

<長谷川が… 死んだ?>

<じゃあ 真犯人は 誰だ?>