ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

悪魔の弁護人 第1話 要潤、ベッキー、玄理、本村健太郎、田中こなつ… ドラマの原作・キャスト音楽など…

『オトナの土ドラ・悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲~ #01【悪徳】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 被告人
  2. 亜季子
  3. 倫子
  4. 吉脇
  5. 御子柴
  6. 裁判長
  7. 晃君
  8. 紗矢
  9. 青柳
  10. 弁護人
  11. 裁判
  12. 被害者
  13. 弁護士
  14. 三条
  15. 子供
  16. 伸吾氏
  17. 母親
  18. 自殺
  19. 先生
  20. 津田

f:id:dramalog:20191208083120p:plain

『オトナの土ドラ・悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲~ #01【悪徳】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

[新]オトナの土ドラ・悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲~ #01【悪徳】[字]

悪徳、法外な報酬、絶対勝訴。悪魔と呼ばれる弁護士・御子柴礼司(要潤)には、凶悪犯罪を犯した元少年Aという衝撃の過去が!逆転に次ぐ逆転、戦慄の法廷ミステリー開幕!

詳細情報
番組内容
勝つためなら手段を選ばない“悪魔の弁護人”御子柴礼司(要潤)。失職中の日下部洋子(ベッキー)は、そうとは知らず御子柴法律事務所の事務員に採用されてしまう。そんな中、御子柴は主婦の津田亜季子(奥菜恵)による夫殺し裁判に興味を持ち、担当弁護士から強引な手で弁護を奪い取る。法廷で御子柴を敵視する次席検事・岬恭平(津田寛治)と対峙する御子柴。果たして御子柴の目的とは?二転三転の法廷ミステリーが幕を開ける!
出演者
要潤 
ベッキー 
玄理 
本村健太郎 
田中こなつ
 ・ 
奥菜恵 
勝野洋
 ・ 
津田寛治
スタッフ
【原作】
中山七里(講談社文庫)(弁護士・御子柴シリーズ)
『贖罪の奏鳴曲』『追憶の夜想曲』『恩讐の鎮魂曲』『悪徳の輪舞曲』

【企画】
市野直親(東海テレビ

【脚本】
泉澤陽子

【音楽】
島崎貴光スマイルカンパニー) 
佐々木裕(スマイルカンパニー) 
コヤマヒデカズ(スマイルカンパニー

【監督・演出】
村谷嘉則

【協力プロデューサー】
遠山圭介(東海テレビ
スタッフ2
【プロデューサー】
松本圭右(東海テレビ) 
渡辺良介(大映テレビ) 
椋尾由希子(大映テレビ

【制作著作】
大映テレビ

【制作】
東海テレビ
ご案内
公式サイトやSNSなど、充実のウェブコンテンツは「オトナの土ドラ」で検索!! 

【公式サイトURL】
https://www.tokai-tv.com/akumanobengonin/

【公式ツイッター
@tokaitv_dodra 

【YouTube
東海テレビ公式チャンネルも好評配信中!

 

 


♬~

♬~

♬~

♬~

♬(『熱情』)

♬~

(洋子)ここだ。

♬~

(ノック)

あのう。
すいません。

♬~

♬~

(御子柴)日下部 洋子さん?

はい。
時間に 正確だな。

結構だ。 採用しよう。
えっ? あっ。 あのう 履歴書を。

顔を見れば だいたい 分かる。
猫の手も 借りたい。

早速だが 表の プレートと
チャイムの

修理業者を 手配してくれ。
あの。 壊されちゃったんですか?

裁判で負けた 腹いせだろう。
よくあることだ。

被害届 出した方が。

ビル自体が オートロックでも
何でもない。

誰でも 入ってこられる。
被害といっても

プレートと チャイムだけだ。

お巡りが 来たところで
仕事の邪魔になるだけ。

業者を呼んで 新品を
作らせた方が 効率的だ。

は… はい。

君には
事務仕事 全般を お願いしたい。

分かりました。
行くぞ。

えっ?
これから 法廷だ。 ついてこい。

はい…。

(宝来)担任の 村田先生の証言から
分かるように

被害者の 安武 晃君は
クラスメートから

集団で いじめを
受けていたんです。

(宝来)被告は
その首謀者でした。

晃君が 自殺した責任が
被告にあることは 明白です。

(裁判長)被告代理人
反対尋問を。

はい。

自殺した 安武 晃君の
ことし 最初の 成績は?

(村田)クラスの真ん中より
少し 上ぐらいの 成績でした。

最近は どうでしたか?
(村田)自殺する 数カ月前から

成績が 落ちていました。
相談されたことは?

(村田)あります。 志望校を
変えた方が いいかと

悩んでいました。
成績が落ちた 原因は?

(村田)それは…。

なるほど。
晃君は 進路に悩んでいた。

晃君の家は 母子家庭です。

母親の 晃君にかける期待が
晃君にとっては

プレッシャーに なっていたとは
考えられませんか?

(村田)それも あると 思います。

いじめは 卒業までの
一過性のものです。

しかし 進路は
一生を 決めることです。

晃君の自殺は 将来のことを
悲観したのが 原因だったんです。

母親の 別れた夫を
見返したいという 思いが

晃君を 追い詰めたんです。

(里美)違う。
尋問は 以上です。

(里美)晃は
いじめで 自殺したのよ。

いいかげんなこと 言わないで!

(裁判長)傍聴人。 静粛に願います。
(里美)ホントです。

いじめで 自殺したんです!
(裁判長)静粛に。

加害者を 弁護することに
抵抗は ないんですか?

(里美)あんたのせいで
うちの子は 犬死にじゃない。

結局 金なの?
恥ずかしくないの?

もらえるものを もらえれば
何でもする。

それが うちの方針だ。

殴りたければ 殴れ。
裁判を起こせば 賠償金が取れる。

あんたに 払えるかな?

(里美)一生 恨んでやる。

あんたなんか 人間じゃない。
この悪魔!

♬~

♬~

♬~

えっ!?

出掛けてくる。
あのう。 先生。

落書きが…。
消しておけ。

はい。

♬~

(宝来)どういうことだ?
宝来先生の事務所で

行われている 業務が
弁護士法に 抵触する

非弁行為に 当たることを
示唆する 報告書です。

先生の事務所では 一日 平均で
200人以上の顧客を 裁いてますね。

宝来先生 含めて
事務所が抱えてる 弁護士は 3人。

単純計算しても
一人当たり 一日

67人もの依頼者と
面談することになる。

とうてい あり得ない。

弁護士でない 事務員にも
事件処理を 任せているとしたら

いわゆる 非弁行為。
重大な違反だ。

弁護士会 会長を 狙う
先生にとって

致命的な失点に
なるでしょうね。

こんなことして。

あんたに 何の得がある?

先生は 世田谷で起きた
夫殺しの事件で

被告人の 津田 亜季子の
弁護人を されていましたよね?

私と 代わってくれませんか?

被告人は ただの 主婦だぞ。

会社の 役員でもない。
地位も 名誉も 財産もない。

何が狙いだ?

何が目的で そんな
一文の得にもならない 裁判を?

本当に もうかる話なら
決して 他人には 教えないだろ。

(亜季子)どうして 私の弁護を
引き受けてくれるんですか?

身勝手な女の 夫殺し。

世間では ちょっとした話題に
なっている。

いつの世も ヒーローと
ヒールは お茶の間の人気者だ。

だが 大抵の場合 報道時点で
ヒールは 塀の中だから

その代理人が スポットライトを
浴びることになる。

(亜季子)売名?
あけすけに言えば そうなるな。

一つだけ 条件がある。

刑事や 検察官には
嘘を言ってもいい。

だが 私にだけは
真実を 話してくれ。

洗いざらい 何もかもだ。

拘置所を 出るまでは

あなたの味方は
世界中で 私しか いない。

(亜季子)分かりました。

早速 本題に入ろう。
事実確認から したい。

ことしの 4月25日。 あなたは
夫である 伸吾氏を 殺害した。

浴室の中 カッターナイフで

後ろから
首筋を 何度も 突き刺した。

それは 確かか?

なぜ 殺した?

あの男は ろくでなしでした。

会社を リストラされてから
3年。 再就職もせず

ずっと 部屋にこもって
株の取引で 損ばかり 出して。

そんなとき パート先の
吉脇さんが 優しくしてくれて。

夫と別れて
その彼との結婚を 夢見た?

そうです。
だけど 夫は

私と 吉脇さんが
付き合ってることを 知ると

私のことを
散々 ののしりました。

それで つい かっとなって。

「つい」か。

前もって 凶器を
用意したのではなく

あくまでも その瞬間に
殺意が湧いたと いうんだな?

(亜季子)そのとおりです。
他に 同居家族は?

娘が 2人。
長女の 美雪と 次女の 倫子です。

あなたは 夫と別れて 新しい
生活を 始めようと思っていた。

では その 2人の娘は
どうするつもりだったんだ?

(亜季子)かわいそうだけど
あの家に残しておくつもりでした。

(亜季子)連れ子なんか いたら

吉脇さん 絶対 一緒に
なってくれないと 思いましたから。

検察側の論告は
全て 認めるんだな?

全てじゃ ありません。
計画的じゃ なかったんです。

殺人を認めた上に

動機は とても
斟酌できるものではない。

その上で 依頼人としては
何を望む?

罪を軽くしてください。

一刻も早く
ここから 出してください。

罪を償おうという 気持ちは
ないのか?

それより 娘たちのことが
心配です。

はっ?

(亜季子)10年以上も あの子たちを
放っておくことなんか できません。

おかしいな。
さっきは 娘を

置き去りに するつもりだったと
言ったじゃないか。

夫が いなくなった今

あの子たちを ちゃんと
育てられるのは 私だけです。

(あすみ)ああ。 御子柴 礼司って

お金に がめつくて 結構
いろんな人から 恨まれてるよ。

また よりによって
とんでもないとこ入っちゃったね。

大丈夫だよ。

お給料 いいし
定時には 帰れるし。

まあ 悪魔って
呼ばれてるだけで

さすがに 命まで
取られるわけじゃないから。

そこに いられると 邪魔だ。

すいません。
おかえりなさい。

宝来弁護士から 公判資料 一式が
届きました。

被告人 どんな人でした?

そんなことは どうでもいい。
えっ?

悪人だろうが 善人だろうが

被告人の利益に なることを
見つけるだけだ。

(紗矢)調書を お持ちしました。
(岬)ああ。 そこ 置いといて。

(紗矢)はい。 もう少し お仕事を
セーブされたら いかがですか?

今の時代 働き方改革ですよ。

ハハハ。 気遣いは うれしいが
心配には 及ばんよ。

このぐらいの分量
こなさなくては

せっかく 送検してくれる 現場の
警察官に 申し訳ないからね。

なあ? 横山君。

秩序っていうのは いったい
誰が つくるもんだと思う?

(紗矢)法律では ないのですか?

(岬)惜しいな。
法律では あるんだが

その中の 罰則こそが
秩序安寧の 根幹なんだ。

どんな悪事も いずれは 露見し

裁きを受けた上で
相応の罰が 与えられる。

その認識こそが
秩序に 直結してんだ。

だから われわれは
どんな罪に対しても

寛容であっては いけない。

例えば 先日の
世田谷 夫殺しにしても

裁判所は こちらの求刑どおり
懲役 16年を 申し渡した。

求刑どおりの 判決ってことは
裏を返せば

もう少し 厳罰にすべきだっていう
裁判所の 見解なんだ。

(紗矢)そういえば この事案

弁護人が 交代したことを
ご存じですか?

交代?
(紗矢)控訴手続きした その直後

先任の弁護士が 辞任したんです。
へぇ。 後任 決まったの?

(紗矢)御子柴 礼司 弁護士です。

この事案は 私が 担当する。

次席検事 自らですか?

以前 地裁で
私が有罪にした 案件を

控訴審で 御子柴に
ひっくり返されたことがある。

あれは 明らかに 有罪だった。

控訴審にも 私が立ってれば
そんなことは させなかったんだが。

法曹界の人間として
御子柴のような 弁護士を

好きにさせといては
いかんからな。

♬~

あすみは すごいよ。
自分の夢 貫いて

司法担当の 記者になってさ。
同じ大学 出たのに 今じゃ全然。

(あすみ)洋子は
運が 悪かっただけ。

新卒で入った 会社が
ブラック企業だったんだから。

あっ。 そうだ。
洋子が 言ってたさ

事件の記事 まとめといた。
ホント? ありがとう。

(あすみ)被告人の
津田 亜季子は

浮気相手と 一緒になるために
邪魔な夫を 殺した。

(あすみ)2人いる 娘のことも
見捨てようとした。

ひどい。

身勝手過ぎる 主婦だって
裁判員の心証が 最悪だったの。

それに もう 犯行を
全面自供してるしね。

いくら 御子柴弁護士でも

よっぽどのことが ないかぎり
勝ち目は ないんじゃないかな?

吉脇さん。 津田 亜季子さんとは
お付き合いされてたんですか?

(吉脇)ちょっと。
性交渉は あったんですか?

一度ですか?
それとも 何度か?

(吉脇)ありませんよ 一度も。

そもそも 付き合ってません。
こっちは 迷惑してるんです。

もっと 詳しく 伺えますか?

ああ!?

はい。 御子柴 法律事務所です。

あっ 先生。

(チャイム)
あのう。 どうして 私も?

来れば 分かると 言っただろ。
はあ。

(倫子)いらっしゃい。
えっ?

(倫子)倫子
お茶 入れてあげるね。

あのね 倫子ちゃん。
大人の人は いないの?

(倫子)お姉ちゃん
病気で寝てるの。

そう。
あれ?

何してるんですか?

母親が いたときから
ごみ箱の位置は 変わってないか?

(倫子)うん。

検察側の 証拠品リストによると

ここに 避妊具の パッケージが
あったらしい。

何やってるんですか?
子供の前で。

私が 家の中を 調べてる間
子供の相手を しておいてくれ。

理屈が 通じない相手は
嫌いだ。

あっ。 その前に 長女の美雪にも
会っておきたい。

(倫子)お姉ちゃん お客さん。
入ってもいい?

≪(美雪)ちょっと待って。

(美雪)すいません。 こんな格好で。
体調を 崩してまして。

君の母親の弁護を 引き受けた
御子柴だ。

あっ。 怖い顔してるけど
有能な 弁護士の先生なんだよ。

(美雪)そうですか。

ここは 私が。

あのね 下の部屋を
調べさせてもらいたいの。

どうぞ。
倫子。 案内してあげて。

(倫子)OK。

やっぱり 相当
ショックだったんでしょうね。

美雪ちゃん。
お前は 怖くないのか?

母親が 父親を刺したんだぞ。
ちょっと。

倫子 怖くないよ。 だって ママが
そんなことするはず ないもん。

こっち こっち。
お姉ちゃんも 座って。

お邪魔します。

ここ 座っていい?
ふかふか。

≪(要蔵)倫子。
お客さんか?

(倫子)あっ。 おじいちゃんだ。
(要蔵)ああ。 どうも。

(要蔵)御子柴先生。 亜季子さんを
助けてやってください。

息子さんを 殺害した
犯人でもですか?

(要蔵)あれは
孫娘たちの 母親です。

父親が 死んでしまった以上

一刻も早く 母親を
帰してやらんと。

では 率直に 言いましょう。

減刑を 勝ち取る。
つまり 情状酌量のためには

亜季子さんに 同情できる材料が
必要となる。

逆に言えば 伸吾さんを
あしざまに 扱うことになる。

死者に むち打ってでもと
いうことですか?

それが 弁護士の仕事です。

伸吾さんの
日ごろの言動について

警察に 言わなかったこと
言いたくなかったことを

全て お話ししてください。

≪(ノック)
≪(紗矢)失礼します。

はい。

(紗矢)
御子柴 礼司についてなのですが。

ああ。 何か 分かった?

(紗矢)大学ではなく 大検を経て
司法試験を受け

弁護士に なっています。

弁護士会の中でも
誰とも群れず

一匹おおかみ的 存在のようで。
それ以外の情報は 不明です。

何者なんだろうな。

今までに 御子柴が担当した
案件の 裁判記録は

お読みになりましたか?
ああ。 読んだ。

どの裁判も 強引な手を使って
勝訴に 導いています。

法の抜け道を
突いてくるというか。

しかし あしたは そうは いかん。

罪を犯した者には それ相応の
罰を 受けてもらわんとな。

今 お茶 入れます。

あっ。 それ 本に挟まってました。
お父さまですか?

私に 父は いない。
えっ? じゃあ この人は?

君には 関係ない。

大事なものなんですよね?
写真立てに 入れましょうか?

大事なものでは ない。

呪いだ。
えっ? 呪い…。

あしたの弁護に 集中したい。
一人にしてくれ。

はい。

♬~

♬~

あれが 岬 恭平。
次席検事で 検察のエース。

自ら 法廷に立つなんて
異例のことだよ。

弁護側のポイントは 量刑の
16年を どれだけ 減らせるか?

♬~

♬~

(三条)弁護人。
控訴趣意書に

原判決には
「事実の 誤認がある」としか

記載されていません。

申し訳ありません。 裁判長。

控訴理由の 詳細については

この場で 明らかにしたいと
思います。

(三条)では どうぞ。

弁護人は 殺意の不在を理由に

被告人 津田 亜季子の
無罪を主張し

原判決の破棄を 求めます。

あり得ない。

(吉脇)吉脇 謙一。
緑川 会計事務所で

公認会計士を しています。

被告人の 職場の同僚ですね?
(吉脇)そうです。

一審の判決文の中では

被告人が あなたに
恋愛感情を 抱いたのが

動機の 一つのように
記されています。

そういったことを
打ち明けられましたか?

(吉脇)とんでもない。

プライベートで
津田さんから 聞く話は

娘さんのことばかりでした。

仕事の合間に ランチに
行ったこと ありますが

そのときの会話も
仕事の愚痴ぐらいで。

では 逆に 変だと
思いませんでしたか?

プライベートの話も
まともにしない 同僚が

自分と 一緒になりたいがために
夫を殺したと 聞いて。

そりゃ 思いましたよ。
全然 身に覚えのない話ですから。

なるほど。 身に覚えがない。
だとすれば

動機が ねつ造されたという
感触は ありませんか?

裁判長。 誘導尋問です。

(三条)認めます。 弁護人。
質問は 慎重にしてください。

それでは 質問を変えます。

つまり 証人としては

自分が 伸吾氏を殺害した
動機だとは

思えないと いうことですね?
(吉脇)ええ。 そのとおりです。

裁判長。 ここで 弁護人は
先に 検察側が提出した

甲七号証を 弁号証として
使用します。

注目したのは この 3枚目。

キッチンの くず籠に投げ込まれた
ごみの内容です。

丸められた ティッシュ
輪ゴム。

カップ麺 および 冷凍食品の
容器と 袋。

事件当日を 含めた
4日分の 折り込みチラシ。

そして 避妊具の パッケージ。

被告人と 伸吾氏の間には
事件直前まで

夫婦関係が 継続していたことが
分かります。

そして 今の 吉脇証人の 証言と
重ね合わせても

被告人が 夫を 排除するため
計画殺人を 実行したというのは

不自然 極まりない。

裁判長。 反対意見を。
(三条)どうぞ。

えー。 弁護人は あれかな?
未婚者なのかな?

夫婦というものが あまり
お分かりに なってないようだ。

夫婦仲の よさと
夜の営みの 有無に

厳密な 相関関係は ありません。

それこそ 夜の お務めという
言葉どおり

義務で続けてる 夫婦も
あるでしょう。

また 計画性という
観点から見れば

被害者を 油断させるために

性交渉に 応じていたという
考えも 成り立ちます。

そもそも 被告人には
伸吾氏を殺害する

明確な動機が ありました。
それを 次の証人で 証明します。

(青柳)青柳 俊彦。

東京モーゲージという
金融業に 従事しています。

世田谷の家を 担保に

津田 伸吾氏に
6, 000万 融資してました。

被害者は 3年前に退職して
デイトレーダーをしていた。

ですが 収入は ほとんど
なかったんですよね。

そんな人に 数千万もの融資を
するもんですか?

(青柳)担保となるものさえ あれば
収入は 関係ないというか。

ですが 被害者の株式投資
破綻してたって 聞いてます。

投資していた株の ほとんどが

塩漬けになってたって
話ですからね。

あなたは 担当者として
督促を行いましたか?

(青柳)もちろんです。

何度も ご本人に
連絡を取ろうと 試みました。

試みた? ということは 実際には
会えなかったんですか?

(青柳)まったく
会えませんでしたね。

本人に 会えなかった場合は
どうするんですか?

(青柳)奥さんに 伝言を
お願いして 帰りました。

保証人でもない方に
請求は できませんから。

被告人は 督促に訪れた
あなたに 何を話しましたか?

(青柳)普通の 奥さま方と
一緒です。

《申し訳ありません》

《私が払えるんだったら
そうしたいんですけど

パート勤めですので》

《夫には 伝えておきますので
もう少し 返済を待ってください》

被告人に 聞きます。

先ほど 証人が話したことは
全て 事実ですか?

(亜季子)事実です。
うん。

夫が 多額の借金を つくって
自宅が 二重抵当になり

業者からの督促が
毎日のように やって来る。

あなた どんなふうに
思いましたか?

夫に対して。
現状の生活に対して。

日々の生活に
混乱を招く 邪魔者。

さらには 子供の将来を つぶす
害悪にも 相当した。 違いますか?

裁判長。
今のは 完全な 誘導尋問です。

(三条)認めます。 検察官は
質問の方法を 変えてください。

では…。
うっとうしいと 思いました。

(あすみ)あーあ。
言っちゃった。

では 怒りのような感情は
あったわけですね?

(亜季子)普通の奥さんだったら
みんな そう 感じると 思います。

質問は 以上です。

青柳さん。 あなた
インサイダー取引してますよね?

あなたが 回収で
津田家を訪れた際

いつも 応対するのは
被告人でしたか?

(青柳)ああ。 いや。

夕刻前には 奥さんが
不在のときも ありました。

そんなときは 誰が
応対に出たんですか?

上の 娘さんです。

《お父さんは いません》

♬~

《ごめんなさい。
今日は 帰ってください》

あなたは 何か
思うことが ありましたか?

腹が立ちました。
人間として 許せませんでした。

何が 許せなかったんですか?
子供を 利用したことです。

私も 人の親なので
なおさら 卑劣に感じました。

卑劣ですか。

裁判長。 新たな証拠として
弁四号証を 提出します。

これは 被告人家族の
事件発生直前までの

診療記録です。

期間は 2年前の 10月から
ことしの 1月にかけての

1年3カ月。
ご覧のとおり

被告人が 5回。 子供たちが 2回
受診していますが

その いずれもが
外傷によるものです。

長いもので 全治 3週間。

その どれもが あざが
残るぐらいの 打撲でしたが

それらは 全て 被害者である
伸吾氏から 受けたものです。

伸吾氏の父 要蔵氏が
それを 認めています。

暴力は 恒常的に 行われていた。

被告人と 子供たちは 常に 恐怖と
隣り合わせだったはずです。

被告人が 自身と 子供たちの
身を守るため

被害者に 抵抗したのは

急迫不正の侵害が
生じたからと いえます。

つまり 正当防衛です。

裁判長。 今の弁護人の発言は
誤認への誘導です。

このカルテは 最新のものでも
事件の 3カ月も前なんです。

つまり 被告人の犯行が

急迫不正の侵害に対する
防衛というのは

ただの こじつけです。

そもそも 被告人は
被害者を 殺害すべく

カッターナイフを 握って
浴室に 飛び込み

丸腰の被害者の首を
背後から 三度 刺した。

これは 被告人自身が
認めてる 事実なんです。

法廷で 裁かれるべきは
動機ではなく 行為のはずです。

裁判官殿には 弁護側の詭弁に
翻弄されることなく

厳正なる審議を
よろしく お願いします。

(三条)弁護人。 他に
陳述することは ありますか?

ありますが 準備不足です。

(三条)では 次回公判は
2週間後の 午前 10時。

よろしいですか? 閉廷。

裁判の行方 分かんなくなったな。

減刑は あり得るかもしれない。

亜季子さん。
どう 思ってるんですかね?

どういう意味だ?

裁判のことは
よく 分かりませんけど

亜季子さん 自分の裁判なのに
何だか 人ごとみたいだったので。

その目は
ただの節穴じゃ ないようだな。

えっ?
あの女は 何かを隠してる。

噂どおり 強引な やり方だな。
法の抜け道を 突いてくる。

抜け道のつもりは ない。
解釈の違いだろ。

ハハッ。 私はね

法律の中でも 罰則こそが
秩序安寧の 根幹だと 思ってる。

どんな悪事も いずれは 露見し

裁きを受けた上で
相応の罰を 与えられる。

その認識が
秩序に 直結する。

だから われわれは どんな罪に
対しても 寛容であってはいけない。

君は どう 思う?

法律が 秩序を
つくりあげるなんて思い上がりだ。

法律は 絶対なのか?
はっ?

救われないことが
どんなに 過酷なのか。

裁かれないことが
どんなに 苛烈なのか。

どういう意味だ?
失礼する。

倫子ちゃん!?

えっ? ですが…。

要蔵さんは 帰宅が
深夜になるらしくて

今夜は 預かってほしいと
言ってますが。

黙って それを 受け入れたのか?

倫子 ここに 泊まりたい。

今夜は
私も 泊まっていきますから。

いや。 いい。
えっ?

どうせ すぐ 寝るだろう。

私も もともと
泊まるつもりだった。

2人も いらない。

倫子 泊まれるの?
うん。

やった!
よかったね。

よし。 倫子ちゃん 早く ママに
帰ってきてほしいだろうな。

(あすみ)うん…。

でも 減刑が認められれば 少しは
早く 出られるんじゃない?

でも やったことは 同じなのに

裁判官の心証で
量刑が 違ってくるんだよね。

人 一人の命
奪われたことは 同じなのに。

何か 不思議。
裁判って そういうもんだからね。

洋子の 考え過ぎ。
そうかな。

ああ。
もう 嫌な気分になってきた。

えっ? どうしたの?

今度 特集記事で
少年犯罪 取り上げるの。

過去の事件 調べてんだけど

ホントに
どれも 嫌な事件ばっかで。

えっ? 顔 出てるじゃん。

ホントは 駄目だけど
でも 気持ち 分かるっていうか。

このサイトを 作った人たちは

こうやって 犯人の顔を
さらすことでしか

鬱憤を晴らすことが できない。

少年法に対する
世間の怒りだよね。

あれ?
これ 御子柴先生?

えっ?

♬~

♬~

じゃあ 御子柴が
あの 死体配達人だったってこと?

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

どうかしたのか?
いえ。

私も 今日は
ここに 泊まろうと思って。

勝手にしろ。

♬~