ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第175話 石坂浩二、浅丘ルリ子、加賀まりこ… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #175 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 中里
  2. マキタ
  3. マヤ
  4. メール
  5. 高井
  6. 東亜連合
  7. 野村
  8. 橋本
  9. 警察
  10. 佐伯
  11. 沼田
  12. 代理人
  13. 竹芝柳介
  14. 白川
  15. 本当
  16. 柳介
  17. イニシャル
  18. サロン
  19. ノック
  20. フフッ

f:id:dramalog:20191209133540p:plain

『やすらぎの刻~道 #175 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #175 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
お嬢(浅丘ルリ子)の孫・“シロ”こと竹芝柳介(関口まなと)が、薬物の売人組織から脅迫を受けていることが発覚。相談を受けた高井秀次(藤竜也)は、超大物フィクサー“マキタ”(宝田明)との折衝役として中川玉子(いしだあゆみ)を呼び出す。2人はかつて恋仲だった…。玉子は、マキタに生き別れた息子・誠(吉岡秀隆)と30数年ぶりに会わせてほしいと頼む。
◇出演者
石坂浩二浅丘ルリ子加賀まりこ藤竜也いしだあゆみ
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
唐木希浩
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(菊村 栄)〈マロが倒れて
病院棟に運ばれた〉

〈一本の注射で
彼はコテージへ帰ってきたが

彼が ひそかに
膵臓がんに侵されている事を

名倉先生から
私は知らされていた〉

〈マロ自身は
その事に全く気づかず

コンシェルジュのエリちゃんに

性懲りもなく
手を出そうとしていた〉

〈一方 柳介の携帯電話に

マキタという男から
何度もメールが入っていた〉

♬~

(野村伊三郎)まさか OE貿易の
マキタ会長じゃないでしょうね?

(中里 正)そりゃ誰だ?

えたいの知れない
フィクサーです。

わし ちょっと
噂を聞いた事がある。

(進藤秀夫)どういう奴だ?

全然 表には出てこない人ですが

怖~い人だって
噂を聞いた事がある。

(橋本忠吉)どう怖いんだ?

(野村)小沼機関の生き残りで

例のミサイル汚職で捕まった
下川辺首相のオトモダチです。

何が本職だか
よくわかんないんだけど

海外にも強いネットワークを
持ってる人です。

(中里)聞いた事あるなあ…。

(野村)赤坂に
超有名人しか出入りできない

乃木坂サロンっていうサロンが
あったんだ。

政界 財界
スポーツ界 芸能人の

極秘の隠れ家に
なってたみたいですよ。

あっ そのサロンなら
俺も耳にしました。

海外の政治結社
集会所じゃないかって

そういう噂があったとこです。

ヤクザとの繋がりは?

あっ… ヤクザなんて
とても寄りつけない場所です。

検事総長なんか 司法のトップが
出入りしてた場所です。

(橋本)
あすこにだけは近づくなって

一度 上から言われた事がある。

だけど どうして そんな大物から
シロに連絡が入るんだよ?

わかんないっすね。

俺が接触してみるか。

もらったメールに返信して。

理事長に話したほうが
よくないですか?

警察に一応 連絡とるとか…。

警察は まだ先の話だろう。

脅しが かかったわけじゃ
ないんだ。

用件だけでも
聞くべきじゃないか?

うん 賛成だな。

♬~

〈そんな事は ともかく

私には マヤが書きだしたという
自叙伝というのが大問題だった〉

〈そりゃ私にも

世間に知られたくない
若気の過ちというものが

少しばかりある〉

〈その ほとんどを
マヤは知ってるらしい〉

♬~

マヤ…。

なあに?

書くの?

書くわよ!

それは… 自分の事だけなの?

うーん…

まあ 書く以上 関係者の事に
触れないわけにいかないわね~。

関係者って?

寝た相手 寝取った相手。

マヤ?
なあに?

あ… あたしの名前も出てくるの?

フフフフフ…!

準主役よ。

もう! 役が小さいと
あなた お嫌でしょう?

あっ 栄ちゃんもね
脇役のトップクラス。

あんたってさ 書いてみると

とっても書きがいのある
キャラクターなのよね。

ほら Bさんとの事も
Mさんとの事も…

あっ! フフッ… それから
あの ほらほら Wさんとの事も

もう 書きだすとさ
本当に もう いとしくって

筆が どんどん進んじゃうの。

だってさ
あんたの男への尽くし方って

本当にかわいくて
馬鹿なんだもん いい意味で。

(せき払い)
うん うん。

マヤ…?
なあに?

あなた もう
本当に書きだしちゃってるの?

ああ ああ… もう書いてるわよ。
50~60枚は いったかな。

(お嬢)あ… あなた 今

Bさん Mさん Wさんって
言ったけど

それ そういうふうに
イニシャルで書くの?

ハハハハッ…!

そんな イニシャルなんかで
書かないわよ!

もちろん そのまま実名で書く。

(2人)やめなさい!

だって もう 書いたとこ
出版社に見せちゃったもん。

フフッ…
編集者 大喜びしてたもん!

これは ベストセラー
間違いありません! って。

フフフッ…。

出版社って どこ?

礼文館。

まあ 純文学っていったら
やっぱり あすこだもんね うん。

やめなさい!
(マヤ)やーめなーい!

訴えるわよ!
大歓迎!

宣伝になるもの。
どんどんやって! ハハハ…!

マヤ!

2人の顔見てたら
あたし 燃えてきた!

あっ 3人の伝記にしちゃおうか!

マヤ!! プーッ!

ウフッ!

返事来たって?

マキタ本人じゃないみたいだ。

秘書とかいう奴から
届いたメールだ。

俺 会ってくる。

えっ 1人で行くの?

そのほうがいいだろう。

うん…。

(ノック)

(ドアの開く音)
(佐伯)失礼します。

(佐伯)お待たせしました。

(中里)竹芝柳介の代理人です。

マキタ会長の代理人
沼田と申します。

同じく 佐伯です。

(中里)すみません
私 名刺を持たなくて。

(沼田)名刺は いいですよ。
中里さん。

(沼田)そうですか。

竹芝柳介は
やすらぎの郷におったんですか。

フッ…。

(ため息)

♬~

(進藤)お疲れ。
(野村)ああ お疲れ。

疲れたよ…。

(橋本)話は なんだった?

やっぱり金さ。

(中里)東亜連合に

逮捕された柿本の慰謝料として
3000万

竹芝から払ってほしいとさ。

東亜連合っていうのは
なんです?

柿本が所属している
半グレ集団だ。

3000万とは大きく出たな。

マキタっていう人には
会ったのか?

いや その手下の弁護士たちだ。

参ったよ。

俺の名前も

やすらぎの郷から来てる
っていう事も調べられてた。

なんて返事したんだ?

考えさせてくれって
すっとぼけて帰ってきた。

やっぱり警察に。 なっ?

警察沙汰にしたら
こじれるだけだとさ。

柳介が ここに
かくまわれてる事はバラすし

あいつをさらって
落とし前をつける事も

東亜連合は平気でやるとさ。

(中里)
帰りの道で いろいろ考えた。

(中里の息を吐く音)

ああ…!

(中里)
ちょっと秀さんに会ってくる。

(野村)ひ… 秀さんに!?

(高井秀次)マキタさんですか?
(中里)はい。

知ってますよ。

あの… 長い話になるんですが

以前 大麻で捕まった
竹芝柳介をご存じですか?

(高井)うん 知ってますね。

実は 彼を今
ここで預かってます。

(高井)ああ そう。

白川さんに頼まれて
釈放されてから ずっと

ここで
橋本の下で働かしてるんです。

その彼の元へ マキタさんから
メールが入りました。

彼に話すと動揺すると思ったので
私が直接 会ってきました。

会ったといっても あちらは
代理の弁護士の方でした。

柳介が口を割って捕まったのが

東亜連合という半グレ集団の
若いもんで

その組織から
マキタさんを通して

捕まった若いもんへの
慰謝料として

3000万円払ってやってほしい
という要求が出されたわけです。

(中里)でも そんな事言っても
あいつには無理です。

竹芝家からも縁を切られてます。

白川さんに言っても…
というか

できれば この話は 白川さんには
伏せておきたいんです。

で もしかしたら

秀さんなら マキタさんを
ご存じじゃないかと思いまして。

秀さんから
なんとか マキタさんに

話を収めて頂くよう
話して頂けないかと思いました。

(中里)
勝手なお願いで すみません。

うーん…。

わかりました。
(せき払い)

ただですね この話には
自分よりも もっと適当な方が

ここにおられます。

どなたですか?

(呼び出し音)

あっ… えー 高井秀次です。
夜分すみません。

はい。
ああ どうも すみませんです。

いきなり それで
申し訳ないんですが

私のヴィラに ちょっと
お越し願えませんでしょうか?

はい。 今すぐです。

あっ お待ちしています。 はい。

はい すみません。

そのマキタさんの代理人
電話番号ね

ちょっと教えてください。
はい。

♬~

ちょっと聞いていいですかね?

なんでしょうか?

この前の あの試合ね
あれ 八百長でしょ?

あれ あなたたち
わざと負けたでしょ?

いえ そんな事ありません。

あれは我々の完敗でした。

嘘つき。

(ノック)

はい。

ちょっと紹介しましょう。

♬~

ああ…。

♬~

(高井)あなたなら
話がつけられます。

(玉子)私?
(高井)牧田会長です。

あちらが
私に会ってくれるでしょうか?