ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第161話 風吹ジュン、橋爪功、柳生博、戸塚祥太… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #161 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. ニキビ
  2. 鉄兵兄
  3. ハゲ
  4. チョボクレ
  5. 遺体
  6. 英雄
  7. 小野ヶ沢
  8. 鉄兵
  9. 文子
  10. 一緒
  11. 救急隊員
  12. 警察
  13. 古着
  14. 荒木
  15. 赤紙
  16. 本当
  17. お義父さん
  18. ゴウ
  19. コリャ
  20. ソウジャ

f:id:dramalog:20191119200627p:plain

『やすらぎの刻~道 #161 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #161 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
冬の間、根来鉄兵(藤竜也)と共に山で過ごした翔(菅谷哲也)は、春になって伯父・剛の営む桃園に手伝いに出かける。ある日、山に戻った翔は穴の中で鉄兵がひっそりと死んでいるのを発見。しの(風吹ジュン)と公平(橋爪功)から訃報を聞いたニキビ(山本圭)やハゲ(ミッキー・カーチス)、荒木(柳生博)らが続々集まって来る…。一方、菊村栄(石坂浩二)は、亡き母・あやの(奈良岡朋子)とのやりとりを思い返していた。
◇出演者
風吹ジュン橋爪功柳生博戸塚祥太A.B.C-Z)、菅谷哲也秋元才加山本圭ミッキー・カーチス
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
池添博
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(菊村 栄)〈冬の間を
鉄兵のところで鍛えられた翔は

春先 ゴウの農園に

圭の息子たちと
手伝いに出かけた〉

〈そこで 翔は

ゴウの次女 あいの同級生であり
清里のパン屋に勤めている

木宮詩子と知り合いになった〉

〈その労働の季節を終えて
小野ヶ沢に帰った彼は

しのから 最近 しばらく
鉄兵の姿を見ないと聞き

鉄兵を捜しに山へ入った〉

じっちゃん! 鉄じいちゃん!

(ハエの羽音)

〈その山で翔の見たものは…〉

♬~

♬~

(翔)て… 鉄じいちゃんが…

山の穴で… 死んでる。

なんですって!?

(翔のすすり泣き)

♬~

そうなんです!
はい 鉄兵兄さんが…!

翔が入って見つけて…。

♬~

(翔)ここです!

足場悪いから 気をつけてね!
はい!

(医師)病死だね。
死後10日ぐらいは経ってると思う。

先生 本当に病死かい?

解剖してみんと わからんが
恐らく間違いないだろう。

そばに薬草を飲んだ跡があった。

多分 前から悪かったんだろう。

(警官)とにかく
遺体は腐乱しかけてる。

すぐに ここから村へ下ろそう。
(救急隊員)はい!

(救急隊員)せーの!
(医師)ぶつけないように。

(救急隊員)せーの!

せーの! せーの!

もう少し左に!

♬~

♬~

(根来文子)
そうです 鉄兵じいちゃんです。

身寄りがないから
うちから葬式出してやるって。

いえ 遺体は
今 医科大で司法解剖に。

もう まもなく
帰ってくると思います。

あっ あやさん
盛り付け 手伝って。

(あや)はい。

ひみこさん コップもお願いします。
(ひみこ)あっ はい。

しかし まったく驚いたな。

50年ぶりに いきなり現れて。

もう 葬式も
一度 出してたんじゃが。

どこで どうやって
暮らしてたんかな?

(荒木)恐らく
山の衆と一緒にいたんじゃろう。

全体 どういう事なんですか?

徴兵拒否で赤紙破って
そのまんま山へ消えたんだよ。

あの時代にですか!?
ああ。

(ため息)

一時は
大騒ぎになったもんじゃ。

何しろ
あの頃の徴兵拒否っていったら

警察から軍隊まで出動して

大規模な山狩りをして
大騒ぎしたもんじゃ。

ここの三平も
警察に引っ張られてな。

(公平)〈わしは
ぼんやり考えていた〉

〈鉄兵兄さんは もしかしたら

自分の死期が
近づいたのを知って

生まれ故郷の小野ヶ沢で
死ぬために

ひそかに ここに
帰ってきたんじゃないか とな〉

〈そうに違いない! と
わしは思った〉

〈鉄兵兄さんや わしらにとって

この小野ヶ沢は
唯一のふるさとじゃ〉

〈最後に帰るべき…
最終の地じゃ〉

あの… 警察から
遺体が帰ってきたみたいですよ。

♬~

(和尚の読経)

♬~

鉄兵兄さんは偉かった!

偉かった!
ほい ほーい!

荒木! お前に
兄さんの偉さがわかるか!?

(荒木)いや…
わかった わかった! もう…。

貴様 鉄兵兄さんが
赤紙破った時

軍隊連れてきて
山狩りやっただろうが!

(文子)お義父さん!

あんた 飲みすぎ!

飲みすぎだ!?
何を… アホか お前!

わしは 今夜は全然しらふだ!

お義父さん いい加減にしなさい!

何を? うるさいぞ 嫁が!
馬鹿たれが!

おい ニキビ!
おう!

わしは あの… あれだ。
歌うぞ!

おお! じゃあ 兄さんに
チョボクレを献上しろ!

チョボクレか!
チョボクレ!

うん いいよ。 よし!
お前ら お囃子やるか?

おう!
じゃあ 和尚 鉦借りるぞ。

(ニキビ)なら わしゃ木魚だ!

よし よしよし! じゃあ やろう!
(ハゲ)イエーイ!

ああ~…!

鉄兵兄さんに捧げる
チョボクレ~ッ!

よーし!
(鉦)

♬~「お国の力にさからって」
(ニキビ・ハゲ)ヨイショ。

♬~「赤紙破った猛者がいた」
(ニキビ・ハゲ)ホイナ。

♬~「猛者は阿呆か国賊か」
(ニキビ・ハゲ)コリャ。

♬~「とんでもねえや
英雄じゃ!」

(ニキビ・ハゲ)ソウジャ!

♬~「たった一人で山ン中」
(ニキビ)ホイサ。

♬~「50年間生き抜いて」
(ニキビ・ハゲ)ト キタ。

♬~「てめえの生き方貫いた」
(ニキビ)ヨイショ。

♬~「類い稀なる英雄じゃ」
(ニキビ)ホイヨ。

♬~「鉄兵兄さんは英雄じゃ!!」
(ニキビ)ソウジャ。

♬~「鉄兵兄さんは英雄じゃ」
(ニキビ・ハゲ)コリャ。

♬~「チョボクレ チョボクレ
チャラマカホイ!と来た!!」

(ニキビ)まだやれ~!
酒が足らん!

♬~

(ため息)

〈翌日 鉄兵兄さんの小さな遺体は
お棺の中に納められた〉

これ 鉄じいちゃんに
作ったんでしょ?

うん。

なんだい!?
一緒に焼いてやろうよ。

駄目だ。
(文子)だって せっかく…。

これは ばあちゃんが
夜なべして織ったもんだ。

(翔)焼けん。

(文子)何言ってるのさ!
これは鉄じいさんに…。

駄目だっ!! 焼けん!

翔…。

鉄兵兄さんの形見。
あんたが持っておきなさい。

(すすり泣き)

〈鉄兵兄さんは小さな骨になり
墓地に埋められた〉

〈鉄兵兄さんは 今度こそ

小野ヶ沢の土に 本当にかえった〉

〈圭のところは
本格的な農繁期に入り

山梨で最近評判の大塚にんじん

あけぼの大豆の種まきが始まって

急に忙しい季節に入った〉

〈翔も この頃は 本格的に
畑の戦力になってきたらしく

毎日 朝早くから
圭の畑へ通っていた〉

〈わしらの畑は ごく小規模で

自分ら2人の食い分になりゃあ
よかったから

至極気楽なもんだった〉

〈鉄兵兄さんのための裂き織りを
織ったのが

一つの引き金になったのか

しのは 近頃 暇さえあれば

機織り機に向かう事が
多くなった〉

〈今や 我が家の一族は

せがれが4人

娘が2人〉

〈孫が合わせて12人〉

〈その孫どもが

次から次へと
古い衣装を どんどん捨てよる〉

〈使い古して
使えんようになったもんなら

ええんじゃ〉

〈まだ着られるのに ほとんど
1回 袖を通したぐらいで

流行が変わったと
どんどん捨てるんじゃ!〉

〈これが いわゆる
シホンシュギちゅうもんかの!〉

〈わしら まったく
あきれてしもうてよ!〉

〈捨てるぐらいなら
うちへ送れと

子供ら 孫らに
通達を出したんじゃ〉

〈圭たちと一緒に
住んどった頃はの

嫁の文子が
ギャアギャアうるさくて

うちはゴミの収集場じゃない!
なんて しょっちゅう怒鳴るから

隠れて集めとったが

奴らが新居建てて出てってからは
わしらの自由よ!〉

〈そしたら まあ
あとから あとから

古着の山が集まる 集まる!〉

〈古着っつったって
新品がほとんどじゃ〉

〈中には わしらが
昔 買うてやったもんまで

平気でバンバン送ってきよる!〉

〈恩義も礼儀も
あったもんじゃない!〉

〈深く考えると腹が立つから

わしら
なるべく考えんようにして

古着の山を仕分けしたんじゃ〉

〈細かく裂いて

絹を使った よいもんは
裂き織りに〉

〈大した事ないもんは
縄を綯った!〉

〈わしら
たちまち忙しくなった!〉

♬~「一つとせえ」

♬~「人がとびつき すぐ飽きる」

♬~(2人)「すぐ飽きる」

♬~「流行遅れに」

♬~(2人)「腹が立つ!!
腹が立つ!!」

♬~「二つとせえ」

♬~「古くなったら 直さんで」

♬~(2人)「直さんで」

♬~「新品買えちゅう」

♬~(2人)「腹が立つ!!
腹が立つ!!」

♬~「三つとせえ」

♬~「見とるテレビのいいとこで」
ハイ。

♬~(2人)「いいとこで」

(自主規制音)

♬~(2人)「腹が立つ!!
腹が立つ!!」

♬~「四つとせえ」

♬~「よく読めちゅうから 説明書」

♬~(2人)「説明書」

♬~「読んでも判らん」

♬~(2人)「腹が立つ!!
腹が立つ!!」

♬~「五つとせえ」

♬~「いつも何かを買え買えと」

♬~(2人)「買え買えと」

♬~「浪費をすすめる」

♬~(2人)「腹が立つ!!
腹が立つ!!」

まだ やるか?

〈成り行きで
わしと くっついてしもうたが

本当は今でも 三平兄ちゃんを
心の中で思っとるんじゃないか〉