ドラマログテキストマイニング

テレビ番組(ドラマ)の字幕情報を対象に、テキストマイニングの研究をしておりますので、解析結果の公開をメインに関連グッズを交えた構成で記事にしてます。また、解析結果の信憑性が確認できるよう、解析用ソースも部分引用し掲載してあります。

やすらぎの刻~道 第160話 風吹ジュン、橋爪功、戸塚祥太、菅谷哲也… ドラマの原作・キャスト・主題歌など…

『やすらぎの刻~道 #160 テレビ朝日開局60周年記念』のテキストマイニング結果(キーワード出現数ベスト20&ワードクラウド

  1. 鉄兵
  2. 鉄兵兄
  3. 東京
  4. 農園
  5. ゴウ
  6. フフッ
  7. 一家
  8. 英雄
  9. 根来
  10. 作業
  11. 詩子
  12. 手伝
  13. 神様
  14. 想像
  15. 大丈夫
  16. 電気
  17. 朋子
  18. 木宮詩子
  19. ウサギ
  20. エアコン

f:id:dramalog:20191118184108p:plain

『やすらぎの刻~道 #160 テレビ朝日開局60周年記念』のEPG情報(出典)&解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

 

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

無料で民放各局の動画視聴ができるTVerティーバー)!まずはココから!
民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

(本ページの情報は投稿日時時点のものです。最新の配信状況は Paravi サイトにてご確認ください。)

(詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。)

 

やすらぎの刻~道 #160 テレビ朝日開局60周年記念[解][字]

巨匠・倉本聰氏が1年間をかけて描くのは、山梨を舞台に昭和~平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯。そして『やすらぎの郷』のその後。2つの世界が織り成す壮大な物語!

詳細情報
◇番組内容
冬の間、根来鉄兵(藤竜也)と共に山で過ごした翔(菅谷哲也)は、春になって伯父・剛の営む桃園に手伝いに出かける。ある日、山に戻った翔は穴の中で鉄兵がひっそりと死んでいるのを発見。しの(風吹ジュン)と公平(橋爪功)から訃報を聞いたニキビ(山本圭)やハゲ(ミッキー・カーチス)、荒木(柳生博)らが続々集まって来る…。一方、菊村栄(石坂浩二)は、亡き母・あやの(奈良岡朋子)とのやりとりを思い返していた。
◇出演者
風吹ジュン橋爪功戸塚祥太A.B.C-Z)、菅谷哲也秋元才加渡辺早織藤竜也
◇作
倉本聰
◇音楽
島健
◇演出
池添博
◇主題歌
中島みゆき『慕情』『進化樹』『離郷の歌』『終り初物』『観音橋』(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
◇スタッフ
【チーフプロデューサー】五十嵐文郎テレビ朝日
【プロデューサー】中込卓也テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/
☆Twitter
 https://twitter.com/yasuragino_toki
☆Instagram
 https://www.instagram.com/yasuraginotoki/

 

 


(根来公平)〈翔の生みの親である
竜と離婚した早苗さんが

突然 家を訪ねてきたのは
冬の始まった寒い日だった〉

翔は どこにいます!?
会わせてください!

〈しかし わしらは
せっかく鉄兵兄さんの下で

山仕事に夢中になっている
翔のために

母親に会わせる事を断った〉

〈立ち直りかけている
翔の気持ちを

都会の空気で
乱したくなかったからだ〉

♬~

(鳴き声)

〈翔は 鉄兵兄さんに
気に入られたのか

その冬 山を下りてこなかった〉

(鳴き声)

わなに かかったの?

(鉄兵)おお まだ生きとる。
今夜はごちそうだ。

翔 殺せ。

俺が!?

ああ。

どうやって!?

考えろ。 裏でやれ。

(せき込み)

(鉄兵)ああっ… ああ…。

♬~

うう…! ああ…。

(鉄兵)どうした?

こ… 殺せない…。

食いたくねえのか?

食いたい。

だったら 殺せ。

殺せない!

(ため息)

♬~

(ウサギの鳴き声)

♬~

死んだ。

さばけ。

さばけない…!

どうやってさばくのか
わからない…。

腹の ここの首側から
ナイフを入れてな…。

♬~

よこせ。

♬~

(鉄兵)翔 おめえは
牛の肉 食った事ねえのか?

あります。
おお。

あれだって
誰かが殺してるんだよ。

はい。

おめえ 殺す者の痛みっていうの
考えた事あるかい?

…ありません。

よし これから考えろ。

はい。

なあ 翔
どんな ちっこい命でもな

命を奪うってのは
心が痛むもんだよ。

はい。

だから 生き物を殺す時には

おお… 謝罪でも 感謝でもいい
神様に祈るんだよ。

はい。

そのために神様はおるんじゃ。

はい。
(鉄兵)へへへッ…。

うん 煮えた。 食え。

はい。

ああ いけねえ…。

ワサビの根っこ入れるのを
忘れちまったよ。 ハハハッ!

うめえか?

あ… 少し塩があると…。

(鉄兵)想像しろ。
…はい。

塩のしょっぱさを想像して食え。

…はい。

♬~

あの… おじいちゃんは?

うん… 俺は 今日はいらん。

食欲がねえんだよ。

どっか
具合でも悪いんですか?

いやいや
気にしなくたっていいよ。

おい 東京じゃ お前んちは
肉は どうやって食ったんだよ?

牛肉ですか? 豚ですか?

まあ なんでもいい。 肉だ。

焼くとか… 炒めるとか。

すき焼きにするとか。

おお。
それで 火は何を使ったんだ?

電気。 時にはガス。

ふーん…。

うう…。

(鉄兵)ううっ… はあ~…。

翔 お前んちは 何があった?

(翔)何って?

いや 電気を使うもんだよ。

(翔)電気釜。

湯沸かし器。

それから テレビ。

洗濯機。

冷蔵庫。

(翔)トースター。 ドライヤー。

ラジカセ。

エアコン。

それから…。

(翔)おじいちゃん?

うう… うっ…。

〈その年の春は
来るのが遅かった〉

〈しのは黙々と
裂き織りを織り続けた〉

〈2月の初めに翔は帰ってきた〉

〈翔は雪焼けして
顔が締まっていた〉

(根来克夫)翔!

〈圭の畑は まだ雪の下で
畑仕事は まだなかったから

圭の一家は ゴウの農園に
春まで みんな手伝いに行った〉

〈農園は もう目を覚ましていた〉

〈剪定作業 枝拾い 防獣対策〉

〈3月に入れば
つぼみを摘む作業〉

〈ゴウのところは地所が広い分
家族総出で それらの作業をし

それでも人手が足らなかったら

圭の一家が泊まりがけで
仕事の手伝いに毎年出たのだ〉

(木宮詩子)きゃっ…!

あっ すいません…。

ありがとう。

あなた 名前は?

翔っていうんだ。
小野ヶ沢の根来の家の者だ。

私は詩子。 木宮詩子。

清里のパン屋で働いてるの。

あいの同級生。

よろしく。

うん よろしく。

〈翔が詩子と知り合ったのは

その農園で
働いている時だったらしい〉

(根来朋子)みんな!
カレー まだ あるから

おかわりしてねー!
んっ! おかわり おかわり!

食べすぎだよ!
(朋子)あんた3杯目でしょう!

(根来あい)お兄ちゃん 食べすぎ!

はい オレンジジュース。

おばさん ごちそうさま。
(朋子)うん。

(2人)ありがと~!

ありがとう!

おめえは野菜食ってからだよ。
ニンジン食えや!

(足音)

座っていい?

東京の人なんだって?

ああ。

東京って 面白い?

あ… いや。

フフッ… そうだろうなあ。

クラスのみんなはね
ほとんど東京に出ちゃったわ。

でも 私は
ここを離れるのが嫌なの。

あいと私くらいよ
こっち残ってるの。

あなたは?
ずっと こっちにいるつもり?

できれば。

♬~

〈3月の末〉

〈山桜が
ちらほら花をつけだした頃

ゴウの農園に働きに行っていた
若者たちが帰ってきた〉

ただいま!
フフフ… おかえり。

できたの!?
うん。

今朝方 ようやく仕上げたの。
フフッ…。

大きさ
鉄じいちゃんに合うじゃろうか?

あんた 着てみて。
うん!

今ね 残り切れ使って
物入れ袋を縫っとるところなのよ。

フフッ… ぴったりだと思うよ!

ああ そんならよかったがね。
フフフフ…。

鉄じいちゃん どうしてる?

ああ それが
ここんとこ 顔を見んのよね。

最後に顔見たのが
2週ほど前かのう…。

狸ぶら下げて持ってきてくれて。

あれから ほら
ゲソッと痩せた気がしたから

「鉄じいちゃん 大丈夫なの?」

「一度 お医者さんに行ったほうが

いいんじゃないの?」
って言ったら

「大丈夫じゃ!」って言って
帰っていって。

それから うちの人も2度ほど

心配して
家のほう 訪ねて行ったんだけど

山に入ってるのか
姿が見えんでねえ。

炭を焼いた跡もないし
どこの山に入っとるんかのう…。

見てくる!
ああ そうして。

(階段を駆け下りる音)
(ため息)

(翔)じっちゃん!

(翔)じっちゃん!?

(荒い息)

♬~

おじいちゃん!

鉄じいちゃーん!!

♬~

じっちゃん! 鉄じいちゃん!

(ハエの羽音)

あっ… ああっ…!

鉄じいちゃんが 山の穴で…。

♬~「鉄兵兄さんは英雄じゃ!!」
ソウジャ!

♬~「鉄兵兄さんは英雄じゃ」