ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

トップナイフ 第2話 濱田マリ、天海祐希、椎名桔平、広瀬アリス… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―#02』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 西郡
  2. 犬飼
  3. 先生
  4. 和子
  5. ハァ
  6. 今出川
  7. 真凛
  8. 田島
  9. オペ
  10. 医者
  11. 恋人
  12. アラーム
  13. 患者
  14. 関係
  15. 静香
  16. 牧羽
  17. 由香里
  18. 三叉神経痛
  19. 仕事
  20. 事故

f:id:dramalog:20200118225536p:plain

『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―#02』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

トップナイフ ―天才脳外科医の条件―#02[解][字][デ]

「脳」という神の領域に踏み込む天才医師たち。
患者を救うために彼らは何を手放したのか?
神の技術と人間の苦悩・葛藤を描く リアル・ドクターストーリー

詳細情報
出演者
天海祐希椎名桔平広瀬アリス永山絢斗、古川雄大福士誠治、森田望智、藤本泉、宮本茉由、アキラ100%、三浦友和
2話ゲスト・濱田マリ松本若菜 ほか
番組内容
「女は脳外に向いていない」と公言する黒岩(椎名桔平)、自信家だが実力のない幸子(広瀬アリス)、さらには黒岩にライバル心剥き出しの西郡(永山絢斗)と、足並みの揃わない医師達に手を焼く深山(天海祐希)。そんな中、深山の診察した患者が、脳外科の医師につきまとわれ困っていると相談に来る。ストーカー医師とは誰なのか?調査し始める幸子だった。一方で深山は患者の不可解な言動に違和感を抱き・・・。
監督・演出
佐久間紀佳
原作・脚本
【原作】林宏司「トップナイフ」(河出文庫
【脚本】林宏司
音楽
【主題歌】
JUJU「STAYI’N ALIVE」(ソニー・ミュージックレーベルズ
【音楽】横山克、鈴木真人
制作
【プロデューサー】鈴木亜希乃、茂山佳則
【協力プロデューサー】難波利昭、岡宅真由美、白石香織
【制作協力】AXON
【製作著作】日本テレビ
おしらせ
【公式HP】https://www.ntv.co.jp/topknife/
【公式Twitter】https://twitter.com/topknife_ntv
【公式Instagram】https://www.instagram.com/topknife_ntv/

 

 


(鼓動)

♬~

♬~

(飲み込む音)

♬~

(落ちた音)

(救急車のサイレン)

(静香) ホントに困るので。
(今出川) いやいや あの

他意はないよ これ たまたま
知り合いからもらったんでね。

(静香)
そういうの 派遣会社の方から

受け取るなと言われてますので
すいません!

(今出川) いや そうじゃ
ないんだよ 静香ちゃん!

(ドアの開閉音)
う~ん。

仲良くなりたいだけ
なんだけどなぁ。

(今出川) 「本日 女難の相あり」。

女性に気を付けろ か…。

(ドリルの音)

(黒岩健吾)
橈骨動脈 準備できるよ~。

開頭 早くして!
(医師) はい!

遅いよ~。
(医師) はい!

(ドリルの音)

たらたらしてたら
虚血になっちゃうよ~。

はい 切って。
≪はい≫

あ~ 結び目の糸が長過ぎ。

ほら 糸の切り方 悪いから
短くなっちゃったよ。

10-0!
≪はい≫

(見学者)
いら立ってるな 黒岩先生。

(見学者) 見てな もうそろそろ
雷が落ちるぞ。

雷が…。

(小机幸子) うわぁ!

痛ったぁ~!

(西郡) 落ちた…。

いや~ 俺はさ 素人の女には
手を出さないんだよ。

俺ぐらい有名になると
いろんな女が寄って来るから。

(深山瑤子) 黒岩先生。
ん?

聞いたわ オペの話。
そうなんだよ~。

アプライヤーの鉗子で遮断解除して
事なきを得たんだけどさ

あり得ないだろぉ? もうちょっと
ちゃんと指導してよ。

問題はそこじゃ ない。

「女は脳外に向いてない
やめてしまえ」って発言。

それが?
女性蔑視でしょうが!

今どき そんな発言
許されると思ってんの?

だって ひどいんだよ こいつ。
分かってる 分かってるわ それは。

アンギオできない ルンバールはできない
オペの助手にもならない!

先生! お気を確かに。

敵は… こっち。

あっ そうね。

だけどね それと この発言は別
撤回しなさい。

でないと ハラスメント委員会で
問題にする。

だって事実だろ。
は?

女は脳外科に向いてない。

空間認識力が男よりも劣る
つまり オペが下手。

録音しました 今の!

あんた いつの間に…
いや よくやった。

おい!
これ 理事会にかけるわ。

クッソ~…。

(西郡)
バイパス 思ったより遅いね。

俺なら20分は早くできるよ。

面白いな お前。

♬~

(美由紀) ふぅ~…。

ったく 何? あれ!

いや ひどいっすね
とんだ食わせ者ですよ ヤツは!

知ってます? 暇がありゃ
お水のお姉ちゃんと遊んで

悪の限りを
尽くしてるらしいですよ。

今に刺されますよ 女に。

いや むしろ刺されろ!
って思いますね。

あのね そもそも
あんたが悪いの それ 忘れない。

はい?
そんなこったから

女がナメられるの!

外科医に女は向いてない。

そんなこと
何十年も前から言われてる。

仕事 覚えた頃に結婚だ
やれ出産だ 残業できない。

なら やめちまえって話になる。

それを1つずつ克服して来たの
分かってる?

え?
(ドアが開く音)

(今出川) あららら…
どうしたの? 深山先生。

もう 聞いてください…。
そこをうまくやるのが 君の仕事。

って 何も言ってませんよね?
まだ。

あのね これでも見て ほら…。

この間 みんなで撮った集合写真。
わぁ~ いい写真だ。

ほら 飾って。
ありがとうございます。

やっぱりね 脳外も結局は
チームワーク 脳と一緒。

脳幹 前頭葉 側頭葉
海馬 扁桃体…。

いろんな部分が1つになって
初めて機能するんだよ。

ねぇ?

じゃ よろしく。

(ドアの開閉音)
またウインク…。

(由香里) ふぅ~…。

待ってください。
ん?

局内の人間関係を円滑にする…
それが私の仕事ですか?

うん 仕事の1つだね。

急にどうしてですか?
私が女だからですか?

違うよ~。

深山先生は 脳でいうところの
共感性が高い。 私が?

だから他のドクターたちの気持ちが
分かるんじゃないかと思ってね。

適当に おべんちゃら言うの
やめてください。

いやいや おべんちゃらじゃ ない。

君が腹立たしく思ってる
ドクターたちも

それなりの悩みを
抱えているかもしれないよ。

悩み?

傷ついた心は
CTでも見えないから。

結局 いつも こうじゃん

誰かさんのせいで
私の人生 めちゃくちゃだよ!

(今出川) あっ 今ちょっと
いいこと言っちゃったなぁ。

よし! 秘書の静香ちゃんにも
言ってみよう。

(着信音)

≪お願いします!≫

柵 下ります。

(織田) 移すよ。
はい!

1・2・3!

≪外します!≫

(織田) ライン確保して!
≪はい≫

≪酸素 入ります≫

分かりますか?

(織田) あっ すいません 深山先生
だぶっちゃって。

もう西郡先生に
コンサルお願いしてます。

あっ そう。
(救命医) 桑原和子さん 58歳。

自宅3階 屋上から
転落のようです。

飛び降り?
(織田) 恐らく。

救急の話じゃ つい ひと月前も
自殺未遂騒ぎがあったようで…。

(西郡) おいおい
ホントは死ぬ気ないパターンか。

聞こえてる。

≪採血 どうしますか?≫

神経学的には
急を要することはなさそう。

あと いい? 任せて。
ちょっと待って どういう意味?

もっと面白い症例をオペできるって
聞いたから俺はここに来たんだ。

こんな つまらん外傷やらせるな。

あなたがコンサルを受けた。

患者は責任持って診なさい!

チッ。

自殺未遂か…。

はいはい。

(西郡) ハァ…。

(愛子)
先生! スペクトロスコピー やったほうが
いいんじゃないか

…って言われました。
え~! 何だよ 伏見ちゃん。

早く言ってよ~。

「黒岩健吾 腕はいいが性格に難。

女好き(キャバクラ)…」
あと何だろね…。

(真凛) あんた 何 書いてんの?

企業秘密です!

(犬飼) 何? ドクターたちの
ひとくちメモ?

そういうことだけはマメだね。
医局の情報収集です。

今の時代 情弱は死を意味します。

誰がどんな性格かを知った上で
立ち回らないといけないんです!

何か うっとうしいな。

僕のは?
あっ! やめてください!

(犬飼) おっ 「半端なイケメン
どうでもよし…」。

チクショウ!
あくまで個人の感想です。

そんなことより あの

深山先生って何で「氷の女」って
呼ばれてるんですか?

さっきは かばってくれたし

意外と いい人な気も
しなくもないといいますか…。

あっ 見た目?
色白で肩幅でかいから!

できない医者は あの先生の元で
どんどん辞めさせられたからね

かつては。
恨んでる人も多いと思うよ。

そうなの!?

(犬飼の声) 傷 抱えてるからね
あの先生も…。

(真凛の声) 気を付けなよ。

(戸が開く音)
(真凛) 次の方。

何?

(真凛) あの こちら お荷物…。

こんにちは。

牧羽由香里さん。
(由香里) はい。

1年前に乗っていた
長距離バスが事故。

そこで脳挫傷を負った。

あぁ あの事故…
結構 けが人 多かったですよね。

頸椎捻挫もあったが
保存的加療で回復…

その後 頭痛が続いていると。

ええ…。

頭 痛い?

(由香里) あの… 今日は診察に
来たんじゃないんです ホントは。

診察じゃ ない… 何でしょう?

困ってるんです。

何に?

ここの先生に…。

困ってるって
どういうことでしょう?

付きまとわれて 困ってるんです。

「好きです」とか
「一緒になろう」とか何とか…。

待ってください うちの脳外科の
医者にってことですか?

そうです。

もう… 付きまとうのは
やめてほしいんです。

誰ですか?

言いたくない?

あの… この中に?

♬~

♬~

 

(桑原和子) ん…。
(犬飼) 目が覚めましたか?

(西郡) 大丈夫ですよ。

生きてますよ。

(和子) そう…。

3階とかじゃ
なかなか死なないから。

(犬飼) ちょっと 先生。

マズくないですか? あの言い方。

この2か月で3回だ
死ぬ気なんてない。

(犬飼の声) いや だけど…。

死にたいヤツは死ねばいい!

医者の手を煩わせるなってことだ。

あのな 俺は難手術をするために
ここに来た。

自殺志願者の頭を
治しに来たんじゃ ない。

(犬飼) そうですけど…。
しつこい!

(真凛の声)
黒岩先生 自慢してました。

「俺は素人の女には手を出さない。

俺ぐらい有名になると いろんな
女が寄って来るから」って。

最低なセリフだ。
でもですよ?

だから 患者さんに手 出すなんて
何かの間違いなんじゃ…。

患者さんが ああ言ってる以上
確認しないわけにはいかない。

事実だとしたら大問題よ。

いた!

ハハ…。

女?

そう 身に覚えない?

ある。

吐きました。
待て ちょっと待て。

外来に来たのか?
そんなこと言いに わざわざ。

そうですよ。

頭痛と動揺性めまいがある
っていうから

MRIの検査も 一応 入れた。

でも 主眼は
その訴えだったみたい。

分かった それ以上 言うな。

どういう経緯か
きちんと知らせなさい。

私は医局を預かってる
把握しておく必要がある。

分かった 分かった。

(ドアの開閉音)
とんだ すけこましだな。

(美由紀)
着信拒否 解除したんだ。

いいかげんにしろよ。

ここまで来るとは
どういうことだ?

だから言ったでしょ
用事があるから来てるの。

会う気になったってわけ?

今 どこだ?

ちょうど
電話かけようとしてたとこ。

すぐ横よ。

チッ。

おい!

やっと会えた。

何度も言ったろ
お前と話すことなんか何もない。

金 目当てか?

ずいぶんね。

6年ぶり? 7年ぶりか。

何の用だ?

住所 教えて それだけ。

何だと?

早めのバレンタインチョコでも
くれるってわけか?

フフっ そう…。

とっておきのね。

銀行口座 メール入れとけ。

後で幾らか送ってやる
それで引き揚げろ。

クズだねぇ 相変わらず。

当ったり前だ!

割り切った関係だ。

ルールを破ってるのは そっちだ。

顔 見れてよかった。

待てよ。

わざわざ 受診したのか?

受診? 何で?

風邪ひとつ ひいたことないわ。

ハァ…。

違った?
言い掛かりは やめろ!

事実無根だ!

牧羽さん…。


(和子)
あんたさ ウソでもいいから

もうちょっと
機嫌よくしてくんない?

そういう顔なんで。

(和子) 医者っていうのは

何で こう偉そうなのかね。

厄介な患者が
多いからじゃないですか?

(和子)
ろくな治療もできないくせに。

はい? 何かご不満でも?

ハァ…。

三叉神経痛で10年前
大学病院で手術。

その後も顔面の鋭い痛み
しびれで何回か病院通い」か。

(和子) 歯が痛い 首の凝り

顎関節症

ありとあらゆる病名
付けられたわ。

揚げ句 最後は 気のせいだって。

(和子)
痛みは 誰にも分からないからね。

歩けるようになったら

針で刺してやるよ あんたの顔。

そんな痛みが?

♬~

(西郡) かすかに ここに影が…。

MRIの結果

脳血管の一部に通常とは違って
見える所があります。

もう少し詳しく検査してみたほう
がいいかもしれませんね。

はぁ…。

それと この間の話なんですが…。

どうして ここまで訴えてるのに
何もしてくれないんですか?

昨日も私の前に…。

待ってください
あなたの前にやって来たと?

はい。

本当に この写真に写ってる
ドクターですか?

人違いということは?

人違い?

冗談やめてください
人が こんなに苦しんでるのに。

この人ですよ!

どういう ご関係ですか?

彼は赴任したばかりで
まだ外来には あまり…。

前の病院からです。

前の病院の時から
私に付きまとって…。

人は見掛けによらないね。

ああいうナルシシストタイプは
案外フラれると弱い。

この俺様をフるなんてって
逆上するんだよ。

いや~ それでもさ
あのツンデレ王子がよ…。

あっ 深山先生は?

王子!
(西郡) あ?

話したの?

この人が うっかり言っちゃって。

女性が訪ねて来たとだけ。

ごめんなさい。

(呼び出し音)

(西郡) おう 俺だ。

(女性) よく電話して来れたね。

お前 ここに来たのか?

ここ?

病院 東都総合病院。

行くわけないでしょ
あなたのいる所に。

人違いか…。

用件は? それだけ?

あの人は大丈夫なのか?

あなたは逃げたの
あの痛みから。

それ 覚えておいて。

(通話が切れた音)

♬~


違った!?
(真凛) みたい。

西郡先生 関係ないって。

あれはウソってこと?

う~ん…。

うっ…。

あっ!

うっ…。

ハァ ハァ…。

(西郡)
これが桑原和子さんのです。

(今出川) 確か 三叉神経痛
MVDしたんだよね

平塚大学病院で。
ええ。

三叉神経痛は 顔面の
皮膚感覚を伝える三叉神経に

脳血管などが触れて
痛みが走るのが特徴。

桑原さん いったん症状が
良くなったみたいなんですが

少しして また 針で刺すような
痛みが出たようなんです。

うっ!

(西郡の声) その痛みで
化粧をすることもできなければ

まともに
水を飲むこともできないと。

飲み込む音

(西郡) だけど手術以降は
どの病院に行っても

問題はないと
言われていたみたいで。

三叉神経痛だという根拠は?

ここ。

テントの縁に小さな影がある。

恐らく テント髄膜腫。

それが三叉神経に
触ってるんじゃないかと。

なるほど あり得る。

もう一度
造影MRIやって確認して

ビンゴならオペします。

よく見つけた。
別に。

ここ 東都総合病院は
患者にとっては

最後のとりでだからね うん。

(犬飼) これって

今出川部長なんじゃないの?

自殺念慮の患者なんてって
嫌がってたのにね 西郡先生。

何かあったのかな?
さぁ…。

(自動ドアが開く音)

(今出川) ん?

今出川部長。
おぉ 何? どうしたの?

ちょっと お耳に入れたいお話が。
うん。

女性が「付きまとわれて困る」って
言ってるんですけど。

誰に?

え?

何で知ってるの?
えっ!?

本人から聞きました。

本人…。

ちょっと
何 動揺してるんですか!

(今出川) ふ~ん 中身は
こういうものだったんだ。

これをひそかに秘書の静香さんに
プレゼントしようとした。

ところが断られた。

はい…。

製薬会社の食事会で もらって

それで
若い人向けのものだからって…。

これね 決して
他意は なかったんです!

どうでもいいわ!

じゃあ 牧羽さん
関係ないじゃないですか。

何がいいの? 静香さんの。

(机をたたく音)
吐きなさい!

いや まぁ… 何ていうか その…
おキレイなところが。

ハァ~ これだから男は…。

キレイなら誰でも…。

誰でも…。
どうかした?

つまり…。

(西郡) この脳腫瘍を
取り除くことによって

その三叉神経に
触れている部分がなくなり

痛みが取れる可能性があります。

ただ
100%とは言い切れませんが。

(桑原 茂) いや そんなもん
少しでも可能性があれば なぁ?

♬~

(茂) 痛い 痛いって
ずっと言ってましてね。

(西郡) ええ。

(茂) 食事も
そのうち おかゆになって

夫婦で旅行に行っても
薬 飲んで寝ちゃうんで

悪いんだけど
こっちも つまんなくなってね。

医者に行っても精神的なもんだ
なんて言われるし

そうなのかななんて…。

だから よかったです
原因が分かって。

ええ。

(瑤子の声)
牧羽由香里さんは 1年前

乗っていたバスの事故で
左側頭骨の骨折を生じました。

MRIで詳しく見ると

前頭葉と側頭葉に
軸索損傷が見られ

さらに サイズは小さいのですが

中大脳動脈末梢に
仮性の動脈瘤が出来ています。

で?

この軸索損傷と動脈瘤

ドーパミンを過剰に放出し

右の大脳辺縁系の経路を
活発にし過ぎ その結果

フレゴリの妄想が出ていると
思われます。

フレゴリ妄想
脳の中の情動 つまり

感情を抱く部分が
活発になり過ぎて

顔を認識させる部分を
混乱させるってやつか。

誰を見ても 恋人に抱くような
強い感情を持ってしまう。

全くの他人を見ているのに

恋人 親しい人と
反射的に脳が思ってしまう。

でも 別人だと
分からないんですか?

顔だって 格好だって
違うわけでしょ?

それが
この妄想の不思議なところ。

強い感情を抱く一方で

赤の他人だと
認識してる部分もある。

整合性がつかないけど
脳は無理やり つけたがる。

だから 恋人が変装していると
思い込む。

えっ!?

彼女に詳しく話を聞きました。

(由香里) この人です。

この人が あなたの恋人…。

いや 元恋人か…
田島隆一さんだと。

はい。

うん。

これまでの話を総合すると

あなたと田島さんは

前の会社で
上司と部下の関係だった。

田島さんには家族がいたが
あなたとは

いわゆる不倫の関係にあった。

でも…。

私が一方的に好きだっただけです。

(田島)よく まとまってたよ
ありがとう

はい

(由香里の声)
田島さんは とても家族思いで

だから

ダメだ ダメだって思ってて。

(瑤子の声)
それで あなたは苦しくて

会社を辞めて
田島さんから離れる決心をした。

彼にもそれを打ち明けた。

そして
最後の日帰り出張に行った。

そして バスが事故に…。

彼も 足を折ったみたいで
入院して…。

だから…。

長い間 それっきりで。

そして また現れたと。

彼も 大っぴらに会っちゃいけない
って分かってて

だから

医者の格好に変装して…。

あの 本当にすいませんでした

女は 脳外に向いてない

(田島)もう やめちまえ!
いや そんなこと…

(西郡)医者の手を…
(田島)煩わせるなってことだ

(田島)あのな 俺は難手術を
するためにここに来た

自殺志願者の頭を
治しに来たんじゃ ない

(犬飼)そうですけど…
しつこい!

(幸子の声)
じゃあ 誰でも その恋人に
見えるってことですか?

脳が そう感じてるんだ。

はぁ…。
(今出川) 結局 彼女は

きちんと別れる前に事故に遭って
離れ離れになった。

そんなところも
影響してるのかもしれないね。

ずっと痛みを抱えてた。

彼女も。
(今出川) うん。

(着信音)

(和子) 先生が見つけてくれたの?

(西郡) それが仕事なんで。

先生も 痛みがあるの?

(西郡)
さぁ 全身麻酔です 行きますよ。

(麻酔科医)
失礼します 眠くなります。

(愛子) 今 先生 来ますからね
牧羽さん!

今 ストレッチャー向かってます。
牧羽さん? 分かります?

CT撮ろう。
(愛子) 運びます。

手伝ってください。
牧羽さん 今 運びますからね。


(西郡) メッケル腔 開放するよ。
≪はい≫

(西郡) ギザ刃のハサミ。
≪はい≫

緊急手術?

動脈瘤が破裂して出血してる。

だから さっき 気を失ったわけ。

(由香里) そうですか。

何とかする。

俺のバイパス鑷子 用意できてる?

(看護師) はい。
あぁ OK。

この先生が手術するから。

あぁ 黒岩です よろしく。

STA-MCA吻合
MCAトラッピング。

3時間もかからん。

西郡のオペが終わったら
すぐこっちに戻るから。

頼んだわ 恋人の手術。

フン。

♬~

≪失礼します≫

(西郡) やっぱり髄膜腫。

これが 三叉神経に触って
刺激してたんだ。

それを切除すれば…。
(西郡) ああ。

痛みはなくなるはずだ。

(西郡) よし 切除。

ギザ刃のハサミ。
≪はい≫

(西郡)
フレゴリ妄想だって? 外来の。

牧羽由香里さん。

別れた恋人を忘れようとして…。

(西郡) かえって妄想が
出て来たってわけか。

忘れようと努力する。

それが逆に 脳に刻まれる。

皮肉な脳の働きね。

あなたは逃げたの
あの痛みから

それ 覚えておいて

西郡?

(犬飼) 動脈から出血です
すぐに止血を。

(犬飼) 先生?
西郡!

(犬飼) 先生!
代わる。

ゼラチンスポンジ 切っておいて。
(犬飼) はい。

脳底槽に出血が拡大するのを
防ぐから

デリコットちょうだい。
(犬飼) はい。

ピンポイント吸引しながら
出血部位を探す。

(麻酔科医)
血圧65! 下がってます。

(アラーム)

どこだ…。
(アラーム)

(アラーム)

(麻酔科医) 血圧50!
(アラーム)

ここだ!
(アラーム)

(アラーム)

(医師) 止まりました。

(西郡) ハァ…。

(犬飼) ふぅ…。

マイクロクーパー。

(犬飼) はい。

OK。

あとは脂肪を取って 硬膜処置ね。

(医師)
分かりました 後は やります。

バイポーラ。
(犬飼) はい。

(西郡) 悪い ちょっと気分が…。

ここまでの処置は完璧だった。

もう終わる。

時間にして1時間。

それで彼女は

10数年 悩んでいた痛みから
解放される。

10数年

誰にも信じてもらえずに…。

♬~

(犬飼) 何かあるんですかね?
西郡先生。

傷も出来るわ。

生きてるとね。

意識は回復しましたけど
まだ混乱が残ってるみたいです。

術後の意識混濁だ じき 元に戻る。

無事 手術は成功しましたよ
牧羽さん。

手 握ってあげなさい。

まだ 「彼」だと思ってる。

最後のお別れ
完成させてあげなさい。

俺はオペしかしないし
余計なことには立ち入らん。

セクハラ発言。

あのレコーダー
理事会にかけてほしい?

汚ったねぇ。

やって ほら。
なり切ってくださいよ。

頑張ってください。


今までありがとう

田島さん…。

俺が手を握ってるから。

だから ゆっくり眠りな。

ずっと…?

ああ。

♬~

目が覚めた時には…。

多分 「彼」はいない。

♬~

(犬飼) どうぞ。

♬~

(和子) 痛くない。

ハァ ハッ…。

顔が洗える。

洗える!

(犬飼) よかったですね。

あっ あとは これ。

もうすぐ
ご主人 来られるんでしょ?

「もし よかったら」って。

僕のじゃありませんよ。

♬~

(和子) どうぞ。

(茂) おう もう立てるんだって?

(和子) うん。

(和子) 10年ぶりぐらい。

いや もっとかな。

(和子) 何か変…?

いや…。

キレイじゃないか。

(茂) よかったな。

うん。

(茂) よかった。

♬~

♪~

難しいね 脳外って。
(真凛) 何が?

脳って よく分かんないけどさ

心だったりするんだよねぇ。

心ね…。

(来島)
お~ どうした? サッチー!

今日 元気ないじゃん。

あれ? 泣いてる?

お~ どうした?

な な… 泣いてないです~!

いいんだよ 泣いても。

えっ?

ここは みんなが鎧を脱ぐ所だ。

白衣という鎧をね。

(真凛) そのセリフ
100万回 聞いたわ。

う~ バレたか!
ったく やだね~ 古株は。

じゃあね サッチー
俺 ドロンするわ。

(真凛) バカは気楽でいいねぇ。

ん? どうした? お腹痛い?

あんた まさか…。

何?

な~るほど~。

何? えっ? 何?

(西郡) ハァ…。

よう。

三叉神経痛 60分だって?
かかるねぇ。

俺なら半分だ。

あっ そうだ 言っとくが
脳外のオペはセンスだ。

いくら頑張ったって
向いてないヤツには 向いてない。

どういう意味だ?
まぁ お前は

確かに頑張ってはいるが…。

ハァ…。

また お前か いいかげんにしろ。

用があって来たの。

(美由紀) 保 6歳。

あんたの子供だから。

♬~

♬~

真実。

♬~

♬~

♬~

♬~