ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

赤ひげ2 第5話 船越英一郎、中村蒼、佐津川愛美、前田公輝、鈴木康介… ドラマの原作・キャストなど…

『BS時代劇 赤ひげ2(5)「幼なじみ」』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 与助
  2. 一緒
  3. 細道
  4. 清吉
  5. お前
  6. 女房
  7. 仕事
  8. 岡場所
  9. 将監
  10. 苦労
  11. 先生
  12. 大丈夫
  13. 彫師
  14. 田山
  15. 豆腐
  16. 許嫁
  17. 今日
  18. 年前
  19. 料理
  20. バカ

f:id:dramalog:20191129220747p:plain

『BS時代劇 赤ひげ2(5)「幼なじみ」』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

BS時代劇 赤ひげ2(5)「幼なじみ」[解][字]

かつて腕の良い彫師だった与助が、酔って怪我を負い入所。与助は仕事を失って以来、酒浸りの日々。女房・おひろが夫に大きな秘密を抱えながら働いていた。

詳細情報
番組内容
一度は赤ひげ(船越英一郎)の命まで狙った遊女・およね(佐津川愛美)が、養生所で働き始めた。かつて腕の良い彫師だった与助(尾上寛之)が、酔って怪我を負い入所。与助は数年前に仕事を失って以来、酒浸りの日々。女房・おひろ(足立梨花)が夫に大きな秘密を抱えながら働いていた。ある日、ふたりの幼なじみである清吉(田中幸太朗)がおひろに、「与助と別れて俺と一緒になってくれ」と告げる。おひろの決断は…。
出演者
【出演】船越英一郎中村蒼佐津川愛美,前田公輝,鈴木康介,尾上寛之,田中幸太朗足立梨花
原作・脚本
【原作】山本周五郎,【脚本】牟田桂子

 

 


♬~

♬~

ん?

え?

今日のみそ汁は
およねが作ったんです。

ああ!
どうです?

うん… なかなか。

まずい!

しかし その年になるまで
料理をしたことないなら しかたあるまい。

食えるだけ ましだ。

<その日 私たちは およねを
養生所の下働きとして引き取るため

岡場所に向かっていた>

遊女屋を引かせるには
金がかかるのでは…。

金など要らん。
え? では どうやって?

案ずるな。

(遊女)あら ちょいと おにいさん
寄っていき~よ。

今 仕事中ですので。

あら おにいさん 寄っていかな~い?

♬「通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細道じゃ」

♬「将監さまの 細道じゃ」

しょうげんさま?
(女将)二度と来るな!

この疫病神!

見せ物じゃないよ!

大丈夫ですか?
ああ うまくいった。

何と言って 話をつけたのですか?

男を見たら 刺したくなる病だとな。

フン。
えっ…。

<後日 その女と 妙な巡り合わせで
再会することになるとは

夢にも思っていなかった>

♬~

よし。
先生…。

案ずるな。 痰が引っかかって
発作が起きたんだろう。

しっかり 水分をとって安静にしていれば
じきに落ち着く。

ありがとうございます。

≪(男たちの怒号)

悪い酒にも 程があらあ!

とっとと 消えうせろ!
おい 行くぞ。

(田山)あ はい。
おい 飲み直しだ。

(うめき声)
おい 大丈夫か!

(田山)ひどい けがだ。

これは 縫った方がいいな。
(与助)あ~ もう ほっといてくれ!

どいつも こいつも…
アイタタタッ タタタッ…。

とにかく運ぼう!
はい!

立てるか?

おい 田山 焼酎はまだか。
今やってます。

急げ。
はい。

酒は どうした。
こら 動くな! もっと持ってこい!

ここは飲み屋じゃないぞ! 痛えな お前!
静かにしろ! 酒だ 酒!

およね! ちゃんと押さえてろ!
水だ 水だ およね!

(与助)酒! 酒 持ってこい! おら~!

どけよ お前! 誰だ お前は!?

おおっ!

何だ この酒… まずくて飲めるか!

何するんだい この酔っ払いが!

お前が暴れてどうする!

先生!
わしが縫おう。

与助…。
ヤブ医者!

先生に向かって失敬な!
ご存じなのですか?

前に ここにいたことがある。

しっかり押さえてろ!
(2人)はい!

(津川)およね 脚!
(与助)おいおいおい… おい!

(痛がる声)

動くな!

右腕に 大きな刀傷がありますね。

侍と喧嘩をして斬られた。
それで 養生所の世話になったと…。

3年前だ。

けがが治ったあとも
右手が思うように動かなくなり

職を失うはめになった。

職を? 何をしていたのですか?

彫師だ。

(田山)錦絵などの下絵を彫る職人ですね。

腕がいいと評判だった。

そりゃ 飲まずにいられないか。

身内は?
女房がいる。 確か おひろといったな。

竹造を知らせにやろう。

(与助)バカだよ お前は…。

俺なんかのために…。

♬~

(おひろ)昨夜は
うちの人が面倒をかけました。

もっと早くに来たかったのですが

仕事がありまして…。

ああ そうか。

けがは大事ないが
かなり深酒していたようだ。

ふだんは おとなしい人なんです。

けど たまに… どうにも
飲まずにいられなくなる時があるようで。

しばらくだな。
新出先生 ご無沙汰しておりました。

うちの人が
また やっかいかけて すみません。

与助は 仕事は どうしてるんだ?

いえ… まだ 何も。
そうか。

私が 料理茶屋で働いてますから。

昨夜も 寄り合いが2組あって
泊まり仕事になりまして。

帰ってくれ…。

帰れって言ってんだよ!
お前の面なんざ 見たかねえ!

与助!

おゆうちゃん?

ん?

♬「ここはどこの 細道じゃ」

♬「将監さまの」

あ!

♬~

おゆう?

あの子の岡場所での名前さ。

私らと違って 通いで働いてたよ。

通いで…?
ああ よほど食い詰めてんだろ。

亭主が傷つくから
ないしょで働いてるって言ってたけど…

あんな男だったとはね。

事情は分かった。

おひろのことは

誰にも言うなよ。
はい。

(子どもたち)♬「通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細道じゃ」

(子どもたち)♬「天神さまの 細道じゃ
ちっと通して くだしゃんせ」

♬「通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細道じゃ」

(おひろ)♬「将監さまの 細道じゃ」

あまり 女房に心配をかけるな。

大の男が 女房 働かせて
何やってんだって?

彫師だったそうだな。

ま そんなころもあったがね…。

しかし 探せば
なにかしらの仕事はあるだろう。

こんな男 誰が…
雇ってくれるってんだい。

先生はいいよ お医者なんだから。

俺なんて
こいつが使い物にならないんじゃ

何の取り柄もありゃしねえ。

与助が 女房どなりつけて
追い返したそうですね。

ええ。
大丈夫ですか?

侍と喧嘩をするような男ですよ。

もしも ほかの病人に
乱暴を働くようなことがあれば…。

何が言いたいんだ?

与助は むやみやたらに
人を傷つけるような男じゃあない。

あの時は 無理もない話だった。

酒に酔った侍が
女房に ちょっかいを出そうとして

与助が それを止めに入って斬られたんだ。

では おひろを守ろうとして…。
そうだ。

案外 いいやつじゃないか。

(お雪)けど 女房 働かせて
家で ブラブラしてるなんて。

女に食わせてもらえるなんて
羨ましい話だ。

あら さようですか。

津川先生のお嫁さんになる人は
大変ですね。

♬~

飲みな! 大根のおろし汁さ。

二日酔いに効くんだよ。

あんた… 女房 働かせて
家で ブラブラしてるらしいね。

いい加減
働いたらどうだ?

あんたに 何が分かる。

ああ 分からないね。

ほれて 一緒になったんなら

何で 女房を大切にしないのさ!

ありがとう。

♬~

あ!
(清吉)大丈夫か? ごめんなさい。

♬~

罰が当たったのかもな。

罰?
どういうことだい?

いや…。

何でもねえよ。

ちょいと おにいさん
遊んでおいきよ!

♬「ここはどこの 細道じゃ」

♬「将監さまの 細道じゃ」

♬「ちっと」
(女将)おゆう ご指名だよ。

いらっしゃいまし。 ゆうと申します。

(清吉)やっぱり… おひろちゃんだね!

清吉さん! どうして ここが…。

「将監さまの細道」さ。

ここを訪ねた人から聞いてね…。

(子どもたち)♬「将監さまの 細道じゃ」

(清吉)まさか岡場所で 地元の替え歌を
聴くとは思わなかったと話してたんだ。

10年ぶりか…。

待ってくれよ!

何で おひろちゃん こんな場所で…!

与助と一緒になったんだろ!? どうして…。

あの人は…

私のせいで 働けなくなっちまったんです。

3年前 私は料理茶屋で働いていました。

(与助)よっ!

あ お前さん。
そばでも食って帰ろうぜ。

うん。 じゃ 待ってておくれ。

あっ 大丈夫ですか?
お~ 美人じゃないか。

どうだ わしと 一緒に遊ばんか?
よしてください。

いいじゃないか。 金なら弾むぞ。
よしてください!

何をする 貴様!

よさねえか!

大丈夫か!

おのれ 町人の分際で!

うわっ!

あの人の右手は
思うように動かなくなって

仕事を辞めるしかなかった。

俺は てっきり
2人が幸せに暮らしてるもんだとばかり。

与助は承知してるのかい?
ここで働いてること。

そりゃ あんまりだ!

彫師でやっていけないとしても
ほかの仕事をやりゃいいじゃねえかよ!

もう少しの辛抱なんです!

あの人も 今に きっと
立ち直ってくれるはず。

だがよ!
お願い!

このことは あの人には
ないしょにしてください。

おひろちゃん 苦労したんだな。

それで?

清さんのところは どうなの?

小間物屋さんだったわよね。

商売は うまくいってるの?

ああ。

4年前に おやじが死んじまって
俺が看板を継いだんだが

おかげさんで なんとか 店は繁盛してる。

そう お父っつぁんが…。

まあ 商売の方はともかく
こっちは まだ独り身さ。

え? 許嫁がいたじゃない。

ああ。 だが 縁談は断ったんだ。

実は俺 ずっと昔から…

嫁にもらうなら
おひろちゃんだって決めてた。

だから
2人がいなくなった時 悔やんだよ。

もっと早く おひろちゃんに
気持ちを打ち明けるべきだったって…。

[ 回想 ] (与助)おひろ。

ん?

あっ。

かわいい…。

俺と一緒に… 江戸へ来てくれ。

一人前の彫師になって
何としても お前を幸せにする!

それとも…
やっぱり 清吉と一緒になりてえのか?

バカねえ!
清さんには許嫁があるじゃない。

俺 お前じゃないと駄目なんだ! 頼む!

なあ おひろちゃん。

お前さえよければ 俺は今でも…。

まあ うれしい!

それじゃあ 今夜は とことん
遊んでってもらおうかしら。

女将! お酒 ジャンジャン
持ってきておくれ!

ほかの子も呼んでくるね。

おひろちゃん!? 待ってくれよ!

♬~

(まさを)どうされました?

いや 例えばの話だが…

お前は
私が病で働けなくなったら どうする?

それは もちろん 私が働きに出ますわ。

ほう… 何をして?

何をしてでもです。

やはり。
ん?

女は強い。 なぜ そこまで強くなれる?

夫婦ですもの。 当然ですわ。

うん。

しかし これまで苦労を知らず
育ってきたお前が

いきなり 外で働くのは無理だ。

料理や裁縫の腕は まあまあだが

それで 身を立てていけるほど
世間は甘くない。

となると ほかに身を立てるすべは…。

ん?

私のことを そんなふうに
思っていらしたのですね。

え?
確かに あなたと夫婦になるまでは

苦労の くの字も知りませんでした。

いや だから…。

これといって 取り柄もございませんしね。

いや…。

まあまあの料理なんて お出しして
申し訳ございませんでした。

お おい… おい…。

おいおいおい… だから 例えばの話と
言ったじゃないか! 大人気ないな。

ええ 大人気なくて結構です!

おい…。

♬~

(竹造)どうしたんですかい 先生。

夫婦喧嘩でもしたんですかい?

え?

フフフッ…。

ああ。

今日は 何だか いい感じですよ。

(お雪)あっ どうぞ。

与助さん
お見舞いの方 いらっしゃいましたよ。

おう。
清さん!

清吉!
久しぶりだな 与助。

ああ。 でも 何で…。

昨日 たまたま 町で お前のうわさを
耳にして 様子を見に来たんだよ。

思ったより 達者じゃねえか。
ああ まあな。

おめえも うまいことやってんだろ?
まあ 商売の方は順調だよ。

そうかい。 清吉は
昔から 出来がよかったからな。

でもよ こっちは まだ さみしい独り身よ。

聞いたよ 3年前のこと。

大変だったな。

だがよ もう体はいいんだろ?

そろそろ 別の仕事
探してもいいんじゃないか。

何だよ…

わざわざ 小言 垂れに来たのかよ。

おひろちゃんを…

女房を もっと大切にしろ
っつってんだよ!

お前ら 本当は2人で
示し合わせてきたんじゃねえのか?

え?
な そうだろ 清吉。

お前 俺が落ちぶれてるのを知って
おひろを取り戻しに来たんだろ。

お前さん!
何が言いてんだ おめえ!

そんなに おひろが欲しいんなら
くれてやるよ!

こいつはな もともと 俺のことなんか
何とも思っちゃねえんだよ!

(清吉)よく そんなことが言えるな…。

おひろちゃんが おめえのために

どれだけのことしてきたと思ってんだよ!
清さん それは…。

あんた…。

知ってるよ…。

お前が 岡場所で働いてることくらい

とっくの昔に知ってらあ!

おめえ 知ってて おひろちゃんを…。

なんて野郎だ!

よさないか! おい!

この野郎!
離れろ! 何やってんだ!

殴れよ!
与助!

お前 まだ傷が治ってないんだぞ!

お前も 相手は けが人だぞ。
何 考えてんだ!

おひろちゃん!

おひろちゃん!

あの人の言うとおりよ。

私は…

清さんのことを忘れるために
あの人と 一緒になった。

何も言わずに
国を出たのも…

清さんへの未練を
断ちたかったから…。

あの人も…

清さんが追いかけてくる気がして
怖かったんだろうね。

2人で 逃げるように江戸へ出た。

その罰が当たったんだわ。

もういいよ。

もう十分だよ おひろちゃん。

あいつに命を救われた
恩義なら

もう十分 返したじゃねえか。

与助のことは忘れて

俺と一緒になってくれ!

無理よ。 こんなに汚れちまって…。

おひろちゃんは
昔と ちっとも変わらねえよ。 な…。

一緒に国へ帰って やり直そう。

♬~

和泉屋っていう宿で待ってる!

与助と別れる覚悟ができたら来てくれ!

きっとだよ! 待ってるからな!

♬~

清吉が おひろに 与助と縁を切って
一緒になろうと言っていました。

そうか。

あの女にとっては
その方が幸せかもしれないですね。

<しかし なぜ 与助は
おひろが岡場所で働いているのを

黙って見過ごすことができたのだろうか>

≪(お常)ちょっと あんた!
≪(およね)何すんだい! やめな!

離せ! 離せ 離せ 離せ!

邪魔しないでくれ~!

だあ~!
バカな真似はやめろ!

こんなことをして
誰が喜ぶと思ってるんだ!

俺が死ねば おひろが幸せになれるんだ!

分かってたんだ。

あいつは ずっと昔っから
清吉に ほれてるって。

俺なんてよ こんな体になっちまってよ…。

どうせ あいつのお荷物だからよ…

死んじまった方がいいんだ~!

いい加減にしろ!

そこまで おひろのことを思うなら
なぜ 岡場所で働くのを止めなかった!

やめろって言いたかったよ!

でも 金がなくて…。

とにかく 稼がねえとって
気ばかり焦って…。

働こうとしたんだ! 何度も 何度も!

力の入らねえ手に 道具 縛りつけて…。

でも うまくいかなかったんだ。

なぜ そこまで彫師にこだわる?

彫師じゃねえ俺なんて
お呼びじゃねえからだよ。

おひろが そう言ったのか?
言わなくても分かるさ。

おひろだけが…

ガキの頃から 俺の腕を褒めてくれたんだ。

(おひろ)かわいい!

与助ちゃんは うまいね。

♬~

おひろのためを思えば

こんな俺なんかと 一緒にいるより

清吉と一緒になった方が
いいに決まってる!

だからって 身を引こうってのかい!?

ああ!
その方が おひろが幸せになれる…。

格好をつけるな!

お前は おひろに
愛想を尽かされるのが怖くて

自分から捨てられようとしているだけだ!

ここには 生きたくても
生きられない者たちが大勢いる。

死ぬ気になれば
どんな仕事だって できるはずだ。

もし おひろのことを
本当に思うのであれば

みっともなく あがいて
生きてみろ!

畜生~!

おい!

♬~

[ 回想 ] (清吉)与助のことは忘れて

俺と一緒になってくれ!

♬~

ああっ!

♬~

♬「通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細道じゃ」

(おひろ)♬「将監さまの 細道じゃ
ちっと通して くだしゃんせ」

(おひろ)♬「ご用の無いもの 通しゃせぬ」

(遊女)なあ 行きましょう?

先生!

与助は 今日 出ていった。

お世話になりました。

誰と一緒になろうと
悪いなどということはない。

お前は 自分の幸せに 正直になるべきだ。

召し上がらないのですか?

あ… 頂きます。

お口に合うかどうか
分かりませんけど…。 ん?

あ…。

うん… このなますは おいしいな!

昼間 母上様が届けてくださいました。

何だ そうか…。

うん このかぶ漬けは よく漬かってる!

いつもの八百屋さんで買いました。

少々 漬かり過ぎなので
安くしてくれたんです。

頂きます。

昨夜は 私も言い過ぎた。

私も?

いや…。

すまん! かっこつけてた!

このとおりだ… 許してくれ!

母上様が おっしゃっていました。

何かに夢中になっていると

喧嘩をしていたことでさえ
忘れてしまうのだと。

料理の腕は まあまあですけど

これでも やりくりには
自信があるんですよ。

うん。

私には もったいないくらい出来た女房だ。

あまり持ち上げると 嫌みに聞こえます。

♬~

豆腐~ 豆腐~。

豆腐~ 豆腐~。

ちょいと!
へい!

お豆腐 1丁おくれ。
へい!

あんた この辺りじゃ見かけない顔だねえ。

今日からなんです。 どうぞ ごひいきに。

ああ。
はい。 ちょいと お待ちを。

50文です。

はい ありがと。
毎度!

豆腐~ 豆腐~。

おひろ…。

あんたが 豆腐売り歩く姿
かっこよかったよ。

長い間 苦労かけて すまなかった!

俺は 石にかじりついてでも働く。

だから お前も 岡場所やめて…

俺と一緒にいてくれ。

お前さん…。

もう二度と おめえに苦労はかけねえ!

苦労だなんて…。

どうってことないさ あんたと一緒なら。

おひろ… ありがとよ。

♬~

清さん。
もう一度 あの人を信じたいんです。

そうか。

幸せになれよ。

♬~

♬~

(おひろ)ありがとうございます。
(与助)ありがとうございます。

ありがとう。
(2人)ありがとうございます。

<去定先生の言うとおり 幸せとは

なりふり構わず あがいた人間だけが
つかめるものかもしれない。

きっと おひろも そんな与助だから
これからも見続けたいと思ったのだろう>

今朝のも およねが作りました。

ん?

うまい!

(田山)確かに いい味だ。

(お常)あんた よかったじゃないか。

(お雪)筋はいいんだから。

とりあえず 汁物はお墨付きをもらったな。

しかし 大根は
もう少し細かく刻んだ方が…。

黙って食え!
はい。

♬~

お久しゅうございます。 許嫁です。
許嫁…。

こちらの伊久さんが みごもりまして。
しかし いつの間に…。

家宝の壺が… 割れております!
私です。

お金がないんですよ!
私です。

私のことを襲おうとしたんだ!
私です。

伊久さんが来てからなんだ。
田山が おかしくなったのは。

お前は何者だ! 医者ではないのか!