ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

シャーロック 第10話 最終回直前 ディーン・フジオカ、岩田剛典… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『シャーロック #10【最終回直前!あの男がついに覚醒…ラスト3分世界が覆る】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 鵜飼
  2. 灰田
  3. 津崎
  4. 部員
  5. 椋介君
  6. 知事
  7. 竹内
  8. パワハラ
  9. 椋介
  10. 記者
  11. 自分
  12. 誘拐
  13. 事件
  14. ホイッスル
  15. 言葉
  16. 息子
  17. 田所
  18. 秘書
  19. クミコ
  20. 計画

f:id:dramalog:20191209215820p:plain

『シャーロック #10【最終回直前!あの男がついに覚醒…ラスト3分世界が覆る】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

シャーロック #10【最終回直前!あの男がついに覚醒…ラスト3分世界が覆る】[字][デ]

最終回直前!旅立ちの時…都知事長男誘拐事件!隠された衝撃の事実!その先にあったのは、終焉へ向かう扉…ついに、あの男が姿を現す!ラスト3分、世界が覆る…

詳細情報
ご案内
【公式HP】
https://www.fujitv.co.jp/sherlock/
【公式Twitter】
https://twitter.com/sherlockcx
【公式Instagram】
https://www.instagram.com/SHERLOCK_cx/
番組内容
アーサー・コナン・ドイルが生んだ原作シリーズの魅力をそのままに、現代の東京を舞台にしたスリリングかつ痛快なミステリーエンターテインメント。主演のディーン・フジオカ演じる犯罪捜査専門コンサルタント、誉獅子雄(ほまれ・ししお)が、岩田剛典演じる精神科医、若宮潤一(わかみや・じゅんいち)とバディを組み、数々の難事件に立ち向かっていく!事件の舞台は、オリンピック開催を翌年に控え、かつてない活気に沸く東京。
番組内容2
軽妙な名バディが東京の街をさっそうと駆け回る。
出演者
ディーン・フジオカ 
岩田剛典
 / 
佐々木蔵之介 他
スタッフ
【原作】
アーサー・コナン・ドイルシャーロック・ホームズ』シリーズ 
【脚本】
井上由美子(『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』、『白い巨塔』) 
【音楽】
菅野祐悟 
【主題歌】
DEAN FUJIOKA『Shelly』(A-Sketch) 
【プロデュース】
太田大(『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』、『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』)
スタッフ2
【演出】
西谷弘(『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』、『刑事ゆがみ』) 
【制作・著作】
フジテレビ

 

 


♬~

(録画ボタンを押す音)

(ホイッスル)

(一同)おはようございます。

(灰田)ボンは?

竹内 お前 同部屋だよな?

(竹内)はい。 あの… 朝 起きたら
もう いませんでした。

いなかった?

先に体育館に来てるかと
思ったんですけど。

逃げたか。 分かった。
連帯責任な。

腕立て 100回。 はい 用意。

(ホイッスル)
(灰田)1・2。

3・4・5。

(記者)鵜飼知事
先日 週刊誌で報じられた

不倫疑惑について
一言 お願いします。

(鵜飼)そんな つまらないことに
答えるつもりはございません。

(記者)相手の女性に 多額の現金を
授与したとの報道もありますが

口封じのためですか?
(鵜飼)根も葉もない でたらめだ。

今後 しかるべき
法的手段に出るつもりです。

(記者)以前にも ありましたよね?
25年前の不倫騒動が。

(鵜飼)それは もう 解決済みだ。
終わったことです。

(記者)その女性との間にできた
子にとっては

まだ 終わってはいないんじゃ
ないですか?

(田所)それでは
予定時間も過ぎておりますので

この辺で終了させていただきます。
(バイブレーターの音)

(記者)知事 説明責任を
果たしてください!

(記者)質問に答えてください!

(鵜飼)まったく いつまで続くんだ。
どうにかならんのか。

(田所)ここは 嵐が過ぎるのを
じっと待つしかないでしょう。

(鵜飼)昔話まで出しおって

この分じゃ 3カ月後の都知事選も
波乱含みだぞ。

≪(ドアの開く音)
≪(津崎)知事!

(鵜飼)どうした?

(津崎)このメールが
先ほど 届きました。

(鵜飼)「椋介を預かった」

「1億円 用意して
次の連絡を待て」

(田所)えっ? そんな…。

(江藤)頼む。 このとおりだ。

正直に言う。 この事件は
何一つ 盛り上がらない。

でも 俺の出世にとっては
大きなヤマだ。

だから 今回だけは

俺のためだけに
ひとつ やってくれないか?

(若宮)誘拐事件か。
さすがに 無理なんじゃない。

誘拐されたのは 都知事の息子だ。
必死になるわけだ。

あ~! 分かった。
じゃあ 練馬の事件は どうだ?

農家の親父が
ダイコンで撲殺された事件。

他にも こんな事件があったな。

二宮 金次郎の石像だけが
壊されるという連続器物損壊事件。

さあ どうだ? どれにする?
盛り上がんねえ。

≪(獅子雄)報酬 取るぞ。
あっ? もちろんだ。

どれが いい?
≪誘拐事件に決まってるだろ。

≪一番 金になりそうだ。
マジか?

これはな
マジシャンズセレクトといってな

自らの意思で選んだように
思わせて

実は こちらが選ばせたいものを
選ばせるという 高等マジックだ。

そんなもんに引っ掛かるか。
危なっ!

(獅子雄)マジシャンズセレクトというのは
言葉巧みに心理を操る誘導マジックだ。

あんたのは ただの
バナナの たたき売り。

まあ いい。 気が変わらないうちに
行こう。 車 回してくる!

どういう風の吹き回しだよ?
金のためだ。

ここには 世話になったからな。
少しは 払っとかないと。

えっ?
行くぞ。

[遠ざかる背中を眺め 思う]

[師弟関係とは違う]

[恩人とは認めたくない]

[ましてや…]

[相棒なんて呼ばれたくない]

[それでも いつの日か
この男に支配されたことは

至福の時間だったと
振り返るのだろうか]

♬~

聖ルーク高校。
進学校でありながら

スポーツ面でも
全国レベルの成績を残してる。

(クミコ)オリンピック選手なんかも
輩出してますよね。

まあ 俺みたいな
エリートの集まりだな。 ハハッ。

あっ ここだ。

防犯カメラ。
おう。

確認してきます。
うん。

ああ どうも。 知事の秘書だ。
(津崎)津崎です。

このたびは
どうも お世話になります。

若宮です。 秘書にしては
ずいぶん お若いんですね。

私は 第二秘書でして
知事に付いて まだ3年ですから。

(津崎)部屋は 3階です。

行くぞ。

(津崎)ここです。
はい。

≪(竹内)はい。

同部屋の 竹内君です。
(竹内)竹内です。

どうも。
どうぞ。

(竹内)右側が 椋介で
左が 自分です。

2人とも バスケ部なんだ?
はい。

ふ~ん。

あっ。

これ 君?
(竹内)はい。 隣が 椋介です。

ふ~ん。

(竹内)あの ちょっと…。

このトロフィー バスケの?
はい。

でも 全部 椋介個人の賞ですけど。

椋介君は
将来 有望な選手なんだね。

身長からして 君も ポイントガードか?
(竹内)はい。

(竹内)ホントに!?

レギュラーでもないのに
なぜ 写真を飾る? チーム愛か?

まあ そうですね。

椋介とは 中学も一緒で
ずっと 一緒にプレーしてきて

俺にとって ヒーローだったから。

竹内君によると 椋介君は
昨夜23時ごろまでは

間違いなく
この部屋にいたということだ。

その後 眠ってしまって
分かんない。 そうだね?

はい。

椋介君は
この部屋で襲われたのかな?

それなら 彼が気付くだろ。
隣で寝てたんだから。

何か 物音は聞かなかった?
いえ 特に。

3階だしな。
窓から出たとは考えにくい。

あっ 犯人が知り合いなら

騒がれずに
連れ出せるんじゃないか?

もしくは 自分の足で部屋を出た。
そして 別の場所で襲われた。

さっき 裏口を確認したが
誰も通った形跡はなかった。

じゃあ 堂々と
正面玄関から連れ出した?

おっ どうだ?

(クミコ)椋介君らしき人物が…。
確認してもらえますか?

(津崎)はい。

椋介君です。 でも…。

部外者は映ってないようだな。

つまり 椋介君は 外出中に
何者かによって拉致されたか

誰かに呼び出しを受けていた。

(ホイッスル)

(ホイッスル)
(灰田)何やってんだよ?

誰が シュート打てって
言ったんだよ!?

ピック&ロールしてんだろうが!
勝手なことしやがって!

お前も スクリーン入ったら 声 出せよ!
(部員)はい。

(灰田)
スポーツごっこしてんじゃねえぞ!

勝つためにやってんだろうが!
もう一回!

(ホイッスル)

灰田さんですね?
鵜飼君のことで ちょっと。

ボンは… あっ 鵜飼君は
キャプテンで優等生ですけど

親が都知事でしょ。

ちょっと
甘ったれなところがありましてね。

どうせ 練習がきつくて
逃げ出したんでしょう。

ほっとけば
そのうち帰ってきますよ。

最近の彼
何か変わったことありましたか?

いや 別に。 まあ 都大会の決勝が
近いんで ピリピリはしていましたが

それは 彼に限らず
他の部員も同じですが。

ピリピリしていたのは
灰田コーチではないんですか?

はっ?
練習がきつくて逃げ出す子は

他にも?
まあ たまには。

つまり あなたの
いき過ぎた指導が 生徒たちを

精神的に追い詰めていた
ということですよね。

まるで パワハラみたいな言い方だな。
違うんですか?

はっ?
パワハラではないんですか?

客観的に見て あなたの指導は
じゅうぶん パワハラ

該当すると思いますけど。
まあまあ…。

マスコミの受け売りですか?

最近じゃ 何かっていうと
すぐ パワハラだと騒ぎ立てるが

パワハラという言葉をかざして
圧力をかけてるのは

生徒や その保護者じゃ
ないんですか!?

危ない! おい。

私がやってんのは
彼らが勝つ喜びや

苦難を乗り越えるための強さを
得るための 教育なんですよ!

それを パワハラという言葉で…。
まあ 私も昭和の人間ですから

あなたの おっしゃることは
よく分かります。

ただ 今は 椋介君を
助けることに集中しましょう!

ちょっと いいかな?
椋介君について教えてくれる?

まあ 勉強 バスケ
運動もできるし。

(部員)とにかく 優秀だよね。
(部員たち)うん。

なるほど。
灰田コーチって どんなコーチ?

まあ 素晴らしいコーチだし。
(部員)経験値もあるし。

例えば 体罰とかなかった?

何なの? 警察ですか?
(部員)警察手帳 見せてください。

10番。 君は サイズの割に
動きは機敏だ。

だが ペイントアタック
一辺倒ではなく

サイドステップ もしくは
クロスオーバーを使って

ディフェンスとのギャップをつくってからの
ペネトレイト。

もしくは ジャンプショット。
オフェンスのバリエーションを増やせ。

それから 7番。
君のドライブは 光るものがある。

だからこそ アウトサイドからの
確率を高めろ。

バックステップで
1枚 剥がしてからの スリー。

もしくは 2枚目が来たら
フェイダウェイで活路を見いだせ。

どうだ?
フリースロー勝負しないか?

こっちが勝ったら
質問には 正直に答えてもらう。

もし そっちが勝ったら…。

これで どうだ?
いつの間に…。 返せよ!

賭けは まずいでしょ。

でも 体育館は使えませんよ。
ここで 十分だ。

リングは このごみ箱。

ボールは…。

これで どうだ?

あとは 任せた。

俺かよ!?

よし 始めよう。

(部員たち)お~!
ハイハイ ハイハイ!

若宮ちゃん 外すなよ。

重心を下げて。 脇を締めて。

顎を下げて。
黙ってて。 気 散る。

よっしゃ!
(部員たち)あ~。

入るのかよ。
(部員)まあまあ…。

(部員たち)あ~。

(部員たち)あ~。
(部員)何だよ また 入るのかよ。

(部員たち)あ~。

よし。

(部員)ちょっと待った。

これ…。

(部員)おい。

(部員)やっぱりか。
(部員)磁石かよ。

じゃあ
俺たちの勝ちってことで…。

(部員)金 入ってねえじゃん。
(部員たち)えっ?

金をやるなんて 誰が言った?

警察じゃないんですか?

NBAで プレーするのに
何が重要か知ってるか?

信頼関係。

それから どんなコーチのもとで
育ったかも重要だ。

さあ 灰田コーチについて
話してもらおうか。

2年の秋ごろ 椋介に対する
灰田のパワハラ

あまりに ひどくて
あいつ しばらく 落ち込んでて。

お父さんに相談したら
よかったんじゃないの?

しました。 でも それが
逆に 灰田を怒らせて。

(校長)《はい 失礼いたします》

《教育の一環ですよ これは。
都知事こそ パワハラだろ!》

《職権乱用だろ!》
(校長)《まあまあ…》

あれ以来
椋介へのパワハラは減ったけど

灰田は ずっと根に持ってるよな。

しかも 椋介が減った分

俺たちへのパワハラ
激しくなって。

(ホイッスル)

(灰田)《お前 ディフェンスのとき
どうやってやってんだよ?》

《体 当ててこいよ もっとよ》

《そんなんで 倒れるなよ。
立て ほら!》

《お前も ディフェンスのとき
どうしてんだよ?》

《詰めて。 もっとだよ。
何だ それよ》

《全体的に 声 出てねえぞ》

だから 椋介君を憎んでいた。

そこまででは…。

 

どうした?
あっ 知事が来た。

すぐ 校長室に来てくれないか。

知事 私…。
どうですか?

はい。 今のところ
まだ 目立った進展は。

おい。
≪(ノック)

遅くなりました。

(灰田)このたびのことは
私の監督不行き届きです。

申し訳ありませんでした。

(校長)何で 灰田コーチが
謝るんですか?

(灰田)うちの部員が
迷惑を掛けたわけですから

当然です。
(校長)つまり 椋介君は

誘拐されたわけではないという?
(灰田)はい。

灰田コーチは 練習がきつくて
逃げ出したのではないかと

考えているようです。
そうであったらいいのですが。

(田所)知事 そろそろ出ませんと。
(鵜飼)ああ。

(津崎)戻りましたら
直ちに 会見の準備を。

分かった。
ちょっと待ってください。

下手に動いて
犯人を刺激したら まずい。

会見は控えてください。

いや しかし…。

知事 報道協定もあります。
ここは 警察にお任せした方が。

そんなこと分かってるだろ?

申し訳ありません。

全ては お前しだいだ。

知事! あらためて
ご挨拶させてください。

担当いたします
警視庁捜査一課 江藤と申します。

田所さん。
(田所)えっ?

鵜飼知事の秘書になって
どれくらいになります?

≪(ノック)
≪(ドアの開く音)

失礼します。
どうだ? 変わったことないか?

知事 どうした?
会見です。

会見!?
会見するなって言ったろ!

(クミコ)定例会見ですよ。
何だ… 脅かすなよ。

(男性)それでは 鵜飼都知事
定例記者会見を始めます。

(鵜飼)
今日は 重大な発表があります。

実は 私の高校生の息子が
誘拐されました。

何 勝手なことやってんだ。
今すぐ やめさせろ!

(記者)犯人の要求は?

身代金 1億円。
(一同)1億…。

金は惜しくありません。

息子が無事に戻ってくるなら
全ての財産を渡したっていい。

(津崎)申し訳ありません。
全て 私の責任です。

(鵜飼)今回の事件が 私の不徳が
招いたことであるならば

どうか… どうか 息子ではなく
私を罰してほしい。

逃げも隠れもしない。

息子のためなら
政治生命を絶たれてもいい。

私は 政治家である前に

父親なんです!

(バイブレーターの音)

刑事さん。

知事 知事 ちょっと。

はい ごめんなさい。
(記者たち)知事…。

(クミコ)押さないでください。
キャー!

(記者たち)知事…。
ほら!

≪(ドアの開く音)

(津崎)犯人からです。
うん?

「金を持って
東京ドーム前に来い」

「イルミネーションを見上げる
黒ずくめの男を探せ」

金は どうする?
(田所)まずは 警察に。

用意できます。 すぐに車を。

おい…。

(津崎)すぐに追い掛けます。

出してくれ。 東京ドーム。

(男性)あれ 都知事じゃない?
(女性)えっ?

(鵜飼)あの…。 あの…。

あっ すいません。

(女性)鵜飼都知事だよね?
(鵜飼)あの…。

あっ すいません。

また ずいぶん
人目に付くところを選んだな。

結局 取引は失敗に終わったって。

ただ 鵜飼の好感度
上がったみたいだけどな。

3カ月後の都知事
鵜飼の再選 あり得るかもな。

それよりも 今回の依頼を
引き受けた理由が分かったよ。

(世津子)《私は ゲームを
冒涜するようなことはしない》

《それが あの方の教えだから》

鵜飼と サットンは
つながっている。

つまり 鵜飼を追えば
守谷に たどりつく。

そう考えたんだろ?

この事件を解明しても

守谷に たどりつけるとは
思っていない。

だが 守谷へのメッセージにはなる。
やつは 見ているはずだ。

そして これまで以上の難問を
投げ掛けてくるはず。

楽しみだ。
ふざけんな。

もう これ以上
守谷には 関わらないでくれよ。

危険過ぎるよ。

心配してくれてるのか。

その気持ちは うれしいが

このゲームは
俺の唯一の楽しみなんだ。

好きにさせてくれ。
だったら

この件は 俺に任せてくれ。
俺が解決する。

お~ 頼もしいな。

だから ピッキングのやり方
教えてくれ。

フッ。

♬(ファンファーレ)

♬~

(ホイッスル)

(拍手・歓声)

(録画ボタンを押す音)

(ホイッスル)

一本集中。

あ~ くそっ。

あ~。

あっ。

うん?

何だよ。

♬~

♬~

♬~

♬~

(ブザー)

(灰田)竹内!
お前 日本語 通じねえのか!?

何で 俺の指示どおり
できねえんだよ!?

すいません。
(灰田)「すいません」じゃねえだろ!

灰田さん。

署まで ご同行願います。
(灰田)はっ?

ちょっと お伺いしたいことが。

何で 俺が こんな目に?

心当たりあるだろ?
椋介君は どこ?

違う。 俺じゃない。

灰田は 加虐性癖 サディストだ。

口では 指導の一環とか言ってるが
要するに あいつは

バスケ部のコーチという立場を
利用して 彼らを苦しめ

彼らが やめてほしいと
懇願する姿に興奮していただけだ。

パワハラには
別の目的があったということか。

ああ。 精神科医時代にも
そういう性癖のやつを

数多く見てきた。
椋介君を拉致したのも

あいつに違いない。
なるほど。

若宮ちゃん もう じゅうぶん
一人でやってけるな。

どういう意味だよ それ。

それより
ひとつ頼みたいことがある。

♬(バイオリンの演奏)

♬~

♬~

《息子のためなら
政治生命を絶たれてもいい》

(鵜飼)《父親なんです!》

♬(バイオリンの演奏)

♬~

《お前しだいだ》

♬(バイオリンの演奏)

♬~

♬~

(拍手・歓声)

(津崎)約束の金だ。

(津崎)都知事の支持率も上がった。
君も 念願の試合に出られた。

もう いいだろう。
椋介を解放しろ。

(竹内)えっ?
(津崎)どうした?

津崎さんじゃないの?
(津崎)うん? 何が?

いや…。
≪(足音)

いや 俺 てっきり
津崎さんがやったものだと。

(津崎)君が 椋介を
監禁してるんじゃないのか?

えっ? じゃあ 誰が?

≪ほ~ ほ~ ほ~。

狂ったようだな 誘拐の計画。

津崎秘書。

計画を立てたのは あんただ。

何で 俺が 椋介君を?

鵜飼知事を
悲劇のヒーローに仕立て上げ

地に落ちた 彼の支持率を
回復するために。

椋介君の誘拐を企て
身代金を要求し

必死な 鵜飼の姿を
世間に見せつけて

同情を買おうとした。

これを見てみろ。

ここに写っているのは あんただ。

さすが 政治家の秘書さん。
政治家のためなら 何でもやるな。

だが あんたの場合は
秘書だからというわけじゃない。

鵜飼の隠し子なんだろ?

鵜飼が 25年前に付き合っていた
女性との間にできた。

(記者)
《以前にも ありましたよね?》

《25年前の不倫騒動が》

(鵜飼)《それは もう 解決済みだ。
終わったことです》

(記者)《その女性との間にできた
子にとっては

まだ 終わってはいないんじゃ
ないですか?》

第一秘書から聞いたよ。
2人は 愛し合っていたが

家柄の違いから
結婚には至らなかったそうだ。

で 母親は あんたを産んで
女手一つで育て上げた。

そして 3年前に
母親が死んだことを機に

あんたは 鵜飼を訪ね
そして 彼の秘書になった。

椋介君に嫉妬してたんだろ?

本来であれば 自分が
鵜飼の長男であるはずなのに

周りは 世間的に認められた

息子である 椋介君ばかりを
ちやほやした。

今回の偽装誘拐の裏には

腹違いの弟に対する
嫉妬心があったわけだ。

だが 弟を拉致するにも 自分で
寮の中へ入るわけにはいかない。

そこで 昔から 彼と仲の良かった
竹内君を利用した。

この金と 都大会決勝という

大事な試合への出場切符を
見返りにな。

《身長からして 君も
ポイントガードか?》

津崎さんに頼まれただけで
自分は誘拐しようなんて。

最初に会ったとき 君は

秘書さんのことを
やたら ちらちら気にしていたな。

彼にしてみれば

自分が連れ出すはずの 椋介君が
突然 消えて

その後 計画がどうなったのか
気になっていたんだ。

それから あんたの あの言葉。

(津崎)《椋介君です。 でも…》

「でも…」の後には 続きがあった。

「でも なぜ
竹内と一緒じゃないのか」

自分の計画では 竹内君と
一緒に出てくるはずの弟が

一人で出てきたから
不思議に思ったわけだ。

竹内君を相棒に選んだのは

自分と同じ嫉妬心を
抱いていたから。 そうだろ?

いつも 2番手で 控えで

あいつを超えることができない。

分かるんです 竹内の気持ちが。

優秀で 花のある 椋介の陰で
生きる苦しみが。

椋介は どこです?

誰が 椋介を?

そうだな。

灯台の下… かな。

(非常ベルの音)

≪(せき)

(せき)

あっ。 あっ。

お~ これは これは
誰かと思えば 椋介君じゃないか。

やっと会えた。 うれしいよ。

(せき)

もう いいぞ 若宮ちゃん。
ああ。 やっと脱げる。

(せき)

あんたたちは 親父の?

今回の誘拐は
実に 風変わりな事件だ。

最初に誘拐を計画した人物と
実行した人物が違う。

最初に計画したのは
津崎と 竹内君。

そして 実行したのは 君だ。

加害者と被害者が同じだなんて
前代未聞じゃないのか。

君は 自分で自分を誘拐したんだ。

目くらましのために
いったん 外へ出た君は

前もって準備していた
野球部のユニホームに着替え

野球部員に成り済まし
寮に戻ってきた。

♬~

そして そのカーテンレールを使い
屋根裏に隠れた。

だから そのカーテンレールは
変形しているんだ。

なぜ 変装したって分かったんだ?
簡単だ。

野球部の最後尾の一人だけは
バッシュを履いていた。

誘拐計画については?

竹内と同室だ。

携帯電話でも 盗み見たんだろう。

《あと20秒。 また アルデンテかよ》
《こっちの方が うまいし》

《ちょっと トイレ》

(アラーム)

(受信音)

♬~

♬~

動機は 灰田を陥れるためか?

それと もう一つ。

そうだな。
大人たちへの復讐ってとこか。

大人たちって?
灰田と お父さん?

すごいね。
そこまで分かってんだ。

何だって 楽しくなきゃ
意味がないだろ?

親父は 俺に
後を継がせたがってた。

いつか
政治家になるのはいいけど

今は 大好きなバスケを
楽しみたかった。

けど それも 2年になって

灰田が現れてからは
最悪だった。

だから あいつを排除してくれって
親父に頼んだんだ。

そしたら…。

《コーチの灰田 辞めさせるよう
校長に言ったら

昨日 本人から電話が来て
「そっちこそ パワハラ

職権乱用だ」って
逆に 脅しをかけられた》

《今から 下りる。
車 回してくれ》

《じゃあ どうするの?》

(鵜飼)《これ以上 灰田とは
もめ事 起こすな》

《あいつとは
もう 話がついてる》

《もう お前に
ちょっかい出さないはずだ》

《だから お前も
やつには関わるな》

《いや おかしいだろ!》

《私は ルーク高校の名誉顧問だ》

《学校のイメージを
損なうわけにはいかないんだ》

俺へのパワハラは減ったけど

その分 灰田は
他の部員に つらく当たった。

そのせいで 俺は
チーム内で浮いてしまった。

(椋介)《上がれよ!》

(椋介)
キャプテンとは 名ばかりで

俺のせいで
チームが バラバラになったんだ。

俺は 灰田が許せなかった。

灰田と結託して 全て
なかったことにしようとした

親父のことも許せなかった。

なるほど。 それで 君だけが
笑ってなかったんだな。

君だけ悲しげなのは
パワハラが原因かと思ったが

そうじゃなかった。

失望したんだな 大人たちに。

嫌いじゃないけどな そういうの。

♬~

♬~

♬~

まさか こんな近くにいたとはな。

灯台下暗しだな。

(今西)江藤 礼二警部。
はっ。

次期人事にて 一課長に任命する。

ありがとうございます。

(今西)小暮クミコ巡査部長。
(クミコ)はっ。

次期人事にて
第3係係長に任命する。

ありがとうございます。

どうした? 出世が決まったのに
うれしそうじゃないな?

これって 今までの功績が
認められたってことですよね?

もちろん。
でも 私

今まで事件を解決した実感が
何一つないんですけど。

いつも あいつが…。
あいつが解決してるわけじゃない。

あいつに
解決させてやってるだけだ。

あいつが解決するよう
俺たちが導いてやってる。

分かるな?
分かりません。

♬(音楽)

♬~

≪(ノック)
≪(ドアの開く音)

≪(田所)失礼します。
(鵜飼)何だ?

この間の警察の関係者が
知事に お話ししたいと。

何だね?

先日の誘拐事件の真相について
報告しに来ました。

真相?
それなら もう知っている。

全て 息子たちがやったこと。

あの誘拐は 秘書 津崎が 計画した
ということになっていますが

それは間違いだ。
意味が よく分からんが。

マジシャンズセレクトですよ。

あなたは
マジシャンズセレクトを使って

彼が自発的に 誘拐計画を
思い付くように誘導した。

私が? どうやって?

こういうこと
言ったんじゃないですか。

支持率を回復する手だてを
考えてほしい。

方法は お前に任せる。

疑惑を認めろというなら
そうするし

新しい都政改革案を 都民に
示せというのなら そうする。

もしくは
何かの事件に巻き込まれ

私が悲劇のヒーローになる
という方法もある。

全ては お前しだいだ。

《都民の同情を買う
という方法もある》

《時間がない。 最も効率よく

即効性の高いものを
考えてほしい》

《全ては お前しだいだ》

《分かりました》

《全ては お前しだいだ》

彼の 椋介君に対する
嫉妬心をつつき

マジシャンズセレクトを
完成させた。

机上の空論だな。
では やってみせましょう。

それでは この中から

最も好きな言葉を
1つ選んでください。

好きな言葉はなさそうだが
まあ 負けは嫌いだから

「うっちゃり」かな。

それでは この中から
「うっちゃり」と

最も特徴が似ている言葉を
選んでください。

「黒星」だな。
なるほど。

では 同様に この中から
「黒星」と

最も特徴が似ている言葉を
選んでください。

「敗北」

では 最後に この中から
「敗北」と

最も言葉が似ているものを
1つ選んでください。

♬~

「うっちゃり」

「黒星」

「敗北」

「辞職」

ロイヤルストレートフラッシュ。

何が言いたいんだ?

(アナウンサー)昨夜 東京拘置所から
被告人4人が逃走したと

法務省が発表しました。
逃走した被告人の中には

元警視庁捜査二課
市川 利枝子被告が

含まれているとの情報が
入ってきていますが…。

《あんた 守谷グループと
つながっている》

(利枝子)《守谷は
人間とは何かを知ってる》

(利枝子)
《私は 守谷のためだったら

何だってできる!》

《ハハハ…》

もらいます。

お願いします。 お願いします。

≪新係長。
(クミコ)頑張ります。

お願いします。

(クミコ)江藤係長は?
(刑事)まだ 来てませんよ。

次期一課長なのに
何やってんですかね?

♬「君が代は」

♬「千代に八千代に」

♬「さざれ石の」

♬「いわおとなりて」

♬「こけのむすまで」