ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第163話 橋爪功、石坂浩二、奈良岡朋子、風吹… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #163 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 律子
  2. 自分
  3. マヤ
  4. 認知症
  5. 部屋
  6. カレンダー
  7. ハハッ
  8. フフッ
  9. フフフ
  10. イワシ
  11. ポシェット
  12. 鰯雲
  13. 彼女
  14. お袋
  15. ゴウ
  16. ポチ袋
  17. マロ
  18. 一郎
  19. 去年
  20. 結婚

f:id:dramalog:20191121183756p:plain

『やすらぎの刻~道 #163 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #163 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
冬の間、根来鉄兵(藤竜也)と共に山で過ごした翔(菅谷哲也)は、春になって伯父・剛の営む桃園に手伝いに出かける。ある日、山に戻った翔は穴の中で鉄兵がひっそりと死んでいるのを発見。しの(風吹ジュン)と公平(橋爪功)から訃報を聞いたニキビ(山本圭)やハゲ(ミッキー・カーチス)、荒木(柳生博)らが続々集まって来る…。一方、菊村栄(石坂浩二)は、亡き母・あやの(奈良岡朋子)とのやりとりを思い返していた。
◇出演者
【やすらぎの道】橋爪功
やすらぎの郷石坂浩二奈良岡朋子風吹ジュン藤竜也ミッキー・カーチス加賀まりこ浅丘ルリ子笹野高史山谷初男草刈麻有
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
池添博
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(根来公平)〈翔が いつの間にか
恋をしていた事に

わしらは
全く気づいていなかった〉

〈相手は ゴウの娘のあいの親友で
詩子さんという〉

〈この春
翔がゴウの農園で働いた時

いつの間にか知り合うて
仲良くなっていたんじゃ〉

〈2人は
その事を誰にも話さんで

こっそり 愛を育んでいたらしい〉

♬~

おばあちゃん
帰る時 これ くれたよ。

困ったら
いつでも電話しておいでって。

♬~

何 馬鹿言ってるんだって
俺 思ったよ。

(翔)お袋から 俺 毎月10万
小遣いもらってたからね。

10円玉が10枚かよって

馬鹿馬鹿しくて
俺 笑っちゃったよ。

(翔)だけどな…。

見てみな この袋。

古いカレンダーを切って貼って
自分で作った手製の袋なんだよ。

この紙袋は 俺の宝だよ。

(菊村 栄)〈実は この話は
私自身の経験によっている〉

〈それは 今から
もう40年前の出来事だ〉

(あやの)お年玉よ。 ほんの少し。

明けまして
おめでとうございます。

〈母は その頃 80を超えて
軽い認知症の症状が出ていた〉

母さん あの…
もう もらったよ。

(あやの)えっ?

さっきも くれたでしょ。
3度目だよ。

そ… そうなの?
ああ。

はあ~…。

あっ… それじゃあ これ
はい 律子さんへ。

律子も さっき もらったの…。

フフフ… ありがとう。
おめでとうございます。

ほんの少しばかり。 フフッ…。

そうだ。 よっこらせっと!

参ったねえ。 ハハッ…。

あっ! また500円が入ってる。
フフフ…。

ねえ これ 去年のカレンダー!

アハハ…!

お義母様 去年のカレンダーで
このポチ袋 作ったのね。

ああ…。
昔は なんでも こういうふうに

いらなくなった紙でも
もう一回 使おうとしたからな。

母さん どっかで

頭が あの時代に
逆戻りしちゃったのかな。

フフッ…。

お年玉。
あっ…。

明けまして
おめでとうございます。

おめでとう。
(律子)おめでとうございます。

(あやの)よいしょ! はあ…。

母さん
このポチ袋 いつ作ったの?

うん…?

秘密!

フフッ… フフフフ…!

〈お年玉をくれた事を
忘れている事より

古い いらなくなった
カレンダーの裏紙で

一生懸命 作ったであろう
母のひたむきな壊れた作業が…〉

〈息子を喜ばせたいと
何度も繰り返す

母の一途な思い込みの行動が…〉

〈僕の心を重く塞がせた〉

〈母の認知症は 少しずつ進んだ〉

うん?
あの人 だあれ?

あの人って?

あそこ…
台所で料理してる人よ。

律子の事?

律子さん… っていうの?

ハハッ… やめてくれよ。
律子だよ 俺のかみさんの。

そうなの?

そうだよ。
忘れちゃったの?

いつ結婚したの?

も… もう 随分前の話だよ。

ふーん…。

かわいい人ね。

フッ… ありがとう。

ねえ… 女優さん?

そうだよ。
ふーん…。

なんていうの?

律子だよ。
(あやの)ふーん…。

(あやの)結婚するの?
してるよ とっくに。

あら 全然知らなかった!

(ため息)

はあ~…。

なんていうの?

律子。

〈母の認知症は どんどん進み

手に余った我々は
友人の医者に相談して

母を そういう施設に入れた〉

〈私は病院に 認知症の進んだ母を
押しつける事で

自分の責任を放棄したのだ〉

失礼しました。

(ドアの開閉音)

栄ちゃん。

ああ。 ここにいるよ。

さっきまで ここにいた人
だあれ?

律子だろ。

あんたの これ?

女房の律子だよ。

ふーん…。

フフフ… かわいい人ね。

(あやの)ねえ…。

本当に 私…

生きてていいの?

♬~

〈それから1年して
お袋は死んだ〉

(鈴)

〈それから十数年

時の流れとともに
私の中から 母が遠ざかった〉

〈そして さらに時は流れて

突然 母の亡霊が
私のすぐそばに現れた〉

♬~

何してるんだ?

律子?

ねえ。

さっき ここにいた女の人 誰?

加奈子さんだろ? 一郎の嫁の。

知らない。

♬~

一郎 お嫁さん いたんだっけ?

♬~

(高井秀次)先生。

ああ…。 どうしました?

ちょっと よろしいですか?
ハハハ… どうぞ。

えー…
めぐみさんの事なんですが…。

めぐみさん
調子良くないんですか?

いやいや そうじゃないんです。

どうも しかし
弱った事になっております。

弱った事とは?

近頃ですね 彼女の財布から
金がなくなるっていうんです。

空き巣ですか?

いやいや そうじゃないんです。

だって 清掃の女性しか
部屋には入りませんし

担当は いつもの永峰さん。

人の金を取るような方じゃ
ないです。

それに 彼女の銀行の通帳は

自分の部屋のロッカーの中に
入っているし

まあ とりあえずの金は
ポシェットの中ですから

誰も触るはずがないんですよ。

それなのに
そのポシェットの中の金が

少しずつ減っていくんだそうで。

私が疑われています。

秀さんがですか!?
そうなんです。

ハッ…!

いやあ もう 最近
ですから 自分は

ポシェットには 絶対
近づかないようにしているんです。

ハハッ…!

別れて暮らしたら いかがですか?

だって 彼女 元々
自分の部屋があるわけだし。

自分の部屋で
暮らせばいいじゃないですか。

それは嫌だというんです。

一人で寝るのは寂しいと。

いやあ どうも
ホトホト困ってます。

それはね
一種のね 被害妄想だね。 うん。

認知症のね 症状で もう…

めぐみさん ちょっと
進んじゃってるんじゃないの?

私は ちょっと秀さんを疑うね。

えっ!?
えっ 秀さんを?

あの人ってさ
ジゴロの資質があるじゃん?

ハハッ…
いくらなんでも それは…。

いや あり得るわよ。

男ってさ この女
自分に惚れてるなって思ったら

図に乗って ちょっと金抜くのよ。

そんな人じゃありません!
秀さん。

おや?

そんな事 考えるのは
秀さんに対する冒です!

(マヤ)あら やだ。 あんた
秀さんに惚れちゃってるの!?

そんなんじゃありません!
(マヤ)フフフフフ…!

そんな事よりもさ

あの2人 同じベッドで
抱き合って眠ってるの?

当たり前でしょ。

なんのために
同じ部屋にいるのよ。

(マロ)えっ あの年で まだ?
あたぼうよ!

「あたぼう」だって。
(マヤ)フフフ…。

いやらしいけど
ちょっと うらやましい…。

男と女は いくつになっても
異性の肌が恋しいの。

(マヤ)それで油断させて
お金抜くのよ!

そんな事 あり得ません!
秀さんは聖人です!

(マヤ)んっ?
フフッ… ちょっと ホッピー

セイジンって
どういう字 書くの?

(宗匠)えー
今日のお題は「鰯雲」です。

しかし 発表するに足る句が
見つかりません!

鰯雲」!

鰯雲とは 秋の空に浮かぶ
冷気を感じさせる

爽やか~な天然現象ですが!

なんですか! 皆さんの作品!

ほとんどがイワシの煮付けだとか
イワシの網焼きだとか

イワシのソテーだとか
食欲に関するものばっかりで…。

(三角寛次)失礼しました!

食欲に関するものばっかりで
わびとか さびとかから…!

やすらぎの郷

相も変わらぬ どうでもいい時を
ゆっくり刻んでいた〉

(マロ)俺の前で おならしたんだよ。
2発!

(マヤ)あのババアの創作ね。
(有坂エリ)秀さんに

馬乗りになって
首を絞めてたんです!

私は
暴力に訴えなければなりません!