ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

空から降る一億の星 第11話(後編)最終回 明石家さんま、木村拓哉… ドラマの原作・キャストなど…

『<イッキ見テレビ>空から降る一億の星 #11-2【明石家さんま 木村拓哉】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 優子
  2. お兄ちゃん
  3. 大丈夫
  4. 自分
  5. 小百合
  6. 父親
  7. ラクション
  8. 一人
  9. 完三
  10. 間違
  11. 琴子
  12. 柏木
  13. 約束
  14. ゲーム
  15. ホント
  16. 刑事
  17. 殺人犯
  18. 時間
  19. 銃声
  20. 絶対

f:id:dramalog:20191227165200p:plain

『<イッキ見テレビ>空から降る一億の星 #11-2【明石家さんま 木村拓哉】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

[終]<イッキ見テレビ>空から降る一億の星 #11-2【明石家さんま 木村拓哉】[再][字]

第11回「運命(後編)」
▽1645~ライブニュースitきょうのみどころ

詳細情報
番組内容
<第11回>「運命(後編)」 幼い頃に失われた記憶を取り戻しつつある涼(木村拓哉)は、完三(明石家さんま)を呼び出し、真実を尋ねる。『自分の父を殺したのか』と。完三は、これまで語ろうとしなかった、とある過去の出来事を語り始めた・・・。一方、優子(深津絵里)は、姿を消した涼を探し求めていた。そして訪ねたバー『パズル』で、優子は柏木小百合(とよた真帆)と出くわし、彼女から自分の知らない涼の過去を聞かさ
番組内容2
れる。と、そこに涼が現れるが、涼は優子に冷たくあたり、小百合と店を出て行ってしまう。そんな涼に、優子は疑いを持ち始める。小百合の部屋で、涼は手配してもらったピストルを小百合に返そうとする。しかし涼を失いたくない小百合は、完三も涼も隠していたある事実を優子に告げる、と涼を脅し・・・。
出演者
明石家さんま 木村拓哉 深津絵里 柴咲コウ 金子貴俊 福本伸一 林泰文 並樹史朗 田山涼成 森下愛子 【友情出演】とよた真帆

 

 


(優子)ほら。 つながってるみたい。
何か 地図みたい。

わたしと お兄ちゃん
本当の兄妹じゃないの。

でも お兄ちゃんに
聞いたことないの。

お兄ちゃん かわいそうだから。
だまされといてあげるの。

(倒れる音)
(優子)あっ! 大丈夫!?

(涼)

(優子)薬ないね? 買ってくる!
(涼)大丈夫だって!

いいの! 買ってくる!
ちょっと 待ってて! なあ!

 

 

妹かよ。

 

 

 

(完三)ニュース 見たやろ?
えっ?

あいつ また やりよった。

お兄ちゃん。
何や?

わたしも うどん 作ってみた。
食べよ。

味が薄い。
お兄ちゃん。

あかんな これでは。
お兄ちゃんとこ くるまで

時間かかる。
もう ちょっと カツオ入れな。

わたし お兄ちゃんの妹だから。
ん?

お兄ちゃんは
わたしの お兄ちゃんだから。

それ 分かっといて。

分かっといて。
おう。

そいで。
まだ あんのかいな?

お兄ちゃんのことは
わたしが守るから。

わたしが守る。

(係長)事件発生から
2日がたちますが

その後 新たな 目撃証言もなく
依然として

被疑者 片瀬 涼の所在は
つかめておりません。

主要幹線道路や 駅の検問は
引き続き 今日も行います。

なお 被疑者は
事件の際に 使用した

拳銃を 持ったまま
逃走しているものと思われます。

第二、第三の犯行の
可能性も 考えられますので

くれぐれも 受傷事故防止に
気を付けてください。

(琴子)優子ちゃんね
自分が 完ちゃんの

妹じゃないこと 知ってた。
知っとったんか。

(琴子)でも 優子ちゃんね
完ちゃんが ちゃんと

自分を 愛してくれたから
いいんだって 言ってたよ。

そうか。
で 琴ちゃん 何て答えたんや?

あの 涼って子の父親が 殺人犯で
その殺人犯を 完ちゃんが…。

それだけやな?
優子が その父親の娘やなんか

言うてないやろな?
言うわけないじゃない。

完ちゃん 言ってたじゃない。

死ぬまで
墓まで持ってく 秘密だって。

そうか。
あっ。 おおきに。

優子ちゃんもね
もう分かったみたいだったよ。

涼って子は
完ちゃんに 復讐するために

自分に 近づいたんだろうって。

だから もう 彼のことは
忘れるみたいに 言ってた。

それ 違うよな?
ん?

それ 間違うてるよな?
間違ってる?

うん…。 うん。

(電話の呼出音)

もしもし。

 

はい。

(裕希)こんばんは。

あのー お兄さん。
あの 完三さん いますか?

まだだけど。
あっ そうですか。 それじゃあ。

待って。
はい。

お兄ちゃんに 何の用?
あっ いや。

何の用?

 

ただいまか。

優子?

優子。

優子。

 

 

(ドアの開く音)

随分 遅い…。

 

お兄ちゃんなら 来ないよ。

残念だね。
あなたのこと 警察が捜してるよ。

柏木 小百合さん。
邪魔になった?

それとも
もう 興味がなくなった?

まあ そんなとこ。

人を ゲームの駒みたいに
動かして そんなに楽しい?

わたし あなたの
ゲームの駒には ならないよ。

これ 本物?
こうしたら 死ねる?

本物なんだ。

これで
お兄ちゃん 殺すつもりだった?

わたしに…。

父親の復讐のために
わたしに 近づいたんでしょ?

そうなんでしょ?

そうだよ。

みんな 嘘だったんだ。
みんな みんな 嘘だったんだ。

わたしに話した言葉も
わたしといた時間も

わたしに触れた その手も
その目も その声も

みんな みんな 嘘だったんだ。

わたしの お兄ちゃんは
わたしが守る!

 

何で 笑うの?

何で こんなときに 笑うの!?

俺 愛とか
そういうの よく分かんないけど。

優子のことを 愛してた。

 

(銃声)

(クラクション)

あ…。

何で そんなこと言うの。

(涼)「堂島 完三さま。
あんたと会うと もう ちょっと

この世で 遊んでも
いいかなって 気がして

決心が 揺らぐような気がするから
手紙で失礼。

三田の女子大生も 西原 美羽も
柏木 小百合も

あんたの思うとおり 俺がやった」

「俺は 小さいころから 人の愛とか
大人になってからも

男女の恋とか そういうの
一切 お手上げだった。

だから 人をだまして
その心を テトリスのバーみたいに

都合のいいところに
落として 遊んだ。

人が死んでも
あんまり 悲しくなかった。

壊れた おもちゃみたいに
そんなことを 繰り返した。

でも
あんたの妹に会って 変わった。

初めて 人を好きになった。
うれしかった。 悲しかった。

苦しかった。
恋しかった。 いとしかった。

だから 彼女が 俺の妹だと
知ったときは さすがに参った」

 

 

 

「あんた 優子を
俺に返すようなこと 言ったけど

優子は あんたの妹だよ」

「あんた よく 俺のこと
悪魔って 言ってたけど

今 やっと 人間に
なれたような 気がしてる。

遅すぎたけど」

「最後に 優子を引き取って
今まで育ててくれた あんたに

心から 感謝します。
ホントに ありがとう。 沢田 省吾」

 

(優子)

(優子)わたし
何でか 分かんないけど

あなたといると 寂しくなるよ

 

(優子)

もう 一人じゃ
生きていけないんだよ!

俺 愛とか そういうの
よく分かんないけど。

優子のことを 愛してた

 

 

 

 

 

 

優子ーっ!

優子ー!

優子ーっ!

お兄ちゃん ごめんね。

(銃声)

 

優子ーっ!

 

 

 

(刑事)堂島刑事。

(刑事)
妹さんで 間違いありませんね?

そうや。
完ちゃん。

琴ちゃん。

神さん 裏切りよったで。

琴ちゃん 見てみ。

こんなとき こんな日に
空から降る星は きれいやなあ。

 

 

 

(琴子)じゃあ 柏木 小百合は
完ちゃんの周辺を 探ってたって事?

そうや。

あいつが
小百合さん 撃ったんは

優子の 父親のこと
突き止められたからや。

じゃあ
優子ちゃん 守るために。

優子に ホントのこと
知らせたくなかったんやろ。

あいつのこと 誰も
分からへんかったけど

あいつの中では 優子の手に
かかって 死んだことで

優子も 自分も
守ったんちゃうかな。

おう。

よかった。
まだ いたんだね。

来たんか?
うん。 自首しに来た。

おっちゃん 一緒に行ったろか?
ううん。

あんた 一人で 大丈夫か?
うん。 大丈夫。 そうか。

いろいろ 寂しなってな。

じゃあ。

完ちゃん!

完ちゃんは
死んじゃ ダメだからね!

わたしが… わたしが 罪 償って
出てくるまで 待っててね。

約束。
絶対 待ってるって約束。

絶対 死なないで
待ってるって 約束。

あんた 一人で 大丈夫か?

アホか。

 

じゃあ。

 

 

 

 

 

『見上げてごらん 夜の星を』

 

 

(優子)お兄ちゃんは
わたしの お兄ちゃんだから

お兄ちゃんのことは
わたしが守る

 

 

 

 

 

(泣き声)

 

(泣き声)

 

 

(車のクラクション)

(車のクラクション)

『スマイル』