ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

4分間のマリーゴールド 第10話 最終回 福士蒼汰、菜々緒、横浜流星… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」♯10【奇跡は起きるか!?ついに運命の日!】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 沙羅
  2. 林田
  3. ホント
  4. 花巻
  5. 運命
  6. 仕事
  7. 瞬間
  8. 大丈夫
  9. お願い
  10. 救急隊
  11. 病院
  12. お前
  13. ダメ
  14. 広洋
  15. 自分
  16. 明日
  17. 理津
  18. ケガ
  19. マリーゴールド
  20. 家族

f:id:dramalog:20191213225903p:plain

金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」♯10【奇跡は起きるか!?ついに運命の日!】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」♯10【奇跡は起きるか!?ついに運命の日!】

[終][字][デ]救命士・みこと(福士蒼汰)と余命1年の義姉(菜々緒)の切ないラブストーリー。一つ屋根の下暮らす義兄(桐谷健太)と義弟(横浜流星)との4兄弟のやりとりも注目

詳細情報
番組内容
衝突事故に遭い、みこと(福士蒼汰)の必死の救命措置にも関わらず昏睡状態に陥った沙羅(菜々緒)。みことは廉(桐谷健太)、藍(横浜流星)そして帰国した母・理津(麻生祐未)と沙羅が目を覚ますことを信じ待つが運命の日は刻々と近づいていく。そんな中、みことは沙羅が事故の前に広洋(佐藤隆太)にあるものを託していたことを知り…。沙羅の命はどうなるのか!?みことは奇跡を起こせるか!?ついに運命の日が訪れる!!
出演者
福士蒼汰菜々緒横浜流星、西村元貴、伊藤あさひ関水渚、鈴木ゆうか、麻生祐未佐藤隆太、三浦誠己、西尾まり橋本じゅん桐谷健太
原作
原作:キリエ「4分間のマリーゴールド」(小学館ビックスピリッツコミックス刊)
音楽
主題歌:平井堅「#302」(ソニー・ミュージックレーベルズ
音楽:兼松衆 櫻井美希
スタッフ
脚本:櫻井剛
演出:河野圭太共同テレビ)、城宝秀則共同テレビ) プロデューサー:橋本芙美共同テレビ
公式ページ
◇番組HP
http://www.tbs.co.jp/4mari/
◇番組instagram
https://www.instagram.com/4mari_tbs/
◇番組Twitter
https://twitter.com/4mari_tbs
@4mari_tbs

 

 


<(みこと)目が開かない>

《花巻さん 聞こえますか?》
《花巻さん!》

<体が熱い>

沙羅… あっ

<冷静になれ>

<息はある>

意識レベル 20以上

<ガソリン?>

<ここにいたら危ない>

沙羅 降りるよ

ちょっと ここで待っててね

大丈夫ですか? 動けますか?

すいません 寝ちゃってました

首とか痛くないですか?
はい

では こちらで お待ちください

何かあったら
すぐに教えてください

救急です 交通事故です

重症1名 軽症1名

藤見区浜北町7-30の路上です

お願いします

沙羅!

左側頭部に出血

沙羅 俺が絶対助けるから

沙羅? 沙羅 分かる?
どこが痛い?

(沙羅)みこと…

うん?

大好き…

沙羅 沙羅!

呼吸してない…

1 2 3 4…

<沙羅>

<沙羅 頼む>

<沙羅>

(救急車のサイレン)

救急隊です 胸骨の圧迫
そのまま続けてください

はい 27歳 女性

交通事故による外因性心肺停止

救急隊到着6分前に
心肺停止になりました

左側頭部に打撲と挫創があります


俺は救命士です

3 4 5 6 7 8 9 10

11 12 13 14 15…

<沙羅 生きてくれ>

27歳女性
左側頭部に打撲挫創出血あり

約12分前に心肺停止しています

ケガの具合を診ますので
こちらへどうぞ

こちらへ

先生!

助けてください 沙羅を
妻をお願いします!

花巻さん
落ち着いてください

(片岡)出血するよ 吸引用意して
吸引

用意できました
はい 吸って

そっち もう少し引っ張って
はい

(足音)

(廉)みこと!
どうした 何があった!?

信号待ちしてたら
トラックが突っ込んできて…

(藍)姉ちゃんは?

今 中で手術…

クッソが!

(片岡)ご家族ですか?
沙羅は どうなりました?

助かったんですか?
落ち着いてください

先生

沙羅は…

左側頭部損傷による
急性硬膜外血腫で

緊急手術を行いました

心肺機能は回復しました が

依然 危険な状態は脱していません

他に ご家族が
いらっしゃるようでしたら

至急 ご連絡をお願いします

ごめん

沙羅を こんな目に遭わせて

やめろ

俺が美術館のチケットを
あげたせいで

やめろ

もう 誰のせいでもねえよ

お前は お前で
精いっぱいやってる

運命のことが分かってから

沙羅のために ずっと

(廉)今は とにかく

信じて待つしかねえ

姉ちゃん…

沙羅 頑張れよ

沙羅

<俺と沙羅が事故に遭って
3日が過ぎた>

<沙羅の意識が戻るのか>

<まだ分からないでいる>

(扉が開く)

母さん…

(理津)沙羅

(理津)みこと

あんたは大丈夫?

うん

疲れてる

少し休みなさい

ここは私が
ついてるから

母さんだって 戻ってきたばかりで
疲れてるでしょ

みこと

休むの ねっ?

うん 分かった

(広洋)何してるの

広ちゃん…

(広洋)そこに沙羅は いないよ

沙羅は今 病院にいる

必死で闘ってる

分かってる

(ドアが開く)

おはようございます

(原田)廉ちゃん

いや あの…

話は聞いてるよ

うっす

無理しなくていいんだぜ

いや でも働いてたほうが

気が紛れるんすよね

体のことは医者がやるし

俺が沙羅にしてやれることなんか
何もないんで

情けないっすけど

じゃあ

沙羅ちゃんが
うちに帰ってくるまで

廉ちゃんは しっかりと
花巻家を守っとかねえとなあ

へへっ
それが家長ってもんだろ えっ?

廉ちゃん

何かあったら
いつでも言ってくれ

何でも協力すっからよ

あざっす

(琴)藍君
おおっ びっくりした…

ここで何してんの?
サプライズ

琴 今 そんな気分じゃないの
分かるよね

空気読んでよ

やだ

はっ?

藍君には
元気でいてほしいんだよ

落ち込んでたって
沙羅さんは元気にならないでしょ

そんな 琴みたいに
単純にいかないよ

強がりでもいいから

元気でいたほうが
沙羅さん 喜ぶと思うよ

うん ありがとう

(ノック)

みこ兄 起きてる?

夕飯作るけど
何か食べたいのある?

いらない

そう

あっ どうだった?

ああ…

ただいま

ああ… おかえり

みこ兄

これから買い出し
つきあってくんない?

何か作りたいんだけど
一つも食材がなくて

うん…

頼むよ

みこ兄は何食べたい?

何だろう

思いつかないな

姉ちゃんだったらさ

その辺の大福
勝手にカゴに入れてるな

《ちょっと姉ちゃん こないだ
買ったのが まだあるでしょ》

《この間のは こしあん
こっちは つぶあん

《同じじゃん ダメ 戻して》

《えっ?》
《ほら 行くよ》

《ちょっ… 姉ちゃん!》

ホントあきれるよ
あの人

作り置きはさ

姉ちゃんの好きなものにしよう

いつ起きてもいいように

うん

(理津)これは
ロッコのシャウエンで撮った

青い町

首都のラバトでも
たくさん撮ったのよ

目が覚めたら 見てね

沙羅 目 開けな

師匠の写真
楽しみにしてたろ

ホント?

はい

事故の前日に話したんです

師匠に会いたいって
言ってました

ほら 寝てたら もったいないぞ

(ノック)

(廉)みこと
はい

あっ…

ちょっといいか?

神頼みでも何でも

すがれるもんには全部すがるぞ

沙羅が目を覚ますんなら
何でもする

沙羅は怒るかもな

ケガしてる みことに
無理さすなって

ホントはバイクもダメなんだよ

もう乗らねえって
沙羅と約束したから

どうして?

4~5年前に 俺が事故って
足折ったことあったろ

で 骨がつながって
仕事に行こうとしたらよ

《何してんだ お前 返せよ》

《ダメだってば
バイクは もう卒業して》

《どんだけ心配したと
思ってんの?》

《仕事どうすんだよ お前》

《遅刻だぞ バカ野郎》

《何なんだよ お前》
《ほら 早く》

《はあ!?》

《おおっ》

《お前 これ
ババアのチャリンコじゃねえかよ》

《ほら 遅刻するよ
いってらっしゃい》

鬼のいぬ間に
バイク復活してやったぜ

怒られるよ

望むところだよ

さっさと起きて
叱り飛ばしてみろっつうんだよ

(一同)いただきます

(理津)おいしそう

う~ん

うん うまい

ずっと 何を食べても
味が分かんなかったんだ

何をしてても息がしづらくて

何も考えらんなかった

でも…

うん うまい

よかった
作った甲斐があるよ

お前のことだって みんな
心配してんだからな

あとは あの子が起きるのを
信じて待ちましょ

うん おいしい

うまっ! えっ? うまくない?
おいしい

沙羅 暑いねえ

そろそろ夏本番だって

あれから1カ月がたったよ

俺は もう大丈夫

ケガも心配ない

明日から 俺
現場に戻るから

沙羅が目を覚ますって信じて

救命の仕事 頑張るよ

おはようございます
おはようございます

(志乃)花巻さん
今日からだったんですね

うん 皆さん
ご迷惑をおかけしました

(磯辺)ひと月は休んでんだから
その分 働いてもらわねえとな

はい

あの 沙羅さんは まだ…

うん

でも 今は
信じて待つしかないから

(江上)花巻君 焦らなくていいから
ゆっくりいこう

はい ありがとうございます

じゃあ 上田君 引き継ぎ お願い
(上田)はい えっと

昨日は出動5件で 重篤なケースは
特にありませんでした

うん ありがとう お疲れ

救急出場

青波区高梨町9丁目3番4号 急病

ただいま~

おお~ おかえり
どうだった? 久々の出勤は

緊張するかと思ったけど
ちゃんと動けて よかった

ホッとした 救命士に戻れて

姉ちゃんも
ホッとしてんじゃないの?

そうかもね

おなかすいた 食べよ

母さん 代わるよ

うん

まさか沙羅の爪を切るときが
また くるとは

深爪しちゃいそうで怖い

でも 爪が伸びるってことは

生きてるってことね

そうだね

ベッドに寝たきりなんて

あんたらしくない

行きたい国

描きたいもの

たくさんあるんでしょう?

代わってあげたい

あと お願いね

(片岡)あっ 失礼します

診察です
あっ… お願いします

ちょっと触りますよ

分かりますか?

花巻さんは
愛されていらっしゃるんですね

いろんな方が見舞いに来て

沙羅を悪く言う人には
会ったことがありません

彼女が誰かを悪く言うのも

言い訳 言い逃れをしない

一度決めたら譲らない

とても頑固です

だから なかなか
目を覚ましてくれないのかな

声が聞きたい

笑顔を見たいです

ほら 旦那さんが
寂しがってますよ

早く目を覚まして
安心させてあげましょうね

はい ちょっと胸の音
聞きますよ

林田さん 開けてください!

林田さ~ん!

お願いします
はい

救急隊です!

林田さん

林田さ~ん 分かりますか?

呼吸あり 脈あり

林田さ~ん

睡眠薬です

林田さん これ飲みましたか?

(林田)えっ 何?

救急隊です お母様から

息子と連絡が取れないって
通報があったんです

これ 飲みましたか?

はい

寝れなくて 少し
量を増やしたんですけど

ご自分のお名前 言えますか?

林田…

秀人です

意識は はっきりしてるね

念のため
病院へ行きましょうか

いや 大丈夫です

このまま少し 休みます

では 我々は
これで引き揚げますが

体調がすぐれないときは すぐに
病院で診てもらってくださいね

すいません

ご迷惑をおかけしました

行こう
はい

大丈夫ですかね あの人

眠れないって言ってましたけど

(江上)どんな事情があっても
我々には関知できないからね

林田さん!

待ってください!

すいません

ゆっくり ゆっくり
こちらにおりてください

仕事に疲れてしまったんです

俺 ホント 色々ダメで

どうして
こんなクズが生きてるのか

花巻 警察が来るまで待とう

理由なんか…

なくてもいい

生きてください

逃げてもいい
全部捨ててもいいから

ただ 生きてください!

自分から命を捨てるなんて

しないでください

(ヘリコプターが飛ぶ音)

よかった…

林田さん!
離せって!

林田さん!
俺の勝手だろ!

林田さん
離せよ!

死なせてくれよ!

何で分かんないんだよ!

生きたいのに 死ぬかもしれない
命だってあるんだぞ!

命を…

捨てないでください

生きてください

どうか

生きてください

花巻君 まだ
しばらく休んだほうがいいかもね

君は 俺の指示を無視した

さっきの あれは

我々の仕事じゃないだろう

はい

休め

私情を挟まれると
救命に支障が出る

そんな人間は

この隊には必要ない

(ドアが閉まる)

(広洋)いつまで見てるんだよ

悪い 悪い

でも 沙羅が
ああなっちまった以上

気にすんなっつーほうが
おかしいだろ

誕生日まで あと…

ひと月半

(玄関が開く)

あれ みーくん おかえり
おかえり

おかえり
あれ お前 仕事は?

帰された
はあ?

今のままじゃ
救急隊は務まらないって

何があったの?

今日 現場で

自殺しようとした人がいてさ

俺 思わず
その人に つかみかかったんだ

生きたくても
生きられない人がいるのにって

沙羅のこと考えちゃったんだ

みーくん 違うだろ
沙羅は まだ…

分かってる

でもさ

どうしても考えちゃうんだよ

このまま
沙羅が死んじゃったらって

あの日 沙羅を救えるのは
俺しかいなかった

俺が そばにいたのに

みこ兄は精いっぱい
やったんでしょ

あの日から 俺は

ずっと自分を責めてる

《大好き…》

《沙羅! 沙羅!》

好きな人も救えないのに

救急隊なんか やってる資格ないよ

みこと やめろ

まだ運命が
決まったわけじゃねえだろ

ホントに? ホントに
みんな そう思ってる?

ホントは運命なんて変えられない
と思ってるんじゃないの?

俺が沙羅のために
してきたことなんて

全部 無駄だったんだよ!

しっかりしなさい!

広ちゃん…

そう 広ちゃん

(広洋)沙羅から

ホントは まだ
渡しちゃいけないんだけどさ

《あのさ 広ちゃん》

《一つ お願い事があるんだけど》

《うん?》

《これ》

《私に何かあったら》

《みことに
この手紙を渡してほしくて》

《いや 何かあったらって…》

《大丈夫
何も起こらないよ》

《うん 不安はない》

《本当に》

《みこととも みんなとも
たくさん話して》

《もう怖くもなくなった》

《でも それは》

《何が起きても 受け入れる
覚悟ができたってことで》

《みことが視た
運命のとおりになっても》

《もし そうなったとしても》

《私の気持ちを ちゃんと伝えたい》

沙羅は生きてる

だから本当は
まだ渡したくないんだ

でも 今の みーくんを救えるのは
沙羅しかいないんじゃないかって

そう思うから

「みことへ」

「この手紙を
読んでいるという事は」

「私は もう…」

「なんて手紙
自分が書くとは思わなかった」

「みこと ありがとう」

「みことが
私の為にしてくれた事」

「その気持ちも全部 思い返して」

「その一つ一つがあったから」

「今の私がある」

「私は 今」

「本当に幸せだよ」

「だから
どんな運命を迎えたとしても」

「私を助けられなかったなんて
思わないで」

「もし どうしても
そう思って悲しいなら」

「これからも いろんな人を
いっぱい助けてあげて」

「あの絵は
そんな想いで描いたんだ」

《今 新作の仕上げ中》

《もうすぐ出来上がるから
それまで内緒にしておきたくて》

マリーゴールド花言葉は」

「生きるっていう意味も
あるんだよ」

《これから いろんな人》

《いっぱい助けてあげて》

《この世で一番 みことを見てるの
私だと思う》

「みこと」

「ありがとう」

「大好きだよ」

「沙羅」

沙羅…

ありがとう

花巻君

<ねえ 沙羅>

<俺 思ったんだ>

<人は死なないんじゃないかって>

<俺は ずっと>

<この人を死なせない>

<絶対に生きてほしいって>

<たとえ その場限りだとしても>

<一瞬の どんな小さな出会いも>

<その命を 俺は感じてきた>

<そうやって 人の命は また>

<出会った誰かに
宿る気がするんだ>

<だから 俺は>

<助けた人>

<助けられなかった人>

<その家族>

<大切な人の思いを>

<受け止めることができる>

沙羅と生きた 一秒一秒が

今の俺をつくった

沙羅がいるから 俺は

救命士として生きていく

おはよう
おはよう

お前 今日も仕事出んのか

明日だぞ 沙羅の誕生日

分かってる

だから 明日の朝
勤務明けで直接 病院に向かうよ

こんなときぐらい
休めないの?

休まないよ

分かった

じゃあ 私達は
病院で待ってるから

うん

サンキュー
うん

はい
ありがとう

(時計が鳴る)

ついに この日が来ちまったな

あっ お疲れさまです

お疲れ
お疲れ

いらっしゃいませ

マリーゴールドください

花束ですね メッセージなしで

はい

みこ兄 その花…

うん

《一年中 咲くマリーゴールドより》

《一年に一度 みことの花束がいい》

沙羅との約束だから

ああ…

お前は ずっと
沙羅のそばにいてやった

全力で大事にしてやった

うん

あいつは幸せだよ

(扉が開く)

みこと

沙羅が…

《花巻さん 聞こえますか?》
《花巻さん!》

傷病者が助かる確率は

呼吸が止まってから

どれだけ早く心肺蘇生を
始められたかで決まります

彼女は幸運でしたね

あなたが そばにいたから

沙羅…

沙羅…
姉ちゃん

(廉)沙羅…

(鐘が鳴る)

<運命が決まる瞬間は
いつなんだろう>

<生まれる前?>

<生まれた瞬間?>

<あれから
運命は ずっと視えないまま>

<あの能力は>

<沙羅を救うために
あったのだろうか?>

<あの能力があったから>

<俺は どの一瞬も
大切にすることができた>

<俺が 沙羅を愛した瞬間>

<愛してると伝えた瞬間>

<結婚しようと決めた瞬間>

<沙羅を救おうと すべてをかけた>

<4分間>

<きっと その すべてが>

<今に つながっている>

<そう思えるんだ>

≪あなたは
健やかなときも 病めるときも

この人を愛し この人を敬い

この人を慰め この人を助け

その命の限り
ともに生きることを誓いますか?

はい 誓います

はい 誓います

おめでとう!
おめでとう!

<大切な人との別れは>

<50年後かもしれないし>

<明日かもしれない>

<だから 今>

<この瞬間>

<言葉で 行動で>

<心で伝えよう>

<愛していると>

よ~し 花火やろうぜ

(廉)よし

よっしゃ~

俺の勝ち

ほら 早くおいで

ほら 光理 おいで

ほら おいでって

行ってきな ほれ

行こう
うん

ほら シロ おいで

ママんとこいく?
わあ すごい

(廉)何これ 何これ 何これ
(光理)あっちっち

あっちっち
(廉)光理 これ何?