ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

シャーロック 第8話 ディーン・フジオカ、佐々木蔵之介、岩田剛典… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『シャーロック #08【殺しの暗号!心中事件現場に残されたライオンの写真の謎】』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 柴田
  2. 世津子
  3. 安蘭
  4. サットン
  5. 獅子雄
  6. 三崎
  7. 経産省
  8. クミコ
  9. 雅樹
  10. 心中
  11. 生徒
  12. ゲーム
  13. ライオン
  14. 女性
  15. 先生
  16. 男性
  17. 守谷
  18. 紹介
  19. 万亀雄
  20. 名前

f:id:dramalog:20191125215559p:plain

『シャーロック #08【殺しの暗号!心中事件現場に残されたライオンの写真の謎】』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

シャーロック #08【殺しの暗号!心中事件現場に残されたライオンの写真の謎】[字][デ]

官僚と仕立て屋、同性カップル心中…現場に残されたライオンの写真は地獄への招待状?遺書に潜む暗号を解け!黒いビジネススクールのカリスマ女校長、恐怖の授業

詳細情報
ご案内
【公式HP】
https://www.fujitv.co.jp/sherlock/
【公式Twitter】
https://twitter.com/sherlockcx
【公式Instagram】
https://www.instagram.com/SHERLOCK_cx/
番組内容
誉獅子雄(ディーン・フジオカ)に江藤礼二(佐々木蔵之介)が、経産省のエリートを含む男性2人の心中事件の動機解明を依頼に来た。心中など現代には存在しないと関心を示さない獅子雄に、江藤は現場に残されていた2枚のライオンの写真を獅子雄に見せた。1枚は吠えていて、もう1枚は死んでいる。若宮潤一(岩田剛典)が、なぜライオンの写真なのか?と疑問を投げると、江藤はライオンではなく“獅子”だと獅子雄をあおる。
番組内容2
さらに、写真の裏には暗号らしき文面が書かれていることも伝え、獅子雄は事件解明に乗り出すことに。
発見された遺体は、経産省勤務の柴田雅樹(久保田悠来)と永田町のテーラーに勤務している三崎雄一(佐伯大地)。現場に残された写真と文面を読み解いた獅子雄は、あるビジネススクールに行き着き、校長の安蘭世津子(長谷川京子)と面会するが…。
出演者
ディーン・フジオカ 
岩田剛典
 / 
佐々木蔵之介 他
スタッフ
【原作】
アーサー・コナン・ドイルシャーロック・ホームズ』シリーズ 
【脚本】
井上由美子(『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』、『白い巨塔』) 
【音楽】
菅野祐悟 
【主題歌】
DEAN FUJIOKA『Shelly』(A-Sketch) 
【プロデュース】
太田大(『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』、『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』)
スタッフ2
【演出】
西谷弘(『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』、『刑事ゆがみ』) 
野田悠介 
永山耕三 
【制作・著作】
フジテレビ

 

 


(世津子)どうしたの?
あなたは 正しいことをしたのよ。

(彩)はい。
お役に立てて うれしいです。

未来は待つものじゃない。

はい。 自ら つくるものです。

(若宮)[人間の欲望とは
いったい何だろう?]

[おいしいものを食べる]

[好きなものを身に着ける]

[好きな人と
永遠の時を過ごす]

[しかし 究極の欲望は

他人を
支配することかもしれない]

(獅子雄)何だよ。
この甘ったるい においは。

こんな朝早くから。
(若宮)邪魔しないでくれるか?

(獅子雄)おい 暇なら
コーヒー入れてくれよ。

(若宮)どう見ても
あんたの方が暇だろ!

(女性)私 人を殺したんです。

あの方に命じられて。

誰か知りたい?

先生が ホントに
守秘義務を守るっていうなら

話してあげてもいいよ。

あ~ また
それ 引っ張り出してきたの?

もう やめとけよ。
やめとけ?

この事件は まだ解決していない。
しかも 守谷が関わっている。

何があったのか
知りたくないのか?

未解決事件なんて
山ほどあるだろ。

知らないことを
知らないままにしておける。

うらやましい性格だな。
また バカにして。

カラメル焦げてるぞ。
あ~ もう…。

カラメルは 目を離しちゃ駄目だ!
うるさい! あ~ もう…。

≪(ドアの開く音)
(江藤)おはよう おはよう…。

何 勝手に入ってきてんだよ!
(江藤)何? この甘苦い香り。

獅子雄。
焦げた砂糖だ。

誰のせいだよ!?
焦がし終わったら

話 聞いてくれる? 獅子雄。
もう 焦げてんだって!

心中?
ああ。 1人は東大卒の経産省役人。

もう1人は 永田町のテーラー
スーツの仕立て屋だな。

盛り上がらない。
そう言うなよ 獅子雄。

これだけの エリートが
心中したからには

その動機を解明して
上に報告しなきゃなんないんだよ。

自殺の動機なんて
他人には 計り知れない。

事件性がないなら 無意味だ。

で 死因は?
青酸化合物が検出された。

胃の中に
チョコレートとコーヒー。

青酸化合物入りのチョコを
食べたってこと?

ベッドの上に
仲良く永遠の眠りにつく 男二人。

男同士…。
かわいそうじゃないか。

なあ? 俺たちの手で
供養してやろうよ 獅子雄。

男同士だからって どうした?

珍しくも何ともないだろ。
俺が手伝う理由が

見当たらない。
あるんだよ それが 獅子雄。

ほら これ見てみろよ 獅子雄。

さっきから 気安く
名前を連呼し過ぎだ。

何? それ。
現場にあった写真だ。

何で ライオンの写真?
若ちゃん ライオンの別の言い方は?

ライオン? 獅子… 獅子だ。
どうだ?

これも何かの縁だろ? 獅子雄。

(クミコ)経産省勤務の
柴田 雅樹 35歳と

千代田区永田町のテーラー勤務
三崎 雄一 32歳。

(クミコ)2人は 永田町の
柴田のマンションで死んでました。

上からは この件は

表沙汰にしないように
言われてる。

経産省のエリートが心中なんて
スキャンダル極まりないからな。

ただ 俺の手で
真相を解明すれば

警視総監賞ものだ。

結局は それか。
解明って 心中じゃないの?

いいか? 心中なんてのは
500年も前の風習だ。

一緒になれないからって
同時に死んで

永遠の愛を手に入れる。

そんな思想 現代日本においては
あり得ない。

(クミコ)あり得ないってことは
ないんじゃない?

永田町心中。
道ならぬ恋に悩んでたってことも。

何だ? まさか グレ…
心中に同情か?

(クミコ)いけない?
死亡推定時刻は?

(牧野)
柴田 雅樹が 20日の午後8時。

三崎 雄一が 午後10時。
ほら見ろ。 2時間も違う。

心中なんて
ロマンチックなこと言ってるが

結局は どちらかが
どちらかを先に殺し

その後を追って
自分も死ぬだけだ。

じゃあ これは?
死んだライオン。

遺書だろうけど
何か おい 変だよな?

「先に旅立つ あちらで待っている」
っていうのは分かるけど

「赤い蛭が 空から
繰り返し降って来る」っていうのは

何だろうな?
何? このアルファベット。

これは遺書ではないな。
じゃあ 何だよ?

「サットン」ってのは何だ?
(クミコ・若宮)サットン…。

ビジネススクールの名前だよな。

(クミコ)あっ 柴田も 三崎も
サットンビジネススクールの卒業生です。

職業も出身地も違うから そこで
知り合ったのかと思われます。

「アラン」っていう人物はいるか?
校長だ。 安蘭 世津子。

ちょっと待てよ さっきから。

そんなの どこに書いてあんだよ?
これは ヴィジュネルの暗号だ。

ヴィ… 何?

16世紀に フランスの外交官
ブレーズ・ド・ヴィジュネルが確立した

多表式の暗号だ。

鍵となるワードと

ヴィジュネル方陣を組み合わせた
暗号文を読み解く。

今 言ってることが
何 言ってるか分からない。

ヴィジュネル方陣
暗号文は分かるけど 鍵は?

置いていかないでくれよ。
ヴィジュネル暗号は 2つの文字から

1つの文字を割り出す。
暗号文の最初の文字は 「S」だ。

ただ 鍵となるワードが
分からない。

鍵は 普通 暗号文と
別ルートで受け渡すが

今回は
遺書の中に忍ばせてあるな。

「赤い蛭」
正解。

「赤い蛭が 空から
繰り返し降って来る」

つまり 「AKAIHIRU」の
ローマ字読みが鍵だ。

それで
この暗号文を解読すると…。

う~ん 「SUTTON」 「ARAN」
「SECRECY」

「秘密あり」か。
もしかして 告発か?

さすがだな 獅子雄。
こんなのは 誰にでも分かる。

普通 分かんないよ。
重要なのは

なぜ
死んだライオンの写真の裏に

わざわざ
暗号めいたことを書いたかだ。

獅子雄って名前としちゃ
気になるよな。

盛り上がってきたな。

♬~

あ~ 3階だ。

「Be a leader」
エリート養成塾か。

(彩)こちらの方?
(女性)はい。

(彩)ご入会希望の方ですか?
はい。

申し訳ございません。 あいにく
当校は紹介制となっておりまして

卒業生の紹介でないと。
あなたは 卒業生?

はい。
いつ 卒業されました?

(彩)昨年です。 それが 何か?

紹介してください。
おいおい…。

すみません。
安蘭校長に お目にかかれますか?

(彩)お約束は?
もちろんあります。

呼ばれて 来たんです。
失礼ですが。

ああ。 誉 獅子雄と申します。

名誉の 誉に
ライオンの雄で 獅子雄。

少々お待ちください。

何だよ? 呼ばれたって。
(彩)北山です。

誉さまという方が
ご面会ですが。

はい。 はい。

誉さま 安蘭は ただ今
来客中ですので

少し
お待ちいただけますでしょうか?

じゃあ 授業を
見学させていただきます。

えっ? おい ちょっと…。

(野村)誰にでも分かるように
ゲームとは何か。 説明して。

(生徒)ゲームとは
終わりが決められた戦いのこと。

(生徒)相手を支配することで
決着がつく。

(野村)はい。
(生徒)勝者と敗者を分ける方法。

(野村)はい。
暇つぶし。

いや 参加すんのかよ?
だが ゲームを支配することで

強烈な快感を得ることができる。
(野村)あなたは?

ただの通りすがりです。
(彩)こちらです。

すみません。
皆さん ゲームは楽しんで。

(彩)
誉さまを ご案内いたしました。

(世津子)お待たせしました。

私の顔に 何か付いてます?
いいえ。

以前 どこかで
お会いしませんでしたかと

聞こうとしたんですが
ナンパみたいなので やめました。

おい。

(世津子)入会希望というわけでは
なさそうですね。

柴田 雅樹さんと
三崎 雄一さんについて

教えていただけますか?

(世津子)やはり
心中事件のことでしたか。

この時期 紹介なしに
訪ねてこられるのは

刑事さんか
メディアの方ぐらいです。

お察しのとおり。

お二人は 確かに
うちの生徒でした。

特に 柴田さんは優秀で

卒業後 運営を手伝ってもらい
始めたばかりでした。

ただ プライベートには
タッチしていません。

心中に至った心境については
まったく存じません。

案外 ロマンチストなんだな。

まだ 心中かどうかも
分からないのに。

殺人と自殺とでも おっしゃる?
話が早い。

私は 一緒に旅立たれたことを
肯定はしません。

でも 否定もしません。

当校は 自主性が
何よりも大事ですから。

やっぱり ロマンチストだ。

政治や経済にこそ
ロマンは必要です。

お二人の ご冥福を
お祈りします。

(世津子)
北山さん 送ってさしあげて。

(彩)はい。

どうしたんだよ?
何回も 校長の顔 じっと見て。

彼女の名前は 安蘭 世津子。
1978年生まれだ。

78年?
≪(足音)

あっ ちょっと待ってください。
(彩)何でしょうか?

柴田さんと 三崎さんは
どういった関係でした?

柴田さんは 去年
ここを卒業したばかり。

つまり あなたと同期ですよね?

よく知りません。
それは おかしいな。

柴田さんは とても優秀で
運営を手伝っていた。

それは あなたも同じだ。
かなり近い存在だったのでは?

ええ。 でも 柴田さんは

経産省に勤めていたことを
伏せておられました。

私は 銀行に勤務していたことを
明かしていたのに。

信用していなかったのでしょうね。
ふ~ん。

勤務先を隠していたのか。

でも 三崎さんは
知ってたんだろうな。

2人で
あんな死に方するぐらいだから。

私は 2人が
そういう関係だったとは

思っておりません!
なぜ? 恋愛は自由だろ?

当校は 日本を変えるために
生徒を送り出しています。

関係者が スキャンダラスな
死に方をしたぐらいで

サットンの価値が
下がるわけではございません。

何か 気味悪かったな。
洗脳みたいで。

しかし 収穫はあった。

柴田は 経産省
勤務していたことを隠していた。

ああ。 そして 2人は
関係を公にはしていなかった。

行ってきてくれ。
どこに?

もちろん 三崎 雄一の店だよ。
何で 俺が?

俺は 柴田を弔ってくる。

♬~

(世津子)誉 獅子雄か…。

(男性)あんなに元気だったのに
虚血性心不全ですって?

虚血性心不全
ああ。

あの こちらには いつから?
もう 10年になります。

いつかは 自分の店を持ちたいって
経営にも興味があったんですね。

ビジネススクール
通っていたんですよね?

永田町のお客さまは
国会議員や官僚が多いから

仮縫いのときに
いい会話がしたいと言って…。

真面目なやつでした。

柴田 雅樹さんって
ご存じですか?

ああ。 三崎君の友達です。

ここのところ ずっと
うちで作ってくれていましたから。

お二人は どんな様子でした?
(男性)かなり親しかったですよ。

三崎君 柴田さんのこと
何か心配していたようですね。

そういえば…。

《ありがとうございます》
(柴田)《お疲れ》

《時間ある?》
(三崎)《うん》

(三崎)《ちょっと 出ます》
(男性)《おう》

その女性 誰だか分かりますか?

柴田さんの彼女じゃないかな。

前にも
一緒に来たことがありますよ。

(男性)本当に自殺なの?

突然死としか発表されてないって。
(男性)悩んじゃってたのかな。

どうだろう…。
(女性)柴田さんって 独身だっけ?

(女性)うん。 女の影 なーし。
(女性)狙ってたのにな~。

≪(万亀雄)ご愁傷さまでした。

高級官僚には似合わない…。
(万亀雄)シーッ。

(万亀雄)
この店には ルールがある。

談話室以外で
しゃべってはいけない。

誰もいないじゃないですか。

人が見ていないときに
ルールを守るかどうかが

人間の質を問う。

はい。
(万亀雄)スコッチをソーダ割りで。

銘柄は いつもので。 彼には水を。
(男性)はい 承知いたしました。

お待ちください。
変わりませんね。

自分で勝手に 何でも決める。
お前には言われたくない。

手短に。

経産省の 柴田 雅樹が
死んだ事件についてです。

彼は どんな人物でした?

とても優秀な男だったよ。

その優秀な男が心中ではなく
殺されたのだとしたら?

サットンビジネススクール
ご存じですよね?

あ~ やめた方がいい。

探偵ごっこの相手にするには
危険だ。

あそこに 何が隠されているのか
知りたいんです。

直ってないな。 その知りたい
という要求を我慢できない 癖。

どれだけ 俺が
とばっちりを食ったと思ってる!?

運命だと思って諦めてください。
万亀雄さん。

名前で呼ぶなというのが
何度 言ったら 分かる!?

フゥー。 チッ。 慇懃無礼
弟を持った運命を呪うよ。

そっくり そのまま お返しします。
まったく。

サットンについて
知ってることを教えてやろう。

ただし 条件がある。

条件を出す癖
あなたも直りませんね。

あくまで聞くだけ。
決して 近づかないと誓えるか?

もし 約束を破ったら
探偵ごっこは やめて

まともな仕事に就いてもらう。

今度こそだ!

分かりました。

サットンビジネススクール

もともとは
イギリスのエリート養成塾だ。

日本に持ち込まれたのは 1977年。

新しい日本のリーダーを
育てる目的で人材を募り

財界も金を出した。
最初は 20人の精鋭で

以降の入塾ルールは 2つ。

1つは
卒業生の紹介でしか入れない。

そして もう1つは
卒業生は 1人しか紹介できない。

つまり 塾生は
常に 20人を超えることがない。

その狭き門が功を奏して
以降 そこから 3人の総理。

数多くの大臣。
そして 多くの経済人を輩出した。

今は 20人どころじゃ
なかったようですが。

2010年に 別の経営者が買い取って
入塾ルールも変わったんだ。

安蘭 世津子?

彼女は 卒業生が紹介できる数を
1人から 2人とした。

たったそれだけの違いだが
生徒は どんどん増え続ける。

わずか数年で
開校当初の面影もない

ただの金もうけの機関に
成り下がった。

いわゆる ねずみ講
マルチですね。

高学歴のエリートを集めて
高い授業料を取る。

入学金は 300万。

優秀な生徒は
講師に引き上げて 羨望をあおる。

エリートは
プライドを刺激されると弱い。

高いものほど
見返りがあると思いたがる。

結果 さらに 金を払う。
次の生徒を紹介する。

フッ。 法律すれすれだ。

経産省でも 調査に入ってた。

なぜ 優秀な 柴田が マルチに
引っ掛かったのか疑問でした。

彼は サットンの金の流れを
調べるために

経産省から送り込まれた
スパイだ。 ですよね?

たとえ 兄弟でも
その質問には うなずけない。

では もう1つだけ。

安蘭 世津子には
バックがいるのでは?

2010年といえば
安蘭は まだ 30代前半。

サットンの経営を引き継げるような
財力があったとは とても思えない。

約束は守れよ。 いいな?

事件の日 柴田は 女と一緒に来て
6時ごろ帰ったらしい。

三崎は テーラーの営業が終わって
8時すぎに帰ったっていうから

死んだ時間差 2時間と一致する。
その女って 誰だ?

柴田の携帯の着信履歴
分からない?

それがな…。
柴田の携帯は

経産省に押さえられて 調査不能
よく分かるな。

はい できたよ。
仕方ねえな 食ってやるよ。

何で いつも食うんだよ? うちで。

おっ! 若ちゃん うまい!
獅子雄 食べないの?

事件のこと考えてる間は
食べません。

いや 俺も この辺で

手を引いた方が
いいのかもしれないな。

えっ?
うん? 実はな

上も どんどん腰が引けてるんだ。
だろうな。

経産省は 柴田に
サットンの内偵を命じていた。

それを知られたくないんだ。
内偵?

えっ? 誰に聞いた?

ちょっとした知り合いだ。

そういうことか。

で 柴田は
何か つかんでたのか?

もしかして それで消された?

珍しく 察しがいいな。

えっ? 消されたって 嘘?
安蘭 世津子にってこと?

いや あの女は
直接 手を下していない。

怪しいのは 秘書だ。

テーラーに 顔 出したのも
あの秘書だろう。

まさか。
彼女は 2人と同期。

とても親しかったはずだ。

にもかかわらず まるで
吐き捨てるかのように言った。

《信用して
いなかったのでしょうね》

《私は 2人が
そういう関係だったとは

思っておりません!》
それに 心中現場に

ライオンの写真があることを
知っていた。

2人の男に
毒を飲ませたっていうこと?

そして あの遺書を 現場に置いた。
いや それは おかしいよ。

だって あの暗号は
サットンを告発する内容だった。

何で わざわざ?
目的は 2つ。

1つは 内偵を命じた経産省
警告を与え 手を引かせること。

なるほど。
もう1つは?

それは 安蘭 世津子に
直接 確かめる。

きたね。 よし 俺も行くわ。

これは 予想より
はるかに でかいヤマだ。

上だって 黙ってられなくなる。

やめとけって。
殺されても知らないぞ。

大げさだ。
でも あんたの推理が正しければ

柴田も 三崎も殺されたんだろ?
俺は殺されない。

現場にあった防犯カメラを
調べろ。

あの秘書が映ってるはずだ。
よし きた。

そいつの周辺も探ってみるわ。

別に あんたが どうなろうと
悲しくも何ともないよ。

ないけど わざわざ
危ないことするなんて バカだよ。

警察に任せろよ。

権力が出ていけば
やつらは 口を閉じる。

俺は知りたいんだ。

なぜ 死んだライオンの
写真だったかを。

♬(バイオリンの演奏)

♬~

(女性)《私 人を殺したんです》

♬(バイオリンの演奏)

♬~

(万亀雄)《決して 近づかないと
誓えるか?》

《気味悪かったな。
洗脳みたいで》

《私 あの方の言うことなら
何でも聞くんです》

《話してあげてもいいよ》

(レオ)うん。 食事してる。

あ~ イタリアン。 うん。
はーい。

(男性)先生 真のリーダーの
資格とは どういうことでしょう?

そうですね…。

人間とは何かを
知るということです。

人間とは何か?
(世津子)そう。

(男性)いや~ おいしかったですね。
(世津子)ごちそうさまでした。

伝言を預かってきました。

クレタ人は 嘘つきだ」

じゃあ 行ってくる。
俺も行く。

必要ない。
えっ?

お前は役に立つこともあるが
邪魔になることもある。

今日は後者。 それだけだ。
あ~ そうですか。

じゃあな。

かってえ。

♬~

誉さん お待ちしておりました。
どうも。

安蘭は セミナーハウスで
お待ちしております。

セミナーハウス?
(彩)レベルの高い生徒に

安蘭が特別授業を行う教室です。
どうぞ。

(クミコ)1人で行かせて
大丈夫なんですか?

合図が来るまで
待機しろっていうからさ。

(クミコ)したいように
させ過ぎですよ。

あいつが言うこと聞かないの
知ってるだろ。

まっ ちょっと心配ではあるが。

係長って 結構 残酷ですよね。

結局は
獅子雄を利用するんだから。

あれ? 出てきた。

おい 行こう。

気付かれんなよ。
≪はい。

♬~

(女性)私 あの方の言うことなら
何でも聞くんです。

誰か知りたい?
「S.A」 「Setsuko Aran」

《私の顔に 何か付いてます?》

《以前 どこかで
お会いしませんでしたかと

聞こうとしたんですが…》

《彼女の名前は 安蘭 世津子。
1978年生まれだ》

安蘭 世津子…。

(女性)話してあげてもいいよ。

≪(チャイム)

どちらさまですか?
誉 万亀雄です。

誉?
獅子雄の兄です。

あっ。

お兄さんがいらしたなんて
知りませんでした。

困ったときにだけ
頼ってきます。

俺に対しても 同じ感じかな。

犯罪コンサルタント

フッ。 もう ちょっと まともな
仕事をしてもらいたいもんだがね。

頭 悪くないんだから。

あなたも そう思うでしょ?

そう思ってました 前は。

でも 彼のやってることは
人の役に立っていますよ。

今は そう思います。
フッ。

変な人だ…。

まあ あいつと
暮らせるぐらいだから

あなたも
相当 変わってるんでしょう。

そうかもしれません。

今 どこにいるか 分かりますか?

どこにいるかは 分かりません。

ただ 殺人犯を
捕まえに行っています。

そりゃ 穏やかじゃないな。

いつもですよ。

危なっかしいことばっかりするけど
でも 結局 ここに帰ってきます。

じゃあ 帰ってきたら
伝言を お願いします。

(彩)着きました。

静かだな。 よく勉強できそうだ。

≪(ドアの開く音)

(彩)
誉さまを ご案内いたしました。

クレタ人は いつも 嘘をつく」

クレタ人が そう言ったなら
彼も嘘をついてるわけだから

クレタ人は いつも 嘘をつく」
ということ自体も嘘になる。

答えは どっちを選んでも
不正解。

あの遺書
あんたが作ったんだよな?

ヴィジュネルの暗号。

もし 柴田が
告発目的で作っていたら

もうちょっと具体的なことを
伝えたはずだ。

あの暗号文は あんたに
たどりつくための情報でしかない。

簡単にいうと わなだ。
わな?

なぜ 自分を餌にした?
目的は何だ?

先生 答えを教えてください。

ものを教わる態度では
ないですよ 誉さん。

じゃあ 先生 自由研究を
発表してもいいですか?

テーマは?

「安蘭 世津子という人生」

うん。 許可しましょう。

安蘭 世津子 1978年生まれ。

高校時代から ある人物のもとで
経済 および 政治を学んだ。

そして 32歳になったときに

その人物によって
サットンの経営を命じられた。

安蘭の役割は サットンを
マルチ商法の学校にして

エリートたちを
食い物にすることだった。

それは 見事なほどに
うまくいった。

2年前 ある優秀な生徒が
入学した。

それが 柴田 雅樹だ。

安蘭は 彼を気に入り 取り立てた。

彼は その期待に応え 努力し
運営を手伝うようにまでなった。

だが ある日
安蘭は気付いてしまった。

柴田は サットンの不正を
調べるために送り込まれた

スパイだということを。

内部の情報を奪われたと知った
安蘭は怒り狂った。

そして 柴田と同期だった
この女を使って 彼を殺害し

証拠隠滅を図った。

かわいそうに。
妄想癖があるのね。

北山さん
ちゃんと否定してあげなさい。

私は 柴田さんを
殺したりしていません。

言い掛かりは やめてください。

じゃあ なぜ 俺の名前を聞いて
あんなに驚いた?

何で 柴田と三崎との関係を
否定したんだ?

ホントは あの2人と
とても親しかったのに。

校長先生に
聞かされたんじゃないのか?

柴田は スパイで
サットンの不正を つかんでいる。

消さなければ
サットンが つぶされると。

違います!

あんた なぜ サットンに入った?

何で 詐欺まがいの学校に
しがみついて

こんな いんちき女の
言いなりになってんだ?

先生に 何を言うんですか!?

いんちきだから
いんちきだと言っただけだ。

あんた 洗脳されてるんだよ。

心が弱い人間だから
付け込まれたんだ。

違います。

(世津子)
誉さん その辺にしましょう。

休憩時間です。

(クミコ)危険です。 行きましょう。
いや まだ 何も分かってない。

あいつは知りたいんだ。

俺も知りたい。

チョコレートのカカオは 脳の活性化に
役立つことが分かっています。

あの2人に食べさせたものか?
白と黒のうち

1つは 普通に おいしい。
もう1つは とっても おいしい。

好きな方を召し上がって。

どちらかに毒が入っているとか?

クレタ人は 時々 嘘をつく」

どちらにも 毒は入っていません。

私は 残った方を頂きます。
そんなゲームに付き合う気はない。

なぜ 誘われたのか
理由を知りたくないの?

いいだろう。

じゃあ あんた
俺の代わりに選んでくれ。

(世津子)北山さん
選んでさしあげて。

好きな方を選んでいい。
毒なんて入ってないんだろう?

では 白の方を。

白でいいんだな?
はい。

食べる前に 1つ 教えといてやる。

なぜ 柴田の遺書は

死んだライオンの写真の裏に
書かれていたのか。

それは 俺を
おびき寄せるためだ。

では なぜ 俺なのか。

ちょっと前に
前世殺人の騒ぎがあっただろ?

俺は あの捜査に関わっていた。

前世殺人を語った女子高生は
まったく関係のない他人の

殺人の告白テープを
見せられていた。

その殺人犯こそが
ここにいる 安蘭 世津子だ。

俺が事件後も 調べ続けてることを
知って おびき寄せた。

おそらく 捜査の手が
どこまで近づいているのかを

確かめるために。
やめて…。

信じたくないよな。
でも 事実だ。

これから 先生に
過去の罪について

そして 守谷についても
話してもらう。

(彩)守谷?

守谷 壬三。
このサットンの影の支配者だ。

多くの犯罪に関わり
多額の不正資金を得ている。

80年代以降 日本で起こった
経済犯罪の

ほとんどに関与してると
いわれる人物だ。

言いたいことは それだけ?

ホントは この先生こそ
かわいそうなやつなんだよ。

長い年月 守谷に操られ
悪事に手を染めてきた。

まあ あんたと同じだ。

あんた ホントは サットンが

どれだけ あこぎなこと
やってるか分かってて

目をつぶってるんだろ?

目を覚ませ。

「目を覚ませ」 きた! 行くぞ!
(クミコ)はい。

あんた 柴田に
特別な感情を抱いていた。

だから 柴田と三崎が
付き合ってることを知ったとき

相当なショックを受けた。

この女は
その感情を利用したんだ。

(世津子)
《もちろん 強制ではないわ》

《当校のモットーは
自主性だから》

思い出したか?
あんた 利用されたんだよ。

2人は どんな最後だったか

真実を知ってるのは
あんたしかいないんだ!

まだ間に合う。 目を覚ますんだ!

≪(ドアの開く音)
警察だ!

いやー!

どうせ 両方とも毒入りだ。

いいえ。

私は ゲームを
冒涜するようなことはしない。

それが あの方の教えだから。

ここにある黒には
毒が入っていない。

疑うなら 食べてみれば?

よせよ 獅子雄。

案外 臆病なのね。

やめろ!

ほら。

毒は入っていない。

うっ!
おい!

早く 救急車!
はい。

なぜ 死ぬんだ?

クレタ人は… 嘘つきよ。

まだ 何も解明されていない。

守谷!

♬~

♬~

じゃあ 話してもらおうか。

恐ろしいことを頼まれたのは
分かってました。

でも…。

♬~

♬~

《柴田君 経産省にお勤めって
知ってた?》

《えっ? 法律事務所だって》
《それ 嘘》

《彼は サットンの不正を
調べるために潜入した

経産省の職員》

《柴田君は 私を だまし
あなたを だまし

不正なんかあるわけないのに
言い掛かりをつけて

この学校を
つぶそうとしてるわけ》

《あなたは まさか
私を裏切らないわよね?》

《これを 彼に届けてほしいの》

《もちろん 強制ではないわ》

《当校のモットーは
自主性だから》

私 許せなかっただけなんです。

(彩)《三崎君と
一緒に暮らしてるの?》

(柴田)《えっ?》
(彩)《隠さなくても知ってるよ》

(彩)《私のこと
好きなのかと思ってたけどね》

(柴田)《ごめん》

《あっ これ うまそうだね》

《茶色い方が おいしいみたい。
食べて》

(柴田)《これ?
じゃあ いただきます》

(柴田)《うっ…》

《嘘つき》

♬~

(三崎)《ただいま》

《雅樹?》

(三崎)《雅樹?》

《おい! 雅樹?》

♬~

♬~

(三崎)《うっ…》

三崎君 きっと 全部 知ってて

柴田君を救えなかったことを
後悔したんだと思います。

なぜ すぐに
警察に言わなかった?

怖くて。 怖くて…。

私 2人も殺しちゃったって。

先生の言うことを
聞いてるときだけは

怖さを忘れていられたんです。

でも… もう 先生も みんなも
いなくなっちゃった。

《俺が この世の中
変えてやるよ!》

《俺は お前を

一番カッコ良くしてやる!》
《おっ いいね いいね!》

《私は 雅樹の経済を
支えられるような

起業家になる!》
《北山…》

《北山 彩!
お前だけが頼りだぞ。 なあ》

《おい 飲みに行こうぜ》
《おう》

《まだまだ 行くぞ》
《お~ 行くぞ!》

♬~

大丈夫か?

あの秘書の女 全部 吐いたらしい。

安蘭 世津子は 被疑者死亡のまま
送検だそうだ。

死んだら おしまいなのにな。
違う。

あの女 最初から 死ぬつもりで
俺を呼び出した。

目の前で 真相を闇に葬るために。

そうかな?

あの人も
楽になりたかったんじゃないかな。

ずっと悪事に身を染めて
限界を感じてた。

過去の事件について 捜査が
進んでいるという不安もあった。

ホントは あの人が

一番 ゲームを
降りたかったんじゃないかな?

あんたは
違うって言うと思うけど。

あの女 20年前の事件も
今回の心中事件も

チョコと 一緒に
のみ込みやがった。

このゲームは 最初から
勝敗が決まってた。

あっ そうだ。
お兄さんが来たよ。

伝言してくれって。

《こう伝えてください》

《約束を破ったな》

《探偵ごっこは 終わりだと》

フッ。 約束なんかしてない。
えっ?

あの人 俺が破ることを分かってて
わざと教えたんだ。

サットンと
安蘭 世津子を つぶすために。

俺は 利用されただけだ。

[そう話す あいつの目は
いつにも増して 鋭かった]

[その目の奥に映っているのは

いまだ たどりつけない
守谷なのか]

[たぶん ゲームは
まだ終わっていない]