ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

知らなくていいコト 第2話 吉高由里子、柄本佑、重岡大毅、山内圭哉… ドラマのキャスト・主題歌など…

『知らなくていいコト#02』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 乃十阿
  2. DNA
  3. ケイト
  4. 結婚
  5. 尾高
  6. 笹野
  7. 小野寺
  8. 相性
  9. 子供
  10. 岩谷
  11. キアヌ
  12. 黒川
  13. 佐藤
  14. ハァ
  15. マッチング
  16. 殺人犯
  17. 相手
  18. DNA婚活
  19. ドア
  20. マウス

f:id:dramalog:20200115230127p:plain

『知らなくていいコト#02』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

知らなくていいコト#02[解][字][デ]

まさか私があの殺人犯の娘だったなんて…!?社会の真実を暴いてきた週刊誌の記者が自分の真実に立ち向かう!吉高由里子主演!1話完結のお仕事系ヒューマンドラマ!!

詳細情報
出演者
吉高由里子、柄本 佑、重岡大毅(ジャニーズWEST)、山内圭哉秋吉久美子佐々木蔵之介小林薫
番組内容
週刊イーストの敏腕記者・ケイト(吉高由里子)は自分の父親が無差別殺人犯・乃十阿徹(小林薫)かもしれないことを知る。そのことで春樹(重岡大毅)にフラれてドン底気分の中、次週のネタとして“DNA婚活”について調べるよう振られる。初めはDNAを胡散臭く感じていたケイトだが、取材を進めるうち殺人犯のDNAが自分の中にもあるという気分になってきて…。さらに尾高(柄本佑)から父に関する思いがけない話を聞き…!
監督・演出
【演出】 狩山俊輔
原作・脚本
【脚本】 大石 静
音楽
【ドラマ主題歌】 「素晴らしき嘘」 flumpool
【音楽】 平野 義久
制作
【チーフプロデューサー】 西 憲彦
【プロデューサー】 小田 玲奈
          久保田 充
          大塚 英治(ケイファクトリー

【制作協力】 ケイファクトリー
【製作著作】日本テレビ

 

 


(歯を磨く音)

(真壁ケイト) 《痩せた》

《半月で4kg》

《じわじわ痩せながら
私は知った》

《人生は どん底から絶頂

絶頂から どん底の繰り返しだ》

遅れてすいません
でも 徹夜でスクープ撮りました。

《3週間前 スクープを撮って
絶好調だった あの日…》

アブラガニの写真 撮りました~。

(浅井) ケイトさん!
くも膜下出血だそうです。

(真壁杏南)
ケイちゃんのお父さんは…。

キアヌ・リーブス…。

《奇妙なことを言い残して

母は死んだ》

《シングルマザーだった母に

父のことを
聞いたことはなかったけど

キアヌ・リーブスの子ってのは
悪くない》

(尾高由一郎)
いい話じゃないか 信じろよ。

いい話なの?
いい話だよ 『マトリックス』だぜ?

《ところが 後日

母の遺品の中から
指輪が出て来た》

指輪のご注文主は
ノトアトオル様でございます。

ノトアトオル

《30年前
世間を騒がせた殺人犯》

《キアヌ・リーブスの子ではなく
殺人犯の子?》

私が殺人犯の子供でも
結婚できる?

(野中春樹) できるよ。

どん底から
幸せの絶頂に舞い上がった》

《そして

再びスクープ!》

《愛って偉大!》

ごめんなさい 結婚の話は
なかったことにしてください。

お父さんが誰でも
関係ないとは思うんだけど…。

子供とか
できた時のことを考えると

その遺伝子 どうすんだって
思っちゃう自分がいて…。

聞いた話は 誰にも言いません。

(ドアが閉まる音)

《殺人犯の子》

《この見えない逆境を

私は
どうやって はね返すんだよ…》

取りあえず 会社 行こ。

え?
飲んでかない?

あぁ… 5分だけ。

ん…。

あぁ 冷めちゃった。

新しいのにしよ。
あの… いいです。

用事って何ですか?

私が 乃十阿 徹の娘かもしれない
っていう話なんだけど

キアヌの子であるという
確証もないのと同じように

乃十阿 徹の子であるという
確証もないのね。

プロポーズされた時
「殺人犯の子でもいいの?」

…なんて思わず言っちゃった
私が間違ってた。

それでハル君の頭の中も
固まっちゃったんでしょ?

でもね 全く確証はないの。

あ~ あるかもしれない可能性は
なくもないけど

全くないかもしれないの!

あっ 今 分かってんの これね。

待って…。

1985年 乃十阿 徹から
母は指輪をもらう。

1986年 キアヌと母は
ロスで会ってる。

1987年 私が生まれる。

だから 私の父が誰だかなんて
今あるデータでは分かんないの。

つまり 私は…。

殺人犯の子と
決まったわけではありません。

う~ん…。

別れると結論づけるには
早いんじゃないかな?

撤回しない?

撤回してください。

できません。

一度 言ったことは
言ったことなんで。

すみません。

うん…。

自分で言うのも何だけど

もったいなくない? 私のこと。

僕なりに考え抜いたことなんです。

だって まだ決まったわけじゃ
ないんだからさ…。

編集部では これからも今まで通り
よろしくお願いします。

えっ…。

♬~

ハァ…。

♬~

あぁ!

♬~

 

(木嶋) あっ…。

どこ行っちゃったかな
ここかな…。

(鮫島) おっ それ
裁判所からの呼び出し状。

(木嶋) いや こんなとこ
捨てとかないでくださいよ。

おはようございます。

おはようございます。
(東山) おはよう。

(岩谷) 「元巨乳セクシーグラドル
キューティ柏原」!

懐かしいね~!

(田淵)
尾高の仕事に外れはないですね。

おぉ 尾高! ん?
編集長 今週も絶賛だよ。

(岩谷) こんなんやってないで
戻って来いよ おい。

「こんなん」はないでしょ。

岩谷さんが作ったページなのに。
(岩谷) 尾高のためにな。

もう 俺
ニュース追う体力ないですから。

(岩谷) クマ追う体力あるくせに。
クマじゃないんです ムースです。

知らないよ そんな動物は。

尾高の奥さんは ほら
イルカと泳ぐ人ですから。

影響されちゃったんだな
女の力って すごいね~。

ちょっと 岩谷さん。

こちらのオッパイ

一度切除して
再建したものになります。

え?
3年前 DNA検査で

乳がんのリスクが ものすごく
高いことが分かって

予防的にオッパイ両方
切除しちゃったそうなんです。

見事に再建できるもんなんだな。

(市川)
ブチさん 部屋空きましたよ!

(尾高:田淵) じゃ。
≪おはようございます≫

おう。
おっと…。

こんちは。
どもっ。

(田淵) おいっす。
おい~っす。

(小野寺) 編集長 今 DNAの
乳がんリスクの話 してましたけど

最近では DNA検査で
適した職業とか

相性のいい結婚相手とか
調べるらしいんですよ。

DNAを調べた上で

相性のいい相手を紹介する
結婚相談所もあるらしいんで

今日 そこのパーティー
取材してみようと思ってんです。

DNAネタは よくあるからな。

いや でも DNAでマッチングした人を
紹介することに特化した

結婚相談所って面白くないですか。
よし

明日の企画会議までにまとめろ。
明日の企画会議には

死者2人を出した 悪魔の
ダイエットクリニックのネタを出すつもり…。

じゃあ 小野寺は引き続き
悪魔のダイエット

DNAはケイトに任せろ…
ほら ケイト! え?

小野寺から
DNA婚活の取材を引き継げ。

私 東阪自動車道の遺族インタビュー…。
そっちもこっちもやるんだ。

いいな? 黒川!
(黒川) はい。

黒川さん 本当にいいんですか?
(黒川) あの人 言いだしたら

聞かへんって 小野寺。
僕の企画なんだけどな~。

は~い…。

(黒川) 佐藤 お前 ケイトのアシ。
(佐藤) はい。

唾液からDNAを採取して
結婚相談所に登録しておくと

相談所がDNA的に相性のいい相手を
紹介してくれるんだよ。

(佐藤) 高っか!

遺伝子検査費6万円
1回の紹介料3万円

パーティーの参加費
1万円ですよ?

一生の問題だから
高いとも言えないだろ。

遺伝子の相性がいいって
どういうことなんですかね?

HLA遺伝子って免疫遺伝子が
あるんだけど

その相性がいい者同士が
結婚すると

すごく免疫力が強い子が
生まれるんだって。

できのいい子供を
つくるためですか?

それって 命の選別的。

(小野寺)
子供のことだけじゃなくて
そのHLA遺伝子の相性がいいと

なぜか ちゃんと
引かれ合うんだって。

だから 別名
恋愛遺伝子ともいうんだよ。

じゃあ 結婚相談所で
紹介されなくても

直感的に 遺伝子の相性の
いい者同士は

引かれ合うんじゃないんですか?
現代はストレス社会だから

直感は明らかに鈍ってんだよ。
そうかなぁ?

私の小学校の頃から
直感的に いいなと思う男子

常に いたけどな~。

(小野寺)
それは あなたが特殊なんです。

編集部に元カレと今カレがいても
平気なんだから。

それって特殊?
え? まぁ…。

どっちかがいるなら
分かりますけど

両方いるのは特殊かもしれません。
へぇ~。

僕なんか 恋愛経験もないし
結婚もお見合いなのにな~。

ヤ~ダ 恋愛経験ないんですか?
ハハっ!

(小野寺:せき払い)

まぁ これから こういうの
需要あると思うんだよね。

DNA的に相性のいい相手と
巡り会えれば

フラれるリスクも少ないんだから。

なるほど。

フラれるのはヤダ…
その気持ち分かります。

(小野寺) だろ?
小野寺さん

取材の肝 分かりました。

腹ごしらえして出掛けよう!
はい。

(ドアが閉まる音)

それでは ただ今より

DNAマッチングパーティー
開催いたします。

参加者の皆様…。
(2人) どうぞ!

(笹野) 参加者の皆さんは
仮面を着けた所に限り

お写真 大丈夫とのことですので。
ありがとうございます。

顔を隠してるのは なぜですか?

まずは お話のフィーリングを
感じていただくためです。

(司会者)
それでは 封筒をお開けください。

あぁ~!
えっ。

あの紙は何ですか?

(笹野)
マッチング率が書かれています。

(司会者)
今 目の前にお座りの方が

精度の高いDNA分析によって

選び抜かれた お相手なんですよ!

は~い 10分がたちました~!

いかがでしたでしょうか?

そろそろ
運命のパートナー候補のお顔が

見たい頃じゃございませんか?

マスクを外した途端

好みの顔じゃなくてガッカリ
なんてこと ないんですか?

相性がいい方だと分かって
お顔を見たら

そんなに
嫌ではないみたいですよ?

《ホントかよ》

(司会者) それでは
マスクをお外しください!

アハハ…。
ハハハ…。

洗脳されちゃってますね。

洗脳ではありません 科学です。

(男性) は~い…。

じゃあ…。

(佐藤) フリータイムになっても

DNAでマッチングされた相手と
話してますね。

フリータイムがあるなら

普通の結婚相談所と
同じような気もしますけど。

ここからがクライマックスです!

集計が出たようです。

それでは マッチング結果を
発表いたします。

これから先 結婚を前提に
お付き合いをするカップルは…。

1番 木原さとみ
1番 田中浩紀様。

おめでとうございます。
(拍手)

(拍手)

(司会者) 2番 天野遥香
2番 曽我部 駿様。

おめでとうございます。

3番 吉井真由美様
おめでとうございます。

4番… おめでとうございます。
(拍手)

9番… おめでとうございます。
(拍手)

10番 染谷あおい様
10番 川口慎太様。

おめでとうございます。
(拍手)

(拍手)

DNA すごっ。

(司会者) 今回のカップル成立は
以上となりました。

(ドアが開く音)

(優子) あの…!
お気になさらないでください。

一度で成功される方は
少ないんですよ。

でも 私だけ…!

皆さん 何回目かで
カップル成立されてるんですよ。

諦めずに
またチャレンジしてください。

DNAにかけたのは どういう
お気持ちだったんでしょうか?

(田中) 早めに間違いのない
相手と出会えて

その上 別れるリスクも
少なくなるという

最も合理的な方法だと
思ったからです。

気まずく別れたりする時のストレスは
計り知れないですからね。

そうですよね 分かります。

あ… どういうお気持ちで今日は
いらっしゃったんですか?

(さとみ) 私は 気が弱くて…

男性とお付き合いしたことも
なくて…。

《ウソだろ》

(さとみ)
普通のお見合いパーティーだと
地味で 誰の目にも

留まらないなって思ったんです。

そんなことないですよねぇ?
そんなことないと私も思います。

フフフ…。
(2人) フフフ…。

《したたかな女だぞ
だまされんなよ》

(佐藤) あの…

お相手の どんなところに
引かれましたか?

(あおい) あ… あの
よく分からないんですけど

いい匂いがしました。
(川口) え?

あ~ 匂い…。

DNAの相性には 匂いも
関係あるらしいですからね。

(2人) そうなんですか?
そうらしいですよ。

(2人) へぇ~。

(あおい) ちょっとヤダ…!
(川口) いい匂いした。

あの ちょっといいですか?
(岩谷) あぁ いいよ。

すいません あっちで。
あ~ ここでいいよ。

あの… ここでは ちょっと。

次の異動のタイミングで

僕を編集部から
出していただけないでしょうか?

どうして?

もったいつけんな。
すいません。

あの… 実は

真壁ケイトと別れたんです。
えぇ~?

いろいろあったので
同じ編集部の中にいるのは

ちょっと精神的に苦しいというか。
フラれちゃったの?

何でダメになっちゃったの?

それは言わないって約束したんで。
あぁ そう。

う~ん…
理由はどうあれ 俺はね

男女問題で
異動はさせない主義なんだ。

そういうもんじゃないから

仕事って。

はい。

異動はさせない。

野中は大事な戦力だ。

はい ありがとうございます。
話って それだけ?

週刊誌の編集部で働くには

過ぎてしまったことは
忘れることだ。

じゃあ そういうことで。

あぁ~。

DNA調べて あのパーティー
参加してみないと見えて来ないな。

結婚する気もないのに
パーティーに参加したら

マッチングされた相手に
失礼ですよ。

それって うちのコードに
触れると思いますけど。

本気で相手探す気があれば
いいわけでしょ?

え? だって 真壁さんには
野中君がいるじゃないですか。

私これから 横浜理工大学の
遺伝学の先生に会って来るから。

え?
それ いつアポ取ったんすか?

仕事は常に迅速によ。

(佐藤) あ… さっき
マッチングしなかった人だ。

♬~

行動確認。
はい。

マウスに
ピカっと光を当てた後に

電流を流します。

何度も繰り返すと マウスは

ピカっと光る光を見ただけで
おびえるようになります。

それは あの… あれ!

パブロフの犬ですね。
そうです。

ですが その先があるんです。

驚くべきは…。

そのマウスの子供も
同じ反応を示すんです。

自分は体験していないのに

子供のマウスも ピカっという光に
おびえるんです。

親の経験が子供に
遺伝するってことですか?

そうです。

DNAには
性格や風貌だけじゃなく

習慣や経験も組み込まれています。

遺伝子の意志こそが

命の意志なんです。

マウスは
そうかもしれないけど…。

人間の場合 おびえることない
って教えたら

大丈夫なんじゃないですか?
人間には言葉がありますから。

フフ…。

DNAの意志の前に

言葉なぞ 無力なものなのです。

♬~

《もし 私が乃十阿の子供なら

乃十阿のDNAが
私の中に生きている》

♬~

《私は マウス…》

(振動音)

はい。

さっきの2人なんですけど 別に
何もなく地下鉄の駅で別れました。

で その後 男性のほうを
追ったんですけど

普通に仕事に戻りました。
何やってる人?

(佐藤) 個人で設計事務所
やってるみたいです。

そう… ご苦労さま。

ハァ…。

♬~

♬~

(アナウンサー)
殺人の疑いで逮捕されたのは
乃十阿 徹 43歳です。

(リポーター)
キャンプ場無差別殺人事件の容疑者
乃十阿 徹を乗せた車が

奥多摩署に入って来ました。

(カメラのシャッター音)

(リポーター)ここが毒殺事件の起きた
キャンプ場です。

見えますでしょうか
あの奥のブルーシートの敷かれてる

炊事場の前です
あそこに置かれた

ウオータータンクの中に

犯人が毒草であるハリヒメソウを
入れたと思われます。

その水を飲んだキャンプ参加者は
次々と嘔吐し

あの辺りに
倒れて行ったとのことです。

この事件で2人が死亡

依然 5人が意識不明の重体…。

(クリックする音)

ハァ…。

(振動音)

ハァ…。

(ドアが閉まる音)

明日から松島先生
3週間も北欧に旅行なんで…。

へぇ…。


コーヒー飲む?


そんな… 恐ろしい人見るような
目で見ないでよ。

私が何したっていうの?

私が…

人殺しだとでも思ってんの?

そ… それって…。

それって 差別じゃない?

♬~

いや…。
そんなふうに思ってたんだ。

ハァ…。

見損なったよ。

野中。

♬~

ハァ…。

(ボタンを押す音)


(車の走行音)

送って行くよ。

逆だよ。

これから朝まで歌舞伎町で
イエコウモリの撮影なんだ。

イエコウモリって 昔
尾高さんの家で飼ってた あれ?

うん。

けど あれ 飼ったらいけないもの
だったらしい。

へぇ~ そうなんだ。

あぁ…。

一緒に行ってもいい?
え?

イエコウモリの撮影。
おぉ…。

いいけど… ゴミ臭いよ?

うわうわうわ…。
よいしょ。

あっ うわっ… 臭っせ!

(カメラのシャッター音)

(カメラのシャッター音)

へぇ~。

(カメラのシャッター音)

昨日 犯罪遺伝子について
調べたんだ。

ママの遺品の中から
指輪が出て来て

その送り主を突き止めたら
乃十阿 徹だったの。

30年前 キャンプ場で起きた
無差別殺人の犯人 乃十阿 徹。

ママと乃十阿 徹が
恋人だったとしたら

私の父親は
乃十阿 徹かもしれないでしょ?

キアヌ・リーブスじゃないの?

キアヌの可能性もあるけど

乃十阿 徹の可能性も
あると思うの。

ふ~ん。

じゃあ
キアヌってことにしとけよ。

尾高さん 全然驚かないね。
ん?

普通さ 殺人犯の子かもしれない
って聞いたら

もっと驚くはずでしょ?
あぁ 驚いたよ。

ウソ。

俺 あんま顔に出ないんだ。

ウソ… 尾高さん 何か知ってる。

この前も 乃十阿 徹について
教えてほしいって言ったら

「そんな人もいたっけな」って
とぼけたでしょ?

そのこと聞きたくて
ついて来たの。

だから もう逃げられないから。

フゥ~…。

ラーメン食う?

ハァ…。


うん…。
鼻水 出てるよ。

ん…。
はい。

ありがと。

3年前
乃十阿 徹の出所の写真を

イースト』のグラビアに
掲載したろ?

発売の日の午後

お母さんから連絡があった。

ケイトには内緒で会いたいって。

(杏南)尾高君

乃十阿 徹を追い掛けるのは
もうやめてほしいの

どうしてですか?

あ… お知り合いですか?

理由を言わないと お願いは
聞いてもらえないの?

う~ん…

まぁ そうですね…

その人

ケイトの父親なの

え?

乃十阿と私は
慶英大学の講師と学生だった

再会した時には
彼は教授になっていて

結婚もしてて 子供もいた

なぜ もっと早く
再会できなかったのかしら

結ばれない運命だったのね

ケイトを授かった時

産もうと思った

証しが欲しかったの

♬~

あの事件は…?

乃十阿は人を殺すような
人間じゃありません

ケイトが いつか

乃十阿と私の接点を知るように
なるのかと思ったら…

耐えられない…

どうか もう

そっとしておいてください

そして ケイトを
生涯守ってあげてください

何もかも
あなたが くんであげて

分かるわね?

ケイトを

お願いします

♬~

ドアの開閉音

ママが 乃十阿 徹が父親だ
って言ったんだ?

うん。

じゃあ ママは何で
キアヌの子だなんて言ったの?

♬~

帰ろうか。

少しくらい横になったほうがいい。

今日 企画会議だろ?

眠れないよ こんな気持ちで。

♬~

 

(激しく鈴をたたく音)


DNA婚活パーティー
参加者を洗脳してる感じで

気持ち悪かったんですけど

その洗脳にも染まらない人が
いたんですよ。

ひと組だけ成立しなかった
カップルがいて。

あれって 多分

女性のほうは マッチング相手を
指名してるんですよね。

男性が選んでないんですよ。

その男性の心情を取材しないと

あの婚活パーティーのよいしょ記事に
なっちゃうと思うんですよね。

(黒川) そやな
ほな その男 取材してみ。

はい 今から 行って来ます。

あっ 佐藤君はいい 2人で行くと
圧力かかり過ぎちゃうから。

設計事務所の住所 送っといて!
(佐藤) 分かりました!

(小野寺) DNA婚活
僕のネタだったのにな~。

(福西) そうっすね。

(黒川) 小野寺~
お前 ケイトの先輩やんか。

小っちゃいこと言うな!

お前は 悪魔のダイエットクリニックで
左トップ狙うたらええがな。

はい 行って来ます。
(黒川) はい。

(チャイム)

(チャイム)

(足音)

♬~

♬~

(ドアが閉まる音)

(チャイム)

突然 お邪魔して すみません。

私 『週刊イースト』の
真壁と申します。

(山際) はぁ… えっ 何か?

昨日のDNA婚活において
山際さんは ただ一人

DNAマッチングのいいお相手を
選ばれませんでした。

そのことについて ぜひ
お話を伺いたいと思いまして。

すみませんけど 今仕事中ですので
勘弁してください。

笹野さ~ん!
そこに いらっしゃいますよね。

もう 何ですか!
やめてくださいよ! 大声出して。

近所迷惑じゃないですか。
すいません。

それでは 中に
入れていただけますか?

はぁ?
笹野さ~ん!

ちょっと だから…。 何すか?
何なんですか!

中に いらっしゃいませんか?
いませんよ。

ねっ。

フフ…。

これって プライバシーの侵害じゃ
ありません?

お2人は
DNAの相性がいいから

こうして お付き合いなさって
おられるんですか?

それとも山際さんは
笹野さんがおられるから

昨日のマッチングのいいお相手を
選ばれなかったんでしょうか?

やめてください
私たちは独身です。

不倫にうるさい
『週刊イースト』さんに

とやかく言われるようなことは
ありません。

お付き合いされている方が
いるのに なぜ

山際さんは DNA婚活に
参加なさったんでしょうか?

自分たちのDNAマッチングは
最悪なんです。

(笹野) そんなこと
言わなくていいから。

この人が マッチングのいい人を
選んだほうがいいとまた言うんで。

だけど…。
やっぱり

笹野さんが お好きなんですね。

そうです。
ちょっと…。

70%以上のマッチング率が
ないと

相性がいいとは言えないと
伺いましたが。

お2人は
70%行かないんでしょうか?

10%も行かないです。
え~。

でも僕は…。
僕は…。

笹野さんが好きなんです。

そういうもんですよね 恋って。

ダメだダメだと思っていながらも
引かれてしまうのが

ホントの恋です。

6回もマッチングのいい人を
紹介してもらいましたが

どの人より 事務局の笹野さんが
気になってしまって。

私たちのことは
書かないでくださいね 絶対に。

誰か分かるようには
書きませんので。

誰か分からないようには
書くんですか?

やめてください それだけは
私 クビになってしまいますから。

そしたら ここで働けばいいよ!

えっ?
DNAが何だ!

結婚しよう。

10分の1の数字でも
自分が10倍努力するから

結婚してください。

それは…。

だって10%も行かないんだよ
私たち。

笹野さん。

DNAの呪縛から
抜け出したほうがいいですよ。

だって 10倍努力するなんて
言ってくれる人いないですよ

この世の中に。

(笹野)
口だけなら何とでも言えます。

でも DNAは違うって
言ってるんです。

DNAなんて気にしないなんて
言ってくれる人

DNAなんて関係なしに
プロポーズしてくれる人

そんなステキな人
他にいませんって!

乗り越えてくださいよ!

逆境に負けないでください!

真壁さん どうしたんですか?
大丈夫ですか?

DNAが何だっていう記事を
書きたいと思います。

それは困ります!

だったら 昨日撮った写真の掲載は
しないでください。

大体 あなた ちょっと
おかしいですよ。

突然 ここに乗り込んで…。

山際さん 頑張ってください。

笹野さんだって
山際さんのことを好きです。

誰が見たって分かります。

DNAなんて関係ないって
言ってくれる人

ホントに なかなか いませんから。

大事にしてください。

いいお話 伺えました。

ありがとうございました。

♬~

♬~

♬~

ええ記事や。
どもっ。

入稿して来ます。
はい。

♬~

♬~

(愛花) この記事のカップ
ステキですよね。

科学ではなく 直感を信じた感じ。

カッコいいですよね~。
うん そうだね…。

おはようございます。

≪おはよう≫
おはようございます。

(小野寺) おはよう。
おはようございます。

あっ 面白かったよ
DNA婚活レポ。

どもっ。
左トップは 僕がもらったけど。

次週は赤城大臣のネタで
私が右トップもらいます。

戦闘的なDNA持ってるね~。

(黒川)
さっき マッチングスマートから
電話で えらい文句言われたわ。

「うちは洗脳なんかしてません!」
言うて。

想定内です。

物事には いろいろな見方があって
当然や言うといた。

どもっ。

うわっ マッチングスマートのホームページ
すごいことになってますよ。

殺到してます 予約が… 昨日まで
こんなことなかったのに。

ホンマかいな。

『週刊イースト』の宣伝力
ものすごいな。

DNAを信じてもよし
信じなくてもよし

…って記事内容がよかったんすよ
さっすが真壁さん。

やるもんだね。
うわっ 謙遜せえへんのや

憎たらしい。
ハハハ…。

(乃十阿) あぁ…。

(汽笛)

(子供たち) さようなら~!

(岩谷) あのさ…。

野中が異動したいと
言って来たんだ。

そうですか…。

俺はケイトがやりにくかったら

あいつを次の異動で出しても
いいとは思ってんだけど

君の気持ちは どうなの?
どっちでもいいです。

もう どうでもいいんだ?
はい もう どうでもいいです。

じゃ 置いとくぞ。
大丈夫です。

何食う?
あぁ…。

あっ すいません。
(店員) はい。

ももと つくねと 砂肝と

せせりと 軟骨カリカリ揚げと

はっ! あと よだれ鶏

これ 温かいの 冷たいの
両方 下さい。

(店員) はい かしこまりました。

人間は性的に満たされなくなると
食欲が高進するらしいです。

それはヤバいな。
ヤバいです。

太ったケイト 見たくないよ。

いまさら言うのも何だけど

やっぱりケイトは
尾高が合ってたな。

尾高さん 奧さんいますから。
いてもいいんじゃないの?

え~。
ケイトと尾高なら特例で。

不倫暴いてる人が
そんなこと言っていいんですか?

ダメだな。
ダメですね。

あっ すいません。
(店員) はい。

親子丼も下さい。
親子丼 はい かしこまりました。

食べます? (岩谷) いらないわ。
いらない? うん。

♬~

(車の走行音)

《私は…》


(ブザー)

おう。

あ… 忙しい?
ううん どうした?

聞きたいことがあって。

どうぞ。

さっきまで
岩谷さんと飲んでたの。

お酒臭い?
ちょっとね。

あぁ ごめん。
別にいいよ。

インスタントしかないけど
コーヒー飲む?

うん。
うん。

前はあったよね
コーヒーメーカー。

今でもあるよ。

♬~

♬~

はい。
ありがとう。

♬~

ママとの約束で 乃十阿 徹のこと
ずっと黙ってたのに

何で この前 話してくれたの?

苦しそうだったから。

私が?
うん。

覚えてる? 私に
プロポーズしてくれた日のこと。

尾高さんが
ニュースカメラマンやめて

私たちが
うまく行かなくなってた頃。

お疲れさん

あっ お疲れさま

キーボードを打つ音

結婚しないか?

結婚?

動物カメラマンになったら
普通の人になったのね

ニュースカメラマンじゃ ない
尾高さんなんかいらないか

うん

だけど

夫にしたら 案外いいかもよ

やめて… そういうこと言う
尾高さん 好きじゃ ない

結婚は しない

誰とも

キーボードを打つ音

クリックする音

忘れるわけないだろ。

ケイトにフラれた日だもん。

あれって何で?

ん?

結婚とかしないで
このまま ずっと

仲良くやって行けたらいいねって
言ってたのに。

何でプロポーズしたか?

それは…。

ケイトを
離したくなかったからだよ。

のんきに動物なんか撮ってる
尾高さんなんて

尾高さんじゃ ないって言われて
ショックだった。

けど…。

やっぱり離したくなかったんだな。

野中がケイトに興味持ってるのも
知ってたし。

だけど そんな昔のこと
いまさら どうした?

大事なことなの。

私が乃十阿 徹の子供だって
分かってて

結婚しようって
思ってくれてたってこと?

うん。

やっぱり
結婚は無理かなって思うんだ

ごめんなさい 結婚の話は
なかったことにしてください

(泣き声)

《何で あの時
気付かなかったんだろう》

(泣き声)

何? どうした?

♬~

《何で この人を捨てて

ハル君に乗り換えたんだろう》

(泣き声)

《時間よ

戻れ》