ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ハイポジ 第3話 柳憂怜、鈴木絢音、今井悠貴、めがね、いしのようこ… ドラマの原作・キャスト・音楽など…

『真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 小沢
  2. 天野
  3. 馬場
  4. 幸子
  5. 光彦
  6. アンタ
  7. ホント
  8. ハァ
  9. お願い
  10. 丸尾
  11. 人生
  12. オメエ
  13. 昨日
  14. 明日
  15. 靖子
  16. アイツ
  17. ケンカ
  18. コイツ
  19. ヤツ
  20. 意識

f:id:dramalog:20200126074016p:plain

『真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」[字]

会社をリストラされ、離婚も秒読みの光彦(柳憂怜)は風俗店で滑って頭を打って、意識不明になった。気がつくと魂は46歳のまま、身体は16歳の自分の中にいた。

詳細情報
番組内容1
第3話「JINGI・愛してもらいます」
未来の妻・幸子(鈴木絢音)を2回も呼び捨てにしてしまった光彦(今井悠貴)は、幸子の親友・丸尾(めがね)に幸子が好きなんだろうと学校の廊下で詰め寄られる。
番組内容2
好きなら告白しろとさらに追い込まれ、幸子(いしのようこ)との結婚生活を思い浮かべながら、光彦が発した言葉は…。
放課後には、校門で昨日絡んできたラブ高の不良たちが光彦とさつき(黒崎レイナ)を待ち伏せしていた。校門に歩いて行こうとするさつきを引き止め、光彦は一人で不良たちに立ち向かう。
出演者
天野光彦(16歳)…今井悠貴
天野光彦(46歳)…柳憂怜
小沢さつき(16歳)…黒崎レイナ
司幸子(16歳)…鈴木絢音(乃木坂46)
司幸子(46歳)…いしのようこ
馬場真…伊島空
丸尾佳代…めがね
原作脚本
【原作】
きらたかしハイポジ』(双葉社刊)漫画アクション連載
【脚本】
開沼豊
監督・脚本
【監督・脚本】
平林克理 茂木克仁 松下洋平
音楽
【音楽】
倉堀正彦
制作
【制作】
テレビ大阪/ダブ
【製作著作】
ドラマ「ハイポジ」製作委員会

 

 


(光彦)突然の離婚話で
やけになって風俗行ったら

転んで頭打って
高校時代にタイムスリップ。

(光彦)16歳のときの俺だよ…。

いや~ 懐かしいなぁ
なんて思ってたら

ずっと片思いだった
小沢さつきとかいて…。

な… 何を聴いてんの?

(光彦)調子にのって
声かけちゃったりなんかして。

そのあと
不良に絡まれているところを

なんと 助けてくれたのは小沢。

(さつき)逃げよう。

でも 俺 クラスで ケンカに勝ったって
ウソついちゃって…。

オメエがやったのかよ?
うん…。

(光彦)このままじゃ
初恋の人に嫌われる…。

だから これから
ちゃんと謝ります。

何?
ん?

小沢さん。

なんか
小沢さんのこと言えなくて…。

俺が ケンカに勝った
みたいになっちゃって

ホントに…。

ホントに ごめん。

別にいいよ。

えっ?

ケンカのことなんて
別にどうでもいい。

えっ?

そのまま天野が
やったことにしといて。

いや… で でも…。

お… 小沢さん? あっ…。

何? 何? 何?

そのまま天野が
やったことにしといてって。

もう関わんないでってこと?

もしかして
嫌われたってこと? あ~。

待て待て 待て待て 待て待て…。

ここで ネガティブになっちゃだめだ。
また同じ人生 繰り返すつもりか?

青春なんて あっという間だ。

俺が このころ夢見てたのは
そう あの青春漫画のような

恋愛 友情 光と影。

二度目の青春。

(2人)まだまだ これからだ!

(幸子)やっぱ やめよう。
(丸尾)だめだよ。

こういうのは
ちゃんと聞いたほうがいいの。

(丸尾)あの~
天野くん… だよね?

は… はい。

君 幸子と
しゃべったことないよね?

うん まぁ… はい。

しゃべったことないのに

なんで呼び捨てにしてたの?

しかも1回じゃなくて
2回も。 2回もだよ?

そんな何回も呼び捨てにするって
おかしいよね?

どういうつもりなの?

どういうつもりって言われても…。
いい?

はっきり言うけどさぁ アンタ
幸子のこと意識してんでしょ?

《なんなんだ? この女。

意識?
意識どころか幸子はなぁ…》

アンタ ひきょうよ!
ちゃんと言いたいことあるなら

ちゃんと はっきり言いなさいよ!

えっ!?
だから…。

ちゃんと告白すりゃあいいじゃん。

幸子のこと 好きなんでしょ?

好き?

(丸尾)そうよ。

《幸子… 確かに
俺は将来 君と結婚する》

《いつの間にか
話さなくなっちゃったけど》

《本当に好きで
結婚したんだよな》

《でも今は このときは まだ…
好きじゃない》

好きじゃない…。

えっ?

えっ?

えっ? えっ? えっ えっ えっ…。
(光彦)いや…。

(丸尾)えっ えっ…。
いや… あの…。

幸子!

いてっ。

最低。

幸子!!

いてぇ…。

(丸尾)メンゴ メンゴ。

アイツの顔 見てたら
なんかこう 熱くなっちゃって。

(幸子)ちょっと文句言いに
行くだけって言ったじゃん…。

何やってんだよ 俺!

幸子に嫌われてどうすんだって…
未来 変わっちゃうって!

あっ 馬場?

馬場だぁ。
(馬場)おいっす。

頼む… 何とかしてくれ!

いいぞ 話を聞け。
優しく 優しく話を聞け。

いいぞ~。
すべてを まるっと包み込め。

馬場 頼む…。

(馬場)天野。

司幸子のこと振ったんだって?

えっ? 振った?

マジで!?
えっ 何?

マジで?
何? 何?

振ったとか
そんなんじゃないって。

あれは ただ
言葉のあやと言うか…。

(馬場)やっぱ天野って すげぇよ!

司幸子 そこそこ モテんだぜ?

俺ら小学校一緒だからよぉ
知ってっけどな。

3回 振られた。
3回 振られたよ コイツ。

3回だぞ? お前…。

《う~ん… まいったなぁ。

小沢も気になるし
幸子も気になる。 う~ん…。

とりあえず 幸子に謝っとくか。

たしか テニス部だったよな》

おっし! 天野 一緒に帰んべ。

えっ… いや 俺 今からさ…。
そうだ! 俺んち来いよ。

メンツ集めっから マージャンやろうぜ。
なっ? よし そうすっか。

ハハッ!

キャー!
(シンペー)ボ… ボンタン狩りだ!!

キャー!

どうした?

(シンペー)ボンタン狩りだ。
ボンタン… 狩り?

ラブ高が来やがった。
(ノブオ)やべぇよ 馬場ちん…。

(ノブオ)これじゃあ 家に帰れねえよ。
ああ…。

とにかく こっち。

こっち来てくれよ。
こっち! 早く! 早く!

えっ!?

くそっ!

ハハハッ… おいおい コイツは?

コイツ。
違ぇな。

《あぁ… 完全に俺を捜してる》

先輩たちも
裏から バックレやがったし。

うちらで ボンタンは
もう馬場ちんしかいねえよ。

あの2人だけか?
(2人)うん。

よ~し。

《行け 馬場。 行くんだ 馬場》

天野 お前なら
あれくらい いけるよな?

2人しか
いないみたいだし。 なっ?

昨日みたいにチョロっと。 なっ?

えっ?

《馬場 君ってヤツぁ…。

マズい 逃げないと》

ちょっと俺… トイレ行ってくるわ。

ああ… 便所な そうだな。
途中で行けないもんな。

俺らも手伝うから。 なっ?

何か指示くれよ。
言ってくれよ。

ハハッ… ちょっと行ってくるわ。

おっしゃ~。 ハハハハハ!

おい!!
うおっ…。

何あれ…。

あ~ 危ない 危ない。

せっかく神様が与えてくれた
二度目の人生 大事にしないと。

フーッ。

あっ 小沢さん!

あの… 実は
昨日の不良たちが外に来てて。

そう。
えっ?

ちょっと待って?
もしかして行くつもり?

だって 私に用があるんでしょ?

いや そうかもしんないけど…
やめたほうがいいって。

一緒に裏から逃げよ。

ここまで来るくらいだから
簡単に諦めないでしょ。

本当に行くの?

小沢さん 怖くないの?

うん 大丈夫。

《俺よりも ずっと若いのに

なんて強いんだ…》

待って!

これは もともと俺の問題だから。

小沢さんを
巻き込んじゃったのは俺だから

自分で なんとかするよ。

だから… ありがとう。

俺は ホントに情けない。

こんな若い子たちに任せて
逃げようとするなんて…。

ここは男らしく 俺が自分で…。

天野 俺たち どうすりゃいい?

おぉ わかった わかった…。

だめだ…。
指示くれよ。

心臓が バクバクする…
膝も ガクガクする… どうしよう…。

震えてるよ あれ。
うん 武者震いや。

えっ? あんな武者震いある?

フーッ…。

おい お前たち。

あっ。

おい 待たせやがって!!

あの女は?

もう 帰ったんじゃないかな。
適当こいてんじゃねぇぞ こらぁ!

ヤバイ ヤバイ。

こ… ここ目立つから
場所 変えませんか?

上等だ! こらぁ。

来いよ こらぁ!
いててて…。

馬場ちん 行かないと。

天野! 天野 どうすりゃいい?

おお わかった わかった。
えっ… 今なんて?

ちょっと 馬場ちん
呼んでんじゃないの?

おい! 見んじゃねぇ!

来いっつってんだろ。

おい!

痛っ! ハァ… ハァ…。

あれで終わりだと
思ってんじゃねえだろうな?

いえ そんなことは…。

こっちは女にやられて
死ぬほどムカついてんだわ。

そうですよね~。

オメエらは 愛田商業に
ケンカ売ったんだかんな?

それが どういう意味か
わかるよなぁ?

お気持ちは重々。
とりあえず…。

あの女の名前 教えろや。

それは ちょっと…
個人情報ですし。

ナメてんのかぁ? こらぁ。

名前 言えっつってんだろぉ コラァ!
はぁ~ ひぃ~!

おい なんとか言えよ。

《小沢… 小沢 小沢… 小沢…》

 

おい。

《何やってんだよ 俺…》

はぁ? おい こいよ。
おい こいよ。

くぅ! うぅ… うぅ~っ!

くっ…。

すみませんでした!!

昨日は 大変
失礼な態度をとってしまい

本当に申し訳ありません!

どうか このとおりです。
勘弁してください!

あっ 痛っ! あぁ…。

オメエの土下座なんか
クソにもならねぇんだよ。

シャバシャバな野郎だなぁ。

昨日のほうが
根性 見せただけ マシだったわ。

あっ 天野…。

うん?

これ 預かりますわ。

あぁ… あぁ…。

明日の3時に
駅前のモデルってサ店に

あの女と一緒に来い。

わびとして 1人5万ずつだ。
それで勘弁してやる。

ご… 5万!?

バックレたら
オメエの家まで行って殺すぞ。

わっ!

あ 痛っ…。

(笑い声)

チクショウ… 情けない…。

二度目の人生
失敗ばっかじゃないかよ…。

ハァ… ハァ…。

前の人生のほうが よかったかも。

天野さん 今日で最後だよな?
あの年でリストラ きついよなぁ…。

天野さん 今日で最後だから…。

娘とか…。

あの年でリストラ きついですよね。

うっ… ううっ…

とりあえず帰るか。

どうしよう… どうしようかな~。

どうしようもないよなぁ…。

小沢さつきを
連れてくなんて ありえないし

10万なんて金あるわけないし。

(侑子)ええ ええ…。

ちょっと待ってくださいね。

光彦?

(侑子)光彦 電話だよ。

《も~ 絶対 さっきのヤンキーだろ》

いないって言って。
(侑子)いいの?

女の子よ。 小沢さんって子。

小沢!?

いるよ! いるいる!
いるいる… 痛っ。

もしもし?

小沢です。

どうしたの?

(さつき)いや… あれから
どうなったのかなと思って。

心配してくれたの?

まぁ。

大丈夫 大丈夫。

結構 腹割って話したら
そこまで悪いヤツらじゃなかったよ。

(光彦)ちゃんと謝ったら
許してくれたし。

ホントに?

ホント ホント。 もう心配ないから。

アイツらが学校に来ることは
もう ないと思うよ。

うん わかった。

わざわざ電話していただいて
ありがとうございます。

(さつき)うん。

じゃあ また明日。

はい また明日。

よっしゃ~!

でも 明日の10万どうしよう…。
(靖子)ただいま~。

あぁ!

ちょっと 姉ちゃん。
(靖子)何?

こっちに…。
ちょっ… 何? 何?

ちょっと ちょっと ちょっとだけ。
はぁ? 何? 何? 何? 何?

(光彦)こちらです。

何? 何?

お座りください。

姉ちゃん。

何?

何も言わずに
10万円 貸してください!

はぁ? なんか言うだろ 普通。

死ね。

死ぬから 10万…。

お願いします!

無理。

お願いします。 お願いします…。

お願いします… お願…。

うっ… お願いします…。
あっちいけよ~!

う~っ!

そんな金 持ってねえし。

持ってても貸さねえから。

お願いします。

10万なんて何に使うんだよ?

それは…。

(靖子)ラブ高生と!?

ったく バカだねぇ アンタ。

アンタみたいなのは おとなしく
カツアゲされてりゃいいの。

アイツら ビーバップなんだからさぁ。

ハァ… 一度目の人生は

そうしたんですけどねぇ…。

はっ?

あっ… えっと…
おっしゃるとおりです。

それで その顔?

お察しのとおりです。

ハァ…。

ったく アンタ どうしちゃったわけ?

そんな根性あるヤツじゃ
なかったじゃん。

今までのアンタだったら 私に
頼み事なんてしてきてないし。

母さんも言ってたけど

いきなり別人に
なったみたいだなって。

でも…。

今のアンタのほうが
前より100倍マシだけどな。

えっ?

なんか いっつも暗かったし

生きてんのか死んでんのか
わっかんねぇツラして

気持ち悪かったけどさぁ。

なんか やっと
男らしくなってきたっつうか…。

誰かのために体 張ったんだろ?

アンタにしては上出来じゃん。

うぅ~。
わかったから泣くなよ。

なんとかしてやっからよ。

姉ちゃ~ん!

うぅ…。
あっ… やめろよ!

わかったから
もう 離せよ… 離せよ!

姉ちゃ~ん…。

姉ちゃ~ん!

離せ 離せ! 離せ 離せ もう!

姉ちゃ~ん!
あ~ もう疲れたから ホントに。

姉ちゃ~ん!
もういいよ!

離して!

姉ちゃ~ん!

(靖子)キモい! うるさい 離れろ!