ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第173話 石坂浩二、浅丘ルリ子、加賀まりこ… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #173 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 原田
  2. 試合
  3. 本当
  4. 進藤
  5. 先生
  6. 井口
  7. マヤ
  8. 高井
  9. スイッチ入
  10. スタッフ
  11. スタミナ
  12. フンッ
  13. ホッピー
  14. 昨日
  15. 勝負
  16. 中里
  17. イベント
  18. お礼
  19. ジム
  20. ドア

f:id:dramalog:20191205185522p:plain

『やすらぎの刻~道 #173 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #173 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
九重めぐみ(松原智恵子)が入院する病院棟に押し入ろうとして、施設スタッフたちにあっけなく抑え込まれ、プライドを傷つけられた高井秀次(藤竜也)は、彼らに“果たし状”をたたきつける。いよいよ“決闘”当日、秀次の身を案じた菊村栄(石坂浩二)は、スタッフたちと相談し、あることを企んでいた…。そんな中、栄は理事長・名倉修平(名高達男)から、マロ(ミッキー・カーチス)の余命に関する衝撃の事実を知らされる…!
◇出演者
石坂浩二浅丘ルリ子加賀まりこ水野久美丘みつ子大空眞弓いしだあゆみ橋爪功笹野高史伊吹吾郎倉田保昭松原智恵子藤竜也草刈麻有
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
唐木希浩
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(菊村 栄)〈秀さんの

スタッフにたたきつけた
挑戦状が元で行われた

入居者 対 スタッフ…

言い換えれば
老人 対 壮年の闘いは

シナリオどおりの筋書きで進み

老人組の圧勝で終わった〉

〈入居者たちは留飲を下げ

まだ 自分らも
やればやれるんだという

はかない希望を胸にともして

老人ホームのイベントとしては
いわば怪我の大功名を収めた〉

〈ただ 秀さんは傷ついていた〉

〈秀さんには
見せ場がないままに終わった〉

〈我々の仕組んだ
善意のたくらみを

秀さんは どうやら
見抜いたみたいだった〉

♬~

〈その明くる朝の
『やすらぎ体操』は

いつもと一転して
活気に満ちていた〉

〈彼らの動きは精気に満ち

明らかに
昨日の試合の興奮の余韻を

引きずっているように思われた〉

〈そういう意味では

昨日のイベントは
意外な効果を生んだようだった〉

原田さんって お強いんですね!

それより那須さんよ!

ご覧になった? あの回し蹴り!

オホホホッ…!
あの老け顔で あの筋肉!

そう あの筋肉! ホホホッ!
ゾクゾクしちゃったわ!

胸の厚みと力こぶ!
うーん! うん!

ねえ! 30代の あれ 体よ!

普段は あんまり目立たないのに。
ねえ~!

隠してらしたのねえ!
あの方 ず る い!

さすがに いい体してたわね
秀さん!

あっ… 秀さんは
出場していらっしゃいません。

嘘!
最後にリングに

上がられただけです。
そうだったっけ?

出る前に あの…
勝負が決まっちゃって。

そうだった?

〈あとで橋本から聞いた話だが

この朝の食欲は
みんな すさまじく

パンが普段の2倍出たそうだ〉

鶴田の浩ちゃんや
池部の良ちゃんが

あの試合に出てたら
どこまで行ってたかなあ?

えっ?

どうして
お呼びしなかったのかしら?

あのお2人 もうとっくに
亡くなってらっしゃいます。

そうなの?

だいぶ前です。

ふーん… どうりで。

どうして ここに
入ってこないのかなあ? ってね

ずーっと不思議に思ってたのよ。

ウフッ…。

まあ 秀さん
本当に強かったね。

秀さんは
戦わなかったんです。

嘘!

あの… 出番が来る前に
勝負がついちゃって。

本当?
(玉子)本当です。

フフフフッ… ああ そっか。

それにしても
秀さん 強かったね~!

(ため息)

ガッツが加わってたら
どうだったかねえ?

(宗匠)ガッツ石松!?
(ロク)うん。

あれはプロじゃない。
えっ プロじゃいけないの?

第一 あの人 ここに入るには
若すぎるんじゃないの?

OK牧場! ヘヘッ…。
フフフフッ…。

(お嬢)でも 秀さんの試合が
見られなかったのは

心残りだったねえ。

あの人が出てたら
どうなってたでしょうねえ?

先鋒でね 最初にな。
(宗匠)うん。

(お嬢)一人で全部倒して
すぐに終わるよ。

そうかなあ?
(お嬢)あら 違う?

まあ あいつ 格好はいいけどね
スタミナがねえ…。

あの人
スタミナ いっぱいあるわよ!?

昔の話でしょ?

今だって
ジムで鍛えてますよ?

試したの?

はっ? どういう意味よ?

最近のあの人のスタミナをよ。

やあねえ…。

試してないでしょ~?

あんた 試したの?

(マヤ)ん~ ウフフ… まさか!
アハハハ…!

試したの~?

え~…?

〈私は それほど暇ではなかった〉

〈何しろ
お礼参りすべき人たちが

あっちにも こっちにも
いたからだ〉

これ 心ばかりなんですけど…。

(原田)先生に そんな…

お礼を言われる筋のもんじゃ
ありませんよ。

いやいや 本当に
ありがとうございました。

もう みんな あなたたちの
イデアのおかげで…。

(原田)礼を言うなら
スタッフたちですよ。

いやあ 強かった!
ああ…。

(原田)本当に
よくぞ負けてくれました。

施設の進藤さんなんて

最初の一発で…
いや 気が遠くなりましたよ。

(原田)あれは やばかったよなあ。

起き上がれないかと思いましたよ。
マジで きましたよ。

(原田)よく あんたは
あの時 立ち直ったよなあ。

まったく!

厳しいですよ やっぱり。
年には勝てない。

でも よく負けてくれたと
思いますよ。

(原田)あんたが立ち直った
一発が効いて

あいつ
完全にスイッチ入ったもんな。

スイッチ入るんですよ
やりだすと。

(原田)スイッチが入ると
なかなか止まらない。

よく あいつ
自制して負けてくれましたよ。

ねえ!
本当に。 若いのに。

いや でも 久しぶりに殴られて
楽しかった!

どうです? 先生も。
はっ?

たまには ジムに来て。
フンッ フンッ フンッ!

あっ… 僕 あんまり あの…

こういうの好きじゃないんで。
ええ。

これ…。
(中里 正)いえいえ… お礼なんて。

実は こっちこそ 久しぶりに
楽しませて頂きました。

それも
あんなに晴れがましい席で。

いや 本当に あの…
心からお礼を言うよ。

あんな人前で
わざと負けてもらうなんて…。

いえいえ。

(進藤秀夫)いや もう少し早く
負けるつもりだったんですが

前の試合で
こいつがやられるの見てたら

なんか ムラムラっと
スイッチ入っちゃいまして

いささか
マジになっちゃいました。

那須さんには
申し訳ない事しました。

先生から
どうぞ 謝っておいてください。

あっ いやいや…
まあ 言っておくよ。

(中里)ところで
秀さんの事なんですが…。

んっ?

今も こいつと話してたんですが

秀さん 気分を
害されたんじゃないでしょうか。

どうして?
出番をなくしちまって。

ああ…。
(中里)違いますか?

うーん…。

先生には 何か
おっしゃってませんでしたか?

いやいや 別に…。

どうして?
(進藤)先生。

はい。

秀さん 見抜いてたんじゃ
ないでしょうか。

あの試合に
八百長が仕組まれてた事を。

ええ…? いや そうかなあ?

そう思います。

どっちが強いかは
すぐに見えたはずです。

我々が わざと負けてる事も。

(進藤)先生。
はい。

(進藤)いや だから 今も こいつと
ずっと話してたんですけど…。

あんな事して
よかったのかなって。

情け掛けられて
勝たしてもらう…

男たるもの 傷がつきます。

ましてや
秀さんなら 相当傷がつきます。

(進藤)ましてや
あれだけの人間の前でです。

中には 一人二人 鋭いのがいて

一人ぐらい 気がついた人が
いるかもしれません。

これはプロレスだ
本当の試合じゃないって。

(進藤)もし そう思われてると
考えてるとしたら

いても立ってもいられなかったと
思うんです。

秀さん
そういうのを一番嫌いますから。

年寄りとか若いとか関係なく

勝つか負けるかが
勝負の世界です。

負けなら負けで
いさぎよく負ける。

それが秀さんの
美学だったんじゃないでしょうか。

♬~

(ドアの閉まる音)

♬~

どなた?

見たような気がするけど…
思い出さない。

(高井)
思い出さなくてもいいですよ。

思い出されるほどのもんじゃ
ありません。

秀さんだ!
そういう言い方するの 秀さんだ。

ヘヘッ…。

でも 変だなあ…。
秀さん 死んだのよ。

(めぐみ)私が殺したの。

だけど 似てるわ。

あなた 秀さん?

違います。

秀さんかどうか テストします。

フッ…。

あなたは
京都を知っていますか?

知っています。

大原を知っていますか?

知っています。

三千院を知っていますか?

知っています。

大原の里に柿がなっていたのを
覚えてますか?

ええ 覚えてます。

あなた その柿をもいで
私にくださいましたか?

いやあ 忘れました。

正解です!

(めぐみ)
「忘れました」が正解です。

フッ…。

わかりました。

あなた
東 千代之介さんですね?

違います。

違った?

それじゃあ… 大川橋蔵さん!

違います。

(めぐみ)また違った?

どなただったかしら…。

(めぐみ)思い出せない。

(ノック)
(ドアの開く音)

(井口恭子)失礼しまーす。
あら!

あっ お邪魔してました。
(井口)いいんですよ。

どうですか? 今日は。

ねえ この方 どこの方かしら?

(井口)高井秀次さんですよ。

高井秀次さん…。

(井口)
昨日の試合 いかがでした?

(高井)つまらん試合でした。

(井口)あら 面白かったって
評判になってますよ。

秀さんたち
お勝ちになったんでしょう?

(高井)いや 負けました。

(井口)嘘! 勝ったって。

いや 完敗です!

秀さんだ!

高井の秀さんだ!

♬~

でも 変だなあ…。

秀さん
死んだはずなんだけどな…。

♬~

〈その晩
カサブランカで飲んでいたら

マヤが突然入ってきた〉

(ホッピー)いらっしゃい。

ねえ 聞いてる?
うん?

マロが さっき
部屋で ぶっ倒れてさ

介護の人たちに
担架で病院棟に運ばれたんだよ。

ふーん…。
あいつ 馬券が売れた売れたって

ロクたちと
ゆうべ 大騒ぎしてたから

まあ きっと 例のごとく
酒の飲みすぎだね。

ホッピー ブラッディ・シーザーを。

(ホッピー)かしこまりました。
フフッ…。

あいつ
しょっちゅう倒れるのか?

(マヤ)うん。

あいつ 腹イタを起こすのは
しょっちゅうよ。

まあ 運ばれたのは
初めてみたいだけどね。

〈名倉理事長が私に言った
あの時の言葉が よみがえった〉

〈症状が
いったん表に出始めたら

あとの進行は速いという言葉〉

〈動揺をマヤに悟られまいと
話を変えた〉

自伝を書いとく事にしたのね。
実名で書く気か?

実名だから面白いんじゃないの。

それは… いけない!
それは いけませんよ!