ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

おっさんずラブ 第8話 最終回 山崎育三郎、田中圭、千葉雄大、戸次重幸… ドラマのキャスト・主題歌など…

おっさんずラブ -in the sky- #8/天空のメリークリスマス』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. キャプテン
  2. 春田
  3. 四宮
  4. シノ
  5. 緋夏
  6. 本当
  7. お前
  8. 自分
  9. お疲れさ
  10. 獅子丸
  11. お願い
  12. 成瀬
  13. 拍手
  14. 怜二
  15. お父さん
  16. パイロット
  17. 黒澤
  18. 今日
  19. 最後
  20. ハハッ

f:id:dramalog:20191222094809p:plain

おっさんずラブ -in the sky- #8/天空のメリークリスマス』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

[終]おっさんずラブ -in the sky- #8/天空のメリークリスマス[字]

おっさんの青春ついに完結!突如告げられた黒澤(吉田鋼太郎)のパイロット引退。人を愛するとは一体どういうことなのか-。春田(田中圭)が着陸する愛の終着地はいかに!

詳細情報
◇番組内容
社会現象を巻き起こしたおっさん同士のピュアラブが、舞台を“空”に生まれ変わる―!
ポンコツ新人CA春田(田中圭)はある日突然、機長の黒澤(吉田鋼太郎)に絶叫告白をされる!さらに、同じ寮で暮らす副操縦士・成瀬(千葉雄大)、整備士・四宮(戸次重幸)を巻き込み、おっさん同士のテラスハウス…ならぬラブバトルに発展…?
人を好きになるとはどういうことなのか―?令和最初の冬に、新たな恋の乱気流が吹き荒れる!
◇出演者
田中圭千葉雄大、戸次重幸、佐津川愛美、木﨑ゆりあ、鈴鹿央士、片岡京子、MEGUMI、正名僕蔵吉田鋼太郎
【ゲスト】山崎育三郎
◇脚本
徳尾浩司
◇演出
瑠東東一郎
◇音楽
河野伸
◇主題歌
sumika『願い』(ソニー・ミュージックレーベルズ
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】三輪祐見子テレビ朝日
【プロデューサー】貴島彩理(テレビ朝日)、神馬由季(アズバーズ)、松野千鶴子(アズバーズ
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove-inthesky/
☆Twitter
 https://twitter.com/ossans_love
☆Instagram
 https://www.instagram.com/ossanslove/
☆Instagram『武蔵の部屋』
 https://www.instagram.com/musashis_room/

 

 


(黒澤武蔵)春田くんの事を

好きになってもいいですかーっ!
(春田創一)《えっ?》

(四宮 要)迷惑だ!

(成瀬 竜)初めてフラれたんです。
優しすぎますよ 本当。

寮を出ていく事にしたから。

パイロットを辞める事にした。
さよならだ 春田。

♬~

(獅子丸怜二)おう 春っぴ。
怜二! 怜二!

ちょ… 怜二 怜二 怜二 怜二…!
痛い 痛い…。

痛い 痛い 痛い。
何? 何? 何?

なんでさ… キャプテンが
パイロット辞めるの?

これも 改革の一つとか?

違う。

俺だって びっくりしたんだから。

突然ですが… パイロットを
辞めさせて頂きたいと思います。

理由は… パイロットとして

もう完全なフライトが
できなくなった。

自分に限界を感じたんだってさ。

なんだよ? それ…。

まあ 今 思えば

黒澤キャプテンが
春っぴを怒鳴った時には

もう パイロットは辞めるって
決めてたのかもしれないね。

♬~

すいません。
ん?

俺 この前 手繋いだりして。

いや 俺も…。

ごめん。

そのグラタン 4200円。

いや 高えわ!

この前より
高くなってんじゃねえかよ。

フッ…。 忘れた そんな事。
忘れんなよ。

シノさん どこいるんだろうな?

おいしい。
(橘 緋夏)うん!

上手に揚がってるねえ。
(緋夏)でしょ?

シノさん 本当に料理上手!
なあ!

泊めて頂いているお礼です。
どうぞ どうぞ。

(緋夏)寮 出てきたんだって。
泊めてあげていいでしょ?

いや あの…。
どうして 寮を出てきたんだ?

うまくいかないもんですね…。

あっ。
何?

よく考えたら 3人とも
春ちゃんにフラれた組じゃん!

えっ…!?
本当だ。

ねえ!
ハハハ… 本当だ 本当だ。

緋夏にはね もう全部 話した。
なっ?

うん。
フフフフフ…。

あの キャプテンは…
もう吹っ切れたんですか?

もちろん その 一抹の寂しさ
みたいなものはあるけど…

なんていうのかな?

春田に対する
感謝の念みたいなものが

こう 湧き上がってきてて…。
感謝?

フフフフ…
よくわかんないんだけどね。

あの… キャプテンは
どうして そのような境地に

達する事ができたんでしょうか?

そのような境地とか
そんな大それた事…。

どうか 学ばせてください。
学ばせてって…。

キャプテンの その心意気を
どうか!

そんな… 何を言ってる…。
俺は このままじゃ

なんの役にも立たない
錆びたドライバーです!

おいおい おいおいおい…。
弟子入りさせてください!

弟子入りって なんだよ?
(四宮)どうか! どうか!

ちょっと… 何やって…。
どうかお願いします!

頭を上げてくれ。
(四宮)どうか! どうか!

頭を上げてくれ。 やめなさい。
(四宮)お願いします! どうか!

相わかった!

修業に耐えていく覚悟はあるな?

はっ!

人に会えば 人を斬り
仏に会えば 仏を斬る。

ついてこい。 錆びドラ!

これ なんの時間?

まだまだ 教えて頂きたい事
たっくさんあったのに…

どうして?

成瀬は
気づいていたんじゃないのか?

えっ?

(黒澤の声)悪天候の中
福岡に飛んだ事があったろう?

他社便は
次々と欠航を決めていますが…。

(黒澤の声)
似たケースでのフライトを

過去に経験していた俺は…。

これぐらいなら飛べるだろう。

(黒澤の声)
だが 結局 悪天候のまま

目的地に降りる事ができなかった。

羽田に… 引き返す。

でも あれは結果論ですよ。
あの難しい状況で

天候を100パーセント読みきれる
パイロットなんて いないですよ!

そうじゃないんだ。

俺は 自分の経験を最優先して
判断してしまった。

仲間の話に耳を傾けずに。

それは 俺が理想としてきた
パイロットの姿じゃないんだ。

そんな自分を… 許せないんだよ。

♬~

(根古 遥)
えっ 緋夏ちゃん シノさん…

キャプテンも?

えっ キャプテンも
春田にフラれたの?

いや まあ そういう事もあるか。
令和だしね。 ねえ。

お父さん 私には黙ってても
よかったのに…。

律義に
全部 話してくれたんですよ。

うーん…。 まあ それは

ちゃんと
娘と向き合ったんじゃないの?

…はい。

で… 緋夏ちゃんは
お父さんに どう応えるの?

キャプテン…。
ハハハハハ。

本当に もう… 春田は

表情がコロコロ変わって面白いな。
ハハハハハ…。

いや 俺は…
もっと勉強して 経験積んで

いつか グレートCAになるって
決めたんです。

だから キャプテンからも

もっと教わりたい事
いっぱいあったのに なんで…。

いや どっちみち
お前がグレートCAになる頃には

俺は もう とっくに引退してるよ。

そりゃ
そうかもしんないですけど…。

そうだよ。
(くしゃみ)

おお おお…。
風邪 引いちゃう。 なあ。

このマフラー 長いんだよ。
ほら~。

フフッ あったか~い。

ああ~…!

ちょ ちょ ちょ ちょ…
キャプテン… キャプテン!

キャプテン ちょ… ちょっと
離れてくださいって

ツッコむとこだろ 普通。

キャプテ~ン!

もう…。 離れろ。

ほら。 これ
あったかいマフラーなんだよ。

辞めないでくださいよ。

はい これで万全だ。 行くぞ。

〈ご搭乗の皆様に申し上げます〉

〈当機は ついに
着陸態勢に入った模様です!〉

〈ですが 愛の終着地は
まだ見えておりません!〉

〈一体 どこに着陸すれば
よろしいのでしょうか!?〉

♬~

♬~

♬~

キャプテンのラストフライトって
クリスマスイブなんですね。

(十文字美冴)そうなの。
最後 どういうふうに

キャプテンを送り出してあげたら
いいのかしらね?

(有栖川民代)
機内販売を超頑張るとか。

(遥)それもあるよね。
(美冴)クリスマスカードを書いて

渡すとか?
それ いいですね!

千羽鶴とか折ります?
馬鹿じゃないの!

それ お見舞いだから。
すいません…。

(獅子丸)普通が一番だよ。

(遥たち)おはようございます。
普通って?

定刻どおり出発できるように
しっかり準備して

上空では
安全で快適なサービスに集中。

そして 最後は
お客様を気持ちよくお見送りする。

普通の事を当たり前にする事が
一番大切なんじゃないかな?

(美冴)確かに そのとおりね。
(遥)さすが 怜二。

そして あとは…
アルバムでも作ろうか。

(遥)ああ いいですね!
手作り感あふれてる…。

(獅子丸)じゃあ いくよ?
1枚 いくよ? はい チーズ。

(獅子丸)あれ?
撮れてない…。

ドバイにカメラなかったんですか?
(獅子丸)壊れたかな?

違う 違う。 開いてないって。
何を開けるの?

(道端寛太)あの シノさん。
(四宮)ん?

あ… あの 緋夏さんと
一緒に住んでるって噂を

聞いたんですけど
ほ… 本当ですか?

いや 緋夏ちゃんっていうか

キャプテンの家に たまたま
お世話になってるだけだよ。

ん? どうした? ミッチー。

あっ これ…
これ あの 99番って 僕の…。

これ 66番な。 上下 逆。
いや 大正解でした。 はい。

緋夏ちゃんって 何?
いやいや…。

いや… すいませんでした!
いや… いやいや…。

ハハハッ。 わかりやすっ。

(獅子丸)はーい。 はい 笑って。

違う。 その顔… その顔 嫌い。

ねえ ちょっと ちゃんと…。
ちょ… 何? その顔。

だってさ…。

俺だって 黒澤キャプテンには
まだまだ 乗ってほしいよ。

なんたって 会社を代表する
グレートキャプテンだもん。

だよね。

でもさ
辞めてほしくないっていうのは

春っぴのわがままでしょ?
えっ?

なんで
そんなに辞めてほしくないの?

いや だって… それはさ…!

最後ぐらい
笑顔で送り出してあげるのが

愛ってやつなんじゃないの?

愛…?

ほら いくよ。

♬~

土手!?

♬~

(成瀬の声)なんで
寮 出ていったんですか?

あなたがいないから
俺はグラタンを食うしかないし

春田さんは
俺のグラタン 勝手に食うし…。

責任 取ってくださいよ。

それより どうなんだよ?

春田とは うまくいってんのか?

はあ?

♬~

えっ マジで言ってんですか?

だから 俺は…!

なんで わかんないんですか!

すまん…。

ちょっと待てよ。

どこ行くんだよ?
寮 そっちじゃないだろ。

♬~

えっ… シノさんも成瀬も?

春田もか?
はい。

で… キャプテンは?

ハイヤーッ!!
えっ…?

キャ… キャプテン!
だ… だ…。

待たせたな。

お疲れさまです。
お疲れさまです。

こうして 我々が一堂に会するのも
これが最後かもしれない。

だから 思い残す事がないように

後顧の憂いがないように

お前たちに
伝えておきたい事がある。

題して 黒澤杯…。
あっ…。

相撲大会じゃーーーーっ!!

残った 残った 残った!

カモーン 四宮さん!

ハアーーーーッ!!

気合だ! …よいしょ!

さあ… この不幸体質整備士め!
うりゃあーっ!

己の中にくすぶっている感情を
解放してみろ!

(四宮)うわあーっ!!

私は後悔しています!

これまでの関係性を
失うぐらいなら

告白なんかせずに 私の中に
押しとどめておくべきだったと!!

ダーッ ダーッ ダーッ!
(四宮)うわっ うわっ…!

ああーっ! テイクオーフ!!

(四宮)うっ…!

馬鹿野郎!

人を好きになった自分を
否定してんじゃねえよ!

誰かを愛するって事は

素晴らしい事なんじゃ
ねえのかよ!

今の私には
この状況が苦しすぎます!

馬鹿野郎!

そんな事で苦しがっていたらな
わしは とっくに死んでおるわ!

馬鹿者が!!

次 成瀬さん カモーン!

貴様…!
隙あり!

このうつけ者め
わしを謀りよったな!

うっ… クソ!

だが そのような姑息な手段で
わしを倒せると思うか!?

この
自己完結型ビーフェイスめ!

ダアーーーーッ!!

おい 春田とは
どう向き合うつもりなんだよ?

ええ!? 好きなのかよ?
嫌いなのかよ? どっち!?

どっちだよ!
好きです!

好きだけど そういうのじゃ…。

うわあーーーーっ!!

ソフトランディング。

機長を目指すんなら

もっと周りを信用して
周りと話して

もっと自分を開け!

俺は開きすぎだけどな。

アッハハハハ…!

次 春田さん カモーン!

はい! よろしくお願いします!

ダアーッ!
うわあーっ!

ああーっ!
うーっ!

この… うわあっ…! ああーっ!
ああーっ!

マッスル甘えん坊将軍め!

ううっ!
あっ…!

お前に… お前に言う事はな…!

お前に言う事は…!
お前に言う事は…!

うわあーーーっ!!
あっ…!

何もない!
えっ…?

ちょっ… ちょっと!
キャプテン!

僕にも なんか言ってください!
お前に言う事はな…

何もない!
ああっ…! キャプテン…!

やだ やだ やだ!!
お前に言う事は 本当は…

何もない。
ああっ…。

春田ーっ! ああーっ!

フライアウェーイ!!

はあっ…!
ああっ…。

春田!
はい…。

自分で考えろ!

あっ… だから… なんで!?

自分で考えろ!

…はーい!!

自分で考え…!
わかったよーっ!!

お前ら… そろいもそろって
口ほどにもねえな!

全員まとめて
かかってこいやー!!

(四宮)ヤアーーーッ!!
ううーっ!!

♬~

きれいだなあ…。

キャプテーン!
おお…。

キャプテーン!
(四宮)師匠~!

おいおいおい…
なんなんだよ もう おい!

いい年して お前ら いくつだよ?
30です!

35です!
41です…。

みんな おっさんじゃねえかよ。

ハッハッハッハッ…!
(四宮)師匠~!

♬~

ちょっと待って 待って 待って
待って 待って シノさん!

(四宮)ん?
超絶うますぎ~!

ハハハ… 誰だよ? それ。
いや わかんない。

いっぱいあるから どんどん食え。
めっちゃうまい!

♬~

おおっ! ニンジン食った!

えっ… マジか。
おお…!

うざっ。 ニンジンぐらい食うわ。

どの口が言ってんだ お前。
この口だよ!

じゃあ ほら 俺のも食えよ。
ああっ 待って!

いいから食えって いいから…。
じゃあ しょうがない…。

俺もやるよ! ほら。
(四宮)ハハハハ…。

食えるし。

おおーっ!!
おおーっ! 成長。

成長してんな。 ハハハハッ…。

いや もう やけ食いじゃねえかよ。
ハハハハ…。

んっ んっ… シノさん おかわり!
いや 自分でやれよ。

やりまーす。
なんだよ そのテンション…。

うめえーっ!!

(四宮)いつから食えんの?
秘密。

お父さん お話があります。

どうしたんだよ? 改まって…。

今まで 本当に
お世話になりました。

ええっ!? なんだ お前…
結婚すんのか!?

えっ… なんでよ?
だ… 誰だ!? 相手は!

お父さん…
お父さん 知ってる人か…!?

あの… 会社は?
そうじゃない 違う 違う…。

年収は?
お父さんの話!

えっ!?

パイロット生活 お疲れさまです
って事。

ああ~!

ああ~…。

ああ… そうか…。

ありがとう。

あと もう一つ。

ん?

春ちゃんの事 話してくれた時

最初は 嘘でしょ! って思ったし

ちょっとパニックにも
なっちゃったけど…。

…うん。

でも お父さんはさ

いつでも 自分の事より
私の事を一番に思ってくれてた。

だから 今度は

私が お父さんの第2の人生
全力で応援する!

緋夏…。

(机をたたく音)

飛べーっ! 黒澤武蔵ー!!

ハハハッ!
黒澤武蔵 飛びまーす!!

まーす!!
ブ~ン…!

(2人)ブ~ン…!

シノさん ごちそうさまでした。
(四宮)うん。

つうかさ キャプテンの家で
何やってたんすか?

フッ… う~ん…

いいおっさんになるための授業を
受けてた。

ん?

塾だよ 塾。

魁… おっさん塾だよ。

全然 意味わかんないんすけど…。
いや 『男塾』知らないの?

いや 知ってますよ。
知ってんじゃん。

そういう問題じゃないでしょ…。

でも キャプテンって
すごいっすよね。

すげえよ。 普通 おっさん集めて

相撲なんかしようなんて
思わねえだろ。

(2人の笑い声)

でもさ めっちゃくちゃ俺たちの事
考えてくれてんだよな。

そうなんすよね。

シノさん。
(四宮)ん?

今度 シノさんの
チーズハンバーグが食べたいです。

なんだよ? 急に。

なんか
トロ~ッとしたのがいいなって。

フッ… 残念。
お前のリクエストは もう聞かん。

…なんで!?

甘えるな!
ちょちょちょちょ…!

シノさん シノさん シノさん!
チーズハンバーグが食べたい!

だから 甘えるなって。
お願い お願い お願い お願い…。

お前 だから 甘えるなって…。
いや… だって 作れないもん 俺!

おっ… どうした?

コンビニ行こう。
ん? 俺?

♬~

いやいやいや… えっ?
うん。

いや 「うん」じゃなくて。
俺 欲しいのないんだけど…。

まあ まあ… うん まあ いいけど。
な… な… 何?

ああ…。 明日
ラストフライトじゃないですか

黒澤キャプテン。
うん…。

うん…。 だから まあ…

お互い いつもどおり
頑張りましょう。

あっ… うん。

えっ? えっ? それ… えっ?
そ… それ言うためだったの?

いや…。
えっ お前 そんなキャラだっけ?

人の事 なんだと思ってんだよ!
馬鹿たれ!

失敗すんじゃねえぞ! 馬鹿たれ!

うるせえな。

ハハッ…。 そのね
よくわかんないキャラのほうが

成瀬っぽいよ。

そう…?
うん。

最近 俺 周りに
変わったって言われるんですよね。

ああ… うん。 まあ… うん。

多分 それ… 春田さんのせいです。

いや…。

今のほうがいいみたいなんで

なんか
ちょっと心外なんですけど…。

えっ? な… 何?
それは感謝なの? 文句なの?

感謝文句。

なんだ? それ。
フフッ…。

あのね…。

今までの俺だったら
何も考えずに

春田さんとも
軽く付き合ってたと思うんです。

でも… でもね

俺にとって 春田さんは

大切な人だから…。

だから… それはできない。

できない…。

うん…。

誰かを大事にしたいとか

本当に好きだ
って思う気持ちとか

逃げないで向き合う
かっこ良さとか

そういうの
いっぱい教えてくれたのは

あなたです。

だから… 春田さんの事

尊敬してます。

ありがとうございます。

♬~

♬~

(背中を軽くたたく音)

フッ…。

明日 よろしく。

泣いてんじゃねえよ。

泣いてないし。

♬~

成瀬。
ん?

ありがとね。
フフッ…。

たださ もうちょっと
尊敬してもいいよ。

もう してんじゃん。

♬~

(烏丸孫三郎)今日は
クリスマスイブ・フライトですね。

うん。
天候は 問題なく良好です。

そうか よかった。

ですが… 私の心は 雨模様です。

ハッピーでグレートでホーリー
フライトになりますように。

ありがとう。

(2人)ディスパッチ!

ありがとうございます。
いってらっしゃい。

いってきます。

今日は 私にとっては
最後の乗務になりますが

いつもどおり
安全第一でいきましょう。

(一同)はい!

(遥)本日は… ええ…。

(遥)すいません…。
(民代)根古さん…。

(遥)ええ… 173名のお客様に
ご予約を頂いてます。

天候は問題なし。
エンルートも良好。

何かありますか?

はい!
ん?

あの… 今日の機内アナウンス
俺にやらせてください。

お願いします!

♬~

(春田の声)
ご搭乗の皆様に申し上げます。

今日も 天空ピーチエアライン
松山行き309便をご利用頂き

誠にありがとうございます。

この便の機長は 黒澤
チーフパーサーは 十文字。

そして 私
CAの春田でございます。

本日は 機長の黒澤にとって…。

最後のフライトとなります。

大変 恐縮ではございますが

ここで お客様に
グレートキャプテンについて

少しだけ ご紹介させて頂きたいと
思います。

えっ?

黒澤キャプテンは
本当に めちゃくちゃな人で…。

おいおい…。

この間も みんなを土手に集めて
いきなり こう…

よし 相撲を取ろう!
って言い出して。

(乗客の笑い声)

ちょっと 何言ってんだろうなとは
思うんですけど…。

そこで
お互い 本気で ぶつかり合って

いっぱい笑って 泣いて…。

そうやって また 一つずつ
絆が強くなっていって…。

僕たちクルーは キャプテンに
たくさん愛された分

自分たちも 誰かを愛したい

幸せにしたいって思って

今 ここに こう
立っていられるんだと思います。

あっ… ちょっと

何言ってるか わかんなくなって
きちゃったんですけど…。

えーっと…。

本日も みんなで責任を持って

お客様を
目的地まで ご案内致します。

どうぞ 快適な空の旅を
お楽しみください!

(拍手)

余計な事 言いやがって…。
ハハッ。

(拍手)

「(管制官の英語)」

クリアード フォー テイクオフ。

クリアード フォー テイクオフ。

♬~

コックピットから機長の黒澤です。

「先ほど CAから

あまりにも長すぎる
あいさつがございましたが…」

(乗客の笑い声)

私が 最も信頼するクルーたち
そして…。

「お客様と共に見る この景色は

一生 忘れられないものになると
思います」

30年間の感謝を胸に

今日も 精いっぱい
務めさせて頂きます。

それでは 皆様
メリー クリスマス。

(拍手)

♬~

(獅子丸)変わらないですね…
空は いつもと。

ですね。

♬~

(一同)
キャプテン お疲れさまでした!

ありがとう。

(拍手)
ありがとう。

ありがとう ありがとう
ありがとう。 ああ…。

ハハッ…。 ありがとう。

ありがとう!

(拍手)

キャプテン お疲れさまでした。

獅子丸さん ありがとう。

(拍手)
(獅子丸)お疲れさまでした。

パイロット生活30年間
お疲れさまでした。

はい。
おおーっ!

ありがとうございました。

コーヒー1杯しか
売れませんでした。

ファイナルディスパッチ。

ディスパッチって なんなんだよ?

(一同)ディスパッチ!

お疲れさまでした。

覚悟はできたか?

はい。

俺が機長になった時には

お客さんとして
一番に乗って頂けますか?

もちろんだ。

♬~

ありがとうございました。

(拍手)

すいません すいません。

これを渡してほしいって
春田さん。

(民代)あ~ サンタさん
来ないかな? サンタ 来い!

ちょっと 本当に呼んじゃうの?
そんな本気でやるの?

♬~(獅子丸)「サンタとトナカイ
トゥルットゥ~」

♬~「サンタとトナカイ
トゥルットゥ~」

ほっ!

♬~「メリークリスマース!」

絶妙に神経逆なでする格好だな
もう…。

はい 皆さん!
なんですか?

獅子丸トナカイさんから

嬉しいお知らせがあります。
どうぞ!

なんと 黒澤キャプテン

指導教官として
残ってくれる事が決定しました。

あ~ よかった!

という事で明日から
また改革 ビシバシいきます。

ちょっと もう勘弁してください。

♬~(獅子丸)
「トナカイ ビシバシいくよ」

(緋夏)お疲れさまでーす。

あっ 道端くん お疲れ。

あっ お疲れさまです 緋夏さん。
あの あの… いや 偶然ですね。

えっ そう?

こ… この奇跡を祝して

ご飯 行きませんか?

えっ?

あっ… うん 行こうか。

えっ… えっ ちょっと じゃあ
今日のフライトプランです。

作ってくれたの? かわいい。

かわいいですか?

(四宮)おお うまそうじゃん。
でも ちょっと待って。

えっ えっ えっ えーっ!

えーっ! 何やってんの!?

だ… だって 甘いの好きでしょ?

うん デザートはね。

すいません。

お前さ 俺のどこがいいわけ?

うーん…。

なんか 見てらんないんですよね。

おい それ お前が言うか?

だってさ なんか
どことなく残念じゃないですか。

いや 残念 言うな。
どこがいいか聞いてんだよ。

どこがいいのかな…。

グラタン 食えよ。

食うよ。
うん。

な?
うまっ。

嘘だよ 嘘だよ。
絶対うまいわけない。

食べて。
えっ… いや 俺はいいよ。

一番 砂糖かかってるとこ。

いい いい いいって いいってば
いいってば… いい…。

あっ あっ…。
はい はい。 ハハッ… あっ!

ん?

甘いよ やっぱり!
砂糖は合わないって。

ついてる。
ん?

キスしようとしてたでしょ?

いや してない。
した。

うん した。
いや いや… してない。

した。
して…。

ちょっと顔洗ってくるわ。

♬~

キャプテン!

おう。

ラストフライト
お疲れさまでした。

ああ ありがとう。
フッ… お疲れさまでした。

どうしたんだよ?
こんなとこ 呼び出して。

あの…。

ん?

好きです。

俺は キャプテンが好きです。

いやいや いやいや…。

いや… 何を言ってるんだよ。

冗談は やめてくれ。

じょ… 冗談じゃありません!

春田…

俺は もう前向いてるんだよ。
な?

わかってます。

ああ そうか。

俺が あんまり好きだ好きだ
言うもんだから

お前 優しいから
困らせちゃってるんだな。

ごめんな。
違います。

俺はキャプテンと

離れたくないんです。

それは感傷だよ。

キャプテンがいない毎日なんか

考えられません。

それは…

上司と部下としてって事だろ?

好きとか
そういうのじゃないだろ!

俺も よくわかんないんですよ!

この気持ちが
キャプテンへの尊敬なのか

ゆ… 友情的なのか
恋愛感情なのか。

ただ 俺は… 俺は…。

キャプテンが…

キャプテンが俺にくれた愛情が

嬉しくて…。

温かくて…。

支えられてて…。

だから… なんか これから先も

キャプテンの隣で

一緒に幸せ 見つけられたら
いいなって思ったんです。

だから キャプテン

俺から言わせてください。

キャプテンの事

好きになってもいいですか?

いやいや いやいや いやいや…。

お前 何言ってるんだよ!

キャプテン!

嘘だ…!

絶対に嘘だーっ!

キャプテンの事

好きになってもいいですか?

♬~

♬~

マルーーーーッ!!

♬~

キャプテン…。

♬~

はるたん…。

ハハッ…。

(遥)皆さん 令和元年
いかがだったでしょうか?

春田さんの
何がよかったんですか?

(四宮)卵泥棒が!
ぐだぐだ言うなよ!