ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第165話 石坂浩二、藤竜也、板谷由夏、草刈民代… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #165 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 中里
  2. エリ
  3. 桂木夫人
  4. マロ
  5. ボケ菌
  6. ミヨ
  7. 玉子
  8. 阻止
  9. 夫人
  10. 結構
  11. 高井
  12. 高井秀次
  13. 宗匠
  14. 認知症
  15. 暴力
  16. 野村
  17. ヴィラ
  18. シモ
  19. シヨウ
  20. スタッフ

f:id:dramalog:20191125185148p:plain

『やすらぎの刻~道 #165 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #165 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
菊村栄(石坂浩二)は水谷マヤ(加賀まりこ)に呼び出され、“お嬢”こと白川冴子(浅丘ルリ子)のことで相談を持ちかけられる。冴子は、ようやく孫の竹芝柳介(関口まなと)と密会することができ、大喜びする。栄はそんな柳介に、ひそかに手紙を書く。一方、“マロ”こと真野六郎(ミッキー・カーチス)はそろそろ自分に「お迎え」が来るような気がする、と言いだして…。ある日、栄は病室棟の九重めぐみ(松原智恵子)を見舞う。
◇出演者
石坂浩二藤竜也板谷由夏草刈民代笹野高史山谷初男加賀まりこミッキー・カーチス浅丘ルリ子風吹ジュン草刈麻有
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
池添博
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(菊村 栄)
〈九重めぐみさんの病状は

突然 火のように加速した〉

〈理性を失った めぐみさんは
部屋中に垂れ流し

秀さんの首を絞めて
病院棟に強制収容された〉

〈すると
今度は秀さんが興奮し

めぐみさんには 自分が
ついていなければ駄目なのだと

病室に押し入ろうとし

阻止しようとする
スタッフたちと

力ずくの押し問答に
なってしまった〉

一発勝負をつけましょう。

(中里 正)結構です。

〈押し問答は 一触即発の
暴力の応酬にならんとしていた〉

♬~

(中里)我々も暴力で阻止します。

秀さん! めぐみさんは 今
とっても危ない状態なんです!

ちょっと待て!
(中里)はい。

今 君は なんて言った?

暴力に訴えても阻止すると
言いましたね?

(中里)申しました。

高井秀次 はばかりながら
暴力映画で渡世をして参りました。

(中里)存じております。

演技力は未熟なれど

この腕力だけで
50年以上 生きてきたんですよ。

(中里)存じております。

高井秀次を なめていませんか?

なめてなんか おりません!
尊敬しております!

本当に
私に勝つつもりでいますか?

(中里)わかりません
…が 理事長の命令です!

通すなと言われたら
通しません!

お二人とも 私を老人だと
お思いでしょうがね

これでも
毎日 鍛えております。

(中里)存じております!

それでも
腕力で阻止しますか?

(中里)します。

仕方がない。
一発勝負をつけましょう。

(三枝奈々)ええっ…!?

結構です。

(野村伊三郎)
自分も ここの職員として

中里さんに味方します。

何人でも結構!

(有坂エリ)ちょちょちょ…!
ちょっと やめてください…!

先生! 先生!
(奈々)ちょっと…!

♬~

(野村)うっ!
(エリ・奈々)ああっ…!

(エリと奈々の悲鳴)

(中里)秀さん!
ううっ… くっ…!

(野村)うわあ!
(エリ・奈々)ああっ…!

(エリ)ちょ… ちょっ!

♬~

(野村)秀さん! うっ…!

(高井)ああっ… あっ…!

(エリ・奈々)あっ!
ちょちょ… ちょっ…!

(荒い息)

なかなかやりますね。

私 昨日から寝てないんですよ。
うっ…!

めぐみさんのシモのお世話でね。

(高井)フッ!
(エリ)ああっ! ちょっと…!

痛い 痛い! 痛い 痛い 痛い…!
(ドアの開く音)

…どうしたんですか!?

ハッ… ちょっと
背中のマッサージでして。

そんな… きつくやらなくて
いいですから。

めぐみさんに絞められた首
大丈夫ですか?

あっ… あれは ちょっと
驚かせてやろうと思って

気を失ったふりをしていた
だけなんです。 はい。

(犬井良子)今 めぐみさんは

鎮静剤で
やっと眠ったところなんです。

(良子)だから 今日は
お会いにならないほうが

いいと思います。

今 ヴィラのほうは

清掃の者に きちんと
きれいにさせてますから。

どこかで
時間をお過ごしくださいね。

わかりました。
よろしくお願いします。

(みどり)はい。
(高井)ちょっと失礼します。

(みどり)えっ… えっ?
ちょっと… ちょっと!

フンッ!
(エリ)あっ…。

〈秀さんは
相当 傷ついたみたいだった〉

〈それは そうだろう〉

〈これまで
誰にも負ける事がなく

天下無双の男の中の男を

50年にわたり スクリーンの上で
演じてきた高井秀次が

やすらぎの郷
名もなきスタッフに

苦もなく敗れる その姿を

しかも 人目に
さらしてしまったのだ!〉

〈秀さん! わかるよ〉

〈わかるけど
これは致し方ない事なんだ〉

〈あんたも老いたんだよ〉

〈年を取ったんだ〉

〈年を取るってのは
そういう事なんだ〉

(宗匠)今日のお題は「初霜」です。

昔は 東京辺りでも

霜の降りる朝が
よくあったもんですが

昨今のように アスファルト
覆われてしまいますと

なかなか 霜も見られなくなって
しまいましたな。

そういう情景を詠んだ
老衰さんの一句から。

はい!

わかりますなあ。

土中の水分が霜になる。

その土がないから

霜も なかなか
はっきりと見えない。

近代文明は 俳句の世界を
どんどんと滅ぼしていきますな。

これ 竹の上を差し上げましょう。

(一同)おお~!
(拍手)

次! ええ…。

霜から いきなり
霜ふり肉ですか。

(宗匠)万潮さん。
はい!

まあ いいです。

えー 梅の… 下!

次!

えー…。

うん うん。

えー 霜柱が
はかなく崩れていく様を

建築の耐震期限に
当てはめたわけですな。

まあ これ なんですな。

霜柱のもろさを
それなりに表現はできてますな。

しかしですよ これ…。

まあ いいでしょう。

これも一つの近代俳句です。

梅の中! えー 次!

ミヨちゃんの指は

ぽっちゃり
していたんでしょうな。

おっ! えー シヨウさんの
ミヨちゃんシリーズが もう一句。

これ シヨウさんに
お聞きしますが

シモブクレの「シモ」は
天然現象の「霜」ではなくて

顔の下半分

すなわち 上下の下の
「下」ではないでしょうか?

(三角寛次)違います。
(宗匠)おや?

ミヨちゃんの場合は
多少は その…

下半分の下ぶくれも
あるにはありましたが

そこへ 冬になると

真っ赤に ほっぺが
あの… 霜やけで膨れて

なんともかわいく 触りたくなる。

だが そのミヨちゃんも

去年 大腸がんで みまかり…。

(泣き声)

失礼致しました。
お悔やみ申し上げます。

梅の中。 次。

(ホッピー)いらっしゃい。
(マロ)おう!

(水谷マヤ)来た 来た 来た!
(マロ)来た 来た!

おいで。 ねえ 早く!
いや どうしたんだよ?

ついに やったのよ!
えっ?

鎌倉夫人と原宿夫人が!

鎌倉夫人と原宿夫人?

フフフ…!
桂木怜子と中川玉子よ。

いつかやるとは思ってたけどさ

玉子さん
夫人のヴィラ 追ん出されたの。

追ん出された!?
(マロ)ああ。 今 とりあえずね

エリちゃんがね
ゲストハウスのほうに移したの。

へえ… 何があったの?
それがさあ…!

(ホッピー)いつもので いいですか?
ああ お願いね。

(マヤ)もう~!

ほら 桂木夫人が言ってた
あの 敷島衣裳の話よ!

和服モデルの話。

あの話
夫人の作り話だったのよ!

えっ 作り話!?

夫人に来た話じゃなかったの。
玉子さんに来た話だったのよ。

ほう…。
しかもさ もう あの…

契約料がさ
7000万とか言ってたろ?

そんな話
今時 あるわけないんだから!

案の定 聞いたらね
モデル代 7万だって。

7万!?
(マロ)ハハハッ そうそうそう…。

それもね あの… ええ…。
(マヤ)高やんでしょ?

そう。 高やんがさ
玉子さんに持ってきた話なんだよ。

それを勘違いしてさ

桂木夫人がさ
カッとなっちゃってさ。

さっきね
撮影が そこの ほら

海の見える公園でやったのよ。
(マロ)そうそう そうそう…!

そこへね 桂木夫人が
乗り込んできちゃったから

フフフッ… さあ 大変!

桂木夫人
いきなり現場へやって来て

玉子さんを 「この裏切り者!」
バシン! って引っぱたいて

着てた衣装を
引っちゃむいたんだって!

うわ~…!

話をさ 仲介してくれた
高やんはさ

かわいそうに
引っかかれちゃうわさ

敷島衣裳は怒っちゃうわで
もう…!

ああ… でも ちょっと待ってよ。

あの… 夫人が話してた
万引き対策会社の話ってのは?

嘘 嘘! ぜーんぶ嘘!
彼女の作り話よ!

あの人 やっぱり変よね。

認知症による
誇大妄想なんじゃない?

桂木夫人も認知症かよ!

なっ? だから
俺が言ったとおりなんだよ!

ボケ菌ってのがあってさ

それが みんな うつるんだよ
認知症が。

だから このやすらぎの郷
ボケ菌が もう

うじゃうじゃ うじゃうじゃ
すごいんだよ!

それは まあ 新しい説なんだけど
…と俺は思うんだけど。

まあ 俺の言った この予言は
正しいと思うよ。

マロダムスの予言っつって
間違いないんだよ これが。

(電話)

はい カサブランカです。

あのダンスは いいけどなあ…。
うん。

はい 私です。

誰か 今 いるの?

ああ そんなにいるの…。

じゃあ 行けないわねえ。

ねえ あの子に聞いてくれた?
今 欲しいもの。

ああ… なんにもないって?

ああ そう。

ううん じゃあ いいわ。

何か欲しがってるものがあったら
こっそり あたしに知らせてね。

きっとよ。
お願いね 恩に着るから。

〈ボケ菌〉

〈本当に そういう伝染病が

世の中には
あるのかもしれないと

私は ぼんやり考えていた〉

〈九重めぐみさん 桂木夫人〉

〈うん…〉

〈人生の終焉に近づいてきた
役目を果たし終えた人間の脳に

「お疲れさま」と言う代わりに

そういうボケ菌が
近づくのかもしれない〉

〈ある種の好意で 慰労を兼ねて〉

〈思えば 律子も
最後は そうだった〉

あなた どちら様?

俺だよ。 ハッハッハッ…。

フフフ…。 初めて見る方。

ウフッ… 趣味よ 私。

若い頃 知り合ってたら
もしかしたら 私…

フフッ… 恋をしてたかも。

フフッ…。

♬~

♬~