ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

科捜研の女 第21話 西村まさ彦、沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美… ドラマのキャスト・主題歌など…

科捜研の女 #21 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 久保井
  2. 凶器
  3. 呂太
  4. 指紋
  5. 子供
  6. 詩子
  7. 電車
  8. 被害者
  9. 本城雄作
  10. ハル
  11. 高槻
  12. 犯人
  13. 雄作
  14. 修理
  15. お母さん
  16. ドクターK
  17. トラック
  18. ネジ
  19. 診療所
  20. 付着

f:id:dramalog:20191121210926p:plain

科捜研の女 #21 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

科捜研の女 #21 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

マリコvsおもちゃドクター!?」鉄道模型コレクターが殺害された!容疑者はおもちゃの修理を行う“ドクター”!?マリコがおもちゃを解剖&鑑定して暴いた衝撃の真実とは…?

詳細情報
◇番組内容
本城テック副社長の本城雄作が自室で殺害された。現場には被害者の血液が付いた車の玩具のタイヤが…。さらに室内を走行中の鉄道模型は前日まで壊れていたらしく、身元不明の指紋まで検出される。誰かが修理をした時に事件が起きたのか…!?微物の鑑定結果から、おもちゃを修理する“診療所”の存在が浮かび上がる。そして現場のタイヤは“ドクター”久保井俊平(西村まさ彦)が修理を請け負ったトラック玩具の部品だと判明して…!?
◇出演者
沢口靖子内藤剛志若村麻由美風間トオル斉藤暁渡部秀山本ひかる石井一彰
【ゲスト】西村まさ彦、遊井亮子小柳友貴美大家由祐子尾崎右宗、白井滋郎、有村春澄、鶴井孝太、潮田由香里、前田茜、東康平、松木賢三、七海薫子、和田明日香 ほか
◇脚本
真部千晶
◇監督
兼﨑涼介
◇音楽
川井憲次
◇主題歌
今井美樹『Hikari』(ユニバーサル ミュージック/Virgin Music)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】関拓也(テレビ朝日
【プロデューサー】藤崎絵三(テレビ朝日)、中尾亜由子(東映)、谷中寿成(東映
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/
☆Twitter
 https://twitter.com/kasouken_women

 

 


(パトカーのサイレン)

(蒲原勇樹)マリコさん どうぞ。

(榊 マリコ)被害者は

鉄道おもちゃの
コレクターだったようね。

(蒲原)はい。 本城雄作さん。

本城テックという 精密機器を
製造販売する会社の副社長です。

社長である父親と二人暮らしで
その父親が第一発見者です。

(本城雄大)
仕事で東京に行っておった。

今朝 帰ってきたら
死んでた。

硬直の具合から死後20時間前後。

胸部に刺し傷
恐らく これが致命傷ね。

(橋口呂太)うーん…。

凶器になりそうなものは…。

凶器になりそうな…。

(呂太)わあ!

♬~

何か下にあるわよ。

♬~

(呂太)タイヤ?

父親が帰ってきた時
扉は開いていたというから…。

(涌田亜美)犯人は 庭から
直接 出入りしたのかも。

(亜美)あっ!
(蒲原)んっ?

(本城遼馬)おじいちゃん!

おお! 遼馬。
一人で来たんか?

お母さんも一緒だよ。
(雄大)ああ。

(本城郁江)お父さん。

娘や。 雄作の妹。
近くに住んでおる。

あの… ご家族の方も
指紋の提供に ご協力ください。

私たちは
その部屋には入ってません。

絶対に入るなと
兄に言われてました。

いい年をして
おもちゃなんぞを集めおって。

(鉄道模型の走行音)

あれ?

(土門 薫)おい! 駄目だよ!

んっ? どうした?

あの青い電車
壊れてて動かなかったのに。

えっ?
壊れていた電車が動いてる?

♬~

♬~

(風丘早月)
傷は心臓にまで達している。

他に傷は…。

ここにあります。

ちっちゃな傷ね。
ちょっと出血があったかも。

先生 何かあります。
ああ…。

♬~

♬~

お願いします。
(宇佐見裕也)はい 了解。

♬~

(シャッター音)

♬~

被害者 本城雄作さんの
死亡推定時刻は

昨日の午後2時から4時の間と
判明しました。

(ドアの開く音)
(呂太)わかったよ!

凶器は幅6ミリくらいの

断面が こんな形をしたもの。

でも 現場に
該当するものはなかったよ。

(日野和正)凶器は
犯人が持ち去ったんだろうね。

被害者の右手の指に

生活反応のある傷がありました。

そこに付着していた物質は
黄色いプラスチック片でした。

現場に落ちていた これの

この部分と
同じ材質 同じ塗料でした。

これ おもちゃの車のタイヤだと
思うんだよね~。

でも あの部屋には

電車のおもちゃは
たくさんあったけど

車のおもちゃは
一つもありませんでしたよね?

なんで これだけあったのか
謎だよね。

もう一つ 謎があります。

♬~

この青い電車。

被害者の甥御さんの話では

事件前日までは
壊れていて動かなかったそうです。

(本城雄作)遼馬!
(遼馬)うわあ…!

俺の部屋に入るなと
何度も言ったよな!?

ご… ごめんなさい!

これ 実山電車1980版だよね?

生産台数の少ない
幻の逸品って言われてるやつ。

いいから出て行け!

俺のお宝に
二度と触るんじゃないぞ!

壊れていた おもちゃが

遺体が発見された時には
動いていました。

(日野)そのおもちゃの表面に
付着した指紋を調べたところ

赤い電車には
被害者の指紋だけだったけども

こっちの青いほうには
被害者本人と甥の遼馬くん。

そして もう一人。

身元不明の指紋が付いていた。

(亜美)じゃあ
その指紋の持ち主が

壊れていた おもちゃを
動くように直したんですかね?

この人が
事件に関わっているのかしら?

(宇佐見)犯人が出入りしたと
思われる 扉の周辺に

桜の木から剥がれ落ちた皮が
落ちていました。

桜の木? あの家のお庭には
桜の木はなかったわ。

(宇佐見)これは藁の茎の一部です。

桜と藁…。

犯人に付着したものが
落ちたとしたら…。

ええ。 犯人は
こも巻きが行われた場所を通って

現場に来たのかもしれません。

(呂太)こも巻きって何?

(亜美)
うーんとね… こういうやつ。

(呂太)ああ 見た事ある!
腹巻きしてる木。

木の幹に
藁で作った こもを巻く。

こも巻きは

植木屋さんが行う場合が
多いんだよ。

亜美ちゃん
京都市内の植木屋さんで

昨日 こも巻きが行われていた
場所があるか

問い合わせてみて。
ラジャ!

事件のあった日
こも巻き作業が行われていたのは

ここだけだって。

犯人は この場所を通って
被害者の家に行った可能性がある。

防犯カメラはないのかしら?

あの公民館で聞いてみようよ。
うん。

すみません。
こちらの職員の方ですか?

(久保井俊平)いえ。 私は
おもちゃ診療所のドクターです。

おもちゃ診療所?

(中野詩子)「おもちゃが壊れた~!
どうしよう!」

ドクターK!」

(大谷幸男)「ドクターO!」

(詩子)「ドクターU!」

(詩子・大谷)
「みんなの大切なおもちゃを

直してあげるよ!」

(久保井)おやおや?
骨折しているね。

すぐに オペが必要だ!

大丈夫。
ドクターKは失敗しないので。

(詩子)お待たせ!

ちゃんと動くようになったから
2人目のお子さんにも使えるわね。

メーカーに修理を頼む事も
できるんですけど

身近に こういう場所があって
本当 助かってます。

いつでも言って。

じゃあ 行こうか。
またね。

バイバイって。
(女の子)バイバイ。

(母親)ありがとうございます。
気をつけてね。

あの… 皆さんは おもちゃ修理の
専門家なんですか?

ああ… 別に おもちゃ会社の人間
ってわけじゃないのよ。

久保井さんは 元々
機械部品を作る町工場をやってて。

(作動音)

ほら 直ったよ。
元気になったよ 君のおもちゃ。

ありがとう!

(詩子)で 大谷さんは
家電メーカーのエンジニア。

すごいだろ?

(詩子)定年して
暇になった みんなでね

地域の子供たちのために
ボランティア活動しようって。

で この診療所を始めたの。

(久保井)うたさん
これ 入院させるから。

はい。
入院?

この場で直せないものは

久保井さんが家に持って帰って
直すの。

それが入院。

はい では この預かり証に
連絡先 書いてください。

被害者のおもちゃを直したのは
この人たちかもしれないわね。

(郁江)刑事さんに言われたとおり

仕事上で 兄を恨んでいると
思われる人たちを

ピックアップしてみました。
(携帯電話の着信音)

♬~

こんなにですか?

兄は わがままで
身勝手な人でしたから。

(雄大)ハハッ…。

この電車のおもちゃを
修理していませんか?

記憶にないな。

ああ… 私も
こういうのは直せないの。

久保井さんは?

トイレ行ってくる。
(詩子)ああ いってらっしゃい。

僕も。
(詩子)はいはい。

(呂太)うわあ! 懐かしい!

僕 これ 持ってたよ!

(詩子)それはね リサイクル用。
えっ?

(詩子)子供が大きくなってね
いらなくなった おもちゃを

各家庭から寄付してもらってるの。

きれいに直して
リサイクルおもちゃとして

福祉施設なんかに
使ってもらってるのよ。

(呂太)へえ~!

(椎名 晴)こんにちは!
はい こんにち…。

あれ? 晴くん。

えっ? 一人で来たの?

僕のトラック直った?
トラック?

ママが入院させた
黄色いトラック。

タイヤの真ん中も黄色いの。

えっ? もしかして こういうの?

うん!

(詩子)あっ ここです。

ほら 足 気をつけて。
はい。 すいません…。

こんにちは。
(高槻岳人)いらっしゃいませ。

(高槻)何をお探しですか?

今ちょうど
セールをやってまして

店内の商品
全て2割引となっております。

すみません。
私たち お客さんじゃないんです。

ママ!

(椎名小百合)晴!

保育園 抜け出してね

おもちゃ診療所に一人で来たのよ。

すいません。
椎名くん こういうの困るよ。

(小百合)すいません 店長。

あの 私
京都府警 科捜研の榊と申します。

僕のトラックが見たいんだって。

「サンタさ~ん! ありがとう!
フフフッ」

このトラックは
今 どこにありますか?

あっ 晴くん
入院してるって言うんだけどね

預かり証がないのよ。

ドクターKに預けました。

ドクターK!」

(呂太)これがドクターKの家?

久保井さん!

(ノック)
久保井さん!

(ノック)

久保井は 5年前まで

本城テックの下請けを
していました。

被害者の会社の?

(久保井)ああっ!

んんっ…!

せーの…!

ああ! イテテテテテ…!

ねえ! 裏口があるわよ。

♬~

何?

悲鳴が聞こえたから。

修理が難しくて
苛立っていただけだよ。

久保井さん。

本城雄作さんの部屋にあった
青い電車に付着していた指紋が

あなたの指紋と一致しました。

(シャッター音)

さらに 犯行現場に落ちていた
これは

椎名晴くんのトラックの
タイヤではありませんか?

晴くんのお母さんは
あなたに預けたと…。

ああ! 黙っててくれないかな?

子供たちにとって おもちゃは
友達であり宝物なんだ。

早く直して返してあげたい。

だから
修理の邪魔をしないでくれ!

♬~

直すの手伝います。

えっ?

おもちゃが全て直ったら
本当の事を話してください。

これ 僕にやらせて。

私は これを直します。

じゃあ…

これを使って。

子供が遊ぶ おもちゃは
事故防止のために

ネジで きっちり締めてある。

そのネジも
普通のプラスマイナスではなくて

六角形とか楕円形とか
特殊な形のものもあって。

専用のドライバーを使わないと
ネジが潰れてしまうんだ。

本来 おもちゃは

むやみに解体しちゃ
いけないんだよね。

知識のない人は
絶対に開けちゃいけない。

俺は修理はできませんが…。

♬~

「(犬の鳴き声)」

♬~

これで動くと思うけど。

ああ! 直りました。

(呂太)こっちも直ったよ。

ほら!

ありがとう。

わあ! かわいい。
ねえ このウサギちゃんも…。

触るな!

さあ おもちゃも
全部 直った事だし

警察に行こう。

えっ…?

おもちゃ診療所に
電話がきましてね。

家に来てくれって。

(雄作)どうぞ。

ごめんください。

(雄作)入って。

♬~

(雄作)ほら 全く動かないんだよ。
直せるか?

♬~

(久保井の声)動くように直して
帰りました。

それだけです。

では なぜ
これが現場に落ちていたんです?

これは 椎名晴くんという子の
おもちゃの部品ですよね?

「サンタさ~ん! ありがとう!」

晴くんの母親は

おもちゃを
あなたに預けたと言っています。

ええ。

あの日 本城さんちに行く途中で

偶然 晴くんのお母さんと
出会いましてね。

修理を頼まれて預かりました。

それを うっかり落としたんだ。

(蒲原の声)
そんな言い逃れは通じませんよ。

あなたは長年
本城テックの下請けとして

機械部品を作っていたんですよね。

(土門の声)ところが 5年前

副社長に就任した
本城雄作の気まぐれで

突然 契約を打ち切られた。

工場は その結果

経営難に陥り
廃業せざるを得なかった。

もう調べはついているんですね。

おもちゃを直しに行ったら
あの本城雄作がいて驚きました。

でも 彼は 私の顔を見ても
なんの反応もしない。

だから 殺したんですか?

だとしても…

私が殺したという証拠は
あるんですか?

(呂太)凶器は こんな形。

該当しそうなものを
全て持ち帰って鑑定します。

お願いします!
(鑑識員たち)はい。

(蒲原)久保井の妻は 20年前に
病気で亡くなっています。

こっちの写真は
お嬢さんと お孫さんかしら?

(蒲原)はい。 ただ

2人とも4年前に
不慮の事故で死亡しています。

マリコさん!

ここに隠してあったよ。
あっ!

晴くんのトラック。

♬~

反応なし。
この中に凶器はないね。

♬~

血液反応だわ。

(シャッター音)

ここに付いていた血液は

DNA型鑑定の結果

本城雄作さんの血液でした。

なんで ここに
被害者の血が付いているのか

久保井さん 説明をしてください。

こんなものしか持ってこられない
という事は

凶器は発見できなかったんですね。

あれは絶対に見つけられませんよ。

証拠がなきゃ
私を捕まえる事はできない。

ですよね?

♬~

(早月)
お疲れの所長にホットケーキ。

ありがとうございます。
(早月)子供の頃

ホットケーキ焼けるおもちゃが
欲しいって 親にねだったら

お誕生日まで待ちなさい! って
言われた。

ふーん。
(宇佐見)うちも そうでした。

おもちゃは 特別な日のご褒美。

(呂太)へえ~。 僕は いつでも
おばあちゃんが買ってくれたよ。

(日野)じいじ ばあばは
孫には弱いからね。

ただいま。
(早月)おっ まいど。

うーん!

あっ マリコさんは? 子供の頃
どんなおもちゃで遊んだの?

…って ウサギ! ぬいぐるみ?

先生 ちょうどよかった。
何が?

これって
久保井さんちにあったやつだよね。

持って帰ってきたの?
ええ。

呂太くんが
これに触ろうとしたら…。

触るな!

もしかしたら この中に
凶器が隠してあるのかもしれない。

えっ…!

凶器?

では 開いてみましょうね。

♬~

これは 元々 このぬいぐるみに
内蔵されてる部品ですよ。

♬~

凶器は入っておりませんでした。

でも 念のため
他のぬいぐるみも調べてみます。

えっ? 他のって?
あの家には これしかなかったよ。

おもちゃ診療所。

(詩子)「おもちゃが壊れた~!
どうしよう!」

♬~

(呂太)わあ…
こんなにたくさん!?

一つずつ 中 開く?

いいえ。 あれを使いましょう。

♬~

ありません。

♬~

♬~

ありませんねえ。

(亜美)ありません。

ありません。

♬~

ありません…。

♬~

あっ マリコさん! これ…。

♬~

あった!

凶器かどうか調べて。
はい。

付着していた血液は
被害者のものでした。

傷の形状も一致したよ!

これが凶器で間違いない。

久保井の指紋も検出されたし
これで逮捕できるね。

これ ヤスリなんですね。

スイスのトレランツ社が
販売している

精密加工用のヤスリ。

主にジュエリー職人が
愛用しているって書いてあります。

ジュエリー?
(宇佐見)ああ…。

ここに
微量の付着物があったんですが

ジュエリーを作る時に使う
ワックスでした。

あっ…。

(今田千穂)店長

林様のエンゲージリング
サイズ直し できました。

(ドアの開く音)

すみません 京都府警です。

こちらで使っているワックスを
お借りしたいんですが。

ワックスって… これですか?

椎名さん 外でお話を。

♬~

あなたと本城雄作の関係を
調べました。

あなた かつて
彼と交際していたんですよね?

あの頃の私は
男を見る目がなかったんです。

子供ができたと告げた途端
あいつは 私を捨てた。

あなたは
一人で晴くんを育ててきた。

ええ。

なのに 今になって
本城が 晴を引き取りたいって。

引き取りたい? どうしてですか?

お父さんが お孫さんを
すごくかわいがってるとかで…。

(雄大)
遼馬が欲しがってたおもちゃや。

ありがとう おじいちゃん!
(雄大)ハハハハ…!

ねえねえ お父さん
遼馬に会社を継がせたいわよね?

おお…。

(郁江)だったら…

兄さんじゃなくて
私を次の社長にして。

(小百合の声)このままでは

次期社長の座を
妹に奪われてしまう。

それで 晴くんを引き取って

孫として
父親にかわいがってもらえば

次期社長の座も挽回できると
彼は考えた。

そんな事のために
晴を利用するなんて…。

はっきり断りに行きました。
そしたら…。

(小百合)ドクターK!?

あっ 晴くんのお母さん。

知り合いなのか?

よく 晴のおもちゃを
直してもらってるの。

帰りに診療所に寄ろうと
思ったんです。

これ
ネジが取れちゃったみたいで…。

こんなボロいおもちゃで
遊んでんのか?

本城家の子供になれば
お前 いくらでも…。

痛っ…!

♬~

直しておくよ。

♬~

なあ… 頼むよ。

子供 譲ってくれたら
お前にダイヤモンドやるよ。

(小百合)はあ?

俺の隠し財産。

欲しいだろ? ダイヤ。

それは
どこに隠してあったんですか?

知りませんよ!
本当 身勝手で最低な男。

もう 仕事に戻らないと…。

これを見つけました。

(久保井)見つかってしまったか…。

(久保井の声)誰にも見つからない
いい隠し場所を思いついたと

思ったんだが…。

仕方ない。 白状するよ。

私が本城雄作を殺した。

いいえ。
あなたは犯人ではありません。

殺害に使われた凶器は

あなたの持ち物では
ありませんでした。

これは ジュエリー工房で
使われていたものです。

付着していたワックスも
一致しました。

拾ったんだよ それは。

犯行に使って
ぬいぐるみの中に隠したんだ。

犯人でないなら わざわざ
そんな面倒な事はしないだろ?

わざわざ凶器を隠したのは

晴くんのお母さんを
かばうためですよね?

万が一 彼女が疑われた時には

凶器の隠し場所を告白して
あなたが罪をかぶるつもりだった。

なんで 赤の他人の罪をかぶる
必要がある!?

♬~

お孫さんのお名前
ハルちゃんだったんですね。

4年前に事故で亡くなった
お孫さんと

晴くんは同じ名前だった。

それだけでなく

シングルマザーという境遇も
娘さん親子と同じだった。

だから あなたには

晴くんへの特別な思い入れが
あったんじゃないんですか?

♬~

私は…

孫に嫌われていたんです。

えっ?

♬~

娘が未婚の母になると言った時
大喧嘩になって。

娘は 家を出て行きました。

でも

工場がうまくいかなくなった事を
知った娘は

私の事を心配して
帰ってきてくれました。

(久保井恵里)
ハル おじいちゃんよ。

(久保井の声)
孫は4歳になっていた。

(久保井の声)
一緒に暮らし始めても

ハルは私に懐かず
私の事を嫌っていた。

(泣き声)
(恵里)スイッチ入れても駄目ね。

壊れちゃったんだね。

(久保井ハル)
やだ。 直して!

おじいちゃんに直してもらおうか。
ねっ?

駄目。

(恵里)あっ…
もう 時間ないから行くよ。

ほら! よいしょ。 水筒…。

(久保井)いってらっしゃい。
(恵里)いってきます。

(久保井の声)その日 あの子たちは
突然の事故に巻き込まれて…。

結局 ハルは 一度も
私に笑顔を向けてはくれなかった。

♬~

おもちゃを直すボランティアに
参加したのは

子供たちの笑顔が嬉しかったから。

ありがとう!

(小百合)よかったね! 晴。
行こっか。

(久保井の声)ただ
名前が同じというだけだが

晴くんが
私に笑顔を向けてくれると

孫と仲良くしている
おじいちゃんの気分になれた。

(久保井の声)晴くんのために
あのトラックも…。

(踏切の警報音)

(久保井の声)
元通りに直してあげたくて

タイヤを取りに戻った。

(久保井の声)晴くんのお母さんが
やったんだと察した。

(久保井の声)あの親子には
娘と孫の分も幸せでいてほしい。

♬~

(鉄道模型の走行音)

(久保井の声)気になりながらも
早く逃げねばと

タイヤを取ってくるのも
忘れてしまった。

何が気になったんですか?

赤が前だったんです。

えっ?

赤が前って どういう事?

久保井さんが
おもちゃを直した時

赤い電車
青い電車の前を走っていました。

赤が前?

でも 久保井さんが
遺体を発見した時には

赤い電車は後ろになっていました。

赤が後ろ…。

つまり 事件の前後で
順番が入れ替わっていた。

犯人が変えたのかもしれません。

このおもちゃを調べてみましょう。

ん? ネジが潰れている。

(呂太)うーん… これ。

これとは別のドライバーで
誰かが無理やり開けている。

(ノック)
(ドアの開く音)

(郁江)
遼馬を連れてきましたけど…。

うちの孫に聞きたい事って
なんや?

ええ。 雄作さんは

自分の部屋に家族が入る事を
禁じていました。

でも 君は

おもちゃのある あの部屋に
すごく興味があったんだよな?

はい。

じゃあ おじさんに
一つ教えてくれないか?

(日野)内側の指紋までは
調べてなかったね。

(日野)誰の指紋だ?

♬~

おもちゃを開けたのは…。

この人だったんだ。

おもちゃのネジというのは

専用のドライバーを使わないと

ネジが潰れてしまう場合が
あります。

このおもちゃを 違うドライバーで
開けた人がいます。

指紋を鑑定した結果

このワックスをお借りした時に
付着した

あなたの指紋と一致しました。

高槻店長。
(高槻)えっ…。

これですか?

先月 本城雄作の部屋に呼ばれて

ダイヤモンドの鑑定を
しましたよね?

どうして それを…!?

見た人がいるんだよ。

その時 彼が おもちゃの中に
ダイヤを隠してる事を知った。

(雄作)本物で間違いないんだな?

本物です。

そんな所に
入れてるんですか?

ここなら 親父にも気づかれない。

俺の隠し財産~。

(高槻)お客様に
修理を頼まれていたネックレス

なくしてしまいました。

発覚したら
雇われ店長の私はクビです。

同じものを工房の者に作らせて
ごまかそうとしました。

(高槻の声)そのためには
ダイヤモンドが必要で…。

(雄作)小百合…!

(高槻の声)正規のルートで
購入する金もないんで

あれを盗むしかないと…。

(ネジ山が潰れる音)
(高槻)クソッ…!

(雄作)何やってる!?

お前 宝石店の…!

♬~

(雄作)
あっ… やめろ! やめろーっ!

ああーっ!!
(刺す音)

♬~

(高槻の声)ボディーが外れなくて
手袋を外した。

♬~

(高槻の声)指紋も全部
拭き取ったつもりだったのに…。

(高槻の声)元に戻しておけば

誰も ダイヤが盗まれた事には
気づかない。

♬~

(久保井)てっきり

晴くんのお母さんがやったと
誤解してしまい

本当に ご迷惑をおかけしました。

久保井さん!

これ お孫さんのぬいぐるみ。

中 開いちゃったけど
元どおりにしたよ。

ついでに 壊れてた中の機械も
直しておいた。

ここがスイッチになっていました。
握ってみてください。

(ハルの声)「おじいちゃん 遊ぼう」

…えっ?

お孫さんの
ハルちゃんの声ですよね?

声を録音できる
ぬいぐるみだったんだよ。

(ハルの声)「おじいちゃん 遊ぼう」

ハルちゃんは 久保井さんを
嫌ってなんかいませんでした。

きっと ちょっと人見知りで
直接は言えないから…。

♬~

(恵里)ほら 言ってごらん。

これ おじいちゃんに渡して
一緒に遊んでもらうんでしょ?

おじいちゃん 遊ぼう。

(恵里)フフッ…! できた。

♬~

ハル…。

♬~

ありがとうございます…。

これからも 子供たちを
笑顔にしてあげてください。

ドクターK

殺人トリックの魔術師…。
(亜美)ベストセラー作家ですよ。

(日野)完全に別人の筆跡。

(高柳龍之介)
推理小説家の意地にかけても

捕まりはしない…。

(呂太)ウサギがね
1匹消えちゃってたんだって!

やっぱり… 始めましょう。