ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第202話 石坂浩二、水野久美、丘みつ子、大空眞弓… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #202 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. マヤ
  2. マロ
  3. 先生
  4. ハハッ
  5. 玉子
  6. 黒蜥蜴
  7. 大丈夫
  8. 本当
  9. ボンボン
  10. 賛美歌
  11. 中里
  12. 部屋
  13. 怜子
  14. ハッ
  15. ホッピー
  16. 演技
  17. 桂木
  18. 人形
  19. 葬式
  20. 弔辞

f:id:dramalog:20200123184430p:plain

『やすらぎの刻~道 #202 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #202 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
“シロ”こと竹芝柳介(関口まなと)は、イギリスの母親代わりの夫人に連れられ、やすらぎの郷を去った。菊村栄(石坂浩二)は、彼のテレビ界への復帰を相談するため、ディレクターの中山(近藤正臣)に会う。一方、栄はシナリオ界の巨匠・向井爽吉が実はずっと“郷”に入居しており、長いこと意識不明だという事実を知る。そこに向井の娘・あゆみ(竹下景子)が現れ、胃ろうの処置をしてでも延命したいと望む。それを聞いた栄は…
◇出演者
石坂浩二水野久美丘みつ子大空眞弓いしだあゆみ橋爪功ミッキー・カーチス加賀まりこ浅丘ルリ子
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
藤田明二
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(菊村 栄)
〈向井爽吉が この世を去った〉

〈学生時代から 私が憧れ
心の師としてきた

シナリオライターだった〉

〈向井先生の住んでいた部屋で
私は

先生が最期まで書き続けていた

未完のシナリオの草稿を
見つけた〉

〈それは 私の神様が
死ぬまで書いていた

初めて見る自筆の文字だった〉

〈その文字に 私は胸を打たれた〉

♬~

〈向井先生は 96歳の今まで
書く事をやめてはいなかった〉

〈その事が
私の心に とどろいた〉

〈先生は 最期まで
シナリオライターを貫いたのだ〉

〈書くという事は すなわち
生きるという事なのだ〉

(ノック)

はい。

ごめんなさい。
ハハッ… どうしました?

ちょっといいですか?

ええ… どうぞ。 どうぞ。

ハハッ…
いや お茶でも いれましょうね。

あっ どうぞ お構いなく。

(さとみ)それより
話を聞いてほしいの。

はあ…。

どうしたんです?

いつか 先生にも
お見せしたでしょう?

(さくらの声)
与先生からお借りしたお人形。

あっ… はい。

あれが 部屋から
なくなっちゃったんです。

なくなった?
なくなったって…?

盗まれたんですよ!

盗まれた…? 誰に?

それが… まあ これ
疑うのも あれなんですが

多分
桂木さんが持って行ったんです。

桂木夫人!?

こないだ
私の部屋でお茶をなさって

そのあと
棚から消えちゃったんです。

そ… それ いつの事です?

先週の金曜です。

あっ 金曜…。

ほら みんなで
東京 行きましたでしょ?

あの翌々日の日だったと思います。

玉子さんに それ 話しました?

いいえ~!

いやあ もしも
こっちの思い違いだったとしたら

とても失礼になりますでしょ?

(さとみ)でも あなた
それは はっきり聞くべきよ!

あの人 以前 どっかで万引きした
っていう噂もあるしさ

多分 元々 盗癖があるのよ。

あの… 先生から
玉子さんに聞いて頂けませんか?

夫人のところに あの人形ないか。

はあ… わかりました。

お人形!?

ええ。 あの… このくらいの…。

どういう?

あの… 布で こう できてて
昔風の女の子の…。

与勇輝先生っていう その…
人形作家がお作りになった…。

わかんない。

その人形が どうしたの?

あの… さくらさんのところに
あったのが

いや 消えちゃったんですよ。

消えた!?
ええ。

ハッ!
それね きっと盗まれたのよ。

えっ?

それはね…

あ~!
黒蜥蜴の仕業に間違いない。

クロトカゲ?

えっ! 黒蜥蜴 ご存じない?

江戸川乱歩の小説の中に
出てくるのよ。

それをね あの三島由紀夫さんが
戯曲化して それで…。

いや 面白かったのよ これがね。

それで 結局 明智小五郎がね…。

(ドアの開く音)

あの… これの事ですか!?

そ… そうです!
(玉子)えっ!?

あっ なんだ それの事。
早く言ってくれりゃいいのにさ。

こないださ
さくらさんのとこに行ったらさ

この子が
妙に私に懐いてきちゃってさ

コトコトついて来るのよ。

夜中にコトコト 扉たたいて。

「だあれ?」って聞いたらさ
この子がさ 立っててさ

「泊めてくださ~い」って
言うのよ!

お返ししてきますよ。
いいですね?

うーん… うん!

そいじゃさ また来てね~!
(投げキスの音)

(怜子)バイバ~イ!

ああ…!

(玉子)本当に
申し訳ございませんでした!

(さくら)いいえ!
見つかってホッとしましたわ!

これ 先生に
お借りしてるものだから。

本当に…
本当に申し訳ございません!

あの… この事 どうぞ ご内聞に
お願いできますでしょうか?

(さくら)いや もちろん
ご内聞にいたしますわ。

見つかって ひと安心!
もう 早く先生にお返ししますわ。

本当に なんとも あの…
どうぞ お許しくださいませ!

いえいえ!

一体 どういう事なんです?

玉子さん
わかってらしたんでしょ?

でも 人形が部屋にあったって事は
気づいていらしたんでしょう?

いや 誰かから
借りてきたもんだとは

思ってました。
ああ…。

さっき 夫人がおっしゃった
あの…

あとから
コトコト歩いて来たっていう

あの まあ 言い訳。

あれ 全部 彼女の演技ですか?

いや… 演技とも言えないんです。

あの… あの人 最近 時々

ああいう とんでもない事を
言いだす事があるんです。

こないだ 原宿で
万引き仕損なった時だって

えー… 「黒蜥蜴が
私には すみついてる」とか。

うーん…
名倉先生に相談しました?

しました。
なんておっしゃってました?

認知症の一種かもしれないし…
ある種の演技かもしれないし。

うーん…。

もう少し様子を見て
対策考えようって

おっしゃってました。

まあ 玉子さんは

夫人と ずっと一緒に
いらっしゃるわけだから

本当のところ どう思います?
フフッ…。

まともじゃないと思ってます。
うん…。

あの人の盗癖は 昔からあって

自分でも それに
時々 気づきます。

で 気づいて
うんと落ち込む事もあるんです。

そういう時は
こちらも つらくなります。

サロンに
大きなつぼがありますでしょう?

あのつぼ 欲しいから
盗るのを手伝ってって

こないだから
何度も言われたんです。

そんな事しちゃいけませんって
私が もう… 散々言うと

わかったって言うんです。

でも しばらくしたら
また同じ事 言いだします。

えー… 「私は黒蜥蜴だから
盗むのが仕事なの」って。

江戸川乱歩の『黒蜥蜴』には

黒蜥蜴は 左手に あの…
黒いトカゲの入れ墨してます。

あの人 自分の左腕に

黒いトカゲの絵を
ペンで描いてるんです。

先生 あの人 病気なんです。

♬~(店内の音楽)

(ホッピー)いらっしゃい。
(マロ)オイッス! ヘヘヘヘッ…!

(ロク)おい いいのかい?
酒なんか飲んで。

いや 大丈夫 大丈夫!
大丈夫だよ。

ホッピー いつもの。
君の愛を込めて。 よろしく。

(ホッピー)わかりました。
(マロ)フフフフッ…!

(マロ)おい
いよいよ 俺の告別式だ。

うん? うん。

〈ここにも
もう一人 病人がいた〉

(マロ)先生とさ マヤには

弔辞を こう…
言ってもらうんだよ。

思いっきり みんな
泣くようなやつを頼むよ。 ねっ。

それからね 壇上に
花に こう うずもれて

俺は こう…
わーっと周り 全部 花なんだ。

それで みんなでね
賛美歌を歌うんだ。 わーっと。

ええっ!?
くっ…!

いや 賛美歌ったって
キリスト教のさ

ああいう賛美歌じゃないよ。
俺のね 好きな曲。

生前 好きだったやつ。 ねっ。
いろんなのが あるんだよ。

もう 軍歌とかさ 軍国歌謡とか

懐かしの歌謡曲とか
フォークソングなんかもあるよ。

いっぱいありすぎたんでね
とりあえずはね

書いてきたよ いろいろ ここに。
ええっ!?

(マロ)この中から選んでよ。
おいおい!

(マロ)ねっ。 2~3曲
歌ってくれたら いいから。

それが終わったらね
みんなで飲んでくれ。

それでさ 俺の悪口を

ボンボン ボンボン
ボンボン ボンボン

みんなで言うんだよ。
ハハッ!

(マロ)俺は死人だから
ほら 何もしゃべれないだろ。

腹が立ってもニコニコ笑ってる。
ハハッ! ちくしょう!

それが 俺のね
生きてる間にやる告別式だ。

どうだ! ハハッ!

あっ 言うの忘れてた。
んっ?

香典だけは
しっかりもらっておいてくれよ。

ええっ!?
(衝撃音)

(中里 正)大丈夫ですかっ!?

あっ…。
(中里)桂木さん 大丈夫ですか!?

あっ!

か… 桂木さん…!
ど… どうして!?

(怜子)ああ ああ… あっ…。

(中里)
ううっ! ちょ ちょ ちょ…!

手 手 手!
手離して! 手離して!

(怜子)ううっ! うう~っ!!

(中里)起きない…! ううっ!

ううっ! うう~~~っ!!

(水谷マヤ)あのつぼを!?
盗もうとしたの? 桂木夫人!

それでね
重くて持ち上がらなくてさ。

押し潰されちゃって もう…
ギックリ腰。

バッカじゃないの!?

どいつもこいつもさあ!
へえ~!

(手をたたく音)
面白いじゃない! マロの葬式!

うんと悪口言ってやろうよ!

マヤ。
なあに?

面白いわよ これ
マロのお葬式なんて。

みんな乗るわよ!
(マヤ)うん。

盛大にやってやろうよ!
(マヤ)うん うん うん。

あんた
思いっきり悪口詰めた弔辞

読んでやりなさいよ。
栄ちゃんもね!

はい!

あいつ 普通のお葬式みたいな
弔辞ってものは

心にもない おべんちゃらを
言われるもんだと思ってるのよ!

(お嬢)
とんでもない! とんでもない!

はあ~
死んでくれて やっと清々した!

(お嬢)まったく
ロクな奴じゃなかった!

これまでの悪事
散々 書き立ててさ!

前科の事も
何回も替えた奥さんの事も

十何人いる隠し子の事も。
(マヤ)うんうん!

ああ いいわよ!
あたしたち 聖歌隊作って

みんなで
賛美歌で送ってやるわよ。

3部合唱か 4部合唱で。

うん? 何 何?
この中から2~3曲選べ?

嵐を呼ぶ男』… ハッ!

♬~「俺らはドラマー
やくざなドラマー」

ハッ!
なあに馬鹿な事 言ってんの!

いい日旅立ち』… うん。

これは まあ お葬式用としては
おかしくないかもしれないね。

『お座敷小唄』
ハッハッ~! 何考えてんの!

『帰ってこいよ』。

♬~「帰ってこいよ」

こなくていいよ!

喝采』?

誰も あんたに
喝采なんてしません!

『悲しい酒』。

悲しくない! 嬉しい酒です。

『傷だらけの人生』。

うん。 これは まあ そのとおり。
まんまかもしんないね。

『乾杯』。

乾杯じゃないの!
お葬式では献杯なの!

『黒い花びら』。

♬~「黒い花びら」

なぜなの?
なぜ お葬式に水原弘

『轟沈』 あっ 軍歌よね?

『さよなら』 『終着駅』。

うん 暗すぎ!

精霊流し
うん! まあ これは候補だね。

『出征兵士を送る歌』。

それは 戦死者に失礼!

♬~「人生いろいろ 男もいろいろ」

ハハッ… そりゃ いろいろだ!

『抱きしめて』。
(マヤ)抱きしめない!

♬~「ついて来るかい」
(マヤ)ついて行かない!

『遠くへ行きたい』。
(マヤ)勝手に行けば?

『泣かないで』。
(マヤ)泣きません。

♬~「ひとりじゃないの」
(マヤ)ひとりなの。

♬~(お嬢)「すてきなことね」

〈一体 どういう葬式になるのか〉

〈私には想像もつかなかった〉

〈だが お嬢たちは 次第に
本気でやる気になっていた〉

(怜子)あいつは
なん~にも わかってない!

(原田 剛)俺と勝負する気か コラッ!
(マロ)勝負!?

(白鳥洋介)僕 もう降ります。
(宗匠)もめるぞ~!

(お嬢)死ぬっていうのは
寂しいものよ。