ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

今夜はコの字で 第1話 浅香航大、小園凌央、中村ゆり、藤井武美… ドラマの原作・キャストなど…

『今夜はコの字で【コの一 十条「田や」 清澄白河「だるま」】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 先輩
  2. 吉岡
  3. 佃島
  4. 月島
  5. カウンター
  6. モツ
  7. 山田
  8. 字酒場
  9. 乾杯
  10. 恵子先輩
  11. 後輩
  12. 必要
  13. キス
  14. マグロ納豆
  15. 企画書
  16. 今日
  17. 彼氏
  18. お店
  19. チェーン店
  20. ホント

f:id:dramalog:20200107120912p:plain

『今夜はコの字で【コの一 十条「田や」 清澄白河「だるま」】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

[新]今夜はコの字で【コの一 十条「田や」 清澄白河「だるま」】[字]

広告代理店で働く吉岡(浅香航大)は偶然再会した憧れの恵子先輩(中村ゆり)の薦めるコの字酒場を訪れる。そこには今まで知らなかったディープな世界が広がっていた…。

詳細情報
番組内容
十条「田や」
清澄白河「だるま」

広告代理店で働く吉岡(浅香航大)は、後輩、山田(小園凌央)の尻拭いをさせられ、飲み会に間に合わなかった。が、会場には憧れの恵子先輩(中村ゆり)が残っていて、知らないおじさん達と楽しそうに飲んでいた。後輩の愚痴を語る吉岡に恵子先輩は、一人で行ってみるようにと酒場を教えてくれた。
番組内容つづき
翌日、またしても山田の態度に腹を立てた吉岡は、恵子の教えてくれたお店を訪ねるのだった。常連でごった返す酒場の扉を恐る恐る開けると…。
出演者
田中恵子(32)フードコーディネーター…中村ゆり
吉岡としのり(28)シューエイプロジェクト社員…浅香航大
山田大河(23)シューエイプロジェクト社員、吉岡の後輩…小園凌央
ミキ(26)恵子のアシスタント…藤井武美
角倉誠(56)シューエイプロジェクト社長…堀部圭亮
出演者つづき
「田や」店員…大多和愛子
       内山加苗
「田や」の客…大谷隆二
「だるま」店員…大和やち
「だるま」の客…長島真祐
        細谷雅幸
佃島…岩谷健司
月島、ナレーション…下條アトム
原作・脚本・監督
【原作】「今夜はコの字で」
 原作・加藤ジャンプ
 画・土山しげる
集英社インターナショナル刊)

【脚本】タナカトモフミ
【監督】久万真路
番組概要
広告代理店「シューエイプロジェクト」で働く吉岡としのり(浅香航大)は、再会した憧れの先輩、田中恵子(中村ゆり)から、今のあなたに必要な場所だと、酒場を紹介してもらう。フードコーディネーターとして働く恵子は酒場に溶け込んでおり、初対面の人とも打ち解けて飲んでいる。自分はタッチパネルのチェーン店がせいぜい…。
番組概要つづき
翌日、恐る恐る居酒屋の扉を開ける吉岡。
そこはコの字型のカウンターで、大勢の客で賑わっていた。おいしい酒と肴、常連客と店の人の丁々発止。いつしか吉岡の心はほどけていって…。
恵子先輩に次なるお店を紹介してもらい、コの字カウンターを囲んで一緒に飲むうちに、どんどんコの字酒場にはまっていく吉岡。
次第に恵子先輩への想いも募り…。
関連情報
【公式ホームページ】
www.bs-tvtokyo.co.jp/konoji/

【公式Twitter
@BS7ch_konoji

 

 


<コの字型のカウンターがある店を

コの字酒場という。

座れば 左右 斜め 人の顔が並ぶ。

上座も下座もなく フラットな場。

いわば そこは

人と人が触れ合う舞台。

さあ 今宵も

一緒に乾杯しませんか?>

いらっしゃいませ。

《吉岡:間に合わなかった》

近所に この店あるの
うらやましい。

ハハッ いいですよね。

《吉岡:アイツのせいだ。

クッソー 山田!》

《本日の業務 これにて完了っと。

みんなに会える。

恵子先輩も来る。

田中恵子
売り出し中のフードコーディネーターだ。

大学の登山サークルで3個上の先輩。

3年前 酒と食べ物好きが高じて

食品メーカーの商品開発部を辞め
独立した》

(角倉)おっ 早いな。
あっ 社長。

今日は 大学時代の
サークルの集まりがあるんで

定時で帰らせていただこうと
思いまして。
へぇ~ いいな。

なんせ 5年ぶりなんで。
そっか…。

矢口酒造の社長がな
今晩中に イベントの企画書

途中でいいから
確認しときたいって。

あっ わかりました。
悪いな。

ええ。
よろしく。
はい。

山田くん 矢口酒造の企画書
途中でいいから 送って。

(山田)えっ それって
締め切り 明日っすよね?

先方が早く確認したいんだって。

いや~ まだ手つけてないっすよ。
えっ?

いや 明日の午前中に
一気に やるつもりだったんで。

じゃあ 僕は予定あるんで これで。

ちょっと待て。

お疲れさまでした。
(一同)お疲れ。

お疲れさまです。
おい!

焼きさばが オススメなんだよ。
知ってますよ くん製でしょう?

《あ~ 間に合わなかった~》

えっ いいの?
いいよ…。
じゃあ いただいちゃおう。

《えっ?》
(恵子)これこれ
これ食べなきゃ やっぱ。

ねっ ちょっと
くん製されてますよね。

恵子先輩?
おぉ~ 吉岡くん!

なんで まだ ここに?

いや なんか 飲み足んなくってさ
えっ 今 来たの? 遅いよ!

ちょっと
急な仕事が入っちゃって。

ああ ここ座んなよ。

いいんですか?
うん。

じゃあ 失礼します。
何飲む?

えっと じゃあ 生ビールで。
すみません。

はい!
生。
生 1つね。

忙しそうだね 広告代理店でしょ?

ええ まぁ 小さいとこですけど
先輩は ご活躍で。

いやいや。
雑誌 買いましたよ。

えっ? えっ
わざわざ買ってくれたの?

ほら。
あっ そうそうそう。

えっ 姉ちゃん
雑誌 載ってんの?

ああ まぁ ちょっとですけど。
すごいな~。

えっ 見る? いい?

写真つきなんだな。
ああ そうですね。

いや~ すごいな。
いやいや。

すごいな~ 先輩。
いや まだまだ これからよ。

兄さん お待たせ。
あ~ どうも どうも。

彼氏さんと 食べて。

えっ? えっ だって
手つけてないですよね。

お近づきになれた しるしに
食べて。

うわっ うれしい!

ありがとうございます。
いやいやいや。

いや ってか
彼氏じゃないですからね。

彼氏は ちゃんといるんで。
あっ そっか。

《へぇ~ 先輩 彼氏いんのか》

おいしそう あっ ありがとう。

お知り合いですか?

えっ? ううん 初めて会った人。

《コミュニケーションスキル 高っ!》

いや~ ホント ありがとうございます
こんなぜいたくなもの。

いや もう遠慮しないで 食べて。
いや 太っ腹!

いやいやいや ここのお刺身
おいしいからね もう。

そうですよね めっちゃ うれしい。
いただきま~す。

ちょっと アンタ!

お酒くらい 待ちいや!

すみません 俺 腹ペコペコで。

ホンマ ヘタレやなぁ。
すみません。

変わってないね 吉岡くん。

そうですか?
うん。

うん でも 先輩も相変わらず。

相変わらず 何?

えっ いや…。
えっ 何? 気になる。

おきれいで。

もう!
イタッ!

てれるや~ん!

《恵子先輩は 生まれは関西なので
酔うと 時々 関西弁が出る》

はい 生 お待たせしました~。

でかっ。

昔ながらの大ビールだから
お得感あるでしょ。

重い。

あっ じゃあ
先輩 ご無沙汰してます。

お久しぶり。

(2人)乾杯。

あ~っ 最高!

よし さてさて いただきます。
はい いただきます。

うまっ!
ん~ おいしい。

う~ん 最高!

これには 日本酒だな。

すぐ 追いつきます。

はい お待たせしました~。

(恵子)さばのくん製
ここのお店の名物なの。

(吉岡)へぇ~ おいしそう。

うん これも うまいっすね。

おいしいよね。

はい 乾杯!
乾杯しましょう!

あ~ どうも
乾杯しましょう あ~。

《吉岡:恵子先輩 めちゃ
酒場に溶け込んでるなぁ》

先輩 こういうカウンターで
よく飲むんですか?

うん 好きなの。

あんまり こういうカウンターで
飲んだことなかったですけど

なんか 話しやすいっていうか
居心地いいっすね。

平成生まれの 君にも
このよさ わかる?

はい 俺 今日 最悪な後輩のせいで
イライラしてたんすけど

ちょっと 和むなぁって。
後輩って そんな最悪なんだ?

もう 今の若いヤツって

ホント 何考えてるか
わからないんですよ。

ちゃんと話したことある?

そりゃあ 同僚ですからね。

いや 仕事とかじゃなくて
飲みに行ったりとか。

いや そんな
誘う気にもなれないですよ。

だいたい 吉岡くんが行く
お店って

あの チェーン店とかでしょう?
タッチパネルの。

まっ 注文しやすいし
入りやすいですしね。

アカン! 今の君に必要なのは
そういう店じゃない。

じゃあ どういう店ですか?

う~ん はじめは
どこがいいかな…。

あっ あそこがいいかも
ちょっと 連絡先 教えて。

あっ はい。

お店の場所 送るから
だまされたと思って 行ってみて。

今の君にとって
必要な場所だと思うよ。

今の俺に必要… ですか。

おはようございます。
おはよう。
おはようございます。

おはよう。

さてと 企画書 企画書。

もう 昨日 作って
クライアントに渡しといたよ。

えっ あのあと
全部やっちゃったんですか?

ああ。
そっか~。

俺の仕事なくなっちゃったなぁ。

しかたない
コーヒーでも買いにいくか。

そこは まず お礼だろう。

《それにしても
今日の山田も ムカついた。

恵子先輩が言ってた
俺に必要な店って

どんなとこだろう》

《あった!》

だるま。

《ここが 先輩オススメの店か。

かなりの昭和だなぁ》

《常連だらけだ。

先輩 すみません。

チェーン店が行きつけの俺には
やっぱ 無理です!》

(佃島)おぉ~。
すみません。

(佃島)何だよ 兄ちゃん
あっ 中 いっぱいか?

あっ いえ
空いてます 空いてます。

ああ いや 入んねえのかよ。

あっ 入ります 入ります…。

はい いらっしゃいませ。
どうも。

はい どうぞ はい どうぞ
はい いらっしゃいませ。

お入りください。

いらっしゃいませ!

お一人様ですか?

空いてるお席 どうぞ。

失礼します。

(月島)ポストのあれ あれがいけない。

何にしましょう?

あっ えっと…。

じゃあ 生。
生?
生ビール。

生ビール はい 生一丁!

《注文 タッチパネルじゃないと
なんか緊張するなぁ》

はい 生。
(吉岡)あっ どうも。

(佃島)モツちょうだい。
モツ? はい。

モツ 一丁!
(月島)モツ? 佃島
モツのはずなんだよ。

(佃島)何 言ってんだ コイツ。

(月島)いや 体が
モツのかっつってんだよ バカ…。

(佃島)笑うな 調子のんなよ。

そんなの無理ですよ。

《あ~ うま~。

料理は どうしよう。

すごい どれも 手ごろな値段だ》

(月島)ここの天ぷら
なかなか いけるぜ ん?

あっ そうですか。

《いきなり話しかけてきた》

(月島)この兄さんに キスの天ぷら。
キスの天ぷら は~い。

《えっ 勝手に頼まれた
おごりってこと?》

あっ それと マグロ納豆も。

マグロ納豆 は~い。

なかなか いい選択だ。

《めちゃくちゃ
話しかけてくるなぁ》

(佃島)料理 押しつけんなよな
月島。

(月島)何だよ 佃島

どうせなら
うめえもん食いたいもんなぁ?

なあ?
(佃島)何 言ってんだ。

俺はな おいしいものを
食べてほしいと思って

こう言ってるんだよ。
えっ?

「えっ?」 じゃねえんだよ!
何 言ってっか よくわかんねえよ。

なんだ 何って
これは 親切っていうんだ 親切!

おい おい ちょっと待て
ちょっと待て お前 コラ!

《えっ ケンカ?》

気にすることはない
いつものことだ なっ?

毎回 見てますよね。

は~い キスの天ぷら。

《吉岡:アツアツの揚げたてだ~。

それに ナスと大葉の天ぷらまで
ついてる》

うまっ。

《衣が サクサク キスの身も
ホロホロと口の中でほぐれる》

なっ なかなか いけるだろう?

ほうほうほう ほれ。

《おっ ビールにも よく合う》

はい マグロ納豆。
ありがとうございます。

これな よく かき混ぜてから

しょうゆを チロ~ンと垂らすと
うめえぞ。

(佃島)また 余計なことを。

好きに食わせてやれよ ねぇ?
余計なことじゃねえんだよ。

いいか? ここの マグロ納豆は
そのほうが うめえの。

(佃島)だから それが押しつけだ
っつってんだろうがよ。

(月島)いいだろうが んなもん。

《しかし 今日の山田も…。

あの態度は なんなんだ!》

どっ… おいおい
どうした? どうした?

えっ。
親の敵に会ったみたいな顔して。

あっ 顔に出てましたか。

何かあるんだったら 話してみな
スッキリするぜ。

おせっかいは やめな 月島。
だから うるせえんだよ お前は。

なぁ なぁ なっ?

何か話あんだったら
言ってみな 言ってみな。

いや ちょっと 一緒に働いてる
後輩の顔が頭に浮かんで。
うん。

やることなすこと
ホント 意味不明なんですよ。

うんうん…。
いつも

僕が 尻拭いさせられて。
あっ そっか うんうんうん。

最近の若い子って 怒ると
すぐ辞めるって言っちゃうんで

なるべく 怒らないように
接してきたんですけど

もう限界で。

兄ちゃんも 若いのに
苦労してんなぁ。

上司と後輩に挟まれて
大変だよなぁ。

あっ すみません
なんか 愚痴っちゃって。

でも まぁ その後輩もさ

いつか 兄さんみたいに
成長する日が来るんじゃねえの!

《あれ 話
聞いてもらっただけなのに

なんか泣きそう》

そっか いつかか…。

確かに 僕も
まだ新人だったころは

ダメダメでしたけど 結構
生意気だったかもしんないっす。

そうか そうか。

あ~ そうか。

いただきます。

うまっ。

だろ~。
はい。

うん ありがとうございます。
いやいや。

愚痴 聞いてもらってなかったら

うまさが
半減してたかもしれないです。

若えから 腹減ってんだ なっ。

あっ 焼きうどん 食うか?

ここのは うめえぞ!

兄ちゃん ハムカツ食うか?

ここの すっげえ分厚いんだよ。
いや…。

も~う ほどほどにしてよ。

そんなに 気前いいなら
みんなの分も2人で払う?

いや…。
それは ちょっと…。

(笑い声)

《入るのも 注文するのも
緊張しっぱなしだったけど

なんか あったかくて
心地いいなぁ》

ごちそうさまでした。

《先輩に連絡してみるか。

緊張するなぁ》

(バイブ音)

えっ…。
(バイブ音)

あっ もしもし。

だるま よかったでしょう。

はい 先輩が

俺に この店が必要だって
言った理由が

わかった気がしました。

(吉岡)常連さんと話してたら

なんか 俺 最近

ちゃんと 人と向き合って
話してなかったなって。

ありがとうございました。

チェーン店も いいけど

そこじゃないと 味わえない
体験があるでしょう。

だるまみたいな
カウンターのある お店のことを

私は コの字酒場って呼んでるの。

コの字… ですか?

そう カウンターが カタカナの
コの字みたいだったでしょ。

あっ そういえば

この前 先輩と飲んだ店も…。

だるまも…。

(恵子)コの字のカウンターは
左右も前も お客もお店の人も

みんな フラットに話せて
いろんな出会いがあるの。

へぇ~ コの字酒場か。

今度 山田も誘ってみようかな。

うん。
(吉岡)先輩。

俺 なんか
コの字酒場 ハマりそうです。

おぉ。

ありがとうございました。

<今夜のコの字 1軒目は

東十条 田や。

北区十条 演芸場通り商店街。

迷路のような通り沿いに
コの字酒場 田やは ある。

目印は ひすい色のコの字カウンター。

そこを囲むのは いい顔 顔 顔。

煮物 焼き物 刺身に フライ。

全部まとめて うまい うまい。

さてと 明日も
頑張りますか>

<2軒目は 清澄白河 だるま。

街は変わっていく
街の人も変わっていく。

でも 変わらないものもある。

例えば それは
清澄白河のコの字酒場 だるま。

すがすがしい コの字カウンターで

しみじみと ハツラツをサワーで流し込む。

気付けば みんな ほんのり赤い顔。

陽気な だるまさんに
なっている>