ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第193話 風吹ジュン、橋爪功、石坂浩二、板谷由夏… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #193 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 信楽
  2. 先生
  3. 今日
  4. 原稿
  5. 信楽焼
  6. 柳介
  7. 作品
  8. 最後
  9. シナリオ
  10. プレゼント
  11. マヤ
  12. 歌舞伎
  13. 足音
  14. 竹芝家
  15. 番頭
  16. 雷蔵
  17. お願い
  18. 原土
  19. 自然釉
  20. 自分

f:id:dramalog:20200110203925p:plain

『やすらぎの刻~道 #193 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #193 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
平成4年の正月2日、根来しの(風吹ジュン)、公平(橋爪功)夫妻の家に突然、北海道で暮らす末娘・里子(菅野恵)とその夫・堺俊一(聡太郎)がやって来た。悲別の炭鉱が閉山したため、夫婦は福島に移住し、娘のしのぶ(清野菜名)も引き取ると話す。ある日、しのが、戦時中に自殺した兄・三平(風間晋之介)の姿を屋根の上に見たと言い出す。その夜、公平は悪夢を見て…。そしてついに、しのぶが福島へと発つ日がやって来る。
◇出演者
【やすらぎの道】風吹ジュン橋爪功菅谷哲也
やすらぎの郷石坂浩二板谷由夏草刈民代、関口まなと、笹野高史松原智恵子藤竜也加賀まりこ小野武彦
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
藤田明二
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(鐘)

「(鐘)」

(一同)おじいちゃん
明けましておめでとう!

(公平)
〈その大みそかは一生忘れん〉

風邪引くなよ。
(しのぶ)うん。 じゃあ。

おじいちゃん。
んっ?

秘密の事 一つ言い忘れた。

みそかの時に鳴った除夜の鐘

あれ 翔兄ちゃんからの
プレゼントよ。

(しのぶ)またね!

おじいちゃん おばあちゃん
ありがとう!

また来るねー!

♬~

♬~

〈その春
荒れた地に桑が芽吹いた〉

〈翔と…

それから 福島に去った
しのぶとが やり遂げた

休耕地の再生〉

〈それが
初めて実を結んだんじゃ〉

〈それに…〉

(菊村 栄)
〈「大晦日に鳴った除夜の鐘」〉

〈「あれが
翔からのプレゼントだったこと」〉

〈「孫たちが全員 翔に協力して

あのプレゼントを
贈ってくれたこと」〉

(風間ぬい子)先生!
(走る足音)

(ぬい子)理事長室へ
すぐ来て頂けますか!?

えっ…?
みどりさんが お呼びです!

シロさんの事が
ご実家に漏れたんです!

歌舞伎の竹芝家から
連絡が入りました!

その事で みどりさんが
すぐに来てほしいと…!

(有坂エリ)先生~っ!! 先生!

みどりさんが…
みどりさんが お呼びです!

(エリ)みどりさんが…!
(ぬい子)お願いします!

今 歌舞伎の竹芝家から
いきなり電話がかかってきて

柳介さんのお母様って方から

すぐに こちらに
人をよこしますからって。

今 主人
東京に学会に出てるし…

どうしましょう? 先生。

ここにいるって言ったんですか?
いいえ!

でも あちらは 柳介さんが
ここの調理場で働いてる事も

どっから漏れたか
もう つかんでるらしくて…!

はあ…。

でも 相手は勘当してるんでしょ?

そのはずなんですけどねえ!

柳介くん本人は
なんて言ってるんですか?

(橋本忠吉)
会いたくないって言ってます。

でも あちらのお使いの方が

もう こっちに向かってるって
言うのよ。

(中里 正)それは あちらさんの
勝手なんじゃないですか。

あいつが釈放された時
うちとは もう縁が切れてるって

迎えにも
来なかったじゃないですか。

そうだけど でも お母様は
違ってたらしいのよね。

お母様は やっぱり母親だから

子供の事が
心配だったんじゃないかしら。

でも 本人は
そうは思わなかったらしいですよ。

(橋本)あれだけ
冷たく突き放されたんだから

二度と
あの家には帰りたくないって。

で とにかく
彼は 今 どこにいるんです?

(中里)野村んとこで働かしてます。

あいつんとこは病室棟なんで
関係者以外 入れません。

マスクで顔を隠せるし

患者のほとんどが重病か認知症
判断がつかなくなってます。

(橋本の声)配膳の仕事を
今 やらしてます。

そうすると 今 こっちに
向かってるっていうのは

柳介くんの母親ですか?

いえいえ
竹芝家の番頭さんらしいです。

番頭って…?
先代からの古い方って。

ああ ああ… 歌舞伎の世界に
そういう古い方

いらっしゃいますからね。
で その方が 今…。

あっ…。
どうしました?

ああ いやいや…
ちょっと忘れ物して…。

えっ!?
すいません。

どうしたんですか!? 先生!
あっ いやいや…。

〈突然 ある事を思い出した〉

〈ぬい子さんに呼ばれて
連れて来られて

それまで読んでいた原稿を
そのままにしてきた事を

突然 その時 思い出したのだ!〉

〈原稿の束が…

全部消えていた!〉

〈一年近く書き続けてきた
シナリオ『道』の原稿が…〉

〈全部!〉

♬~

(走り去る足音)
(三枝奈々)んっ…?

ここ… えっとね…。
ど… どちらに? どちらに?

いや だから…
あっ そうなんだった!

ここのね…。
先生 落ち着いてください。

いや ここ… ここで…
ここに まず座っててね…。

はい ここに。
置いたんだよ。

ここに置いてあったんですね?
置いてあった…。

だが… でもね…。
ないですねえ。

コーヒーは片付けられてる。
はい。

ここなんですか?
ここだったんですか?

ちょっと待って。
ここじゃないだろ?

これも違うよ。 こっちも違う。

ちょっと待ってください。
確認してみますね。

(奈々)えーっと…。

(呼び出し音)
あっ 清掃をお願いします。

掃除のおばちゃんが…
こっちにいるんで。 こっちです!

こっち!?
(奈々)はい こっちです!

おばちゃん…!
サロンとかホールのゴミは!?

ここにはないわよ。
ない!?

あっち!
あっち!? ありがとう!

ちょ ちょ…!

先生 あっち…! あっちです!
あっち?

(ぬい子)あっ 菊村先生! 先生!

(菊村たちの話し声)

(走る足音)

押すな 押すな…! 押すなよ!

♬~

♬~

これ 下か…?

ないよ! ない!
これは いつのだ!?

えーっと…。
今日のやつ! 今日のやつ!

(奈々・ぬい子)今日?
(ぬい子)これ どうでしょう!?

今日のに あるんだよ!

ちょっと待って… ええ!?

(奈々)ああ!
これは違うか。

九重さん お食事です。

(九重めぐみ)雷蔵さん?

雷蔵さんなの?

マスクを取って。

ああ…! やっぱり雷蔵さんだ!

♬~

来てくださったのね。

今日は 撮影 お休みなの?

ちっとも お変わりにならない。

昔より かえって若返ったみたい。

私は 随分老けちゃったけど。

あなたは
ちっとも年を取らないのね。

さすが 二枚目! ウフッ…。
(柳介)ハハ…。

♬~

(高井)ああ 代わりましょうか。

(高井)ご苦労さま。

(めぐみ)行っちゃうの!?

また来てね。

ねえ 今の人
誰だかわかった?

市川雷蔵さん。

ええっ! フフッ…。

こっそり会いに来てくださったの。

うん。

〈私は
それどころの話じゃなかった!〉

〈一年近い歳月を使って

ようやく書き進めた
シナリオである!〉

〈最後のつもりで 心血を注いで

コツコツ書いてきた
作品である!〉

〈現在 すでに1500枚!〉

〈とても書き直す事なんて
できない!〉

(舌打ち)
くう… くっ…!

〈コピーを
全く取っておかなかった事が

悔やまれた!〉

〈どうして コピーを
取っとかなかったんだ!〉

〈大体 表に持ち出して
読み返すなんて!〉

〈あっ… んん… 待てよ?〉

〈俺は本当に持ち出したのか?〉

〈表で読むなんて…
そんな事 あり得ない!〉

〈あれは
自分の思い違いじゃないのか?〉

〈そんな事 俺がするはずない!〉

〈ボケたのか…?〉

〈いよいよ ボケが来たのか!〉

(ドアの開く音)
(水谷マヤ)どうしたのよ?

はああーっ!
(マヤ)「はああーっ!」って…。

さっきから呼んでも返事しないし
ドア開きっぱなしだしさあ。

どうしたの?
マヤ… マヤ あのさ

俺の あの…
書きかけの原稿をさ

お前 まさか
持ってったりしないよな?

原稿?

あの… 1500枚のさ!
知らないよ。

でも あの ほら シナリオだよ!
俺が書いてたじゃないか!

知らない。

うーん…。
(舌打ち)

あっ お前さ あの…

途中まででいいから
読ませてくれって

何度も何度も 俺に言ったよな!?

ああ… 言ったよ。 言ったけど

あたしは こっそり持ってくなんて
そんな卑怯な事しない!

しないって言ったら
あたしは絶対しません!

ああ…。
ああっ… くぅ~!

ああ やっぱり…!

(ため息)

やっぱり
認知症になっちまったんだ!

えっ…? どうしたの?

だから 俺が書きかけの
1500枚の原稿が

どっか行っちまったんだよ!
ええっ?

どっか行っちまったんだ…。
ええっ!?

えっと…
待ってくれよ… 待ってくれよ…。

だからさ 俺 ここ…
ここで読み返した…。

読み返し始めて で…

こう なんか暗くなって…。

いや 違う!

いや なんか こう…
あっ そうか! ベランダだ!

ああっ! で…。

ない!

はあ ない…。 ないぞ…。

♬~

(ため息)

もう一度 書き直すなんて
できないよ!

♬~

あれはさ 最後の…
最後の作品のつもりだったのに!

♬~

(井本雪之丞)アハハ…
竹芝のところから参りました。

私 先代からの番頭をしております
井本雪之丞と申します。

お待ち申し上げておりました。
どうぞ。

お気をつけください。
(井本)はいはい。

(姫)私たちのお仕事って
人の心を清める事でしょう?

(井本)
脱走させる事に致しました!

…という世界で。