ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

ニッポンノワール 第9話 賀来賢人、広末涼子、井浦新、夏帆… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-#9【蘇る全ての記憶!覚せいの日、来たる】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ニッポンノワール
  2. 清春
  3. 記憶
  4. 息子
  5. ハァ
  6. 碓氷
  7. 克喜
  8. 新薬
  9. 計画
  10. 組織
  11. お前
  12. ホント
  13. 咲良
  14. 事件
  15. 星良
  16. USB
  17. お父さん
  18. ベルムズ
  19. 課長
  20. 人体実験

f:id:dramalog:20191208232757p:plain

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-#9【蘇る全ての記憶!覚せいの日、来たる】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

ニッポンノワール-刑事Yの反乱-#9[解][字][デ]【蘇る全ての記憶!覚せいの日、来たる】

ついに黒幕を追い詰める刑事。迎えた覚醒の日、男は全ての記憶を蘇らせる。判明する真相。女性刑事を殺した真犯人は!?……誰にも騙されることなかれ。超衝撃の第9話!

詳細情報
出演者
賀来賢人広末涼子井浦新夏帆工藤阿須加、立花恵理、佐久間由衣、栄信、水上剣星入山法子、田野井健、駒木根隆介、横山涼 / 矢本悠馬 / 杉本哲太笹野高史北村一輝
番組内容
亡き薫(広末涼子)が残したUSBの情報が開示され、清春賀来賢人)は喫茶店マスター深水喜一(笹野高史)のもとを訪れる。カウントダウンされていた覚醒の日を、ついに迎えることとなる刑事Y。『覚醒』、その意味とは――。そして全ての記憶を蘇らせ、ついに真相へと辿り着くこととなる。薫を殺した真犯人は誰か!?めまぐるしく展開したミステリーが佳境を迎える!第9話、『誰にも騙されることなかれ』。衝撃が待ち受ける!
監督・演出
【演出】西村了
原作・脚本
【脚本】武藤将吾
音楽
【主題歌】サザンオールスターズ「愛はスローにちょっとずつ」
【音楽】松本晃彦
制作
【プロデューサー】福井雄太、柳内久仁子
【製作著作】日本テレビ
【制作協力】AXON
おしらせ
【公式HP】https://www.ntv.co.jp/NNY/
【公式Twitter】https://twitter.com/NNY_ntv
【公式Instagram】https://www.instagram.com/nny_ntv/

 

 


(碓氷 薫)私に 一人息子が
いることは知ってるわよね?

(遊佐清春)ああ

確か名前は…
碓氷克喜

克喜は…

あなたの子供よ

おとなしいガキだな
ホントに俺の息子なのか?

ええ

前は あなたにそっくりだった

会って行かないの?

今更 どの面下げて
会えっつうんだよ

こんな所に呼び出して
何の用だ?

10億円強奪事件の
真犯人は…

私よ

あなたに真相を告げようと
思ったのは

この事件の根幹に

私たちの息子

克喜が関わっているから

克喜は

ニッポンノワール
極秘プロジェクト の犠牲になった

(薫)克喜は元々 あんな
おとなしい子じゃなかったの

手が付けられないくらい
気性が激しくて…

(碓氷克喜)殺す

(薫)それが たった2週間で
別人のようになった

克喜は…

人体実験を受けたの

(薫)
これまでの記憶を消去して

新たな記憶を植え付ける

矯正プログラムで
生まれ変わった克喜は

私の言うことを素直に
聞いてくれるようになった

でも…

あの子が 「はい 分かりました」
って言うたびに

苦しくなる

表情のない
あの子を見るのが つらくて

目を背けるようになって

私が諦めたから

受け止めて
あげられなかったから

私が

克喜を殺したの

いつから この中に入れてた?

(深水喜一) 何を?

俺の体が おかしくなる薬だよ。

班長から預かったUSBだ。

こん中にあったよ。

あんたがニッポンノワール
メンバーだっていう証拠が。

♬~


これはUSBに入っていた
ニッポンノワールの名簿を

コピーしたものだ。

こん中には
あんたの名前が載ってる。

あんたが黒幕なのか?

これが 私とニッポンノワール
結び付ける証拠だとは

いささか拍子抜けだね。

だから聞きに来たんだよ 真実を。

言ったはずだよ。

私は 都市伝説のような
ウワサしか耳にしたことがない…。

とぼけんじゃねえ。

ずっと疑問だった。

ただのカウンセラーだった
深水星良が

なぜニッポンノワールの しかも

極秘プロジェクトに
関わることができたのか。

班長は身内に ニッポンノワール
メンバーがいたから

組織に たどり着けた
って言ってた。

それで思ったんだよ。

深水星良にも同じことが
言えるんじゃねえかってな。

なるほど。

私がニッポンノワール
メンバーだから

星良が極秘プロジェクトに
参加できたと。

あんたの経歴を調べてみたら
科捜研を定年後

この喫茶店を開業するまでに
10年間の空白があった。

ほぉ
状況証拠は そろってるわけか…。

でも

あいにく 今 話せることは
何もない。

今?
そう。

まだ
その時ではないということだ。

(ドアベル)

佐清
本庁まで同行 願おうか。

あんたが呼んだのか?

♬~

(南武)
どうして宮城を殺したんですか?

(仁平) 私の指示じゃ ない
眞木の判断だ。

(南武) なら上司である
あなたの責任でしょう。

それを言うなら
眞木も相当な痛手を負った。

現場には 特別捜査班も
居合わせたらしいな。

つまり 君たちは遊佐の居場所を
把握していたことになる。

これは由々しき問題だ。

あいつらは碓氷の息子を
守るために体を張ったんだよ!

離せ…!
ニッポンノワールは何をたくらんでる?

おい‼

フフ…。

君らしくないな。

ここまで むきになるのは
やはり

ご子息が絡んでいるからか?

何のことだ?

以前 ベルムズの
行方不明者リストの中に

君の息子の名前を見つけた。

初めは 半グレ集団に

自分の息子が
名を連ねていることを

隠蔽したいのだと思っていた。

だが そうじゃ ない。

君は 独自に

息子さんとニッポンノワールとの
関係を探っていたんだ。

あんたには関係ないことだ。

清春さん!

悪かったな こいつ任して。

(深水咲良)
ホントだよ 呼んだと思ったら
すぐ消えちゃって。

どこ行ってたの?

bonnaroに寄ってた
マスターに話があって。

何で?

ファイターんとこ 行ってろ。
はい。

これは 班長のUSBの内容を
コピーしたもんだ。

マスターが ニッポンノワール
絡んでる可能性がある。

本人は否定してるし 証拠もない。

でも このUSBには もう1つ

パスワードが必要な項目がある。

それさえ開ければ
何か分かるかもしれない。

こんなのウソだよ…。

お父さんが
お姉ちゃんを殺した組織に

関係してるわけないじゃん。

♬~

おかえり。

清春君に会えた?

ううん 入れ違いだったみたい。

ふ~ん。

あのさ…。
ん?

いや 何でもない。

今日 疲れたから帰る。
そう?

おやすみ。
(深水) おやすみ。

(ドアが閉まる音)

あと

3日。

(キーボードを打つ音)

ハァ~ これもダメか…。

清春さん! 見てください!

ファイターさんから
ガルムフェニックスの下敷き

もらっちゃいました!

清春さんの分も もらいました。

よかったな。
はい。

じゃあ 歯磨きして来ま~す。

ガルムフェニックス…。

(キーボードを打つ音)

ビンゴ。

「ultimate program」。

究極の計画…。

(キーボードを打つ音)

マジかよ…。

(伊上) 警察病院の地下の件といい
今回の件といい

ニッポンノワール
一体 何が行われてるんですか!

(香月) 公安部は怪しさ全開だし
清春も消えちまうし…。

(江國) 課長。

ハァ…。

俺には 息子がいるんだ。

5年前に家出してから
一度も会ってない。

実は 少し前

その息子がベルムズの一員で
あることが分かった。

調べてみたら 警察病院に
行ってから消息不明らしい。

だが今回
碓氷の事件を追ってるうちに

ニッポンノワールと警察病院に
接点があることが分かったんだ。

ニッポンノワール

ベルムズを中心とした
未成年の子供に

人体実験をしていたんだ。

(伊上) 人体実験って…。

(香月) そんなの フィクション
でしか聞いたことないっすよ。

俺たちは この世界の全てを
知ってるわけじゃ ない。

むしろ ほんの一部しか
見えてないのかもな。

よし… 清春 捜せ。

いや 捜すふりをして…。

公安部の動向を探れ。

(刑事たち) はい。

(振動音)

(振動音)

(明海) あんた 今 どこにいんの?

(明海) はい。

(明海) これを調べればいいのね?
頼む。

あんたの言ってることが本当なら
とんでもないことだけど。

確かに どっちの結果でも
やりきれねえよな。

あんたも早く 報われるといいね。

なぁ 克喜
どっか行きたいとこ あるか?

えっ?
好きなとこ 連れてってやる。

ホントですか?
ああ どこがいい?

う~ん… 清春さんは
どこに行きたいですか?

あ? 何で俺なんだよ。

清春さんのことが
もっと知りたいんです。

行きたい場所…。

ここ よく来るんですか?

いや 初めてだ。

あそこにいるのが俺の親父だ。

ボケちまってて
俺のこと覚えてないらしいけど。

ここで待っててくれ。

(遊佐健作) どちら様ですか?

俺だよ 清春だ。

あぁ… そうですか。

あのガキは 俺の息子だ。

俺も父親になったんだよ。

俺は あんたみたいには ならねえ。

そう思ってた。

でも どう育てていいのか

どうやったら養って行けんのか。

誰も相談する相手がいねえから
不安しかねえ。

今なら あんたの気持ちが
少しは分かるよ。

いろんなもん
背負わせちまってたんだな。

♬~

ごめんな…。

清春…。

ごめんな…。

(健作) 清春…。

(健作) 清春…。

♬~

もう いいよ。

♬~

(芹奈)
出版社もダメ ブログもダメ。

どうやったら
ニッポンノワールの実態を

世の中に出せるんだろう?

(芹奈) 聞いてる?
あっ うん。

お父さんと宮城さんのためにも
真実を ちゃんと伝えないと。

≪2・1…≫
≪こんにちは みさぽよで~す≫

あれ 魁皇高校
立てこもり事件の人質になった

3年A組の生徒じゃない?

有名なの?

(芹奈) 立てこもり事件の裏話を
ライブで配信してるの。

結構 話題で。
(咲良) ライブで配信…。

(芹奈) これだ!
(咲良) ん?

ライブ配信で流すんだよ
ニッポンノワールのこと。

(咲良) えっ ちょっと!

(芹奈) ねぇ! ちょっといい?

(瑠奈) これ ホントに
流してもいいんですか?

(咲良) どういうこと?

(瑠奈) グッ クルっ パッて。

(咲良) ん?

大事な決断を下す時は
グッと踏みとどまって

クルっと頭を一周させれば
パッと正しい答えが浮かぶ。

ネットに何か流せば

それで人生 変わっちゃうことも
あるんで。

(美咲) でも これなら 流しても
スルーされるのがオチでしょ。

何で? 人体実験だよ
すごいネタじゃん。

(里見) リアリティーがない
っていうか

都市伝説としか思われないと
思うんだよね。

(美咲) ネットって
バズると一気に拡散するけど

それって
みんなが狙ってることだから。

実際に人体実験
やってるところだったり

インパクトのある映像があれば

みんなも もうちょっと
注目すると思うんだけど。

インパクトか…。

コンパクトだよ 腰だよ 腰! こう!

腰?
こう!

こう!
ボール見て ちゃんとボール見て

こう!
こう!

よし!

清春さん 来てください!

やだよ。
一緒にやりましょうよ!

こっちに来れば… あっ!

しょうがねえな。

今度は遊園地へ行きたいです
こんな角度の…。

待て 待て 待て…
何… 全然分かんねえ…。

えっ? 何 言ってんのか?

だから 何 言ってるか
全然 分からない…。

だから こんな角度…。
何?

ハァ ハァ ハァ…。

どうした?

怖くて…。

また 前の自分に
戻るんじゃないか。

あの頃みたいに すぐ
ひとに当たるんじゃないかって。

ハァ…。

せっかく 風呂入ったのに
こんなに汗かきやがって。

ハァ… すいません。

いいんだよ 戻っても。

俺が全部 受け止めてやる。

♬~

♬~

じゃあな。

♬~

(ドアベル)

今日で いいんだよな?

答えに たどり着いたようだね。

USBに載ってたよ。

あんたが言った
「まだ その時じゃ ない」。

あれは俺の覚醒を意味していた。

それが今日 12月15日。

(鍵を取り出す音)

(鍵を開ける音)

ついて来たまえ。


実は ここに
碓氷 薫君も来たんだよ。

ちょうど その辺りで
この前の君と同じ質問をした。

あなたがニッポンノワール
黒幕なんですか?

私は

黒幕じゃ ない。

でも ニッポンノワール
中心メンバーだった。

俺に実行した
アルティメットプログラム。

簡単に言えば
肉体改造のことだろう。

開発者は あんただ。

私は 定年後
ニッポンノワールに引き抜かれた。

その時 既に
極秘プロジェクトは進行していた。

未成年の犯罪者を
国に従順な人間に つくり変える。

それが目的だった。

でも 政府が欲をかいてね。

今度は軍事力の向上を目指した。

そこで 戦闘に特化した
兵隊をつくるプランが生まれた。

それがアルティメットプログラム。

もちろん 私は反対した。

でも 組織には逆らえなかった。

なぜだ?

星良を人質に取られたからだよ。

組織は 星良を
カウンセラーとして招き入れたんだ。

(深水の声) プロジェクトの
全容を知ったのは

宝生順平の記憶が
改ざんされた後だった。

そこで 私が計画に
関わっていることも知った。

(深水星良)
お父さん どうして…

それからというもの

私は自分の思想や信念を捨てて
研究に没頭した。

プログラムさえ完成すれば
我々 親子は解放される。

そう信じて。

でも

娘は違った。

私は この事実を
世間に公表する

お前は組織を甘く見てる!

私は ニッポンノワール
お父さんも

絶対に許さない

(深水の声) 数日後。

星良は宝生順平に殺された。

そして 私は組織を抜けた。

実験データを全て捨てて。

これでプロジェクトは消滅した

…はずだった。

今も 極秘プロジェクトは
続けられています

バカな…
(薫)星良が

あなたの研究データを
抜き取っていたんです

世間に公表するために

組織は星良を殺害して

その研究データを奪った

それを基に

プロジェクトは
再開されたんです

ベルムズの
行方不明者リストです

そのほとんどが

警察病院で消息を絶っています

まさか!

あなたの開発した

アルティメットプログラムの
犠牲者です

私が
研究を続けたばっかりに…

(薫)これからも
犠牲者は増えるでしょう

支配されるために

人間の中身を変えるなんて
間違ってます

ニッポンノワール
恐るべき実態を

世に公表するべきです

(薫)お願いします

星良の無念を

一緒に晴らしてください

(深水の声) 私は彼女の申し出を

断った。

何でだよ 研究に携わったことを
後悔したんだろ? だったら…。

私には咲良がいる!

どうして私が すんなりと
組織を抜けられたと思う?

取引したからだよ。

咲良には
手を出さないことを条件に

組織の一切を口外しないこと

そして…

新薬を完成させること。

新薬?

事件のあった東堂銀行には
10億円の他に

アルティメットプログラムを
強化する新薬が保管されていた。

んだと…?

その新薬のデータは

もう この世にはない
私が全て消去した。

つまり 現存する新薬は
形になっている その ただ1つ。

薫君は それを手にしたんだ。

ニッポンノワール
躍起になっているのは

その新薬を取り返すためだよ。

その新薬の在りかを知るのは…。

君の記憶だけ。

君の体について話す前に

まずは 君の記憶を
呼び起こす必要がある。

真実を知る 覚悟はあるか?

ここまで来て

「ない」なんて言うわけねえだろ。

いいだろう これを見てくれ。

♬~

(清春が倒れる音)

(足音)

清春

今の話 ホントなの?

聞いてたのか。

お父さんは
ニッポンノワールの一員で

人間をつくり変える
研究をしてて

多くの命を奪った そうなの?

心のどこかで

この研究が未成年犯罪者の
更正につながると思っていた。

でも… そうではなかった。

当たり前でしょ!

お父さんが こんなプロジェクトに
関わってなければ

お姉ちゃんは死なずに済んだし

多くの犠牲者も
出ることはなかった。

その通りだ。

私のやったことは
許されることじゃ ない。

だったら ちゃんと全部 話して!

私を言い訳にして逃げないでよ!

お姉ちゃんは子供たちの更正を
心から願ってた。

「人の数だけ

生きて来た環境も違うし
培った感情も違う。

だから 一人一人ちゃんと

向き合わなきゃいけないんだ」
って。

それをさ

こんなやり方で一緒くたに扱って
更正とか口にしないでよ!

お姉ちゃんの思いを
踏みにじらないでよ。

そうかもしれない。

でも…。

もう遅いんだ。

私は…

怪物を生んでしまった。

(碓氷政明) 君は…

家族のことを
考えたりしないのか?

(陣内) 記憶を消したのは
あなたでしょ フッ…。

(陣内) 昔のことなんて

どんな顔してたなんて
覚えてないですよ。

俺は その代わりに

今の地位と金を手に入れた。

これからも

よろしく頼むよ。

(碓氷) あぁ そうだ。

新薬が手に入ったら
また 5人ほど用意してくれ。

分かりました
悪そうなガキ 見繕っときます。

ハハハ…。

(碓氷) 何で 貴様が…。

(ボイスチェンジャー) 俺に内緒で
いろいろ やってくれたな。

ちょっと待ってくれ…
俺は関係ねえよ!

(消音銃声)

あぁ!

(ボイスチェンジャー) ヤツと手を組んだのは
俺を排除するためか?

我々を殺したところで…

組織が 消えることはない。

(ボイスチェンジャー)
分かってるよ そんなこと。

(消音銃声)

あんたの命も危ねぇはずだ
そうね

これから どう動くつもりだ?

あなたに
全ての罪を かぶってもらう

10億円強奪事件の首謀者は

あなたよ

何 言ってんだよ
まだ分からないの?

私が
ホントに許せなかったのは

ニッポンノワールでも
人体実験でもない

あなたなの

正気かよ

たった一度の過ちで
私の人生は狂った

妊娠が分かった時

あなたに相談しようとしたのよ

でも あなたたちが

私を賭けの対象にしていたことを
知って

幻滅した 後悔した

でも おなかの子に罪はない
そう思って克喜を産んだの

なのに克喜は

私に懐くどころか 牙をむいた

何で産んだんだろう…

そんな時に
あなたと再会したの

でも あなたは

私のことを
何も覚えてなかった!

だから決めたのよ

あなたへの復讐を

何が復讐だよ

俺を殺しても
あんたの罪は消えない

ホントに そう思う?

私は

あなたが10億円強奪事件の
真犯人だというシナリオを書いて

その証拠も残して来たの

あとは
正当防衛であなたを殺すだけ

待て 落ち着け

私の苦しみを味わいなさい!

離しなさい! 離して!

銃声

♬~

♬~

(深水)
記憶は よみがえったかな?

何を思い出した?

俺だ…。

班長を殺したのは…。

俺だ…。

俺は拳銃を奪って…。

彼女を殺した…。

俺が班長を…。

克喜の母親を殺したんだ…。

その時 銃声は何発 鳴った?

1発。

そうか…。

なら 今度は
これを見てもらいたい。

(リモコンの操作音)

♬~

(南武) 捜査本部を設置しないって
どういうことですか?

分かるだろ 元警察庁長官

半グレのリーダーと
一緒にいたことが知られたら

マスコミの格好の餌食だ。

ガスマスクの男が
目撃されてるそうですね。

あいつが暴走したんだよ
バカなことを…。

(ノック)
(江國) 失礼します。

(仁平) とにかく
この件は公安部が引き受ける。

(ドアの開閉音)

(江國) 実は とんでもないことが
判明しまして。

どうした?

殺された陣内凪人ですが

人格矯正プログラムを受けて

名前や経歴を詐称していました。

宝生順平と同じケースです。

これが その…
DNA鑑定の結果です。

♬~

(江國) 陣内凪人は

行方不明になっていた
南武課長のご子息です。

(書類を握り締める音)

♬~

何やってんだよ お前はもう…。

お前… 陣内なんて
ただのクズだろう。

お前 こんなヤツになりたくて…

顔や記憶まで変えたのか… え?

こんな死に方したくて
家出したのか バカ野郎…。

何で… 何でだよ…。

(南武の泣き声)

俺も 母さんも… お前のこと
ず~っと待ってたんだぞ。

なぁ…。

ミット打ち 教えてやるって
約束したじゃねえか…。

約束したろ?

お前 ず~っと…
ずっと待ってたんだぞ。

(泣き声)

こいつ… こいつは
ニッポンノワールに踊らされて

死んだってことか…。

(振動音)

全ての記憶が よみがえりました。

直接会って お話しします。

それと…。

課長に頼みがあるんですが。


ハァ… 心配すんな
みんな出払ってる。

(南武) 記憶が戻ったらしいな。

ええ
事件のことも思い出しました。

聞かせてもらおうか。

碓氷 薫を殺したのは

俺です。

碓氷 薫は

俺を犯人に仕立て上げるつもり
だったんです。

だから俺は あの女から
拳銃を取り上げようとした。

その時に もみ合った勢いで
つい撃っちまった。

俺は 頭を打って記憶を失った。

それが事件の真相だ
っていうのか?

フフフ…。

笑えますよね。

こんだけ風呂敷 広げといて
俺への復讐だった。

しかも 俺が殺したなんて。

でも 強盗団を撃ったのは
俺じゃ ない。

10億円強奪事件で

碓氷 薫の共犯者だったヤツの
仕業です。

共犯者?

それ誰だ?

あなたですよ 南武課長。

え… か… 課長が共犯?
どういうこと?

ハァ~
何を言いだすかと思ったら…。

冗談は 銃を下ろしてから言えよ。

こっから先は
腹割って話しましょうか。

(銃声)
(名越) あっ! あ~! あ~!

(前園)
バレてたんじゃないですか?
俺たちのこと。

盗聴器のほうは大丈夫みたい。

(スピーカー:清春) 陣内凪人。

さっき亡くなったみたいですね。

あいつは あんたの息子だった。

どうして知ってる?
班長のUSBですよ。

あんたの息子は
人格矯正プログラムを経て

宝生順平のように記憶を変え
顔を変え 性格まで変わった。

きっと あんたのことなんか
覚えてなかったんだろうな。

何だと?

ずっと前から
知ってたんじゃねえのか?

陣内凪人が自分の息子だって。

(机を蹴る音)
お前 いいかげんにしろよ。

あんたは
10億円強奪事件が起きる前に

碓氷 薫から計画の全容を聞いた。

そこで ニッポンノワール
ベルムズの関係も知ったはずだ。

もし計画が成功すれば

ベルムズのリーダーである
陣内凪人が

ニッポンノワール
スケープゴート にされるかもしれない。

だから あんたは
計画を狂わせるために

強盗団を撃った。

銃を捨てろ。

捨てろっつってんだよ。

(スピーカー:南武) 俺が陣内の正体を
知ってただと?

もう一度 言ってみろ!

そんなもん知ってたら とっくに
パクってるに決まってんだろ!

陣内 取り調べたの
お前だったよな。

どうして気付かなかった?

どうして気付かなかった!

俺だったら気付いてたよ…。

あいつだって…。
(銃が落ちた音)

こんな近くにいたのに…。

あんたの懺悔なんか
どうでもいいんだよ‼

俺はな 10億円の在りかが
知りてぇだけだ。

碓氷 薫は俺に言った。

「10億円と新薬は

共犯者に計画を打ち明けた場所に
隠した」ってな。

(スピーカー:清春)
あんた どこで計画を聞いた?

(スピーカー:清春)
10億は どこにある?

共犯者に打ち明けた場所だと?

知らねえよ そんなもん。

俺はな 10億が欲しいんだよ。

さっさと答えろ。

それが お前の本性か?

警視庁のガンだからな。

撃ちたきゃ撃て。

なら望み通りにしてやるよ。

(銃声)

課長!

課長! しっかりしてください!

課長!
う… あぁ…。

ア~ンビリ~バボ~ッ!

あれ? 先輩は? 先輩!

まだ遠くには行ってねえはずだ!
捜して来る!

あっ… ハァ ハァ…。

(物音)

≪遅かったな≫

(照明のスイッチを押す音)

残念ながら そこには
10億円も新薬もねえよ。

危うくウソの記憶を
信じるとこだった。

俺の最後の記憶を改ざんして

真犯人に仕立て上げようなんて

ナメたまねしてくれんじゃねえか。

あの後

本当の記憶を取り戻したんだ。

今回の計画を
誰かに漏らしたか?

1人だけ

この山小屋で

全てを打ち明けた

つまり

ここは真犯人しか
知り得ない場所ってわけだ。

「10億円と新薬は

共犯者に計画を打ち明けた場所に
隠した」ってな

あんた どこで計画を聞いた?

お前の化けの皮

剥がしてやるよ。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

(スピーカー)
♪~ さりげなく さりげなく