ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

決してマネしないでください。 第5話 小瀧望、馬場ふみか、ラウール… ドラマの原作・キャストなど…

『よるドラ 決してマネしないでください。(5)』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 飯島
  2. 有栖
  3. 掛田氏
  4. 自信
  5. 掛田
  6. 自分
  7. オトコ
  8. 本当
  9. データ
  10. マイナス
  11. 上書
  12. 努力
  13. 無理
  14. コンピューター
  15. プラス
  16. 頑張
  17. 田中
  18. 復旧
  19. 保存
  20. Dプリンター

f:id:dramalog:20191124094227p:plain

『よるドラ 決してマネしないでください。(5)』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

よるドラ 決してマネしないでください。(5)[解][字]

自分に自信をもとうとする掛田くん(小瀧望)だが、飯島さん(馬場ふみか)に元カレが復縁を迫っているという衝撃の展開が待っていることなど予想できるはずもなかった!

詳細情報
番組内容
掛田くん(小瀧望)は飯島さん(馬場ふみか)から抱きつかれたことへの動揺がおさまらない。自分に自信をもとうとする掛田くんだが、飯島さんに元カレが復縁を迫っているという衝撃の展開が待っていることなど予想ができるはずもなかった! 偉大な科学者チューリングに自分を重ね、掛田くんは前向きに進もうとするが、飯島さんの元カレは掛田くんのきわめて身近な人物だったのでは、との直感が掛田くんを襲う。どうなる掛田の恋!
出演者
【出演】小瀧望,馬場ふみか,ラウール,今井悠貴マキタスポーツ石黒賢
原作・脚本
【原作】蛇蔵,【脚本】土屋亮一

 

 


(掛田)飯島さん 危ない!

あ~ いや…。

(飯島)あっ!

飯島さん…。

はっ!

(有栖)しまった!

あ~っ! う~ん…!

上書き保存しちまった…。

これで動かなかったら
取り返しつかないことになる。

確か 向こうのサブのPCに
元のデータが…。

いや! あっちも
上書きされちまってるかもしれないな…。

なあ 掛田氏 向こうのPCって
今日 立ち上げたか?

とても現実だったとは思えない。

聞けよ 人の話を~。

(テレス)向こうのPCなら
今 僕が使っちゃってたケド。

なら ダメか~。

飯島さんが 僕に あんなことを…。
うるさいな!

まさか あれは 仮想現実?
新手のVR技術か?

飯島さん 危ない!

あ~ いや…。 あの…。

きっと そうだ。 僕の恋が進展するより
僕の知らないうちに

科学が飛躍的に進歩する方が
可能性が高いと断言できる!

そんな自信満々に
自信のかけらもない発言しないでヨ~。

自信なんて ないんですよ!
かましい!

ないものは作れ!
それが 俺たちのスピリットだろ!

(有栖)我々機械工学科なんて

バレンタインデーに
女子を増やすんだぞ! 女装で。

(フランス語で)

有栖さんも女装したんですか?

(有栖)写真あるから 見せてやるよ。

あれ~? それも ここにはないか。

あれは ぜひ
みんなに見てもらいたいものなのに…。

自信って… 作れるんですかね?

(白石)結果より過程を大事にした方が
自信はつくな。

白石先生…。

結果は水物だが
努力したという事実は確かだろ。

揺らいだ時には
揺らがないものを思い出せ。

揺らがないもの…。

不確定性原理によって
物理量を正確に知ることができない今

揺らがないものとは 一体!

そういうところ揺らがないよな~
掛田氏は。

有栖さんの そういう
座標の原点をずらして

マイナスの値を
無理やりプラスにしてくれるところ

感謝してます。

あまり俺に頼られても 困るんだけどな。

無理やりにじゃなくても
プラスはあるだろ。

えっ?
(白石)お前にだって 努力した過程は

それなりに積み重なってあるはずだ。

もうちょっと 自信持っても
いいんじゃね~か?

僕が… 自信を…?

そうだよ 掛田氏! もっと自分を…

自分で 自分の努力を認めてあげようヨ!

自分で… 自分を…。

静粛に!

ただいまより 僕が積み重ねてきた
小さな努力の数々に

少しは自信を持っていいものかどうかを
検証します!

積み重ねてきた努力…。

確かに… 思い返してみれば
このたった数週間で

僕の恋も 飛躍的に進展を遂げたと
言っていいのかもしれない。

ああ 名前だって
いつの間にか覚えてもらえた。

もう一回 言ってもらってもいいですか?
掛田さん。

共通する好きなものだって 見つかった。

ちょっと物理学が好きになったかも!

そして この前なんて…。

飯島さん 危ない!

抱き締めて… 抱き締められて…。

確かに。 本当に あれが
現実だったと言うなら…

もはや かなり深い男女の関係にあると
言っても過言じゃない!

本当に それで正解なの?

出たな 少年…。

正解か間違いかなんて 関係ない!

あの時だって 踏み出したことで
興味を持ってもらえたんだ!

飯島さん
僕と貴方の収束性と総和可能性を

iで解析しませんか?

あれが告白だってことも 実は あの時
ちゃんと伝わってたのかもしれない。

伝わってるわけないよ!
うるさい!

今の僕らは 昔の僕とは違うんだ!

いつも いちいち
余計な口 挟みやがって!

そいつを黙らせろ!

う~ん う~ん…。

結論 僕は自信を持ってもいいんだ!

(拍手)

おっ 胸で来んのか お前。

おい さっきから 10分以上
あいつは黙っとるが

何をやっとるんだ?
最近は いつも こんな感じです。

一生懸命
自信を作ってるんじゃないですか?

そういうお前は 何を作ってるんだ?

3Dプリンター
3Dプリンターを作ってます。

どういうこと? エラーだけど。

えっ!?

やっぱり ダメか~。 オフラインの
バックアップ取りに行くか~。

ハハハ ハハハハ…。
あっ やっと目が覚めたみたい。

ええ 長い夢を見ていたようです。

今の僕は
鎖から解き放たれたプロメテウスだ!

何て?
3Dプリンターですら繁殖してる。

今の僕は 自信を持ってもいいはずだ!

はあ…。

(田中)さっきから
何言っても その ため息ですけど

何か あったんすかあ?

はあ…。

もしかして 誰か好きなオトコでも
できちゃったとか?

ねえねえ どうなんですか?

はあ…。

静粛に!

ただいまより この前 掛田さんに
衝動的に抱きついてしまった件について

考えをまとめたいと思います!

サッカーで ゴール決めた時とか
抱きつくじゃないですか。

そんな感じで
深く考えないでもらうわけには?

そのあと
すぐ逃げるように帰っちゃった時点で

それは もう無理じゃない?
初動ミスだよね…。

…ていうかさ
そもそも 何で抱きついちゃったの?

自分でも よく分からなくて…。

じれったいな。 モジモジしてないで
口に出してハッキリ言えばいいじゃない。

抱きついちゃったことで
一体 何が そんなに気になってるの?

私は…。

あの時… 私は…。

か…。
ねえ 何の話か教えて下さいよ~!

<こうして この食堂に来れば
約束なんてしなくても

いつも 君が僕を待ってくれている>
掛田氏。

<僕らは ここで 毎日ランチを共にする。

お互い
無理に会話を交わそうとしなくても

一緒にいるだけで落ち着く>

<僕らの間には言葉はいらない。

そういう特別な関係だと言っても
過言ではないはずだ>

<やれやれ 恥ずかしがりの君の代わりに
二人の距離を詰めてあげるのは

今日も僕の役目だ。

君のそばに行く ワンウェイチケット…

でも そろそろ 君からも 僕行きの
恋の列車を運行させてもらいたいな…>

あの 掛田さん!

どう… されました?

あの… この前のこと… なんですけど…。

あれ? 五百円ない。

あれ?
とっさに…。 どこ行った?

あんなことしてしまって…。 ない…。
すいません。 あれ?

ないぞ。
ただ…。

ただ… 何ですか?

私… あの時…。
あの時…。

あの時… 私…。

から揚げ臭くなかったですか?

はっ?

私 あの日 から揚げ当番で
から揚げ臭くなかったかなあって

ずっと気になってたんです。

いや… 特に そういう記憶はなくて…
というか…。

から揚げ臭くなかったんですね?
じゃあ よかった~!

いや それよりもっと ほかに…。
いや~ もう ずっと

そのことだけが気になってたんですよ。
私 あの日 から揚げ当番で

だから 臭くなかったかなってことだけが
ず~っと気になって!

皆さ~ん
私たちは から揚げ臭くなかった!

今宵は 大いに飲み 歌い 踊り
騒ぎましょう!

掛田さん? どうしたんですか?
(メールの着信音)

(田中)飯島さん
何か またメール来てますけど。

はっ!

何が自信だ。 バカバカしい。

掛田さん…。

結局 君の言うとおりだったね。

掛田さん! 掛田さん!
掛田氏! 掛田氏!

どうしたんだヨ~ 掛田氏。

あんなことがあって 何か特別な感情が
あるのではと思い込んでいたけど

それは から揚げだった。
えっ?

浮かれた僕は バカだったんだ!

おいおい 何だ? あっという間に
マイナス思考に逆戻りか?

有栖さん! 有栖さんは どこに?

あっ なくしたものを
取り戻しにいくとか何とか…。

僕のマイナスをプラスに変えてくれるのは
有栖さんだけなんですよ!

バカバカしい。

(ゾンビ)別に思ってたほど
プラスじゃなかったってだけで

マイナスに考えること ないでしょ。

ゾンビちゃんさん…。

理由が何であれ
好意のない相手に抱きついたりしない。

そうなんですかね?

焦って悪循環にハマるのが
初心者の陥りやすい落とし穴だから。

そ… そうか…。 なら あの話も…
僕の考えすぎってことなんですよね?

あの話って?

飯島さん 何か またメール来てますけど。

ちょっと もう勝手に見ないでよ!

ソレって
どう見ても オトコ… ですよね?

「オトコだった」っていうのは…
確かだけど…。

何で 今
そんなメール送ってくるんですか?

迷惑じゃないんですか?

何て言うか…
彼の気持ちは伝わるっていうか…。

何か オンナの顔してる。
からかわないでよ!

で… どうなんですか?

何て答えればいいか… 正直… 迷ってる。

…っていう。

これも 僕が 少し
マイナスに捉えすぎていたんですよね?

ごめん。 それは
マイナスに捉えていい話かもしれない。

え~っ!

そうか…
その可能性は考えてなかったな。

う~ん 確かに… あっちに そういう
浮いた話がないとは限らないからな~。

まあ 「オトコだった」って言ってるから
元カレか何かだと思うけど…。

何かの答えを求められてる…
そう ヨリを戻そうとかって感じかな。

うんうんうん。
でも 飯島さんの気持ちが

どうなのかは まだ分からないヨネ?

でも オンナの顔してたから。 うん。

(高科)目黒にある
計算流体力学研究所を知ってるかい?

核兵器の開発を疑われて CIAが来た
っていう話があるんだけれども

まっ そんなことをするのなら
僕も 試しに

自宅に スパコンを置いてみてやろうかな
と思ったもんだよ。

お前 何と喧嘩しようとしてるんだよ?
だってさ

あまりいい気分がする話じゃないよね。

「物理学者が 自宅にスパコンを持ったら
核兵器開発」なんて考え方をされるのは。

はっ! 短絡的な臆測は
よくないことだと思うんだよね。

飯島さんが何を言ってたって?

そのことだけで 君は 彼女に対する見方を
変えてしまうのかい?

<それは違う。

時代に流され やがて 原爆開発に
邁進することになった天才物理学者

ジョン・フォン・ノイマンだって
きっと 人を殺めるために

コンピューターを作ろうとしたわけでは
ないんだ>

(自転車のベルの音)

<コンピューターの概念を考えた
アラン・チューリングだって…>

ア~ア~ア~…。

ア~。

あ~ ごめん ごめん。 うるさかった?

いや~ 一人で考え事をしている時に
誰かに邪魔されるのが嫌で

「ア~ア~」言う癖がついちゃってさ。

考えてたのは 万能機械についてだ。

あ~ ただ 計算するんではなくて
命令を読んだり 自己改変するような…。

<きっと彼も… その考えを 戦争のために
役立てたかったわけじゃない>

(爆発音)

ん?

アッハッハッハッ!
アッハッハッハッハ~!

我がナチスドイツ軍には 機密事項を
暗号化する最強マシン エニグマがある!

はあ~。

連合軍には この暗号は決して解けまい!

残念~!
イギリスが誇る天才 チューリング

エニグマ解読機を作っちゃいました~!

我が軍では もう既に

そちらのエニグマさんの暗号は
解けているんダヨ~!

(舌打ち)
うわ~っ!

ごめ~ん バレちゃった。

<暗号を読み解くことじゃない。
僕が考えていたいのは…>

今は 計算くらいしかできない
不器用な この機械は…。

いつか もっと柔軟に 知的に
適切に思考する万能なものに育つだろう。

チテキニ… テキセツニ… シコウスル…。

<そう 僕が 今 考えるべきことは
相手をあれこれ詮索することじゃない。

これから 自分が
何をしていくかということなんだ!>

おっ 掛田氏!

こんなところで
立ち止まってしまいたくないです。

僕なんかに
何ができるのか分からないんですけど…。

発明といえば 多くの人が

突然ひらめくようなイメージを
持っているかもしれませんが

それも ある意味
短絡的な臆測の一つかもしれないね。

実際は
水の入ったコップに氷を加えていき

それが こぼれたところが発明という
イメージの方が近いかもしれないね。

コンピューターにおいては

コンピューターのアイデア
というコップを

アラン・チューリングが用意して…

その中に
さまざまな技術が蓄積されてゆき

次に何か入れたら 水があふれる!

そんな時に
最後の1個を入れたノイマンがいた。

そんなふうに考えたら

自分にだって 何か とんでもないことが
できるかもしれない。

そうは思えませんか?

そうですよね。

もし仮に 本当に 飯島さんに
そういう相手がいたとしても

そいつと勝負して
勝つくらいのつもりでいないとね。

はい!

でも 本当 ただの勘違いかもしれないよ。

ヨリを戻したがるのは 大抵 男の方で

女の方には
その気がないことの方が多いから。

男の恋は名前を付けて保存だけど
女の恋は上書き保存なんて言うからね。

上書き保存…。

(有栖)よ~し。

はっ!

あっちも 上書きされちまってるかも
しれないな…。 オトコ… ですよね。

あんまり俺に頼られても
困るんだけどな…。

「オトコだった」ってことは 確かだけど…。
これで動かなかったら…

取り返しつかないことになる…!
彼の気持ちは伝わるっていうか…。

つながってた時間が長いと やっかいだな。

飯島…!

<まさか… 飯島さんの元カレは
有栖さんだったのか!>

こいつ また 何か
変な臆測にとらわれてないか~?

心配しないで下さい。

飯島さんに好きな人がいたとしても
僕は勝負して勝ちますから!

勝負?

今回は
「パソコンのハードディスクのデータを

二度と読めないようにするには
どうしたらいいのか」を

対戦方式で試したいと思います!
何で 対戦方式?

絶対に有栖さんに勝つ!
負けたら 飯島さんを諦める!

何で諦めるの?

あ~
それを よく あなたが言えましたね~!

本当に壊してもいいんですね?

あなたが壊すべきだと思ったなら…
壊してもいいと 僕は思っています!

いいんでしょうか?

(有栖)
たとえ どんな状態になったとしても

何度でも
過去のデータを復旧させてみせますよ。

頑張って下さい!
はい。

頑張れ~! 頑張れ~! 頑張れ~!

スクーターで ひいタ!

甘いな~。 この程度なら
余裕でデータを読み込めるぜ。

こんなもんじゃ ダメです!

中のハードディスクが曲がらない限り
データは読めてしまうんです!

(有栖)フ~ッ!

えいっ!

水没か…。

待て 引き上げるな!

乾かさなければ 復旧できる。

乾くと
水中の不純物がデータ盤面に固着して

傷になるのか。

つい誤って水没させた時は ぬれたまま
復旧業者に持ち込んだ方がいいですよ。

へえ~。

飯島さんは つい誤って
水没させたわけじゃないんです!

自分の意思で! 復旧させまいと思って
ノートパソコンを沈めたんです!

(有栖)それは知ってるけどさ…。

なんて えげつない…
と言うとでも思ったか。

火事は 意外に復旧しやすい事故なんだよ。

基板は溶けても
ハードディスクは割と生きてる。

炭化したら 無理だけどね。

クソ~ッ!

あ~ 結局 負けちゃいましたね。

まだです!
えっ?

僕に任せて下さい 飯島さん。

飯島さんの その思いを 科学の力で
なかったことにしてみせますから!

その二つは…
まさか アレをやるつもりなのか!

飯島さん
危ないんで 少し下がってて下さい。

パソコンに 酸化鉄とアルミニウム粉末を
かけて 着火!

これが
鉄をも溶かす テルミット反応です!

どうです! これで復旧不可能でしょう!

まさか キャンパス内で
3, 000度の熱を発生させるとはな…。

あ~ 全部溶けてるじゃないかヨ…。

物質も状態も変化させてやりましたよ!

はあ~ 負けたよ 掛田氏。

有栖さん あなたの分まで
僕が幸せにしますから!

何が?

これは あくまで推測なんだけど

多分 掛田くんは 有栖くんのことを
飯島さんの元カレだと思ってる。

はあ? 何が どうやって そんなことに?

あ~ ドロドロですね~。

ドロドロしてても
いつかは固まる時が来るんです。

何ですか?

有栖さんのことは もう忘れて下さい。

知ってたんですね。
何だか 話が成立してるけど…。

私 本当 有栖さんに
何て言っていいか分からなくて。

彼を傷つけたくなかったんです。

あり… 有栖さんからは… 何て?

「去年のバレンタインの俺の女装写真
どうですか?」って。

えっ?

女装…?

白衣の合わせが 逆なだけなんですよね…。

(田中)ソレって
どう見ても オトコ… ですよね?

「オトコだった」ってことは…
確かだけど…。

(田中)何か オンナの顔してる。

あっ! あ~ そうだ それ どうですか?

あっ あ… えっと…。

あなた 一体 何やってるんですか!

えっ?

大体 いつの間に飯島さんのアドレスを…。

食器下げに行った時に
たまたま 女装写真の話になって

「送ってほしい」って言うから…。
な… 何で 有栖さんだけ!

教えておいた方がいいですか?

そりゃ 教えてほしいに決まってますよ!

でも そんなこと 本人に 直接
切り出すなんてこと 僕にはでき…。

何かある度 食堂に来てもらうのも
なんですもんね。

♬~

有栖さん!

掛田氏!

僕の中の悪魔が ゾンビちゃんさんを…。

ハンド… パワー…。