ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ハイポジ 第2話 今井悠貴、柳憂怜、黒崎レイナ、鈴木絢音… ドラマの原作・キャストなど…

『真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 光彦
  2. 小沢
  3. 幸子
  4. 靖子
  5. 侑子
  6. 気持
  7. ラブ高
  8. 大丈夫
  9. アンタ
  10. オメエ
  11. 二度目
  12. マジ
  13. 昨日
  14. 人生
  15. 青春
  16. 絶対
  17. アイツ
  18. ノブオ
  19. ハァ
  20. ホント

f:id:dramalog:20200119090051p:plain

『真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」[字]

会社をリストラされ、離婚も秒読みの光彦(柳憂怜)は風俗店で滑って頭を打って、意識不明になった。気がつくと魂は46歳のまま、身体は16歳の自分の中にいた。

詳細情報
番組内容1
第2話「Oneway Generation」
光彦はさつきと別れた後、高校生の時に住んでいた実家に向かう。母(杉山薫)や姉(野崎智子)、弟(清水大登)と再会し、当時のことを思い出し、懐かしんでいた光彦だったが、現在の幸子(46歳・いしのようこ)や娘・美憂のことを考えると気持ちも沈む。
番組内容2
翌日、一度目の高校生活では話したこともなかった幸子(16歳・鈴木絢音)と学校でぶつかり、思わず呼び捨てにしてしまった。
本当はさつきが不良を倒したことを知らない同級生でヤンキーの馬場は、光彦が不良をやっつけたとクラス中に言いふらす。さつきの反応が気になった光彦は、さつきを屋上に呼び出す。
出演者
天野光彦(16歳)…今井悠貴
天野光彦(46歳)…柳憂怜
小沢さつき(16歳)…黒崎レイナ
司幸子(16歳)…鈴木絢音(乃木坂46)
司幸子(46歳)…いしのようこ
馬場真…伊島空
丸尾佳代…めがね
原作脚本
【原作】
きらたかしハイポジ』(双葉社刊)漫画アクション連載
【脚本】
開沼豊
監督・脚本
【監督・脚本】
平林克理 茂木克仁 松下洋平
音楽
【音楽】
倉堀正彦
制作
【制作】
テレビ大阪/ダブ
【製作著作】
ドラマ「ハイポジ」製作委員会

 

 


(光彦)離婚?


リストラ?
あくまでも自主退職

ということで
なんで 俺が! って。

風俗行ったら頭打っちゃって。


高校時代にタイムスリップ。

しかも 46歳の魂だけ!

 

ヤンキーに カツアゲされてるのを
助けてくれたのは

片思いしていた小沢さつき。

(さつき)逃げよ!
えっ?

(さつき)ほら!

《光彦:二度目の人生では
一緒に走って逃げている》

ハァ ハァ ハァ…。

あ… あの ありがとう。

小沢さん メチャクチャ強いんだね
あれって 空手?

さっき… なんで 笑ってたの?
えっ?

殴られてるとき 笑ってたから。

《俺 笑ってたっけ?》

16歳から やり直せるって
ことだよな!

勇気あるね。

ちょっと ワクワクしたっていうか…。

《だって 人生
やり直せるんだもんな》

でも 力もないのに
あんなことをするのは バカだよ。

すみません…。

確かに 若返ったとはいえ

所詮 俺は俺…。

鼻血…。

あっ 恐縮です。

きょうしゅく?

えっ? あ… ありがとう。

しばらく 行き帰りは
アイツらに気をつけたほうがいいよ。

うん。
じゃあ。

《小沢…》

《これ 小沢がくれたんだよなぁ》

本当に 二度目の青春
始まったんだなぁ。

《27で結婚するまで住んで

3年前に土地も売ってしまった

今は跡形もない… 実家》

うわ~ 懐かしい。

母さんがいるときは
いつも 鍵はかかってない。

ただいま。

(侑子)おかえり。

光彦! その顔 どうしたの?

母さんが… 若い…。

何言ってんの?
ねぇ まさか ケンカ?

もう ちょっと見せなさい。

《母さん… 今は認知症が進んで

俺のことも
わからないくらいなのに…》

光彦! ボーっとしてるけど
大丈夫?

ちょっと ぶつけただけだよ。

(侑子)お医者さん
行かなくていいの?

平気 平気。

あぁ…。

あぁ あの頃のままだ。

当たり前か。

あぁ。

《貯金はたいて買ったラジカセだ》

どれだ? これだ よし。

え~。

(ラジカセから流れる音楽)

『FM STATION』だ!

あ~ エアチェックしてたなぁ。

ハハ… あっ!

あった あった!

よいしょ。

どれどれ。

なんだ これ…。

この程度で興奮してたとは…。

俺もピュアだったなぁ。

(侑子)光彦 ごはんよ。

靖子 年頃なんだから
たまには手伝いなさいよ。

(靖子)はいはい。

《光彦:俺とは違い そこそこ
グレてた短大生の姉ちゃん》

(孝次)俺 明日から早く出るから。

レギュラーだもんね 頑張んないとね。
まあね。

《光彦:俺とは違い 中1で
サッカー部のレギュラーの孝次》

俺は当時から この2人に
見下されていて

今でも苦手で嫌だ…。

あれ? アンタ その顔 どうしたの?

あぁ ちょっとね…。
誰かに ボコられた? ラブ高とか?

なぜだ? ヤンキーの勘 鋭いな。

何か 言った?
ううん。

その高校って 『スクール・ウォーズ』
みたいなとこでしょ?

さすがにバイクで校舎の中
走ったりしてないし。

でも 窓ガラスとかが
メチャクチャに割れてるらしいよ。

(光彦のせきばらい)

解説しよう。

当時は生徒が暴れると
生徒指導の先生が殴り

そして 卒業式には お礼参り。

校内暴力が大ブーム
学校は 戦場だった。

 

シャバゾウって…。

世の中 なんで あんなに
荒れてたんだろ?

オメエ さっきから どうした?

ううん 別に…。

光彦 ホントのこと言ってね。

そうじゃないと
靖子みたくなっちゃうから。

(靖子)もういいじゃん。

だって 靖子が 『積木くずし』に
なっちゃうんじゃないかって

もう思い出すだけで 母さん…。
だから なってないし!

テレビの見すぎだから!

お父さんは単身赴任で
相談できる人もいなくて…。

ねぇ その話 もう100万回目。

もう ごはん食べよう。

(光彦のせきばらい)

更に解説しよう。

当時 テレビでは 『積木くずし』や

不良少女とよばれて
ヤヌスの鏡』など 家庭内暴力

不良少女を扱ったドラマが
なぜか 大人気!

 

フフフ よく あんなビジュアルを主人公に。

ホント ムチャな時代だったなぁ。

コイツ さっきから ブツブツ
気持ちわりぃんだけど。

姉ちゃん!
なんだよ…。

《そんなんだから
二度も離婚すんだよ って

今は言わないでおいてやる》

ほらほら ごはん食べましょう。

はい。

いただきます。
いただきます。
はい どうぞ。

いただきます。
はい。

いただきま~す。

《光彦:こうやって ごはん
食べるの 久しぶりだな…》

(靖子)しみこんでる。
(侑子)あっ そう?

幸子 美憂。

今 何してんだろう…。

そうだ アンタ もうすぐ
テストでしょう?

(美憂)うん。
ちゃんと やってんの?

やってるよ。
あっ 予備校のあと

寄り道しないで まっすぐ
帰ってらっしゃいよ。

いってきます

《光彦:こうなるって知ってたら

2人の顔見て ちゃんと
言ったのに…》

(靖子)アンタ なんで泣いてんの?

わかんない…。
(靖子)わかんない?

俺だって なんで
こうなってんのか

わかんない…。

光彦 やっぱり
病院行ったほうが…。

プハー!

(侑子)光彦! まだ未成年でしょ!

オメエ やっぱ今日 変だわ。

誰かに ぶん殴られて
プッツンきちゃったんじゃねえの?

孝次! ちん毛も生えてないくせに
生意気なこと言うな。

はっ!? ちん毛?
えっ マジで?

な… 何言ってんの!?
ってか なんで お前が

そんなこと知ってんだよ。
お前は それを気にして

父さんの育毛剤
塗りまくるんだよ。

だけど あそこが痛くなって
病院に行くことになるからな。

んなわけねえじゃん!
アハハハ おもしれぇ!

アンタ マジで どうしたの!?
(侑子)光彦…。

(侑子)光彦 遅れるわよ。

《起きても まだ俺の部屋?》

やっぱり 夢じゃない!

この朝から勢いある感じ。

16歳のままだ。

若いと治りも早いな。

それに 髪の毛がフサフサ ハハハ。

(光彦)足が軽い。

腰も痛くない。

老眼もない。

口も それほど… 臭くない。

若いって 最高だな!

いってきま~す。
(侑子)いってらっしゃい。

ごめん…。

あっ!
あっ!

さ… 幸子!
(幸子)ねぇ。

ちょっと気持ち悪いんだけど。

ちょっと気持ちが
悪いんだけど…

デジャビュ

えっ? でじゃ… 何?

昨日も呼び捨てにしたでしょ。

あ… ごめん。
ごめんじゃなくて

なんで 呼び捨てにするの?

友達でもないのに…。

なんで 呼び捨てにするの?
友達でもないのに…。

《呼び捨てが気持ち悪いって?

幸子 お前は将来 俺と結婚して

何万回と呼び捨てに
されるんだよ!》

(丸尾)幸子 おはよう
あれ? アンタ 昨日の…。

佳代。
何なの? 幸子に何か用?

何でもないです。

大丈夫? 幸子 何か言われた?

ううん 何も。

《もしも 俺が幸子と
結ばれなくなったら…。

小沢?》

《光彦:でも 今は この世界で

小沢さつきとの

二度目の青春を満喫したい~!》

(馬場)よぉ ちっと
話あっから つきあえよ。

えっ?

《えっ どういうこと?》
(馬場)おい。

《馬場真 うちの高校では

数少ないヤンキーだけど…》

昨日 ラブ高のヤツらともめてたべ?

えっ? うん…。

オメエが引きずられた先 行ったら

ラブ高のヤツらが
うずくまってたんだよ。

《見られてたのか…》
あれ オメエ やったのか?

《小沢が倒したところは
見てないのか?》

 

おい どうなんだよ?

《本当のこと言って
小沢に迷惑がかかったら…》

オメエが やったのかよ?

うん。

マジかよ すげぇじゃん!

でも 誰にも言わないでくれる?

なんで?
いろいろと

面倒なことになるからさ。

そうか… そうだよな。

わかった 任せとけ。

これは俺と お前だけの
男と男の秘密だ。

(ノブオたち)えっ!?
(シンペー)天野が?

おい すげぇじゃん。
(ノブオ)マジで?

ラブ高だぞ ラブ高!
いや ま… まあね。

しかも 10秒で ボコったんだよなぁ。

(光彦)そんなこと…。
(ノブオ)それ すげぇな 天野!

俺 現場で見てたから コイツがもう
1人で やっちゃうわけよ!

1人で?
(マサヒコ)俺なんて ラブ高生と

目が合わないように歩いてんのに。
だろ? すげぇんだよ!

すげぇな!
ちょちょ… ちょっと ごめん。

ちょっと ごめん
ちょっと ごめん 来い。

すっげぇな!

誰にも言わない
って約束したじゃん!

俺も ラブ高生に殴られたこと
あるからさ うれしくて つい。

もういいよ。

《小沢 絶対 誤解してる。

俺 かばったんだよ?

かばったつもりが
ウソつくことになっちゃって

せっかく 人生やり直せる
チャンスなのに…。

ちゃんと謝らないと。

ちゃんと伝えないと。

そうじゃないと…》

あのさ 靴下は
洗濯機じゃなくて

下のカゴに入れてって
いつも言ってるでしょ?

あぁ ごめん。
あっ ビール飲むんだったら

グラス使わないでね 缶なんだから
そのまま 飲んでよね。

はい。
ったく どうせ洗うのは

私なんだから。

流しに持っていくのは
片づけたってことにならないの

わかる?
ごめん…。

ホントに悪いと思ってんのかしら
全然 伝わらないんですけど…。

ごめん…。
はぁ… 謝ってばっかり。

本当に悪いと思ってんだけどな

はい これは 和歌ですね。

雪のうちに…。
《光彦:小沢から!?

何だろう?》

《何だよ! 紛らわしいな。

謝らないと ちゃんと
謝らないと…。

どうする? 話しかけるか?》

《いやいや ちょっと待て
心の準備が…。

あっ 小沢!

あっ 何やってんだ 俺。

二度目の16歳としては
絶対に失敗できない!

どうする? どうする?》

幸子! 幸子 アイツ 1組だった。

名前は天野光彦。

うちらと別の中学だね。
そう。

あと ビッグニュース!

アイツ ヨシオでも フツオでもなく

ワルオだった。
ワルオって?

昨日 ラブ高に絡まれて
返り討ちにしたんだって。

しかも 3秒で5人
やっつけたんだよ。

もしかしたら ヤバいヤツかもよ。

でも そんなに悪い人って
感じはしなかったけど。

えっ? え~っ!?

違うって! そんな
深い意味じゃなくって。

もしかして… 違うんですか?

《この空気に耐えられない。

小沢 どう思ってんだろう。

苦しいとも違う
恥ずかしいとも違う。

青春って こんなに気持ちを
かき乱されるんだっけ?

みんな こんな気持ちと
向き合ってたんだなぁ。

せっかくの二度目の人生。

だったら 俺の望む
青春… 憧れって…》

(チャイム)

《シミュレーションどおり!
周りに悟られることなく

小沢の目線の中に
滑り込ませることに成功!》

《人生初の小さい手紙。

サンキュー馬場 参考に
させてもらった!》

《憧れの場所 学校の屋上。

しかも 好きな人と
2人っきり そして 告白》

じゃなくて… 今のは謝罪だけど。

来てくれるよな?

そもそも 読んでくれたのかな?

ウソつきって 嫌われてたら
どうしよう…。

グシャッて ポイとか ビリッてポイとか。

いやいや… 小沢がそんなこと
するはずないもんな…。

それは大丈夫 絶対 大丈夫。

絶対 大丈夫!

(さつき)何?
大丈夫かな?

俺の気持ち 伝えるんだ!