ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

今夜はコの字で 第2話 中村ゆり、浅香航大 山田大河、小園凌央… ドラマの原作・キャストなど…

『今夜はコの字で【コの二 神楽坂「焼鳥しょうちゃん」】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 仕事
  2. 吉岡
  3. 字酒場
  4. 恵子
  5. 山田
  6. 注文
  7. カウンター
  8. ゴホッ
  9. 丁寧
  10. お待たせ
  11. カリカ
  12. ハァ
  13. 会話
  14. 厚揚
  15. 今日
  16. 神楽坂
  17. ハゲ
  18. 一緒
  19. 乾杯
  20. 気付

f:id:dramalog:20200114072323p:plain

『今夜はコの字で【コの二 神楽坂「焼鳥しょうちゃん」】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

今夜はコの字で【コの二 神楽坂「焼鳥しょうちゃん」】[字]

すっかりコの字酒場にハマった吉岡は、恵子先輩に次のコの字を紹介してもらう。しかし、やって来た神楽坂の「焼鳥しょうちゃん」はかなりハードルの高いお店だった…。

詳細情報
番組内容
神楽坂「焼鳥しょうちゃん」

すっかりコの字酒場の魅力にハマった吉岡(浅香航大)は、後輩の山田(小園凌央)を誘ってみるが、すげなく断られてしまう。
翌朝、山田はインフルで欠席し、またも尻拭いをさせられることになった吉岡は、住宅展示場で着ぐるみを着て風船を配り、汗だく、くたくた。
番組内容つづき
癒しを求めて、恵子先輩(中村ゆり)に紹介してもらった新しいコの字酒場の扉を開ける吉岡。しかし、そこは、恵子の言う通り、なかなか、ハードルの高い店だった。
出演者
田中恵子(32)フードコーディネーター…中村ゆり
吉岡としのり(28)シューエイプロジェクト社員…浅香航大
山田大河(23)シューエイプロジェクト社員、吉岡の後輩…小園凌央
ミキ(26)恵子のアシスタント…藤井武美
角倉誠(56)シューエイプロジェクト社長…堀部圭亮
出演者つづき
住宅展示場の係…豆生田泰樹
編集者…鈴木啓太
編集アシスタント…辻本優美
「しょうちゃん」店主…しょうちゃん
「しょうちゃん」客…石坂史朗
          小林真弥
          中谷かつら
          わたなべなたわ
          松坂龍
原作・脚本・監督
【原作】「今夜はコの字で」
 原作・加藤ジャンプ
 画・土山しげる
集英社インターナショナル刊)

【脚本】タナカトモフミ
【監督】久万真路
番組概要
広告代理店「シューエイプロジェクト」で働く吉岡としのり(浅香航大)は、再会した憧れの先輩、田中恵子(中村ゆり)から、今のあなたに必要な場所だと、酒場を紹介してもらう。フードコーディネーターとして働く恵子は酒場に溶け込んでおり、初対面の人とも打ち解けて飲んでいる。自分はタッチパネルのチェーン店がせいぜい…。
番組概要つづき
翌日、恐る恐る居酒屋の扉を開ける吉岡。そこはコの字型のカウンターで、大勢の客で賑わっていた。おいしい酒と肴、常連客と店の人の丁々発止。いつしか吉岡の心はほどけていって…。
恵子先輩に次なるお店を紹介してもらい、コの字カウンターを囲んで一緒に飲むうちに、どんどんコの字酒場にはまっていく吉岡。次第に恵子先輩への想いも募り…。
関連情報
【公式ホームページ】
www.bs-tvtokyo.co.jp/konoji/

【公式Twitter
@BS7ch_konoji

 

 


おはよう。
おはようございます。

恵子:今の君にとって
必要な場所だと思うよ。

(吉岡)今の俺に必要… ですか。

うまっ!
(月島)だろう?

(恵子)だるまみたいな
カウンターのあるお店のことを

私は コの字酒場って呼んでるの。

カウンターが カタカナの
コの字みたいだったでしょ?

コの字のカウンターは
左右も前も お客もお店の人も

みんな フラットに話せて
いろんな出会いがあるの。

コの字酒場か。 フフッ。

今度 山田も誘ってみようかな

《コの字酒場 楽しかったなぁ》

課長 お疲れさまです。
お疲れさまです。

あっ 山田くん。

夜 予定ある?

(山田)えっ… なんすか?

あっ いや… ちょっと
いい飲み屋 見つけてさ。

よかったら一緒にどうかなって。

それって… 仕事っすか?

あっ いや… 仕事じゃないけど…。

ゴホッ ゴホッ…。

じゃあ 僕 今日 体調悪いんで

大事とって先 上がります。

ゴホッ ゴホッ ゴホッ… お疲れさまでした。

《くぅ~ 誘うんじゃなかった》

おはようございます。

(吉岡)おはようございます。
おはようございます。

おはようございます。

(角倉)吉岡くん。
あっ おはようございます 社長。

(角倉)今日さ 保谷の住宅展示場
行ってくれないかな?

えっ? そこ 山田の担当じゃ…。

山田から さっき連絡あって
どうやら インフルでダウンらしいんだよ。

えぇっ!?
悪いが 吉岡くん 代わりに頼んだ。

あっ… はい わかりました。

川崎くん 例の案件なんだけど
その後 どうなってるかな?

いいね~。

《っと… 住宅展示場の仕事って
なんだっけ?》

すみませんが こちら…。
はい わかりました。

《吉岡:何やってんだ…
この年で俺…》

もうちょっと
愛きょう お願いします。

あっ すみません。

《山田のヤツ
インフルなんかなりやがって。

絶対 これが嫌で
ズルしただろ アイツ》

風船ちょ~うだい。

あっ… ああ…。

あっ。

ごめんね。

ありがとう。

《もうダメ… 中は蒸し風呂だ。

ビール飲みてぇ…》

(恵子)たくさんハーブと
あと ニンニクと一緒に揚げてて

トスカーナ風のフライドポテトです。

こちらは 5種類以上の
魚介を使ってて

すごい おだし出てるので
バゲットなんか付けてもらって。

(ミキ)お待たせしました。
おっ! ウフフフ。

はい。

すみません。
こちらも トスカーナ風のローストポークです。

どうぞ~。

いただきます。
(恵子)はい。

おいしい!
さすが恵子さんですね。

あっ いやいや…。
う~ん…。

いいんだけど
もっと本場のリストランテの空気感

欲しいんだよねぇ。
トスカーナに よくあるような。

あぁ いや~
行ったことないんですけど。

えぇ ないのかぁ。
すみません。

ハァ… ハァ… ハァ…。

《駅前で飲んで帰るか…。

いや どうせなら
コの字酒場 行きたいなぁ》

先輩に 思い切って
連絡してみるか。

 

ハハッ… おお。

じゃあ 次は
ちょっとハードルを上げて…。

(バイブ音)

おっ きたきた。

神楽坂 しょうちゃんか。

<コの字型のカウンターがある店を

コの字酒場という。

座れば 左右 斜め 人の顔が並ぶ。

上座も下座もなく フラットな場。

いわば そこは
人と人がふれあう舞台>

お待たせしました。

< さあ 今宵も
一緒に乾杯しませんか?>

《夜の神楽坂か。

なんか緊張するなぁ》

《おしゃれな店が多いな~》

《こんなとこに
コの字酒場があるのかなぁ》

《この辺のはずだけど》

《あった!

通り過ぎてた。

ここが先輩オススメの
しょうちゃんか》

《中が見えない…。

入りにくいなぁ…》

よし。

(しょうちゃん)いらっしゃい。

どうも…。

《すごく 昭和だ。

カウンターも きれいなカタカナのコだ。

常連が多いな》

つっ立ってねえで座れ。

あっ… はい。

失礼します。

すみません… すみません…。

《確かに ハードル高いぞ 今日は》

しょうちゃん ウーロンハイ まだ?
うるせぇな 黙ってろ。

《客に うるせぇ?》

しょうちゃん 砂肝とししとうね。
あいよ。

《注文するとき
しょうちゃんって呼ぶのか》

《い… いつ
注文すればいいんだ?》

しょしょ… しょ… しょう…。

し… し…。

しょ…。
注文 何にするんだよ?

あっ… はい えっと…
じゃあ ビール お願いします。

あいよ。

《助かったぁ…》

どうも。

《うまっ!
緊張してたから体にしみる~》

《何にしようかな。

値段は 手ごろだな》

注文しにくいですよね あのハゲ。

あっ…。

《ヤバイ! しょうちゃんに
けんか売ってる》

うるせぇな 黙ってろ お前は。
はぁ? お前こそ黙ってろ ハゲ。

(しょうちゃん)うるせぇな デブ。

《ややこしくなる前に
1杯で帰るかな》

何にする?

えっ? あっ… じゃ…。

厚揚げと
はつも お願いします。

はいよ。 皮も食べる?

はい。 えっ? はい…。

《注文しちゃった…。

1杯だけで帰るつもりが。

その上 苦手な皮まで
頼んじゃったよ》

押し売りすんなよ。
うるさい お前 黙ってろ。

何が黙ってろだよ お前。
お客様は神様だろ? おい。

接客 なってねえよ ハゲ。
なってませ~ん。

(笑い声)

《もう… 俺のために
けんかは やめて…》

《他の客は平然としている。

ということは
ガチげんかじゃないのかな?》

ごめ~ん 待ったぁ?
も~ 遅い!

どうも 久しぶりです。
あっ しょうちゃん 麦のお湯割り。

お湯 沸くまで待ってろ。
は~い。

も~う 何してたの?
いや 主任がさ

仕事 押しつけてきてさぁ。
え~ あの主任って10歳年下の?

うん そう。
うわ~ 本当。
うん。

あっ どうも。
お疲れさま。 はい お疲れさま。

あっ しょうちゃん
あと肉詰ピーマンとたこブツも。

少し痩せたほうが
いいんじゃないのか?

《すごい… 友達と会話しながら
次々 注文を済ませたぞ》

でもさ その10歳年下の上司?
うん。

もしかして アンタに
気があるんじゃないの?

いや やだぁ こんなおばさん?

まだまだ いけるよぉ。
えっ ホント?

あぁ。
ありがとう。
最高だよ。

いやぁ ありがとう。
いや コバちゃんも すてき。

《別の客の会話を勝手に聞いて

向かい同士で会話の応酬。

コの字酒場でしかありえない》

厚揚げと はつです。
お待たせしました。

ありがとうございます。

《はつか…。

焼鳥のわりに
ずいぶん小ぶりだなぁ》

いただきます。

うまっ。

《小ぶりでも かむと
タレのうまみが口の中に広がる》

《ビールに合う~》

《厚揚げに しょうゆをたらし

ショウガをのせて…》

《うまっ… 熱っ》

《外はカリカリで 中はふっくら。

網で丹念に焼いただけある》

《あれ? 皮も頼んだよな。

忘れられたのかな?》

はい お待たせしました。

あの… 皮は…。

今 焼いてるから待ってろ。

すみません。

《怒られちゃった。
ずいぶん 時間かかるんだな》

はい 皮 お待たせしました。

あっ ありがとうございます。

《俺が苦手な焼鳥の皮とは

なんか違うぞ?》

カリカリッ! これが皮?》

《プニプニのはずの皮が

まるで煎餅のような
香ばしい物体に…。

すごいよ しょうちゃん!》

こんな皮 他にないだろ?

はい 驚きました。
だろ?

焼きおにぎりも オススメだよ。

それもカリカリで シメに
和風ワンタンと食うと うまいんだ。

へぇ そうなんですか。
あぁ。

《この人も 意外にいい人かもな》

ハァ…。

明日から九州へ単身赴任かぁ。

《えっ?

独り言?
いや 俺に話しかけたのかな?》

まったく未知の土地だ。

《独り言… いや
つぶやいて話にのってきたら

会話になるっていう高等テクか?

のってみるか》

えっ あの… 転勤とかですか?

えっ… えぇ まあ。
新しい部署に かわるんです。

商品管理から営業へね。

そうなんですか。

でも 新しい仕事にも
楽しさがあるはずなんですよね。

うん 仕事は楽しまなきゃね。

仕事は 楽しまなきゃですか…。

嫌なのはね

しょうちゃんに来られないことが
いちばんつらい。

ふっ 今夜は飲みますよ。

ハハハッ。
しょうちゃん ウーロンハイちょうだい。

あいよ。

あっ えっと…
しょうちゃん… さん。

さん?

(2人)さん?

さんは いらねぇよ。
しょうちゃんでいいよ。

あぁ えっと…
じゃあ しょうちゃん。

僕にも あの…
皮を もう1本ください。

皮 めんどくせぇな。
もう1本 焼いてやるよ。

(笑い声)

ありがとうございます。
よかったな 兄ちゃん。

《ついに しょうちゃんと呼べた。
高いハードルを飛び越えた気分だ》

(戸を開ける音)

おっ 珍しいの来たな。

こんばんは。

恵子先輩!?

紹介したらね
来たくなっちゃった。 あ~!

恵子の連れか。

うん そう。 大学の後輩。
じゃあ いつものでいいのかな?

うん。
あいよ。

乾杯。
乾杯。

あ~ 生き返る。 しょうちゃん 皮。

言うと思ったよ。

うふふ。
えっ? しょうちゃん…。

あはっ しょうちゃん
女子には優しいから。

そのとおりです。

お願いね。
は~い。

僕も皮 2本目 頼みましたよ。

えっ 2本も? 粋じゃないなぁ。

あの皮 1本40分かけて焼くのよ?

40分!?
そう。

1本 120円の串を

丁寧に40分かけて焼くの。

どうりで遅かったわけだ。

口は悪いけど
丁寧で一途な仕事ぶりでしょ?

はい。

《吉岡:ホント 口は悪いけど
丁寧な仕事ぶりだなぁ》

ごめんね。

ありがとう

《吉岡:俺も もっと
丁寧に仕事しないとなぁ》

《厚揚げも カリッとしてた。

そうだ 焼きおにぎりも
カリカリっていってたな》

《硬いカリカリの奥には
うまみが詰まってる。

一見 怖そうな
しょうちゃんと同じだな》

(恵子)じゃあね~ バイバーイ。
(吉岡)ごちそうさまでした。

じゃあ またね~ バイバーイ。

ごちそうさま。

しょうちゃん 最高でした。
でしょ?

お客との ぶっきらぼう
やり取りに ビビったけど

あれも変に気を遣わない
温かさなんですね。

仕事で モヤモヤしたことあったけど

しょうちゃんの仕事ぶり見てたら
一途に丁寧に仕事をすれば

人の心を打つんだなって
気付かされました。

私も落ち込んだときにはね…。

えっ そんなこと
あるんですか? 先輩。

あるわよ。
いてっ。 ふふ。

そんなときは
しょうちゃんの仕事ぶりを見て

初心を思い返すの。

そっか… すごいな コの字。

毎回 気付きがあります。

うん。 酒と肴だけじゃない。
何かをもらえる場所でしょ?

先輩 これからも
勉強させてください。

よ~し じゃ もっとビシビシいくわよ。

うっす!
うふふ…。

いやぁ まさか でも 今日
来てくれると思いませんでしたよ。

はい。
えっ?

お礼ちょうだい。
いやいや いやいや… えっ?

いや そんな人生 甘くないで。
いやいや…。
おい!

<今夜のコの字。

神楽坂 焼鳥しょうちゃん。

時には三味線の音が聴こえる
粋な街 神楽坂。

この街で長年 愛されてきた
コの字酒場 しょうちゃん。

名物は うまい酒と肴。

そして しょうちゃんと常連の
丁々発止。

一見 こわもて。
でも 勇気を出して呼んでみる。

しょうちゃん。

気付けば こちらも
常連さんに仲間入り>