ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第187話 風吹ジュン、橋爪功、清野菜名、柳生博… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #187 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ハゲ
  2. ハットリ
  3. 湧郎
  4. カワスミ
  5. ニキビ
  6. ライン
  7. 高速道路
  8. 水道管
  9. 舗装
  10. ゴウ
  11. スピーカー
  12. 計画
  13. 克夫
  14. 文彦
  15. 便利
  16. 本当
  17. オッケー
  18. キー局
  19. サビ
  20. タイミング

f:id:dramalog:20191225145849p:plain

『やすらぎの刻~道 #187 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #187 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
家出してきた木宮詩子(渡辺早織)を、しのぶ(清野菜名)が家に置いてあげようと言い出したことに、根来しの(風吹ジュン)と公平(橋爪功)は驚いていた。そんなある日、「瞬間湯沸かし器」のあだ名を持つ詩子の父・木宮巌(梨本謙次郎)が根来家に乗り込んできて…!?平成3年の年の瀬が迫ってきたころ、翔(菅谷哲也)たち孫一同は日頃お世話になっているお礼として、しのと公平に“除夜の鐘”をプレゼントする計画を練る。
◇出演者
風吹ジュン橋爪功清野菜名柳生博戸塚祥太A.B.C-Z)、菅谷哲也山本圭ミッキー・カーチス
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
阿部雄一
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(逸子)お世話になりました。

(木宮詩子のすすり泣き)

(根来公平)〈詩子さんの一件が
やっと落着して

彼女は 家に帰っていった〉

(翔)考えてたんだ。
おじいちゃんと おばあちゃんに

孫全員からプレゼントできんか
って思ってな。

何をプレゼントするの?

カネよ。

〈だが その頃

翔たち孫どもが
みんなで集まって

一つの陰謀を企ててた事に

わしらは
全く気づいていなかった〉

♬~

〈暮れが押し迫ってきて

小野ヶ沢の村にも なんとなく
慌ただしい気配が漂った〉

〈正月が近づくと わしらは
鎮守様の大掃除をした〉

〈昔から これは年寄りの仕事で

気がつけば わしらも
そういう年になってきたんじゃ〉

よし 終わった!
おう! こっちも終わった!

いやいやいや…
雑巾がけは腰にくるな。

えっ?
まったくな。 ハッハッハッ…。

うっ… ああ~っ…!

お前らさ
ションベン近くならんか?

(ニキビ)なった。
夜中に3回は起きるよ。

(ハゲ)それは お前
前立腺 悪いんだよ。

(ニキビ)えっ? 前立腺
(ハゲ)ああ。

あれは お前
使わんと駄目になるそうじゃぞ。

使わんとか。
ああ。

あの… 水道管っての あるだろ。
あれと同じなんだそうだよ。

(ハゲ)水道管?

水道管ってのはさ あの…
使わんと 中にサビが出て

水が汚れるんだそうだ。
(ハゲ)ああ。

だから あれと同じそうなのよ。

ほう… 誰が言ったの?

えっ?
だから 町村病院のドクターだよ。

あれ ヤ… ヤブだぞ。
うん ヤブだ。

えっ?
だけど 言ってる事はわかるぞ。

うん。 まあ 理屈はな。

水道管は使わにゃサビる。
うん…。

だけど どうやって使うんじゃ?
(ハゲ・公平)えっ?

んっ? もう使えんのだろう?

うん…。

(ハゲ)ああ…。

ああ…! 冷えてきたな。

ああ… 中へ入ろうか。

ああ。
入ろう 入ろう。

あっ… そういや
道が舗装される話 聞いたか?

どこの道じゃ?
町から ここへ上がってくる道よ。

えっ!
あの道が ついに舗装されるの?

うん。 来年の春には
工事が始まるらしいよ。

へえ~… あの道がねえ。
(ニキビ)うん。

いよいよ アスファルト
じゃあ。

(ハゲ)だけどさ
こういう説があるの知ってる?

んっ?

(ハゲ)国はさ
奥の村が不便だろうから

それで道を舗装しようと
こう してくれるわけよ。

(ハゲ)ところが その道を通って

若い人たち
みんな 出ていっちゃって

町へ働きに行っちゃうんだよ。

で 気がついたら その奥の村は
過疎地になってるわけよ。

〈嬉しいような
ちょっと寂しいような話だった〉

〈幼い頃から ずっと通い慣れた

小野ヶ沢への道が
きれいになる〉

〈ふるさとの景色が
変わってしまう〉

(根来 圭)道が舗装されるだけじゃ
ないらしいぞ!

(圭)あの道をまたいで 高い所を
高速道路が通る計画があるらしい。

高速道路が!?
ああ。

静岡から長野へ抜ける高速道路が
走るらしい。

ええっ! どこら辺りを?

(圭)5段棚田の下のほうから

なみだ橋の辺りで
あの道をまたいで

麻地峠のほうへ抜ける
っちゅう話だ。

用地の買収が だいぶ前から
こっそり計画されてたらしくてよ

だいぶ前から 買収される辺りを
犬山 望月 花田の御三家が

買いあさっとったっちゅう噂が
流れとる。

本当か!
ああ。

それに便乗した荒木のおやじが

あそこらの休耕地を
手に入れたらしい。

道路公団に高値で売って

がっぽり儲けようって
気じゃないのか?

ああ~… 高速道路がねえ…。

ああ… なんだか嫌ですねえ。

だけど 山淵に
インターチェンジができりゃあ

東京へは ずっと便利になるよ。

便利になあ…。

〈便利になるのは
良いとも言えたが

昔からのふるさとが
変わってしまうのは

ひどく寂しい事にも思えた〉

荒木さん 本当かね?

あの… 高速道路ができるって
本当かね!?

さあ…
わしゃ なんも聞いとらんがね。

危ないよ。

(根来湧郎)当たりつけたぞ。

(根来克夫)その電気屋か?
(湧郎)ああ。

(克夫)協力するってか?

ちょっと
そいつの弱みを握ったんでな。

脅したら 渋々オッケーした。

弱みって なんだ?

大泉高校の女子高生とな
ひそかにヤッてるっちゅう

巷の噂よ。
ありゃ!

(湧郎)その野郎
女房が ちゃんといるんだよ。

悪い奴だ!
うん 悪い奴だ。

だけど 工事の腕前は確かだ。

(湧郎)甲州放送の技術の奴も
仲間に引き入れた。

そいつも脅したのか?

いや そいつは いい奴だ。

電気屋の親友で
協力を申し出た。 うん。

俺たちの計画に
賛同してくれてな。

ラッキーじゃねえか!
おお ラッキーだ。

あっ 今度の日曜
2人で下見に来る。

なんていう奴なんだ?
その悪いほうの奴は。

ハットリっていう奴だ。

おう。

ハットリだ。

ハットリです。
甲州放送のカワスミさん。

(カワスミ)どうも。

よろしくお願いします。

♬~

(翔)あれです。

♬~

(ニキビ)あっ?
あっ… なんか あるんかい?

(ニキビ)うん?

あっ いえ… あの…
ちょっと テレビのロケの下見で。

テレビ? ああ ああ…。

あっ あっ あっ…!
誰? 誰が来るの?

女優さん 誰?

いや 来ません。 ねっ?
(湧郎)ああ。

♬~

(カワスミ)発信局にする本部が
欲しいんだけど。

本部?

あの それは どういう…?

(カワスミ)音源を流すキー局だよ。

キー局?

(カワスミ)人に見つからない
空き家かなんか ないかな?

♬~

(翔)ここです。

♬~

(克夫)どうですか?

うーん…
ちょっと離れすぎてるなあ。

スピーカーの所から本線を切って
こっちのラインに接続して

それを延ばさなきゃならないんだ。

(ハットリ)ここまでラインを引くには
遠すぎる。

どっか もっと他に
いい空き家ないか?

祥恩寺の物置小屋は どうだろう?

(文彦)あそこなら
ここより近いぞ。

行きましょう。

♬~

♬~

(文彦)ここ!

ここからスピーカーの距離
どのくらい?

100メートルくらいだと思います。

♬~

オッケー!

はあ… ホッ!
はあ よかった。

(ハットリ)ここがスピーカー。
ここが基地。

ここから ここまで
ラインを引いて

基地の中に
レコーダーとアンプを置く。

テープは?
用意した。

韮崎の大妙寺の鐘の音

去年 録ったもんだから
音質もいい!

それをレコーダーにセットして
こいつがタイミングで…。

でも これ やばいぜ?

盗電は立派な犯罪だから
見つかったら 俺…。

ハットリ!

例の事 みんなに
バラしちゃおうかなあ。

ハッハッハッハッ…!
恵子さん どんな顔するかなあ?

(ため息)

こいつが
タイミングでスタートする!

夜中の12時ジャスト!
(湧郎)そう。

絶対に1秒も狂わないでください。
(ハットリ)わかった。

まず その前に
ラインの切り替えな。

あんたが本線をプツンと切って。
ピリッと こないの?

こないけど 一瞬
ラインを切り替える時に

停電するかも。

うん。 餅つきは
明日の2時だからな。

(2人)うん!
うん。

久しぶりねえ ゴウのところが
みんな来るなんて。

どういう風の吹き回しかな。
ねえ!

えっ 圭のところの家族が加わると
何人になるの?

うーん 孫だけで…。
(せき払い)

うーん…
みどり あい 剛太に湧郎

圭んところが
克夫に文彦 圭司に結

翔と しのぶが
そこへ加わったら…。

あれ? 10人よ!
おお!

えーっ!
それに親が加わったら…。

(ハウリングの音)

あっ… なんの音!?
びっくりした!

アッハッハッ… えっ 何?

ゴウと それから
ゴウの奥さんと…。

〈久しぶりに
家に孫たちが集まる〉

フフフフ…!
(しのぶ)すごい いっぱいいる。

晴子に里子に…。

♬~

〈今夜は 嬉しくて
眠れそうになかった〉

(鐘)