ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第162話 風吹ジュン、橋爪功、菅谷哲也、渡辺早織… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #162 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 詩子
  2. ゴウ
  3. フフフ
  4. 三平兄
  5. 清里
  6. 鉄兵兄
  7. フフッ
  8. 一人
  9. 手放
  10. 全部捨
  11. 東京
  12. 本当
  13. お前
  14. お店
  15. クビ
  16. バブル
  17. パン
  18. パン屋
  19. 一緒
  20. 会社

f:id:dramalog:20191120140602p:plain

『やすらぎの刻~道 #162 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #162 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
冬の間、根来鉄兵(藤竜也)と共に山で過ごした翔(菅谷哲也)は、春になって伯父・剛の営む桃園に手伝いに出かける。ある日、山に戻った翔は穴の中で鉄兵がひっそりと死んでいるのを発見。しの(風吹ジュン)と公平(橋爪功)から訃報を聞いたニキビ(山本圭)やハゲ(ミッキー・カーチス)、荒木(柳生博)らが続々集まって来る…。一方、菊村栄(石坂浩二)は、亡き母・あやの(奈良岡朋子)とのやりとりを思い返していた。
◇出演者
風吹ジュン橋爪功菅谷哲也渡辺早織
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
池添博
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(根来公平)
〈鉄兵兄さんが死んだ〉

〈鉄兵兄さんは 山の奥の洞窟で

誰にも知られず
一人 死んでいた〉

〈それを発見したのは翔だ〉

〈春が来て
また農業の季節が来た〉

〈しのと わしとは

孫どもが次々と送ってくる
古着の山に囲まれて

それを細かく裂き 縄を綯い

いい布地のものは

しのが その布地で
裂き織りを織った〉

〈小野ヶ沢の谷に
また 機の音がよみがえった〉

♬~

(足音)

あっ びっくりした!

脅かさないでくださいよ!
私 心臓弱いんですから。

嘘こけ~。

(ため息)

今度は 誰のために
織ってやっとるの?

うん? 別に当てなんか
ありませんよ。

ふふーん…。
一応 反物に仕立てておけば

なんにだって
仕立てられるでしょう。

うん。

この前 お前が 鉄兵兄さんに
織ってやった裂き織り

あれ 文子さんが
ひつぎに入れて燃そうとしたら

えらい勢いで翔が怒ったろう。
はい。

わしゃ
翔が怒るのを初めて見たから

あの時は たまげたぞ!

翔は いつもは
感情を表に出さんのに

あんなに怒った翔は初めてじゃ。

なんで 翔は
あんなに怒ったのかのう?

さあ…。

あの裂き織りが
欲しかったんかのう?

取っときたかったんじゃ
ないですか?

鉄兵兄さんの思い出に。

うん…。 それだけで
あんなに怒るかのう?

さすがの文子さんも
あの時は 腰が引けとったぞ。

フフフ…。

(機織りの音)

のう。
はい。

その裂き織りはさ あの…
誰のために織ってやっとるの?

別に誰のためでもないですよ。

ああ…。 翔のためか?

違いますよ!

あの子は
こんなもん着ませんよ。

あっ じゃあ 圭のためか?
圭も着ませんね。

あっ わかった!

あの… ゴウのためだろ?

ハハッ… ゴウだったら
着てくれるかもしれませんね。

フフフ…。

〈わしの名前が
全然出てこない事に

わしは内心 引っかかっとった〉

〈昔 三平兄ちゃんが
生きとった頃

しのが こっそり 三平兄ちゃんに
裂き織りを織っとった事を

わしは覚えとる〉

(機織りの音)

〈戦争に行く前の
公次兄ちゃんにも

しのは こっそり
裂き織りを織っとった〉

〈あの2人には
夜なべして織ったのに

夫たる わしに
織ろうと思わんのは…〉

〈わしの心に 年がいもなく

「じぇらしい」の炎が
心をもたげた〉

〈しのは 今でも心の中で

三平兄ちゃんを
思っとるんじゃないか〉

〈ゴウが
腹から出そうになっとったから

成り行きで
わしと くっついてしもうたが

本当は今でも 三平兄ちゃんを
心の中で思っとるんじゃないか〉

ゴウがね…。
は… はい!

どうしたんですか?
何が?

「何が?」って 変な返事して。

いやいや…! そうかの?
変な返事だったかの?

ゴウが どうしたんじゃ?

あの子ね 竜に唆されて始めた
清里のパン屋さん

とうとう手放すみたいですよ。

ありゃ。
ゴウは仕事を失敗したのか?

ううん
農園はビクともしませんよ。

今度ね 土地を広げるらしいです。

だけど 竜のほうが
どうもねえ…。

竜が どうしたんじゃ!?

あの子
バブルで手を広げたでしょう?

怪しい土地の売買に手を出して

会社のほうにも
相当 穴開けたみたいで

責任取らされて
辞めたみたいですよ。

会社を!?
うん。

早く言やあ
クビっていうんですか?

クビ!?

私らが泊めてもらった
あの海が見えるマンションも

どうも手放したみたいです。

ありゃ~…!

その点 ゴウは
しっかりしてますからね

先を見通して

さっさと清里のパン屋さん
手放すみたいですね。 うん。

あっ ほら
前に 圭に連れてってもらった時

ほら すごい
にぎわいだったでしょう 清里

うん…。
うん。

バブルが
はじけてしもうてからは

もう あっという間に
お店が撤退して

今は閑古鳥が鳴いてるそうですよ。

本当か!
うん。

駅前なんてね
廃虚みたいですって。

ああ…。

怖いですねえ お金儲けは。

翔は その事 知っとるのかな?

知らないんじゃないですか?

お前 早苗さんがアメリカに行く事
翔には伝えたんか?

言ってません。

フフッ… だって
あんたも言ったじゃないですか。

立ち直ろうとしている あの子に

今 余計な事は
伝えたらいかんって。

うん…。

♬~(ラジカセ)「たとえば
君がいるだけで心が…」

(根来あい)ねえねえ 秘密よ。
私 見ちゃった。

(根来みどり)何を?
(あい)この前の日曜

小淵沢の駅でデートしてる
珍しいカップル!

誰? 誰?
だーれだ?

誰よ?
ウッフフフフ…!

えっ 誰よ!?

一人はね 詩子。
詩子ちゃん!?

もう一人
相手のほうが問題なんだ!

誰なの?

翔くん。

えっ 翔くん!?

あの2人 春の作業の頃
ここで一緒に働いてたじゃない?

その頃から 私 なんとなく
怪しいなって思ってたんだよね。

私も思ってた。
2人で時々 一緒にいたし!

いた!

♬~

(木宮詩子)あ~ 久しぶり~!
フフフ…!

あっ あっち。 行こう。
ウフフ…。

あの頃の清里が夢みたい。

あふれ返ってたんだよ もう
ここら辺 人で。 フフッ…。

♬~

あっ!

ここ! 私の働いてたベーカリー。

今は もう 人手に渡っちゃった。

おいしかったのよ
ここのメロンパン。 フフフ…。

♬~

(詩子)あっ これ!
フフフ… 懐かしい。

ここもね すごかったの。
見えるかな?

(翔)そんなにいっぱい種類作って
余る事ないの?

(詩子)余るわ 毎日。
全部捨てちゃうの。

全部!?
(詩子)そう。

(翔)はあ… もったいない。

(詩子)もったいないでしょ?

だけど 捨てる分の値段も

買われるパンの値段に
入ってるのよ。

本当!?
(詩子)そうなんだって。

だから 残ったパン 全部捨てても
お店は損しないんだって。

はあ~…! 驚いたな。

クリスマスケーキなんて
一日だけの商品じゃない?

余ったら 全部捨てちゃうわけ。

それでも損しないように
値段設定されてるんだって。

へえ~!

(マスター)お待たせしました。

ありがとう。

(詩子)1杯と少し。 あなたの量。

フフッ…。

鉄兵おじいちゃんの話
もっと聞きたいな。

おじいちゃんが
ずっと使ってたもんだよ。

もらったんだ。

その柄も おじいちゃんが
自分でつけたんだ。

捕った鹿の角を削ってね。

とにかく
どんなものでも利用したな。

捨てるなんて考えが
全然ないんだ。

人生観が完全に変わったな。

その前 東京でやってた暮らしが
なんだったんだろうって

殴られた気がした。

俺 東京で
ずっと引きこもりで…

何していいか わからなくて…

いろんな事 全部に
ただイラついてて…。

学校でも家でも
人としゃべるのが嫌で。

おばあちゃんが
東京に来た事があるんだ。

そん時 俺
引きこもりのピークの時期で

おじいちゃんとも
おばあちゃんとも

全然 口を利かなかったんだ。

おばあちゃん
帰る時 これ くれたよ。

困ったら
いつでも電話しておいでって。

♬~

(翔)何 馬鹿言ってるんだって
俺 思ったよ。

お袋から 俺 毎月10万
小遣いもらってたからね。

10円玉が10枚かよって

馬鹿馬鹿しくて
俺 笑っちゃったよ。

(翔)だけどな…。

見てみな この袋。

古いカレンダーを切って貼って
自分で作った手製の袋なんだよ。

それに気づいた時 俺…
ショック受けたね。

こういう暮らしが
ちゃんとあるんだって…

しばらく 俺
ショックで動けなかった。

それで 俺
山梨に行こうって思ったんだ。

♬~

この紙袋は 俺の宝だよ。

♬~

(菊村 栄)さっきも くれたでしょ。
(菊村あやの)そうなの?

(高井秀次)
弱った事になっております。

彼女の財布から
金がなくなるっていうんです。

私が疑われています。