ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

歪んだ波紋 第5話 松田龍平、小芝風花、山口紗弥加、勝矢、橋爪淳… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『ドラマ 歪んだ波紋(5)「逮捕」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 三反園
  2. 敦子
  3. 桐野
  4. 記事
  5. メイクニュース
  6. 沢村
  7. 本当
  8. 井岡
  9. 一人
  10. お前
  11. サイト
  12. 丸岡
  13. 情報
  14. フェイクニュース
  15. メール
  16. 運営者
  17. 間違
  18. 吾妻
  19. 仕事
  20. 順調

f:id:dramalog:20191202083151p:plain

『ドラマ 歪んだ波紋(5)「逮捕」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

ドラマ 歪んだ波紋(5)「逮捕」[字]

政彦(松田龍平)は公然とネット上に姿を現わした「メイクニュースプレス」の裏側に、桐野(筒井道隆)の存在を確信する。敦子(小芝風花)の元には大阪の両親が現れる。

詳細情報
番組内容
政彦(松田龍平)は闇から公然とネット上に姿を現わした「メイクニュースプレス」というニュースサイトの裏側に、姿を消した桐野(筒井道隆)の存在を確信する。三反園(松山ケンイチ)も、その悪質なサイトの運営者を探し出すべく、政彦と手を組み調査を始める。一方、敦子(小芝風花)は、誤報による風評被害でまたも仕事を失っていた。さらに、大阪の両親が押しかけ、無理矢理にでも敦子を実家に連れ戻そうとするが…
出演者
【出演】松田龍平小芝風花山口紗弥加,勝矢,橋爪淳山口馬木也,宮地雅子,萩尾みどり,まいど豊,みのすけ,内山そうた,松山ケンイチ美村里江筒井道隆,でんでん,真野響子長塚京三
原作・脚本
【原作】塩田武士,【脚本】向井康介
音楽
【音楽】林ゆうき,【主題歌】オリジナル・ラブ「四季と歌」

 

 


(桐野)こっちの出どころは
心配しなくていい。

(三反園)これ 誤報どころか
虚報の可能性だってある。

(政彦)あの これ… 訂正記事なんですが。

(敦子)こんなことで…。

(中島)桐野君から メイクニュースって
サイトの話を聞いて…。

メイクニュース作ったのは
あなたですか?

二度と報道の世界に
戻ってこないで下さい。

戻ってきたら 僕があなたを葬る。

メイクニュースって
アングラサイトでしょ?

あれが 地上に出てきたんだ。

(三反園)おい メイクニュースが…。

ああ 見てる。
(三反園)何なんだ? これ。

あいつだ
(三反園)あいつ?

桐野 弘だ。

(丸岡)メイクニュースプレス。

ふざけてる。

(三反園)ダークウェブ上で
フェイクニュースの作り方を

指南していただけのサイトがねえ…。

まさか 本当に ニュースサイト
始めるなんてね…。

地下から
ラスボスが出てきたって感じですか。

目的は 何だ?
金。 それしかないっしょ。

(丸岡)デマとか わざと
スリードさせるような記事ばっかりです。

扇情的な見出しで引かせようとするのは
みんな やりますけど

これは 悪質なのが多い。
現に見られてる。

残念ながら
かなりアクセス数 稼いでるはずです。

メイクニュースが ここに来て
金もうけに走り始めたのは

確かに不気味だよな。
活動資金を稼いで

何かを始めるつもりなのかもな。

何かって?
(三反園)まあ いずれにしても

こんなネタ
新神奈川じゃ 追えないだろう。

これは ファクトジャーナルが
徹底的に追う。 そんなこと…。

お前には お前にしかできないことが
あるでしょう。

敦子さん スーパーも辞めたみたいだ。
ああ。

彼女のこと見てんのは
お前だけじゃないよ。

(主治医)女の子ですね。

そうですか。
とっても順調ですよ。

本日のお会計 3, 800円になります。

お願いします。

4, 000円から お預かりいたします。

♬~

(由美絵)敦子!

(由美絵)敦子。 待ち!
帰って。

どういうことやの!
あんた 道夫さん 亡くなったいうて…。

何で 連絡してけえへんの?
だから 帰ってって!

(淳一)そんなん聞いて
帰れるわけ ないやろ!

あんた そのおなか…。

保険屋さんから 連絡あってな。
指定代理… 何とかいう

「保険金の受け取りの確認です」言うて。

聞いたら 「娘さんの亡くなった夫の」
言うから びっくりして!

それが昨日で 慌てて
お父ちゃんと来たんや。

別に頼んでへん。
なんぼなんでも これはないで!

こんな大事なこと
親に言わんと黙っとくなんて!

勝手に生きていけって言ったの
そっちやろ!?

あの人 死んで ほんまは喜んでるくせに。

確かにな 結婚には反対した。

あんな年の離れた人と
駆け落ち同然に出てくなんて

奪われたも おんなじや。 心底 恨んでた。

その腹 見るまではな。

おなかの子は 順調なんか?

うん。

向こうの親御さんは 何て言うてんの?

あの人 一人やってん。
もう ずっと前にご両親亡くなって…。

そうか…。
うん 細かいことは 大阪戻ってからや。

ほれ 支度しい。

いや。
「いや」って 何やの?

帰らへん。

ハハッ…。

あんた そんな体で
一人で生きていくつもりか?

第一 仕事は?
産んだあと どないすんのや?

自分で なんとかするから 帰って。

一人でやっていけるわけないやろ!

子どものことを第一に考えたら
そんなこと言うてられるかいな!

お母ちゃんかて
私のこと 考えてくれたことあるん?

考えてるから こうして来てんねや!
この子のことは 私が一番分かってる!

分かってへん!
おいおい…! 近所もあるんやから… な?

あ~あ どこで 育て方 間違えたんやろ。

どうしても 服飾の勉強したい言うから
専門学校行く お金 出したげたのに

途中で投げ出して 子どもまで…。

隣のケイコちゃんなんかな 銀行勤めて
ちゃんと一人で頑張ってんねぇ。

ほんま 体裁悪いわ!

帰れ!

親に向かって 何やの? その態度!
やめよ? なっ。

出ていけ! 帰れ! 帰れ!

出てって!
分かった 帰る… 帰るから!

出ていけ! 二度と来んな!

ちょっと…。

敦子 開けなさい。

(ドアをたたく音)
≪(由美絵)敦子!

あんたが 実家に戻るって言うまで
東京 離れへんからな!

どうですか? 今日は。
(井岡)何もねえよ。

あさだ町界わいで続いてる
ひったくりの件は?

明日 囲みでやるから その時な。

産廃業者の不法投棄の件とか…。
進展なし。

そうですか…。
もう 帰れ 帰れ。

手ぶらで帰るのもなあ…。
毎日平和で何が悪い。

そっか…。

お前なあ
記者なんだったら はっきり聞けよ。

ひき逃げの件だろう?

進展なし…?

分かりました 帰ります。
ああ。

是非とも ひき逃げ犯 挙げて下さい。

ホシを挙げたくない
警察官なんかいないんだよ!

(早百合)ねえ ちゃんと聞いてんの?

本当に気を付けるのよ?
(彰)分かったってば。 行ってきま~す。

行ってらっしゃい 気を付けてね。
はあ~。

どうしたの?
ほら 湊南町の三叉路

あのひき逃げのあった。
あそこで また人身事故あったんだって。

はあ~。 市が どうにかできないのかな?
彰たちの通学路だしさ。

(健)沢村さん。

(健)これですよね?

ああ 悪ぃ ありがとう。
いえ。

♬~

こんにちは。
お~ 沢村さん しばらくだね。

ご無沙汰してます。
お~い 沢村さんだよ。

あら 沢村さん どうも。

聡君の命日 もうすぐですね。
早いよね。

今年も出すんですか? 文集。
うん。

また 是非 取材させて下さい。
いや こっちこそ頼むよ。

何だかねえ 生きてるこっちばっかり
じじいになっていっちゃうんだから

やんなっちゃうよ~。

生きてりゃ 聡も
どんな おっさんになってたんだか。

こんな感じですよ。 僕と同い年なんで。

さえねえなあ。
(笑い声)

そうですか?
ハハハハ…。

持ちます。
あっ ありがとうございます。

どうぞ。
ああ すいません。

その… 森本さんって言ったっけ。
はい 森本敦子さんです。

旦那さんを亡くした…。
2か月前 湊南町の交差点で…。

ひき逃げでした。
ああ あの三叉路。

こないだも 事故あったって
朝刊で見ましたよ。

あっ これ あんたが書いたのか。
はい。

敦子さんのおなかには
子どもがいるんです。

そうかい…。

それなのに僕は まるで 彼女が死なせでも
したような記事を書いてしまった。

フェイクニュースはもちろんなんですけど
偏向報道がひどすぎる。

(吾妻)そんなもん
新聞かて 多少の偏りはあるがな。

いや でも この情報が
ネット上に拡散されるようになると

我々にまで 危害が及ぶことになりますよ。

そもそも 違法性はあんのかよ?

いえ…。

そんなん 紙の媒体がすること ちゃうで。

それは…。
お前

この件に
桐野が関わってる思うてんのやろ?

桐野のことは触るな。
それに これ 見てみい。

(吾妻)こんなもんに ちょっかいかけて

ファクトジャーナルみたいに
絡まれたら面倒やろ。

「編集長の三反園邦雄は
元大日新聞記者だったが

度々 記事を捏造し
名誉棄損などで訴えられ

大日新聞を解雇された。
また 酒癖の悪さで知られ」…。

ほんまかいな? これ。

あいつ 酒 飲めないんですよ。
(吾妻)え…。

(舌打ち)
デマにも程があるな。

もっと あおってくると思ってたけどね…。

まっ これで あぶり出てくるほど
向こうもバカじゃないか。

(井上)次の一手は?
フェイクニュースの作り方を

教えるぐらいのサイトなら
1人でもできるけど

ニュースサイトを運営するとなると
話は別だな。

少なくとも
10人は関わってると思いますね。

情報は いつも人から漏れる。

やりましょう 報奨金。

有力な情報を与えてくれた人には
報奨金100万。

「体力のある女性」…。

ふ~ん 清掃業でも こんなに安いのか…。
へえ~。

あ~ どれもこれも 不定休ばっかり。

働き方改革なんて言ってるけど…。

ふ~ん お~ 物産展の販売なんか
いいんじゃないか?

社員割引で 特産品も安く買えるのか。
ほう~。

こっちは…。

おねえさんも職探し?

おなか 大きいのに大変だね。

あっ おねえさん。

おねえさん ちょっと…。
何なんですか!?

いや~ あの…。
警察 呼びますよ! 違う 違う。

あの~ 森本敦子さんだよね?

交通事故で
旦那さんを亡くされたんだよね?

来ないで下さい!

俺も あんたと同じなんだよ。

♬~

どうしたの? 入んなよ。

あっ お帰んなさい。
ああ。 これ うちのかみさん。

敦子さんね? この人 怪しかったでしょ?
(笑い声)

時間は 朝9時から 夜の7時まで。

仕事は 衣類の仕分けと
受け渡し お金の精算。

まあまあ みんな
簡単なことばっかりだから。

すぐ覚えるよ。 あの…。
ああ 飯の心配いらない。

昼と夜は うちで食っていけばいいから。
そうじゃなくて…。

どうして 分かったんですか?
私が 一人だってこと…。

えっ? ああ… そ… あっ それは あれよ。

それは… あれよ。

被害者支援センターっていうのがあってね
情報が回ってくるようになってるの。

(勲)そう そう それよ。

家族経営の小さな店だけどね…
私も 膝が悪くなっちゃって

来てくれたら 本当に うれしいんだけど。

よかったら うちで働いてみないかい?

みんな 日付順になってるから。
それで え~っと…。

伝票の書き方はね…。

☎そうですか。 安藤さんのお店に。

ああ 早速 明日から
来てもらうことになったよ。

☎ありがとうございます。

あの~ 僕のことは…。

大丈夫だよ。 うまくやったから。
☎すいません。

僕が頼んだって知ったら
彼女 きっと 嫌がると思うので…。

まあ 敦子さんのことは こっちに任して
また 何かあったら 連絡するよ。

(勲)うん また。
失礼します。

僕たちが ふだん 検索したり
ニュースを読んだりしている

インターネットサイトって 全体の
4%くらいしかないといわれていて

巨大な氷山の一部でしかないんです。

この海中に潜ってる部分
そのほとんどのサイトが

特殊な経路をたどらないと
閲覧できないようになってます。

(相賀)なるほど。
メイクニュースは

そんな特殊なサイトの
一部だったわけですけど

これが 海面に出てきて
フェイクニュースをまき散らしている。

とにかく 炎上目的で アクセス数を
稼ごうとしてるってわけだ。

情報の裏付けなんか お構いなし これじゃ
とても ニュースサイトなんて呼べない。

僕は 資金稼ぎだと思ってるんです。

次に大きな何かをするための。
何かって?

分かりません。
でも きっと何かを始める。

そんな気がしてならないんです。

その前に運営者特定したいんですけど
どうすればいいのか…。

桐野だと思ってるのか?

インターネットのことは よく分からないけど
例えば 文体なんかはどうだろう?

ぶんたい? ぶんたいって
あの 文章の文体のことですか?

そう。 記者の書く文章には
一定のルールがある。

けど それでも 隠し切れない癖は
きっと あるはずだ。

そうか…。
うん。

やってみます。
うん。

ありがとうございました。

(美沙)桐野さんが 過去に担当してた記事。

桐野さんと向き合うのは 沢村君でしょ。

♬~

(吾妻)
「メイクニュースプレスの正体を暴く!」。

報奨金100万! はあ~。

お疲れ。
お疲れさまでした。

お疲れさまです。

♬~

おはようございます。
おはよう。

ネット だいぶ盛り上がってるね。

ん?

何?

フッ…。

 

は~い。
(丸岡)ソースと会いました。

メイクニュースプレスを立ち上げる時に
広告を担当していたそうです。

(三反園)間違いない?

免許証も確認済みなんで
ある程度 しっかりしてると思います。

たどりつけそう?
(丸岡)いや それが…

運営者本人とは
会っていないそうなんです。

仕事のやり取りも メールだけだそうで…。

了解。 絶対に逃がさないで下さい。

外じゃ大騒ぎしてんのに
ここは静かなんだな。

何 素人みたいなこと言ってんだよ。

お前に
ちょっと見てほしいものがあってさ。

うちじゃ 誰も関心持ってくれないから。

桐野さんの書いた過去の記事と
メールのやり取りを

抜き出したものなんだけど これで
桐野さんの文体の癖を調べてみた。

お前 まだ 桐野 弘がメイクニュースの
運営者だと思ってんの?

まあ 見てくれよ。

例えば ほら 桐野さんの場合

改行した文頭に
「また」をよく使ってたり

文末に「と みられる」を多用している。

ほかにも 極端に句読点を使わないとか
時間を24時単位で書くとか

調べてみると かなり特徴がある。
なるほどな~。

でも お前 こんなことが分かったって
どうやって特定す…。

ああ~ はい はい。

丸岡さん?
広告担当してたっていう情報提供者

まだ一緒にいる?

(杉山)あの~ 本当に
100万 頂けるんですよね?

それは あなたがくれる情報次第ですね。

これが 運営者からのメールですか?
(杉山)ああ… はあ。

(三反園)似てるね。
ああ 広告料の振込先なんかありますけど。

どこです?

「オクザキ ユウスケ」?

2日下さい。 住所を割り出します。
(三反園)は~い。

敦子ちゃん おいしいお茶いれた。

あ… でも…。
いいの いいの。

客 いないんだから。 はい。

はい どうぞ。
あ…。

この おまんじゅう うまいんだよ~。
この薄皮とね 中のこしあん

バランスが すごくいいの。 へえ~。
まあ いいや。 食べたら分かるから。

はい どうぞ。
ありがとうございます。

何個 食べてもいいからね。

ごちそうさまでした。
おいしかった?

はい。 フフッ…。

何されてるんですか?

あっ これ? これはね 事故被害で
亡くなった人たちをね 忘れないために

毎年 文集 出してんだ。

これが 去年の文集。

「人は二度死ぬ」って よく言うだろう?

1度目は 肉体が死んで
2度目は 存在が忘れられる。

その2度目をなくすためにね
こうして 遺族の方に

亡くなった人のことを
書いてもらってるの。

おいくつだったんですか? 息子さん。

23。 聡。

息子ね… 聡 自転車が好きで
ツーリングっていうの?

あれで走ってる時 車にひかれてね。

相手は 飲酒運転だった。

その時は 悲しいっていうより
泣いてる母さんを見るのがつらくてね

何にも できなくなっちまった。

この店も 本当は
聡が継いでくれるはずだったんだけど

一人の死で 家族みんなの人生が
狂っちまうんだよな…。

♬~

敦子ちゃんも書いてみないかい?

気持ちは分かる。 けどね
みんなと つらさを分かち合うと

楽になるのも確かだよ。

 

もしもし。
(三反園)運営者の居所がつかめた。

静岡の住宅地にあるアパートらしい。
これから 向かう。

おい 抜け駆けかよ!
(三反園)下 見てみろ。

えっ 下?
(三反園)早く下りてこないと

本当に置いてくぞ~。

♬~

あのアパートの201号室です。

よしっ。 マー君
えっ?

原稿初出しは 俺な。

フッ… 俺にも書くネタ 残しとけよ。

♬~

(チャイム)

≪は~い。
宅配便のお届けで~す。

(鍵を開ける音)

どうも ファクトジャーナル編集長の
三反園で~す。

お邪魔しま~す。

ハハハハッ…。

メイクニュースの活動拠点で
間違いないですよね?

僕ら 管理を任されてるだけで…。

ここを仕切ってんのは 桐野って男だろ?
えっ?

だから…。

この男が 運営者だろ?

♬~

うん さっき送った原稿
18時のアップまでに

なんとか間に合わせるように
レイアウトして。

そっ 思いっきりインパクトのあるやつで。
よろしく~。

何だよ もっと喜べよ。
せっかく 本丸にたどりついたんだぞ。

納得できないのは分かる。
けど 現実をちゃんと受け止めるべきだろ。

桐野は 白だった。

絶対に白じゃない。
じゃあ あのメールの件はどうなる?

文体が似ているやつなんて
いくらでもいる。

物証として成り立たない。

また来るね~。

(月子)弘だったら
あの晩から ずっと来てませんよ。

どこにいるか ご存じないですか?

もう会話なんてないんですから。

ここに来たって 黙って飲んでるだけで…。

新聞社に勤めたのが
間違いだったんですよ。

あの子 父親のことが大好きでね
将来 医者になるって張り切ってて…。

それが あんなことになって…。

弘 大学受験の時にね
急に 「俺 新聞記者になるから」って。

お父さんが さんざん傷つけられたのに
「お前 あんなとこ 行きたいのか?」

って聞いたら
「俺は怒ってない」って言うんです。

それ以上 もう聞きませんでしたけど…。
でも 何 考えてんのか分かんないんです。

 

もしもし。
(井岡)沢村君か?

はい お疲れさまです。
(井岡)森本道夫さんを死なせた

ひき逃げ犯な 逮捕されたよ。
本当ですか!?

(井岡)飲酒運転で 過去にも一度
人身事故を起こしていたらしい。

あ… 敦子さんには…?

(井岡)さっき連絡した。

実はな あんたが少し前に書いた記事
「魔の三叉路」。

あれを読んだ読者から
タレコミがあってな。

そうですか。
(井岡)言いたかないが

まっ ありがとさん。 いい記事にしろよ。

♬~

(金澤)1面は かわさき市の工場の
爆発事故に差し替えよう。

(整理部)
ふるさと納税の問題は どうしますか?

あれも なかなか
バリューがあると思いますが。

それは 社会面トップに持ってこう。
明日は 1面と社会面に

でっかい記事 掲載して…。
す… すいません。

うん? どうした?
失礼します。

あの~ 沢村が ちょっと
お話 したいことがあるって…。

この記事
社会面トップで お願いできませんか?

何?

9月4日に起きた ひき逃げ事件で

逃走していた男が 今日 逮捕されました。

うん ベタでいいだろう。

トップでお願いします!

何か月も前のひき逃げ事件に
そこまでのニュースバリュー ないだろう。

事件当初 僕が あたかも
遺族の犯行だと思われるような記事を

書いてしまったんです。
その償いのために…。

(金澤)それは お前の責任だろう!

沢村…。
(金澤)新聞を私物化するんじゃねえぞ。

社会が何を求めてるのか
考えて もの 作ってんのか!?

行こう 行こう 行こう…。
誰なんですか? それは。

その社会というやつを
ここに連れてきて下さい!

いつか
ひき逃げで亡くなった森本道夫さんは

あなたの言う社会というものから
忘れ去られていくんでしょう。

全国紙には取り上げてもらえない
小さな一つの命です。

僕は 遺族の方に 我々は 忘れていない
ということを伝えたいんです。

(安田)ニュースに法律はない。

局長。
沢村は 自分の良心に従いたいんですよ。

我々は 誰のために働いてるんですか?

小さな町の大きな命に目を向けることが
地方紙にできることじゃないんですか?

♬~

おう。

どうしたの? こんな朝早く。

これ…。

♬~

おはようございます。
おはよう。

はい。

こんなに大きく載せてるのは
新神奈川日報だけだよ。

(勲)いらっしゃい。

あんた こんなとこで 何してんの?
勝手に来んといて。

あかん。 帰るよ。
やめて… やめてってば!

敦子… 敦子 敦子!
いやや! いやや!

手を離せ! 転んだらどうする?

おなかには 子どもがいんだぞ!

あんた 誰やのん?
ただのクリーニング屋だよ!

親子の問題に 他人が口挟まんといて!

あんた… 夫を事故で亡くしたってことを
少しでも想像したことあるのか?

事故被害に遭った親族ってのはな

その場から離れようとするのが
普通なんだ。

そりゃそうだ。
事故現場 見る度に思い出すんじゃあ

いつまでたっても
つらさから解放されない。

でもな この子は
それでも離れようとしないんだ!

そのことの意味を考えたことがあるのか!?

帰ってくれ。 仕事の邪魔だ。

この子は うちで働いてもらってんだ。

由美絵…。

(勲)中 入ろう。

大丈夫かい?

道夫さんが亡くなったって分かった時
子ども 産むか産まないか悩んだんです。

ひどい人間だと思いますか?

支えるものがなくなったら
誰だって怖くなる。

大阪を離れてから いったん 東京に出て
でも あんまりなじめなくて…。

2人で どこで暮らそうかって あちこち
行ってみたことがあったんです。

それで ここに たどりついて
あの人 すぐ気に入って…。

街の大きさも 人との距離感も…

自分が店を出すのに
ぴったりの場所だって。

子どもができても 育てやすいだろうって。

うん。

だから… ここで子どもを産みたいって
思ったんです。

あの人が好きだった場所で
あの人が生きてたことを

子どもに教えたいんです。

(物音)

♬~

♬~

(ノック)
は~い。

三反園さん お客様です。
はい。

お待ちしておりました。

充実してて いいじゃん。

順調は順調なんだけどね~。

盗撮した男が保育園に?
もう常習犯ですよ。

各社どこも記事にしてない。
それって口止めじゃない。

三反園さんですね。
あの日から…

誤報を出した日から 俺…。
大丈夫。

教えて下さい。
あなた 一体 何をしたんですか?

♬~

♬~