ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

孤独のグルメSeason8 第2話 上白石萌音、中尾ミエ、松重豊… ドラマの原作・キャストなど…

孤独のグルメSeason8 2話 杉並区高井戸のタンステーキ』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ミートパトラ
  2. タンステーキ
  3. チキンオー
  4. メニュー
  5. EAT
  6. セット
  7. ドレッシング
  8. ライス
  9. レストラン
  10. ステーキ
  11. ソース
  12. チーズ
  13. チャーチャー
  14. パー引
  15. フッ
  16. 料理
  17. お待たせ
  18. クレオパトラ
  19. ミコサラダ
  20. レバー

f:id:dramalog:20200120081343p:plain

孤独のグルメSeason8 2話 杉並区高井戸のタンステーキ』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

孤独のグルメSeason8 2話 杉並区高井戸のタンステーキ[字]

松重豊主演・孤独のグルメSeason8!五郎が今回訪れた町は「東京・高井戸」オフィスビルのような洋食レストランで肉厚絶品のタンステーキと想像を超えるミートパトラに舌鼓

詳細情報
番組内容
井之頭五郎(松重豊)は婚活パーティーを主催する沢村まどか(上白石萌音)との商談で高井戸にやって来た。沢村は可愛らしい笑顔で商品を即決したかと思うと、値引き交渉を仕掛けてくる。五郎が苦笑するほどのヤリ手でーー。商談を終えた五郎は、駅へ向かう途中、一見オフィスビルのような洋食レストランに遭遇する。しかし表にメニューがなく、看板は牛のマークのみ。覗いた店内の美味しそうな料理に一気に空腹になり足早に中へ…。
出演者
 井之頭五郎松重豊

 ≪第2話ゲスト≫
 沢村まどか…上白石萌音
 レストランのお母さん…中尾ミエ
原作脚本
【原作】「孤独のグルメ
作・久住昌之 画・谷口ジロー(週刊SPA!

【脚本】田口佳宏
監督・演出
【演出】北畑龍一
音楽
The Screen Tones(久住昌之、フクムラサ
トシ、河野文彦、西村Shake克哉、栗木健)

 

 


《高井戸…
あんまり縁のなかった街だ》

《環八を足で歩くのは
初めてかも》

《これが人見街道だよな。

えっと… 焼肉屋 レストラン テニススクールを
通り越した先って言ってたよな》

《これか… 焼肉屋

《ちょっと入ると住宅街なんだな。

え~ レストランは?》

《あっ! テニススクール》

《あった!

よし》

お待たせしました。

いくつか お持ちしましたので
ご覧になっていただければ と。

これにします。
あ… 他にもありますが。

あっ! 結構 ずっしり…。

あ… いや 画像見て これかなって
思ってたんですけど

実物を見て 確信しました。

そうですか。

《早い! 速攻で 仕事終了》

これを 50セット買いますので
テンパー 引いていただけますか?

《おっと… そう来たか》

<時間や社会にとらわれず

幸福に空腹を満たすとき

つかの間
彼は自分勝手になり 自由になる。

誰にも邪魔されず

気を遣わずものを食べるという
孤高の行為。

この行為こそが
現代人に平等に与えられた

最高の癒やしと
言えるのである>

50セットは ありがたいんですが…
テンパーは ちょっと厳しいですね。

わかりました。 100セット 8パー引きで
いかがでしょう?

100セット? あの… イベントで必要と

おっしゃいましたけど
どういった?

私の会社
婚活パーティーを主催してるんです。

婚活パーティー
はい。

それで 次回から 成立したカップルの
初のツーショット写真を

プロのカメラマンが撮るというサービスを
始めるんですけど

ついでに フォトフレームも売ろうと
思って。
あぁ…。

カップルになったばっかりの男性は
セコいと思われたくないから

絶対 買うじゃないですか。

写真代とフレーム代で 結構
いい商売になると思うんです。

《見かけによらず やり手》

この企画は
続けていくつもりですので

井之頭さんとも 今回だけでなく

末永く取り引きできれば と
思っております。

わかりました。

よかった!
ありがとうございます。

あと1つ 見ていただければと!

あの… 画像では
お送りしてなかったんですけど

これも 女性に とても
人気がある商品でございまして。

あぁ…
確かに こっちも かわいい!

井之頭さん やりますね。

あぁ… いえ いえ いえ いえ。

う~ん じゃあ… こっちは 50セット。
合計 150セットを…。

8パー引きで!

9パー引きで!

よろしくお願いします。
ありがとうございます。

そんなに うまくいかないか…。

あっ!

井之頭さん 指輪されてない
ってことは 独身ですか?

えぇ。 婚活パーティー 行きませんよ。

参加費 9パー引きでも?
はい。

あぁ… だめか! 2連敗だ。

あっ!
あぁ… 私 そろそろ行かないと。

あっ! ここは私が。
どうぞ 行ってください。

ありがとうございます。
ごちそうさまです。

あ… 一応 パーティーの案内
メールしときますんで

気が変わったら
ぜひ お願いします。

コーヒーのおかわり いれましょうか?

濃い目でお願いします。
はい。

《天気もいいし ちょっと歩くか》

《環八を歩いて
中央線に出てみるか。

運動にもなるし》

《ん?

あれが レストランだったんだ》

オフィスビルみたいで気づかなかった。

EAT…。 これは牛か?

超ストレート。 いい店名だ》

《メニューも出てないし
手がかりは牛のみ。

う~ん…。

ちょっと気になる》

《お~っ!

なんか… うまそう!

こんなの見ちゃったら…。

腹が減るって!》

《お~っと…。

よし 入ろう》

いらっしゃいませ。

いらっしゃいませ。
どうぞ お好きなところへ。

はい。

いらっしゃいませ。

あ… ここ いいですか?

あっ! どうぞ どうぞ。
はい どうぞ。 はい。

《調理 丸見え。 匂い 直撃》

チキンステーキです。

《まさに ステージ最前列。 VIP席だ》

はい チキンステーキの方。
はい!

はい。 はい どうぞ。
いただきま~す!

はい どうぞ。
おいしそう!

《おっ!

お~っ! お~っ!

そうする!?

これは たまらんな》

はい どうぞ。 メニューです。
あ… すみません。

《どれどれ… どういう店なんだ?

お昼のメニュー… ん?

チャーチャースープ?

何? それ…。 初めて聞いた。

とろけるチーズと デミグラス…。

字面だけで腹が減る。

おっと… タンステーキ。

牛のマークは そう来たか。

醤油味で ガーリック入り…。

こいつは間違いない》

お待たせしました。
レバーの唐あげです。

はい。

《あぁ… 空腹が
ジェットコースターのごとく加速する。

うわっ! この匂い… たまらん。

カレーか》

お待たせしました。
チキンのカレーソースです。

はい。

《この至近距離… たまらん。

思わず 手を出してしまいそうだ》

はい お待たせしました。

《どれもこれも うまそうで
頭が メリーゴーラウンドだ。

集中しよう。

ア・レ?

ヒレ肉ステーキに チーズをのせ

たっぷりソースで仕上げ…。

へぇ~! ステーキに チーズ…。

ちょっと やりすぎじゃないですか
シェフ…。

ん? 挽肉のとっても辛い… のよ。
のよ…。

のよ って…。

ミートパトラ?
う~ん… 全然 絵が浮かばん。

初耳メニューの連続で
頭のメリーゴーラウンドが止まらない。

う~ん… どうすりゃいいんだ?

俺が EATすべきものは
なんなんだ?》

パンコキール

《クーッ! これは これは…》

はい お待たせ。
熱いですよ。 気をつけてね。

わぁ すごい。

《ここ VIP席かと思いきや

惑わされまくる拷問席だ。

よし 決断だ。

牛肉は必須だ。 必須アミノ酸

となると タンステーキか ア・レ。

あと ミートパトラもムチャクチャ気になる。

この三つ巴戦だが
う~ん 今日のところは

このガーリック醤油に引っ張られて
タンステーキで勝負。 よし》

すみません。
はい お決まりですか?

タンステーキお願いします。
はい。

え~ パンとライス どちらにします?

ライスで。
かしこまりました。 タンステーキです。

はい。

《ガーリック醤油といったら
ライスだろう》

ありがとうございました。

はい 500円おつり。
はいどうも。
おいしかったです。

ホント? どうも。
(2人)また来ます。
はいはい 待ってます。

どうもありがとう。

《お~ 今度はステーキか?

目が離せない。

え~っ ステーキをそこに。

大胆にして強引。

既成概念をバリバリ踏み倒していく》

ア・レです。
はい。

《これが ア・レ?》

はい お待たせいたしました。
はい どうぞ。

いただきます。

《う~ん
勝負に出るべきだったか》

はい。

はい チャーチャースープとサラダです。

ドレッシングお使いください。

《きたか》

いただきます。

《で…
チャーチャーの正体や いかに?》

《おぉっ これは…》

《これは たまげるうまさ。

う~ん ボルシチっぽいけど また違う。

いろんな野菜の
うまみというか…》

《ジャガイモ》

《う~ん うん。

何がチャーチャーなのか
全然わからんが

さりげなく すごいスープだ。

これは何だ?

イカ? ギョニソ?》

《ん? あ~ 卵の白身
へぇ なるほど。

このスープ 黄身も入ってるな。

卵がポイントなのか。
う~ん おもしろい》

《このドレッシング いいな。

ちょっとニンジン味。 ふ~ん。

早々に追加。

このドレッシング
持ち帰りできないかな》

《ミニサラダでも ドレッシングが
おいしい店は信用できる》

あ~ いらっしゃい。
お久しぶりですね。

どうも。
私は ミートパトラね。

《おっ ミートパトラ》

チキンオーできる?
チキンオーできますよね?

はい できますよ。
《チキンオー? なに チキンオー》

《この店 懐が深すぎる》

《おぉ 俺のステーキが燃えている》

はい お待たせしました。
タンステーキです。

《うわ うわうわうわ
こうきたか》

《タンで この分厚さ。

立ち向かいがいのある肉だ。

食欲が燃える闘魂

《うわぁ ウッハッハッ。

これはもう笑うしかない。

最高 最強。

ガーリック醤油味で選んだ俺に

拍手喝采 万歳三唱》

《大きく切っても
楽に食べられるやわらかさ。

ソースたっぷり。

マッシュルームと… こうだ》

《あぁ いい。
この舌触り かみごたえ。

ヒレもロースも吹っ飛ぶぞ》

《ウム この店

付け合わせのスパゲティたりとも
ゆるがせにしていない》

《おや? プチトマトと思いきや ニンジン。

油断も隙もありゃしない。 フッ》

《ドレッシングも
ある意味 独立した料理だ》

《チャーチャー》

《丼で欲しい》

《焼き肉のタン塩とは また別世界。

うんうん このソース すごいな。

ソースの後味で ライスがいける。

日本の洋食
その底力を見せつけるような

ごはんに合うごちそう》

《うんうん!

タンステーキ 口どけが抜群。

ちょっとちょっと
ここのシェフ 何者なんだ?》

《お弁当の隅に
ケチャップ味のスパゲティがあると

いまだに うれしい俺》

《いささか
子どもじみてると思っていたが

これは 大人の味。

もはや パスタ》

《古きよき
正統派の洋食をいただく

最高のひととき》

《もう誰も
俺のナイフとフォークを止められない》

《うん… うん!》

《う~ん! う~んうん》

《あ~ なくなってしまうのが
寂しすぎる。

高井戸の街のレストランで
この料理に出会えた幸運》

《いや~ うまかった。

初めての肉体験》

ふぅ。

はい お待たせしました
ミートパトラです はい。

すみません。
はい。

追加で ミートパトラください。

はいはい ミートパトラです。
はい。

あと ライスを
半分おかわりできますか?

はい 大丈夫ですよ。

《ミートパトラ 食べずに帰ると
絶対に後悔する》

この辛さが…。
うまい。
ねっ ウフフ!

はい ミートパトラです。

《これが! ほ~ ドリア的な?》

《おぉ 確かにひき肉。

お味は?》

《うわっ ミート。

ミート感 半端なし。

これは 牛だな》

《はふはふ。

お~ 熱い熱い。

アッツアツ うん。

でも これは止まらん。

クセになるうまさだぞ》

《ひき肉のとっても辛いのよ フッ。

おっ おっ おっ 辛い。

辛さが追っかけてきた。

食欲を奮い立たせる辛さだ。

うん? これは?

チーズか。

おっと~ まさかの卵。

フッ こんな隠し玉が》

《う~ん これが
まずかろうはずが ない!

頼んで正解。

ミートパトラ… クレオパトラのパトラ?》

《これは 絶対にこうだろう》

《ほ~ら 思った以上だ。

食べたことない丼。
だが メチャクチャうまい》

《ハンバーグ×ドリア÷クレオパトラ=ミートパトラ。

すばらしい。
この辛さがたまらない。

魔性の辛さ。

大の大人が人生を
棒に振りかねない 妖しい刺激》

おいしかったです!
本当? まぁ うれしい。

おいしかったです。
じゃあ はい 飴。

よかったね。
は~い じゃあまた来てね。

ごちそうさまでした。
ごちそうさまでした。

《ミートパトライスで フィニッシュだ。

よ~し!》

《胃袋を熱く焦がす
スパイシー洋食。

俺は今日 新しい世界を知った。

これ 大好きだ!》

《絶世の美味。

ミートパトラに ひと食い惚れ。

ぶ厚いタンステーキからの ミートパトラ。

今まで知らなかった肉満足だ》

《高井戸に EATあり。

感動とともに胸に刻もう》

ごちそうさまでした。

おそまつさまでございました。

チキンオー 出るから。
はい。

《うわ~ これか!

また来ないとならんぞ》
はい お待たせしました。

チキンオーです。

ありがとうございました。
え~と 3, 150円です。

え~ あぁ 150円と。
はい。

3, 000円です。
じゃあ ちょうどいただきます。

はい どうも
どうぞ またいらしてください。

はい 失礼します。
どうも。

《しかし チャーチャーは

どういう
意味なんだろう?

そして
謎のクレオパトラ

う~ん。

まぁ 理由なんて

知らないほうが
いいこともある。

フッ。

いい店だった
驚いた》

<原作者 久住昌之

実際にお店訪問>

<今回は 高井戸駅
人見街道沿いにあるお店

レストラン EAT>

< なにやら
メニューが決まったようで>

レバーの唐あげと ミコサラダ。

かしこまりました。
あと…。

こっちのメニューのものも
1つぐらい何か頼まないと…。

駄目かな~って気がして。
はい。

これの この小っていうの。
はい。

言われちゃった。

< まずはこちらの ミコサラダ>

これは この黄色いのは?
卵の裏ごしになっております。

卵の裏ごし。
はい。

すごく上品 おいしいなぁ。

ここに来たら。

<続いては おつまみ人気ナンバー1の
レバーの唐あげ>

おいしい。
うん これはうまいわ。

< と ここで 話題は
変わった名前のメニューについて>

このア・レっていうのは?
それが ア・レがもういちばんの

うちの特徴で。 特別
今日はマスター 何か作ってよ。

みたいな感じで作っていたのが
皆さんの目に ワーッと入って。

あれ何? あれ
っていうことになった。

それで まぁ メニューにのせよう
ってことで そのア・レというのを。

< その他にも ミコサラダはミコちゃん
チキンオーは オオノさんという

常連さんの名前から
つけたそうです>

となると…。

< ということで久住さんが
チョイスしたのは…。

月面着陸より発想したという
ムーンバーグ>

うわっ 卵が!

これは テレビ的には
いいでしょうね。

これは おいしい!

あぁ マッシュポテトがうまいなぁ。

重力が少ない感じが
このマッシュポテトに出てますね。

EATっていうのは
ありそうでない名前

なんですけれど。
あの EATって食べる。

実は その向こうには
俺の料理を食えと。

そういう感覚です。

そういう料理ですね。
食べてください。

もう これ 食べろってね。
すごい いいです。

< お電話での予約や
お問い合わせはご遠慮ください。

詳しくは 番組ホームページをチェック>