ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第191話 風吹ジュン、橋爪功、清野菜名… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #191 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 福島
  2. フフフフッ
  3. 公平
  4. 三平
  5. 炭焼
  6. 本当
  7. 連絡
  8. バレ
  9. ボケ
  10. 一緒
  11. 屋根
  12. 機織
  13. 今度
  14. 根来
  15. 自分
  16. 就職先
  17. 俊一
  18. 松本
  19. 上手
  20. 心配

f:id:dramalog:20200108181528p:plain

『やすらぎの刻~道 #191 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #191 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
平成4年の正月2日、根来しの(風吹ジュン)、公平(橋爪功)夫妻の家に突然、北海道で暮らす末娘・里子(菅野恵)とその夫・堺俊一(聡太郎)がやって来た。悲別の炭鉱が閉山したため、夫婦は福島に移住し、娘のしのぶ(清野菜名)も引き取ると話す。ある日、しのが、戦時中に自殺した兄・三平(風間晋之介)の姿を屋根の上に見たと言い出す。その夜、公平は悪夢を見て…。そしてついに、しのぶが福島へと発つ日がやって来る。
◇出演者
風吹ジュン橋爪功清野菜名田中哲司菅谷哲也、風間晋之介、梨本謙次郎
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
阿部雄一
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(根来しの)屋根の上 見たら

また おったんですよ。

誰がよ!?

三平さんが。

〈しのが
また変な事を言いだした〉

〈除夜の鐘が流れた
正月の明け方

屋根の上に 死んだ三平兄ちゃんが
座っとったと言いだしたんだ〉

〈前にも あいつは

同じ事を わしに
ポツンと言った事がある〉

〈あいつに
ボケがきたんじゃないかと

わしゃあ 非常に心配になった〉

♬~

うう…。 うっ! うう…!

〈夢を見ていた〉

〈恐ろしい夢じゃ〉

(根来三平)公平は寝てるのか?

ぐっすり寝てるわ。

フッ… フフフフッ…!

あいつ
全然 気がついてないんだな。

あの人 トロイもん。

フフフフッ…!

薬が効いてるわ。

(三平)なっ? あの薬 効くだろう。

うん びっくりした。

もうちっと 量増やすと
コトッて死んじゃうんだ。

そうなんだ。
量 少なかったかな?

(三平としのの笑い声)

(公平の声)違います!

(木宮 巌)
バレてるんだよ お父さん。

当局の目を なめちゃいかんよ。

私は…!
(たたく音)

(木宮)あんたの あの怪我は

自分で
わざと車の下に身を投げて

徴兵されるのが嫌なために
自分で わざと作ったな!?

ち… 違う…!

(机をたたく音)
違わんっ!!

貴様の女房が証言しとる!!

違います…!

バレてるわよ あんた。
もう往生しなさい。

公平。

もう諦めろ。

(鐘)

♬~

やめて! くっ…!

お願い! やめてください!!

諦めな。
ま… 待って…!

諦めるんだな。

あっ! 待ってください!
私は…!

あばよ。
ああ…!

ぎぃ…!

♬~

はっ…!

(荒い息)

(機織りの音)

トントン。 はい 上手 上手。
はい いい感じ。

へえ~。
うん。 そうやって 足を…。

ああ…。
あっ おはよう。

おはよう。

はあ…。
何しとるんじゃ?

うん? しのぶに
機織りを教えとるんですよ。

ああ…。
うん。

大丈夫か?

うん…? 何が?

んっ? 体の具合じゃ。

えっ 体?
はっ? 私は元気ですよ。

ふーん。
うん。 フフフ…。

うんうん。
あっ そこ 1回… うん。

ギューッと締めようかね。 うん。

ああ そうそうそう。

何時じゃ?
うん? もう9時ですよ。

9時!? あら…。

フフフッ… あんた
もう よう眠っとったねえ!

ゆうべ あんなに飲むから。

もう 声かけても 全然起きんから
死んじゃったかと思いましたよ。

ああ うん…。 翔 どうした?
うん?

翔は あの…
炭焼きの準備に行きました。

ああ そう…。
うん。

あっ しのぶがね
今度の炭焼きが終わるまで

手伝いたいって
言っとるんですがねえ。

あの… それで 全部終わってから

福島のほうに 一足遅れて
追っかけるって言うとるんですが

構わんよね?

ああ!

♬~

里子たちは どうしたんじゃ?

んっ?
ゴウのとこへ行きましたよ。

あっ そうか。

〈どうやら しのは
ボケとらんようだった〉

〈ゆうべの あれは
なんだったんじゃ〉

(根来 剛)そうか 福島にな。

うん。

(根来朋子)まあ 就職先が決まって
よかったですね。

ええ。

原発いうんは
危なくないのかい?

(俊一)危なくなんか ないですよ。
ハハッ… そうかい。

だけど 我ながら驚きましたよ。

(俊一)日本の電力が
石炭から石油に切り替わって

今度は石油かと思っとったら
一足飛んで原子力ですから。

(朋子)おじいちゃんたち
何も言わなかったの?

何も言わないわよ。
仕方ないもの。

就職先が決まっただけでも
うちはラッキーなほうだったの。

待遇は どうなの?

今までより いいの。
本当?

住むとこだって 一軒家だし。

働いてる人たちも
炭鉱とは違うわ。

全然明るいし 清潔だし。

よかったじゃない。

よかったわ。

(剛)しのぶちゃんも
一緒に連れて行くのかい?

うん。 ただ
ちょっと遅れて来るんだって。

翔ちゃんのやりかけてる
炭焼きの仕事が一段落つくまで。

そう。

おじいちゃんたち
寂しがってなかったか?

せっかくなじんだ しのぶが
いなくなって。

ちょっと寂しそうな顔してたわ。

そりゃそうだろう。

それに 翔ちゃんもね。
うん。

あの子 本当に変わったのよ。

翔ちゃん?
うん。

東京から こっちへ出てきた時は

モヤシみたいな
都会っ子だったけどな

ちょっとの間に えらい変わった。

来た当初は
どうなるかって心配したのよ。

(剛)それが
短い間に たくましくなった。

しのぶちゃんの来た事も
影響したのよ。

あの2人 本当に兄妹みたいに
仲良くなったからな。

そう。

(剛)しのぶが
福島へ行ってしまうのに

一番ショックを受けてるのは

おじいちゃんたちもだけど
翔のほうじゃないかな。

〈里子たちは
翌日 福島へ発った〉

〈にぎやかだった正月の何日かが
あっという間に過ぎてしまって

うちは また
元の暮らしに戻った〉

〈寂しい暮らしが帰ってきたよ〉

〈特に しのぶが
もうじき いなくなるちゅう事は

そのあとを考えると
なんとも寂しかった〉

〈しのもな〉

〈その事を
思ってしまうんじゃろう〉

〈口数が とんと減ってしもうた〉

〈でも…〉

〈もっと寂しかったのは
翔だったと思う〉

〈それに しのぶもな〉

〈2人は とんと
しゃべらんようになって

2人で毎日 黙々と働いた〉

♬~

♬~

♬~

♬~

(翔)福島のほうは寒いんだろうな。

(翔)富岡ってとこは
海に近いんだって?

(しのぶ)…みたい。

(翔)冬の海ってのは
どんなもんなんだろうな。

一度 見てみたいな。

(しのぶ)見に来て。

(翔)行くよ。

(しのぶ)きっとよ。
(翔)必ず行く。

(しのぶ)お兄ちゃんは
これから 蚕をやるの?

(翔)やるよ。

おじいちゃんと おばあちゃんの
喜ぶ顔が見たいからな。

うまくいくかな…。

(翔)いくまでやるよ。

去年 挿し木した 一ノ瀬桑
うまくついてくれたかな?

芽が出たら すぐに連絡する。

うまくついてるといいね。

うん。

(翔)この前
名倉さんから連絡があったよ。

おばあちゃんの言ってた
小淵丸って蚕

随分探してくれてるらしいけど

上田や松本や 群馬のほうまで
随分探してくれてるみたいだけど

なかなか見つからないんだってさ。

松本の種屋に 山淵丸っていう
近い蚕が見つかったんだけど

やっぱり
昔の蚕を改良した種類らしくて

おばあちゃんの言ってたのとは
違ったみたいなんだ。

(翔)九州のほうに1軒

古い蚕をやってる人が
いるらしくて

その人の事を
捜してくれてるらしいけど

なかなか見つからないらしくて

もう少し待ってくれって
言ってきた。

俺 やるからには

おばあちゃんの求めてる
昔の蚕を

どうしても見つけ出して
育ててやりたいんだ。

何年かかってもな。

そういう蚕が見つかったらいいね。

ああ。

(しのぶ)見つかったら
必ず連絡してね。

もちろんさ。

その時は 私 何があっても
必ず飛んでくるからね!

ああ。

おばあちゃん
きっと喜んでくれるね。

ああ。

おばあちゃんの喜ぶ顔
一緒に見ようね。

ああ!
(しのぶ)フフフフッ…。

♬~

風邪引くなよ。
(しのぶ)じゃあ。

おじいちゃん。
んっ?

秘密の事 一つ言い忘れた。
んっ?