ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

モトカレマニア 第8話 新木優子、高良健吾、浜野謙太、田中みな実… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『<木曜劇場>モトカレマニア #08【物語は最終章へ!究極の匂わせ女子現る】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ユリカ
  2. 桃香
  3. マコチ
  4. 山下
  5. 駄目
  6. 大沢
  7. 一緒
  8. 白井
  9. 気持
  10. 個展
  11. 自分
  12. 本当
  13. 頑張
  14. 先生
  15. 大王
  16. 蓮沼
  17. 安藤
  18. 自信
  19. 執着
  20. 千鶴

f:id:dramalog:20191205225533p:plain

『<木曜劇場>モトカレマニア #08【物語は最終章へ!究極の匂わせ女子現る】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

木曜劇場>モトカレマニア #08【物語は最終章へ!究極の匂わせ女子現る】[字][多][デ]

将来を考え始めたユリカ(新木優子)とマコチ(高良健吾)の前に立ちはだかる最後の宿敵、匂わせ女子(矢田亜希子)!悲しい結末…物語はついに最終章を迎える!

詳細情報
ご案内
https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/
番組内容
マコチ(高良健吾)は、ユリカ(新木優子)に「ふたりのこれからのことを真剣に考えよう」と言ったものの、自分に自信がないこともあって不安を隠せないでいた。ユリカは、このチャンスを逃せばマコチを失うことになると考え、勝負をかけようとする。そして、ユリカは、ふたりで一緒に住むための部屋探しを始めるが…。
そのころマコチは、別れた夫と住んでいた家を売りたいという草木染め作家・桃香矢田亜希子)を
番組内容2
担当していた。大沢(森田甘路)は、もともと桃香がユリカを指名していた経緯もあることから、公私混同を避ける意味で、マコチと交際していることは伏せておくようユリカたちに指示する。
そんな折、ユリカは、さくら(山口紗弥加)のマンションで山下(浜野謙太)と別れたばかりのむぎ(田中みな実)に会う。間もなく北海道に帰るというむぎは、山下のことが好きだから自分の生き方で彼の人生を縛りたくない、と笑顔を見せると、
番組内容3
さくらと和真(淵上泰史)の話を持ち出す。「ふたりの関係は恋ではなくうまくいかなかった過去への執着に見える」とさくらに告げるむぎ。その言葉を聞いたユリカはなぜか不安を覚え…。
出演者
新木優子 高良健吾 
浜野謙太 
田中みな実 
よしこ(ガンバレルーヤ) 
森田甘路 
関口メンディー(EXILE/GENERATIONS) 
加藤虎ノ介 
大地 
大倉空人 
井上翔太
 ・ 
趣里 
小手伸也
山口紗弥加
スタッフ
【原作】
瀧波ユカリ
『モトカレマニア』(講談社「Kiss」連載) 

【脚本】
坪田文 

【主題歌】
超特急『Revival Love』(SDR) 

【オープニングテーマ】
安田レイ『アシンメトリー』(ソニー・ミュージックレーベルズ) 

【プロデュース】
草ヶ谷大輔 

【演出】
並木道子 
相沢秀幸 
関野宗紀 

【制作著作】
フジテレビジョン 

 


♬~

(ユリカ)あんまり 食欲 ない?

(真)
いや おいしいよ。 ありがとう。

おしょうゆ 持ってくる。

《真剣に考えよう》

《二人の これから》

ほら 言わんこっちゃない。

ああ! 私 何で
こんな豪華な ご飯を作って…。

まだ 一緒に住まない?
って 段階なのに。

でも マコチ
こ・れ・か・らって言ったもん。

それは つまり プロポーズ?

落ち着け。
いきなり 将来を 意識して

尽くし始める女 重い。
ほら 引いてる。

なるほど。 私たちの5年間が
報われるために

ここは 慎重に いった方が。

≪(銃声)

甘いな。
逃がさないユリカ!

このチャンスを逃せば

5年も待って
やっと手に入れたマコチを

失うことになる。

確かに。 曖昧なままに
してしまうのは 危険です。

勝負を… かけねば!

あのさ 部屋のことなんだけど
調べといた。

えっ もう?

ここ スーパーも近いし
いいと思わない?

でも 1LDKか。

これからのことを考えると
もう一部屋 欲しい?

でもな…。

ほら 言わんこっちゃない。

うう…。
違う! 重たいとかじゃない。

この気持ち 何で…。

ああ 自信がない。 逃げたい。

逃げちゃ 駄目だ!

心から好きだと思って
付き合うと言ったんだろ!

何を不安になることがある?

だから 俺は 付き合うことから
逃げたいとか思ってねえよ。

けど…。

≪引っ掛かってるのは
これですね?

あっ…。

(翔)失いたくないなら…

これから ずっと…。

うっ…。
俺らに これができんのか?

これから先も ずっと
ユリカを 喜ばせられんのか?

やる!
俺は ユリカを失いたくない!

よし その意気だ! いくぞ!

俺たちは ユリカが好き!
ユリカも 俺たちが好き!

おとこ気 見せます!

おっす!

どう思う?

俺も もう一部屋 欲しい。

そっか。

んっ?
あっ。

いや やっぱ ユリカは
笑顔がカワイイなと思って。

何 それ。 照れる。

あのさ 次の休みにさ。
うん 内見…。

デートしよっか。
えっ?

(さくら)足りる?
(白井)はい!

めちゃめちゃ おいしいです。
さくら先生 料理 上手ですね。

ほとんど レトルトだけど。

マジっすか?

温め方がいいのかな。
愛情を感じます。

何それ?

フフッ。

(白井)さくら先生。

はい。

僕と デートしてください。

(東郷)次が最後の収録だね。
寂しくなるな。

(むぎ)私の勝手で すいません。

(東郷)頑張って。

(むぎ)ありがとうございます。

(むぎ)《東京に残れって言って》

(山下)《別れよう》

≪(本部長)山下君。

あっ 本部長。
おはようございます。

プロジェクト 順調に
進んでるみたいじゃないか。

チームのみんなが
頑張ってくれてるおかげです。

ハハハハ。

あとは
最終プレゼンを残すのみだな。

はい。

ちょっと。

ちょっと 気が早いんだけど

君にね
任せたいポストがあるんだよ。

(大沢)蓮沼さんに
彼氏 フクちゃんって

言ってないよね。
言ってないですよ。

(大沢)担当 変わって
公私混同って思われたら困るなって。

それは そうですね。

マコチにも伝えといて。
承知しました。

(大沢)まっ 公私混同でも

きちんと 仕事してくれれば
俺は それでいいんだけど。

おい 無駄マッチョ!
お前も 見習え!

無駄マッチョじゃないです。

ロマンチストですから。
(大沢)えっ?

いえ むしろ
恋するロマンチスト白井。

恋?
ハァ… 早く会いたいな。

だっ 誰に?

(大沢)チキショー!

婚活王に 俺は な…。

(シャッター音)
えっ?

(桃香)これ 生徒さんから
もらったんだけど

やっと 使えた。
ほら ペアでしょ?

ああ そうなんですね。

で 修繕だっけ?

蓮沼さんが 気になっている箇所は
ありますか?

桃香でいいよ。
いやいやいや…。

(桃香)
蓮沼って 元旦那の名字なの。

私も 下の名前で 呼ぶから。

真君。 駄目?
いや 駄目じゃないですけど。

真君 お菓子も食べる?
あっ お気遣いなく。

一人だと 食べきれないの。
食べて。

じゃあ あざっす。

♬~

♬~

ユリカ。

(シャッター音)

ねえ マコチ。
んっ?

楽しい。
俺も 楽しい。

ハァ… いい天気。

このまま寝ちゃいそう。

何か 前に
付き合ってたときみたいだね。

何 言ってんの。

今も付き合ってんじゃん。

おっ! うれしい。

いただきます。

うまっ! この甘い卵焼き 最高!

マコチ 好きだもんね。

けどさ ユリカは だし巻きの方が
好みだよね。

いいの。 これは マコチに
喜んでほしくて作ったんだから。

んっ?
あっ いや ありがとう。

うん。

あっ 部屋のことなんだけどさ。

うん。
どこか 気に入ったのあった?

ユリカが
一番 気に入った所がいいよ。

いやいや お互い
気に入った所にしようよ。

俺は ユリカが住みたい部屋に
一緒に住みたいの。

何か 譲り合っちゃってるね。

えっ そうかな?

(さくら)
そっか。 木曜日に帰るんだ。

山下さんとは
あれから 話したんですか?

彼が 東京から離れることは
今の会社にいる限りないって。

でも 遠距離っていう選択肢も…。
難しいと思う。

そうなったら 子供のこととか

新しい問題に
ぶつかることになると思うし。

でも 二人の気持ちは…。
彼のことが好き。

だから 自分の生き方のせいで
彼の人生を縛りたくない。

山下さん 本当にいいの?

よくないですよ。
好きだったら離れちゃ駄目だよ。

(大王)何?
えっ?

(大王)山ちゃんに
会社 辞めろってこと?

えっと…。
(サダちゃん)ああ

食べログ会の大王だよ。
大王!?

(大王)仕事ない男と娘が
付き合ってるって聞いたとき

むぎの親御さん どう思うか。

俺だって 山ちゃんと むぎが
別れて うれしいわけじゃない。

ただ 男らしさから
簡単に 抜けれねえんだよ。

僕は このまま ずっと

モトカノマニアとして
生きていくんだろうな。

(むぎ)
それより さくら先生ですよ。

私は 何も。
(むぎ)和真さん。

どういう関係なんですか?

ただの元カレ。

ただの元カレが
突然 ワイン 持って

サプライズで
訪ねてくるんですか?

心配です。

(むぎ)離婚するとか
そういう話は…。

(さくら)そう言ってるけど。

えっ?
けど 分からない。

きっと 今は 弱ってるから
誰かに頼りたいのかもね。

で 恋愛ごっこがしたいだけ。

さくら先生は
それでいいんですか?

(むぎ)
はっきりさせた方がいいです。

離婚してもらうのか
もう終わりにするか。

それ

選ばなきゃ 駄目?

(さくら)彼 子供がいるって
言ってたでしょ?

私と彼が結ばれなかったことで
その子が生まれた。

もし 私と彼がうまくいってたら

その子は
この宇宙に存在してなかったって。

忘れられないのは私の勝手だし。

別に
これからを望んでるわけじゃ…。

痛い! んっ? 何? えっ?
突然の物理… えっ?

筋肉と皮膚が凝り固まって
癒着してる。

いっ いっ 痛い 痛い 痛い 痛い!
癒着?

今の和真さんの
どこが好きですか?

今の関係 本当の恋ですか?

(むぎ)私には うまくいかなかった
過去への執着に見えるんですけど。

(むぎ)そこ 見誤っちゃうと

ずっと 自分をごまかし続けなきゃ
駄目になって

しんどくないですか?

痛っ…。
あれ?

まさか 不安になってる?

まさか! いっ…!

(むぎ)あなたは 恋か執着か
どっち?

い~…!
頑張れ~。

う~…。

痛い 痛い 痛い…!
痛い…。

♬~

♬~

恋か 執着か…。

(山下)
一緒に住むことにしたんですね。

難波さん
喜んでるんじゃないですか?

はい。
ユリカの笑顔を想像すると


うれしくなっちゃうんですよね。

(山下)
それが 好きってことですよ。

(山下)幸せなことです。

ユリカを幸せにしたいです。

けど…。

何か 自分に自信が持てなくて。
何で?

ユリカ
俺のどこが好きなんだろう?

それは 考えるとこなんですかね?

いや だって ユリカ
俺の好きなところ 顔だって。

えっ そこ 気にしてたんですか?
いや 気にするでしょ。

だって 俺 ユリカを
たくさん 傷つけたわけだし。

俺 頑張らなくちゃ。

ただいま。
おかえり。

何 見てるの?

『がんそば』の最終巻の表紙
発表されたんだよ。

さくらさんの。
奇麗。

そういえばさ クリスマスに 二人で
出掛けたことなかったよね?

ああ バイト 休めなかったから。

ツリー 見に行こうか。
えっ?

昔 やれなかったことを
やってみるのも いいんじゃない?

うん。

(大沢)あ~…。
(安藤)駄目。

それ 絶対 やめた方がいい。

でも これ ごまかさなかったら
終わっちゃうでしょ。

(安藤)ほら やっぱり
ごまかそうとしてるじゃん。

どうしたんですか?
婚活相手とのデート

ダブルブッキングしちゃったんだって。
え~!

だから そのおわびに ちょっと
いいレストラン 連れてこうと思ったら。

男が 急に優しくなるときは

何か やましいことが
あるときだって。

女の人は 直感で 気付くから。

(大沢)
俺は いつも 優しいですから。

(安藤)そういう問題じゃなくてさ。
(大沢)どうしようかな。 中華に…。

(シャッター音)

奇麗ですね 草木染め。

なかなか
思ったとおりにはいかない。

けど それが 面白い。
そっか。

…なんて思う余裕が
いつもあれば いいんだけど。

えっ?
(桃香)家 売るのが

こんなに大変だとは
思わなかった。

個展のスケジュールと
かぶっちゃって

もう 瀕死。
それは…。

元旦那に
彼女がいること発覚するし。

ああ…。
だから もう さすがに

ここに住んでるのが
しんどくなっちゃった

というわけです。
そうだったんですね。

結婚するときは それが 絶対で

一生
一緒にいる契約だって思ってた。

それが
クーリングオフ可能だなんて。

クーリングオフ…。
おっ 何か あったな。

彼女と
一緒に住むことになったんです。

いいじゃん。

これからも ずっと
一緒にいられたらいいんですけど。

自信ないの?
そんな顔してます?

いつでも
自信がある人間なんて いないよ。

心は ころころ変わるから
心なんじゃないですか?

変わらないでほしいな。
だったら 信じなきゃ。

彼女の気持ち?
ううん 自分の気持ちを。

桃香さん
さっきの個展の話なんですけど

俺 手伝ってもいいですか?
えっ?

その代わり お願いがあります。

以上が
本プロジェクトの説明になります。

(拍手)

(紡)プレゼン成功
おめでとうございます!

(紡)ということで
木曜日 お疲れさま会 やります。

(紡)山下さんの昇進祝いも
兼ねてますから。

どうぞ。
≪ありがとうございます。

≪やっと飲めるよ。
(山下)あっ 木曜日。

(むぎ)《私 来月 北海道 帰るよ》

(山下)《別れよう》

(大沢)あれ? フクちゃん まだ

蓮沼さんのとこから帰ってないの?
はい。

(大沢)
何か よく呼び出されてるよな。

あの人 めんどくさい人?
いや…。

(バイブレーターの音)
(大沢)あっ!

よかった!
メール 返ってきてた!

婚活王 続行!

この時計 マコチの…。

♬~

♬~

ほら これも! これも! これも!
マコチの痕跡が!

(ひろ美)マジで?
桃香さんのインスタって

前は めちゃくちゃ
おしゃれだったのに 突然…。

見て これ。

(ひろ美)わざわざ
脱いだ靴を撮る意味 イズ 何?

(隆志)全然 映えてない。

どういうメッセージなんだろ…。

≪におわせ。

(木綿)ユリカ!
(ひろ美)誰?

温泉の!
(木綿)はい お土産。

マカデミア マカデミア マカ…。

マカデミア。
(ひろ美)南の島。

(絹)う~ん かぐわしい。

こりゃ やられてるよ。
何を?

(2人)宣戦布告。

(康)マコチさんを
狙ってるってことっすか?

エスハイボール 3つ。
(隆志)イエス

でも 桃香さん そういう人じゃ
なかった気がするんですけど。

さっぱりっていうか
サバサバっていうか。

一見 サバサバ女が
実は ヤバヤバ女のパターン 結構ある。

ヤバヤバ女?
名前が もう 怪しいの。

蓮沼 桃香。 沼だもの。

はまったら 抜け出せなさそう。

何で?

お弁当も作って
メークや服も気を付けて

マコチのために頑張ったのに。
尽くす女。 ハーハッハッハ…!

問い詰めるべき?

いや
まだ 慎重にいった方がいいよね。

だって 今 ケンカしたら
全部 なくなって…。

ユリカって
結局 モトカレマニアなんだね。

だって 5年間だよ?

5年間も ずっと
モトカレマニア やってて。

(絹)で 再会して
色々 ギャップに苦しみ

もう恋なんてしないになったのね。
(おぼろ)5年間の思い。

同棲からの
結婚リーチ かかってるのに

今 ここで 失うのは
ユリカ 怖いよね。

はい。

失いたくないって思うなら
マコチとぶつかってでも

宣戦布告の沼女から
取り戻せばいいじゃん。

いや でも…。
ユリカは

マコチが 好きなんでしょ?

景色 いいね。
おっ 中も 見晴らし いい!

足も伸ばそうと思えば伸ばせる。

日当たりもいいし
風呂も 今のとこより広くなるし。

ここに 決めちゃおうか。

やだ?
嫌じゃないけど。

なら 早めに 申し込みしちゃおう。

じゃあ 今から。

あ~ 今からは 俺 駄目だ。
えっ?

桃香さんの個展 手伝いに行くって
言っちゃった。

そうなんだ。
ごめん。

それじゃあさ
俺一人で契約しとくよ。

任せて。
うん。

駄目 駄目 怖い。

初めてですか?

こんなの初めてとか
カワイイこと言う余裕ありません。

(さくら)わ~…。

ごめん。 空気 悪くして。

何がですか。

(白井)怖がる顔も
超キュートですよ。

わっ!
(さくら)フフッ。

あれ?
(さくら)んっ?

今 ちょっと
カワイイと思いましたね。

全然。

(白井)よし。 打つぞ。

(さくら)わっ。

(白井)よいしょ~!
(さくら)わっ!

いや~ 楽しいですね。

もう 1時間 歩いてるけど。

それが 楽しいんですよ。

僕 さくら先生のこと
もっと 知りたいですから。

もちろん 僕のことも
知ってください。

分かんないと思う。
私 分かりにくいって言われるし。

そこが いいんじゃないですか。

好きな人のことを
ずっと 考えてられるなんて

こんな幸せなことないですよ。

すっ 好き?

あっ! 言っちゃった。
ちょっと 待ってください。

僕 もっと 特大にロマンチックな告白
100は 用意してあるんで。

(さくら)いや でも
もう 聞いちゃったし。

え~ 参ったな…。
何やってんだ 無駄マッチョ。

フフッ。

♬~

これ ちょっと
ロマンチックじゃないですか?

そっ そうでも… ない。

 

いや~ 何か たい焼き
食べたくなってきましたね。

へっ?
(白井)たい焼き。 行きましょう。

あっ いやいや。 私は別に。

(白井)えっ 嫌いですか?
(さくら)う~ん…。

(桃香)あしたから
私の個展がスタートします。

ぜひ 皆さん いらしてくだ…。

マコチ…。

お~!
(桃香)どうですか?

自分で初めて染めてみた感想は。
満足いく出来になりました?

あ~ どうなんですかね?
いいと思うよ。

よかった。
サプライズ 成功するといいね。

はい。
ホント 彼女は 幸せだな。

(桃香)あしたから私の個展が…。

≪(足音)

山下君。

これ。

荷物になるかと思ったけど。

何だろう。

いなりずし。
刻んだワサビ 入れてあるよ。

あと
ブロッコリーとエビのサラダ。

好きなものばっかり。

飛行機の中で食べて。
(むぎ)うん。

≪(クラクション)

それじゃあ。

(山下)うん。

ありがとう。

これで 奇麗な思い出になる。

♬~

♬~

≪(ドアの閉まる音)

♬~

♬~

♬~

♬~

 

(桃香)あっ やっちゃった!

あ~ 大丈夫ですか?
大丈夫。

ごめんね。

♬~

(バイブレーターの音)

♬~

(紡)
皆さん 2次会は カラオケです。

行く人!
(一同)は~い。 行く 行く。

♬~

いってえな。

(山下)僕だって 痛い。

はっ?
(千鶴)すいませ~ん。

ちょっと この人
酔っぱらっちゃってて。

(舌打ち)
(千鶴)すいません。

すいません。
(千鶴)何やってるんですか。

しっかりしてください。

しっかりしてますよ。

どこが?

むぎさん
北海道に帰ったんですか?

ごめんなさい。 ちょっと一人に…。

私だって
もう ほっときたいですよ!

えっ?

最初は ホントに 条件で
出世するだろうなって。

だから 結婚するのに一番いいって
選んだだけだったのに。

他の女に いちずな顔 見て
気になりだすなんて 最低。

でも 私も

あんな顔で見てほしいって

思っちゃったんですもん。

全力で ふられてるのに。

この どうしようもない気持ちを
恋って呼ぶなら…。

私は あなたに
恋してるんだと思う。

♬~

むぎさんが 好きなんでしょ?

山下さんを 本当に
必要としている人は 誰ですか?

(千鶴)山下さんが

本当に失ったらつらい人は

誰ですか?

♬~

♬~

どうしたの? 何か あった?

社長…。

(安藤)なるほどね。
もう 不安で 死にそうです。

今の時代
いつでも つながれるからこそ

つながらないと不安になる。

けど 携帯の中の福盛君じゃなくて
目の前にいる福盛君を

君は 今 見れるんじゃない?

目の前のマコチ…。

彼は まったく 問題がない人とは
思わないけど

嘘をつくような人ではないよ。

やっぱり 話すのって大事ですね。

一人で ぐるぐる考えてても
答えは 出ませんもんね。

うん。

いただきます。
んっ。

(さくら)話って?

(和真)たぶん 気付いてる。

(和真)会ってること。

うちに
田端の小説が置いてあった。

待っててほしい。

絶対に幸せにするから。

(桃香)ごめんね 遅くなっちゃって。
いえ。

真君がいてくれて
ホント 助かったわ。

いえいえ。

元旦那 再婚するんだって。

個展会場に一緒に来るって。

紹介するって。

それは…。

つらいですね。

ごめん。

ちょっとだけ。

♬~

♬~

ただいま。

ごめん 今日 行けなくて。

ユリカ?

じゃーん。

何 それ?

プレゼント。

これ 桃香さんから教わったんだ。

はい。

どうしたの?

キスしようとしてた。
はっ?

行ったの 個展の会場。
そしたら…。

ちょっと待って。

それは 誤解。

ちょっと 桃香さん 落ち込んでて。

それで そういうことするんだ?

誤解させて ごめん。
けど 本当に違う。

俺は ユリカが 好きだよ。

ユリカを失いたくないから
他の人とキスなんてしない。

信じられないの?

違うの。
えっ?

私 自分の気持ちが…。

信じられない。

それは…。

一つ 聞いていい?

何?

ユリカは

俺の どこが 好きなの?

ユリカは

俺のこと 好き?

分からない…。

あそこで
声を上げて 止めることも…。

最後まで 何が起きるか
見続けることも…。

私 できなかった。

本当に失いたくないなら
逃げちゃ 駄目なのに。

私が もう一度 マコチと
付き合いたいと思ったのは…。

恋じゃなくて…。

手に入らなかった過去に

執着してるだけなのかも。

過去…。

♬~

俺は ユリカとのこれからを
考えてるんだよ?

ごめん…。

ちょっと 頭 冷やす。

♬~

(桃香)バカだな 私。

♬~

♬~

《深呼吸しましょう》

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

何で…。

≪(足音)

どうしたんですか?

まただ…。

大丈夫ですか?

私は マコチが 好き…。

ずっと ずっと そうだったのに…。

そのはずなのに…。

何で…。

こういうとき来てくれるのは

山下さんなんでしょうね…。

♬~

(呼び出し音)

奮って ご応募ください。