ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第169話 石坂浩二、加賀まりこ、浅丘ルリ子… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #169 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 鉄兵
  2. ゴウ
  3. カレンダー
  4. 公平
  5. 東京
  6. 認知症
  7. 自分
  8. 小野ヶ沢
  9. 夫人
  10. 敷島
  11. アハハ
  12. お前
  13. ゲーム
  14. バブル
  15. フフッ
  16. ボケ菌
  17. マロ
  18. 会社
  19. 菊村
  20. 去年

f:id:dramalog:20191129174455p:plain

『やすらぎの刻~道 #169 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #169 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
菊村栄(石坂浩二)は水谷マヤ(加賀まりこ)に呼び出され、“お嬢”こと白川冴子(浅丘ルリ子)のことで相談を持ちかけられる。冴子は、ようやく孫の竹芝柳介(関口まなと)と密会することができ、大喜びする。栄はそんな柳介に、ひそかに手紙を書く。一方、“マロ”こと真野六郎(ミッキー・カーチス)はそろそろ自分に「お迎え」が来るような気がする、と言いだして…。ある日、栄は病室棟の九重めぐみ(松原智恵子)を見舞う。
◇出演者
石坂浩二、梅宮辰夫
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
池添博
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


♬~(辛坊 修)「信じたこの道を
私は行くだけ」

♬~「すべては心の」

♬~「決めたままに」

(菊村 栄)あっ…。

(ため息)

ハハハッ…。

よっ。
フフッ…。

いやあ… そろそろ
来る頃だろうと思ってね。

まとめておいたよ。 ほら。

準備のいい事で。
フフフ…。

という事で 今日は この1カ月を
振り返ってみましょう。

〈11月に入り
平成編に突入した『道』〉

〈皆様のご要望にお応えして

新たな顔ぶれを
ご紹介しておこう〉

〈まずは 主人公の
根来しのと根来公平〉

〈そして 公平の長男 ゴウ〉

〈ゴウは山梨で農家を〉

〈ゴウには4人の子が〉

〈次男の竜と三男の健は
東京に住み

竜には3人 子が〉

〈四男の圭は 実家で農家〉

〈圭には4人の子がいる〉

〈長女の晴子は看護師で独身〉

〈次女 里子は恋多き女

〈離婚して子供が1人いる〉

〈幼なじみのニキビとハゲ〉

〈さらに 皆さんおなじみ
荒木も紹介しておこう〉

〈1989年〉

〈昭和が平成に
移り変わった年…〉

〈65歳になった公平と
66歳になった しのの夫婦は

すでに東京で一家を成している

次男の竜と三男 健の
たっての希望で

東京見物に招待された〉

〈公平と しのは

その東京の近代化に
ショックを受けた〉

(トースターの終了音)

〈特に彼らが衝撃を受けたのは

学校へも行かず
家に引きこもっている

竜の長男 翔の事だった〉

お前 いくつじゃ? 今。

16。

16っていやあ…
わしら 忙しかったぞ~!

そろそろ
軍隊に入る準備があったしな。

土いじった事 お前 あるのか?

(ゲームの音)

土 見た事あるのか?

ないのか。
そりゃあ いかんな。

(ゲームの音)

全部捨てるんじゃって。
捨てる!?

こんな物があるから あいつ
部屋から出ようとせんのじゃ。

空き巣だ…!

(しのの声)
「こまったことがあったら

いつでも電話しておいで」

「電話するお金 置いてくからね」

「ばあちゃん」

〈その後の何年かは
嵐のようなもんだった〉

〈バブルっちゅうんかい?〉

〈あっという間に 清里なんか

若者の闊歩する
別荘地になっちゃった〉

〈だけど わしらの住む
小野ヶ沢の谷間は

そんなバブルから取り残されて
昔と ほとんど変わらなかった〉

〈そんな
のんびりした小野ヶ沢の道に

ある日 突然
一人の若者が現れた〉

(スーツケースを引く音)

翔…?

翔じゃないの!

おじいちゃん
前に言ってたでしょう?

土に触れた事あるのかって。

ああ… 言った。

僕 人間と
うまく付き合えないから

土と付き合って
生きていきたいんです。

おお そりゃあいい。

それは まあ
実に見事な生き方じゃ。

だけど あんた
お百姓の暮らしって

はた目で見るほど
楽なもんじゃないのよ。

〈圭の畑で働くようになった翔は
10日ばかりで音を上げた〉

〈土に触った事もない翔は
百姓の仕事が続かなかったのだ〉

あんた
畑に出てなかったんだって?

私たち てっきり

あんたが働きに行ってると
思ってたのになあ…。

悔しいなあ…。

(すすり泣き)

おばあちゃん 俺…。

ごめんなさい…。

(すすり泣き)

自分で自分が情けないよ…。

(すすり泣き)

〈何が あいつを変えたかは
わからん〉

〈しかし
ともかく翔は変わった〉

〈だが わしも しのも
その変わりようを

褒めも いたわりもせんで
じっと見とった〉

〈また いつ飽きるか
わからなかったし

そのくらいの立ち直りで
褒める事もなかった〉

〈そんな中…〉

どなた…?

しのか。

うちの人 呼んできて!
あっ…。

早く!

鉄兵兄さん…?

ここらの景色は
昔と変わらんのう。

〈徴兵拒否で山に姿を消した
公平のいとこ 鉄兵が

50年ぶりに里に帰ってきた〉

〈鉄兵は
さすがに年を取っていたが

その中身は
ほとんど以前と変わらず

その姿に強烈に魅せられた翔は

鉄兵が再開した炭焼きの仕事を
自ら志願して助け始めた〉

(鳴き声)

わなに かかったの?

(鉄兵)おお まだ生きとる。
今夜はごちそうだ。

翔 殺せ。

どうやって!?

考えろ。

こ… 殺せない…。

死んだ。

翔… どんな ちっこい命でもな

命を奪うってのは
心が痛むもんだよ。

はい。

だから 生き物を殺す時には

おお… 謝罪でも 感謝でもいい
神様に祈るんだよ。

はい。

そのために神様はおるんじゃ。

はい。
(鉄兵)へへへッ…。

〈冬の間を
鉄兵のところで鍛えられた翔は

春先 ゴウの農園に

圭の息子たちと
手伝いに出かけた〉

〈そこで 翔は

ゴウの次女 あいの同級生であり
清里のパン屋に勤めている

木宮詩子と知り合いになった〉

〈その労働の季節を終えて
小野ヶ沢に帰った彼は

しのから 最近 しばらく
鉄兵の姿を見ないと聞き

鉄兵を捜しに山へ入った〉

じっちゃん! 鉄じいちゃん!

(ハエの羽音)

〈その山で翔の見たものは…〉

(翔)て… 鉄じいちゃんが…

山の穴で… 死んでる。

なんですって!?

なんだい!?
一緒に焼いてやろうよ。

駄目だ。
(文子)だって せっかく…。

これは ばあちゃんが
夜なべして織ったもんだ。

(翔)焼けん。

(文子)何 言ってるのさ!
これは鉄じいさんに…。

駄目だっ!! 焼けん!

翔…。

鉄兵兄さんの形見。
あんたが持っておきなさい。

(翔)おばあちゃんが
東京に来た事があるんだ。

おばあちゃん
帰る時 これ くれたよ。

(翔)何 馬鹿言ってるんだって
俺 思ったよ。

10円玉が10枚かよって…。

(翔)だけどな…。

見てみな この袋。

古いカレンダーを切って貼って
自分で作った手製の袋なんだよ。

この紙袋は 俺の宝だよ。

〈実は この話は
私自身の経験によっている〉

(菊村あやの)
お年玉よ。 ほんの少し。

明けまして
おめでとうございます。

〈母は その頃 80を超えて
軽い認知症の症状が出ていた〉

(菊村律子)去年のカレンダー!
アハハ…!

お義母様 去年のカレンダーで
このポチ袋 作ったのね。

フフッ… フフフフ…!

〈お年玉をくれた事を
忘れている事より

古い いらなくなった
カレンダーの裏紙で

一生懸命 作ったであろう
母のひたむきな壊れた作業が

僕の心を重く塞がせた〉

(あやの)本当に 私…

生きてていいの?

〈一方 やすらぎの郷では…〉

(マロ)だから
俺が言ったとおりなんだよ!

ボケ菌ってのがあってさ

それが みんな うつるんだよ
認知症が。

だから このやすらぎの郷
ボケ菌が もう

うじゃうじゃ うじゃうじゃ
すごいんだよ!

〈九重めぐみさんの病状は
突然 火のように加速した〉

〈理性を失った めぐみさんは

秀さんの首を絞めて
病院棟に強制収容された〉

先生 私ね…。

なんです?

高井の秀さんを殺しちゃったの
首絞めて。

アハハ いえいえ…
そんな事ありませんって。

私が死刑になったら

誰が秀さんの面倒を
見るのかしら…。

〈九重めぐみさんは
完全にボケていた〉

〈それに加えて 桂木夫人にも

認知症の症状が
表れたみたいだった〉

私ね 今度ね 高やんとね…

会社 始めようと思って。

会社!?

で 高やんが
まあ 敷島に話をしたら

敷島が 私が敷島の和服の
専属モデルをやってくれたら

年間7000万 契約金払うって。
ウフッ…。

あの話
夫人の作り話だったのよ!

えっ 作り話!?

夫人に来た話じゃなかったの。
玉子さんに来た話だったのよ。

ちょっと待ってよ。

あの… 夫人が話してた
万引き対策会社の話ってのは?

嘘 嘘! ぜーんぶ嘘!
彼女の作り話よ!

あの人 やっぱり変よね。

認知症による
誇大妄想なんじゃない?

桂木夫人…。

〈どうやら お嬢は

ついに耐えきれず
孫と密会を果たしたようだった〉

(お嬢の声)ねえ 栄ちゃん!

孫じゃない?
相手は孫じゃない?

ところが
孫と会ってる気がしないの。

なんか
恋人と会ってる気がしたの。

愛って 恋と同じなんだなって。

〈様々な事件が起きる中
やすらぎの郷では

また新たな火種が
くすぶり始めていた〉

しのぶです。

しのぶは
翔に恋をしてたんですよ。

〈奇妙な三角関係の暮らしが
始まったんじゃ〉

つけてみたら?
(克夫)尾行な。

(菊村一郎)今日は
この子の1歳の誕生日なんだ。

母さんに
目元がそっくりだと思わない?

(名倉修平)他言無用に願います。
実は マロさん…。

(ロク)「高井秀次!」