ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第188話 風吹ジュン、橋爪功、清野菜名… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #188 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 一同
  2. 住職
  3. 文子
  4. 晴子
  5. 丁寧
  6. 秒針
  7. 里子
  8. テレビ
  9. 根来
  10. 本当
  11. ハットリ
  12. フフッ
  13. 一家
  14. 一族
  15. 何年
  16. 解説書
  17. 紀子
  18. 見張
  19. 公一兄
  20. 公次兄

f:id:dramalog:20191226172419p:plain

『やすらぎの刻~道 #188 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #188 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
家出してきた木宮詩子(渡辺早織)を、しのぶ(清野菜名)が家に置いてあげようと言い出したことに、根来しの(風吹ジュン)と公平(橋爪功)は驚いていた。そんなある日、「瞬間湯沸かし器」のあだ名を持つ詩子の父・木宮巌(梨本謙次郎)が根来家に乗り込んできて…!?平成3年の年の瀬が迫ってきたころ、翔(菅谷哲也)たち孫一同は日頃お世話になっているお礼として、しのと公平に“除夜の鐘”をプレゼントする計画を練る。
◇出演者
風吹ジュン橋爪功清野菜名田中哲司菅谷哲也秋元才加戸塚祥太A.B.C-Z)、山本圭ミッキー・カーチス
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
阿部雄一
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(根来公平)〈平成4年の年の瀬が

小野ヶ沢の村に迫ってきていた〉

〈その頃 静岡から長野へ抜ける
高速道路が

この小野ヶ沢を
貫通するかもしれん

という噂が入ってきて
わしらを びっくりさせた〉

〈便利になるのは結構だが

ふるさとの景色が壊されるのは
なんとも寂しい話だった〉

♬~

(一同)よいしょ! よいしょ!

(根来克夫)もう1回!
(一同)よいしょ! よいしょ!

〈久しぶりに
にぎやかな大みそかじゃった〉

〈大泉からゴウの一家が来て

そこへ圭たちの一家も加わり

おまけに 甲府から長女の晴子も
病院を休んで帰ってきてくれた〉

〈孫も加わって 大騒ぎよ〉

〈孫たちも
みんな 大きゅうなって

すっかり もう
それぞれ一人前じゃ〉

(根来あい)古い道具が
こんなにあったんだ。

(根来みどり)ねえ。
あんたたち 見たの初めて?

(根来 結)初めて!

昔はね 大家族だからね。

ああ… 何年ぶりに
これは出したんだろうねえ。

(根来文子)おばあちゃん!
はい。

(文子)これで おしまいです。
あっ じゃあ 手分けして

一つずつ
丁寧に洗ってちょうだい。 ねっ。

(一同)はーい。
(晴子)丁寧に扱うのよ 一つずつ。

傷つかないかな?

ああ 晴子 お鍋の中に
お煮しめ入ってるからね。

はい。

文子さん それ終わったら
このお重箱に移してね。

わっかりました~。

母さん 乱暴に扱っちゃ駄目よ。

丁寧にやってるでしょ!

母さんの丁寧は荒っぽいの!
うるさい子だ…!

(結)あーっ!
しっ!

(みどり)ああ しのぶちゃん
これ 上へ上げといて。

はーい。

あいちゃん これ 持ってって!
きれいに洗って。

わっかりました~!

おうおう
ごめん ごめん ごめん…。

〈家中
久しぶりの大騒ぎじゃった〉

〈女三人寄れば かしましい
っていうが

女が8人も集まっとるんじゃ〉

〈いや かまびすしい
かまびすしい!〉

じいちゃん!
あっ?

もう うろうろしないで
そっちに座ってる!

はい!!
(文子)いい返事だ!

(文子)結 あんた 見習いなさいよ。
はい!!

〈文子に怒鳴られても
幸せだったよ〉

〈何しろ
一族が これだけ集まるのは

そうよなあ…〉

〈里子の結婚式以来か〉

(剛)こう 入れ込んで…。

それで最後に… よし!

はい できた。 完成。
(圭)おお。

(剛)やってみろ。
(圭)ここで…?

それ いって… そんで…。

(克夫)よいしょ!
(荒い息)

おい うまくいってるか?
(根来湧郎)フフッ… オッケーだ。

今 ハットリとカワスミが
セット中だ。

(走る足音)
(根来剛太)おい おい おい!

祥恩寺の本部
見張り立てたほうがいいぞ。

(克夫)えっ どうした?
住職が 境内 掃除始めた!

(翔)えっ…!

女を見張りに立たせよう。

俺が行かせる。

(翔)ああ おばさん。
ご苦労さま。 うん。

すぐ寺へ行け。
どうしたの?

住職が うろついてる。
追っ払え!

えっ…!
(結)どうしたの?

寺へ行け。
(結)えっ どうしたの?

しのぶに聞け!

(晴子)手ぇ間に合ってる?

(あい)間に合いすぎ!
(晴子)うん。

(あい)結ちゃん しのぶちゃん。

結ちゃん 行こう!
うん!

ん…?

(結)こんにちは~!

和尚さん 私がやる!
おお…。

お掃除なんて
お年寄りがやっちゃ駄目!

こういうのは若いもんのやる事。
ねっ? ウフフフ…。

(住職)そうか すまんな。

任せて!
(住職)うん うん。

ええ…。

おっ!? あれ…?

(しのぶ)アハハハハ…!

(住職)ハハハハハ…!
公平さんとこの お孫さん?

うん。 しのぶです。

どちらのお子の お嬢さん?

里子の娘です。

おお~ 里子さんの。
フフフ…。

多すぎて 名前が覚えきれん。

いただきまーす!

(賑やかな話し声)

(賑やかな話し声)

(圭)テレビは どうしたのよ?
じいちゃん テレビは。

ああ あれは
押し入れに大事にしまってある。

これだ!
(一同の笑い声)

せっかく買ってあげても
これですからねえ。

テレビ あっても
見なけりゃ意味ないでしょう!

こないだ贈ったのは
大画面ですよ!?

フン! 見んもん!

じいちゃんに言ったって
無理だよ!

うちが買ってあげた掃除機だって
全然使ってくれないんだもん!

あっ あれも
大事にしまってあるから。

(文子)しまうもんじゃないでしょ
使うもんでしょ!

おじいちゃんたちには
何贈っても無駄よ。

大体 使い方がわからんもん。

だから
説明書が付いてたでしょ?

その解説書が
読んでも わからんもん。

読んでやったじゃない!
んっ?

どこにやったの? 解説書。

ああ… あれ ほかした。

これだ! ハッハッハッ…!
(一同の笑い声)

(結)おばあちゃん!
(しのぶ)一緒に食べよう!

〈久しぶりに
楽しい夜じゃった!〉

〈本当に何年ぶりじゃろうか〉

〈一族が これだけ集まるのは〉

〈竜と健のとこは
来れんかったけどな〉

〈それに 里子もじゃ〉

〈しのも
久しぶりに幸せそうじゃった〉

〈わしゃ 少し
酒を過ごしたようじゃ〉

〈11時半に初詣に出た〉

うう… 寒いよ。

〈うちの初詣は
時間がかかるんじゃ〉

〈まず 鎮守様にお参りをして…〉

(かしわ手)

〈それが終わると

祥恩寺へ 鐘を突きに
行ったもんじゃったが…〉

〈今は もう 突く鐘が
なくなってしもうたから…〉

今年もお世話になりました。

(公平・しの)
ありがとうございました。

(住職)いやあ 皆さんで。
こちらこそ ありがとう。

来年も
いい年になりますようにね。

〈住職にあいさつをして

閼伽桶をお借りし 墓地へ向かう〉

♬~

♬~

みんな
お墓に入ってしもうたのう…。

親父 お袋。

公一兄さん 公次兄さん
三平兄さん。

もう 誰も知らんじゃろう。 ええ?

ああ…。

♬~

公次兄さんは戦死した。

三平兄さんは 戦争が嫌で
屋根に上がって自殺した。

(あい)本当?

ああ。

そうだったんだ…。

♬~

本家の墓にも線香をあげとこう。

鉄兵兄さんが眠っとる。

(秒針の音)

ああ そうじゃ。
あっちは ニキビんちの墓じゃ。

紀子さんを葬った。

(秒針の音)

紀子さんちゅうのはな…。

(秒針の音)

公一兄さんが好いとった人じゃ。

(秒針の音)

(鐘)

なんじゃ? 今のは。
嘘でしょ…?

(鐘)

(鐘)

(鐘)

(鐘)

(鐘)

あっ 翔! 翔! 翔…!

(しのぶ)おばあちゃん…!
(翔)大丈夫? おばあちゃん。

(鐘)

(鐘)

(鐘)

「(鐘)」

「(鐘)」

(鐘)

「(鐘)」

♬~

(翔・しのぶ)おばあちゃん
明けましておめでとう。

ああ… おめでとう。 フフッ…。

♬~

「(鐘)」

「(鐘)」
(ハットリ)おお! よっしゃー!

「(鐘)」

(あい)せーの…。

(一同)おじいちゃん
明けましておめでとう!

「(鐘)」

お… お… おめでとう…!

(一同)ハハハハ…。

♬~

〈その大みそか
一生忘れん!〉

♬~

「(鐘)」

♬~

〈誰が一体 仕組んだものか…〉

♬~

〈あんなプレゼントは
もろうた事がない〉

「(鐘)」

ぐっ… うう…!

しのぶが おらんようになるのは
本当 つらいのう。

(剛)しのぶが
福島へ行ってしまうのに

一番ショックを受けてるのは…
翔のほうじゃないかな。