ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

あしたの家族 宮﨑あおい、永山瑛太、一路真輝、六平直政… ドラマのキャスト・音楽など…

『新春ドラマ特別企画「あしたの家族」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. お父さん
  2. 理紗
  3. ホント
  4. 今日
  5. 結婚
  6. コー
  7. 大丈夫
  8. 幸太郎
  9. 同居
  10. 部長
  11. 二人
  12. 兵頭
  13. お母さん
  14. 俊作
  15. お願い
  16. 会社
  17. 花菜
  18. 響子
  19. 上司
  20. 幸太郎君

f:id:dramalog:20200105225248p:plain

『新春ドラマ特別企画「あしたの家族」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

新春ドラマ特別企画「あしたの家族」[解][字]

ホームドラマを作って50年の石井ふく子プロデューサーが贈るこれからの家族の幸せの形を描く感動の物語。ひとり娘の結婚相手が父の元部下で現上司であることから波乱が…

詳細情報
番組内容
小野寺理沙(宮﨑あおい)は結婚式当日に新郎に逃げられた過去があるが、今の恋人・兵頭幸太郎(瑛太)にプロポーズされた。兵頭は理沙の父・俊作(松重豊)の元部下だが出世してなんと上司になってしまう…
出演者
宮﨑あおい
永山瑛太

一路真輝
六平直政
渋谷飛鳥
近藤芳正
田村健太郎

松坂慶子
松重豊
原作・脚本
浪江裕史
監督・演出
土井裕泰
音楽
古川昌義
公式ページ
◇番組HP
https://www.tbs.co.jp/ashitanokazoku/

 

 


(シャッター音)

(小野寺)
一体 母さんは何をやってるんだ

(尚子)まあ 俊作さん
おめでとう!

(岡村)
おめでとうございます

お義兄さん お義姉さん
遠い所 ありがとうございます

いえいえ
ねえねえ 聞いたわよ

二世帯住宅なんですって

まあ 俊作さん
よく思いきったわね

いや~ また
この年でローン抱えて

四苦八苦してますよ
いいわね~

一人娘の理紗ちゃんが
同居してくれるなんて

うちの嫁なんか

「近所に住むのも嫌だ」
って言うのよ

母さん こんな所で…

後ほど
じゃ またね

式場に ほらほら ほら

早く早く
(尚子)はい

(真知子)ああ~っ!

お父さん ちょっと来て
ちょっと来て!

どこ行ってたんだよ
もう 式 始まるぞ

理紗 準備できたのか?
それどころじゃないのよ!

ええっ!?

理紗!

花婿がいなくなったって
どういうことだ!?

(理紗)お父さん…
オイオイ

花嫁が そんな顔して
どうするんだよ

隆司君なら
さっきロビーで見かけたぞ

おおかた 緊張して
トイレにでもこもってんだろう

待ってろ お父さんが…

うん?

何だ!? これは
隆司君が置いてったのよ

冗談じゃないぞ!
こんな紙切れ一枚で!

どこ行くのよ!?
決まってるだろ!

向こうの
親御さんの所だよ!

あちらのご両親も
今 必死に捜してらっしゃるわ

捜してらっしゃるって
分かってるのか!?

これは 理紗の 我が家の
一大事なんだぞ!

分かってますよ!
でも 少し落ち着いてちょうだい

こんなときに
落ち着いていられるか!

今で よかったじゃないの
えっ!?

まだ 籍も入れてないんだし

こんなこと
結婚してから起きてたら大変よ~

今だって大変だよ!

そうかも…

よかったかも
えっ!?

でしょ? よかったわよ

式場のキャンセル代は
取られるかもしれないけど

いいわけないだろう
二人とも何言ってるんだ!

私 行ってくる
どこ行くんだよ

みんなの所へ行って
事情を話して謝ってくる

ちょ ちょ ちょ… 待て

隆司君 戻ってくるかも
しれないだろ

こんなことして
もう 戻ってこないよ

万が一 戻ってきたとしても
私 式なんて挙げられない

そうね
理紗の言うとおりよ

行くわよ! 理紗!
うん

ちょ ちょ ちょ…
ちょっと待て

母さん! ちょっと…

待ちなさい! あっ…

あっ!

はあ…

夢か…

幸せそうに寝てるな~

はあ…

え~っ! また
あの日の夢 見ちゃったの!?

嫌ね~
もう 4年も前のことよ

しょうがないだろ
見ちまうもんは

お父さんが いつまでも
引きずってるからよ

引きずってなんかないよ

ひょっとして 二世帯住宅
建てちゃったこと

後悔してるの?
えっ!?

やっぱり そうなんだ

この前 酔っ払って
言ってたもんね

「マンションのローンだけなら
もう終わってるのにな」って

言わないよ そんなこと

心配しなくても この家は

無駄になんかならないわよ
えっ!?

理紗に誰か
そういう相手がいるのか!?

それは知らないけど
何だよ

でも きっと そのうち
素敵な人 見つけてくるわよ

めったにできない経験
したんですもん

理紗に聞こえるだろ…

そんな昔のこと
もう とっくに吹っ切れてるから

理紗…
おはよう

おはよう それより
コソコソ気を使われるほうが

よっぽど ウザいんだけど
そうよね ウザいわよね~

ねえ~
そんな言い方ないだろ

ねえ お母さん
二階 掃除しといてくれる?

今日も遅くなりそうだし
もう 1週間 掃除してない

掃除ぐらい
自分でやったら どうなんだ?

私一人なのに
無駄に広いんだもん

いいわよ 掃除ぐらい

ありがとう お母さん
大好き~!

うふふふ…

行ってきます
お父さん ハンカチ

ああ…

お父さん 一緒に行こう

ああ…
行ってきま~す

いってらっしゃい!

私ね~ ちょっと
いいことあったんだ

えっ いいこと?
うん

今度ね 会社でチーフになったの
チーフ?

小さな映画だけど
宣伝 任されることになった

あっ そっか
え~ もっと喜んでよ

これでも大抜擢なんだよ

オイオイ 人が見てるよ
いいじゃん 親子なんだから

あっ それとも
不倫カップルに見えるかな

バカ言ってんじゃないよ
お前 ほら

俊作さん

(佐久間)小野寺

何だ 佐久間か

(佐久間)朝から
景気の悪い顔してんな

リストラでも
宣告されたか?

オイ そういうの 今
笑えないからな~

(幸太郎)はっ…

じゃ 営業部は
まだ動きないのか?

今のところはな
そっちは どうだ?

リストラとか
地方の営業所行きとか

色々 聞こえてはくるけどな
この年になって

「令和の大組織改革」と
言われてもな~

もう 俺達の居場所はない
ってことかな

まだ ローンがたっぷり
残ってんだけどな~

そうだ
二世帯住宅 建てたんだったな

ああ 今や無用の長物と
化してるけどな

俺達と同じか

オイオイ
寂しいこと言うなよ

じゃ

(村上)ハハハ…

4年もたつっていうのに
まだ そんな夢 見てるのか?

俺だって 好きで
見てるわけじゃないですよ

(村上)まあ 気持ちは
分からんでもないけどな

俺が父親だったら
間違いなく相手の男

半殺しにしてるからな
お前 よく辛抱したよ

物騒なこと
言わないでくださいよ

(花菜)
何で逃げたんですか? その男

えっ?
花菜ちゃん あとで教えてやるよ

いいよ いいよ
4年も前の話だよ

子供ができたんだよ 別の女に

いわゆる 二股ってやつだよ

サイテー!
そう サイテーのテーだよ!

だけど 子供ができた責任取って
結婚したわけだから

ある意味 男らしいっちゃ
男らしいよな

今 「ぶっ殺す」って言ったの
誰ですか!?

「ぶっ殺す」って言ってないよ
「半殺し」って言ったんだ

同じですよ
で そのサイテー男

今 何してんですか?
えっ?

結婚して子供も生まれて
幸せに暮らしてるらしいよ

えっ!?
(花菜)えっ!? そうなんだ

ちょ… ちょっと待ってください
先輩

それ ホントですか!?

ああ 理紗ちゃんから
聞いたんだよ

半年くらい前
渋谷で見かけたんだってさ

親子四人で
仲よく歩いてるの

聞いてない?
まったく

えっ! 今 「四人家族」って
言いませんでした!?

生まれたんじゃない?
二人目が

二人目!?
結婚式 投げ出しといて

どういうこ…
いらっしゃい

(花菜)いらっしゃい
(村上)毎度 そっち座って

どうぞ

えっ!?
転勤なんて話があるの?

ああ まだ
噂みたいなもんだけどな

大変ね
その年で単身赴任なんて

何だよ!? 単身赴任って

だって 私達 二人とも
いなくなっちゃったら

この家 理紗
一人になっちゃうじゃない

こんな広い家に
女の子の一人暮らしなんて

物騒でしょ
そりゃそうだけど…

ああ~ それまでに 理紗が

いい人 見つけてくれれば
いいけどね~

ただいま~

理紗
うん?

お父さん 転勤するかも
しれないんだって

えっ そうなの? 大変だね
その年で単身赴任なんて

まだ 噂だけなんだけどね
へえ~

理紗 誰かいないのか?
デートする相手ぐらい

何? 急に

父さん達だって いつまでも
生きてるわけじゃないんだぞ

一人になったら どうするんだよ

や~ね! 縁起でもないこと
言わないでよ

「一生 結婚しない」なんて
言ってないでしょ

極端だよ お父さんは おやすみ

(ノック)

何?
洗濯物

あっ… ありがとう

お父さんのこと
あんまり怒らないであげてね

心配でしょうがないのよ
理紗のことが

分かってるけど
ああ言われるとね

ねえ

ホントは いるんじゃないの?
いい人が

何? お母さんまで

別に 言わなくてもいいけど

そういう人ができたら
ちゃんと話すから

ごめんね
せかしてるわけじゃないのよ

分かってるよ

でも いるんでしょ
ホントは!

いないよ
白状しちゃいなさいよ

ほら ほらほら!
やめて!

子供じゃないんだから
やめてよ

白状しろ~!

デジタルマーケティング部 ですか…

(人事部長)今回 新設される
新しい部署です

若い社員が
中心ですので

長年 営業畑で培った
小野寺さんの経験で

彼らをサポートして
いただけたら

ああ…

肩書は次長になりますが
部長待遇のままですし

決して 悪い話ではない
と思いますよ

デジタルマーケティング部か…

とにかく 本社に
残れることになったんだから

よしとするか…

うわっ!
うわっ!

部長!
兵頭!?

お久しぶりです
ハハハ…

いや ホント 久しぶりだな~
お久しぶりです

今日 研修か何かか?

僕 去年から
横浜支社なんです

何だよ
こっち戻ってたのか

俺 てっきり
大阪だとばっかり

はあ すいません あの…

ご連絡しようと
思ってたんすけど

聞いてるぞ~

大阪で だいぶ
株上げたそうじゃないか

実は 今度
本社に戻ることになったんです

ホントか?
じゃ 栄転だな

部長のご指導のおかげです

いや そんなことないよ
あっ 久しぶりに

今度 うちに
飯でも食いにこないか?

えっ…
お祝いしよう

あっ…
ありがとうございます

ち… ち… 近いうち ぜひ
うん

(バイブレーター着信)

あっ… すいません

仕事だろ? 出ろ 出ろ
すいません

あいつ 彼女 いんのかな?

ああ コーちゃん コーちゃん
あっ…

ああ… ごめん ごめん

今 着いたとこ
あっ ホントに? よかった

何 飲む?
ああ~

アハハ…
いつまで笑ってんだよ

だって もう コーちゃんが

お父さんと会ったときの顔
想像したら

おかしくって

こっちは生きた心地
しなかったんだぞ

オーバーなんだから

よし… 決めた

そろそろ 理紗の家に
挨拶に行かないとな

うん?
本社勤務になったら

部長と顔会わす機会だって
増えるだろ

昇進も決まったし
いいタイミングかもな

そっか… うん

う~ん…
でも 緊張してきたな

変な汗かいてきた

昔 ヤンチャしてたわりに

へなちょこなとこ
あるよね

それとこれとは別だよ

一生に一度の
イベントなんだから

ねえ もう一回だけ
聞くけどさ

結婚したら うちの二階に
住んでくれるんだよね?

うん

うん ありがとう
じゃ いつにする?

うん? う~ん…

でも あの 本社に
異動になってからのほうが

いいかな ちょっと…
ちょっと落ち着いてから

やっぱり へなちょこだ
違うよ

はい 昇進
おめでとうございます

ありがとう

う~ん

ジャーン!
あら 何? これ

中トロ デパ地下で
マグロの解体やっててな

うまそうだぞ~
え~っ!

もう!
こんなの買ってきたなら

どうして
まっすぐ帰ってこないのよ!

そのつもりだったんだけどな
つい…

本社に
残れることになったんだから

細かいこと言うなよ!

えっ! そうなの!?
ああ 今日 内示があってな

もう それを
早く言ってちょうだいよ

乾杯しなくっちゃ!
お父さん 私にもビール

はいはい
あら~

おいしそう
だろう?

あっ… そうだ

今日 会社で兵頭に会ったよ
えっ?

覚えてないか?
うちにも遊び来たことあったろ

覚えてるわよ
イケメンだったもの!

新製品を大ヒットさせて
今度 昇進して

本社に
戻ってくるそうなんだよ

へえ~ そうなの
ただいま~

お帰り

おっ どうだ 理紗も
一杯 つきあわないか?

お父さんね
本社に残れそうなんですって

へえ~ 何だか 今日は
いいことずくめだね

理紗も
何かいいことあったの?

会社でチーフに
抜擢されたんだよな~

それは 1週間前のことじゃない
えっ そうなのか?

お父さんとお母さんに
会ってほしい人がいるんだけど

うん… はっ?

私 プロポーズされてるの

えっ!?
よかったわね~ 理紗

ありがとう お母さん
ちょっ…

ちょ ちょ ちょ…
ちょっと待て

いきなり 「プロポーズ」とか
「会ってほしい」とか

どういうことだよ
相手は誰なんだ?

それは 会うまで内緒

「内緒」って何だよ!?
同じ会社の人か?

何やってる人だ?
それとね

まだ あんのか?
「結婚したら」

「ここに同居してもいい」
って言ってくれてるの

そうなの!? うわっ!
よかったじゃない

お父さん!
いやいやいや…

だけど ホントに誰なんだ
どこで会ったんだよ?

来週の日曜日 空けておいてね

お父さん
絶対 気に入ると思うよ

ちょっと… えっ 理紗
ちょっと 理紗!

ちょっと待ちなさいって!
おやすみなさ~い

まあまあ ここは
理紗のペースに任せましょうよ

母さんは 気にならないのか!?
なるわよ~

でも 理紗が選んだ相手だもの
大丈夫よ

だけど 前に選んだ…

野暮なこと言わないの

はい! 乾杯~

ああ~

(響子)頭を この辺りにしてくれる
(生徒)はい

(響子)だから 右手で固定して
そうそうそう

で 足もと
グーっとさしてみて

あっ いい感じ いい感じ

これ ちょっと…

斜めに切ると
お水 吸いやすくなるから

お疲れさまでした
は~い

先生 ありがとうございました

はい 気をつけて帰ってね

真知子さんが
残ってくれてるから

久美ちゃん 今日
もういいわよ

デートなんでしょう
(久美)えっ!?

あっ… はい
では お先に失礼します

はい お疲れさま
お疲れさまでした

(久美)お疲れさまでした

いいわね 若い人は

理紗ちゃん
いくつになったんだっけ?

今年 30になるのよ
そっか~

俊作さん
喜んでるでしょ?

何だか まだ複雑みたい

でも 同居してくれるなんて
最高じゃない

旦那と老老介護なんて
心配しなくてもいいんだし

響子さんは ないの?
そういう話

な~いない

男は まだ 当分 ノーサンキュー

離婚して何年になる?

3年 あっという間よ

それまでは
普通の主婦だったのに

お花の教室 立ち上げて

すごいわね~
私なんか考えられない

俊作さん 相変わらず
寄ってくれてるの?

あの人の店
3日に一度はね

よっぽどウマが合うのね
あの二人

何しろ 小学校からの
先輩後輩だからね

気になるの? 元旦那のこと

ううん

でも 元気で
幸せにやっててくれれば

それでいいかなって

もう 別れた夫婦の話なんか
持ち出さないで

手を動かす!
はい 先生

えっ!?

兵頭が…

俺の上司…

まあ! 兵頭さん
いきなり部長さんなの!?

すごいじゃない!

確かに すごいけどな

やっぱり お父さん
見る目があるわね

お父さんも
本社に残れるんだし

いいことずくめね
まあな

何だか あんまり
嬉しくないみたいね

そりゃそうだろう

昔の部下が上司になるんだぞ
それも直属の

昔の部下なら
やりやすいじゃないの

何で やりやすいんだよ
だって 気心も知れてるんだし

兵頭さん いい人じゃない

いくら いい人でも上司なんだぞ

やりづらいだろうが!

お父さん 若い子に抜かれたから
面白くないんでしょ

違うよ…
じゃ 何 文句言ってるのよ!

もう いい! 専業主婦の
母さんには分からないんだよ

そういうのセクハラ!
どこがだよ

ど ど ど… どこ行くのよ!?
一杯 飲んでくる

晩ご飯は?
いらない

もう!

もう!

ああ…

まさか こんなことに
なるとはな~

ホント まさかまさかだよね

ねえ 俺のこと
部長に話ししたの?

部長はコーちゃんでしょ
それ 置いといて

まだだよ お父さん
コーちゃんのこと

すごい買ってたから
いきなり会わせて

もっと喜ばせようと思って
サプライズか…

完全に裏目に出たな えっ

俺は どんな顔して
挨拶しにいけばいいんだ?

大丈夫だよ 相手が
コーちゃんだって分かったら

喜んでくれるよ
だって 自分を

追い抜いちゃうぐらいの
エリートなんだよ

無理 無理 無理 無理 無理…

部下だと思ってた若造が
いきなり上司になるんだよ

俺だったら耐えられないよ

そういうとこ 意外とお父さん
普通じゃないから

いやいやいや ありえないって
(タイマー終了)

できた
理紗~

やっぱ サプライズってありだな~
ちょっとまだ 話が途中…

もう まだ話が途中でしょ

あっ はい
あちっ!

ほら~ もう!
嘘~!

(カーテンを開ける)

お父さん
起きないと遅刻するわよ!

もう 朝か…
もう シャキっとしてちょうだい

今日から
新しい部署なんでしょ?

ああ… そうだった
ああ~ ひどい顔ね

あんなに飲むからよ!

シャワーぐらい
浴びてってくださいね!

分かったから
大きな声 出さないで もう…

ああ… イタタ…

ああ…

おはよう
おはよう

昨日 「まわり道」で
飲んでたんだって?

ああ ちょっと
飲みすぎたけどな

私も寄ればよかったな
しばらく顔出してないし

行かなくて 正解だったわよ
どうして?

お父さんね 兵頭さんのことが…
えっ?

あっ 母さん あの…
あれ あれ あれ

え え… えっ?
今日 新しい

ワイシャツにしてくれないか?

クリーニングから返ってきたの
出してあるわよ

新しいのがいいんだよ
今日 初日だから

そのほうが 気分がピシっとして
仕方ないわね~

お父さん 兵頭さんと
同じ部署なんだってね

えっ うん… うん
嫌じゃない?

えっ?
昔の部下が上司になるんでしょ

そういうのって平気?
平気だよ

ホントに?
当たり前だろ

カワイイ部下が
出世するんだよ

嬉しいことがあっても
嫌なわけないだろ

やっぱり お父さんなら
そう言うと思った

そうか
これで いいんですか?

ああ 悪いな

理紗に
余計なこと言うなよ

もう 娘にばっかりいい顔して
頼むよ

分かりました

(柳井)
皆さん すいません ちょっと

こちらに
集まってもらっていいすか?

え~ 本日付で
デジタルマーケティング部長を

拝命しました兵頭です
この部署のミッションは

進化し続ける
デジタルテクノロジーに対応しつつ

ユーザーのペルソナ像から
最適なコミュニケーションを行い

会社やブランドの認知度を
最大化するという

とても
チャレンジングなものです

みんなで
このプロジェクトを成功させましょう

よろしくお願いします
よろしくお願いします

(柳井)じゃ 10分後から

カンファレンス 始めますんで
お願いします

よろしくお願いします
よろしくお願いします

(柳井)まずは お客様との

One to One コミュニケーションに向けて

ペルソナ および NPSなどのKPI設定

ペイド・オウンド・アーンドメディアの
連携戦略を

まとめましたので…
NPS KPI設定…

あっ いかん

(柳井)それを踏まえまして…

すいません
いえ

(柳井)CRMプラットフォーム開発を

進めるに当たっては
三つあります

スマートフォンユーザビリティ改善
マーケティングオートメーションの導入…

あっ!

あっ すいません
いいから 続けて

(柳井)じゃ 改めて

スマートフォンユーザビリティ改善…

すいません
あとで説明しますから

(柳井)AIによるレコメンド強化

この三点について 本日

ディスカッションさせていただければ
と思います はい

(冷蔵庫を開ける)

えっ!?
ビール冷えてないのか?

あら 入ってなかった?
ごめんなさい

まっすぐ帰ってきたと思ったら
これだからな もう

気が利かないな~ もう

会社が面白くないからって
私に当たらないでくれる?

えっ 俺?
会社のこと何か言ったか?

顔に書いてあるわよ!

お父さんが 時代についていけない
だけじゃないの?

そんなことないぞ
俺だって それなりに

KIPとか… N… NSPとか

兵頭さんと
うまくいかないの?

えっ?

そりゃ
昔みたいにはいかないわよ

兵頭さんも あの若さで
部長さんにまでなったんだから

変わって当然でしょ?

まあ そうなんだけどな…

大丈夫よ

そのうち 慣れるわよ

二人とも 元々
ウマが合ってたんだから

だと いいけどな~

ああ~ もう
どんな顔していいか分かんないよ

まだ 始まったばっかりじゃん
大丈夫だって

お父さん
全然 気にしてないから

そうかな~
うん

やっぱり 俺… 自信ないよ

だから 大丈夫だって

そうじゃなくて 同居のほうだよ

うん?
会社は しょうがないよ

だけど 家に帰っても
一つ屋根の下っていうのはさ

やっぱり そっか…

えっ?

婿養子でもないのに
何で うちの親と

同居しなきゃいけないんだって
思ってるよね?

そんなこと思ってないよ

コーちゃんじゃなくて
コーちゃんのお義父さんが

親父が?
うん 分かるよ

お母さんが亡くなってから
お義父さん

コーちゃんのこと
男手一つで育てたもんね

だから 親父にはもう

新しい家族がいるって
言ったでしょ

だからって
親子には変わりないでしょ

関係ないから 親父は

じゃ ホントは
うちのお父さんのこと苦手なの?

そういうことじゃなくてさ

コーちゃんのお義父さんが
大丈夫なら問題ないって

今度の日曜でいいね
ちょっと待っ…

まだ 話が途中でしょ?

一緒に住んじゃえば
何とかなるって ねっ!

お父さん達

日曜の午後
大丈夫だよね?

うん 大丈夫よ ねっ

日曜日 何かあんのか?
や~ね

理紗 「会わせたい人がいる」って
言ってたでしょ?

あっ!
お父さん 忘れてたの?

ここんとこ
会社で色々ありすぎてな

もう 娘の大事なことなのに
すまん

じゃ 日曜日
よろしくお願いします

ごちそうさまでした

いいわよ 急ぐんでしょ?
ごめん ありがとう

ちょ… ちょっと待て
てことは 何か?

結婚の挨拶に来るってことか?

そうだよ 行ってきます

ちょっと理紗
何やってる人なんだ えっ?

母さん 何か聞いてないのか?

お父さんも早く食べないと
遅れるわよ

今週のECサイトのアクセス数
出しといて

分かりました

日曜日か…

一体 どんなやつが来るんだ…

あっ ああーもうっ

小野寺さん 大丈夫ですか?
お願いします

あっはい

ページが…
何かまた さっきと同じようにこう

いっちゃったんですよ どっか

どっかいっちゃった
分かんないんですけど

さっきの見事に
戻ってこないんですよ

(真知子)
お父さん そろそろ見えるわよ

何やってんの!?
やっぱり これちょっと派手か

堅苦しいわよ
会社じゃないんだから

そうじゃなくても
お父さんの顔は暑苦しいんだから

どんなやつなんだろうな~
同じ年ぐらいか?

いや 理紗の年なら年下もあるか
来れば分かるわよ

真面目で誠実な男なら
いいんだけどな~

大丈夫よ
理紗が選んだ相手だもの

だけど前のこともあるからな~

一目見て ああ こいつはダメだと
思ったら どうしたらいいんだ?

「あの男はやめとけ きっとまた
失敗するぞ」って言うのか?

また失敗するは まずいな

ああっ 緊張したら
おなか痛くなってきた

(チャイム)

見えたわよ
ほら 早く着替えてちょうだいね

はーい!

ああっ ボタンが…

早く 早く
お父さん お父さん

お待たせ~

うん? 理紗だけなのか?

どうぞ 入って

ひょひょ!

彼がプロポーズの相手なの

何!

本日は お時間を割いていただいて
ありがとうございますっ

まあまあ
堅苦しい挨拶はあとにして

どうぞ 上がってくださいな

じゃあ…
失礼します

あっ すいません… すいません…

失礼します

お父さん

黙っててごめんなさい

悪気はなかったんだよ

ほら お父さん 兵頭さんのこと
すごい気に入ってたでしょ

だからサプライズで
喜んでもらえるかなーって思って

彼とはね 半年ぐらい前に

友達と中華街に行ったときに
偶然出会ったの

部下だった頃に お父さんが
連れてきてた以来だったから

8年ぶりくらいだったかなあ?

お父さん
何か言ってちょうだい

お父さん 怒ってる?

お父さん

お父さん

お父さん
何とか言ってください

…たい
えっ?

腹が… 痛い…

お父さん?
大丈夫ですか!?

やめて お父さん
こんなときに仮病なんて

やだ 仮病なの?
いや お父さんね 今朝から…

嘘じゃないっ ホントに痛いんだよ

えっ 本当なの?
マジ マジ 痛い痛い痛い!

ちょちょちょ 待ってお母さん
救急車 救急車

ひゃ… 110番

大丈夫です 大丈夫です
僕呼びます 僕呼びますから

大丈夫です
どこどこどこどこ?

ちょっと待って 指紋…
イタタタタ!

変な汗 変な汗が!
イタタタ 痛いよ!

大丈夫?
すぐに布団 敷きますからね はい

大丈夫だよ

お父さん ちょっと待って

お父さんっ

よいしょ でもよかったわ~
大したことなくて

一時は どうなることかと
思ったわよ

尿路結石って
あんなに痛がってたのに

石が出ちゃうと 嘘みたいに
治っちゃうのね ビックリ~

何で黙ってたんだよ

だから 理紗に
止められてたんだって

さっき 謝ったでしょう?

いくら止められてたからって
そんな大事なこと隠すなんて

どうかしてるよ
一体 いつから知ってたんだよ

お父さんが本社に残れることに
なった頃だったかしら?

そんな前から知ってて
黙ってたのか!

だって 理紗が
自分で話すって言うから

いくら理紗が
そう言ったってもだな!

お父さん この結婚
反対なの?

ええ?

だって 幸太郎さんのことが
気に入らないから

怒ってるんでしょう?
そうは言ってない

じゃあ何を怒ってるの?

幸太郎さんが上司になったこと?

そういうわけじゃ…

幸太郎さん もう他人じゃないのよ

理紗と結婚するのよ?

これから家族になる人が
出世したんだから

嬉しいはずでしょ?

違う?

分かったよ

もう言わないよ

ホントね?
ああ

あーよかった ホント
もうグズグズ言いっこなしよ

だけどな~
ああ~ まだ言ってる

理紗が結婚するのは嬉しいよ
だけど

上司が
一つ屋根の下に住むってのはな~

お父さん 家族みんなで

食卓囲むのが理想だって
言ってたじゃない

まさか こんなことになるなんて
思わないだろ

上司と飯なんか食ったって
味なんかしないぞ?

じゃあ どうしたいのよ!

せっかく一緒に住んでもいいって
言ってくれてるのに

同居はダメだって 断るの!?

どうしたいのよ お父さんは!

そんなこと俺にも分からないよ!

晩ご飯はどうするの?

もう寝る!

(真知子がたたく)

(携帯着信)

お父さん 家 戻ったって

うん…

何か作ろっか

なあ理紗
うん?

せめて… 同居はやめないか?

またそれ? お父さんは平気だって
言ってるって話したよね

だけど お父さんの顔見たろ?
とても平気って顔じゃ…

あれは おなか痛いの
我慢してたからでしょ

それだけかなあ…

コーちゃん 同居 嫌なの?

何でそんな同居にこだわるの?

何か理由があるんじゃないの?

何だよ 急に黙んなよ

ごめん 帰る
えっ!?

お父さんのこと心配だし

理紗?

(ドアが開く)

ただいまー

お帰りなさい

お父さんは?
うん もう寝ちゃったわ

まだ痛がってる?

ううん 大丈夫

今日は ごめんなさいね

幸太郎さん
ビックリしてたでしょう?

まあね

おなかへっちゃった
私も食べよっかな

晩ご飯 幸太郎さんと
食べてこなかったの?

うん…

ケンカでもした?
ううん

そういう気分じゃなくてね

そりゃそうよねえ

お父さん おなかすかないのかしら

えっ
何も食べないで寝ちゃったの?

バレちゃったの 私だけ

幸太郎さんのこと
教えてもらってたって

ああ… それでか…

もう~ 子供みたいに
スネちゃうんだから

大事な娘のことなのにね~

(おなかが鳴る)

腹へったな~

お父さん

大丈夫?

おなかへってない?

おにぎり 持ってきたんだけど

今日は ごめんなさい

ホントに私が
黙っててって頼んだの

だから お母さんのこと
怒らないであげて

お父さん?

ホントに ごめんね

あっ すいません!

おはようございます

おはようございます

昨日はどうも
昨日はどうも

いや こちらこそ

お体のほうはもう…
あっ ええもう

そうですか…

隠すつもりはなかったんです
えっ?

申し訳ありませんでした

あっいや…

あっ…

俊作さん
同居したくないって言ってるの?

上司と一つ屋根の下に住むのは
息が詰まるとか

今になって 急に
グズグズ言い出してるの

男っていざとなると
決断力ないからね~

響子さんは 決断力あったものね

私のことはいいわよ

そんなに許せなかった?

洋一さんが 会社辞めて
お店始めたこと

あの人 一回も
相談してくれなかったからね

そうなの!?

旦那が決めたことには

女房は黙って従うもんだって
信じてたのよ あの人

20年以上も一緒に暮らしてたから

そういう人だって
分かってはいたんだけど

急に むなしくなっちゃってね

あのまま 当たり前みたいに

居酒屋の女将さんには
なれなかったの

そうだったの…

まあでも そのおかげで
思い切れたんだから

今じゃ むしろ
感謝してるんだけどね

そうだ 真知子さんもいっそ
私達みたいになってみる?

ええ? 無理無理

私は響子さんと違って
生活力もないし

別に離婚しろとは言ってないわよ

ええ? どういうこと?

ただいま

何だよ 電気もつけないで

母さん?

いないのか?

ああ そうか 今日
花の教室か…

あん?

「しばらく
距離を置くことにします」

何だ これ?

何だ 母さん いるんじゃないか
脅かすなよ

何なんだ これ
ドッキリにしても趣味が悪いぞ

私 今日から別居させてもらいます

何言ってんだよ…
二階で

理紗と暮らすことにしましたから
またまた…

悪い冗談はやめろよ

おい 母さん
ちょっと 母さん!

おい 母さん

母さん! おい!

ええ!?

(村上)そりゃ 浮気だな

ええ? 俊作さんが浮気?
何かショック~

男ってのは
浮気する生き物なんだよ

特に俊作みたいな
ムッツリスケベにかぎってな

誰がムッツリスケベですか
違いますよ

じゃあ何が原因なんですか?

さあ? 何考えてんだか

それ きっと あいつのせいだ

あいつ?
(村上)響子だよ

俺達もやったんだよ
家庭内別居ってやつをよ

真知子さん
あいつの教室に通ってんだろ?

響子がそそのかしたに
違いねぇよ

ええ!?
大将

前の奥さんのこと
よく分かるんですね

何年一緒にいたと思ってんだよ

ひょっとして
まだ好きだったりして

バカ
おかしなこと言うんじゃないよ

だって あの花
響子さんの店に頼んでるんですよ

花屋に花を頼んで何が悪い
普通 別れた奥さんに頼みます?

うるせえな 大きなお世話だよ
あーもう

一体 俺は
どうしたらいいんですか!

そんなこと
俺に分かるわけないだろ

結局
捨てられちゃったんですもんね

俺が捨てたの!
どっちでもいいですよ!

ポテサラ
頼んでません

(村上)サービス
いただきます

ごめんね 理紗の都合も聞かないで

ううん 私は全然
広すぎて持て余してるし

夫婦ゲンカしたら

こういう手があったのよね

何で今まで
気がつかなかったのかしら?

お母さん達 まだ昨日のことで
ケンカしてるの?

それだけじゃないんだけどね
それだけじゃって?

積もり積もったことが
色々あるのよ

長年 夫婦やってると
へ~え

お母さん お父さんには結構

言いたいこと言ってると思ってた

お父さんも
そう思ってるかもしれないわね

だから安心しきってるところが
あるのよ

そこが時々 しゃくに障るの

ちょっと分かるような気がする

だから たまにはこういう
ショック療法も必要なのよ

響子さん
いいこと教えてくれたわ

私もお母さん達のマネしようかな

幸太郎さんと 何かあったの?

コーちゃんがね

同居したくないって言い出して…

そう…

会社から帰っても
上司の自分がいたんじゃ

お父さんもやりづらいだろうって

ホントは自分がやりづらいくせに

ずるいんだから
お父さんのせいにしちゃって

私達も…
少し距離 置こうかな

ダメよ それは

あなた達は
ちゃんと話をしなくちゃダメ

お母さん…
まだ

新米夫婦にもなってないんだから

距離を置くなんて

30年早いわ

分かった?

はい

ホントはね
理紗が結婚する前に

こんなふうに
二人ですごしたかったのよね~

もしかして
それがホントの理由?

お父さんには内緒よ~
あーっ

お父さん かわいそう~

あーっ

ああ~

うーんっ

(柳井)最終的に何時までに
確認とれば

中止にできるか 各所に確認だけ
とっといてもらっていいですか

どうしたんだ?

今日のイベントでユーザーに
配布するサンプルが届かないんです

何で届かないんだよ?
関越自動車道の玉突き事故で

配送トラックが立ち往生してるんすよ
ええ!?

そうですか また状況分かったら
連絡ください お願いします

ダメだ
高速の復旧のめどが立たない

イベント何時からですか?
4時です

あと3時間か…
1000で足りますか?

えっ どうするんですか?
千葉 茨城の工場に

新商品の在庫があるかどうか
確認してみます

物流部通さなくていいんですか?
そんなのあとで俺が何とかする

運搬車両の手配してくれ
はいっ

あー

ありますか あっ
ありがとうございます 助かります

ええ 今から すぐ
取りに伺いますんで はい

はい どうもありがとうございます
失礼します

船橋の工場で800確保したぞ

トラック手配できました
じゃあ俺 行ってきます

いや俺が行く あそこの工場長とは
古いつきあいなんだよ

僕も行きます
先に誰か会場行ってて

はい
はい

いやいや…

いやいやいや…
すいません

今日は ありがとうございました
やめてください

たまたま昔なじみの工場長が
助けてくれただけですから

たまたまじゃないです
部長が長い間かけて作り上げた

人間関係があったから
助けてもらえたんです

いやいやホント
たまたまだから

俊作さんも そんな
謙遜しなくたっていいじゃない

こんなイケメンの部下が
褒めてくれてるんだから

バカッ
えっ 違うの?

あっ もしかして理紗ちゃんの…

えっ部長さん!?
花菜 いいから早くこれ持ってけ

そうなんだ

俊作 すまん邪魔して

今日… 色々
思い出しちゃいました

部長の下で
仕事を教えてもらったときのこと

いや部長はもう…
今日はそう呼ばしてください

お願いします

部長 あの頃
厳しかったですよね

僕 毎朝 このまま電車降りないで

どっか消えちゃおうかな~って
思いましたもん

すいません

僕…

母親が早くに亡くなって

父親に育てられたんです
ああ…

父は 子供のときから
とにかく厳しくて

僕… 父のこと
好きじゃなかったんです

反発して 中学のとき
ちょっとグレたりもして

あっ 昔 部長にそんなグチ
こぼしたことありましたよね

酔っ払って
ああ…

あんとき 部長
僕に何て言ったか覚えてます?

…いや

俺が兵頭に厳しく接してんのは

お前を一人前にしたいからだ

お前の人生に 責任があるからだ

お前のお父さんも
同じじゃないのか?って…

亡くなったお母さんの分まで
責任があるから

お父さんは お前を厳しく
育てるしかなかったんだって

部長言ったんです

あれから

父に対する気持ちが変わりました

今では あんなふうに育ててくれた
ことを感謝してるぐらいで…

部長のおかげです

今日は それを伝えたくて
つきあってもらいました

本当に ありがとうございます

兵頭…

どうぞ
ああ

(村上)幸太郎君 こいつら
家庭内別居してるんだよ

えっ えっえっ 家庭内別居!?

先輩! 何でそんなことまで言う
ホントのことじゃねえか

ひょっとしたら それ
俺のせいっすか?

関係ない 関係ない
女ってのは時々 そういう

訳の分かんないことする
生き物なんだよなあ? 俊作

そうそう そうなんですよ先輩
勉強になります

あっ 理紗は違うからね
同じだよ

違います
えっえっ どっちなんすか?

だから同じだってば
絶対違います!

暮らしてみりゃ分かるよ
理紗は違いますよ!

えーっ!?
違うっつってんじゃん ほら!

違いますよ!
同じだ!

理紗の何を知ってるんすか!

何を知ってるんですか!

あの…
あの… あっごめん

コーちゃんから どうぞ

同居のことだけど

俺 考えた…
ごめん

やっぱり私が先でいいかな

うん

あの…

今の二世帯住宅

私が前に婚約したときに
お父さん達が建ててくれたの

うん… えっ!?

私 花婿に逃げられたの

結婚式の日に

いつ?

4年前…

他の人に子供ができたから
結婚できないって

婚約したとき お父さん
すごい喜んでくれてね

無理しなくてもいいって
言ったのに

それまで住んでた
マンション売って

あの家を建ててくれたの

私 この4年間

お父さんが抱えなくてもいいローン
抱えて 毎日働いてるの見てて

心の中でいつも
ごめんなさいって思ってた

だから

あの家で

結婚した私達が
幸せに暮らしてるのを

お父さん達に見てほしかったの

それが どうしても
同居したいって言った本当の理由

ごめんなさい 今まで黙ってて

何で… 言ってくれなかったの?

本当のこと言ったら

またダメになっちゃうような
気がして…

怖くて言えなかった

ホンットに ごめんなさい

ちくしょう くそっ

ごめんな 理紗

分かってやれなくて

ありがとう

本当のこと話してくれて

ホントにありがとう

コーちゃん…

あの家で…

暮らそう 理紗

えっ?

あの家で

理紗と お義父さんと

お義母さんと

家族になりたい

一つ屋根の下で

家族をつくりたいんだ

どうかな?

ありがとう

ありがとう コーちゃん

う~ん

アハハハハ
苦しい…

く…

ちょっと苦しい
ハハハハハ

(ドアの開閉音)

ただいま

お帰りなさい

晩ご飯は?

幸太郎さんと食べてきた?

お母さん ちょっといい?

いいわよ

さっきね 彼に全部話した

全部って 全部?

うん 洗いざらい 4年前のことも

そう

私ね 結婚したら

この家で
幸せに暮らしてるところを

お父さんとお母さんに
見てもらおうって

ずっと前から決めてたの

そのことも
幸太郎さんに話したのね

そしたら
「分かった」って言ってくれた

この家で一緒に暮らそう って

あなた達も

やっと 本物になってきたわね

お母さん達みたいになるには
まだまだだけどね

ならなくていいわよ そんなもの

あっ 家庭内別居中だもんね

ハハハハハ
ハハハハ

幸せになりなさいね

それが あなたの親孝行よ

はい

う~ん

いけますねえ このコノワタ

だろ?
能登から取り寄せた上物だからな

ああ たまらんなあ
ハハハ

花菜ちゃん もう一本おかわり

いいかげん
休肝日つくったほうがいいですよ

まだ続いてんですか? 家庭内別居
まあな

さっさと白旗上げて
降参すりゃいいんだよ

そうはいきませんよ こっちだって
男の意地がありますからね

つまんねえ意地張ってて
出てかれても知らねえぞ

大将みたいにね
うるせえよ

いらっしゃい
(花菜)いらっしゃい

あっ…

えっ?
こんばんは

な… まさか 先輩が呼んだんじゃ
ないでしょうね

そんなこと するわけねえだろ

真知子さん どうぞお好きな席へ

じゃ 失礼して

(村上)飲み物 何にしましょう?

そうねえ お酒いただこうかしら
冷やで

へい 冷や1本
(花菜)はい

じゃ俺 そろそろ…
お待たせしました~

幸太郎さんがね

どうしても
私達 家族四人で暮らしたい って

理紗に言ったんですって

えっ?

それに 理紗も

4年前のこと

やっと正直に
幸太郎さんに話せた って

嬉しそうだったわ

これって 乾杯ぐらいしても
いいと思わない?

母さん…

ごちそうさまでした
まいど

そうかあ

理紗が
そんなこと考えてたとはなあ

この4年

あの子なりに
色々思うことがあったのね

いつの間にか 大人になりやがって

いい娘に育ってくれたわねえ

そうだな

てことで

お父さんも
納得してくれたわよね?

ああ

じゃあ 今度の日曜日
空けといてね

何があるんだ?
決まってるじゃない

幸太郎さんが
結婚の挨拶にみえるのよ

ええっ もういいんじゃないか?

ダメよ こういうことは
きちんとやらないと

そりゃそうだ こういうことはな
ケジメが肝心なんだよ

二回目なんだから 今度は
ビシッと決めてくださいよ

分かったよ 日曜日だな
うん フフフ

あっ 花菜ちゃん お酒もう一本ね

(花菜)はーい
はあ

う~ん
母さん 飲みすぎ

うんっ?
えっ?

お父さん はい
これ俺の ちょっと ああ もう

はい
しょうがないなあ

おいおい大丈夫か?
もう… もう歩けないよ

しっかりしてくれよ~

もう歩けない あっ おんぶ~

えっ!?
おんぶ!

嘘だろ~ ほらほらほら

もう しょうがねえな

ちょっと よいしょ

よいしょ はい
ああもう

ほら しっかりつかまってろよ
は~い

こんなとこ 誰にも見せられんぞ

エヘヘヘ
エヘヘじゃないよ

あ~っ フフフフ

改めてお願いします

理紗さんと結婚させてください

こちらこそ

ふつつかな娘ですが
よろしくお願いします

はい 理紗さんを
全力で幸せにします

ただ…

同居は考え直させてほしいんだ

お父さん
理紗の気持ち

分かってくれたんじゃ
なかったの?

待ってくれ
今さら 大人げないですよ

最後まで話を聞いてくれないか

もちろん
幸太郎君と理紗の気持ちは嬉しい

二人が住んでくれたら
私と母さんはもちろん

この家も すごく喜ぶだろう
だったら…

だが

この家には

理紗の つらかったときの思い出が
まだ残ってるんだ

だから 二人には

この家じゃなく

新しい場所で
結婚生活をスタートさせてほしい

二人の新しい人生の歴史を

真っ白な状態で始めてほしいんだ

それが父さんの願いだ

お父さん…

分かってくれるか?

はい

はい

いいかな? それで

はい

幸太郎君

理紗を

娘を幸せにしてやってください

はい

じゃあ 失礼します

駅まで送ってくるね

あっ
あんなの反則よ

えっ?

あんなこと言い出すなら
前もって言ってちょうだいよ

あ… すまん
何だか言いづらくてな

あんな素敵な息子ができて
幸せ者ね 私達

幸太郎さんのお父さんに
感謝しなくちゃね

そうだな

またね~

お父さんも
ビックリさせてくれるよねえ

今度は 私がコーちゃんのお父さんに
ちゃんと挨拶に行かないとね

緊張するなあ
気に入ってもらえるかな?

すごいよなあ…

うんっ?

親ってすごいよ

かなわないよ 俺

うん

理紗

幸せになろうな

はい

どうだった? 家庭内離婚の効果は

どうかなあ

結局 毎晩 洋一さんとこに
飲みに行ってたからねえ

そっか あいつの店を
もうからせただけだったか

でもね おかげさまで

理紗と二人きりになれて
楽しかったわ

じゃあ 意味はあったのね
うちの場合と違って

えっ?

うちの場合は
そのまま離婚しちゃったでしょ

離婚したこと後悔してるの?

う~ん 後悔はしてない

でも反省はしてる

一方的にワガママを押し通して
悪かったな って

そうか

あっ ごめんね
変なこと聞いちゃって

いいのよ
私達は今のほうが幸せなんだもの

うん

そうだ 結婚式のお花

引き受けてくださって
ありがとうございます

いいのよ それくらいのことしか
できないんだもの

ホントに良かったわね

おめでとう 真知子さん
ありがとう

ただいま

母さん?

母さん

いないのか?

えっ また?

あっそうか 今日 花の教室か

あっ 晩飯食ってこいって
言われてたんだったな

お帰り
あっ 理紗 帰ってたのか

お父さん一人?
ああ

母さん 響子さんと遅くなるって

えっ そうなの?

じゃ 何か食べてくればよかった

晩飯だったら俺が作るよ

えっ 作れんの?

まあ見てろって
えっ 手伝う

初めてだね お父さんと料理すんの
えっ そうか?

お手並み拝見だね
ビックリ仰天して 腰抜かすなよ

何時代の日本語?
だな

さて 何作るかな?

酒のつまみみたいなもので
いいか? 理紗も飲むだろう

ねえ あれ飲もうよ

あれ?

お父さんが漬けた梅酒
私が生まれたときに

何だ 知ってたのか?
お母さんに聞いた

私が二十歳になった時に
一緒に飲もうって

決めてたんでしょ?

母さん
そんなことまでしゃべったのか

でも二十歳の誕生日 お父さん
単身赴任で新潟だったもんね

おかげで飲みそこなった

ねえ ひょっとして

私が結婚したら飲もうって
思ってた?

あっ えっ… いやいや
ああ ごめんね~

二度も
飲みそこなっちゃったんだね

何言ってんだよ
アハハ

えっと… あった

ジャーン
わあ~

飲もうよ 三度目の正直

じゃ グラス
OK 江戸切子があったね

うん

よし じゃあ

どう? 私とお父さんの歴史の味は

う~ん

理紗はどうだ?

微妙かな
だな

ハハハハ
ハハハハ

食え食え
うん

いただきます

う~ん おいしい 卵焼き
だろ?

卵焼きにかけちゃ
母さんに負けない自信があるんだ

それは言いすぎ
だな

お父さんさ お母さんといて
毎日楽しいでしょ?

えっ?
お父さんの人生最大のラッキーって

お母さんと結婚できたことだよね

ハハハハ
フフッ

お前 どうなんだよ?

もちろん私も

まだ結婚してないけどね

うん

うん こっちもいける フフフ

いい相手選んだな 理紗

私 ちょっとは
見る目できたかな?

怪我の功名ってやつか
それ お父さんが言う?

あっ いやいや
お母さんに言いつけよう

それだけはやめてくれ
頼む頼む頼む…

うん
うん

私 お母さんみたいになれるかな?

なりたいのか?
絶対なりたい

そうか

母さんみたいになりたいのか
うん

ありがとな
えっ?

「ありがとう」って何?
いや 色々だよ

「色々」って何?
色々は色々だよ

怒んなくてもいいじゃん

ごめんなさい
ハハハハ

お父さん
うんっ?

ちょ ちょ… ちょっと待って理紗

待てって

お父さん

今まで育ててくれて
ありがとうございました

世界一幸せになるからね

見ててね お父さん

フフフフ

アハハ…

あ~ ハハハ

はあ…

(チャペルの鐘の音)

お名前は
何とおっしゃるんですか?

≪モモカです
モカちゃんは何年生?

中学3年生になります
中学3年ってことは来年受験?

はい
じゃ大変だ

今日も帰って
勉強しないといけないんだ?

はい
じゃ 今日はごゆっくり

のちほど式場のほうで はい
失礼いたします

ねえねえ 俊作さん
おめでとう

お義姉さん
遠いところ ありがとうございます

ねえ聞いたわよ
あなた達 同居しないんですって?

ええまあ
もったいないじゃないの

あんな立派な
二世帯住宅があるのに

ねっ やっぱりあれ?
あちらのご両親が反対したの?

いや 決して
そういうわけじゃないんですけど

何だ ここにいたのか
俺のチーフはどこだよ?

もう しょうがないわね
じゃ またあとでね

どうもすいません
捜してくれよ

(尚子)しっかりしてよ あなた

お父さん
おお

花嫁さん 準備できましたよ

そうか

(ドアが開く)

理紗

どう? お父さん

きれいだよ 世界一きれいだよ

親バカなんだから

幸太郎君はどうしたんだ?
花婿も早く見たいだろう

それがね
さっきから捜してるんだけど

見つからないのよ
えっ?

そういえば…
えっ?

どうしたの?

今朝 ちょっと様子が変だったかも

幸太郎さんが?

どんなふうに変だったんだ?

思い詰めた感じで
あんまりしゃべらなかった

それ ちょっと気になるわね…
母さん やめろ!

幸太郎君に限って
そんなことあるわけないだろっ

まだ私 何も言ってないけど!

(ドアが開く)

あっ 幸太郎さん
だから言っただろう

幸太郎君に限って
そんなバカなことは…

やっぱり無理です
えっ?

コーちゃん?

僕… 何度も考えたんですけど

今になって結婚できないなんて
どういうことだ!

違います 違います
そういうことじゃなくて

落ち着いて お父さん!

僕達を あの家に置いてください

えっ?
コーちゃん…

お義父さんの言われたとおり

あのお宅には

まだ 理紗のつらい記憶が
残ってるかもしれません

でも 逃げたくないんです

全部受け止めて
理紗と二人で乗り越えたいんです

乗り越えて

二人で幸せに
暮らしているところを

お義父さん達に
見ていてほしいんです

そうだよな?

僕達の新しい生活を
あの家で始めさせてください

僕と理紗を
あの家で家族にしてください

お願いします

お義父さん

お義母さん

お父さん

ありがとう

幸太郎君

ありがとう

(牧師)新婦 理紗
あなたは ここにいる幸太郎を

病めるときも健やかなるときも

富めるときも 貧しきときも

夫として愛し 敬い

慈しむことを誓いますか?

はい 誓います

母さん
この寝癖 何とかならんか?

うんっ? 水で濡らしたら?

もうやったよ
だけど ちっとも取れないんだよ

ああ そのままでいいんじゃない?

似合ってるわよ
朝から冗談きついよ

冗談のつもり なかったんだけど

おはよう
おはよう 理紗

おい そんな格好で下りてくるな
って何回も言ってるだろ

いいじゃん 自分ちなんだから
大体 何で下りてくるんだよ

二階で朝ご飯食べればいいだろ
いいじゃないの

二人とも忙しいんだから 朝は
ほらね

結婚したのに いつまで
母さんに甘えてるつもりだ?

おはようございます
あっ おはよう

すいません いつまでも
お義母さんに甘えてしまって

これからは気をつけます
いやいや そういうつもりじゃ…

はい コーちゃん
サンキュー

お父さん それより
その寝癖 何とかしたら?

何ともならないから
さっきから困ってるんだよ

濡らしても取れないんだって
あっ 寝癖なら

僕 すごいいいの持ってます
あとで持ってきますね

いやいや そういうつもりじゃ…
あとで持ってきます 持ってきます

二人とも いつまで遠慮してんの
いいかげん慣れたら?

(小野寺・幸太郎)
遠慮なんかしてないよ

してるわよ どう見ても
してません

頑固なんだから ねっ
寝癖と一緒

うるさいよ

いただきます
(一同)いただきます

コーちゃん 忘れ物ない?
うん 大丈夫

お父さん ハンカチ持った?
ああ

お父さん 寝癖直ってる
幸太郎さんのおかげなのよ ねっ

うん いや ありがとう
ああ いえ そんな…

早くしないと遅れるよ

ああ じゃあ行ってくる
行ってきます

行ってらっしゃ~い
行ってきます

あっ そういえば お義父さん

ホームページのセッション数が
先月の倍になりましたよ

おっ SEO対策の効果が
表れ始めたってことか

はい
へえ~

何だよ?
お父さんも なかなかやるねえ

そのぐらい お茶の子さいさいだよ

何時代の日本語?
フフフフ

あっ お義父さん

今日 早朝ミーティングでしたよ

あっ そうだった 急ごう幸太郎君

嘘 ちょっと待って