ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第184話 風吹ジュン、橋爪功、清野菜名… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #184 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 詩子
  2. 炭焼
  3. 一緒
  4. お父さん
  5. フフッ
  6. 学校
  7. 小学校
  8. 文子
  9. お布団
  10. お母さん
  11. ゴウ
  12. ニキビ
  13. フッ
  14. ブナ
  15. 一人
  16. 何日
  17. 去年
  18. 桑畑
  19. 喧嘩
  20. 最中

f:id:dramalog:20191220140753p:plain

『やすらぎの刻~道 #184 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #184 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
山梨に暮らすしの(風吹ジュン)と公平(橋爪功)は、次女の里子の娘・しのぶ(清野菜名)を家で預かることになった。しのぶは翔(菅谷哲也)を“兄ちゃん”と呼んでなつき、一緒に畑を手伝うようになる。ある日、しのたちが住む村を台風が直撃し、村一帯が停電になってしまう。怯えたしのぶは、それから毎晩翔の布団で一緒に眠るようになる。2人の関係を心配したしのと公平は、それとなく2人に話を聞くが…。
◇出演者
風吹ジュン橋爪功清野菜名秋元才加菅谷哲也山本圭
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
阿部雄一
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(根来公平)〈若いもんのやる事が
どんどん理解不能になる〉

〈もう体は大人じゃと
思っとったのに

平気で一緒に寝てみたり〉

〈知らん間に桑畑を復活させて

オカイコさんを
やろうとしてみたり

今度は
鉄兵兄さんの残していった窯で

炭焼きをやろうと
動きだしてみたり〉

〈親から預かった2人の孫は
見当のつかん生き物じゃった〉

♬~

悪いな いつも。

(根来 圭)今年は
あんまりよくなかったんだ。

台風でハウスが
やられちまったからな。

うん。
ああ 大丈夫なの?

また農協に
借金ができちまったよ。

ハハハッ…。
大丈夫ですよ。

来年 また
ガンと取り返しますから。

これ 翔ちゃんに。

あっ 悪いわねえ。

(文子)
あの子 結構よく働きますよ。

東京から来た時は
どうなるかと思ったけど。

ありがとう。
じゃあ 翔に渡しとくわね。

中に領収書入ってるから。

あとで
サインをしてもらってください。

ああ わかった。

(圭)あいつ
炭焼きをやってるんだって?

そうなのよ。

おかしな奴だな。
桑畑 また作ったり。

一体 何考えてるんだ?

ねえ…。

知ってます?
何を?

噂が立ってるの。
なんの?

あの子と
しのぶちゃんの事ですよ。

しのぶの?

(文子)あの2人 怪しいって
噂が立ってますよ。

あら 言っちゃった!
誰が そんな事言ってるの!

そこら中 みんなですよ!
お前だろ!

(文子)あら 違いますよ!
私は人が言ってるのを聞いてね…。

孫の噂は やめてもらおう!

あいつら
かわいい わしらの孫なんじゃ。

…すみません。

〈しかし
わしらも予想はしとった〉

〈いつか そういう噂が立つぞと〉

〈なんせ
狭い村の事じゃからな〉

鉄兵じいちゃんってのは
すごい人だったよ。

何せ あの戦争の真っ最中に
召集令状赤紙破いて

一人で山奥へ
逃げちゃったっていうんだ。

(翔)軍隊や警察の追っ手を
まいてだぜ?

フフッ… どうやって生きてたのか
知らないけどさ

50年くらい
一人で隠れてたんだぜ。

あの横井さんや

ルバング島で生きてた
小野田少尉よりも

上をいってるんだ。

(翔)その人が 去年

ひょっこり ここに
何十年ぶりに帰ってきてさ。

祥恩寺の墓地に
墓まで建ってたんだ。

その伝説のじいちゃんと

俺 会って
何日か一緒に暮らしてさ…

いろんな事を教わった。

(しのぶ)どんな事?

学校で教わらない
いろんな事さ。

(翔)生きる方法さ 自然の中で。

ためになった?

うん。 ものすごくなったな。

(翔)考え方が
ひっくり返っちまった。

短い時間だけど
あの人と一緒にいて…

人生観が変わっちまった。

あの何日かは…
宝物だな 俺の。

フッ… 無口な人で
あんまりしゃべらないんだ。

だけど いろんな事…
本当にたくさん教わった。

私も そのおじいちゃんに
会ってみたかったな。

(翔)フッ… 会わせたかったよ。

あの人こそ
昭和の生き残りだな。

その人が 俺にね
ある日 言ったんだ。

最近は 子供がみんな親を捨てて
よそへ出てっちまうのかって。

それから しばらくして
ポツンと言ったよ。

かわいそうだって。

それ聞いて 俺…

本当に… ドキンとしたんだ。

おじいちゃんと おばあちゃんの
寂しさに気づいた。

おじいちゃんと
おばあちゃんの事だけは

そばにいて
俺 ずっと守ってやろうって。

♬~

♬~

(木宮詩子)キャッ! あっ!

(詩子)イッタ…!

(詩子)フフッ…。

詩ちゃん…!

♬~

家… 出てきちゃった。

フフッ…。

(機織りの音)

(しのぶ)いってきまーす!

(ニキビ)おう じっちゃん おるか?
(しのぶ)おるよ!

(ニキビ)うん。
あっ 炭焼いとるんだって?

うん!

いい孫をもって 公平は幸せじゃ。

なんか言ったか?
ああ いや。 上がるぞ。

えっ?
上がる!

こんな枝を種火にする。
(しのぶ)お兄…!

(翔)これが炭焼き用。
へえ いろんな木があるんだね。

ああ。 こうやって…。

(詩子)えっ 手だけで?
(翔)ああ。

すごい! 私もできるかな?
(翔)うーん どうだろうなあ。

(詩子)やってみたい!
(翔)やってごらん。

(翔と詩子の笑い声)

絶対大変だ。 すごい!

♬~

♬~

(荒い息)

どうした?

お昼 持ってったんじゃ
なかったの?

女の人がいた。

えっ どこに?

炭焼きの窯。

窯に?

翔兄ちゃんと話してた。

(しのぶの荒い息)

若い… 知らないお姉さんだった。

ええっ 誰だろう…?

きれいな人だった。

(しのぶの荒い息)

♬~

♬~

(詩子)それ なんの木?
今のはブナ。

ブナ! へえ~。
えっ この辺りに生えてるの?

(翔)ああ たくさん生えてるよ。
あとは…。

おや~…
これは三角関係か…!

いや 面白い! 面白い…!

〈夕方
翔が その娘を連れてきた〉

(翔)木宮詩子さんだよ。

じいちゃんと ばあちゃん。
それに いとこのしのぶ。

(詩子)よろしくお願いします。
よろしく。

(翔)去年 ゴウおじさんの農園で
アルバイトした時に

知り合ったんだ。

ほら おじさんとこのあいちゃんの
小学校からの友達だよ。

ああ そうなの!
えっ お生まれは?

大泉です。
ああ!

それだったら
えっ… あいと近所よね?

はい。 あっ すぐそばです。

小学校の頃から
行き来してました。

お父さんは
何してらっしゃるの?

(詩子)学校で体育を教えてます。

ああ 学校の先生。
小学校の?

あっ いえ 高校です。

ほう そうかね。

(翔)おじいちゃん。
ほい。

実は 詩子さん

お父さんと喧嘩して
家を飛び出してきちゃったんだよ。

ありゃ~。
まあ…。

(翔)それでね…。

しばらく
うちに置いておくわけには

いかないかな?

ん~… そりゃ構わんが…
どうでしょう?

うーん…
それはね 構わないけれど

ほら お父さんは
ご存じないんでしょう?

(詩子)はい。
お母さんは?

母には…
ちょっと言ってあります。

ああ。
お母さんはご存じなの? 翔の事。

(詩子)ちょっと。

どうして その…
お父さんと ぶつかったの?

父… ものすごく厳格で
古いんです。

おお おお…。

年は おいくつ?

(詩子)51です。
51。

ありゃ。
ゴウと一緒くらいかのう?

それで どうして
お父様と喧嘩しちゃったの?

(詩子)翔ちゃんの事で。
翔の?

はい。

翔が どうしたの?

(詩子)父 翔ちゃんに
ヤキモチ焼いてるんです。

ヤキモチ?
(詩子)はい。

もう 翔ちゃんと会ってると
すっごく怒るんです。

へえ… あんたたち
そんなに会ってたの?

(詩子)あっ… たまにです。

たまに?

(詩子)あと
電話で話したりしてました。

ありゃ。
でも 電話がちょっと長引くと

もう 何話してたって
しつこくて。

ありゃ~。

(詩子)時には電話切られたり

話の最中に割り込んで
怒鳴ったり。

ああ…。 それは お父様
あなたの事 愛してるのよ~。

それは よくわかるんです。
だけど…。

おばあちゃん
うちに置いてあげよう!

えっ!?

(しのぶ)おばあちゃん
おじいちゃんのところで寝て。

詩子さん 私のとこに寝るから。
ああ…。

お布団 どこに置いてあったっけ?
えっ?

お布団 あの…
あれ あれ あれ…。

あの… あの あの…。

(しのぶ)「あの」じゃわからない!
ああ~… 天井裏の…。

あっ ちょっと…!

〈しのぶの反応に
わしゃ たまげたぞ〉

〈翔をとられると
反対するかと思うたんじゃ〉

〈それが…〉

えーっと えーと えーと…。
あれ あれ あれ。

よいしょ。 はあ~…。
えーっと…。

あっ… これ 遠慮せんで食べて。

〈そうして
奇妙な三角関係の

…とまでは いかんか〉

〈そういう暮らしが
始まったんじゃ〉

これ。 しのぶ ほい!

(翔)考えてたんだ。 孫全員から
プレゼントできんかって。

だったら 盗むんだ。
(一同)盗む!?

(根来剛太)だけど お前
そんな事してバレたら捕まるぞ。

(翔)俺 責任持つよ。