ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

歌のおじさんEたん 完全版 JUJU、セクゾ、日向坂がEテレ名曲カバー… ドラマのキャストなど…

『ドラマ「歌のおじさんEたん」完全版 JUJU、セクゾ、日向坂がEテレ名曲カバー』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. イーッ
  2. パワー
  3. 先生
  4. 音楽
  5. コウキ
  6. 担任
  7. 魔法
  8. ヒサト
  9. 合唱
  10. 今日
  11. 生徒
  12. 頑張
  13. 大丈夫
  14. 悲鳴
  15. 武井
  16. 練習
  17. Ghost
  18. お願い
  19. ゾンビ
  20. ヒサ

 

『ドラマ「歌のおじさんEたん」完全版 JUJU、セクゾ、日向坂がEテレ名曲カバー』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

ドラマ「歌のおじさんEたん」完全版 JUJU、セクゾ、日向坂がEテレ名曲カバー[字]

歌の妖精Eたんが歌で人の心をつなぐファンタジードラマ完結編。池松壮亮菊池風磨岡崎体育が出演!うた:JUJU、Sexy ZonePerfume、日向坂46他

詳細情報
番組内容
歌の妖精Eたん(矢部太郎)がEテレゆかりの歌「Eうた」で人と人の心をつないでいくファンタジードラマ。池松壮亮菊池風磨、YOU、よしお兄さんが出演。参加アーティスト:JUJU/♪いっしょにいるから、Perfume/♪できるかなテーマ、Sexy Zone/♪WAになっておどろう、日向坂46/♪fight、岡崎体育&H ZETTRIO/♪カゲのオバケ、リトグリ/♪怪獣のバラード、CreepyNuts
出演者
【出演】矢部太郎,倉悠貴,池田朱那,池松壮亮岡崎体育,YOU,菊池風磨小林よしひさ本多力秋山竜次,日向坂46

 

 


(落下音)

何だ?

(チャイム)

(担任)はい 着席!

え~ 今期末の
クラス対抗の合唱大会に向けて

今から合唱委員を決めます!

え~。
やだ。 (担任)「やだ」じゃないな。

今日が 11月5日だから 11+5。

…に それに5を掛け合わせて

11で割って 余りを掛けて…

男子の出席番号は 21番! 森田コウキ!

(生徒たち)イエーイ!
(拍手)

(担任)女子は その番号をひっくり返して
12番 武井チハル。

(チハル)ちょっと待って! なんで私?
よっ 頑張れ!

(拍手)
(担任)はい 静かに~! 静かに!

合唱委員は 合唱曲が決まったら
先生に報告に来るように。

おっ どこ行くんだ? ヒサト。

お先に失礼しま~す。
(担任)おい…。

(戸の開く音)
(担任)お~い!

(戸の閉まる音)

(コウキ)先生 あの…
僕 歌なんて ほとんど分かんなくて。

ねえ先生 男子の合唱委員って
かえられないんですか?

なに言ってんだよ。
2人で相談して決めるんだよ。

だって森田君 暗いし
話したことないんだもん。

あ~…。

このあとさ カラオケ行かない?
行きたい 行きたい!

えっ… ねえねえ 何これ 何これ。
音 止まんないんだけど。

えっ!? 怖い 怖い 怖い。
♬「けんかもしたさ なかまだもんな」

どうしよう 怖い…。
♬「なかまなかまなかま」

♬~

♬~

♬~

あの お願いがあるんですけど。

♬~

図書室?

あれ? ここに来たはずなのに…。

何だろう? これ。

真っ暗で 壁がない…。

うっ!? ちょ… あっ! ちょ ちょ ちょ!

助けて!

助けて~!

あぁ~!

うっ!?

ここは…?

来てくれたんですね!

いや… えっ ここは?

こんにちは!
たんたんたたんた Eたんです。

あ… 森田コウキです。

Eさん?
Eたんです。 「たん」でお願いします。

歌の妖精です。

その顔で妖精?
いきなり失礼ですね。

あっちの世界では7歳です。
えっ あっちの世界って?

えっ ここは どこなの?

ここは はざまの空間です。

迷子になって
帰れなくなってしまって。

何? その漫画みたいな話。

この向こうに 私の住む
歌の国があるんですけど…。

へえ~ 歌の国が。

このゲートを開けるには

歌のパワーを
集めないといけないんです。

それで お願いっていうのはですね

歌のパワーを…
ちょっと どこ行くんですか?

いや もう よく分かんないし
なんかもう怖い!

助けて下さい!
歌のパワーが必要なんです!

また来ます。
絶対 来ないでしょ!

≪ごめんなさい!

出せよ 早く。 さあ さあ…。

ヒサちゃん。

何だよ お前。 何か文句あんのか?
いえ。

おい そっちのお前は?
んだよ… おっさん いんのかよ。

7歳です。

ヤベえやつだ。 行くぞ。

ヒサちゃん…。

どけよ。

ヒサちゃんとは
幼稚園から ずっと一緒でさ。

昔は あんなふうに
よく一緒に遊んでたんだ。

走り回ったり 歌ったりしてさ。

何を歌ってたんですか?

さあ… もう忘れちゃったよ。

なんか昔のやつ。

今は遊ばないんですか?

中学生には いろいろあるんだよ!
ついてこないで。

(アラーム音)
あっ… ああっ!

何? 何?
歌が生まれそうです。

何? どういうこと?
歌のパワーですよ!

歌で人と人の心がつながりそうになると
ここが光るんです!

私が魔法をかけると
歌が引き出せます。

かけますよ?

いや… 魔法とか よく分かんないし
やめて。

イーッ!

(ラジオのノイズ)

♬~

え? え? 何これ!?

♬~

(犬の鳴き声)

今の 昔よく歌ってた歌だよな。

懐かしいな。

≪ヒサト 行くぞ。

はい。

ねえ… また遊ぼうよ。

まあ… 昔みたいには無理だろ。

増えた…。

鍵盤が増えたのは
コウキとヒサトが
歌でつながったからです。

歌で人と人の心をつないだ時に
パワーがたまって

これがいっぱいになると
扉が開いて

元の世界に戻れるんです。
そうなんだ。

何ここ!?

武井さん?

合唱曲の演目 決めないといけない
と思って ついて来ちゃった。

かわいい! ねえ 何てキャラ?
あっ… たんたんたたんた Eたんです。

私 武井チハル。 よろしく!
ねえ Eたん かわいい!

かわいくないよ おじさんじゃん。
7歳です。 コウキより年下です。

ねえ ここで何してんの?
教えて 教えて。

え~と ですから…。

つまり
音楽で人の心をつなげばいいのね?

そういうことです。
ふ~ん。

たくさんの音楽に出会えたら
合唱曲も見つかるかもしんないし…。

ねえ 私も手伝ってあげる。
コウキだけじゃ頼りないっしょ。

ほんとですか! ありがとうございます。
それじゃあ 早速… しゅっぱ~つ!

アッハ~!
はいはいはい… 早く早く。

こっち こっち!

♬~

イーッ!

♬~

ねえ あっちは? あっち あっち!

♬~

イーッ!

ねえ あの人たちも!

♬~

イーッ!

♬~

いたいた
あっちも! はい イーッ!

♬~

こっち こっち こっちも!
はい イーッ!

♬~

あっ あの人!
イーッ!

あっちもいる!
イーッ!

こっち こっち こっち!
イーッ!

あっ いた いた いた!
イーッ!

イーッ! イーッ!

イーッ… ひぃ…。

イッ…。

イーッ ひぃ~。

イ イ… イッ ひひぃ~。

イー… イ…。

で 何曲 引き出したの?

5曲も!?
いや 23曲です。

じゃあ なんで指で5本にしたんだよ。
(レイコ)お帰り。

あ ただいま。
あら珍しい。 お友達?

うん。 あ~ えっと

武井さんと…。
うん。

歌のおじさん Eたん。

そうなんですね。 お邪魔します。
どうぞ。

ちょっとだけ
休ませて頂けないでしょうか。

あら大変! あら… 立てますか?

ああ大変。 先生 こちらです。

妖精です。
あ 腰痛ね。

Eたんって
魔法使うと体力なくなるのかな?

ん? なんで?
だって ほら あんなに疲れてさ。

ん~… まあ でも
早く自分の国 帰らなきゃなんでしょ?

ねえ 駅前とかデパートとか行けば
もっと音楽で人と人つなげそうだよ。

とりあえず 今 リストアップしてるから。
あ~ あとSNSでも何人かメッ…。

もう 今日は家に帰ったら?

え…。
いや ほら 夜も遅いしさ。

今日は 家 帰りたくない。
えっ?

いや それは…。

だって 僕ら まだ中学生だし。
はあ? なに勘違いしてんの変態。

だって…。

家帰ったら お父さんとお母さん
どっちについてくか

決めなきゃいけないの。
え?

なんか うち 離婚するらしいんだよね。
よく分かんないけど。

だからさぁ…
まあ しょうがないんだろうけど

もうちょっと
ここにいたいな~っていうか。

ごめん… お手洗い借りるね。

変態なんですか?
フッ。

そっから聞いてたのかよ。 違うよ。

う~ん…。

複雑ですか。
いや 気持ちは少し分かるんだ。

うちも そうだったから。

そうなのですね。
うん。

昔 それで落ち込んだ時に
よく聴いてた歌があったんだけど…。

(アラーム音)
えっ!

どうしたの Eたん! 大丈夫!?
あぁ あぁ…。

あ… あ… あぁ~。

あっ! これで魔法をかければ
その歌が引き出せるってこと?

そ そ… そうかもしれません。

イーッ!

あれ? 何も起きない。

確かに。 今日 魔法 使いすぎたのかも。

≪(レイコ)ちょっと ねえ!

ちょっと 何これ。

ねえ 何にもしてないのに
チャンネル変わっちゃったんだけど。

なんで?
どうしたの?

(レイコ)今ね 韓流ドラマ見てたんだけど…。

♬~

♬~

(レイコ)あらあら なんか元気出てくるわね!

ウフフ そうですね。
うん。

よかった。
あれ?

あんたたちの仕業なの?
いえいえ。

歌のパワーです!

ありがとう 2人とも。

音楽って すごいね。

やった~!

この調子でいけば
すぐ帰れるかもよ Eたん。

えぇ…。
Eたん?

Eたん!

Eたん 大丈夫!?

なんだか力が出ない…。
ちょっと 武井さん 手伝って。

コウキ 後ろ!
え?

うわぁ~!?
グワァァァー!

危ない!

今のうちに逃げよう!
Eたん 動ける!?

早く!
Eたん 早く通って。

早く! 来ちゃうから!
早く! 早く通って!

ガアァァァ!
ああっ Eたん 早く!

ちょっと!
ヤバい ヤバい。

おばけがいた… どうしよう!?
先生に相談しよう。

とりあえず Eたんは ここで休んでて。
かたじけない…。

先生!
(担任)おいおい 廊下は走るな!

おばけが出てきて
Eたんが弱ってるんです。

おばけ ドロドロなんです!

それが合唱曲の曲目なのか?
いや だから そうじゃなくて…。

みんなで歌う曲だしなぁ
もっと明るい方がいいと思うぞ! なあ?

ハハハハハ!
ダメか…。
職員室 行こう!

先生 おばけが出てきたんです!

なに おばけ?
そう おばけ! どうすればいいですか?

あのね あなたたち
来年 高校生になるんでしょ。

ゲームのしすぎです。

先生!
(物理教師)非科学的だね。

おばけは物理学上 存在しません。

でも 生物学的には
実体として興味がありますね。

化学として考えると おばけは

厳密には 幽霊や妖怪やゾンビに
分けられるけど どの分野かね?

えっ 強いて言うならゾンビ…?
(社会教師)しかし

ゾンビによって
古代マヤ文明が崩壊した説もあるからね。

ゾンビを生物として捉えるんですか?
(英語教師)No, no, no!

Ghost.
Ghost.

Ghost.
Ghost appeared from….

(体育教師)
何だって? おばけが出てきたって?

そうです! おばけドロドロで
図書室から出てきて…。

しかも おばけは
いつ来るか分かんないんです。

なるほど… で そのおばけは
どんな走り方をしてたんだ?

グワァァァ!
うわ~!?

先生!? さっきの おばけ!
(悲鳴)

ううう…。

負けるか~!

♬~

「すうじ」
♬~

♬~

♬~ かた おなか ひざ あし!

♬~ 「さあ かおをあらうよ」

♬~

♬~ 「つぎは はみがき」

♬~

♬~ 「もっとおおきく」

♬~

♬~ 「さあ すわって ごあいさつ」

♬~ 「いってきまーす イエイ」

♬~

♬~ 「ごっつんこ さあたって」

♬~ 「あるいて のぞいてみよう」

ぐあっ… うっ!?

負けた~!

先生… 先生!
(悲鳴)

(悲鳴)

ねえ なんか歌ってたよね!?
どうしよう おばけが図書室から

出てきちゃったんだ!
Eたん 大丈夫かな!?

よかった 無事だ…。
でも見て。

顔色が ちょっと変じゃない?

ほんとだ。

(戸をたたく音)
≪グアァァァ!

ここまで追いかけてきたんだ。
どうしよう 僕らだけじゃ無理だ。

こうなったら警察行こう。

Eたん 動ける?

頑張って。

こっち こっち。 こっちが近道だから。
どっち どっち?

待て 待て 待て 待て。

うわ… あの人 怖いんだよ。

君たち 授業はどうした?
いや 病人がいて。

病人?
たん たん… たん…。

たん?
たん…。

こちらの大人は? 大丈夫ですか?

ねえ ヤバい! おばけ来た!
え?

ねえ 用務員さん 助けて!

おばけ!
おば… おばけ どうしよう!?

用務員さん おばけ どうしよう。
こうなったら…

イーッ!

♬~

♬~

あっ おばけ逃げてった…。

用務員さん ありがとうございます。

あ… ハァ ハァ…。

昔 音楽やってたから… 思い出したな。

そうだったんですね。

やっぱり いいなあ 音楽は。

生きてることを思い出させてくれる。

なんか かっこいい。

あ ねえねえ 私たちの音楽で
逃げてったっていうことはさ

おばけは歌に関係あるんじゃない?
あ~ そうかも。

さっきから
その「おばけ」っていうのは?

まあ 話せば長くなるんですけど
なんか…。

(悲鳴)

ちょっと ごめんなさい!

グワァァァー!

(悲鳴)

♬~

もう おしまいだ…。

先生 すぐ助けますから
今は ごめんなさい!

一回 はざまの空間に戻ろう。

メーターは もうすぐ満タンだけど…。

それどころじゃないよね。

こうしてる間にも
先生たちが おばけになっちゃう。

う~ん…。

お二人に 私の秘密
お話ししなければなりません。

Eたんの秘密?

♬~

えっ 何が始まるの?

これは この星で生きるための仮の姿。

え? え… どういうこと?
こっちが本体ってこと?

ラップみたいに言うなぁ。

Eたんの魔法を使わずに
歌でつながった方がいいってこと?

そういうこと。
あ これ 会話もできるんだ。

それじゃあさ
おばけも音楽に関係があるの?

じゃあ このまま魔法を使うと
Eたんも おばけになっちゃうの?

残念ながら。
そんな…。

そしたら Eたん
帰れなくなっちゃう。

それに あのおばけたち
放っとくと

生徒たちも襲っちゃうかもしれないし…
どうしたらいいの!?

必要なのは…。

♬「必要なのはパワー 歌のパワー」

♬「たくさんの心をつなぐ音楽のパワー」

♬「必要なのはパワー」

たくさんの心をつなぐ 音楽のパワー…。

♬~

♬~

おばけたち やりたい放題ね。

(アラーム音)

魔法をかけなければ…。

使わなくていい。

ピンポンパンポン。

生徒の皆様

今日の このあとの授業は
中止となりました。

直ちに下校して下さい。

なお 3年2組の生徒だけ
教室に集まって下さい。

ピンポンパンポン。

合唱やろうよ。

みんなで
歌の練習しよう。

そっか… みんなの気持ちがあれば

大きなパワーになるよね!

たん…。 たん たん…。

そんなわけで
合唱の練習をしようと思います。

いや 「そんなわけ」って何だよ?
なんで俺らだけ?

クラスの行事だから みんな協力して。

早く帰りたい。
めんどくさ…。

だって みんな
おばけになっちゃうかもしれないんだよ。

超おもしれえじゃん。
逆に なりた~い!

とにかく
僕らの歌のパワーで学校が救えるんだ。

歌のパワーって何?

とりあえず
曲をみんなで決めたいんだけど。

いや 決まってないのかよ。
てか 歌うとか普通にダサいんだけど。

帰ろ 帰ろ。 帰ろうぜ。
帰ろ? 帰ろ 帰ろ 帰ろ。

いや ちょっと待って…。
ちょっと みんな待ってよ。

歌わないとダメ!
じゃあね~。

ちょっと待ってよ!
ちょっと待ってって…。

バイバーイ。

頑張って。

(いびき)

早く歌わなきゃいけないのに…
学校の危機なのに…。

う~ん…。

あ そうだ。 家は大丈夫?

うん。 あのあと ちゃんと話せて
合唱大会は来てくれるって。

そっか よかった。

(ため息)

合唱… どうしよう。

元気出してよ。

いや そうなんだけど…。

でも こうなったのは僕のせいでもあるし。

♬~

♬~

ちょっと…。
え?

「え?」じゃなくて。
今 2人だけにしてあげなさいよ。

でも歌ってるから。
やぼねぇ。

ね? いい時間なの。

♬~

(拍手)

この前 音楽で励ましてもらったから
お返し。

ありがと。

武井さん。
チハルでいいよ。

チハ… ル…。

あ そうだ!
合唱で歌う曲 思いついた。 ほんと?

うん。 この歌なら おばけも聴くし
みんなも歌ってくれる。

コウキ なんか頼もしくなったね。
えっ… そんなことないよ。

てれてるんですね~!

あっ いつからいたんだよ。 うるさいよ。

ちょっと いいから…。

あとは若いお二人で。

ちょっと
お母さん そういうことじゃないから。

ウフフ…。

ハハッ。
フフッ。

グワァァァ!

おばけ 職員室から出てきちゃったんだ。

えっ!? 何これ… 文化祭?

ねえ 今日 朝から合唱の練習やるからね。
いや それどころじゃないだろ。

いや ちょっと!

どうやって みんなを集めれば…。

半分もいないね。

でも とりあえず やろう。
よし…。

今から 合唱する楽譜を配ります。

ここ 武井さん… チハル お願い。
僕 他のみんなを呼んでくる。

♬~

ちょっと待って… ちょっと待って!

ちょっと!
学校を救うためにも手伝ってほしいんだ。

大事な友達も
これで助かるかもしれなくて… お願い!

でもさ あれには関わりたくねえな。
だよな。

行こう 行こう。
ちょっと待って!

♬~

フレー… フレー…

コウキ…。

ねえ 練習する生徒って これだけ?

えっ? あ…。
怖いから早退したいんだけど。

私も。
違うの 今 頑張らないと…。

(戸の開く音)
(ヒサト)待たせたな。

みんな連れてきてやったぞ。

俺は コウキを信じる。

ヒサトが そう言うなら。

ヒサちゃん… ありがとう。

歌のパワー だろ?

♬~

じゃあ いきます。

♬~(伴奏)

♬~ さん はい!

(生徒たちの小さい歌声)
♬~

(ヒサトの大きい歌声)
♬~

♬~

♬「ランランラ ランランランラン
ランランランラン」

♬「ランランラ ランランランランラン」

♬「ランランラ ランランランラン
ランランランラン」

♬「ランランラ ランランランランラン」

♬~

♬「ラララ ラララ ララー」

(一同)イエーイ!
(拍手)

(担任)走るな!

♬~

それじゃあね。
気を付けてね。

ありがとうございます!
ご迷惑をおかけしました!

本当に お世話になりました。

うん 楽しかったよ。 ありがとう。

コウキ ちゃんと言いなよ。

う~ん…。

コウキ!

♬~

♬「夢のないあなたへ」

♬「この歌をとどけよう」

♬「愛することの
喜びを知る」

♬「魔法じかけのこの歌を」

♬「知りあえたあなたに」

♬「この歌をとどけよう」

♬「今後よろしく
お願いします」

♬「名刺がわりに
この歌を」

♬「別れゆくあなたに」

♬「この歌を
とどけよう」

♬「淋しい時に歌ってほしい」

♬「遠い空からこの歌を」

♬~

♬「ルルルルー」

♬~

隙間 なくなっちゃったね。
うん。

合唱大会の練習 頑張んなきゃ。
うん。

ねえ さっきの いい歌だったね。

ああ 「切手のないおくりもの」って歌だよ。

何これ!?
ねえ 音 止まんないんだけど。
♬「けんかもしたさ なかまだもんな」

呪われてんじゃん? 怖い 怖い!
♬「なかまなかまなかま」

えっ!?
ううっ!
わあ!

ハハッ イヒヒヒヒッ イヒヒヒヒヒ…。

あ あ あ… あ~あ~ あ~あ~。

ごめんね 驚かして。 ウフフ。

ひとつ お願いがあるんですけれども…。
君は誰!?

あ Fたんです。 Fたん。

実は 帰れなくなってしまいまして。

現状的に。

ええ~!? ええ~!?