ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ひとりキャンプで食って寝る 第3話 三浦貴大、北香那、柴田常吉… ドラマのキャスト・主題歌など…

『ひとりキャンプで食って寝る 第3話「嬬恋で焼き鳥ぺペロンチーノ」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. TOKIO
  2. ニンニク
  3. 大丈夫
  4. 東京
  5. 今日
  6. ニオイ
  7. 目痛
  8. イノシシ
  9. キャンプ場
  10. デザート
  11. ハァ
  12. ボケ
  13. 遠慮
  14. 健人
  15. 酸欠
  16. 時間
  17. 七子
  18. 獣臭
  19. 人間
  20. 全部

f:id:dramalog:20200123074145p:plain

『ひとりキャンプで食って寝る 第3話「嬬恋で焼き鳥ぺペロンチーノ」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

ひとりキャンプで食って寝る 第3話「嬬恋で焼き鳥ぺペロンチーノ」[字]

ひとりキャンプ×グルメドラマ!今回は、キャンプ場で缶詰料理を作り食べる事が好きな健人が、焼き鳥缶を堪能する。さらに、イノシシとニンニク料理も登場!?

詳細情報
番組内容
ひとりキャンプ場を訪れ、缶詰を使った料理を作り食べる事が何よりも好きな大木健人(三浦貴大)。焼き鳥の缶詰を使った料理を食べくつろいでいたが、周りの騒音が気になり、テントを移動することに…。人気が少ない静かな場所に移動した健人はあまりの心地よさに眠ってしまう。目覚めた健人が焚き木に使えそうな木を拾っていると、茂みの中に金髪の女性・あかり(北香那)が倒れているのを発見し…。
出演者
大木健人…三浦貴大

井上あかり…北香那
キャンプ場のスタッフ…柴田常吉
原作脚本
【脚本】飯塚花笑
監督・演出
【監督】横浜聡子
音楽
【音楽】荘子it(Dos Monos)
【主題歌】Yogee New Waves「to the moon」(Colourful Records/ビクターエンタテインメント

 

 


< これは キャンプで
ひとりの時間をおう歌する

健人と七子の物語。

健人は たき火をし
大好きな缶詰をひたすら頬張り

七子は 海に山に
自然の食材をとっては食す。

2人に共通点があるとすれば…>

「空を飛ぶ 街が飛ぶ」

「雲を突きぬけ 星になる」

「火を吹いて 闇を裂き」

「スーパー・シティが舞いあがる」

TOKIO

TOKIOが二人を抱いたまま」

TOKIO

TOKIOが空を飛ぶ」

よし。

うまっ うん…。

薪3束と お一人様料金で
3, 960円です。

3, 960円…。
はい ちょうどですね。

あとこちらも お持ちください。

あ~。
熊よけの鈴です。

《湖のほとり 高原のキャンプ場
標高は1, 300m。

いつもより近く宇宙を感じる》

《くん製のおっさんがくれた
火打ち石》

めんどいか。

《やきとりシリーズ
完全制覇のときがきた。

ベーコン代わりに焼き鳥をあえた
カルボナーラが今日のメイン》

あれ?

いつの間に… 摩周湖の霧。

う~ん…。

ちょっと1個ずつ食べなって。

両手がマシュマロってのが
幸せなんですよ。

ダメ 行儀悪い。

ちょっと どこ行くの?

(大音量の音楽)

(騒ぎ声)

はっけよ~い…。

のこった!
お 俺!?

のこった のこった!
やめて 痛い 痛い…。

まいった。
ちょっと ゆうき!

すみません 大丈夫ですか?
あ いえ 大丈夫です。

ごめんなさい。

いつまで待たせるの
早くしてよ!

やだ!
なんで…。

全部やってくれるから…。

《静けさを求めて お引っ越し》

「90歳を過ぎた今は
別に問題みたいなものはなく

ボケも手伝って
至福の状態にあります。

無のような感じです。

本当の幸せは ボケんと
手に入らんかもしれんね」。

うん…。

ああ…。

《誰かに気をつかうことも
合わせる必要もない。

したいことをするだけ。

何もしなくてもいい。

ひとりだけの この時間が尊い

(獣のうなり声)

TOKIOが二人を抱いたまま」

TOKIO

TOKIOが空を飛ぶ」

あの… 大丈夫ですか?

(鈴の音)

大丈夫ですか?
シーッ!

すみません。

イタチの巣。

今 穴の中で ネズミ食ってんな。

わかるんですか?

音。
ほう…。

よっこらしょ。 あぁ~!

さっきまで イノシシも
この辺いたんべ。

獣臭ぇ。

臭いですか?

えっ? ニオイわかんねえ?

あっ 兄ちゃん 東京の人だいね。

はい 東京です。

ふ~ん。

肉食えっか?
肉?

大好物です。
よし。

じゃあ こっち。

よいしょ。

1人じゃ食い切れねえ量
持ってきちまってさ。

先週 ズドーン! って。

獲れたてのイノシシだかんね。

えっ お姉さんが?
そっさ。

猟銃? 本物?
ハァ? 当たりめぇだんべ。

まぁ さすがにキャンプ場じゃ
撃たねえけど。

熊も出るんでしたっけ?
この辺り。

森だからさ。
ですよね。

まぁ でも大丈夫だ。

よっぽどのことがねえかぎり
人間には近づかねえ。

こっちから見えねえけど

向こうは いつも見てんだ
人間をさ。

ふ~ん。

わっ!
うわっ! ビックリした…。

ハハハッ!

よし。

どう いい感じ?
大丈夫です。

ちゃんとやれよ。
はい。

そこ いちばん大事だからな。

よし。

《火加減は良好。

油が温まったところに
ニンニクをたっぷり》

えっ もっとたっぷりだ。

もっとですか?
あぁ。

あぁ そうそう
もうちょい もうちょい。

あぁ そうそう。

あぁ…。
あぁ こっちもニンニク。

あぁ でもいいニオイ。

ゴマ油だ。
うん。

粒が大きいべ? 味も濃い これ。

確かに ニオイも強烈。
うちで作ってんだ。

えっ お姉さん
ニンニクも作れるんですか?

そうさ うちニンニク農家だかんね。
は~。

けむっ!

けむっ! 目痛ぇ 目痛ぇ!

目!

したら そっちかんませ。
はい。

えっ?
だから かんませって。

かんませ?
いや だから かき混ぜろっつうの。

あぁ~。
目痛ぇから こっち。

かき混ぜろって言ってくれれば
わかるんだけどなぁ…。

ハァ?
いえ。

えっ かき混ぜろって…
かんませって 標準語だべ?

あぁ~。

うん うまい。
これ うまいっすね。

獣臭くねえべ?

脂身まで うまい。
うん。

うん ニンニクもうまい。

うん。

(薪を割る音)

なんか たくましいですね。

うん 兄弟8人いっからさ
たくましくなるんさ。

8人?
それ 家に収まりきるんですか?

いや 収まっちゃいけねえとこに
収まってっから

いつも酸欠だ。

だから たまに こうして
山に入るんさ。

1人でな。
う~ん 酸素独り占めだ。

でも東京だって酸欠だんべ?

あそこ 人多いもんな。

頭が ボーッとしてきますね。

ボケーッとした顔してんもんな
東京の人って。

ハハッ。

ほら 食え 東京の人。
あぁ…。

よいしょ。

うん。

兄ちゃん 今日1人で来てんだべ?
1人です。

いつも1人?
いつも1人です。

2人のときもあったけど。
ふ~ん。

でも1人だったら
ニンニク臭くても遠慮なしだべ?

えぇ。
次 デザートいくよ。

これ。

ん?

うわっ またニンニク。

遠慮なしだかんね。

ん~!

んっ 甘い。

だから言ったべ デザートだって。

兄ちゃん。
ん?

これ食わねえなら
食っちまうけど。

大家族 早い者勝ちだかんね。
いや 食べます 食べます。

えっ?
食べる。

ん~!
食べます。

全部 食い切れよ。

森にゴミ残すなよ。
はい。

声ちっちゃ!
は~い。

あぁ うまい。

(お腹が鳴る音)

《ニンニク食いすぎた》

さすがに食えないなぁ。

(物音)

(鈴の音)

はぁ…。

《都会の賑わいが
恋しくなるときもある。

真っ黒い闇のなか

火をたき 炎を育て
積もる恐怖心をしのぐ。

火を ただ見つめる。

不思議と胸の内がほどけてきて

深い安堵へ包まれていく》

おお… あぁ。

はっけよ~い…。

のこった!
おおっ! 今日は負けないぞ!

(2人)アハハ…。

おじさんの口 臭い!
えっ?

おじさんの口 臭い!

だよね…。

はぁ~。

くっさ。

よいしょ…。

おい。

うおっ! ハハハ…。

もうお帰り?
ああ。

イノシシ獲りにな。
ああ。

ほれ。
おっ…。

ありがとうございます。

じゃあ また。

ああ ちょっと。
ん?

これ お礼に。

摩周湖の霧?

空っぽだいね。
空気が入ってます。

ああ そっか。
えっ 開けていい?

はい。

あっ やっぱり家で開ける。

ガキたちに吸わせるわ。
ありがとな。

また。
じゃ。

はぁ…。 もったいないなぁ。

《昨日も ニンニク》

今日も ニンニクといきますか。

うん… うまい。

うん。

はぁ~。

くっさ。 フフフ…。

(エンジン音)

(鼻歌)

(銃声)

あっ 撃った。